顔 ヨガ 目の下 の たるみ。 目の下のたるみ解消に奮闘する美顔器マニアの口コミブログ

顔ヨガ1週間で10歳若返る?!1回10秒でほうれい線を消す効果と方法!

顔 ヨガ 目の下 の たるみ

目の下のたるみ改善に効果的な顔ヨガの中でも、特に効果が出やすい 「目ワイパー」のやり方をご紹介します。 顔ヨガ(目ワイパー)の手順 まず、顔を正面に向けて、眉を上げないようにしながら、目をしっかりと開きます。 次に、そのままの状態でゆっくりと 目線だけを右に動かします。 この時、右横へ真っすぐの視線を保ちながら、動かすことが大切です。 なるべく、視線を下げないよう注意してください。 続いて、できるだけ遠くに視点を置きながら、ゆっくりと目線を上に動かし、目だけで天井を見ます。 目の可動域をいっぱいに使いましょう。 目線が天井まで動いたら、そのままゆっくりと左に目線を動かします。 この時も、可動域いっぱいに目線を動かしましょう。 視線を下げずにまぶたも下がらないように注意します。 ワイパーの先端のように、目を右、上、左、上、右と動かして3往復します。 3往復が終わったら、ゆっったりした腹式呼吸で息をフ〜ッと吐き切ります。 息を吐き終わった際、目の奥がジ〜ンとしている感じなら、目ワイパーが効いている証拠です。 ポイントは、顔を動かさないで眼球だけを動かすことに意識を集中することです。 また、顔ヨガの目ワイパーは、眼筋の可動域をいっぱいに使って眼球をしっかりと動かすことが重要です。 あと、目の皮膚に負担をかけないよう、最初にクリームや美容液を塗ってから行うと良いでしょう。

次の

【顔ヨガ1分動画】頬のたるみとほうれい線を一挙改善する「おだんごロック」 (1/1)

顔 ヨガ 目の下 の たるみ

by さるままこ このたるみを改善したいと思い、顔ヨガにたどり着きました。 また、目の下のたるみ以外にも、ほうれい線や、顔の輪郭のたるみも治したいと思い、顔ヨガに7日間挑戦してみる事にしました。 私が実践した顔ヨガの方法と注意点 私は、顔ヨガを実践するにあたり、顔ヨガの考案者と言われている間々田佳子さんのサイトを参考にしました。 そして自分の改善したいところに焦点を当て、目のまわりの筋肉を動かすための2つの顔ヨガを、毎日、午前中と夜寝る前に1回ずつ行いました。 なお、顔ヨガは背筋を伸ばし、正しい姿勢を心がけて行うようにしてください。 私は、顔ヨガをする前にまず肩甲骨を寄せて肩を下げ、姿勢を正してから始めるようにしました。 これを10秒間キープする。 私は目の下のクマもひどく、色も濃くなっていたので、血行が改善することを期待してこの顔ヨガを取り入れました。 口を「お」の形にして顔の下半分を伸ばすと、肌が突っ張るような感覚があります。 さらに、上を見るようにすると、目の下の皮膚も伸びるのがわかります。 すると、目のまわりの筋肉が動いているのがわかります。 これもかなりつらかったです。 時間のある時には、二重顎改善のためにこの顔ヨガも行いました。 舌を突き出した時に顎の下を触ってみると、凹みができているのがわかるので、手を添えて、しっかりくぼみができた状態をキープしましょう。 顔ヨガの効果を上げるために実践したこと 顔ヨガの効果をさらに上げるために、7日間は保湿にも気を配りました。 特に、目のまわりのたるみとクマを改善したかったので、朝の洗顔後と夜の入浴後に、ファンケルのアイセラムクリームを塗るようにしました。 また、食事の時に噛む回数を多くするようにしました。 1口を、25回~30回噛むようにして顔と顎を動かす回数を増やしました。 噛む回数は、顔の引き締めだけでなく、ダイエットの効果も期待して、1日のすべての食事で気をつけるようにしました。

次の

顔ヨガ1週間で10歳若返る?!1回10秒でほうれい線を消す効果と方法!

顔 ヨガ 目の下 の たるみ

目の下のたるみは、見た目年齢をグッと上げてしまう老け要素。 そんな目の下のたるみを解消する近道は、顔ヨガにあり。 【目次】 ・ ・ ・ ・ ・ ・ まぶたをスッキリ!顔ヨガ「ギョロ目プッシュ」のやり方 【やり方】 両手を額に重ね、額が動かないようにしっかりブロック。 目を飛び出しそうなくらい大きく開く。 【解説】 「ギョロ目プッシュ」のポイントは、額と眉が動かないように両手でしっかり額を抑え込むこと。 額や眉が動くのは、額や眉周りの筋肉で目を開けている証拠。 目の周りの筋肉は、ほとんど使われていません。 あくまでも、目の周りの筋肉だけを使って。 「意識を目の周りに集中させて、目を、上下、左右、斜めに大きく見開きます。 まぶたや目の下にもハリが出るので、目も大きくなります。 慣れてきたら、額から手を外してトライ。 額を動かさなければ、額じわの解消にも効果的です。 注意点は、目の乾燥。 目が乾燥してきたら、いったんしっかり閉じて潤いを取り戻しましょう。 心配な人には入浴時がオススメです。 日本人の顔は、欧米人に比べると、凹凸が少なくのっぺりとしているので、デカ顔に見えがちです。 目元のたるみが取れて目力が上がり、目元が強調されれば、顔にメリハリができるので、小顔に見えますよ」(間々田さん・以下同) 目力をアップさせる顔ヨガ「仮面プッシュ」のやり方 【やり方】 1:親指と人差し指で輪っかを作り、めがねのように目に当てる。 人差し指は眉が動かないように固定する。 目を閉じる。 2:目をグッと開く。 眉が動かないように。 1、2を5セット。 【解説】 初めは、1つ1つの動作を丁寧に行って。 目をグッと見開き、目の周りに意識を集中させて、目の周りの筋肉でまぶたを押し上げるイメージ。 目の周りの筋肉が動いていることを感じるようになったら、ステップアップ! 上、下、斜め上に、まぶたを押し上げる。 全方位にまぶたが開けば、目力もアップ。 一方、額や眉が動くのは、目の周りの筋肉が使われていない証拠。 額や眉などの大きな筋肉に頼らず、目の周りの筋肉だけを使って。 「顔ヨガを始めると、ほとんどの人の目が大きくなります。 結果、アイラインやアイシャドーなどフルメイクしていたことを忘れてしまうほど。 実は、目を大きくすることは、それほど難しいことではありません。 そもそも、日常的に目の周りの筋肉を意識して動かしていないからです。 意識して目の周りの筋肉を使うこと。 これだけで、目力をゲットできます。 有効なポーズが『仮面プッシュ』。 コツをつかめば、目の周りの開く領域も伸びて、どんどん目が大きくなります」 どんより疲れ目にさよなら!顔ヨガ「天使のウインク」のやり方 【やり方】 目を大きく開けて軽く左目を閉じる。 右目が連動せず、口元が動かないように。 反対も同様に行う。 5~10セット。 【解説】 通常、ウインクをする場合、眉や口元も一緒に動いてしまうが、なるべく動かさずに行う。 このとき、力が入りすぎると、額や目尻、眉間にしわが入るため、かえって逆効果。 ゆっくり、丁寧に行って、徐々に慣れよう。 表情じわの改善にも有効。 「片目だけを、器用に開閉するのは難しいのですが、できるようになると、目の周りの筋肉の存在がよくわかります。 まぶたのたるみが解消するだけで、目に力が増し、ぼんやりとしたのっぺり顔からオサラバ。 また、顔全体やパーツのバランスを整えるポーズとしても効果的です。 『天使のウインク』を毎日行って、左右の目の大きさの差が気にならなくなった生徒さんもいます。 さらに、疲れ目解消にもオススメ。 私は疲れが左目に出やすく、充血や二重が三重、四重になるのですが、『天使のウインク』を交互に行うと、目の緊張がとけてリラックスするせいか、違和感がなくなります」 疲れ目解消にもなる顔ヨガ「天使のまばたき」のやり方 【やり方】 1:目を閉じて、まぶたに力を入れ10秒キープ。 2:閉じた目をパッと大きく見開く。 額にしわが入らないように。 1、2を3セット。 力を入れて開放することで、たるみに活が入る。 ただし、目をパッと開いた瞬間、額に力が入りやすくなるので注意。 慣れるまでは、鏡を見てしわが入っていないかのチェックを。 ちょっと難しいのですが、まつ毛の生え際を意識し、生え際でまぶたを押し上げるようなイメージで目を見開くと効果大です。 実際、私も生え際を意識した目の開閉ができるようになった頃、まぶたのもたつきが解消され、目も一まわり大きくなりました。 また、美しさのためにはメイクも必要ですが、重みのあるつけまつ毛は目を小さくする原因になります。 メイクでカバーする前に、土台となる素顔を鍛えましょう。 今から若々しい素顔をキープしておけば、10年後、20年後の顔にも自信が持てるはず!」 目を大きくするほか、目の疲れ取りにも有効。 ドライアイや充血にお悩みなら、スマホやパソコンを使った後に「天使のまばたき」を習慣に。 目を大きくするなら朝、疲れ目には血行が良くなる入浴中や、寝る前がおすすめ。 目のくまやくすみ改善にも!顔ヨガ「目尻のVスマイル」のやり方 【やり方】 人差し指と中指でV字を作り、眉尻と目尻の下に置く。 上下に動かして引っ張る。 上の歯だけをしっかり見せて、にっこり笑う。 【解説】 目尻の周りに広がる表情筋を、上下に引っ張り、寄せないことがポイント。 ただし、目の周りの皮膚は薄いので、強く引っ張るのはNG。 特に、肌乾燥が進んでいる人は、無理をしないように注意を。 常に、目を見開いて、目元の筋肉を伸ばす意識をすれば、徐々に目を細める癖も改善される。 「筋肉は、動かして鍛えると、血行が良くなり、弾力とハリが出ます。 当然、しわも目立たなくなる。 ゴムまりのように弾む赤ちゃんの肌には、しわなんてありませんよね。 パッチリ開いた目元の印象が高まれば、小顔効果にも」 特に目元の乾燥が気になる人は、保湿効果の高い入浴中に行うのがオススメ。 やつれ顔を改善する顔ヨガ「ムンクの顔」のやり方 【やり方】 鼻の下を伸ばして上下の唇を巻き込み、ほうれい線が消えるまで「オー」と唱える。 顔は正面のまま目線をゆっくり上げる。 額にしわが入らなければOK。 10秒。 【解説】 鼻の下をしっかり伸ばし、さらに、顔を上下に引っ張り合うイメージ。 鏡を見て、額にしわが寄っていないか、ほうれい線が伸びているか、確認しよう。 伸ばすことで、気持ち良さを感じるはず。 2週間後には、しわが薄くなりますよ。 さらに、ほうれい線は、頬のたるみが原因ですが、笑った時にもできるので、ストレッチして伸ばすことが大事。 クマやしわが薄くなれば、顔全体の血色が良くなる上にハリも出て、顔全体が引き締まった印象になります」 疲れ目を感じたとき、朝起きて顔色が悪いと感じたとき、一日の疲れをとる夜に行うのが効果的。 特に、疲れ目は、翌日に持ち越さない習慣を。 寝る前に、目周りの血行をよくして就寝しましょう。 【そのほかの顔ヨガまとめ記事はコチラ】 顔ヨガ講師・間々田佳子さん テレビで芸能人の顔をあっという間に若顔に変えて話題に。 31種類の顔ヨガポーズを収録した、間々田佳子監修の『日めくり まいにち、顔ヨガ!』は6万部の大ヒット。 卓上&壁掛け式だから、トイレ、洗面所など、いつでもどこでも実践! 最新刊は『間々田佳子の顔ヨガでV字上げ』(ぴあ)。

次の