まるごと 日光 東武 フリー パス。 まるごと日光 東武フリーパスはどこで購入できますか?

日光に電車+バスで行くのにまるごと日光フリーパスはお得なのか?

まるごと 日光 東武 フリー パス

まるごと日光フリーパスってどんなチケットなの? まずはまるごと日光フリーパスの概要を紹介します。 まるごと日光フリーパス 料金 4,520円 浅草発・大人の場合 サービス内容• 浅草 — 日光間の指定の鉄道乗り放題• 日光観光に便利な東武バスが乗り放題 日光駅から湯元温泉まで• 指定の施設や乗り物が割引料金で乗れる• なかなか豪華ですね。 ただなぜか有効期間が無駄に長いです。 4日間もあるなんて、まるで日光に泊まっていけと言ってるようなものですね。 でも日帰りで東京と日光往復するだけの人にはこれは不要ですよね。 ではまるごと日光フリーパスを使わなかったときの東京から日光に行き、観光するために必要な交通費を計算してみましょう。 往復なら2,720円。 日光を観光するためのバス代 次に日光に到着したあとに必要になるバス代を計算します。 バスは東武バスが乗り降り自由のフリーパスを販売しているのでこれを買います。 ちなみにこのバスは日光駅・東部日光駅発で東照宮や中禅寺湖を通って湯元温泉まで行く路線バスで、いつでも乗り降りできて便利です。 これがまるごと日光フリーパスで乗れるバスと一緒なんですね。 まるごと日光フリーパスが湯元温泉までなのでそれに合わせて3,000円とします。 4日間有効っていうから実はあまりお得にならないぼったくりタイプのチケットなのかと思ったらめちゃめちゃお得ですね。 ちなみにまるごと日光フリーパスは出発場所によって料金が変わります。 今回は浅草発の場合を説明しましたが、都内でもより日光近い場所から出発するともう少し安くなるかもしれません。 っていっても久喜とか春日部で200円安くなるだけなんで微々たる額ですけどね。 東武本線各駅の駅窓口• 東武本線主要駅の定期券発売機能付自動券売機• 浅草駅旅行センター• 東武トップツアーズ、JTB、近畿日本ツーリスト、日本旅行各支店 当日でも買えるので朝浅草駅で買えばOKですね。 まとめ• まるごと日光フリーパスは東京と日光の電車の往復代と日光観光バスのフリーパスがセットになったチケット• まるごと日光フリーパスの特典で明智平ロープウェイや中禅寺湖の遊覧船が割引になる• まるごと日光フリーパスは当日でも東武線の駅の窓口で買える こちらの記事もおすすめ.

次の

東武線のおトクなフリーパスと一日乗車券まとめ!日光・鬼怒川だけじゃない沿線の魅力

まるごと 日光 東武 フリー パス

東武鉄道が発売している、 まるごと日光・鬼怒川 東武フリーパスって知っていますか? 東京からの往復乗車券1回分と、 日光・鬼怒川方面の鉄道・バスが4日間乗り放題になる切符です。 でもこういうのって、「本当に元が取れるの?」って思うケースもありますよね。 今回、秋の連休で日光・鬼怒川に旅行した際、実際に購入して使用してみました。 変更等ある場合は、最新の情報を公式ホームページ等で確認して下さい。 フリーパス概要 まるごと日光・鬼怒川 東武フリーパスには、以下の項目が含まれています。 有効期間は4日間となっています。 - 東武線各駅から日光・鬼怒川までの電車乗車券 往復1回分 - 日光・鬼怒川方面の鉄道・バスの乗り放題 - 各提携施設・乗り物などでの割引・優待 発売額は、出発駅並びに4月-11月か12月-3月かで変わってきます。 僕の場合は、始発である浅草駅からのフリーパスを購入、4月-11月料金で 6,150円でした。 あくまでも乗車券のみなので、 有料特急に乗る場合は別途特急料金が必要になります。 なので、浅草駅から特急スペーシアや特急リバティに乗る場合には、これ以外に別途特急料金がかかります。 また、日光・鬼怒川エリアには SL大樹が走っており、それに乗る場合にも 別途料金が必要です。 発売箇所 東武線各駅窓口や、 自動券売機等で購入することができます。 窓口で購入すると、時刻表や使用案内の小冊子がもらえます。 また、東武トップツアーズ、JTB、近畿日本ツーリスト、日本旅行の、 旅行会社各支店でも購入できるそうです。 僕が購入時にもらった一式です。 真ん中の特急券のみ、別料金を支払って購入しています。 乗り放題区間、割引・優待施設 日光・鬼怒川エリアでの乗り放題区間は、少し見づらいですが 下記緑色の実線・点線区間です。 太線の実線が電車、 白い水玉の入った点線区間がバスになります。 割引・優待が使用できる施設一覧は以下の通りです。 これらは購入時に頂いた小冊子からの引用になります。 この小冊子は、主要な電車・バスの時刻表なども載っており重宝するので、フリーパスを購入する際はぜひもらっておいた方が良いです。 検証1日目 では旅行中、実際にフリーパスで使用した交通機関を紹介します。 金額は個別で購入した場合の料金です。 使用1日目。 この日は浅草から特急きぬで鬼怒川温泉駅まで移動しただけです。 この日は日光まで移動し、バスを使って日光市内散策を行いました。 この日は奥日光です。 湯元温泉の湯ノ湖から中禅寺湖までハイキングをしました。 この日は鬼怒川エリアを徒歩で散策後、特急で浅草へ戻りました。 正直、あまりたくさん使用した感覚は無く、結局鬼怒川エリアは徒歩だけで乗り物を使わなかったのですが、かなりの金額が浮いた計算です。 湯元温泉や中禅寺湖方面へのバスが往復でそこそこの料金だったので、このエリアに行くのであれば、フリーパスはかなりお得だと思います。 そのエリアへ行かずに日光市内だけなら、市内バスだけの乗り放題パスなどもあるので、良く検討した方が良いかもしれません。 今回は、別料金を払って浅草から特急に乗りましたが、在来線の乗り継ぎで行く事もできます。 時間と乗換回数は増えますが、往復数千円の特急料金を節約したい人には、検討の余地があるかと思います。 以上、まるごと日光・鬼怒川 東武フリーパスの検証でした。 皆さんの何らかの参考になれば幸いです! nobutravel30.

次の

まるごと日光 東武フリーパス

まるごと 日光 東武 フリー パス

日光・鬼怒川の電車・バス移動をお得にするための選択肢 まず最初に知っておくべきこと。 それは日光を観光するときのバス代についてです。 日光を観光するとバス代が高くつく 日光・鬼怒川観光はいろんな行き方があって混乱しがちです。 もっとも一般的なのが特急スペーシアで行く方法。 せっかく鉄道会社がわざわざ東京から日光行く人のために作った路線を利用すべきだと思うのが人のさがでしょう。 まるごと日光 東武フリーパスを使う 選択肢はいくつかありますが、を使うのが1番お得です。 浅草からだと 4,150円 12~3月 で浅草-日光の往復付きかつ日光周辺の鉄道・バスフリー券です。 4日間有効のフリーパスなので一見お得になるの?って思いがちなんですが、日光をバスで回る場合は確実にお得です。 ちなみに東京-浅草を電車で行く場合の往復料金は まるごと日光・鬼怒川 東武フリーパス・・・6,150円 まるごと日光 東武フリーパス・・・・・・・4,520円 まるごと鬼怒川 東武フリーパス・・・・・・4,730円 どれを買うか悩みどころなのがやっかいです。 多くの人は日光と鬼怒川両方行くから一番上のまるごと日光・鬼怒川 東武フリーパスが一番お得なのでは?と思うでしょう。 どれにするかはバスのフリー区間で決めます。 tobu. したがって日光を観光する場合、迷うことなくフリーパスを買えばいいです。 フリーパスを買うかどうかで迷うのは鬼怒川メインで行く場合と鬼怒川+日光の場合です。 でももし湯西川温泉には行かず、東武ワールドスクエアと日光江戸村のみの場合、電車代とバス代は合計3900円となり、4730円の元を取れません。 やはりポイントは鬼怒川温泉周辺をどの程度回るかです。 日光メインであまり鬼怒川周辺を周らないなら普通の快速チケット、湯西川温泉などある程度の距離で鬼怒川周辺バスを利用するならフリーパスがお得です。 まとめ• 日光観光はバス代が高くつく• まるごと日光 東武フリーパスがお得• 鬼怒川温泉駅周辺をどの程度観光するかで東武フリーパスを使い分けよう.

次の