陥没乳頭 手術 失敗。 陥没乳頭

札幌で陥没乳頭の施術を受けた方がいれば…

陥没乳頭 手術 失敗

日常生活に支障がでないために、そのままに、しがちですが、あるときに問題になる場合があります。 それは、授乳です。 赤ちゃんが生まれて、授乳するときに赤ちゃんは乳首に吸い付きますが、それがくぼんでおり、うまく授乳できません。 また、場合によっては、男性との性行為のときに、男性に不満に思われるのではないかと思ってしまい、女性がコンプレックスを持って、性生活を送ることができないということもあります。 そのような場合には、陥没乳頭を克服することは、赤ちゃんのためだけでなく、自分の人生に自信を持てるために、とても大切なことになります。 現代では日帰りで手術ができます。 機能が回復すればよいというもの他ではないので、失敗しないように、先生や病院を選ぶことです。 上手な医師・クリニックの特徴 乳首の埋没状態を確かめて、手術が必要か確認を行ってくれます。 見た目の美しさばかりでなく、機能的に回復するように術式を考え、乳輪部分を3か所Z型に切開して中から乳首を持ち上げて、埋没しないように縫合を行うことが可能です。 状態によっては乳首付近を2か所数ミリ切開して縫合を行っただけでもきれいに乳首を出して機能を回復させることができる場合もあり、医師が適切に判断を行ってくれます。 乳管あたりに線維化が進んでしまっていると、手術を行ってもまた埋没してしまう可能性があり、再修正が必要にならないよう、線維化した部分にアプローチを行い、きれいに形成できるように対応することが可能です。 局所麻酔によって片側30分ほどの施術が行われ、入院する必要がありません。 すぐに仕上がり状態を確認できて、納得ができるバランスが取れた形に乳首を取り出し、縫合することが可能で、乳輪サイズが気になっている方に対しては、一緒に施術が可能な場合があります。 手術したら終わりではなく、経過観察を行い再び乳首が戻ってしまったりしていないか確認し、炎症などを起こしていないか確かめて最後まで責任をもって陥没乳頭に対する対応を行います。 再修正が必要な状態になった時も、確実性を高める術式を選択して修正を試みます。 陥没乳頭の手術と失敗例 陥没乳頭の手術は普通の意味合いの手術とは違います。 そのため、陥没乳頭で失敗する例を知り気をつけましょう。 手術前は、し「手術を受けると全てが治る」と思っていますが、実際に受けてみると、たくさんの思いがけないケースがあり、成功といえるためには、気をつけなければならないことが多いことがわかります。 まず、最初に、手術後の医師のアフターケアの失敗です。 簡単な手術とはいえ、メスを入れているために、その部位は通院して消毒し感染を防がなければなりません。 しかし、経験が浅い医師だと、その異変に気づかずに、細菌が感染して乳首が炎症し、その後、炎症は収まったとしても形がぐちゃくぢゃになってしまい手術前よりもおかしくなってしまいます。 それは確実に失敗です。 さらに、手術に成功し感染もなかったとしても、よく見てみると、乳首の大きさが、左右違う場合があります。 また、色が左右違う場合もあります。 このような不自然な場合は決して成功とはいえません。 女性のコンプレックスが残ったままだからです。 しかし、一番多いのは、数ヶ月または数年後に再び陥没乳頭に戻ってしまうことです。 戻ってしまっては何もなりません。 陥没乳頭で起こりえる失敗例、傷跡が残る。 それってどのくらい? 陥没乳頭の手術によって目立つ傷跡が出来てしまう事があります。 特に目立つ原因として手術方法や担当医師の技術的な部分があります。 乳頭周囲は色素によって傷跡が白く目立ちやすく、見ただけで直ぐに乳頭の手術をしたという事が分ってしまいます。 そのため、あまりにも目立ってしまう場合には、再手術を受ける必要が出てきます。 このような傷による再手術防止の為にも担当医師による、これまでのモニター写真を拝見する事が大切です。 乳頭の陥没を防ぐ手術を受けたのに後戻りしてしまう事はあるのか 陥没乳頭の手術後に時間の経過とともに、乳頭の陥没が再度起きる事があります。 この後戻りは、手術の失敗を意味しますが、陥没の症状が重度の場合ではこの限りではなく、何度か手術を段階的に分けて行う必要もあります。 医師の技術や経験が必要なため、難易度の高い手術になります。 再手術は難しくなるため、医師によっては再手術を拒否する方もいるため、カウンセリング時に再手術に関する事を確認する必要があります。 手術をしても効果が無いというのは半分嘘で半分正解 乳頭に関する手術は症状によって難易度が異なり、失敗も起こりやすい部位です。 ただし、失敗と思われる中にも陥没した状態が軽度になるなど、全く効果が無いという事ではない点に関しては認識しておく必要があります。 また、授乳など乳頭の陥没による支障が出ない限りは手術を行う必要がないとも言えます。 ただし、見た目の問題として気になる方は、なるべく同じような症例を経験した医師へと相談する事が大切です。 名医を探す為に必要なカウンセリングについて 医師に相談する際に注意する点として、医師とのカウンセリングがあります。 モニター写真を見せてくれるか、アフターケアは充実してるのかなど、手術を受けた後でも丁寧に対応してくれるか確認しておきましょう。 また、経験が多くても技術が伴わない場合もあるため注意が必要です。 再手術やこれから手術を受けようと考えている方は、是非一度ご相談下さい。 陥没乳頭に関する経験豊富な名医を紹介する事が出来ます。 カウンセリングを十分に行いアフターケアがしっかりしている病院を選ぶ 真性と違い、乳首の陥没の程度が小さい仮性陥没乳頭では、傷跡が目立つようなことはなく術後の授乳も可能なものになります。 乳首の根元にわずかに傷が付く程度で、手術後約7日で抜糸ができます。 乳首が陥没したままの状態では、授乳がうまくいかず乳房が張って苦しんだり、赤ちゃんはうまく乳首をくわえられずに泣いたりと、様々な問題が出てきます。 陥没乳頭を修正することは、乳首の形を形成することで、衛生面でのリスクをなくして精神面でも自信が持てるなどがあります。 また、出産前の女性なら、将来の授乳に向けて乳管を温存して修正することができます。 乳首の状態は、個人によって違い重度のものから軽度のものまであります。 その状態によって、手術方法がかわってきます。 また再発も心配ですので、経験豊富な医師に相談して自分に合った方法を提案してもらえるようにしましょう。 カウンセリングを十分に行いアフターケアがしっかりしている病院を選ぶようにします。

次の

陥没乳首・陥没乳頭の治し方

陥没乳頭 手術 失敗

乳頭が凹んでいる• 授乳に障害を感じている• 重度では、吸引などの刺激を与えてもまったく出ず、常に陥没している状態です。 陥没乳頭をそのままにしておくと、見た目だけでなく、乳腺炎やかゆみなどのトラブルにつながるため、早めに治療しましょう。 手術では、乳管を傷めないよう配慮しながら、線維組織の一部などを処理して固定します。 また、手術の効果を維持する目的で、補助的に乳頭の吊り上げ術を行うこともあります。 また、術後しばらくすると傷あとが白くなる(色素が抜ける)傾向が見られ、元々の乳頭の色が比較的濃い方は傷あとがやや目立つことがあります。 術後経過中に再発が見られる場合には、吸引法などの補助療法を加えることもあります。 また、まれに元の状態に戻ってしまう例もあり、その場合には再手術も検討しますが、再手術により乳管を傷めるリスクは高くなります。 もともと乳頭が大きい• 授乳で乳輪が大きく、高く(長く)なってしまった• なお、乳頭の血流を確保するため、また今後授乳の可能性がある方では乳管を温存するため、縮小できる量には制限があります。 また、術後しばらくすると傷あとが白くなる(色素が抜ける)傾向が見られ、元々の乳頭の色が比較的濃い方は傷あとがやや目立つことがあります。 術後6ヶ月以上経過した時点で患者さまの希望があり、さらに縮小できる可能性があると判断した場合には、追加切除を行うことがあります。 その場合、別途費用がかかります。 もともと乳輪が大きい• 妊娠でバストが大きくなり、それにともない乳輪が大きくなってしまった• この方法では、かなり大きな乳輪でも適度な大きさに整えることができます。 なお、乳輪縮小術は、乳頭縮小術やと同時に行うことも可能です。 本来、乳輪と周囲の皮膚との境界はあいまいなものですが、術後は縫合線によって境界がはっきりする傾向にあります。 くっきり感を少しでも緩和するため、縫合線を意図的にジグザグにするなどの工夫を行っていますが、やや不自然さが残る可能性があります。 また、術後に周囲の皮膚に引っ張られて縫合線自体が(傷あと)が広がり、ケロイド状になることがあります。 通常は時間が経つにつれて自然軽快しますが、程度が強い場合にはケロイドに対する治療(注射療法など)をおすすめすることがあります。 完全に元どおりになってしまうことはまずありませんが、予定の直径をそのまま維持することは困難で、ある程度の拡大はやむを得ないことをご理解ください。 副作用・ ダウンタイム 【陥没乳頭・乳頭縮小術】 術後、乳頭の知覚が鈍くなる可能性があります。 これは一時的なもので、通常数ヶ月で回復しますが、人によっては完全回復に数年かかることがあります。 【乳輪縮小術】 縫合線の外側に無数のしわ(ギャザー)が放射線状に発生することがあります。 ただし通常は一時的で、術後3ヶ月程度で消失します。 【共通】 ・感染(化膿):通常は起こりませんが、手術である以上傷から細菌が侵入して化膿することがあります。 抗生物質の投与などでおさまらない場合には、必要に応じて切開・排膿などの処置を行います。 ・麻酔を行う際、注射針によって内出血が起きることがあります。 ・予想以上に効果の実感が得られない、または修正効果が弱いことがあります。 注意事項 ・乳輪や乳頭が不規則な形をしている場合にはできるかぎり整えますが、完全な丸形にするのは困難です。 ・抜糸まで、サウナや激しい運動、飲酒などの血流を活発にする行為はお控えください。 カウンセリングの際にご説明いたします。

次の

ナグモクリニックの口コミ!陥没乳頭の手術は?

陥没乳頭 手術 失敗

乳頭縮小術 乳頭の肥大は、遺伝による先天的なものや、妊娠・授乳によって現れるものなどがありますが、性体験が豊富と見られてしまうことに悩まれる方も少なくありません。 見た目にもバストが小さいのに乳頭が大きいという場合に目立ちますので、美容的な観点からどうしてもコンプレックスを抱きがちな部位でもあります。 最近では未婚の女性にも乳頭肥大で悩む方が増えています。 授乳で乳首が大きくなってしまって気になるという方のほか、元々の乳首が大きく、例えばお友達と一緒にお風呂に入るのが恥ずかしいなど、精神的に負担を感じている方も多く受けられています。 乳頭が大きくバストとのバランスが悪いという場合は、この乳頭縮小術によって感覚も失わず、バランス良く小さくすることができます。 乳頭の高さがある場合、直径が大きい場合、どちらにお悩みの場合もご希望にあわせて小さくすることができます。 施術の内容 乳頭縮小術によって感覚も失わず、バストと乳頭のバランスが悪いという場合は、このバランス良く乳頭を小さくすることができます。 乳頭の高さがある場合、直径が大きい場合、どちらもご希望にあわせて小さくすることができます。 両側200,000〜350,000円(税別) 考えられるリスク、 副作用 むくみ、腫れ、内出血がありますが、時間とともに治ります。 施術の内容 乳頭縮小術によって感覚も失わず、バストと乳頭のバランスが悪いという場合は、このバランス良く乳頭を小さくすることができます。 乳頭の高さがある場合、直径が大きい場合、どちらもご希望にあわせて小さくすることができます。 両側200,000〜350,000円(税別) 考えられるリスク、 副作用 むくみ、腫れ、内出血がありますが、時間とともに治ります。 施術の内容 乳頭縮小術によって感覚も失わず、バストと乳頭のバランスが悪いという場合は、このバランス良く乳頭を小さくすることができます。 乳頭の高さがある場合、直径が大きい場合、どちらもご希望にあわせて小さくすることができます。 370,000円(税別) 考えられるリスク、 副作用 むくみ、腫れ、内出血がありますが、時間とともに治ります。 乳頭縮小術は、幅を小さく整える方法と、高さを低くする方法の2通りがあり、この2種類を組み合わせる事により、お一人お一人の悩みに合わせた手術をします。 また、授乳機能を温存するかどうかで手術方法が違ってきます。 CONSULTATION 手術方法 授乳機能を温存するかどうかで手術方法が違ってきます。 授乳機能を温存しない場合 単純に乳頭の余っている部分を切り取る方法です。 サイズは自由に調整できますので、授乳を終えた方ではこちらの方法をおすすめします。 いくらでも小さくできるため、大きく取りすぎないようにする注意が必要です。 乳頭が大きく球状の場合は、乳頭を水平に分割した後、断端部をトリミング閉鎖します。 授乳機能を温存する場合 乳頭の基部をドーナツ状に切除し、中心部(乳管のある部分)を残して、だるま落としのように高さを小さくします。 広さに対しては、乳管のない部分を楔状に切除します。 また、乳頭基部の円周も合わせて小さくするため、3ヶ所ずつ互いに位置をずらして小さな三角形の楔型切除を加えて縫合します。 いずれのアプローチ法も体積を小さくした後、縫合します。 傷跡は、ほとんどわからなくなります。 CONSULTATION 乳頭縮小術に関するよくある質問 城本クリニックに多く寄せられるご質問を掲載しています。 乳頭縮小術は希望の大きさに整える事はできますか。 乳頭を小さく整えるだけでなく、横幅、縦の長さなどバランスをみてご希望にそうように治療を行います。 乳頭縮小を考えていますが傷跡が気になります。 乳頭、乳輪は、元々色素のある部分なので、傷も分かりづらく1ヶ月くらいで自然な状態に落ち着く方がほとんどです。 乳頭縮小術は、シャワー、入浴はいつから可能ですか。 シャワーは防水テープで患部を濡らさないようにして頂ければ当日から可能です。 入浴は1週間後の抜糸以降から可能です。 乳頭縮小の術後は、どのくらい腫れ、痛みが続きますか。 腫れのピークは2~3日で1週間ほどで徐々に落ち着いていきます。 痛み止めをお出ししますので、十分調整していただけます。 男性ですが、乳頭縮小術を受ける事はできますか。 男性の方の乳頭縮小のご相談も多く、沢山の方に手術をお受け頂いております。 お気軽にお越しください。 乳頭縮小の手術後に、感覚がなくなる事はありますか。 術後、感覚が鈍くなる方もまれにいらっしゃいますが、時間の経過とともに戻ります。 感覚がなくなることはありませんので、ご安心ください。 美容外科は施術内容がよく分からないため、初めての方は特に不安を感じると思います。 だからこそ重視するのがカウンセリング。 あなたの悩みを知るための、とても大切な時間だと考えております。 自分では解らないこと、心配なこと、納得いくまでじっくりご相談ください。 一人一人に合った、適切な治療方法をご案内します。 SIDE EFFECT 主なリスク、副作用など 手術をすることで腫れが発生します。 内出血となるケースがありますが、時間の経過とともに治ることがほとんどです。 手術直後は切開部分の赤みができ、目立たなくなるまでに時間がかかることもあります。

次の