気 にし すぎ な 人。 人の言葉や態度を気にしすぎない方法(TED)

気にしすぎる性格がツラい。プロが教える「性格を変える方法」|「マイナビウーマン」

気 にし すぎ な 人

気にしすぎてしまう人がよく考えているのは「他人から自分がどう思われているのか」、「どう見られてどんな評価をされているのか」という観点が多いようです。 また気にしすぎてしまう人というのは軸をしっかりと持てていないパターンがあり、その場合エネルギーも中心が薄くなっているように視えます。 さらに足元のエネルギーも極端に少なく、地に足がついていないような感じが見受けられます、 気にしすぎてしまうということは、他人に惑わされやすいのでマイナスエネルギーも受けやすいのです。 そんな状態が続くと疲れてネガティブになりやすいでしょう。 それでは様々なパターン別に分けて、具体的な解決方法をご紹介していきます。 恋愛面でネガティブ・マイナス思考になりやすい人の解決法 パートナーが自分の理想通りに連絡してくれない場合に「きっと忙しいんだろう…」と考えるのではなく、「もしかして嫌われた?」とか「そう言えばこの前会ったとき、何か様子が違ったような気がする」など悪い方に考えてしまうクセがついてしまっている人は要注意。 事実は連絡が来てないということだけなのに、「きっとほかに女がいるに違いない」、「私は捨てられるのかも」と、 まだ起こってもいない現実を良くない想像でいっぱいにしてしまいます。 連絡がきてないのは、単純に忙しかっただけかもしれないのに「私ってあなたにとってどういう存在なの?昨日は何をしていたの?」と詮索して、重たい存在になっていませんか? そういう思考の癖を整えるには、 今現実に起こってることと、自分がもしかしたらと想像してることを区分けするところからはじめましょう。 良くない想像はあくまで想像で現実ではないかもしれないのです。 そこを意識するだけでもネガティブな思いは減って、エネルギーも充実していきます。 子育てで神経質になりすぎてしまう人の解決法 我が子の成長はうれしい反面、不安なこともありますよね。 ママ友との付き合いの中でも、「あの子はできてるのにうちの子はまだできていない」、「うちの子は言葉の発達が遅くて体も小さい」などと比較するうちに、どうすればいいんだろうと悩みが大きくなることもあるでしょう。 育児はわからないことだらけで当たり前なのに、うちの子の発達はこのまま遅れていくのでは…と神経質になりすぎてパニックになってはいませんか? それを回避する考え方のコツとしては、 子供の発達が多少遅れていたり体が小さくても「発達のスピードは人それぞれだから大丈夫」と自分の中で言い聞かせること。 子育てをしてると、自分と子供だけでどうしても狭い世界にいるような感覚から、発想が貧弱になりがちなこともあるでしょう。 自分で過度に神経質になってると気づいたら、 深呼吸して自分に余裕がないから気になるのだと受け止めてみるといいでしょう。 職場で周りの目が気になりすぎる人の解決法 自分の仕事がうまくいっている時はいいのですが、ミスをしてしまった場合や与えられているノルマに達していないような時は、同僚や上司が自分をどう思ってるのか気になる人も多いでしょう。 ミスしてしまった時に、上司から叱責を受けたりすると周りにも筒抜けで自分の無能ぶりを大声で広められてるかのように感じる場面があったら要注意。 周りから「できないやつ」、「使えないやつ」などと思われてるのでは、と心配になったりしていませんか? そんな時、 周りはあなたが思うほどあなたのミスについて延々となにかを思うほど暇ではないと考えてみるクセを付けてみて。 どんなできる人だって、間違うことはあります。 ここで重要なのはミスをした事実ではなく、次からどうしていくかいうことです。 それでも周りの目が気になってしまう時は 「仕事をきちんとしていれば必ず評価につながる」と思い込んでみましょう。 そして、実際に平常心で仕事に取り組んでいればあなたは大丈夫ですよ。 ヒカリ占い師からのスピリチュアルメッセージ.

次の

「人から嫌われても」全く気にしない人の共通点

気 にし すぎ な 人

記事の目次• 気にしすぎる性格の特徴 「悪口を言われていないか気になる」「どう思われているか常に不安だ」といういわゆる『気にしすぎる性格』の人にはある特徴があります。 それでは、人の目や評価を気にしがちな人にはどういった特徴があるのかについて見ていきましょう。 他人の目が異様に気になってしまう 気にしすぎな人は『他人の目』を異様に気にしてしまうという特徴があります。 親しい家族や友人だけでなく、街ですれ違う人たちの目ですら気にしてしまうという傾向があるようです。 自分の容姿や仕草、会話の内容に至るまですべてのことが周囲にどう思われているか気になってしまう人もいるようです。 自分を形成するものすべてが第三者にどのように映っているのかが分からず不安になってしまうのも理由のひとつでしょう。 過度の神経質 何事も完璧でいなくてはいけないと過度に神経質になってしまうのも気にしすぎな人の特徴と言えます。 「自分にとってマイナスな要素は他人の目から見てもマイナスに思われる」と考え、それを周囲に悟られるのが怖くなってしまうのです。 ほんのささいなことでも神経質に捉えてしまう傾向にあるので、そういった人たちはストレスも溜まりやすいです。 神経質すぎて自分や周囲に厳しすぎる場合は、気にしすぎる性格を助長させてしまうでしょう。 責任感が強すぎる 気にしすぎる人は何事も完璧にこなしたいという『責任感』が強い場合があります。 本来責任感が強いことは良いことですが、気にしすぎる人の場合はかえってマイナスになってしまうことも。 他人や自分のことまですべて完璧にこなそうとして、小さなミスさえも許されないというハードルを自分自身に課してしまっていることもあります。 周囲や自分に関するささいなことも気にかけるようになり、やがて過度に気にしすぎるようになってしまうのです。 打たれ弱い 打たれ弱い性格の人は、何事も気にしすぎな傾向にあります。 打たれ弱い人が周囲からの評価を過度に気にしてしまうのは、失敗そのものよりも周囲からの視線が気になるからです。 悪い評価や評判に繋がるのを恐れて、失敗に対してのストレスを増やしてしまうことがあります。 誰かに嫌われることを怖く思うあまり、どんなことも気にしすぎてしまうようになってしまうのです。 真面目すぎる 何事も真面目に捉えすぎてしまう人は、物事を気にしすぎることが多いです。 本来真面目であることはプラスですが、 何から何まで重大に捉えてしまうあまりに、ひとつひとつの事に対して気を配りすぎてストレスが溜まってしまうこともあります。 また、真面目すぎて自分の短所を治すために余計に頑張ってしまうこともあります。 「きちんとしなければいけない」という真面目さが、逆に気にしすぎというストレスを抱える原因になってしまうのです。 完璧主義なところがある ささいなことでもしっかりしていないと気が済まない完璧主義者も、気にしすぎになってしまう人の特徴です。 完璧主義ということは、どんなミスもあってはならないと思い込んでしまうこと。 つまり、 ささいなことでさえ気がかりになってしまい、自然と気にしすぎてしまうようになるのです。 ちょっとしたことでさえ気がかりになってしまう完璧主義者の人は他人の目も気にするようになり、だんだんと「気にしがち」な性格を助長させてしまうのですね。 気にしすぎる性格の原因 気にしすぎる人の性格についてみてきましたが、こういった性格は何が原因となっているのでしょうか?原因を知ることで、気にしすぎな性格を直すためのカギを見つけることができます。 ここでは気にしすぎる性格の原因について見ていきましょう。 完璧主義すぎる 先ほどもご紹介したように、完璧主義すぎる人は気にしすぎる性格の原因のひとつです。 どんな小さなことでも完璧でいたいと思うあまりに、 ほかの人からみたらささいなことでも完璧にしようとする傾向にあります。 そのため、色々なことに目が向くようになって、だんだんと気にしすぎな性格になっていってしまうのです。 自分を過小評価してしまう 「自分なんか良いところがない」と過小評価してしまうのも、気にしすぎな性格を作り上げる要素となります。 自分の短所ばかりに目が向いて良いところを見つけられない状態の人は、ついつい自分のことだけ気にしすぎてしまうことも。 本来人から見たら長所に思える部分でさえ短所に捉えてしまうこともあるので、 自分の悪いところだけでなく良いところもしっかりと見てあげることが大切です。 他人を信じることができない 他人になかなか心を開けず、信じられないという人も要注意!信じることができないというのは、つまり誰かを『疑う』ということ。 つまり、 その人の発言や行動などのすべてを疑ってしまい、気にしてしまうということに繋がります。 他人を信じられないこと自体が嫌になってしまい、余計落ち込んでしまうというケースもあります。 他人を心から信じることは難しいですが、あまりに信じられない場合は何事も気にしすぎてしまう性格に繋がってしまいます。 ネガティブ思考 過小評価をしがちな人にも共通して言えますが、ネガティブな思考は気にしすぎな性格を形成する要因のひとつ。 物事のマイナスな部分だけを見てしまうと嫌な気持ちになりますよね。 このように、 嫌なことばかりが目について気にしてしまう人も気にしがちな性格の人に多いでしょう。 ネガティブ思考な人は、ひとつでも物事の良いところを見つける練習をしましょう。 ポジティブシンキングが心の余裕を作ってくれるので、気にしすぎな性格を直すきっかけにもなりますよ。 過去にイジメなどのトラウマがある 気にしすぎな性格の人は『周囲からの視線』を気にすることが多いです。 このようになってしまうのは、過去にイジメなどの非常に強いトラウマがある場合があります。 イジメられたりハブられたりすると人間不信になったり、自分の評価を極端に気にするようになってしまうのです。 いじめられないように周囲からの目線を常にうかがうようになってしまう人もいます。 他人からの評価がすべてだと思い込むことが、気にしすぎ症候群をさらに悪化させてしまうこともあるのです。 幼少期の家族関係が原因の場合もある 多感な時期の幼少期に家族関係に不和が起こってしまうと、何でも気にしすぎてしまう子になりやすいとされています。 家族から嫌われないように完璧な子どもでいたいと思うあまり、『良い子』を演じてしまう癖がついてしまうのでしょう。 家族からどのように思われているかを気にかけることが、結果的に気にしすぎる性格の形成に関わってくるのです。 気にしすぎる性格を直す方法 周囲からの評価を気にしすぎる人は、常に人の目を気にしてしまい、疲れやストレスが溜まりやすくなっているかもしれません。 ここからは、気にしすぎる性格を直す方法について見ていきます。 これらの方法を実践すれば、周りを気にせず自分らしくいられるようになるかもしれません。 他人と自分を比較しない 気にしすぎる人がよくやってしまうのが『他人と比較すること』です。 自分になくて相手にある魅力や長所ばかりが目についてしまい、劣等感を抱いてしまうという人も多いのではないでしょうか? 当たり前のことですが、 人は良いところもあれば悪いところもあります。 自分と他人を比較してみて相手の良いところばかり目が行ってしまうかと思いますが、自分にも良いところはたくさんあると考えて必要以上に比較をするのはやめるようにしましょう。 運動など何も考えない時間を作る 気にしすぎる性格の人は考え事が多くなってしまい、なかなか寝つけなくなってしまうことも多いのではないでしょうか。 そんな時は、運動など集中できることをして何も考えない時間を作るのもおすすめです。 運動が苦手という人は、簡単な瞑想をしてみるのも良いでしょう。 自分の呼吸にだけ意識を向けて、ひたすら座禅を組んで座る時間を作ってみてください。 自分が気にしすぎていたことがちっぽけなことに思えて、よりポジティブな思考になることができるかもしれませんよ! ライフスタイルを改善しストレスを溜めこまないようにする 気にしすぎな性格の人はストレスを溜めこみがちなので、なるべくストレスを溜めこまないような工夫をすることが大切。 仕事や人間関係、家庭環境など、様々な場面でストレスを感じることがあるかと思います。 そんな時は 自分なりの息抜きの仕方を見つけて、こまめにストレス発散するのが良いでしょう。 ストレス発散の方法は人によって様々です。 運動や映画鑑賞、散歩や友人と遊ぶ時間など、自分が一番楽しいと思える時間を作ってみてください。 楽しい時間を過ごすことでストレスが緩和されて、気にしすぎる性格も少しずつ治ってくるはずですよ。 八方美人をやめる 気にしすぎる人は周りの人の目を気にしがちというお話をしてきましたが、そんな時は思い切って八方美人をやめてみるというのもひとつの手段です。 誰からも好かれるという人はまずめったにいません。 どんなに努力しても、周囲の誰かからは苦手意識を持たれたり嫌われたりしてしまうものなのです。 だからこそ、八方美人をやめて好きな人にだけ好きになってもらう努力をするようにしましょう。 自分が今後長く付き合っていきたい友人や大切な人にだけ好きになってもらおうと考えれば、不特定多数の目線も気にならなくなっていくはずですよ。 周りの人は自分のことをそこまで気にしていないと理解する 「周りの人は自分のことをそこまで気にしていない」という認識を持つことも大切です。 気にしすぎる性格の人は「周りから嫌われていたらどうしよう」と考えたり、 必要以上に自分への評価を気にする場合があります。 しかし、周囲の人たちは別にあなたのことだけを考えながら生活しているわけではありません。 周りの人たちにとっての「あなた」は、日々の様々な出来事や関わる人間の中のほんの一部なのです。 そのため、自意識過剰に「こう思われているかもしれない」と考えるのをやめれば、気にしすぎることも少しずつ減っていくでしょう。 まとめ 周囲の人からどう思われているのか気になってしまうなど、「気にしすぎる性格」の人は余計なことまで考えすぎてしまうことが多いです。 何事も気にしすぎてしまうとキリがありませんし、ストレスも溜まりがちになってしまいますよね。 今回ご紹介した方法も実践して、少しでも気にしすぎな性格から抜け出してポジティブになれるように頑張りましょう。

次の

健康を気にしすぎるのも、不健康。

気 にし すぎ な 人

日々、どうしても感じてしまう不安や怒り、イライラといった様々なネガティブな感情。 ただの「いやな感情」で、それらを感じてしまう自分が未熟だから感じてしまうものとして片付けていました。 しかし、精神科医である著者によると「感情はすべて私たち自身を守るために備わっている」というのです。 このことを知っただけで、とても心が軽くなりました。 たとえば、不安は「安全が確保されていないことを知らせてくれる感情」なんだそうです。 そう考えると、不安に直面した時に、ただただ「嫌だな。 不安だな」と思っておろおろするのではなく、「何が安全じゃないと感じているんだろう」と冷静に自分がおかれている状況を客観視できるようになりました。 他には、「イライラを感じる」のは、「自分が困った状況におかれているということを知らせるというサイン」。 些細なことでイライラしてしまう自分を度量が狭いとせめる方にばかり気が行っていました。 しかし、「困っている」という自分の感情を無視せずにフォーカスすることで、イライラを鎮めるのにはどうしたらいいのかという対処法が見えてきます。 ネガティブだといわれあまり良くないといわれる感情であってもそれらを感じるということは、心身が自分にシグナルを送っているんだということ。 本書はそんな自分の感情を大事にして、それらに適正に対処する方法を教えてくれます。 周囲にあわせようと本当の自分の感情を無視することで、心に重い荷物を背負って無理しがちな人はぜひ読んでほしいです。 ネットの進化で情報が入りやすくなったことで、 知人の近況報告をすぐ手に入るようになった。 以前であれば、直接会って話を聞くことでしか近況報告が手に入らなかったのに。 また会える人数も限られてくるため、 不安に駆られることは大分少なかったように思う。 しかし、いまではどこでも、自分の心情に関係なく情報が入ってきてしまう。 手軽に情報が入ってくることで、 不安に駆られる情報を受け取る確率が大幅に上がったわけである。 この環境で、生きていかなければいけないが、 膠着してしまっては、前に進めない。 そんなことを考えているときに手にとった本です。 自分の心の取り扱い方を気づかせてくれるし、 「ありのままの自分」の大切さを教えてくれる。 また、周りへの対応のヒントにもなった。 例えば、「愚痴を聞かされる」という態度は主体性がない。 まずは「愚痴を聞くかどうか」を選択し、「聞くこと」を 選択したら、相手の話を評価したりせず、ただ、そのまま聴く。 相手の話が短時間で終わることも多いという。 いかに自分にストレスをかけないで過ごすか、考え方、行動を 取り入れていきたいと思う。 「気にする」といったネガティブ思考の人に対しては、ポジティブに考えられるようにアドバイスする本が多い。 もちろん、この本でも事実の捉え方についての話はあったが、一貫してキーワードとなっていたのが「今」だった。 今に集中することが大切だというのだ。 将来の不安にしても将来=未来は今の積み重ねだという。 なるほどそうだ。 起こるかどうかわからない先のことを考えるから不安になる。 今に集中し、未来は今の積み重ねとわりきればいいというのだ。 また、あのとき〇〇していればよかったという後悔も、〇〇できなかった状況をいくつか挙げることで、適切なときではなかったと思えるという。 心が疲れているとき、この本を読み返すと、元気になれるような気がした。

次の