プロ野球スピリッツa。 【プロスピA】プロ野球スピリッツA攻略

プロスピ2019|プロ野球スピリッツ2019 公式サイト|KONAMI

プロ野球スピリッツa

あなたのWindowsコンピュータで プロ野球スピリッツA を使用するのは実際にはとても簡単ですが、このプロセスを初めてお使いの場合は、以下の手順に注意する必要があります。 これは、お使いのコンピュータ用のDesktop Appエミュレータをダウンロードしてインストールする必要があるためです。 以下の4つの簡単な手順で、プロ野球スピリッツA をコンピュータにダウンロードしてインストールすることができます: 1: Windows用Androidソフトウェアエミュレータをダウンロード エミュレータの重要性は、あなたのコンピュータにアンドロイド環境をエミュレートまたはイミテーションすることで、アンドロイドを実行する電話を購入することなくPCの快適さからアンドロイドアプリを簡単にインストールして実行できることです。 誰があなたは両方の世界を楽しむことができないと言いますか? まず、スペースの上にある犬の上に作られたエミュレータアプリをダウンロードすることができます。 または B. 個人的には、Bluestacksは非常に普及しているので、 "B"オプションをお勧めします。 あなたがそれを使ってどんなトレブルに走っても、GoogleやBingで良い解決策を見つけることができます lol. 2: Windows PCにソフトウェアエミュレータをインストールする Bluestacks. exeまたはNox. exeを正常にダウンロードした場合は、コンピュータの「ダウンロード」フォルダまたはダウンロードしたファイルを通常の場所に保存してください。 見つけたらクリックしてアプリケーションをインストールします。 それはあなたのPCでインストールプロセスを開始する必要があります。 [次へ]をクリックして、EULAライセンス契約に同意します。 アプリケーションをインストールするには画面の指示に従ってください。 上記を正しく行うと、ソフトウェアは正常にインストールされます。 今度は プロ野球スピリッツA を検索バーに表示し、[検索]を押します。 あなたは簡単にアプリを表示します。 クリック プロ野球スピリッツAアプリケーションアイコン。 のウィンドウ。 プロ野球スピリッツA が開き、エミュレータソフトウェアにそのアプリケーションが表示されます。 インストールボタンを押すと、アプリケーションのダウンロードが開始されます。 今私達はすべて終わった。 次に、「すべてのアプリ」アイコンが表示されます。 をクリックすると、インストールされているすべてのアプリケーションを含むページが表示されます。 あなたは アイコンをクリックします。 それをクリックし、アプリケーションの使用を開始します。 それはあまりにも困難ではないことを望む? それ以上のお問い合わせがある場合は、このページの下部にある[連絡先]リンクから私に連絡してください。 通信可能な環境でお楽しみ下さい。 ・チュートリアル終了時に約1332MBのダウンロードが必要です。 あらかじめご了承下さい。 本格派投手、技巧派投手、巧打者、強打者・・・選手それぞれの持ち味を活かしながら、自らの力でチームを勝利に導こう! アクションが苦手な方のために、「ゾーン打ち」や「おまかせ配球」といった簡単操作も搭載。 試合は自動で進み、ピンチ・チャンスの場面では出番が発生。 毎週リーグが自動開催され、リーグランクの昇降格が決まります。 試合のボーナスや、様々なイベントに参加することでより強力な選手スカウトのチャンスも。 着実に戦力を強化していけば、無料でも強力な球団を作りあげることができるぞ。 ・家庭用ゲーム「プロ野球スピリッツ」が好きで、いつでもどこでも「プロスピ」を楽しみたい。 ・「プロスピ」シリーズを遊んだことはないが、リアルな野球ゲームをやってみたい。 ・アクション要素もあるスポーツゲームを楽しみたい。 ・無料で遊べてオンライン対戦もできる野球ゲームやスポーツゲームを探している。 ・無料でも長くやりこめる野球ゲームやスポーツゲームを探している。 ・選手を自分好みに育成できる野球ゲームやスポーツゲームを探している。 ・「実況パワフルプロ野球」「プロ野球ドリームナイン」をプレイしたことがある。 ・ゲームを楽しみながら、最新の野球速報もチェックしたい。 ・野球速報や野球中継は常にチェックしている。 ・スポーツ選手や監督になる夢をスポーツゲームで叶えたい。 ・自分だけのオリジナルチームを、好きなプロ野球球団(西武、ソフトバンク、楽天、ロッテ、日本ハム、オリックス、巨人、DeNA、阪神、広島、中日、ヤクルトなど)の選手を集めて作りたい。 ・好きなプロ野球球団(西武、ソフトバンク、楽天、ロッテ、日本ハム、オリックス、巨人、DeNA、阪神、広島、中日、ヤクルトなど)の選手をプロスピで再現して遊びたい。 ・プロ野球球団(西武、ソフトバンク、楽天、ロッテ、日本ハム、オリックス、巨人、DeNA、阪神、広島、中日、ヤクルトなど)好きの仲間と一緒に遊びたい。 ・子供の頃、プロ野球球団(西武、ソフトバンク、楽天、ロッテ、日本ハム、オリックス、巨人、DeNA、阪神、広島、中日、ヤクルトなど)に入りたかった。 ・趣味は好きなプロ野球球団(西武、ソフトバンク、楽天、ロッテ、日本ハム、オリックス、巨人、DeNA、阪神、広島、中日、ヤクルトなど)の試合を観戦することだ。 ・ダウンロード応援曲 ・応援曲作成 ・応援曲割当て ・試合中に割当てた応援曲が流れる 【無料期間について】 ・利用開始から7日間は無料でお試しいただけます。 ・無料期間が終了する24時間以上前までに定期購読を解約しなかった場合、自動的に有料の定期購読が開始します。 ・無料期間中に手動で無料期間なし版への切り替えを行った場合、残りの無料期間は失われます。 【自動更新の詳細】 ・次回更新日の24時間以上前までに定期購読を解約しなかった場合、自動的に利用期間が更新されます。 ・自動更新が行なわれると、更新日から24時間以内に領収書が届きます。 【次回更新日の確認と定期購読の解約方法】 次回更新日の確認や定期購読の解約手続きは、以下のページで行うことができます。 App Storeアプリを開く 2. 「Today」タブを開き、右上のユーザーアイコンをタップする 3. 「アカウント」画面のユーザー名とメールアドレスが表示されている部分をタップする 4. サインインする 5. konami. konami. konami. ---------------------------------------------.

次の

プロ野球スピリッツA

プロ野球スピリッツa

プロ野球スピリッツ2020は、やはりアップデートにて更新されることが公式より発表がありました。 ただ、プロ野球が好きな人にとっては、毎年発売してくれた方が楽しめると思うので発売してほしいでしょうね。 来年にはPS5の発売も控えているのでそれに合わせてプロ野球スピリッツを開発している可能性も高いです。 情報が入り次第追記したいと思います。 スポンサーリンク プロ野球スピリッツの過去の発売日の傾向は? プロ野球スピリッツシリーズは、残念ながら毎年発売されているわけではありません。 プロ野球スピリッツが誕生したのは、2004年からで実況パワフルプロ野球でお馴染みのコナミから発売しています。 それ以降は、毎年発売されています。 発売日は、4月と3月が多く、2012年からは、発売日は3月が続いていました。 スマホ版のプロ野球スピリッツが発売されたのが2015年10月21日で、プロ野球スピリッツ2019が発売されたのが約4年後の2019年7月18日でした。 スマホ版が人気がでたことや開発費などもあって4年間発売がなかったことはファンにとってはきつかったでしょう。 (まとめ)プロ野球スピリッ2020の発売日はいつ?過去の傾向から予想! プロ野球スピリッ2020の発売日は、2020年夏ごろと予想します。 しかし、近年の傾向を考えると発売されない可能性も高いです。 選手情報などはアップデートなどで更新ができるので。 来年は、PS5の発売も控えているのでそれに合わせて開発を行っている可能性も高いです。 現在は、スマホ版のプロ野球スピリッツも人気があるので毎年出さなくっても良い考えにいたった可能性もありますね。 PS5版のプロ野球スピリッツも見てみたいですが、どんな映像になるのか楽しみです。 PS5版は、ロード時間が短くなるといううわさもありますし、さらにグラフィックが綺麗になるので楽しみです。 最後まで閲覧ありがとうございました! 以上だい吉でした! 関連記事は下からチェック!!.

次の

プロ野球スピリッツA pc ダウンロード

プロ野球スピリッツa

プロ野球スピリッツA ジャンル スポーツ、シミュレーション 対応機種 iOS8・Android4. 1以上 開発元 発売元 シリーズ 人数 1人 発売日 2013年10月21日 最新版 10. プロ野球ゲーム『』シリーズの版。 は「 プロ野球ゲームは新たなステージへ。 略称は『 プロスピA』。 リリースから、で配信している他、2017年7月には アプリストアからも配信が開始された。 アプリの・、プレイなどは基本無料であるが、一部有料のゲーム内アイテムがありそれらを購入するにはが必要。 概要 [ ] ゲーム概要 [ ] 「スカウト」と呼ばれるで選手を獲得し、選手・チームを強化してオンライン上の試合において他のユーザーと対戦するゲーム。 その他にも様々なイベントや機能が存在し、手軽な操作で野球アクションや選手の育成を楽しむことが出来る本格プロ野球ゲームアプリである。 ・用に開発・販売された前作『』のを使用、また「3Dスキャン技術」 も引き続き採用されており、に引けをとらないグラフィックと臨場感を誇る。 試合に使用する球場は、当初架空の屋外球場、ドーム球場、イベント専用のクラウンスタジアム3種類のみが収録されていたが、2019シーズンでは3月27日よりの6ヵ所 、同4月26日より、の2ヵ所、2020年6月25日よりが追加されている。 登場人物 [ ] 本作中の登場キャラクターである選手はその年度(3月下旬まで~翌3月中旬まで)のに所属する実在の(別枠として登場する元NPB選手もある)であり、実際のシーズンでの成績に基づいた能力を持つ。 その他、各チームの監督と、実況アナウンサー、解説者、グランプリモードで登場した女性(後述)も登場する。 2020年シーズン現在の実況アナウンサー、解説者は以下の5人。 :実況アナウンサー• :試合解説者• :試合解説者• : 試合解説者• : 試合解説者 調子くん [ ] CS版プロスピにおいて選手の調子を示すのに用いられていた調子アイコン(調子くんマーク)を模した、本作のキャラクター兼ナビゲーター。 このアプリの配信に先行して、早期購入特典としてでゲスト出演した。 新しく操作する画面などで遊び方や操作方法を教えてくれる他、画面が切り替わる時のロードと様々なイベントに登場する。 また、このアプリでの名義として調子くんのスタンプも発売された。 評価・ライセンス [ ] 2020年4月時点で累計ダウンロード数が2,100万回を突破。 にはが選定する「ベストオブ 2016」の「2016年ベストゲーム」において、「ベストグラフィックゲーム部門」大賞を受賞した。 公認 試合 [ ] 主な試合 [ ] Vロード 全12球団のCPUチームと戦い優勝を目指す。 12球団との試合をそれぞれ3試合、とのオールスターとの試合をそれぞれ1試合の計38試合を戦い、一定数勝利するとプレーオフステージに進出し、3試合のうち2試合を勝つと次のステージに進む。 2度のプレーオフを勝ち抜くと日本一決定戦に進む。 日本一決定戦では実際の同様、7試合中4勝するとVロード優勝となる。 試合に勝利することでVメダルを獲得でき、Vロード終了後に挑戦できる「ストーブリーグスカウト」にて使用できる。 また、それぞれの試合で初の勝利時には初回勝利報酬として5エナジーがプレゼントされる。 選手のレベルアップに必要な経験値の1試合当たりの獲得量が全モード中で最も多く、育成を目的としたプレイがメインとなる。 リーグ 本作における主要素の一つ。 他ユーザーとのオンライン対戦モードであり、全ての試合は自動で行われる。 1リーグの期間は月曜〜日曜の1週間で、1節5試合を1日3節の計105試合を行い、その結果に基づいた順位によって所属リーグの昇格、残留、降格が決まる。 全10のリーグランクが存在し、最高位のリーグランク10は「 覇王」という名称となっている。 リーグのランクが上になるほど降格しやすく昇格しにくくなる。 また、リーグはランクごとにA~Hの8グループに分かれており、それぞれのグループ内で順位を決めている。 なお、リーグでは試合ごとの経験値付与は行われない。 試練 特殊能力の習得に必要なアイテムやコインを得るための試合を行う。 試練チケット1枚消費で1時間の間、別の試練を行うことができ、5枚消費で試練大解放を発動できる(不定期で開催したキャンペーンに行われる場合もある)。 活躍報酬によってアイテムを得る他、試合に勝利することでボーナスとしてアイテム獲得数が増加する。 試練は曜日ごとに決められており、月曜日から順に「剛力」「俊敏」「技巧」「心」「印」「富」となる。 日曜日は一定時間ごとに6つの試練をプレイできるほか、「試練大解放」と題した全試練の大開放も行われる。 練習試合 自身のフレンドとの対戦が可能なモード。 スタミナを消費しない一方、獲得経験値やアイテムはVロードと比べて低い。 出番タイプやAIの強度、球速タイプなど細かな設定が可能で、対CPU戦では唯一1試合フルプレイ操作ができる。 チャレンジカップ 週替わりで参加条件が変わるカップ戦。 5試合を行い全て勝利し優勝することで報酬を得ることができる。 報酬は各週3つ用意されており、3回優勝することで3つの報酬全てを得られる。 各カップ戦の名称・報酬および参加条件は以下の通り。 チーム魂カップ:オーダーに入っている選手が全員同一チームの所属選手であること 報酬は 15エナジー・ゴールド契約書・Aランク特訓コーチ• 350カップ:合計チームコストが350以下であること 報酬は 10エナジー・Aランク自チーム契約書・Sランク特訓コーチ• 特殊能力カップ:チームの合計特殊能力レベルが24以上であること 報酬は 20エナジー・5000スピメダル・Aランク限界突破コーチ• ユーザーを所属リーグランクごとにグループに分けてマッチングする「リーグ」とは別に、グループに分けず全参加ユーザーをマッチング対象とする対戦モード。 「リーグ」と同じく全自動での試合進行となり、1週間を戦う。 成績によってランキングが作成され、順位に応じて報酬やスペシャルアイコンが得られる他、上位500位以内にランクインしたユーザーは「殿堂入り」となり一定期間イベントページにユーザー名が公開される。 また、順位に関わらず各々の戦績と順位が表示された勲章が全参加ユーザーに授与される。 チーム編成に独自の制限を設けた複数のリーグがあり、各回ごとに順に開催される。 それぞれの名称及び概要は以下の通り。 オールスターリーグ:チームコスト制限が無く、完全に自由なオーダー編成が可能。 12球団別リーグ:全選手を同一球団所属の選手で統一して作成したオーダーであることが参加条件。 各球団ごとの計12リーグが同時開催となる。 セ&パ・リーグ限定リーグ:全選手をセ・リーグあるいはパ・リーグ球団所属いずれかの選手で統一してオーダーを作成していることが参加条件。 2リーグ制が同時に開催される。 コスト420リーグ:チームコストを420以内に制限した状態でオーダーを作成していることが参加条件。 リアルタイム対戦 2018年4月に追加された新機能。 本作は長く対CPUのプレイがメインのゲームであったが、当機能においては他のユーザーとリアルタイムでの通信対戦を行うことができる。 2017年12月2日にとして初実装されて以来、3度の期間限定開催を経て2018年4月2日から常設コンテンツとして実装された。 2018年にはこのモードを使用した大会「プロスピAチャンピオンシップ」が開催された。 ランダムにマッチングする相手と戦い勝ち抜く「ランク戦」、2、3ヶ月ごとに開催される「全国大会」と、対決方式を設定したルームを作成し誘い合わせた友人などと自由に対戦できる「ルーム戦」のモードがある。 通信対戦となるにあたり選手の操作方法などが通常の試合とは異なった仕様となっている。 出番(試合操作) [ ] Vロードをはじめとする試合は基本的に自動で進行するが、「出番」と呼ばれるプレイヤーが実際に選手を操作して試合の流れを変えることができる。 出番は1試合につき3度(延長戦などの場合は4度)。 出番で活躍することでポイントを獲得し、最大1000ポイントの「活躍ゲージ」を上昇させ、獲得ポイント数に応じて「活躍報酬」を得ることができる。 設定によって出番のスキップを選択することも可能。 打撃(野手操作) 打撃の出番では、相手投手が投げてきた球をタイミングよく打つことで打撃ができる。 打撃方法は「ゾーン打ち」「ミート打ち」「強振」の3種。 「ゾーン打ち」はタイミング良く「タップする」のに対し、「ミート打ち」「強振」はドラッグ操作によって打撃カーソルを動かし投球に合わせてタイミングよく指を「離す」ことでスイングを行う。 「ゾーン打ち」「ミート打ち」「強振」の順でカーソルが小さくなるが、その分遠く飛ばせるゾーンは広くなり、通常より強く球を打つことができるなど長打が出やすい。 「バント」を選択した状態でタップするとの構えに入り、そのままドラッグでカーソルを操作することでバントができる。 投手が投げてきたタイミングでバントの構えをするとの判定になり、通常より走り出しが早くなる。 「強振」「バント」を両方選ぶと判定になり、通常より強くボールを叩く。 ランナーがいる場合においてはコマンドを使用できる。 がした瞬間にスタートを切るが、盗塁の成功率は走者の走力やスタートのタイミングの評価、相手キャッチャーの能力などによる。 はもちろんやも可能であるが、単独で本盗を成功させるのは難しい。 ディレイドスチールも行え、走者一、三塁から両走者に盗塁指示し、ディレイドスチールを行う指示をすることで実行される。 投手の投球と同時にスタートを切った走者を二塁で刺すためにキャッチャーが二塁に送球する間に三塁走者がホームを狙う。 スクイズプレイは三塁走者に盗塁指示をした状態でバントをすることで実行できる。 その他、選手交代でやを出すことも可能。 特定の場面では、相手投手が「球速UP」「リアルスピード」「リアル軌道」などといった特殊な投球を行う。 投球(投手操作) 選択後、ドラッグ操作で投球カーソルを動かしコースを指定。 指を画面から離すことで投球動作を開始し、リリースポイントを示すカーソル表示に合わせてタイミングよく画面をタップすることで狙ったコースに近く投げられるようになる。 リリースのタイミングをしっかり合わせることができると「ナイスピッチ」と判定され球威が上がり打ち辛い投球となる。 また、スタミナが減ってくると制球力や球威、変化球の変化量が低くなるため投手交代を行ったほうがよい場合もある。 選手交代では投手と守備に就いている野手を交代させることが可能。 ただし、投手交代は打者1人以上との対戦を済ませた状態である必要がある。 監督リクエスト 1試合3度の出番の内、1度は「 監督リクエスト」(後述の特別リクエストが出た場合2回)というプレイの指定を伴い、そのリクエストに応えることができると活躍ゲージにボーナスが付与される。 ボーナスは付与ポイントの高い順に「GREAT」「GOOD」「NICE」で、リクエストに失敗すると「MISS」の表示と共にボーナス得点なし(ただし減点はしない)となる。 野手操作の場合、「ビッグイニングを狙え(最大5得点以上を獲得するまで自操作が可能)」「このチャンスを活かして得点しろ(走者が本塁に帰塁するまで操作可能)」などで複数打席が設けられる。 投手操作の場合も打撃の出番同様、「クリーンナップを抑えろ」「上位打線を抑えろ」「トップバッターへ回すな」といった複数打席の出番がある(走者が帰塁するまで操作可能)。 また、9回時点で同点時には「この回で勝負を決めろ! 」や、3点差以内のビハインド時は「最後の1球まで諦めるな! 1イニングプレイ Vロードの各ラウンドの最終戦やチャレンジカップの決勝戦など節目の試合では、3度目の出番が投打いずれかで「1イニングプレイ」になることがあり、3アウトおよび10得点する(打者の場合)まで当該イニングをプレイすることができる。 これらの試合に限り監督リクエストは発生しない。 選手 [ ] 登場選手には時期によって「シリーズ」の別があり、3月下旬 - 9月初旬を「 〇〇 Series 1(シリーズ1)」、9月初旬 - 翌年3月中旬までを「 〇〇 Series 2(シリーズ2)」として配信される(〇〇は西暦)。 シリーズの更新ごとに最大スピリッツ値が200上昇するほか、実際のプロ野球での成績に基づき能力の変更などが行われる。 能力 [ ] 選手ランク 選手に与えられたレアリティで、ランクが上がるに比例してレベル・能力・スピリッツの上限値が上昇する。 下から順に「D」「C」「B」「A」「S」で格付けされ、Sランクで排出された選手は基本的にすべてのランクで登場する(期間限定で排出される選手を除く)。 選手レベル 選手に経験値を付与することで上がり、レベルが上がるとスピリッツや能力値も向上する。 スピリッツ 各選手に与えられた強化によって上昇する数値で、スピリッツの最大値は前述のようにランクや選手のシリーズによって異なる。 試合やイベントでの対決に際し、対決する両選手のスピリッツに基づいた「 スピリッツ対決」が行われ、その結果によって能力の変動などが発生する。 コスト 各選手に与えられる能力の合計値から算出された数値で、能力が高いほどコストも大きくなる。 また、オーダー編成は総コストの上限が決まっており、プレイヤーレベルの上昇でその値が広がっていく。 特訓レベル 特訓を行った回数を示す。 最大で10回可能で、レベルが10に達すると「MAX」の表示となる。 野手能力• 打撃能力:「ミート」「パワー」「走力」の各項目が存在。 レベルアップや特訓するで上昇させることができる他、スピリッツ対決や特殊能力発動によっても変動する(走力は影響を受けない)。 守備能力:「捕球」「スローイング」「肩力」の3項目。 強化やスピリッツ対決、特殊能力などの影響を受けない。 野手のみ、特守することで上昇させることができる。 弾道:野手能力にのみ存在する項目で、各選手の打球タイプを示す。 「グラウンダー」「低弾道」「ラインドライブ」「中弾道」「高弾道」「パワーヒッター」「アーチスト」の7種。 守備適性:配置可能な守備位置を表し、守備範囲の広さに影響する。 G - Aの適性値が存在し、C以下のサブポジションに配置すると「ポジション不適性」となりスピリッツ低下のペナルティがある。 しかし、限界突破をすれば最大でFまで可能。 野手のみ、特守することで上昇させることができる。 特殊能力:Bランク以上の選手が習得可能。 発動は確率であり、発動すると自分や他選手の能力を変動させることができる。 選手傾向:選手ごとの「守備」「走塁」「盗塁」に関するプレースタイルついて、「積極」「普通」「慎重」の3段階でその傾向を示したもの。 投手能力• 投球能力:「球威」「制球」「スタミナ」の各項目が存在。 野手の打撃能力と同様、強化によって上昇し、またスピリッツ対決などによって数値が変動する(スタミナのみ影響を受けない)。 打撃能力:一部のイベントで投手が打席に立つことがある。 弾道は存在しない。 守備能力:野手と同様に「捕球」「スローイング」「肩力」を持っている。 こちらも野手の守備能力のように変動しない。 球種:投手が操る持ち球を表す。 変化球の名称、球速、球種ごとの項目、変化量がイラストで表示される(リアルタイム対戦のみ、スピリッツ対決によって変化量が変動する場合もある)。 投手適性:「先発」「中継ぎ」「抑え」の各起用法に対する適性が表示される。 登板の際のスタミナ消費に影響する。 適性値はG - S。 野手と同じく適性C以下のサブポジションに配置すると「ポジション不適性」となりスピリッツ低下のペナルティがある。 野手と同様、限界突破をすれば最大でFまで可能。 特殊能力:野手に同じ。 強化 [ ]• レベルアップ:獲得済みの選手に経験値を与えることで選手レベルの強化が出来る。 試合を行うことで付与するか、ストック経験値を使って直接付与する。 試合においては「ヒーロー」に選ばれることで取得経験値が上がる(通常の1. 5倍)。 レベルアップすることで、能力値とスピリッツ値を上昇させることができる。 特訓・限界突破・継承:強化したい選手(ベース選手)に対して、他の選手(トレーナー選手)を消費することでベース選手を強化することができる。 特訓:トレーナー選手を消費して、ベース選手のスピリッツ値と能力値を強化する。 前述のように最大10回可能。 特訓成功は確率であり(特訓成功率)、トレーナー選手のランクや強化進捗度、消費数に応じて確率を変動させることができる。 限界突破:ベース選手に対して「同ランク以上の同名選手」か、「選手レベル・特訓レベルのいずれかが最大の1ランク下の同名選手」をトレーナー選手として特訓に使用することで、選手レベルの上限値を解放することができる。 各ランク最大5レベルまでの解放が可能。 限界突破の回数に応じて選手のランクアイコンに「 超〇(〇は限界突破の回数)」のアイコンが付く。 限界突破によって解放されたレベル帯においてはレベルアップによる能力値の上昇はしない(スピリッツ値のみの上昇)。 また、限界突破の回数に応じて適性C以下のサブポジションにおけるポジション不適性ペナルティが緩和される。 レベルアップ・特訓・限界突破を繰り返し、選手レベル・特訓レベルを最大にすると最大強化となり「超〇」が「 極」というアイコンに変化する。 継承:ベース選手に対して「レベルが最大」かつ「同ランクの同一選手」をトレーナー選手として消費することで、トレーナー選手の限界突破値・特訓レベル・特殊能力レベルの一部をベース選手に引き継ぐことができる。 コインを必要としない。 特殊能力:試練などで獲得したアイテムを消費し、特殊能力を習得・レベルアップさせる。 特殊能力レベルはランクごとに上限がある。 覚醒:「覚醒可能」なイベント限定のAランク選手の選手レベルを最大にした上で、「Aランク覚醒魂」を10個、Aランク選手を5人、40000コインを消費することで、Sランクにランクアップさせることができる。 Aランク時点での特訓・限界突破の度合いによって、覚醒に必要なAランク選手と消費コインが緩和する。 覚醒後は選手レベル、特訓レベル、限界突破回数が全てリセットされる(特殊能力のみ引き継がれる)。 また、同一シーズンでの比較では通常のSランク選手より最大スピリッツが100低い。 称号:最大強化となった「極」の選手に対し、さらに限界突破と同様の操作をすることで「称号」を付与することができる。 スピリッツ解放 : 「極」時のスピリッツ最大値が低い過去シリーズのSランク選手(現シーズンの通常バージョン最大スピリッツ-200より低い選手)のスピリッツ最大値を拡張することができる。 Sランク選手2名を素材として消費する他、解放する選手のレベルが最大であること、かつ特訓レベルが5以上であることが条件。 スピリッツ解放後はレベル1になり、特訓レベルと限界突破回数がともに一定数減少する。 特守:2020年シーズンで追加。 「極」時のSランク野手の守備能力を拡張することができる。 1回の成功ごとに数値が1増えるほか、強化が最大スピリッツも1ずつ付与された(強化を最大にすると最大スピリッツ値が10増える)。 選手獲得 [ ] スカウト [ ] 本作の主要素の一つで、選手を手に入れる方法のもっとも代表的なもの。 ノーマルスカウト 試合の活躍報酬やイベントのステージポイントノルマ達成などで獲得可能なスカウトポイントを用いるスカウト。 Bランク以下の選手獲得が主となる。 毎日1回は無料で引くことが可能で、以降は1回200ポイントで1連スカウト、最大で10連のスカウト(=2000ポイント)が行える。 不定期で1000ポイントを消費することでCランク以上確定、Aランク以上登場といった要素が追加されるキャンペーンが開催される。 プレミアムスカウト エナジーを消費して行うスカウト。 1連で25エナジーを消費し、最大で1度に10連(250エナジー)まで行うことができるものもある。 Bランク以上が確定となっており、登場割合はBランクが89. おおよそ1週間ごとにスカウトの種類が更新され、その度にやなどポジション毎の新しい選手が徐々にラインアップに追加されていくことが多い。 福袋スカウトなど一部の記念スカウトなどには4連(100エナジー消費)のもの、ドラフトスカウトのように10連相当の消費エナジーながら11連スカウトが可能なものがあり、バリュースカウトは通常の半分の消費エナジーで引くことができる(10連125エナジー、1連10エナジー)。 また、自チーム確定スカウト、Aランク確定スカウトは10連することは出来ず1連ごとのスカウトとなり、回数の制限もある。 10連スタートダッシュスカウトはアプリダウンロード後のチュートリアル終了後72時間限定で引くことのできる10連自チームSランク確定のスカウトであるが、2016年シーズン開幕の際も開催された。 その他、新シーズン開幕やアプリ配信の周年記念など節目の記念スカウトでは、消費エナジー0で購入することができるものもある。 セレクション 期間限定の特別な選手が登場するスカウト。 現役選手の別バージョンの他、現役を引退した元選手の現役時代を再現した選手も配出される。 配出された選手はのランクはB以上のみ。 プロスピセレクション シリーズ1開催。 スピリッツ最大値がその時点で配出されている通常バージョンより100高く、能力は前半戦での活躍が反映されている。 2020シリーズはによる、NPB登録内の現役選手のキャリアハイの(あるいはそれに準ずる)成績に基づいたベストナインから配出選手を決定している。 タイムスリップセレクション シリーズ1開催。 NPB登録内の現役選手および監督・コーチの中から、キャリアハイの(あるいはそれに準ずる)成績に基づいた能力査定で実装。 エキサイティングプレイヤーセレクション シリーズ1開催。 アニバーサリーセレクション シリーズ2開催。 「プロスピセレクション」同様、1球団辺り各弾1名(計2名ずつ)が別バージョンで配出。 2017シリーズからはユーザーによる人気投票で配出選手を決定している。 OBセレクション シリーズ2開催。 解説者などどの球団にも属していない元選手から、キャリアハイの(あるいはそれに準ずる)成績を基にして実装。 ワールドスターセレクション シリーズ2開催。 (MLB)所属選手の、NPB球団在籍時代のキャリアハイの(あるいはそれに準ずる)成績を基に実装。 ベストナイン/タイトルホルダーセレクション シリーズ2開催。 受賞者と投手・などのタイトルホルダー(タイトル獲得選手)が別バージョンで配出される。 2015年はベストナイン受賞選手のみの実装であったが、2016年からはタイトルホルダー選手が加わったほか、2017年からは受賞選手が含まれるようになった。 侍ジャパンセレクション シリーズ2開催。 (WBC)やなどでに選出されたNPB球団在籍メンバーが別バージョンで配出される。 また、日本代表時の役割を基にメインポジションや守備適正が変更された選手もある。 日本代表との契約許諾により、このセレクションから登場した選手は、配信開始から~配信同年(次年度)9月頃まで選手のグラフィックは常に日本代表のものであり、シルエット選手()と同様一部イベントでは使用できないという制限があった。 毎年9月頃に、当年に配信された侍ジャパンセレクションを選手写真・グラフィックの変更とNPB退団選手シルエット化の処置が施される、その以降は通常の別バージョンと同じような扱いとなることとなった。 バトルスタジアムセレクション 2019年シリーズ2開催。 2019年度に出演した選手を、各球団で1人ずつピックアップ。 特別な特殊能力とモーションが与えられる。 イベント [ ] スカウトで一切登場しない、不定期開催されたイベントでのみ獲得可能な選手もある。 覚醒選手 シリーズ1・2とも開催。 1位など新入団選手をピックアップ。 配出された選手はBランクとAランクだが、Aランク選手は覚醒によってSランク選手に変化できる。 プロスピファンフェスタ限定選手 シリーズ2開催。 プロスピAチャンピオンシップ地区大会ベスト8入賞者など大会上位者で配布。 各球団でシリーズ2の通常バージョンから登場したSランク選手を1球団あたり1人ずつ選出、能力は通常バージョンと同一。 契約書 [ ] 詳細は「」を参照 ミキサー [ ] 不要な選手を一定数消費することで、新たに選手を手に入れることが出来る機能。 ノーマルミキサー、自チームミキサーが一部期間を除いて常設されている他、シルエット化()した選手1人を消費して選手1人と交換できるシルエットミキサーが各年度末に一定期間実装される。 また2017 Series2から、一部のセレクションスカウトの登場と同時にそのセレクションスカウトの選手限定のミキサーが実装されている。 各ミキサーの名称および詳細は以下の通り。 Aランク/Sランクミキサー• ノーマルミキサー - 同一ランクの選手3名を消費することで、同一ランクの別の選手を新たに手に入れることが出来る• 自チーム確定ミキサー - 同一ランクの選手5名を消費することで、お気に入りチームに設定しているチームの同一ランクの選手を新たに手に入れることが出来る。 Sランク/覚醒Sランクシルエットミキサー• ランダムミキサー - シルエット化した選手をその時点で配出中となっている全選手の中から1人ランダムに交換することが出来る。 同一ポジションミキサー - シルエット化した選手をその時点で配出中となっている同じメインポジションの選手の中から1人ランダムに交換することが出来る。 同一チームミキサー - シルエット化した選手をその時点で配出中となっている同じ所属チームの選手の中から1人ランダムに交換することが出来る。 セレクションミキサー• ノーマルミキサー - セレクション選手3名を消費することで、それ以外のセレクション選手を新たに手に入れることが出来る。 セレクトミキサー - セレクション選手5名(ラインアップによって7名もある)を消費することで、それ以外のセレクション選手から1名を選んで手に入れることが出来る。 オーダー [ ] 獲得・強化した選手を試合に出場させるにはオーダーに登録する必要があり、オーダー画面にて編集が可能。 5名、4名(内2名)、1名、を含む野手9名と投手野手合わせて5名のベンチ枠の、計24名の選手から構成される。 また、オーダーに登録した選手のスピリッツの合計を「チームスピリッツ」とし、マッチングの際には相手チームのチームスピリッツとの「スピリッツ対決」が発生。 その結果に基づいて試合における両チームの優劣と試合の流れが決定される。 通常オーダー Vロードや練習試合、一部のイベントなどで使用するオーダー。 選手育成のためのオーダーと位置付けられ、育成途上の選手が登録されることが多い。 もっとも使用される回数の多いオーダーである。 リーグオーダー 「リーグ」に参加するためのオーダー。 ユーザーが所持している選手の中で育成・強化が完了済みかつ最も強力な選手が登録されるが、コスト上限が存在するため編成に制約がある。 イベントオーダー イベント専用に用意されるオーダー。 設定することで通常オーダーやリーグオーダーなどと混同することなくイベントを行うことができる。 中にはイベント内でのみ使用できる選手で構成され、イベント終了とともに消滅するものもある。 最強決定戦とリアルタイム対戦のオーダーにはコスト上限が設けられていない。 オーダーを構成する諸要素• 打順 スターティングメンバーに設定した野手の打順を編集できる。 打順適性などはないため基本的には自由に打線を組めるが、選手の中には打順に関する特殊能力を持つ選手もいる他、打順の組み方に対するコンボも存在するため多少の考慮が必要である。 コンボ オーダーに登録している選手の能力や特殊能力、所属球団、打順などの組み合わせによってコンボが発動する。 選手間やチーム間のスピリッツ対決において発動したコンボの合計値がスピリッツに加算されるため、スピリッツ自体は劣っていてもコンボによる上乗せによって優勢に持ち込むことも可能。 チーム方針 代打、代走、守備固め、継投の選手起用や、盗塁、エンドラン、送りバント、スクイズの作戦面の方針を設定することができる。 それぞれ「積極的」「普通」「消極的」の3段階で設定が可能。 チームランク 「チームスピリッツ」の値に応じてG - A、S 1 - S 3、SSのランクが存在する。 オーダー編集画面やプロフィール画面において表示される。 キャプテン 所持選手の中から1人をキャプテンに任命することができる。 ユーザー情報にその選手のアイコンが表示される他、フレンドに対する「助っ人」となる。 選手名鑑 [ ] 過去に実装された全選手の画像、能力、モデルビューアーを閲覧することができる。 所持している選手もしくは過去に所持していた選手は明るく表示される。 チームごと、シリーズごとに区切って表示されており、そこからランクごとポジションごとにさらに絞り込んで表示させることもできる。 シルエット化 [ ] 本作に登場する選手は全て実在する(した)実名選手であり、写真付きで実装されるが、退団などNPB球団に属していない場合、当該選手に対して「シルエット化」の処置が施される。 シルエット化になった選手(シルエット選手)は、育成とイベントでは大きな制限を課される。 毎年2月頃に、その時点で支配下登録選手・監督・コーチとしてNPB球団に属していない選手の、OB・ワールドスターバージョン以外各バージョンのシルエット化が一同に行われる(契約保留期間の契約解除を反映など、別のタイミングが行われる場合もある)。 なお、現役引退を発表したが翌シーズンに監督・コーチとしてNPB残留をする選手と、現行のワールドスターバージョンで登場したメジャーリーグ選手の(選手として)NPB球団在籍時代のバージョンはシルエット化対象にならない。 一旦シルエット化されたでも、次シーズンで支配下登録選手・監督・コーチとしてNPBへの復帰した場合にシルエット化解除される場合がある。 シルエット選手はオーダーに登録したり操作したりすることは可能であるが、レベルアップを除く限界突破や特訓といった一切の強化が不可能となる(名前は保持されるため、トレーナー選手として同選手のOB・ワールドスターバージョンなどの限界突破・継承することは可能)。 また、オンライン大会など一部イベントでは使用できなくなった。 なお、プレイヤーが所持しているシルエット化選手は「シルエット選手」とのバナー表示が追加されるのみであり、名前・グラフィック・写真などは保持される。 イベント [ ] 先述の試合の他に様々なイベントが存在する。 1週間ごとに更新されるものが多いが、中には2日間、3日間、5日間、6日間、7日間など短期〜中期間のイベント、1ヶ月以上に及ぶ長期間のイベント、他のイベントと併せて開催されるサブイベントなども存在する。 また、各イベントに様々な報酬が用意されており、大きく分けて累計獲得ポイント数に応じて得られる累計報酬と、他のユーザーと合計獲得ポイント数を争いその順位に応じて得られるランキング報酬が存在する。 イベントによっては累計報酬のみのものや累計報酬、ランキング報酬の両方が用意されているものもある。 通常のイベント [ ] 対決カーニバル Vロード、試練、チャレンジカップ(以下通常試合)を1試合終えるとランダムで投手・野手のいずれかが出現し、対決を行う。 勝利すれば対決ポイントを獲得できる。 打者操作では一定確率で「強敵」が登場し、相手投手の投球速度が「リアルスピード」または「リアル軌道」設定になる。 ホームランダービー 10球以内でどれだけのホームランを打てるか競う。 累計ポイント報酬の他に、チャレンジ中に発生する「強打者の指令」「ホームラン王の特命」を達成しスタンプを貯めることで「スタンプ報酬」を別に獲得できる。 一定確率でスペシャルチャレンジが発生するが、相手は「極」状態でかつ「リアルスピード」投げてくる他、スペシャルチャレンジクリアにはポイントノルマがありそのクリア回数に応じた報酬も存在する。 イベント期間は1週間とされることが多いが、稀に1週間未満の短期・中期のイベントとして開催されることもある。 エージェントA あらかじめ設定されたオーダーを使って試合を行うことで代理人チケットを集める。 そのチケットを使用し選手を集めオーダーを作り上げるというイベント。 選手それぞれにポイントが割り振られておりランクが高いほどその値が大きくなる他、限界突破することによってさらに上乗せすることができ、オーダーに登録した選手の合計ポイントを「オーダーpt」として最高到達ポイントの数値に応じて報酬を得ることができる。 「オーダー構成ボーナス」が存在し、12球団構成や1チーム構成などイベントオーダーの構成を工夫することでポイントを伸ばすことができる。 他に代理人チケットの累計入手枚数に応じた報酬もある。 スターロード 選手1人のみを操作してシーズンを戦い、チームを優勝へ導く。 7月に、10月に日本一決定戦があるなど、実際のプロ野球を模したものとなっている。 成績によって選手評価が上がり最終評価が「Star」以上であればクリアとなる他、「Top Star」であれば「最強の証明」が発生し、クリアすることで「Legend Star」評価となってボーナスポイントが手に入る。 一定確率でスターチャンス、スーパースターチャンスが発生し、獲得ポイントがそれぞれ倍増、三倍増する。 プロスピパーク 前述の「対決カーニバル」を発展させたイベント。 通常試合を1試合終えると「バッティングチャレンジ」「ストライクピッチチャレンジ」「スマッシュチャレンジ」「バントチャレンジ」「スチールチャレンジ(盗塁)」「フィールディングチャレンジ(守備)」のいずれかがランダムで登場する。 バッティングとピッチングは10球、バントは5球、盗塁は5回、守備は3回以内でノルマに達すればクリアとなる。 バッティングチャレンジでは一定確率で「強敵」が登場し「リアルスピード」で投球する。 スマッシュチャレンジは、フェアグラウンド上に設置された全18枚のパネルを打撃操作で打ち抜くことで得点を得る。 日本縦断!ドリームキャラバン すごろく形式に進み、日本全国8エリアをすべてクリアしていく。 止まるマスによってキャラバンメダルを獲得できたり、調子くんの調子が変化するなどのイベントが発生する他、アイテムを手に入れることもできる。 調子は上がっているほど、大きな目が出やすくなる。 キャラバンメダルを集めることでキャラバンボックスを開封し、ボックス報酬を得ることが出来る。 エリアの最後にいるボスを倒せばエリアクリアとなり、エリアクリア回数によって報酬が得られる。 俺の球場飯!! 試合をプレーすることで様々な食材を集め、集めた食材を合成して「球場飯」を作る。 その際にはその球場飯とコラボレーションしたい選手(シルエット選手除く)を指定し、コラボレーション成功度に合わせてその選手の特訓レベルや特殊能力レベルを上げることが出来る他、作った球場飯の種類数や、作成した際に得られるポイントの累計数に応じて報酬が得られる。 プロスピタワーへの挑戦 通常試合を1試合終えると試合とその試合後に発生する「挑戦」への勝利によって得られるオーブ(Vロード・チャレンジカップ:赤、試練:青、挑戦:黄)を使用して扉を開き塔を登る。 塔の各階には「番人」として選手が登場し、その対決に勝利することで次の階へ進む。 獲得オーブ数・到達階数に応じて報酬を得ることができる。 「挑戦」「番人」との対決では特別ルールが設定されており、それをクリアすることでより多くのオーブを手に入れることができる。 「挑戦」では一定確率で「強敵」が登場する。 巧打の達人 特定の変化球のみを投げるピッチャーと四打席勝負を行う。 初級、中級、上級とに別れておりそれぞれ12人のピッチャーと対戦する。 累計ポイント報酬の他にそれぞれの級のクリア報酬も存在する。 上級をクリアすると「Ex」が解放され、ランダムに対戦相手が決まる。 初開催時は1週間のイベントであったが、開催回数を重ねるごとに難易度が下がっており、現在は短期イベントとなっている。 プロスピフェスタ イベント期間中に通常試合をプレイすると試合終了後にチケットが得られ、そのチケット5枚で1回のくじ引きができる。 1等〜6等があり1等はSランク契約書である。 短期のイベント。 スペシャルミッション デイリーミッションとは別に、ミッションが与えられ、ミッションをすべてクリアすることで、豪華報酬を獲得できる。 主に「試練大開放」と同時に開催され、短期のイベントである。 クイズスタジアム 試合をプレイすることで貯まる挑戦ゲージを消費することで1プレイ5問のクイズに挑戦できる。 獲得ポイントに応じて報酬を得られる他、累計挑戦回数や通算成績によっても報酬を得ることが出来る。 サブイベントとして開催される。 調子くんオンステージ 試合をすることで「観客」を集め、観客が5人集まる度に行われる抽選の結果に応じて報酬が得られる。 観客にはそれぞれ「期待度」が割り当てられており、観客が5人集まった時点での期待度ゲージの値によって報酬のランクが決定される。 累計観客数に応じた累計報酬も存在する。 プロスピラビリンス 『パワプロアプリ』のイベント「死者の迷宮」のプロスピA版。 調子くんを操作してを探索し、最深部にいるボスを倒してクリアを目指す。 ラビリンスには5段階の難易度が存在し、難易度が上がるごとに階層数が変化、到達度に応じて報酬が得られる。 探索中にはゴーストや宝箱に遭遇することで報酬を得ることができる。 ゴーストと遭遇すると「プロスピバトル」が発生し、調子くんのHPが0となる前にゴーストのHPを0にすることで勝利となる。 ゴーストを倒すと探索専用アイテムを得ることができ、探索を有利に進めることが可能。 プロスピバトルに際しては、階層数に応じた人数で編成した野手オーダーを使用。 各階層につき1人の選手を操作する。 プロスピマーケット 期間中に行った試合で獲得した「マニー」を使って、「マーケット」内に用意された様々なアイテムと交換することができる。 また、ストラックアウト形式のミニゲーム「メイクザナンバー」に1日3回まで挑戦することができ、結果に応じて「マニー」を獲得できる。 ランキングイベント [ ] ターニングポイント 試合の中の重要な局面(ターニングポイント)をプレーする。 試合ごとに様々な指令があり、それをクリアすることでポイントを得る。 ステージ1 - 5までが存在し、ステージが上がるごとに獲得ポイント数とクリア難易度が上昇。 また、同じステージ内に「初級」「中級」「上級」と複数の難易度があり、挑戦した難易度に応じて獲得ポイント数が増加する。 一定確率で「超級」が発生する。 全ユーザーランキングイベント。 必勝アリーナ 他のプレイヤーのCPUと対戦してポイントを集め、最終的なポイントの合計に応じた報酬が獲得できる。 一定確率で東・西・南・北の宝玉のうち1つを持ったプレイヤーが現れ、勝利して4つすべて集めると、Ptを大量獲得できる「・極」が出現する。 全ユーザーランキングイベント。 熱闘スタジアム 他のプレイヤーのCPUと対戦してポイントを集め、最終的なポイントの合計に応じた報酬が獲得できる。 スタミナ複数消費が可能となっている。 全ユーザーランキングイベント。 ミリオンマネジメント プレイヤーはとなり、試合を行って資金を調達しながらスカウトや施設強化を行い、資金額でランキングを競う。 ランクの高いスカウトや選手を雇った場合、高額の経費が必要になるため、低ランクのスカウトや選手を雇用するなどして経費を削減する手もある。 全ユーザーランキングイベント。 結成!プロスピ応援団 他のプレイヤーのCPUと対戦してポイントを集め、最終的なポイントの合計に応じた報酬が獲得できる。 また、スピリッツ上昇やステータス強化、イベントボーナス加算などの特殊効果を持つ応援団員を試合での活躍度に応じて応援団に加入させることができ、強力な応援団を結成することでイベントを有利に進めることができる。 スタミナ複数消費が可能となっている。 全ユーザーランキングイベント。 ちなみに本イベントの応援団は各種調子くんを除く、歴代コナミ作品からゲスト出演したキャラクターである。 また、ゲスト出演したキャラのネームプレートも報酬として配布された。 スコアバトル 特定の状況からプレイを開始、クリア条件を満たすことでプレイポイントを獲得し、全ステージ終了時の合計ポイントを競う。 1日に2回までプレイ可能。 ステージは1〜6まであり、各ステージをクリアしたか否かに関わらず次のステージに進むことができる。 プレイにはあらかじめ用意されたイベントオーダーを用いるが、各ステージ開始時に行われる専用スカウトによってオーダーを強化することができる。 参加プレイヤーは赤、白、青、緑のいずれかのグループに所属し、グループ内にてランキングを競う。 また、同一グループ内のプレイヤーの共通のチームミッションが与えられ、達成することで報酬が得られる。 プロスピコロシアム 10チーム(10人のユーザー)で1グループを構成し、指定の試合数の中での成績で争う。 1日6試合を戦い6日間計36試合中に「プレイ選手」を操作して残した成績をグループ内で競う。 「プレイ選手」は第1試合は1番打者、第2試合は2番打者... と1試合毎に打順に応じて変更される。 上位になるつれ豪華になるランキング報酬に加え、試合数をこなすことで得られる累計試合数報酬も存在する。 グループ内ランキングイベント。 プロスピ交流戦 複数チームで1グループを構成し、指定の試合数の中での成績を争うランキングイベント。 6日間の試合を戦いその勝率をグループ内で競う。 試合にはプレイヤーが自ら試合を操作する「ホームゲーム」と相手のプレイ結果が反映される「ビジターゲーム」が存在し、それぞれ1日ごとに同試合数が行われる。 「ホームゲーム」では最大6回の出番が発生する。 グループ内ランキングイベント。 グループには交流戦リーグLv. 1 - Lv. 極までの10段階のランクが存在し、上位の交流戦リーグほどランキング報酬が豪華になる。 出場エントリー時点でのオーダーのチームスピリッツを「マッチングスピリッツ」とし、それが高いほど高ランクの交流戦リーグに所属しやすくなる。 ランキング報酬の他、累計試合数、個人タイトル獲得などでも報酬が得られる。 バッティングトラベラー 『』のイベント「それいけヒキョリくん!」のプロスピAアレンジ版。 1試合につき1度「打者連続3人プレイ」の出番が発生し、無死走者なしの場面から3人の打者操作を連続で行う。 その際に放った打球の飛距離の合計距離及び、自動試合中の打撃結果に基づいて算出された飛距離や試合結果によるボーナスなどを合計したスコアを「移動距離」として世界48都市を巡るマップを移動。 各目的地に到達するごとに累計報酬を獲得することができる。 操作選手の弾道による弾道ボーナスやランダムで発生する投手操作によるボーナスが存在する他、確率で「ストレートマッチ」「スラッガーマッチ」「超スラッガーマッチ」「極スラッガーマッチ」といった特別試合が発生する。 各目的地に到達した次の試合は確定で特別試合となる。 スタミナ複数消費が可能となっている。 ランキングイベント。 ルーレットヒッター かつて『』で開催されていたイベント「ルーレットベース」のプロスピA版。 「アウト」「ヒット」「ツーベース」などの打撃結果のルーレットを回し、3アウトになるまでにどれだけ得点を稼げるかを競う。 打席に入った選手のミート・パワーが高ければアウトの確率は高まるが長打が出やすくなる「打撃ルーレット」、走力が高ければ長打の確率は減るがアウトになりにくくなる「走塁ルーレット」になる。 累計得点数に応じた報酬の他に、1イニング中に挙げた得点数で競う全ユーザーランキングイベントでもある。 長期イベント [ ] プロスピグランプリ グランプリ登場タレント一覧 氏名 備考 第1回 2016年8月は選択不可 2016年8月・9月は選択不可 第2回 岡副麻希 第1回から引き続き登場 伊東紗冶子 第3回 - 第5回 『』スタープ レイヤーモードに登場 1週間のリーグ戦を戦い、最終順位や決勝戦の結果に応じて報酬が得られる。 また、プレイヤーには「秘書」がつき、試合での活躍やプレゼントによって得られるポイント数に応じて秘書の好感度レベルを上げることで、スタミナ補充やアイテム獲得、獲得経験値アップなどの特典を得ることができる。 リーグのランクはルーキー、ミドル、トップの3段階があり、試合の難易度、獲得できるアイテム数、1試合あたりの獲得好感度などが変化する。 実在の女性か「調子くん」を1人選択して秘書として採用できる『プロスピグランプリ』(以下グランプリ)と、秘書が「調子くん」に固定される『 プロスピグランプリ・ミニ』(以下グランプリミニ)の2種類が開催されている。 『グランプリ』は1 - 3ヶ月、『グランプリミニ』は約1ヶ月とその他のイベントに比べ長期に渡って開催されるイベントである。 『グランプリ』では、女性タレントを採用した場合に限り、ミニストーリーが展開される(ポイントやアイテムの獲得には無関係)。 また現在 2020年6月26日〜7月26日 は、第6回目が開催されているが、により、秘書は調子くんのみとなっている。 段位認定戦 「初級の塔」「中級の塔」「上級の塔」「超級の塔」の4つのステージがあり、それぞれに設定された他ユーザーのCPUチームと対戦する。 1日に対戦できる回数が決まっており、1日最大5試合までで、3勝した時点で残り試合数に関わらず1日の挑戦は終了となる。 到達段位数によってスタミナ補充やアイテム獲得、獲得経験値アップなどの特典が得られる。 約1ヶ月間開催の長期イベント。 シナリオプレイ 実際のプロ野球の試合で起こった印象的なシーンをプレイするイベント。 各シナリオにはクリア条件が設定されており、基本的には実際の試合展開を再現することでクリアとなる。 クリア数に応じて報酬を受け取ることができる他、スタミナ補充やアイテム獲得、獲得経験値アップなどの特典が得られる。 約1ヶ月間開催の長期イベント。 極めて印象に残った試合は「特別シナリオ」として、実際の試合展開を完全再現することが条件で、完全再現できなかった場合は失敗となる。 クリアするとエナジーを入手できる。 調子くんの宿題 毎日調子くんから出題される様々な宿題に挑戦し、クリア数に応じて報酬やスタミナ補充やアイテム獲得、獲得経験値アップなどの特典を得ることができる。 宿題(特別ルールと勝利条件)が設定された試合を一日2試合行い、クリアすることで宿題クリアとなる。 試合にはリーグオーダーを使用し、スタミナ、イベントコストなどの消費をせずに試合が行える。 約1ヶ月間開催の長期イベント。 調子くん・ザ・ワールド の各出場国・地域 の代表選手となった調子くんと対決する。 打者操作で調子くんとの10球バッティング対決を行い、打撃結果に基づいたポイントを得てノルマを達成すればクリアとなる。 約1ヶ月間開催の長期イベント。 その他 [ ] 活躍選手予想 期間中に開催される実際のプロ野球の試合で活躍する選手を予想する。 自由に選手を選んでオーダーを作成することができ、そのオーダー内の選手の活躍度合いに応じてポイントが入る。 サブイベントであるが、獲得ポイント数を競うランキングイベントでもある。 ペナントレース、及びの勝敗・スコア予想を行い、予想的中度合いによって報酬が得られる。 キャンペーン [ ] 上記のイベントと合わせて様々なキャンペーンが開催されることもある。 獲得選手経験値1. 8倍(1. 2倍) 試合によって得られる選手経験値が通常の1. 8倍(1. 2倍もある)となる。 特訓成功率1. 5倍 特訓時のトレーナー選手に割り当てられた特訓成功率がそれぞれ1. 5倍となる。 過去のイベント [ ] 名将アリーナ プレイヤーがチームの監督となって試合をプレイする。 出番ごとの選手操作は通常のものとは異なり、打者操作なら「狙い球」「コース予想」「打撃方針」、投手操作なら「球種」「コース」「投球方針」のそれぞれ3項目を選手に指示することで試合の流れが決定する。 対戦相手は他ユーザーのCPUチーム。 試合をすることで獲得できる監督ポイントの累計に基づいて報酬が得られる他、獲得したポイントは「監督ストア」で様々なアイテムと交換することが可能。 2016年5月を最後に開催されていない。 チャンピオンシップ 2016年より開催された大会「パワプロチャンピオンシップス」プロスピA部門の競技イベント。 プレイヤーはあらかじめ用意された選手の中から好きな選手を選びオーダーを作成。 1セット全10ステージの対戦を勝ち進むことを目指し、全クリアまたはプレイ終了までに得られたポイント数を競う。 各ステージの対戦には様々な制約やクリアノルマが設定されており、ステージを進むごとに難易度が上昇する。 ステージをクリアしたかどうかに関わらず次のステージに進むことができる。 1セットにつき3つのライフが与えられており、ステージクリア出来なかった場合はその都度ライフが1つずつ減る。 ライフが0となった場合はその時点でセット終了となる。 大会参加者のみ会場でのエントリー及びプレイが可能なリアル大会と、プロスピA内のイベントとして実装されたオンライン大会が存在する。 2018年1月6日に開催された「パワプロチャンピオンシップス2017」全国決勝大会においては、オンライン大会に参加しているユーザーの中から数名が特別枠としてリアル大会への出場権を得られた。 ただし、2018シーズンのプロスピAのリアル大会が「プロスピファンフェスタ」として「パワプロチャンピオンシップス」から独立し、オンライン予選でリアルタイム対戦に移行に伴い、2017年を最後に開催されていない。 その他 [ ] アイテム [ ] ゲームを進めるにあたって必要なアイテムが存在する。 それぞれ試合やイベント報酬、ログインボーナス、アプリ内課金などで手に入れることができる。 エナジー:本アプリ内における仮想通貨。 主にスカウトに使用する他、スタミナやイベントコストの回復にも使用可能。 コイン:特訓や特殊能力習得などの選手強化に必要となる。 スカウトポイント:ノーマルスカウトに使用する。 Vメダル:Vロード終了後のストーブリーグスカウトに使用。 メダル1枚につき一回スカウトが行われ、選手、エナジー、コインなど様々なアイテムを得られる。 スピメダル:所定の数を集めることで「スピストア」にて様々なアイテムと交換ができる。 アイテムごとに毎月の交換可能数が設定されている。 契約書:選手を獲得するためのもので、イベントの目玉報酬や特定のプレイ達成報酬として贈与されることが多い。 Dランクを除くS、A、B、Cの各ランクごとに存在し、それぞれのランクの選手を手に入れることができる。 また、その他にも様々な種類の契約書が存在する。 ゴールド契約書:Bランク以上確定の契約書。 プレミアムスカウトと同じくBランクが89. 自チーム確定契約書:Dランクを除く各ランクごとに存在し、お気に入りチームに設定している球団の選手のみが登場する• Sランク選択契約書:契約書配布時点の収録Sランク選手全選手の中から1名を選択して獲得することができる。 イベント限定契約書:イベント限定配出の選手のみが登場する契約書。 B - Sランクのものがあり、それぞれ自チーム確定のものもある。 Sランク契約書の補助券:8枚集めることで自動的にSランク契約書と交換される。 特訓コーチ/限界突破コーチ:選手の代わりに選手強化に使用できる強化素材。 B - Sランクがある。 限界突破コーチはそれぞれのランクに対してのみ使用可能。 試練チケット:開催されていない試練を解放できる他、5枚同時に使用することで「試練大解放」を発動できる。 コインと交換することができる。 ユニチケット:所定の枚数を集めることで1回「ユニボックス」を引くことができ、各球団のサードユニフォームを手に入れることができる。 コインとの交換が可能。 Aランク覚醒魂:覚醒可能のAランク選手を覚醒する際に使用。 コインと交換することができる。 印:特殊能力習得の際に使用。 「閃き」「開眼」「真価」の3種。 証、指南、極意書:特殊能力習得の際に使用。 それぞれ「剛力」「俊敏」「技巧」「心」の4種がある。 称号の極意書:称号獲得を一回行うごとに1つ得られるもので、称号獲得する際に使用することで得られる称号を絞り込むことができるサポートアイテム。 その他 [ ] フレンド 50人まで登録できる。 Vロードなどの試合終了画面やリーグのマッチング画面、ユーザーIDによる検索から申請することができ、それを相手が承認することでフレンドとなる。 Vロードなどの試合においてフレンドがキャプテンに設定している選手のスピリッツがチームスピリッツに加算される「助っ人」機能や、「ルーレットヒッター」のルーレットを行いアウトになっても、同時間帯にログインしているフレンドがいるとアウトにならず、もう一度引かせてくれる機能、フレンドの通常オーダー、リーグオーダーとCPで対戦できる練習試合の機能などがある。 ミッション ログイン日数やプレイ実績などゲームを進めていくことで達成できる。 クリアすることでエナジーや契約書など様々なアイテムを手に入れることができる。 常時用意されている通常のミッションの他に1日毎に更新されるデイリーミッションやイベント限定のミッションもある。 ユーザー情報• マイページ 本作におけるメイン画面に当たる。 Vロードやリーグ、開催中のイベント、プレゼントボックス、お知らせなどの各ページに直接アクセスできる他、通常のオーダーの情報が表示される。 画面中央にはキャプテンに指名した選手+通常オーダーに登録している選手からランダムに選ばれた2名の計3名の選手が表示される。 ユーザー名 ゲーム内におけるユーザーの。 10文字以内で自由に設定することができる。 リーグランキングやイベントなどで表示される。 プロフィール プレイヤーレベルや所属リーグなどのプレイヤーステータスや、リーグオーダー、フリーコメント、実績などのユーザーの情報が表示される画面。 ユーザー自信が自由に編集することが出来る。 フレンド申請の際やフレンド一覧、リーグなどのマッチング画面から他ユーザーのプロフィールを閲覧できる。 ユーザーアイコン プレイヤーステータスなどと同時に表示される。 標準実装されている通常アイコンと、イベントやミッションクリアの報酬として配布されるスペシャルアイコンがある。 ユニフォーム 全12球団の最新のホーム/ビジターのユニフォームが収録されている。 設定にて「選択球団のユニフォームで統一」を選択するとオーダーに登録している選手に、実際の所属球団に関わらずお気に入りチームのユニフォームを着用させることもできる(一部侍ジャパンセレクション選手を除く)。 また、Vロードで手に入れることができる「ユニチケット」を使用して「ユニBOX」を解放することで、12球団の特殊ユニフォームを使用できるようになる。 プロ野球情報 実際のプロ野球に関する情報が閲覧できる。 トップニュースの他、順位表や成績一覧、試合速報、試合日程などを見ることができる。 お知らせ イベントやキャンペーン、選手追加、スカウト、アップデート、メンテナンス、不具合等各種情報などに関する運営からの通知が届く。 マイページにお知らせアイコンが表示されており、未読の通知がある場合はアイコンに赤いバッジがつく。 脚注 [ ] 注釈 [ ]• プロ野球選手を360度から撮影し、そのデータを元に3Dモデルデータを作成することで、選手の表情などをよりリアルにゲーム内に再現することができる技術。 前作『プロスピ2015』で初めて導入された。 、、は2020年3月23日~2020年4月21日の間は2019仕様へのアップデートにより一旦収録しない。 2015年度の配信選手については、サービス開始が10月だったことからシリーズの区分は存在しない。 は投手バージョンと野手バージョンそれぞれに設定されていたが、野手バージョンは指名打者としてオーターに登録した場合に限り、投手バージョンも同時に使用することができる。 ただし 、となった調子くんは、の旗ではなく、の旗が描かれている。 出典 [ ]• PR Times 2017年7月24日• コナミデジタルエンタテインメント 2015年9月17日• コナミデジタルエンタテインメント 2016年12月9日• Google Japan Blog 2016年12月8日• 外部リンク [ ]•

次の