ドラフト 会議 2019 予想。 【超速報】ドラフト2019指名結果と全球団の採点&評価しちゃいます!

西純矢(阪神タイガース)

ドラフト 会議 2019 予想

さあ、どういう展開になりますでしょうか。 〔横浜DeNAベイスターズ 2019年ひとりドラフト指名選手〕 外れ 投手 奥川恭伸(星稜高) 183cm84kg 右右 外れ 投手 宮城大弥(沖縄興南高) 172cm78kg 左左 1位 捕手 海野隆司(東海大) 173cm80kg 右右 2位 投手 及川雅貴(横浜高) 183cm75kg 左左 3位 外野 井上広大(履正社高) 187cm95kg 右右 4位 外野 蝦名達夫(青森大) 184cm87kg 右右 5位 投手 井上広輝(日大三高) 181cm81kg 右右 6位 捕手 柘植世那(ホンダ鈴鹿) 175cm77kg 右右 22歳 7位 外野 金子莉久(白鴎大) 165cm70kg 右左 〔総評〕 勝率はギリギリ5割クリアの「0. 507」でも、全く気の抜けない激戦のセ・リーグを大きな波もなく戦い抜いたのは、すばらしい大健闘だった。 投打のバランスのとれた良いチームだと思う。 リーグ打撃ベスト10に、宮崎敏郎、神里和毅、筒香嘉智、ネフタリ・ソト、ホセ・ロペス、大和…野手6選手がその名を連ねているということは、レギュラーが固定されていたということだ。 エース・今永昇太はリーグNo. 1左腕にのし上がった。 チーム盗塁数が12球団最低の40。 これで走れれば優勝だったのか……とも思ってしまうが、そう単純なものでもないだろう。 今年の狙いは、さらに将来の投手陣を充実したものに……。 奥川とは縁がなかったが、自慢の左腕を磐石なものにと、繰り上げ1位で指名した宮城まで逸してしまった。 とはいえ地元の眠れる逸材・及川がその「重責」を担うことになって、1位ではディフェンス能力No. 1の海野を確保できたのだから、不幸中の幸いといってよい。 6位でも、海野と同期の柘植で「ダブル・マスク」。 ずっと捕手が固定できずにきたからこそ、捕手固定の難しさは知っている。 大学、社会人のディフェンスNo. 1が2人がかりでホームベースを守る。 イースタンで打率2位の関根大気すら一軍に上がれないほど充実している左打者陣に比べ、今もこの先も、右が少々心細い。 井上広大、蝦名の大砲候補を立て続けに獲得。 井上には鉄砲肩、蝦名には快足……雄大な長打力の他にも、ポイントがちゃんと付加されている。 走れれば……という引っかかりもあったので、指名の最後は、日本一速い! と評する人もいる金子で締めくくった。 この韋駄天、決して走るだけじゃない。

次の

【2019年ドラフト会議】12球団1位予想、1位~3位予想36人、ロッテのドラフト(編成・補強)、ドラフトの結果と感想

ドラフト 会議 2019 予想

育成枠の最多指名はオリックスの8人 「2019年プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」が17日、東京都内で行われ、12球団のドラフト指名選手が確定した。 支配下74人(セントラル・リーグ37人、パシフィック・リーグ37人)、育成33人(セ・リーグ8人、パ・リーグ25人)、合わせて107人が指名された。 「BIG3」と称された3人、星稜高の奥川恭伸投手は東京ヤクルトスワローズ、大船渡高の佐々木朗希投手は千葉ロッテマリーンズ、明治大の森下暢仁投手は広島東洋カープがドラフト1位でそれぞれ交渉権を獲得。 そして、甲子園では投打で活躍し、U-18日本代表「侍ジャパン」で内野手として持ち前の打撃力を発揮した東邦高の石川昂弥は、中日ドラゴンズが交渉権を獲得した。 その他にも、才能くすぶる高校生や全国の各リーグで成長を遂げた大学生、より高いレベルで経験を積み上げた社会人がプロへの扉を開いた。 また、育成枠ではオリックス・バファローズが最多の8人を指名、福岡ソフトバンクホークスも7人を指名。 近年、育成から支配下枠を勝ち取り1軍で活躍する選手も多いことから、その順位に関わらず大きな期待が膨らむ。 各球団に指名された選手は以下の通り。 セ・リーグ ヤクルト 1. 吉田大喜・投手(日本体育大) 3. 杉山晃基・投手(創価大) 4. 大西広樹・投手(大阪商業大) 5. 長岡秀樹・内野手(八千代松陰高) 6. 橋本侑樹・投手(大阪商業大) 3. 岡野祐一郎・投手(東芝) 4. 郡司裕也・捕手(慶応義塾大) 5. 岡林勇希・投手(菰野高) 6. 松田亘哲・投手(名古屋大) 広島 1. 森下暢仁・投手(明治大) 2. 宇草孔基・外野手(法政大) 3. 鈴木寛人・投手(霞ヶ浦高) 4. 韮澤雄也・内野手(花咲徳栄高) 5. 石原貴規・捕手(天理大) 6. 持丸泰輝・捕手(旭川大高) 2. 木下元秀・外野手(敦賀気比高) 3. 西純矢・投手(創志学園高) 2. 井上広大・外野手(履正社高) 3. 及川雅貴・投手(横浜高) 4. 遠藤成・内野手(東海大相模高) 5. 藤田健斗・捕手(中京学院大中京高) 6. 小野寺暖・外野手(大阪商業大) 2. 奥山皓太・投手(静岡大) DeNA 1. 森敬斗・内野手(桐蔭学園) 2. 坂本裕哉・投手(立命館大) 3. 伊勢大夢・投手(明治大) 4. 東妻純平・捕手(智弁和歌山高) 5. 田部隼人・内野手(開星高) 6. 蝦名達夫・外野手(青森大) 7. 堀田賢慎・投手(青森山田高) 2. 太田龍・投手(JR東日本) 3. 菊田拡和・内野手(常総学院高) 4. 井上温大・投手(前橋商高) 5. 山瀬慎之助・捕手(星稜高) 6. 平間隼人・内野手(BC徳島インディゴソックス) 2. 加藤壮太・外野手(BC埼玉武蔵ヒートベアーズ).

次の

2019プロ野球ドラフト会議、12球団指名選手一覧

ドラフト 会議 2019 予想

2020年 中日のドラフト指名予想候補一覧 2020年 中日のドラフト指名候補のご紹介です。 候補選手は、先ほどの指名予想まとめでご紹介した選手となっています。 打者が高めを振ったり、低めを見逃していることから、質の良いストレートであることがわかる。 回転数が多かったり、回転軸が良い証拠だろう。 まだ一年生ということもあり、さらに球速が上がると手が付けられなくなりそうだ。 持ち球としてはスライダー、カーブ、フォークを投げている。 その中でもスライダーは変化量が大きく、キレが非常に良い。 左右どちらの打者相手にも有効なボールと言えそうだ。 ある程度捕手の構えたコースに投げ分けている。 中でもsとレートは安定した制球力を見せている。 ただ、コーナーにビシビシ投げられるほどではなく、あくまでもアバウトだ。 勢いのある質の良い速球が武器で、ストレートで空振りやファールが取れる。 変化球も多彩で、キレの良いスライダーを軸とし、カーブ、フォークを投げ分ける。 制球力も比較的安定しており、ある程度コースに狙って投げるコントロールを持っている。 一年生ながら、全てにおいて高レベルな投手である。 打者が振り遅れたり空振りするシーンが目立つ。 回転軸は地面と水平に近く、回転数が多い。 腕を縦に振れているので、回転の質が良いのだろう。 プロでも通用するストレートだ。 変化球は、スライダー、カーブ、チェンジアップ、ツーシームが持ち球だ。 左打者にはスライダー、右打者にはチェンジアップとどちらも決め球となる質の高さ。 特にチェンジアップは左打者にも投げられるので、対左の方が得意としそうだ。 また、しっかり腕が振れている点も高評価。 ある程度、捕手の構えたゾーンに投げられており、四死球で崩れるタイプでは無いだろう。 時折抜け球があるので、今後はより精度を上げていきたいところ。 質の良いストレートで空振りを奪う圧巻の投球。 変化球は、スライダー、カーブ、チェンジアップを持ち球としている。 粗削りな部分はあるが、比較的まとまった制球力である。 腕を下げた投球フォームから勢いあるストレートを投げ込む。 腕の振りがやわらかく、相手打者は球速よりも速く感じるだろう。 ただ、腕を下げている分シュート回転しており、速球で空振りを奪いタイプでは無い。 その他にもスプリット、ツーシーム、シュートを投げるようで、変化球は多彩だ。 ストレートに注目しがちだが、変化球のレベルの高さが一番の特徴である。 概ね捕手の構えたコースに投げられている。 ただ、時折高めに抜けたり逆球になるケースがある。 こういった投げミスを減らすことが今後の課題だろう。 スリークウォーター気味から勢いあるストレートを投げる。 変化球はカットボール、スライダー、チェンジアップを主な持ち球としている。 制球力はまずまずだが、時折制球を崩す場面もみられる。 まだまだ細身ということもあり、伸びしろ十分な選手だ。 回転数が非常に多く、2,500rpmというプロ野球界でもトップクラスの数値を誇る。 その為、シュート回転気味ではあるが空振りが奪える。 プロのローテーションクラスのストレートだ。 また、セットポジションでも素早いクイックから球速が落ちないのも高評価。 中でもカーブが素晴らしい。 回転数は3,000rpmというプロでもなかなか出せない数値となっている。 プロでもなかなか打てない球種だろう。 この2球種はプロでもなかなか打てないだろう。 コースにきっちり投げ込めるほどの精度はないが、アバウトにストライクに投げ込める。 四死球で崩れるタイプではないだろう。 回転数の多いストレートで相手打者を抑え込む。 変化球はカットボール、カーブ、フォークを持ち球としており、カーブは一級品の変化を見せる。 制球力はまずまずで四死球で崩れるタイプでは無い。 完成度の高い即戦力投手だ。 相手打者が空振りしたり振り遅れたりしており、力強さを感じる。 回転数は既にプロレベルとなっており、高レベルであることがわかる。 シュート回転成分が多いのも厄介かもしれない。 スライダーを軸として投球を組み立てており、自信があるボールなのだろう。 回転数は少ないが、ワンシームジャイロ回転で特殊な回転軸だ。 その為、相手打者が空振りしてしまうのだろう。 また、フォークもツーシームジャイロ気味で変化量が大きい。 この二球種は決め球として十分使えるだろう。 アバウトではあるものの、どのボールもストライクに投げ込める。 四死球で崩れるタイプでは無いだろう。 ただ、抜け球や逆球もまだまだ多い。 こういった投げミスを減らしていくことでさらにワンランク上の投球が出来るだろう。 力のあるストレートで相手打者を抑え込む、 変化球はスライダー、フォーク、ツーシームを持ち球としている。 アバウトではあるモノの、どのボールもストライクに投げ込める制球力も持ち合わせる。 全体的に完成度の高い投手だ。 回転数はプロ平均に近い数値となっており、プロレベルであることがわかる。 その中でもスライダーを軸に投球を組み立てている。 さらにトップスピン成分が若干含まれているので、縦に大きく変化するカーブのような軌道だ。 逆球や抜け球もあるので、こういった無駄球は無くしていきたいところ。 キレイなフォームから勢いあるストレートで相手打者を封じ込める。 変化球はスライダー、カーブ、チェンジアップを持ち球し、スライダーを軸に投球を組み立てる。 制球面でも安定感を見せており、将来性抜群の選手だ。 相手打者が空振りしたり振り遅れるシーンが目立つ。 回転数はプロレベルで、マッスラ気味で投げることでシュート回転を抑えている。 球質が他の投手と違うので、打者は打ちにくさを感じるだろう。 スライダーを軸に投球を組み立てていることから、スライダーに自身があると思われる。 鋭い変化で空振りが奪えており、決め球として十分使えるだろう。 カーブは回転数が非常に多く、トップスピン成分もあり、球速も速い。 こちらも決め球として十分使えそうだ。 さらに、ストレートの球質に近いフォークはスライド気味で落ちる特殊球だ。 アバウトではあるものの、ストライクに投げ込めている印象。 ただ、抜け球や逆球もみられる。 今後は、こういった無駄球を減らしたいところだ。 マッスラ気味のストレートで相手打者を抑え込む。 変化球はスライダー、カーブ、フォーク、ツーシームを持ち球としている。 制球力はまずまずで、アバウトではあるものの、制球で崩れるタイプでは無さそう。 全体的に高レベルな選手といった印象だ。 より詳しく森 博人を知りたい方は、下記チェック! ・来田 涼斗 選手名 評価 A 評価 出身 兵庫県 守備 外野 身長 179 cm 投打 右投左打 体重 83 kg 所属 明石商業 生年月日 2002. 16 遠投 100 m 50m走 5. 左右広角に打ち分け、ヒットゾーンが広い。 変化球にも崩されながら打つことができるので、安定して成績を残すだろう。 甲子園でもホームランを放っており、長打力も兼ね備えている。 成績的にも三振が少なく、四球が多い傾向だ。 一番打者として出塁することに重点を置いているようだ。 自分の役割を考え、それを実践できる野球センスの高さを感じる。 50m走5秒9という俊足で、一塁到達タイムは4秒前後と速い。 盗塁数は多くなかったが、ここ最近は盗塁も多く、成長がみられる。 遠投は100mという強肩である。 それに加え、守備の際は素早い送球が出来るタイプなので、走者を刺す場面が多そうだ。 俊足好打の三拍子揃った外野手。 巧みなバットコントロールで、広角に打ち分ける高い技術を持つ。 低めの変化球にも崩されながら長打が打て、対応力も高い。 50m走5秒9、遠投100mという高い身体能力を持ち、守備のレベルも高い。 高レベルで三拍子揃った好打者だ。 より詳しく来田 涼斗を知りたい方は、下記チェック! ・佐藤 輝明 選手名 評価 S 評価 出身 兵庫県 守備 三塁 外野 身長 186 cm 投打 右投左打 体重 92 kg 所属 近畿大学 生年月日 1999. 13 遠投 100 m 50m走 6. 恵まれた体格から放たれる長打力は破壊力抜群だ。 逆方向にもスタンドインする力がある。 柳田や糸井のようなスケールの大きさを感じる。 コースに逆らわすに広角に打ち分けることが出来ている。 また、前を広く使えるタイプなので、変化球に泳ぎながら対応もできる。 打撃技術は非常に高い。 0秒、遠投100mという高い身体能力を持っている。 打撃だけでなく、打って守れる三拍子揃った選手だ。 高いレベルで三拍子揃った左のスラッガー。 長身だが、非常にバネのある動きからは、高い運動能力を感じる。 左右広角に長打が打て、逆方向にもホームランを放つパワーが魅力だ。 50m走6. 0秒、遠投100mと高い身体能力を持っている。 高いレベルで三拍子揃った魅力あふれる選手だ。 より詳しく佐藤 輝明を知りたい方は、下記チェック! ・元山 飛優 選手名 評価 A 評価 出身 大阪府 守備 遊撃 身長 180 cm 投打 右投左打 体重 73 kg 所属 東北福祉大学 生年月日 1998. ホームランこそ少ないものの、二塁打や三塁打を広角に打てる。 内角の難しいコースにも対応出来ており、穴が少ないタイプだ。 打率よりも1割ほど高い出塁率を記録しており、四球を選べるタイプだ。 さらに三振が非常に少なく、低めの変化球もしっかり見逃せる。 こういった選球眼の高さでチームの貢献度は高いタイプである。 一塁到達タイムは4. 0秒と、プロトップレベルの走力を持っている。 守備での動きも軽快で、180cmの身長を感じさせない機敏な動きである。 高校時代にはプロスカウトから守備面で評価を受けている。 三拍子揃ったセンスあふれる遊撃手。 ホームランこそすくないものの、二塁打や三塁打といった長打を広角に打てる。 選球眼に優れ、三振が少なく、高い出塁率でチームに貢献する。 一塁到達タイプ4. 走攻守揃ったセンス溢れるプレイヤーである。 より詳しく元山 飛優を知りたい方は、下記チェック! ・牧 秀悟 選手名 評価 A 評価 出身 長野県 守備 二塁 遊撃 身長 178 cm 投打 右投右打 体重 81 kg 所属 中央大学 生年月日 1998. しっかり振り切るスイングで長打を放つ。 さらにセンターを中心に広角に打ち分ける高い打撃技術も持ち合わせる。 長打力とバットコントロールを兼ね備えた選手だ。 しっかり振り切るタイプなので空振りは多め。 しかし、際どいボール球を見きわめ甘い球を待つことが出来る。 3年生時から四死球数は三振数を大きく上回っており選球眼の向上が伺える。 遠投105mと肩は強い方だ。 一塁到達タイム4. 3秒は右打者としては十分合格レベル。 高い身体能力を生かした守備範囲は広く安定した守備を見せる。 三拍子揃った内野手。 巧みな打撃技術で広角に長打を放つ。 遠投105m、一塁到達タイム4. 3秒と身体能力も高い。 より詳しく牧 秀悟を知りたい方は、下記チェック! 2020 中日の上位指名が予想される候補一覧 ・五十幡 亮汰 選手名 評価 A 評価 出身 埼玉県 守備 外野 身長 172 cm 投打 右投左打 体重 67 kg 所属 中央大 生年月日 1998. 27 遠投 m 50m走 5. 50m走5秒6という超俊足で、一塁到達タイム3秒後半、二塁到達タイム7秒台、三塁到達10秒台。 盗塁時の二塁到達タイムは3. 2秒を切っており、プロでもトップを争える走力だ。 高い走力を活かし、トップスピードで打球に追いつく。 打球判断も良く、打った瞬間に落下地点へ動きだせる。 逆方向にも打てるので、ヒットコースが広い。 また、しっかり振っているので、ツボにはまればホームランも出る。 半面、三振数がまだまだ多く、確実性をもっと上げたいところだ。 一級品の走力が持ちあじの韋駄天外野手。 中学時代にサニブラウンに勝った高い走力はプロでもトップレベル。 走力を活かした守備範囲も広く、守備でも貢献できる。 打撃ではしっかり振り抜くスイングで広角に安打を打ち分ける技術力がある。 ストレート中心の投球で相手打者をねじ伏せる投球は圧巻。 相手打者が空振りしたりファールにするケースが多く、力強さを感じる。 上体を一塁方向に傾け、腕を縦に振れているので、回転軸が地面と水平に近いと推測できる。 その為、質の良いストレートが投げられているのだろう。 動画ではスライダーみのとなっており、自信があるボールと伺える。 決め球として十分使えるだろう。 抜け球や逆球が多く、狙ったコースに投げられる感じではない。 ストライクゾーンが狭くなり、相手打者のレベルが上がると苦戦しそうだ。 制球力の精度UPは必須だろう。 力のあるストレートで押し込む投球を見せる。 変化球は切れの良いスライダーを軸に三振を量産。 制球力には課題があり。 その為、芯を外すケースやゴロになるケースが見られる。 右打者にはチェンジアップを、左打者にはスライダーを軸としているようだ。 腕がしっかり振れているので、見極めしにくいと思われる。 変化球は浮くケースも多い。 しかし、ストレートは内外角にしっかり投げ込めており、精度はまずまずだ。 球速こそでないが、動くストレートで打者を打ち取る。 変化球はスライダー、カーブ、チェンジアップと多彩。 変化球にバラツキはあるものの、ストレートを内外角に投げ分ける制球がある。 今後の成長次第では、大きく評価を上げてきそうな選手である。 相手打者が振り遅れたりファールにするシーンが多く、力強さを感じるストレートだ。 どちらも空振りが奪えており、決め球として使えそうだ。 多少の抜け球や逆球は見られるが、捕手の構えたコースにある程度投げ分けられている。 勢いあるストレートで相手打者をねじ伏せる。 変化球はスライダー、フォークを投げ、どちらでも空振りが奪える。 制球面では若干のバラツキはあるものの、比較的まとまりのある投球をする。 動画内ではばらつきはあったものの、一部質のいいストレートを投げ込んでいた。 その為、速球で空振りが奪えるタイプだろう。 動画ではカーブしか投げておらず、抜け気味のボールだったので、これで判断はできない。 その他の動画が出るまで評価は待とう。 しかし、成績を見ると四死球率が2台となっており、まずまず安定している。 回転数の多い質のいいストレートを投げ込む。 変化球は主にスライダー、カーブを持ち球としている。 動画だと制球力にばらつきはありそうだが、成績を見ると、まずまずの四死球率となっている。 質のバラツキはあるものの、伸びのあるストレートである。 スライダーは変化量が大きくスラーブに近い印象だ。 ストレートの質が良いので、球速が速く変化量が小さい球種があるとさらに楽な投球ができるだろう。 ストレートが良いのでボール球でも空振りが取れているが、レベルが上がるとそうはいかないだろう。 上のレベルで活躍するには、もうワンランク上の制球力を身につけたいところだ。 質のいいストレートで相手打者を圧倒する。 変化球はスライダー、フォークを持ち球としている。 制球力にはまだまだ課題はある。 より詳しく豆田 泰志を知りたい方は、下記チェック! ・内山 壮真 選手名 評価 A 評価 出身 富山県 守備 捕手 遊撃 身長 172 cm 投打 右投右打 体重 72 kg 所属 星稜高校 生年月日 2002. 30 遠投 110 m 50m走 6. 綺麗なスイングでしっかりと振り切るバッティングフォーム。 逆方向にも鋭い当たりを打て、広角に打ち分けられる高いバッティング技術が持ちあじ。 襲撃の守備では高い身体能力を生かし、守備範囲も広く、深い位置からでも鋭い送球が可能。 高い守備能力を持った選手だ。 送球動作が早く、二塁送球タイムは1. 8秒台とプロレベルだ。 複数ポジションを高レベルでこなせるセンスの良さを感じる選手だ。 強豪星稜で一年生ながら四番を打つ逸材。 しっかりと振り切るフルスイングで鋭いライナー性の当たりを連発。 左右広角に打ち分ける打撃が持ちあじで、ヒットゾーンが広い。 50m走6. 3秒、遠投110mと高い身体能力を誇る。 ショートでの守備範囲も広く、安定した守備も特徴。 捕手でも二塁送球タイム1. 8秒と、どこでも守れるセンスあふれる選手。 より詳しく内山 壮真を知りたい方は、下記チェック! ・瀬戸西 純 選手名 評価 B 評価 出身 神奈川県 守備 遊撃 身長 177 cm 投打 右投左打 体重 77 kg 所属 慶應 生年月日 1998. 24 遠投 100 m 50m走 6. 三振数が多く、コンタクト能力は改善する必要があるだろう。 ただ、鋭いスイングからのパンチ力には魅力がある。 打撃能力が上がってくると、化けそうな選手である。 守備範囲が広く、動きが軽快だ。 捕球してから投げるまでの動作も速く、守備は既にプロレベルと言えるだろう。 遠投は100mで肩は強く、50m走6秒2と足も速い。 こういった高い身体能力があるからこそ、俊敏な動きが出来るのだろう。 堅守の遊撃手。 打撃にはまだまだムラがあるが、パンチ力を見せる意外性を持ち合わせる。 守備範囲が広く、守備面で貢献できるタイプだ。 遠投100m、50m走6秒2と身体能力も高い。 打撃面で一回り成長出来れば、面白い存在となりそうだ。 より詳しく瀬戸西 純を知りたい方は、下記チェック! 2020 中日のスカウトコメント一覧 2020年ドラフト候補への 中日スカウトコメントをご紹介しています。 21】 「素材がピカイチ。 パワー、振りの強烈さはプロに入ってもヒケをとらない。 14】 「ボールの威力は十分。 14】 「勝てるピッチャー。 先発、完投できる。 センバツで跳ねたら、どこかの球団の1位指名が確定するかもしれない。 (似てるタイプという質問に)真っすぐに落ちる球もある。 21】 「強烈。 えぐいね。 プロ志望届を出したら、間違いなく1位でしょう」 中日の【注目度〇】スカウトコメント一覧! 中山 礼都【注目度:〇 】中田アマスカウトアドバイザー【2020. 21】 「力強く振れるし肩も脚もある。 体の芯も強いし、素晴らしい素材」 牧 秀悟、五十幡 亮汰【注目度:〇 】正津英志スカウト【2020. 06】 「2人とも欲しい。 十分上位(指名)もある」 高橋 宏斗【注目度:〇 】米村チーフスカウト【2019. 18】 「スピードがあるし、スライダーがいい。 今大会で一番いい投手。 今後、伸びれば上位の可能性もある。 似ているタイプは高橋純平。 粗削りだが、バネがある」 高橋 宏斗【注目度:〇 】米村チーフスカウト【2019. 17】 「アウトローに決まるようになれば、手も足も出ない投手になる。 04】 「真っすぐがカット気味に来るので、打者は刺される。 10】 「(内山について)打撃は狙って逆方向にも打てるし、面白い。 走塁もセンスがある。 捕手としては期間が短く、守備面の評価が難しいが、伸びしろはあると思う。 16】 「投げ方が柔らかくアウトローに決められるコントロールもいい。 10】 「カウントを整えられる変化球をもう一つ覚えれば全然違う。 球自体はいい。 07】 「低めに強い球を投げられる。 あの球質で150キロが出たら、簡単には打てない。 26】 「(真っすぐは)力強いと思う。 30】 「ボールに力を伝えるのがうまい。 21】 「強い球を投げる。 ポテンシャルが高い。 高めに浮いた球もあったが、落ちる系の決め球もいい」 2020 中日の視察情報 2020年ドラフト候補への 中日視察情報をご紹介しています。 【球団:中日, 阪神 】 2020. 26 ドラフト2020候補の藤村哲之を阪神・中日含む5球団が視察した。 【球団:中日 】 2020. 20 ドラフト2020候補の平川裕太を中日など3球団が視察した。 【球団:中日, 阪神 】 2020. 21 ドラフト2020候補の佐藤輝明を阪神と中日が視察した。 2020 中日のドラフト関連ニュース 2020 中日のドラフ関連ニュースをご紹介しています。 16】 ドラフト2020で中日が、高橋宏斗や森博人含む一位候補を十数名リストアップしたことがわかった。 14】 ドラフト2020で中日が次の一位候補12名を挙げた。 高橋宏斗、栗林良吏、高田琢登、森博人、中森俊介、来田涼斗、早川隆久、山崎伊織、牧秀悟、元山飛優、佐藤輝明、松本竜也 中日の【重要度〇】ニュース一覧! 【重要度:〇 】指名情報【2020. 14】 中日は昨年に続きドラフト2020でも地元優先することを明言した。 26】 ドラフト2020候補の藤村哲之を阪神・中日含む5球団が視察した。 20】 ドラフト2020候補の平川裕太を中日など3球団が視察した。 21】 ドラフト2020候補の佐藤輝明を阪神と中日が視察した。 全球団の2020ドラフト 指名予想まとめ! 2020ドラフトの指名予想をご紹介しています。 他球団のドラフト情報もチェックしておきましょう!.

次の