しゅり じょう 沖縄 火災 原因。 首里城の火災原因は中学生?焚火の後始末が原因?ユーチューバーか?

「首里城燃やしたの僕です」 犯人自称の不謹慎YouTuberは「ほっとくしかない」のだろうか: J

しゅり じょう 沖縄 火災 原因

気になるところから読む• 首里城火災は放火?犯人は誰? 【速報】首里城火災 10月31日午前2時41分に首里城の警備員から首里城で火災が発生しているとの通報があり、午前6時現在でもまだ延焼中のようです。 那覇消防局より南殿、北殿などを含めた計7棟を焼失して、午後1時半ごろに鎮火したとの発表がありました。 首里城では10月27日より首里城祭が開催されており、30日夜も関係者が準備などの作業をされていたと言われています。 現在のところ出火の原因についてはわかっていませんが、 出火時間が午前2時40分ごろだったことや、燃え方があまりにも激しいことなどからネットでは「放火だ」とする見方をしている人が大多数となっています。 首里城火災の出火原因については『』の記事でもまとめていますので是非一緒にチェックしてみてくださいね! さらに「放火犯は中学生」「外国人が火をつけた」とする情報や、「自分が犯人だ」と名乗り出るYouTuberまで現れる事態となっており、情報は錯綜しています。 出火原因については現在も調査中であり、今回の火災が「放火だ」と裏づけるものは今のところありません。 出火元は正殿の可能性が高いと言われていますが、その他については新しい情報がわかり次第追記したいと思います。 スポンサーリンク 首里城周辺で不審者情報はあった? 首里城火災、火元は正殿か 付近で未明まで祭りの作業 那覇署によると、正殿が火元の可能性が高いとみられるが、署は不審者の情報もないことから放火などの事件性は低いとみている。 — 朝日新聞デジタル編集部 asahicom 首里城火災で警察は 不審者情報の聞き込みも実施しているとの情報がありました。 現場には監視カメラも設置していたとのことですが、今のところ不審者に関する情報はなく、放火などの事件性は低いとみられています。 放火でない場合、火災が起こる原因としては漏電などが考えられますね。 不審者情報についても現在調査中ですので、何か新しい情報がわかりましたら追記したいと思います! 首里城火災による祭りの中止については『』の記事でもまとめていますので是非一緒にチェックしてみてくださいね! スポンサーリンク 首里城と金閣寺火災との共通点や動機を調査! 今回の首里城の火事は、1950年の金閣寺炎上に匹敵する国家的損失だな。 あのときは坊主の放火が原因だったけど、さて今回はどうしてこうなったのか…。 — タカタ社長 PRESIDENTTAKATA 首里城での火災発生のニュースを受け、過去に金閣寺で発生した火災との関連性にも注目が集まっているようです。 金閣寺で発生した火災とは、1950年7月2日に起こった 金閣寺放火事件のことですね。 事件の犯人は当時21歳だった林承賢という 金閣寺の見習い僧侶でした。 犯人は放火して逃走後、薬物・切腹自殺をはかりますが救命処置により一命を取り止めます。 犯人の母親は警察の取り調べからの帰路で列車から保津峡に飛び降りて自殺。 京都地裁により懲役7年を言い渡された後、服役中に結核と統合失調症が進行したため26歳で病死しています。 この事件はその後、三島由紀夫『金閣寺』や、水上勉『五番町夕霧楼』『金閣炎上』などの題材となり、修行僧が放火をした動機にはさまざまな解釈がなされています。 世間を騒がせたかった• 社会への復讐のため• 自分の吃音や不幸な生い立ちに対して金閣における美の憧れと反感を抱いて放火した(三島由紀夫)• 寺のあり方、仏教のあり方に対する矛盾により美の象徴である金閣を放火した(水上勉) さらに首里城と金閣寺の共通点については、• 首里城(跡)も金閣寺も世界文化遺産に認定されている• 歴史の中で何度も焼失・再建を繰り返している• 見た目が美しく観光客からの人気が高い• 焼失による国家的損失の甚大さ などが挙げられますね。 これらの共通点から、金閣寺での放火事件と関連づけて 「首里城も放火されたのではないか」とする見方が広がっているようです。 火元や放火かどうかについては警察や消防の捜査によりいずれわかると思いますので、発表を待ちたいと思います! スポンサーリンク まとめ 今回は、首里城火災の放火犯人や不審者、また金閣寺放火事件との共通点についてご紹介しました。 首里城火災に関しては、現在「犯人は中学生」「外国人が火をつけた」などさまざまな情報が拡散されていますが、 放火であることを裏付ける証拠はでていません。 現場には防犯カメラが設置されていましたが、今のところ 不審者の目撃情報はないようです。 同じく世界遺産で1950年に焼失した金閣寺では修行僧が放火したことが明らかになっていますが、この事件との関連性についても不明となっています。 追加の情報については警察や消防からの発表を待ち、こちらに追記させていただきます。 首里城火災の出火原因については『』の記事でもまとめていますので是非一緒にチェックしてみてくださいね! 最後までお読みいただきありがとうございました!.

次の

首里城(しゅりじょう) 琉球王国の象徴

しゅり じょう 沖縄 火災 原因

富士山滑落事故後も「生きてます」 動画は1分30秒ほどで、室内に置いたカメラの前に座る男性が顔出しで喋り続ける内容。 「先ほどニュース入ったと思うんですけど、沖縄の首里城が火災になったということで、それを実際にやってしまったのが、僕ですね。 本当に申し訳ないです。 僕の不注意で、タバコを吸っていたんですけど、あの、まあそれがね、近くの森に移って、それがさらに首里城に移って、みたいな感じで、大事な建造物、首里城を燃やしてしまった」。 表情や声のトーンは全体的に暗く、時折険しい顔も見せる。 この男性が火災の「犯人」である可能性は限りなく低い。 YouTubeチャンネルの概要欄には「ほぼ毎日、炎上動画をアップしています」と自ら書いており、投稿動画内でも「炎上系YouTuber」だと名乗ったことがある。 10月29日には、富士山を登る様子をライブ配信していた男性が滑落し安否不明となった28日の事故を受けて「富士山から滑落した、ニコ生配信者」を名乗り「無事生きてます」との動画を投稿している。 だが、滑落した男性自身が過去にツイッターでアップしていた写真とは顔が明らかに異なる。 こうしたYouTubeの運用の仕方から、今回「不謹慎すぎるわ」「再生数稼ぎの炎上目的ですか?」「県民はすごく傷ついてるのに、それを利用してデマを流したり、火をつけたのは俺だとか言ってYouTubeで動画出して再生数稼ぎしてる奴がいたり、なんでそんなことができるのか... 」といった声がツイッターでも相次いだ。 本人の望んでいた通り?まさに炎上騒ぎになると、30日午後に動画は削除。 編集部で確認できた限り1万2000回以上再生された。 高評価数約50に対し、低評価数は約2500。 広告は表示されていなかった。 「反応しないことが一番の『罰』でしょう」 ITジャーナリストの井上トシユキ氏は、「深く考えて動画を投稿しているわけではないと思います。 例えるなら、学校でクラスの話題になってやろう、というくらいの発想しかないと思います。 ネットで炎上してある意味の『人気者』になろうという」と、今回のような動画投稿者の思考を推察する。 「台風19号では川の濁流を泳ぐ動画がSNSに投稿されて問題視されましたが、結果として注目はされました。 それと同様で、今回の火災に乗じて、『犯人は僕です』と言ったら炎上するだろうと考えた。 でもどれくらい炎上するかは全く考えていない。 削除したのは、想像していたのと炎上の規模が違ったのでしょう。 でもこれも、家族や知り合いに怒られちゃうという程度の心理。 短絡でしかないと思います」 ツイッターなどでも、彼を批判することで、結果としてYouTube動画を拡散するユーザーがいた。 「『世直し』したい人たちですよね。 彼らも再生数稼ぎに加担することまでは考えない。 『けしからんから罰を与えてやろう、懲らしめてやろう』くらいの考えだったと思います」と井上氏。 今回のような動画への「対処方法」をあえて聞いてみた。 「『犯人は私です』と発信してしまう人なんて滅多にいません。 そういう極めてレアな人まで捕まえて怒っていると、『あ、こういうことやったら怒られて炎上してまた有名になる』と思わせ、負の連鎖が起きてしまいます。 『増水した川に行ってみた』みたいな動画だと、子どもがマネして身の危険が及ぶおそれもあります。 そういう場合にリスクを考えて『けしからん』と言うのは、分からなくありません。 しかし実害がないのであれば、無視した方がいいですよね」 そのうえで「ほっとくしかない。 反応しないことが一番の『罰』でしょう」と話している。

次の

首里城の火災原因は中学生?焚火の後始末が原因?ユーチューバーか?

しゅり じょう 沖縄 火災 原因

「Getty Images」より 10月31日午前2時40分頃、沖縄県の世界遺産・首里城で火災が発生した。 那覇署によると、正殿から煙が出ていることを目撃した警備員が通報したという。 通報から約8時間後に鎮火されたが、正殿から延焼して北殿、南殿など6棟約4200平方メートルをほぼ全焼している。 けが人はいなかった。 31日明け方から、複数のテレビ局が首里城火災を報道。 しかし全容がわからぬ中での放送となり、激しく燃え盛る首里城や消火活動の様子を中継した『あさチャン』(TBS系)では、不確かな情報が流れた。 スタジオの夏目三久アナが出火原因について質問すると、現地リポーターは「近隣住民によると(首里城の)近くで焚火をしていた中学生がいたという情報もある。 情報の確認が急がれます」「夜の12時前後に(焚火を)見たという話も」「正殿の裏手に公園があるんですが、その付近で(焚火を)見たという、あくまで近くの人のお話がありました」と伝えた。 だが出火原因の特定を急ぐことで誤解を与えかねない報道姿勢には注意が必要だ。 他方、『とくダネ』(フジテレビ系)では、天井裏の電気が漏電したことが原因の可能性があるとも伝えている。 深夜に火の手が上がってからほんの数時間しか経っておらず、出火原因はまだ特定されていない。 にもかかわらず、ネットでは憶測やあからさまなデマが飛び交い、混乱をきたしている。 」と題した動画を投稿。 悪質なデマであることは明白だが、混乱を招く恐れがある。 動画コメント欄には「不謹慎」「嘘だとしても許されない」「偽計業務妨害罪で捕まってほしい」などと批判が寄せられている。 世間の関心の高い事件や人物についてまとめる「トレンドブログ」がこうした声を取り上げることで、偏見やヘイトが拡散されることを危惧する声もある。 現在、Googleの検索窓に「首里城」「放火」と入れると、「韓国人」「中国人」「在日」といったキーワードがサジェストされてしまう状況だ。 無根拠なヘイトやデマの拡散に加担せず、明らかなデマをまき散らしているアカウントについては通報を試みるなど、冷静な対応に努めてほしい。

次の