郵便局窓口業務。 郵便窓口とゆうゆう窓口の違いで分かる業務内容と利用の便利度

郵便局の窓口業務を辞めたい人に向いている転職先を考えてみました。

郵便局窓口業務

郵便局員とは、おもに郵便物に関わる業務、銀行業務、生命保険業務に携わる仕事です。 郵便物に関わる業務は「日本郵便」として郵便物の集配や配達、はがきや切手の販売を、銀行業務では「ゆうちょ銀行」の窓口業務や口座管理などを、生命保険業務では「かんぽ生命保険」の窓口業務や保険商品の販売・資産運用を担当します。 郵便局員になるには、日本郵政グループの採用試験を受けて、同社へ入社する必要があります。 総合職や一般職など複数の職種で募集されており、入社後には郵便・貯金・保険の3種類の分野で、それぞれ専門知識を生かして働きます。 正社員として採用される形以外にも、アルバイトや契約社員といった雇用形態で働くことも可能です。 平均年収は300万円~400万円程度とされますが、管理職になれば収入アップが期待できること、また福利厚生はしっかりしているため、結婚・出産後の女性も働きやすい職場だといわれています。 郵便局員は、郵便に関わるさまざまな仕事を行います。 以前は窓口ですべての業務を担当していましたが、郵政民営化後は、「日本郵便」「ゆうちょ銀行」「かんぽ生命保険」と3つに分社化されました。 郵便物の集配や配達、はがきや切手の販売を行うのが「日本郵便」、郵便貯金の口座の管理など銀行業務を行うのが「ゆうちょ銀行」、保険商品の販売や資産運用を行うのが「かんぽ生命」です。 郵便局は、1,741すべての市町村に計24,395カ所設置され、日本全国を網羅しインフラ的な役割として重要な役目を果たしています。 民営化後、公務員ではなくなり一般の会社員となりましたが、人々にとって身近な仕事であることや地域に根差した働き方ができることから、今なお人気を集めている仕事です。 郵便局員の就職先・活躍の場 全国各地の郵便局 日本郵政グループでは多くの人が働いていて、職種や担当する業務によって1日のスケジュールは大きく変わります。 ここでは郵便配達員として働いている人を例にご紹介します。 7:30 出社 朝礼では全員で体操をし、健康状態の確認をします。 その後バイクに異常はないか点検をします。 8:30 配達準備 機械で区分できなかった郵便物や書留を配達順に整理し並び変えます。 9:30 午前の配達 安全運転でできるだけ定刻に配達できるよう心がけています。 12:30 帰社・昼食 13:30 配達準備 14:00 午後の配達 16:00 残務整理・事故処理 転居などで住所が変わっていたり、あて先がわからなかったりした人の郵便物などを調べます。 16:15 帰宅 配達料が多い日や繁忙期は残業になることもあります。 郵便局員になるには 日本郵政グループに就職する.

次の

日本郵便とJR東日本、内房線江見駅で郵便局と駅窓口業務の一体運営(2020年7月9日)|BIGLOBEニュース

郵便局窓口業務

郵便局員とは、おもに郵便物に関わる業務、銀行業務、生命保険業務に携わる仕事です。 郵便物に関わる業務は「日本郵便」として郵便物の集配や配達、はがきや切手の販売を、銀行業務では「ゆうちょ銀行」の窓口業務や口座管理などを、生命保険業務では「かんぽ生命保険」の窓口業務や保険商品の販売・資産運用を担当します。 郵便局員になるには、日本郵政グループの採用試験を受けて、同社へ入社する必要があります。 総合職や一般職など複数の職種で募集されており、入社後には郵便・貯金・保険の3種類の分野で、それぞれ専門知識を生かして働きます。 正社員として採用される形以外にも、アルバイトや契約社員といった雇用形態で働くことも可能です。 平均年収は300万円~400万円程度とされますが、管理職になれば収入アップが期待できること、また福利厚生はしっかりしているため、結婚・出産後の女性も働きやすい職場だといわれています。 郵便局員は、郵便に関わるさまざまな仕事を行います。 以前は窓口ですべての業務を担当していましたが、郵政民営化後は、「日本郵便」「ゆうちょ銀行」「かんぽ生命保険」と3つに分社化されました。 郵便物の集配や配達、はがきや切手の販売を行うのが「日本郵便」、郵便貯金の口座の管理など銀行業務を行うのが「ゆうちょ銀行」、保険商品の販売や資産運用を行うのが「かんぽ生命」です。 郵便局は、1,741すべての市町村に計24,395カ所設置され、日本全国を網羅しインフラ的な役割として重要な役目を果たしています。 民営化後、公務員ではなくなり一般の会社員となりましたが、人々にとって身近な仕事であることや地域に根差した働き方ができることから、今なお人気を集めている仕事です。 郵便局員の就職先・活躍の場 全国各地の郵便局 日本郵政グループでは多くの人が働いていて、職種や担当する業務によって1日のスケジュールは大きく変わります。 ここでは郵便配達員として働いている人を例にご紹介します。 7:30 出社 朝礼では全員で体操をし、健康状態の確認をします。 その後バイクに異常はないか点検をします。 8:30 配達準備 機械で区分できなかった郵便物や書留を配達順に整理し並び変えます。 9:30 午前の配達 安全運転でできるだけ定刻に配達できるよう心がけています。 12:30 帰社・昼食 13:30 配達準備 14:00 午後の配達 16:00 残務整理・事故処理 転居などで住所が変わっていたり、あて先がわからなかったりした人の郵便物などを調べます。 16:15 帰宅 配達料が多い日や繁忙期は残業になることもあります。 郵便局員になるには 日本郵政グループに就職する.

次の

郵便局の窓口業務をパートとして働く際に知っておきたいこと

郵便局窓口業務

ゆうゆう窓口の営業時間が短くなったの知っていますか? 以前は、都市部の郵便局はゆうゆう窓口もしくは、通常窓口+ゆうゆう窓口で24時間営業しているところが多かったのですが、2007年に郵政民営化されていこうゆうゆう窓口の営業時間を短縮しているところが増えています。 我が家の近くのゆうゆう窓口も24時間営業をやめていました。 しかも気が付いたのは、当日消印有効の郵便を出しに行こうとした時。 その時は2番目に近いゆうゆう窓口は24時間営業をやっており、なんとか間に合いました。 緊急時のためにも、自分の家の近くの24時間営業のゆうゆう窓口を知っておきたいところ。 そこでこの記事では、全国の24時間営業のゆうゆう窓口をまとめて紹介します。 保管郵便物(不在持ち帰りや局留)の受け渡し• 早朝や深夜の通常窓口対応時間外 or 通常の窓口がない郵便局での郵便物の差出しや切手・はがき類、収入印紙の販売 などを行なっている窓口のことです。 どの郵便局にもある訳ではないので、お近くの郵便局にゆうゆう窓口が設置されているかは以下のリンクからご確認ください。 ゆうゆう窓口の取扱業務 基本的には、通常窓口の郵便業務一般を取り扱っているが一部取り扱ってないサービスもある。 ゆうゆう窓口で取り扱っている主な業務• 通常郵便物・速達郵便物差出し・書留郵便物差出し• 切手、収入印紙等の販売• 電子郵便(レタックス)• ゆうパック チルドゆうパックを含む• 国際郵便物(航空郵便物及び国際スピード郵便物)• 保管郵便物・不在留置郵便物・本人限定受取郵便物(基本型 [1])の受取(特定事項伝達型の本人限定受取郵便物の交付を含む)• 支店への申請・届出の受付• 私書箱の設置 ゆうゆう窓口で取り扱っていない主な業務• くじ付郵便はがき・切手(お年玉付郵便はがき・年賀切手やかもめ〜る)の景品交換• 年末年始はゆうゆう窓口は開いているの? ゆうゆう窓口は年中無休です。 ちなみに、郵便局の通常窓口は毎年12月30日~翌年1月3日までが年末年始休業となります。 まとめ この記事では、24時間対応のゆうゆう窓口とゆうゆう窓口の業務内容について紹介してきました。 お急ぎの郵便がある時の参考にしてみてください。

次の