君が運命の人は僕じゃない。 君 の 運命 の 人 は 僕 じゃ ない 歌手

今日のうた

君が運命の人は僕じゃない

高橋優さんのライブ「来し方行く末」でこの歌を初めて聴いた イントロを聴いた時のトが凄かった。 一音一音、丁寧に鳴るキーボードの音が綺麗で、バイオリンの音は可憐であるけど力強くて、なんだか聴く前から好きになる予感がした。 暗くなったスクリーンや会場全体のライティングの景色が鮮烈に印象に残っていて、その影響なのか個人的な印象なのか「運命の人」には一面の黒にぽっと広がる桜色のイメージがある。 賢くならなくては、気持ちを割り切らなければと考えることの多いなかで、そんな言葉を掛けられたら目が醒める思いだろうと。 「今を駆け抜けて」など、時折、高橋優さんの歌に出てくる「delete key」の単語には様々なニュアンスが込もっていると感じて、好きだなと思う。 初めて聴く歌だったので、聴きながら歌詞を追っていくと少しずつ全体像が分かっていく楽しさがあった。 歌い出しでは、女性視点なのか男性視点なのかまだ分からない。 歌のタイトルから考えると、女性の心境なのかなと予想していた。 しかし歌詞を追っていくと、 友達に戻ろうねと 告げられた君の背中を見ていた という言葉。 ここで初めてあれ?と思った。 この歌では3人それぞれの恋が一方通行で、矢印が重ならない。 でも聴いていて、多分この3人は元は友達同士で、よく一緒に居た3人だったのだろうなと思った。 自らの想いや苛立ちは2人にぶつけることなく過ごしてきたのだろうと思った。 ラストサビの前にきて 愛しても 愛しても 届かぬまんまの想い 友達でいなきゃいけない苦しみなら 僕もよく知ってるよ と歌われた時、ハッとした。 この歌は彼女を見ていた『僕』で、言葉の一つ一つは自らの気持ちでもあったんだと、彼女の視点にしては違う気がすると感じていた違和感が解けて確信に変わった。 ぐっと感情を抑えるようなンで歌われるこの言葉が哀しくて、深々とした痛みを感じた。 この歌詞を聴いてからは、そこから続くラストのサビの聴こえ方が変わる。 それまでは彼女へ向けた応援歌。 そこからは『僕』も含んだ言葉のように聴こえてくる。 第三者の『僕』の目線で語られる彼女の恋は、羨ましくなるようなものではないけれど、これだけ想われていることは羨ましく思う。 もしかすると、そばで見てきた『僕』は彼の本当のところも知っていて、すでに新しい恋人がいることを聞いているのかもしれない。 どちらの事情も見てしまって板挟みなのだろうと想像すると、どこまでやるせないのかと心配になる。 さよなら運命の人 束の間運命の人 というサビがとても好きで、印象的だった。 失恋をした人にかける言葉として、運命の人じゃなかったんだよというフレーズを耳にすることがある。 でもこのフレーズ、恋愛に限らず果たしてそうだろうかと疑問に思ってきた。 結果を見て過程を否定してしまうような、全部をひっくり返してしまうかのような一言が腑に落ちなかった。 そもそも運命の人ってなんだ?タイミング次第で付き合ったり別れたりする恋人ってなんだ?と考えていた。 そんなモヤつきを一瞬にして晴らしてくれたのが「束の間運命の人」という言葉だった。 ずっと隣にいられる存在ではなかったけど、つかのまでも運命の人だったと言えるということが目から鱗だった。 そう言い切れる潔さも素敵だと思った。 上手くいかなかったから、そのままでいられなかったからということは重要ではないと歌詞から伝えてもらった気がした。 この歌の中で恋は成就していないし、それぞれが宙に浮いた恋心を持ったままだけど、タイトルが「運命の人」なのがいいなと思う。 言葉でイメージするような甘い恋の歌ではない裏腹さも好きだ。 昨日までの赤い糸 もう君を縛ってはいないから と彼女に向けて伝える言葉が切実で、本来はいいものとされる運命の赤い糸に絡まって執われることもあると表現する高橋優さんの感性が素敵だと思う。 『僕』としては早く忘れてほしいけど、早く気づいてほしいけど、急かすことはできない焦ったい想いが歌詞いっぱいに溢れている。 その気持ちが溢れ出しているのがこの一文だと感じる。 彼女の傷が癒えれば癒えるほど一緒にいられる時間はまた無くなっていくかもしれないけど、それでも元気になってほしくて、彼女を見てきた『僕』の心境と願望と、僕のところにきてくれたらという下心もすこし。 そんな人間味のある歌詞に魅力を感じた。 この歌のイントロがあまりに綺麗で、ライブの演出にぴったりだったから、私はてっきりライブアレンジのイントロなのかと思っていた。 音源を聴いてそのまんまだったとき、感動した。 ライブで知った曲というのは強く印象に残る傾向にあるようで、Nissyの時は「Aquarium」高橋優さんの時は「運命の人」だった。 視覚的な印象がつくと、頭のなかで思い浮かぶ景色ができてさらに曲を好きになる。 「運命の人」を歌っている高橋優さんは切なくて優しくてズルい表情だった。 あの含みを持った微笑みが、らしくて好きだった。 「運命の人」が収録されているのはアルバムではなくてシングル「」のカップリングだと知ってから、聴きたさのあまりCDを借りてきた。 想像以上にくせになる二人のボーカルと濃い世界観に、ちょっと魅了され始めているかもしれない。 one-time.

次の

【楽曲解説】Official髭男dism「Pretender」の歌詞の意味・解釈は?/髭男の新曲は甘く切ないラブストーリー

君が運命の人は僕じゃない

ぜひ伝えたい曲を先ほど知ってしまった。 奇しくも本日はの日。 このお題、私に表現できる気がしなかったものの、この歌は私にとってのI love youであるとしか言いようがなかった。 なので飛び入り参加、投稿時間がきっと24時をすぎる時間に書き始めてしまいました。 このnoteは私の表現というよりもこの曲に完全に乗っかって書いています。 お許しください。 *** 夕方noteを書いた後、夕飯を作ろうとダイニングキッチンに行くと、別れてもしばらく一緒に暮らしている元パートナーが泣いていた。 大泣きだった。 どうしたのと聞くと 「この曲が(心に)刺さりすぎて... 」 今流行っているらしいOfficial髭男ism(髭男)というバンドの「Pretender」。 私は意識して聞いたことは一度もなく、名前と曲は一致しなかった。 キッチンにPCを置いて、立ったまま彼女のヘッドホンを借りて、集中して聞いた。 私は彼女と基本的にすれ違っていた。 私は彼女のことが好きだった。 彼女も私のことが好きだった。 彼女のためを思ったことが受け入れられず、私も彼女の言葉を受け入れなかった。 先日別れるまで、そんな中でもしぶとく喧嘩と仲直りを繰り返し、二人の関係を信じてずっと続けてきた。 この曲を聞きながら、彼女と別れて初めて、自分のためだけではない涙がやっとこぼれた。 彼女を想って。 彼女を想っていた自分を思って。 私たちの今までのストーリーを手繰り寄せ、やっと認めることができたのかもしれない。 Official髭男dism - Pretender(作詞・作曲 藤原聡) 君とのラブストーリー それは予想通り いざ始まれば一人芝居だ ずっとそばにいたって ただの観客だ 感情のないアイムソーリー それはいつも通り 慣れてしまえば悪くはないけど 君とのロマンスは人生柄 続きはしないことを知った もっと違う設定で もっと違う関係で 出会える世界線 選べたらよかった もっと違う性格で もっと違う価値観で 愛を伝えられたらいいな そう願っても無駄だから グッバイ 君の運命の人は僕じゃない 辛いけど否めない でも離れがたいのさ その髪に触れただけで 痛いや いやでも 甘いな いやいや グッバイ それじゃ僕にとって君は何? 答えは分からない 分かりたくもないのさ たった一つ確かなことがあるとすれば 「君は綺麗だ」 (後略) Pretendとは、"偽る" "ふりをする" Pretenderとは"詐欺師" "詐称する人" 運命の人のふりを、ずっとしてきた。 私と彼女の間にはいろいろあった。 もう、ありすぎて、わけがわからない。 別れるカップルなんてだいたい... と、一絡げにまとめたくもなる。 私は彼女を幸せにできない。 彼女も私を幸せにできない。 できるできないではなく、なるならないだとか、二人で協力してなるんだとか、もう散々やった。 私なりのすべてを注いできたつもりだった。 彼女も決して諦めずに私との幸せな生活を目指してきて、ほとんど成り立ちそうで、それでもやっぱり無理だった。 二人だと成り立たない。 少なくともここから先はもう成り立たせられない。 出会える世界線 選べたらよかった もし私が、もっと器が大きかったら。 もし私が、もっと強かったら。 もし私が、もっとあなただけを見ていられたら。 それはもう別の人間だ、私ではない。 私ではだめだったんだ。 別の人と幸せになってもらうしか、もうないんだ。 喧嘩するたび「こんな人間でごめんね」と何度言っただろう。 もう、それしか言えなかった。 しかし謝ったって無駄だ、私がこんな人間であることを変えることはできない。 いや、もっとさらに頑張れば変えられるかもしれないが、私は変わりたくない。 少しは変わったこともあったかもしれない、しかしこれ以上、どうしても変わりたくないと、思ってしまっていた。 だから、私の未来に彼女はいないし、彼女の未来に私はいない。 私にとっても、彼女ではだめだった。 それでも。 彼女という生き物が素晴らしいことには変わりはなかった。 「君は綺麗だ。 」 本当に、それだけは確かだ。 私たちがどんなに想いあっても、すれ違っても、傷つけあっても、笑いあっても、私たちが続かなくても、それだけは変わらない。 ずっと綺麗だ。 月よりも、星よりも。 だからこそ。 私からのIlove youはもうこれしか残されていなかった。 グッバイ 君の運命の人は僕じゃない。 嫌いになったんじゃない。 今でも想っている。 私ができる範囲で、できることをしてあげたいよ。 ずっと、元気でね。 元気でね、と心で思いながら、もうしばし一緒に暮らします。 そのうちにこのnoteで詳細を書くかもしれません。 歌と深夜と企画の勢いで書きました。 朝になってからもなんども編集してしまいました。 読んでくださってありがとうございました。

次の

【楽曲解説】Official髭男dism「Pretender」の歌詞の意味・解釈は?/髭男の新曲は甘く切ないラブストーリー

君が運命の人は僕じゃない

昨年4月、月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』主題歌に「ノーダウト」が起用されたヒゲダン。 そんな彼らは今回、ドラマに続き映画の主題歌も担当。 5月17日公開の映画『コンフィデンスマンJP』にシングルタイトル曲「Pretender」書き下ろしました。 さて、今日のうたコラムでは、ヒゲダン・藤原聡 Vo. &Pf. のインタビューを【前編】【後編】に分けてお届けいたします。 しかも今回は【ロマンス編】とのことで、色恋沙汰も絡んでくる模様。 その映画の世界に寄り添いながら描いた歌詞について、また、作詞のこだわりについて、語っていただきました。 藤原:ありがとうございます!正直に言いますと、映画化が決定したと聞いたとき、もし主題歌のお話が僕らに来なかったら悲しいなって少し不安でした 笑。 ファンのみなさんも「もしや映画の主題歌も?」とか「お願いします!」みたいな反応をたくさんしてくださっていたので。 ドキドキしていたところはありましたね。 だからこそ、こうしてもう一度、携わらせてもらえることになり、すごく嬉しいです。 藤原:映画では規模がより広がり、【ロマンス編】ということで、色恋沙汰も絡んでくるんですよ。 やっぱり、恋愛と騙し合いの相手が一緒になってしまったりすると、自分の感情に素直に動けない場面もあるわけで。 そう考えるとこういう歌詞が出てくるんですよね。 グッバイ 君の運命のヒトは僕じゃない 辛いけど否めない でも離れ難いのさ その髪に触れただけで 痛いや いやでも 甘いな いやいや グッバイ それじゃ僕にとって君は何? 答えは分からない 分かりたくもないのさ 「Pretender」/Official髭男dism 藤原:映画を観て、二人の関係性に名前をつけるのは難しいことだと強く感じました。 だって、騙されている側はもう完全に恋人同士だと思っているわけじゃないですか。 だけど騙している側からしたら、単にターゲットでしかなくなっている。 すると、どっちの視点で物語を描くかによって、関係性の名前のつけ方って変わってくるな、と。 たったひとつ確かなことがあるとするのならば 『君は綺麗だ』 「Pretender」 藤原:それなら、主人公の<僕>の目に映る主観で、ただただ「今、目の前にいるあなたは美しい」と、そんなふうに歌えたら良いなと思ったんです。 俯瞰で二人の関係をはっきりさせるような、簡単に関係に名前をつけられるような歌詞にしたくなかった。 それは映画を観ても思ったし、曲を作りながら自分のなかにもそういう価値観ってあるなと感じました。 だから、曲タイトルもみんなの解釈の余地があるようなワードにしたんです。 藤原:そうそう、いろいろ意味があるんですよね。 これはふっと頭に浮かんだワードだったんですよ。 この曲に名前をつけるとしたら、歌詞内にはあまりピンと来る言葉はなくて。 それでたどり着いたのが「Pretender」でした。 このタイトルの意味もそうですし、この曲がバラードなのか、ミディアムチューンなのか。 悲しい歌なのか、何かを振り切るための前向きな歌なのか。 いろんな面をあえてあまり明確にしていないんです。 藤原:そうなんですよ。 なので、この曲を聴いて「切ない」と言ってくださるなら、それがそのひとにとっての正解で。 でもそうじゃない受け取り方もまた正解で。 同じ失恋にしたって、振られる側なのか、振る側なのか、そういう違いもありますしね。 あとは、たとえば職場に気になるひとがいるけど、職場恋愛は結構キツイなぁ…という気持ちがあって結ばれないとか。 そういうそれぞれのひとのケースにリンクするものがあって、この曲がそのひとの人生にとってのお気に入りになってくれたら良いなと思いますね。 藤原:ですよねぇ。 職場恋愛もそうだし、映画の物語を踏まえたところもあります。 もしも詐欺師同士じゃなかったら、普通に恋愛をしていたかもしれない世界もあったのかなって。 あと、僕にそういう体験があるわけじゃないんですけど、昔マネージャーに「この業界はアーティストとスタッフの色恋沙汰厳禁」って言われたことがあって 笑。 別にそんな気はまったくないけれども「でももし本当に惚れてしまったらどうするんだろう。 それこそこの歌詞のとおりだよな…」ってふとそんなことも頭に浮かびましたね。 ちょうど僕は今、ドラマ『初めて恋をした日に読む話』を観ているんですけど、あれも恋愛の相手が高校生だったり、いとこだったりするじゃないですか。 そういう叶いにくい恋愛って世の中にたくさんあって、それぞれが<もっと違う設定で もっと違う関係で>とか<もっと違う性格で もっと違う価値観で>とか思っているんだろうなって。 」と気付く』感覚だとコメントされていたのが印象的でした。 それは<君の運命のヒトは僕じゃない>と気付いてしまうということですよね。 藤原:そうです。 だけどまだ夢から覚めたくない。 だけどそんなの甘いよな。 そういう葛藤の感情を描いているんですよね。 あくまで僕の場合ですけど、自分の音楽的な成功を喜んでもらえなかったときとか。 自分が音楽に費やす時間を理解してもらえなかったときとか。 そういう違和感が一番かなぁ。 きっとみんないろんなことがありますよね。 束縛された瞬間だったり。 一緒に遊んでいるときにふと「つまんないな」と感じた瞬間だったり。 藤原:難しいけど…、僕にとってはサビの最後の『君は綺麗だ』というひと言ですかね。 藤原:はい、そこはすごく自分のなかでこだわったポイントなんですよ。 「好き」かどうかはわからない。 それに「好き」という言葉で片づけてしまうには、あまりにも心配しなきゃいけない要因が多すぎるんですよ。 藤原:うんうん、そうですよね。 それでもとにかく、目の前にいるあなたが美しいということはわかるんだと。 それだけは伝えたいんだと。 それ以外に答えを出すつもりはないと。 そんな想いが『君は綺麗だ』というひと言に込められています。 あと、関係性に名前をつけてしまったら、その瞬間に終わってしまう気がして、それは嫌だっていう想いも同時に含まれているかな。 藤原:最後だけは、今の<僕>自身の心の状態も表したいと思ったんです。 なんか…神様の決めたことで今こうなっているのなら、まぁしょうがないなって受け入れようとしている姿とか、永遠に一緒にいられるわけでも次の約束があるわけでもないけれど今<君>に抱いている想いとか、そういう感情が人間らしくて『とても綺麗だ』なって。 ここだけは、悩む主人公とその相手を、達観して描いている第三者的なフレーズなんですよね。 Pretender 2. Amazing 3. Pretender Acoustic ver.

次の