香典返し お菓子。 香典返しにお菓子を送る時の選び方は?|おすすめ・マナー|終活ねっと

香典返しのマナー、相場、品物、お礼状などのまとめ[引き物ドットコム]

香典返し お菓子

香典返しはいつお返しするとよいか?どのような品物がふさわしいか?のしやお礼状などしきたりが分からない・・・。 このページではそのようなお悩みに詳しくお答えさせて頂いております。 どうぞご参照くださいませ。 お香典返しの時期は、四十九日(七七日)の法要後、 2週間以内を目処にお届けするのが一般的です。 忌明け法要日に発送し、法要の翌日に届くように手配されると宜しいかと思います。 なお、当日返しですべて済ませた場合は後からのお返しは不要です。 準備は初七日から忌明け法要の間に行います。 初七日から忌明け法要までの期間に、法要の準備と並行してお香典返しの準備を進めます。 当店の香典返し通販は、忌明け法要の一週間~十日前までのご注文で、忌明け法要の翌日に間に合う様にお届けさせていただいております。 そのほか、即日出荷対応のお急ぎ用お品物もご用意しておりますので、時期が迫っているお客様もお気軽にご相談くださいませ。 お香典返しは、忌明け法要を滞りなく終えたことの報告の意味もあることと、忌明け法要を営むまでは 「忌中・喪中」の期間であり、喪に服している間はお礼や香典返しは慎むのが本来の礼法にかなった答礼といえます。 ただし、最近では会社関係でまとめていただいた場合のごく簡単なお礼品や、葬儀でお手伝いいただいた方へなるべく早くお礼をしたい場合は、香典返しとは別に葬儀後ほどなく商品をお贈りされる方もいらっしゃいます。 その場合はお香典返しを頂く方のお気持ち(まだ忌中なのでは?)も考えて「早くお返しをするべきと考えました」とひと言添えるとよろしいかと思います。 当日返しとは、忌明け後ではなくご葬儀当日にお返しするお香典返しのことです。 当日返し(当日返礼品)のご予算は、おおよそ 2,000円~3,000円程度の品物をお返しすることが多いかと思います。 たとえば、当日2,500円のお品物をお返しなさった場合、いただいたお香典が5,000円であれば、当日返しで「半返し」となりますので、その後のお返しは不要です。 いただいたお香典が10,000円だった場合には、半返しとして5,000円-当日返し分の2,500円=2,500円となり、2,500円相当の品物を忌明け、満中陰などのタイミングに合わせてお返しなさるとよろしいと思います。 地域にもよりますが葬儀会社が必要以上に高い金額の香典返しを薦めてくることもありますが、上述のように準備なさったほうがよろしいかと思います。 香典返しを、宅急便などでご自宅にお届けする場合はご挨拶状を添付するのが一般的です。 いただいたお香典へのお礼や、無事に忌明け法要・納骨が済んだこと、戒名の報告等の意味があります。 なお、ご自宅のご近所や親戚の方などへ直接香典返しを手渡しなさる場合や、法要当日の引き物(お越しいただいた方への手土産)の場合は、基本的に挨拶状は不要です。 直接お礼の言葉をおかけいただくのが一番です。 地域性や慣習によってさまざまですが、宗派にあわせて下記お見本のような表書きと水引で用意し、下には施主様の苗字を入れるのが一般的です。 内のし・外のしについて 弔事(仏事)はお祝い事ではないので、外側から見えない 「内のし」でお付けして、控えめにご用意するのが一般的です。 「内のし」とは、化粧箱にのし紙をかけて、包装の中にお付けするスタイルの事です。 当店では、地域性や個々のお考えで、「外のし」をご希望の場合も、対応させていただきますので、 お気軽にご連絡・ご相談下さいませ。 仏式(全国) のし見本• ただし、いただいたご厚情にたいしてはきちんとご挨拶したいものです。 葬儀後、なるべく早い時期にお礼の言葉を差し上げるのがよろしいかと思います。 金額的にはわずかでかまいませんが、葬儀後なるべく早くにお礼をなさるとよろしいかと思います。 グループでお手伝いいただいた場合はお菓子などがよろしいかと思いますし、個別の場合は1,000円前後のご予算でお返しなさっている方が多くいらっしゃいます。 企業・団体の規模や関係性を加味します。 身内の葬儀の際に勤めている会社や所属団体から香典をいただくこともよくあります。 この場合、香典返しは必要でしょうか? 一般的には、会社や所属団体の風土を理解して対応なさる方が多くいらっしゃいます。 大企業などの場合は形式的に総務部などから届く場合がありますが、こういう場合は必要ナシと判断される方が多いようです。 会社のごく親しい方々からいただくようなケースではやはり皆様お返しなさっています。 なお、会社から生花や弔電をいただく場合、中小企業などでは、香典返しの予算をワンランクアップして社長宛にお礼なさる方が多いです。 一人一人になにかお礼(お返し)をする必要はないでしょう。 500円程度のタオルなどを人数分ご用意なさる方もいらっしゃいます。 ただし中身が通常個々にいただくお香典金額と変わらないような場合では、きちんと個別にお返しなさったほうが無難です。 その場合はお菓子やお茶に限りません。 むかし(奈良、平安、鎌倉の時代)は中国からお坊さんを招き、仏教の考え方を教わり、それを基本に日本の政治が行われておりましたが、その僧侶たちが万病の薬として持ってきたのがお茶なのでした。 そして、その僧侶たちが毎日仏壇に健康を守ってくれる感謝の気持ちとしてお供えをしていたこと(献茶)が、日本の上流階級から一般庶民にまで広まっていったのが慣わしで、そこから「仏事にはお茶」という習慣が定着しました。 たとえば、家を訪れた時、お茶が出れば、その家に受け入れてもらえたことを表しますが、これもお茶を飲むことである境を超える事例のひとつです。 人が亡くなり、この世からあの世へと旅立つ、その境を超えることがお茶を飲むことで示されると考えられています。 葬式にお茶を配るのは、本来はその場でお茶を飲んでもらうという意味のようで、今ではお茶を配ることで故人との別れを確かなものにするという意味が込められています。 製茶問屋との協力のもと、お値引きもできるようになりました。 先様に好きな品物をお選びいただけます。 最近の香典返しの傾向として、先様が選べるギフト(カタログギフト)を返礼品にお選びいただくお客様が増えてきました。 カタログギフトを選ぶ最大のメリットをご紹介いたします。 ・先方様がその中から好きな商品をチョイスできる点 ・金券の代わりに自由度の高いギフトをお返しできる点 ・消味期限等がなく、持ち運びにも便利な点 ・先様が自分の家族などにも自由に差し上げることも可能な点 次のようなデメリットも考慮しておきましょう。 ・先方様がきちんと選んでハガキを送ってくれるか心配 ・カタログ内の希望商品が在庫切れになっており希望通りいかない点 ・そもそも希望するようなアイテムがなかなかない点、などです。 当店のカタログギフトは、種類ばかり増やしてご提供しても選びづらいと考え、ご予算に合わせたリーズナブルなもの、品物や中身にこだわったもの(旅行や体験型など)、器やグラスなどとその中身を選べるようなものなどのバリエーションをご用意しております。 また、ハガキの出し忘れや紛失にも確実に対応しておりますので、ご安心ください。 くわしくはカタログギフトのご案内ページをご参照ください。 商品券や金券類は先様の使い勝手を考えたり、合理的だという考え方から返礼品としてお使いになる方もいらっしゃいますが、当店では金額(格差)がはっきりわかってしまうことなどから商品券のみのご贈答をオススメしていません。 (これはある程度高額のお香典をいただいた場合などに限られます。 ) たとえば、香典を5万円いただいた場合、香典返しは25,000円の予算となりますが、そういった場合、商品券を25,000円用意するのではなく、一般商品やカタログギフト15,000円+商品券10,000円=25,000円というような方法があります。 (いただいた香典が1万円程度の場合はやはり商品券を使うのは避けられたほうが無難です。 百貨店協会に所属しているいわゆる「デパート」であればどこでも使えるので安心です。 その他「DCギフトカード」「UCギフトカード」等は百貨店のほかスーパーやホテルなどでも利用できるので、こちらも使い勝手はいいでしょう。 その他の金券類はあまり使われる方は少ないようです。 当店では「全国百貨店共通商品券」をご用意しておりますので、どうぞお問合せください。 後返し(葬儀の後からお返しをすること)でお香典返しをする場合の最大のデメリットとしては、送料のコストが発生してしまうことです。 おおよそ1件あたり 600円~1000円程度はかかってしまうので、これが数十件分まとまってしまうとコスト面でもバカになりません。 しかし、たいていの香典返し会社は 送料無料ギフトや 割引の商品を用意してますので、そちらを上手に使ってムダの少ないお返しとしたいものです。 商品によりまして、送料は無料だけれども、割引がないこともあります。 その逆に、送料は別途必要だけれども割引率が大きいことにより、送料分のコストは十分カバーできる場合もあります。 詳しい計算はスタッフにお気軽にご相談くださいませ。 (中には割引率があまりに大きい商品も商品の中身が金額にともなっていないケースも考えられるので、何事もバランスが大切だという認識をお持ちになるとよろしいでしょう。 食品を中心に100アイテム以上の商品をご用意しております。 カタログを資料請求いただくかインターネットからもご注文いただけますので、どうぞご検討ください。 こういった事情についてはそれぞれご葬家ごとのご事情があろうかと思いますが、一番はそれが故人の遺志であるのなら尊重するべきだということです。 具体的には、四十九日法要後に(半返しまではいかない)少額の返礼品を用意し、寄付の旨を記載した挨拶状を添えて発送されるという方法です。 相手にも気遣い、故人の遺志も尊重したスマートな方法だと思いますので、採用されてみてはいかがでしょうか。 これが本当に故人の遺志であるなら、香典収入を得るのではなくどこか団体へ寄付する方法をとられてはいかがでしょうか。 上記の場合、一般的にはお返しが面倒だから辞退するという葬家が多いと聞きますがこれは残念なことです。 香典というのはもともと相互扶助の精神から生まれたもので、香典返しは日本独自の贈答文化といえます。 この精神をきちんと理解せずに香典を辞退するのというのは、他人との交流を遮断するという他者排除にもつながっていくと考えられます。 よほどの事情がない限りは香典を受け取るべきではないでしょうか。 「そんなつもり(モノをもらう為)で香典をだしたわけじゃない・・・」というお気持ちも分かりますが、前述のとおり、香典返しはご葬家からの本当の感謝の気持ちなので、こちらの場合もやはり受け取るべきでしょう。 また、稀にいただいた香典返しの商品を販売店へ品換えに来られる方がいらっしゃいますが、これもやはり依頼主の気持ちをありがたく受け取るという精神からはずれた行為なのでやめましょう。 挨拶の文面や予算ごとの商品選びなど、きっと役にたつはずですので、葬儀後早い段階からなんでも相談されることをオススメします。 (押し売りするような業者は避けるべきであることはいうまでもありません。 良心的な専門店がたくさんございますので、そちらをご利用ください。 香典返しをもらってその礼状をだすというのは「不祝儀が繰り返される、あとを引く、長引く」という考え方から昔から避けられ、失礼とされています。 電話で力づけてあげるのもよろしいのではないでしょうか。 その際にひと言「ご丁寧に頂戴いたしました」とか「恐れ入ります」とお礼を述べるとスマートです。 通夜はご逝去された当日か翌日の夜に遺族や親族等で行われます。 その後、告別式(お葬式・葬儀)が行われます。 命日も含めて7日目に行うのが初七日です。 現在では葬儀の日 の遺骨迎えの儀式と合わせて行うことも多くなっています。 49日目は別名「満中陰」と呼ばれ、この日が忌明けとされます。 忌明けに合わせ四十九日法要を営み、葬儀の香典返しを送ります。 次は百ヶ日法要• 亡くなってから一年目を一周忌と呼び、法要を行います。 一周忌法要は、キリスト教式・神式では一年祭と呼びます。 一回忌という場合も。 3回忌とは亡くなってから満2年に行う法要です。 特に3回忌からは回忌という数え方になりますので、注意が必要です。 遺族・親族で供養する事が多いです。 7回忌法要以降は徐々に小規模にしていくのが一般的です。 」 とご連絡ください。 担当に代わります。 FAX: 042-701-3847 24時間受付中注文用紙は WEB:商品ページからご購入できます。 (詳しいお買い物の流れはをご参照ください。 ) MAIL:メールアドレス ・配送料: 個々にかかります。 ・代金引換手数料: 5,500円以上のご注文の場合は 手数料無料。 5,500円未満は330円。 ・銀行振込手数料:お客様負担にてお願いいたします。 ・消費税: 全て税込み表示です。 発送はご注文確認後、順次行っております。 (混雑時は少々お時間がかかる場合がございます。 インターネットご注文の場合 電話・FAXご注文の場合 未開封の商品に限り商品到着後7日間にご連絡ください。 お客様のご都合による返品の場合、返送料はお客様のご負担とさせていただいております。 万が一製品に不備がある場合は、良品との返品交換、または品物代金をご返金させていただきます。 ネットでのご注文は24時間受け付けております。 お電話でのご注文・お問合せは下記の時間帯にお願いします。 10:00~18:00(土・日・祝も営業中) 配達料金は地域によって異なります。 複数宛先の個別配送も お任せ下さい! 香典返しの個別配送も 1か所につき送り先100件まで お買い物画面で簡単にご指定いただけます。 その他にも、住所リストを直接送りたい方は ・エクセルのメール添付 ・FAX など、様々な方法で簡単にご注文いただけます。

次の

香典返しにお菓子を送る時の選び方は?|おすすめ・マナー|終活ねっと

香典返し お菓子

一般的に、香典返しに最適な品物はどのようはものなのか?知らないうちに不適切なものを送って失敗したくない・・・。 そこで分かりやすく、実際によく使われている香典返しの品物を、売れ筋の人気ランキングの順番にご紹介。 一般的な香典返しにどのような品物がよく使われているのか、人気ランキングは、信頼できる百貨店「高島屋オンラインショッピング」の実際の【売れ筋】を参考にしました。 その商品数の中からの人気ランキングですので、一般的によく使われる香典返しの参考になります。 ご紹介する香典返しのお品はすべて、スマホ・インターネットの通販から注文できるお品です。 目次 1.香典返し 香典返しとは、故人に関する一切の仏事は滞りなく済みましたというご報告とお礼で、三十五日目もしくは、四十九日目の忌明けに品物を贈る習慣になっています。 香典返しの品物 香典返しの最適品としては、「消えてなくなるもの」を基本に、日本茶・紅茶などの飲み物、海苔、タオルセット、洗剤・石鹸など日常の実用品(消えてなくなる消耗品)が一般的です。 香典返しの品物・タブー 置物やおめでたいものに通じるもの(昆布・鰹節)や生鮮食料品は一般的には不適品とされています。 故人の特別な「ゆかり」や事情などがあれば特別でしょうが、一般的にはあまり使われません。 香典返し 品物の人気ランキング とはいえ、どういった品物が香典返しとして一般的なのか。 どういった品物は避けるべきなのか。 わかりやすく、実際に香典返しで送られている商品を人気ランキングの順番にご紹介。 香典返しとして実際によく使われる品物をご紹介します。 【1位】宝の麩詰合せ 横山大観「蓬莱山」限定化粧箱 2,700円 香典返しの品物【売れ筋】人気ランキングの1位は、宝の麩詰合せ 横山大観「蓬莱山」限定化粧箱 2,700円です。 高島屋史料館が所蔵する横山大観の名作「蓬莱山」を、化粧箱のパッケージにあしらいました。 金沢の老舗「不室屋」の伝統と新しさが生み出した、お手軽で本格的なお吸い物とお味噌汁を詰め合わせた限定商品です。 大切な方への贈りものとして、高島屋と不室屋が自信を持ってお薦めする一品です。 お値段は、2,700円(税込)です。 【2位】とらや 小形羊羹10本入 2,700円 香典返しの品物【人気ランキング】2位は、とらやの「京都限定」小型羊羹10本入りです。 500年の歴史をもつ和菓子の老舗「とらや」の小形ようかん。 伝統の味をそのままに、携帯に便利なサイズでご用意しました。 西京白味噌のまろやかな味わいをお楽しみいただける「白味噌」、きな粉の香ばしい風味が特徴の「黒豆黄粉」と、定番の小形羊羹3種を詰め合わせた京都地区限定の商品です。 お値段は、2,700円(税込)です。 【3位】小松こんぶ・じゃこ山椒詰合せ 2,430円 香典返し【品物】の人気No. 3は、小松こんぶ・じゃこ山椒詰合せ 2,430円です。 懐石料理から生まれた「小松こんぶ」。 独自の手法で口当たりやわらかに炊き上げています。 料亭「雲月」の代表商品である「小松こんぶ」と、やわらかく上品なお味に炊き上げた「じゃこ山椒」との詰め合わせです。 お値段は、2,430円(税込)です。 【4位】加賀麩宝づくし(20個入) 4,590円 お香典返しの人気No. 4は、加賀麩宝づくし(20個入)です。 お湯を注ぐだけで、彩り豊かなお吸い物・お味噌汁をお楽しみいただけます。 お値段は、4,590円(税込)です。 【5位】宝の麩詰合せ 横山大観「蓬莱山」限定化粧箱 5,400円 香典返しの人気商品No. 5は、宝の麩詰合せ 横山大観「蓬莱山」限定化粧箱です。 横山大観の名作「蓬莱山」を、限定パッケージにあしらった不室屋の贈りものです。 宝の麩詰合せ(24個入)になります。 お値段は、5,400円(税込)です。 【6位】京都北山逸品合わせ 3,672円 香典返しの人気No. 6は、京都北山逸品合せ「M」サイズ 3,672円です。 マールブランシュの看板商品「茶の菓」「生茶の菓」と、さっくり、ほろっと、口どけなめらか、多彩な美味しさの京の字「京サブレ」の詰合せです。 お値段は、3,672円(税込)です。 【7位】ジュヴァンセル「竹取物語」2,700円 香典返しの人気No. 7は、ジュヴァンセル「竹取物語」です。 大粒の和栗と国産黒豆をふんだんに使い竹の皮に包んでしっとり焼きあげました。 お値段は、2,700円(税込)です。 【8位】とらや 小形羊羹20本入 5,400円 香典返しの人気No. 8は、とらや「京都限定」小型羊羹20本入です。 伝統の味はそのままに、食べやすい携帯サイズ。 西京白味噌のまろやかな味わいをお楽しみいただける「白味噌」、きな粉の香ばしい風味が特徴の「黒豆黄粉」と、定番の小形羊羹3種を詰め合わせた京都地区限定の商品です。 お値段は、5,400円(税込)です。 【9位】銀座ウエスト ドライケーキ(18個入)3,564円 香典返しの人気No. 9は、銀座ウエスト ドライケーキ(18個入)3,564円です。 クッキーとパイの詰合せ。 選び抜いた素材を クッキー、パイ、それぞれに最適となるよう組み合わせ。 素材の持つ風味を生かすために、ほとんどの工程を職人さんの手作業で仕上げています。 お値段は、3,564円(税込)です。 【10位】ロイスピエール・デライトセット 1,080円 香典返しの人気 No. 10は、ロイスピエール「デライトセット」1,080円です。 お値段は、1,080円(税込)です。 3.香典返し「金額別」の人気ランキング 香典返しの、金額別の人気ランキングです。 1000円台の人気ランキング 【1位】ロイスピエール・デライトセット 1,080円 香典返し「金額別」1000円台の人気ランキングの1位は、ロイスピエール「デライトセット」1,080円です。 総合人気ランキングでも、総合10位の人気商品です。 お値段は、1,080円(税込)です。 【2位】ゴディバ「クッキーアソートメント」 1,080円 香典返し「金額別」1000円台の人気ランキングの2位は、ゴディバ「クッキーアソートメント」1,080円です。 お値段は、1,080円(税込)です。 【3位】葉山のショコラ・カロ(6個入) 1,620円 香典返し「金額別」1000円台の人気ランキングの3位は、葉山のショコラ・カロ(6個入)です。 一つ一つ丁寧に焼き上げた優雅なガトーショコラに、ほんのり香る、オレンジリキュールが特徴です。 しっとりとしたガトーショコラに、冷やすとオレンジの香りが口の中で広がります。 お値段は、1,620円(税込)です。 5000円台の人気ランキング 【1位】宝の麩詰合せ 横山大観「蓬莱山」限定化粧箱 5,400円 香典返し「金額別」5000円台の人気ランキングの1位は、宝の麩詰合せ 横山大観「蓬莱山」限定化粧箱です。 総合人気ランキングでも、総合5位の人気商品です。 横山大観の名作「蓬莱山」を、限定パッケージにあしらった不室屋の贈りものです。 宝の麩詰合せ(24個入)になります。 お値段は、5,400円(税込)です。 【2位】とらや 小形羊羹20本入 5,400円 香典返し「金額別」5000円台の人気ランキングの2位は、とらや「京都限定」小形羊羹20本入です。 香典返しの総合人気ランキングでも、総合5位の人気商品です。 お値段は、5,400円(税込)です。 【3位】カタログギフト「ローズセレクション」 5,184円 香典返し「金額別」5000円台の人気ランキングの3位は、カタログギフト「ローズセレクション」です。 香典返しの総合ランキングでは、カタログギフトは総合11位に登場しています。 香典返しのご予算が、4000円以上になると、カタログギフトを選ぶ方が増える傾向にあるようです。 カタログギフトの中身も、上の詳細ページから「デジタルカタログ」で中身を全て見れるので、安心して購入することが出来ます。 4.品物別の人気ランキング 香典返しによく使われる「品物」別に、人気ランキングをご紹介。 香典返しによく使われる「品物」は、お菓子、日本茶、紅茶・コーヒー、タオル、日用品などがあります。 【香典返し】お菓子 香典返しに「お菓子」の品物は、よく使われます。 香典返しのお菓子というと「和菓子」というイメージがありますが、実際の【売れ筋】人気ランキングをのぞいてみると「洋菓子」も多くランクインしています。 【1位】とらや 小形羊羹10本入 2,700円 香典返しの品物【お菓子】1位は、とらやの「京都限定」小型羊羹10本入りです。 香典返し・品物の【総合】人気ランキングでも2位に入る人気の品物です。 お値段は、2,700円(税込)です。 【2位】京都北山逸品合わせ 3,672円 香典返しの品物【お菓子】2位は、京都北山逸品合わせ 3,672円です。 香典返し・品物の【総合】人気ランキングでも、6位と人気の品物です。 お値段は、3,672円(税込)です。 【3位】ジュヴァンセル「竹取物語」2,700円 香典返しの品物【お菓子】3位は、ジュヴァンセル「竹取物語」です。 大粒の和栗と国産黒豆をふんだんに使い竹の皮に包んでしっとり焼きあげた「お菓子」。 味にも定評があり、通常のお土産や「お持たせ」としても、人気のある品物です。 ジャンルとしては洋菓子になりますが、大粒の和栗と国産黒豆を使い、竹の皮に包んでしっとり焼き上げてありますので、和風なお菓子でもあります。 純和風が苦手な方にも、「香典返しに洋菓子?」と思われる年上の方にも好まれるお品です。 お値段は、2,700円(税込)です。 【香典返し】日本茶 【1位】煎茶 正池の尾・極上玄米茶 中缶箱 3,402円 香典返し【日本茶】の人気ランキングの1位は、煎茶 正池の尾・極上玄米茶 中缶箱です。 煎茶 正池の尾(160g)・極上玄米茶(65g)。 人気のお茶の詰め合わせです。 お値段は、3,402円(税込)です。 【2位】宇治茶・抹茶菓子詰合せ 3,240円 香典返し「種類別」日本茶の人気ランキングの2位は、宇治茶・抹茶菓子詰合せです。 さわやかな香りと口当たりのよい適度な渋みが特徴の煎茶にほどよい甘さの抹茶菓子を詰め合わせました。 お値段は、3,240円(税込)です。 【3位】狭山茶・焼き海苔詰合せ 5,400円 香典返し「種類別」日本茶の人気ランキングの3位は、狭山茶・焼き海苔詰合せです。 狭山茶と使いやすい8つ切りの焼き海苔の組み合わせです。 お値段は、5,400円(税込)です。 関連記事: 香典返しの【リアルタイム】人気ランキング 香典返しの人気ランキング(売れ筋ランキング)は、リアルタイムランキングです。 ランキングは変動しますので、最新のランキングはこちらでチェックできます。 以上「香典返し 品物の人気・ランキングとおすすめ。 金額別・品物別にご紹介」でした。

次の

香典返しに人気のお菓子は?おすすめお菓子と選ぶときのポイント

香典返し お菓子

香典返しにお菓子が選ばれる理由 不祝儀にふさわしい「消えもの」 香典返しや四十九日法要の引出物は「不祝儀をあとに残さない」という意味で、消えてなくなる「消えもの」が定番とされています。 お菓子は食べてしまえばなくなるものなので、不祝儀にふさわしい品物として選ばれています。 種類が豊富 香典返しのお菓子といえば、せんべいやまんじゅう、おかき、ようかんといった和菓子が代表的ですが、最近では洋菓子を贈ることも多くなっています。 洋菓子もクッキー、パウンドケーキ、カステラ、バウムクーヘン、ゼリーなどさまざまな種類があり、先様の年代や好みに合わせて選びやすい品物といえます。 また、2000円くらいから5000円くらいで豊富な種類があり、香典返しの予算に合わせやすいというメリットもあります。 香典返しにお菓子を贈るときに気をつけたいこと 日持ちするものを選ぶ 香典返しにお菓子を贈る場合は、できるだけ日持ちするものを選ぶとよいでしょう。 生クリームや果物を使ったケーキ、シュークリームといった日持ちしない生菓子は、お相手の方がすぐに食べられない可能性もありますので、お相手の好みやご家族の人数などが明確に分かっていない場合は避けるのが無難です。 もしお相手が生菓子がお好きなことが分かっていて、香典返しを直接持参する場合は贈っても差し支えありません。 お渡しするときに「生ものですので、冷蔵庫で保管してください」など、一言添えましょう。 個包装のものを選ぶ 例えば、一人暮らしの方にようかんやカステラをまるごと1本贈った場合、食べきれなくて困ることもあります。 小分けできる個包装のものであれば保存も楽ですし、友人におすそ分けすることもできます。 重いものやかさばるものは避ける 郵送する場合は問題ありませんが、香典の当日返しや法要の引出物と一緒に持ち帰りいただく場合は、重いものやかさばるものは避けましょう。 包装紙やのしは適切なものを使う 品物の包装紙は弔事のお返しになりますので、控えめの色を選ぶようにしましょう。 のしは宗教や法要に合ったものを使う必要があります。 包装紙やのしは、香典返しの専門店のサービスを活用すると便利です。 香典返しに喜ばれるお菓子は? こだわりのあるもの 同じ洋菓子でも「有名ホテルのクッキー」や「著名パティシエの作ったパウンドケーキ」など、ちょっとしたこだわりのあるお菓子が人気です。 「大粒のあまおう苺をたっぷりと使った…」などのように原料にこだわったお菓子や、地域の名店のお菓子も好まれます。 特に小家族の場合は大量にいただいても困ることがあるので、「量より質」のお菓子のほうが喜ばれるようです。 季節感のあるもの 夏場は、水ようかんやゼリーなどの水菓子が人気です。 プリンやムース、ババロアなど冷やして食べるデザートも喜ばれます。 缶入りや密閉包装など、賞味期限に考慮したものがよいでしょう。 詰め合わせもの 単品ものより、数種類のクッキーの詰め合わせや紅茶とパウンドケーキの詰め合わせ、水ようかんとおかきの詰め合わせなど、バラエティに富んだ詰め合わせも喜んでいただける贈り物です。

次の