アルコール 消毒 と 次 亜 塩素 酸 の 違い。 次亜塩素酸水はアルコールや塩素と何が違う?はじめて使う人が知るべきこと(TOKYO HEADLINE WEB)

塩素系の「消毒殺菌剤」について整理してみた。毒性、次亜、pH、効果など違いは?

アルコール 消毒 と 次 亜 塩素 酸 の 違い

高熱・下痢・嘔吐などのとてもつらい症状をともなうウイルスや細菌による感染症。 これらの恐怖に脅かされないためには、日常生活における除菌が重要となります。 除菌剤というとアルコールを真っ先に思い浮かべる方は多いのではないでしょうか?確かにアルコールも有効な除菌効果を持つアイテムですが、強い除菌力を誇る物質はほかにもあることをご存知でしょうか? 今回は、除菌剤として近年広まってきている『次亜塩素酸水』とアルコールを比べてみます。 果たして除菌力が高いのはどちらなのか?ご家庭で取り入れる除菌剤選びにぜひお役立てください。 除菌性能の違い まずは、アルコールと次亜塩素酸水が細菌などに対してどのように作用するのかについてご説明します。 アルコールの除菌メカニズム アルコールは、下記の3つの作用を起こすことで細菌やウイルスを殺菌します。 脱脂作用によって細胞膜を溶かす• タンパク質の構造を変える作用で細菌やウイルスの機能を低下させる• 強力な揮発性によって細胞の水分などと一緒に蒸発する脱水作用 しかし、アルコールが持つこれらの強力な除菌作用をもってしても死滅させられない菌がいます。 『芽胞』と呼ばれる強固な細胞構造を持つ細菌で、具体的には炭疽菌・セレウス菌・破傷風菌・ボツリヌス菌などです。 馴染みの深い納豆菌も、実は芽胞菌の一種です。 納豆には優れた整腸作用があることはご存知の方も多いと思いますが、これは強酸性である胃液ですら納豆菌を殺すことができないことを示しています。 少し話が脱線しましたが、芽胞菌とはそれほど生命力の強い菌だということです。 一方ウイルスについてですが、ウイルスのなかでも『エンベローブ』という脂質の膜を持つものはアルコールの脱脂作用で殺菌できますが、ノロウイルスなどのエンベローブを持たずとも生きられるものに対する効果はあまり期待できません。 次亜塩素酸水の除菌メカニズム 次亜塩素酸水の除菌効果は、下記の2つの化学反応によります。 酸化反応• 塩素化反応 次亜塩素酸水の除菌効果は次亜塩素酸 HClO のはたらきによるものです。 次亜塩素酸はとても不安定な物質なので、タンパク質などの有機物に触れると酸素や塩素を渡して安定な物質になろうとします。 細菌やウイルスからすると、要らないものを無理やり押し付けられて死滅させられてしまうこととなります。 この次亜塩素酸の不要物押し付け能力はとても強力で、エタノールでは効果のない芽胞菌やノロウイルスでも死滅させられます。 取り扱いやすさ 除菌性能については、次亜塩素酸水に軍配が上がりました。 しかし、実際に使う時の使い勝手のよさも、アルコールと次亜塩素酸水のどちらを選ぶかを考える重要な要素でしょう。 そこで次に、それぞれの取り扱い上の注意点を見ていきましょう。 アルコール使用上の注意点 アルコールを購入・使用する際には、下記のことに注意が必要となります。 種類 アルコールは濃度によって消毒用アルコール 消毒用エタノール ・無水アルコール 無水エタノール などと複数の種類があります。 除菌効果を期待できるのは消毒用アルコールです。 濃度が最も高い無水アルコールの場合は、すぐに揮発されてしまうので家のお掃除には適しません。 水気を嫌う機械類のお掃除には効果的です。 火気厳禁 アルコールには引火性があるので、火の気のある場所では使用しないでください。 合成ゴム・樹脂には使用しない 合成ゴムや合成樹脂製品は、アルコールによって変質してしまうことがあります。 眼や粘膜にかからないようにする アルコールは刺激が強いので、眼や粘膜にかからないよう注意が必要です。 肌荒れ 刺激に敏感な方の場合、アルコールで肌が荒れてしまうことがあります。 次亜塩素酸水を使用する際の注意点 アルコールには引火性などの危険な特性がありますが、一方の次亜塩素酸水ではどうでしょうか? 次亜塩素酸水の使用上の注意点を見ていきましょう。 使用期限が短い 次亜塩素酸水は不安定な物質なので、長期間保存し続けることができません。 特に紫外線や高温を嫌いますので、冷暗所での保管をおすすめします。 目的以外のものにも反応してしまう 不安定な物質である次亜塩素酸水は汚れなどにも反応しやすいため、除菌したいものをある程度きれいにしてから使わなければなりません。 塩素ガス発生の危険 塩酸と混ぜると有毒な塩素ガスが発生します。 トイレ掃除用の酸性洗剤の中には塩酸が使用されているものもありますのでお気を付けください。 金属を腐食させる 高濃度の次亜塩素酸水や、原材料に塩酸と記載のあるものは金属を錆びさせやすい性質があります。 使用後の水拭きなどで対策をすると良いでしょう。 長期保管すると強い酸性に傾く 生成に塩酸を使用している場合 原材料に塩酸の記載がある次亜塩素酸水は、長く放置していると強酸性になってしまいかねません。 塩酸ではなく炭酸を使用しているものを選ぶことをおすすめします。 結局のところ使いやすいのはどちらか? 引火性や皮膚への影響など、気を付けなければならないことが多いのはアルコールのほうでしょう。 次亜塩素酸水は肌荒れの危険はなく、金属以外であれば気を遣うことなく使用できます。 さらに刺激が少ないためペット用品へも使用できます。 保管についてはアルコールのほうが楽ですが、塩酸が使われていない次亜塩素酸水ならばそれほど気を遣う必要もないでしょう。 まとめ 今回は、アルコールと次亜塩素酸水の除菌効果についてご説明しました。 アルコールでは効果のないノロウイルスや芽胞菌まで除菌できるなど、次亜塩素酸水はとても除菌効果の高い物質です。 一方で、次亜塩素酸水は人体への安全性もアルコールより高いことがおわかりいただけたかと思います。 皮膚にふれても問題ない上、低濃度であれば多少誤飲しても害はありません。 アルコールでは肌荒れを起こしてしまう方でも安心して使用できます。 次亜塩素酸水は長期保管できませんが、大掃除などで一気に使い切ってしまうか、毎日のお掃除に取り入れて頻繁に消費するような使い方がおすすめです。 ご家庭の除菌対策に次亜塩素酸水をぜひ一度試してみてはいかがでしょうか? サイト名:次亜塩素酸水購入比較ナビ 記事名: サイト名:なし PDFファイル 記事名: サイト名:とある内科レジデントの雑記帳 記事名: サイト名:5分で分かる!次亜塩素酸水 記事名: サイト名:おそうじ応援隊 記事名: サイト名:ミナカラ 記事名:•

次の

「第3の消毒薬」として注目を集める次亜塩素酸を、化学者が両手を挙げて容認できないワケ

アルコール 消毒 と 次 亜 塩素 酸 の 違い

感染症はときに、一緒に暮らしている家族の間で広まってしまうことがあります。 忙しいパパや受験を控えたお子さん、抵抗力の弱い赤ちゃんやおじいちゃん・おばあちゃんにうつしてしまわないためにも、さまざまな消毒方法について知っておきたいものですね。 ここでは、家庭でできる消毒の種類と、感染症を防ぐ消毒方法についてご紹介します。 消毒とは? インフルエンザなどの感染症は、外から細菌やウイルス、カビ(真菌)などの病原微生物が体内に侵入することで引き起こされます。 「消毒」とは、人や物体に付着している微生物を「死滅させる」、または「除去して害のない程度まで減らす」、「感染力を失わせる」などして毒性を無力化させることを意味します。 消毒によく似た表現として「滅菌」や「殺菌」などがありますが、これらは消毒の一手段として使われることがあります。 詳しくは、をご覧ください。 消毒の具体的な方法 感染症の診察・治療を行っている医療機関では、さまざまな消毒・滅菌方法が用いられています。 大きく分けると、消毒薬を使用する「化学的消毒法」と、温熱や紫外線・放射線等を使う「物理的消毒法」があります。 医療機関では専門の器具や薬剤を使って徹底した消毒を行っていますが、なかには一般家庭にも応用できる消毒方法もあります。 自宅でできる消毒方法 ご家庭でもできる消毒方法には、主に以下のようなものがあります。 消毒薬を使う:さまざまな消毒薬や消毒方法があります。 詳しくは後にご紹介します。 煮沸する:沸騰したお湯のなかで15分以上煮沸して菌やウイルスを死滅させます。 乾燥させる:湿度を低下させて菌やウイルスを死滅させたり、働きを妨げます。 日光に当てる:日光に含まれる紫外線の働きで、菌やウイルスを死滅させます。 消毒といっても、特に難しいことはありません。 たとえば、ふきんを漂白剤に浸けたり、赤ちゃんが使う哺乳瓶を煮沸したり、洗濯物やまな板を天日干しするなどの消毒は、誰もが一度はやったことがあるのではないでしょうか。 菌やウイルスの中には湿度の高いところで増殖するものもあるため、よく乾燥させることも消毒方法の1つになります。 消毒薬の主な種類 消毒薬は消毒効果の高いものから、「高水準」「中水準」「低水準」に分類されています。 高水準消毒薬は毒性も高いため、取り扱いや排水の規制があります。 中水準以降の以下のような消毒薬は薬局などでも入手しやすく、市販されている除菌剤の主成分としても知られています[1][2]。 消毒用アルコール・エタノール:高濃度のものは幅広い微生物に有効。 除菌剤の多くに配合されている• ポビドンヨード:結核菌・ウイルス・真菌などに有効。 傷口の消毒薬やうがい薬に配合されている• 次亜塩素酸ナトリウム:細菌からウイルスまで幅広く有効。 特にノロウイルスの汚染対策に有効• クレゾール石鹸液:一般細菌や真菌などに有効。 トイレやゴミ箱などの消毒に使われる• 第四級アンモニウム塩(低水準):ベンザルコニウム塩化物などと呼ばれ、一般細菌や真菌に有効 消毒薬の使い方としては、物を浸け置きする方法、ガーゼや雑巾などにしみ込ませて拭き取る方法、スプレーなどで散布する方法などがあります。 感染症を防ぐ消毒の方法 感染症の広がりを防ぐには、「どのようなルートで感染するのか」を認識し、対策を講じることが大切です。 主な感染経路は以下があげられます。 感染した人に直接触れたり、ドアノブなど物を介して感染する「接触感染」• 感染した人の咳・くしゃみの飛沫が鼻や口から入る「飛沫感染」• 病原微生物を含んだ微細な飛沫核やホコリが空気中を漂うことで離れた場所でも感染する「空気感染」 日ごろからうがい・手洗いの励行やマスクを活用するとともに、必要に応じて以下の3つの消毒を行いましょう。 身の回りの物や居住環境を消毒 インフルエンザのウイルスが物体の上で生存し、他の人に感染する可能性を持つのは2~8時間程度といわれています[3]。 ドアノブやスイッチなど人が頻繁に触れるところや、感染した人が使ったものは、先にご紹介した消毒薬で清拭したり、洗剤と流水で洗っておきましょう。 ドラッグストアなどで入手できる除菌スプレーや除菌ティッシュで拭き取るだけでも効果があります。 除菌スプレーについて詳しくはをご覧ください。 インフルエンザウイルスの消毒については、ノロウイルスの消毒についてはも参考にしてください。 食器や食卓の消毒 家庭内にインフルエンザなどの感染者がいたとしても、すぐ近くで食事をしたり、食器を共有しなければ他の家族に感染することはないと思われますが、不安な場合は次亜塩素酸ナトリウムなどの塩素系の消毒液に浸したり、食器やカトラリーを煮沸したり、高濃度のアルコールで拭くとよいでしょう。 使い終わったテーブルやお盆なども、同様の方法で消毒しておきましょう。 タオルや衣類などの消毒 感染者が家の中にいる場合、家族とのタオルや寝具・衣類の共有は基本的にNGです。 特にノロウイルスなど強力なウイルスに感染した場合は、感染者とそれ以外の人のタオルや衣類は分けて洗うとよいでしょう。 タオルや寝具、衣類などの消毒方法には、80度以上のお湯で10分以上洗濯する方法や、次亜塩酸ナトリウムなどの塩素系消毒薬を加えて洗濯する方法などがあります。 消毒方法を知り、あらかじめ除菌・消毒用品を揃えておけば、いざという時もあわてずに済みます。 家族を感染症から守るためにも、しっかり備えておきましょう。

次の

殺菌効果はある?注目される「次亜塩素酸水」で割れる見解

アルコール 消毒 と 次 亜 塩素 酸 の 違い

お店の入り口に設置してある消毒液。 最近では、少しずつ消毒液が店頭に並んでいるのもよく見かけるようになりました。 さて、その消毒液ですが、敏感肌なせいか肌荒れがすごいです。 消毒するためにも今までこまめに使用していましたが、その成分と肌への影響をよく考えたことがありませんでした。 皆さんはアルコール消毒と次亜塩素酸水の違いをご存じですか? 知らなかった方の参考になれば嬉しいです。 まず、よく目にするアルコール消毒液。 成分はエタノールが使用してあり、アルコール濃度の70-80%が消毒液として向いているとされています。 アルコール消毒は芽胞菌やノロウイルス以外の菌を除菌できます。 全ての菌は除菌できないんですね。 また、エタノールはたんぱく質と脂質を溶かす特徴があるため、手荒れや乾燥の原因となります。 肌に影響があるため、部屋に噴霧はできませんし、引火性もあります。 逆に良い点としては使用期限が長い事です。 高温多湿を避ければ3年は使用できます。 次に次亜塩素酸水はアルコール消毒液よりもウイルスに効果的です。 塩酸や食塩水が電気分解されたもので、弱酸性であるため、皮膚や物品に噴霧してもダメージを与える心配がありません。 肌に優しい消毒液なのです。 ただし、劣化が早く、紫外線にも弱いことがデメリットです。 また、汚れに触れると効果が無くなってしまうため、一旦物や手をきれいにしてから除菌として使うと効果的です。 ちなみによく似た名前に次亜塩素ナトリウムというものがありますが、これはハイターを薄めたようなもの。 強アルカリ性であり、どんなに水で薄めても次亜塩素酸水と同じ成分にはならず、人体にも影響が出る恐れがあるため使用に注意が必要です。 次亜塩素散水と次亜塩素ナトリウムは同じ成分ではなく、次亜塩素ナトリウムは危険性があることを覚えておきましょう。 日本は緊急事態宣言が解除されましたが、コロナウイルス第二波が起こらないよう、これからも一人一人の自宅自粛や除菌予防対策が大切なことをお忘れなく。

次の