求人サイト 法務。 法務(リーダークラス)(ID:865)|管理部門・士業のための求人サイトMS Jobs

|法務・コンプライアンス担当|法務・パラリーガル・弁理士・知的財産の転職・求人情報なら「法務求人.jp」|C&R リーガル・エージェンシー社

求人サイト 法務

法務の仕事を探している方必見です! 法務の求人を探す方法としてオススメなのが転職エージェントの活用です。 法務業務に特化した求人を探す事ができるのはもちろん、様々な業界・職種に精通した経験豊富なコンサルタントが求職者の立場になってサポートしてくれるのも大変心強いです。 例えば、リクルートグループが運営するは、 法務関連の求人も数多く扱っていますので、まず登録しておくのが得策です。 法務スタッフは今後ますますニーズが高まると言われています。 これまでの法務業務の経験を活かして更にステップアップしたい方、法学部で得た法務の知識をもとに実務に就きたい方、今がチャンスです。 法務の求人にも強い!転職サイトランキング! サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 【リクルートエージェントのお勧めポイント】• 法務業務も多数有。 無料 全国 株式会社マイナビ 【マイナビエージェントのお勧めポイント】• 管理部門向けの転職相談会も随時実施。 他のサイトにはない求人に巡り合える可能性大。 情報収集への注力ぶりがわかる。 無料 全国 株式会社インテリジェンス 【DODAのお勧めポイント】• 法務の求人は勿論、法務専用の職務経歴書サンプルも入手可能。 女性のキャリアアップも積極的にサポート。 総務系の個別相談会なども有り、無料で参加可能。 法務業務の役割と求人の探し方は? 世の中には色々な仕事がありますが、その中でもあまり目立たないながらも企業全体を支える縁の下の力持ちとして知られているのが法務と呼ばれる部署で行われる業務だそうです。 法務業務は企業に関係する契約などが法を遵守しているかどうかを確認し、問題が発生した場合は定められた法律を元に対策を講じたり、法令違反をさせないためのルール作りを行ったりと様々な形で行われており、 いずれの業務も企業を健全な状態で運営するための環境づくりに大きく貢献しています。 そういった法務業務に興味を持つ方は多く、新卒から転職まで実に様々な形で求人を探しているそうです。 法務として働くためには当然ながら法律に関する知識を学ぶ必要があります。 そのためほとんどの方は大学で法律について学んでおり、それらの知識を活かせる職場を良く探しているそうです。 中には大学を卒業してから法律事務所などで事務として働きながらこつこつ勉強して司法書士などの資格を取ってから転職と言う形で一般企業の法務で働いていると言う方もいるそうで、同じ法務求人を探していると言うだけでも非常に多くの人を集める事が出来るくらい法務の求人に注目している方の多さが分かります。 法務の業務内容は基本的には法的トラブルの対応ということになります。 その方法には様々な種類があり、はじめからトラブルが起きないように契約を締結する前に契約書の内容をチェックして必要なら条項などを加えるなど今後起こりえるトラブルを回避するための方法を実践する予防法務や、トラブルが発生したときその原因を辿り、そこから裁判などの法的対応を提案して問題を解決する臨床法務、企業の経営に関する法律事務を行って企業の意思決定をサポートする戦略法務といった方法を用いて大きなトラブルに発生しないように努力を続けているそうです。 更に企業ごとに細かく業務内容は変化するのでより詳しい情報を知りたいときは就職したいと思える求人を見つけたときにじっくり調べてみましょう。 法務への就職や転職を行うときは求人の探し方について考える事が一番重要です。 法務の求人は様々な求人サイトなどで公開されており、それらを可能な限り多くチェックして一番自分が働きたいと思える求人を見つける事が出来なければ満足いく形で働くことは出来ないでしょう。 少しでも多くの求人をチェックしたいと言う方は是非一度数ある求人サイトをチェックしてみて一番理想に近いと思えるような求人を探してみてください。

次の

法務・知財におすすめ転職エージェント・転職サイト28社比較ランキング

求人サイト 法務

企業経営における法務戦略の重要性は加速度的に高まっています。 拡大するニーズに対して、そのソリューションを担い、戦略・戦術の成否を握る「人材」は、最適なマッチングが行われることによって最大効果を発揮します。 LCCは従来の人材紹介業の枠組みにとらわれず、求人・求職双方の依頼者に対して「オーダーメイド」で質の高いサービスを提供するために、2004年10月に設立された人材エージェントです。 通常の人材エージェントのように、取り扱い案件の一覧を掲出したりはいたしません。 まずは、求職者の方のご希望やご要望を承ってから、一緒に考えて、ご提案をさせていただくことが、「LCC Way」だからです。 「こんな人材が欲しい」「こんな企業・法律事務所で活躍したい」「こんなキャリアを身につけたい」・・・LCCでは法務領域の人材を巡る全てのご要望にお応えし、社会に貢献して行きたいと願っております。 少しでもご関心をいただけたようであれば、是非、LCCにアクセスしてみてください。 ご連絡をお待ちいたしております。 採用希望の方へ 「法務のプロ」による、詳細で的確なマッチング LCCのコンサルタントは、全員が企業での法務・知財部門の実務経験を豊富に有しています。 候補者の適性やキャリアの指向性などを的確に把握することができるため、他のエージェントでは得られない、高品質のマッチング・サービスをご提供します。 ブティック型エージェントならではの、きめ細かさ 質の高いエージェント・サービスを行う上では、求職者サイドと求人サイドを同一のコンサルタントが担当することが必須です。 大手エージェントでは、当然と言えるこの機能が確保できません。 法務・知財に特化した「ブティック型」のエージェントならではの、丁寧できめ細かなサービスが、LCCの特徴です。 LCCのコンサルタントは、全員が法務・知財部門での実務およびマネジメントの経験を豊富に有しています。 「経験者だからこそわかる」「経験者でなければわからない」当該分野のキャリアについて、詳細なアドバイスをご提供します。 富山県出身 東京大学工学部卒 1988年、株式会社リクルート入社。 リクルートや同社子会社において新規事業企画や事業化、財務などを担当。 1996年、株式会社リクルート人材センター(現 株式会社リクルート・エージェント)に転籍。 事業推進のマネジメントと、自らもコンサルタントとして活躍。 2002年、独立して三井エグゼクティヴサーチ開業。 2003年、知財流通・コンサル会社IPトレーディング・ジャパン社にて知財領域での」人材ビジネスの立ち上げを担当。 2004年、株式会社LCC設立。 同社代表取締役就任。 2005年、株式会社トランスサイエンス・キャリア(現 株式会社ビジネスキャリア・イノベーション)設立、同社代表取締役就任。 LCCは、従来の人材紹介業の枠組みにとらわれず、求人・求職双方の依頼者に対して「オーダーメイド」で質の高いサービスを提供する新しい人材エージェントです。 通常の人材エージェントのように、取り扱い案件の一覧を掲出したりはいたしません。 まずは、求職者の方のご希望やご要望を承ってから、一緒に考えて、ご提案いたします。 また、専門知識を持った人材を必要とされる、組織、企業様の採用活動の支援も事業と致しております。 お寄せいただく個人情報や、顧客企業・事務所様の情報の取り扱いに関しては細心の注意を払い、皆様にご信頼いただけるよう、以下のとおり個人情報保護方針を規定し、その履行に努めます。 本サイトは、株式会社LCCが運営をしており、本サイトでは皆様の許可なく第三者に個人を特定できる情報提供をすることは一切ございません。 1.収集する個人情報に関して.

次の

法務・コンプライアンスの転職・求人情報

求人サイト 法務

ページコンテンツ• 法務・知財で年収アップ転職におすすめの転職エージェント 法務・知財で年収アップするための転職先の選び方 法務として年収アップ転職するなら、ベンチャーや中小企業より 大手上場企業、日本企業より 外資系企業がおすすめです。 より平均年収が高い企業に転職することで、同じ仕事内容でも年収が100~200万円上がることもあります。 また、金融業界など 年収の高い業界や、 管理職ポジションを目指せる会社に転職することで年収アップ転職も可能です。 法務・知財での年収アップ転職はハイクラス転職エージェントがおすすめ 法務の分野でキャリアを積んでいて、今後も同じ分野でキャリアアップを考えている人は、 法務特化型の弁護士ドットコムキャリア、もしくはJACリクルートメントやビズリーチなど ハイキャリア専門の転職エージェントがおすすめです。 特化型のエージェントは業界内に独自のネットワークを持っていて、 キャリアアップと年収アップをかなえる独占求人を保有しています。 ハイキャリア専門の転職エージェントでは 非公開の法務管理職や高収入の外資系の求人がみつかります。 JACリクルートメント JACリクルートメントは、外資系企業やハイクラス層、法務や財務といった管理部門の職種の転職に強い転職エージェントです。 全体の約60%は非公開求人で、 求人の質の高さとエージェントのフォローの手厚さに定評があります。 年収1000万以上の非公開のハイキャリア求人もあり、 語学スキルのある法務パーソンは登録しておきたいエージェントです。 法務・知財から異業種転職におすすめの転職エージェント 法務・知財から異業種転職しやすい転職先 法務から異業種に転職するなら、 事業会社の経営企画や、 コンサルティングファームなど、法務での経験を生かせる職種が年収アップも狙えるのでおすすめです。 法律事務所への転職を考える人もいますが、収入が下がるケースが多く、事務所の先生と相性が悪いと仕事を続けるのが難しくなるケースもあります。 法務・知財からの異業種転職は大手エージェントがおすすめ 法務や知財のキャリアを中断し全く別の業種に転職する場合は、転職先で大幅に年収を下げない工夫が必要です。 リクルートエージェントやdodaなど、多くの業界の求人を扱っている総合型の大手エージェントには、 異業種転職のノウハウが蓄積されています。 経験豊富なコンサルタントのフォローをもらうことで、スキルと経験を活かして 年収をキープできる転職をかなえる可能性が高くなります。 リクルートエージェント リクルートエージェントは、国内最大の転職エージェントです。 あらゆる業界・業種の転職実績があり、 法務や財務といった管理部門の求人も豊富です。 法律の分野では 企業法務の求人が特に充実しており、全国の転職に対応しています。 対応している年齢層やキャリア層も広く、第二新卒からシニア世代、これから法務の仕事を目指す未経験者から、経験豊富なハイキャリアまで転職のサポートをおこなっています。 法務・知財への未経験転職におすすめの転職エージェント 法務職を必要としている会社は増えている 経験者を求める企業は多いのですが、企業の海外進出やコンプライアンス意識の高まりによってどこの企業でも 法務分野を強化する動きがあります。 ベンチャー企業や中小企業でも法務職を新たに採用するところが増えています。 積極的に法科大学院卒生など未経験者を採用する企業も増えていますので、自分のキャリアに合った求人を選んで転職を成功させましょう。 法務・知財の中で未経験転職しやすい求人の選び方 未経験転職しやすい求人は、法務だけでなく 法務以外の業務も兼ねている求人です。 例えば総務部門が法務も兼ねている場合、法務の経験が無くてもマネジメント経験などをアピールすれば採用されやすいです。 また、 法務アシスタントなら未経験者でも受け入れている企業が多いです。 法務・知財への未経験転職はサポートが充実したエージェントがおすすめ 法務や知財の転職では実務経験が何より重視されます。 法務の仕事の経験がない転職希望者は、転職活動をうまく進めるために コンサルタントのサポートの質を重視して転職エージェントを選びましょう。 パソナキャリアは、求人数では大手よりもやや見劣りがしますが、 良質な求人が揃っています。 なにより大手よりも担当のコンサルタントから転職サポートが手厚いため、未経験者の転職におすすめです。 パソナキャリア パソナキャリアは サポート力が高いと評判のエージェントです。 常時全国40,000件以上の幅広い業界・職種の求人には、パソナキャリア独自の高収入・ハイクラスの非公開案件や40代以上のミドル層求人も豊富に保有しています。 履歴書や職務経歴書の添削を始め、面接対策などのサポートも充実しているため時間のない方の転職活動も安心です。 面接対策など転職活動のサポートが充実していますので、未経験転職に最適のエージェントです。 法務・知財向け転職エージェントおすすめランキング【28社比較】 法務・知財向け転職エージェントおすすめランキング• リクルートエージェント 常時全国40,000件以上の幅広い業界・職種の求人には、パソナキャリア独自の高収入・ハイクラスの非公開案件や40代以上のミドル層求人も豊富に保有しています。 履歴書や職務経歴書の添削を始め、面接対策などのサポートも充実しているため時間のない方の転職活動も安心です。 キャリアが浅い人に対しても親身にサポートしてもらえ 2019-20年と利用者の満足度は連続No. 1です。 法務・知財向け転職エージェント・転職サイト28社の比較表 転職サイト・エージェント レビュー 国内最大の転職エージェントで転職実績ナンバーワン。 大手・優良企業の求人が見つかり、管理部門の転職実績も豊富。 管理・専門職・外資系に強い転職エージェント。 35歳以上やハイキャリア層の転職に力を入れている。 専門分野の転職実績が高い総合型転職エージェント。 独占求人が多く、求人の質の良さとサポートの手厚さに定評がある。 総合型転職エージェント。 転職フォローに力を入れていて、20~30代の転職支援に強い。 転職がはじめての人におすすめ。 国内大手の転職エージェント。 求人情報の多さが圧倒的。 幅広い年代・職種の転職の実績がある。 専門職・管理職・ハイキャリア向けの会員制転職サイト。 スカウト機能がある。 機能によって一部利用者に費用負担がある。 法務や人事、経理など管理部門に特化した転職エージェント。 ミドル以降の転職に強い。 管理分野に特化した正社員・紹介予定派遣の求人サイト。 弁護士や企業法務の求人も豊富。 99%が非公開求人。 弁護士等法務人材を対象にした転職エージェント。 ポータルサイト「弁護士ドットコム」の運営会社が母体。 独自の非公開求人も多数。 弁護士・法務人材・司法修習生・法科大学院修了生向けの転職エージェント。 企業法務や未経験者向けの求人も見つかる。 法務分野に特化した転職エージェント。 若手からミドル層の転職に強い。 利用者満足度97. 弁護士・弁理士など士業に特化した転職エージェント500社以上の士業系事務所の求人を扱う。 法務、弁護士、コンプライアンス、弁理士、知的財産分野の転職支援をおこなう転職エージェント。 非公開求人多数でスピード感のある対応が魅力。 弁護士専門の転職エージェント。 求人企業数約350社。 企業内弁護士の求人が豊富。 法律事務所と企業法務に特化した転職サイト。 正社員からアルバイトまでさまざまな雇用体系の求人をカバーし、未経験者の求人が探しやすい。 日本弁護士連合会が運営する求人情報サービス。 求人を検索し、自分で応募するスタイル。 弁護士と修習生向けの求人が掲載されている。 弁護士・法律分野に専門特化した転職エージェント。 グローバル求人多数。 エグゼクティブ求人にも対応。 セミナー等イベントが盛ん。 弁護士・企業法務領域専門の転職エージェント。 コンサルタント全員が法務・知財部門の実務経験がある。 求職者サイドと求人サイドを同一のコンサルタントが担当するスタイル。 法務・コンプライアンス業界に特化した転職情報サイト。 20~30代向けの求人が多め。 「企業法務ナビ」を運営している。 法務実務経験があるキャリアコンサルタントが在籍。 20~30代の転職に強い正社員専門の転職エージェント。 転職カウンセラーが法人営業も兼ねていて、ミスマッチが起こりにくい。 独占求人多数。 金融・コンサル業界に特化した転職エージェン。 経営幹部や法務職など管理部門の転職の実績も高い。 金融とコンサルタンティング業界に特化した転職エージェント。 「監査・コンプライアンス」部門で法務の求人あり。 外資系やグローバル求人多数。 30~40代を対象とする転職エージェント。 全国に対応し求人数が多い。 年収1000万クラスのプロフェッショナル求人コーナーがある。 外資系企業・グローバル企業に強い転職エージェント。 管理部門の求人も豊富。 関西地域の求人に強い。 キャリアカウンセラーが企業担当を兼務している。 外資系の転職に強い転職エージェント。 ハイクラス求人が得意で管理部門の求人が充実。 外資系や日系グローバル企業専門の転職エージェント。 チームを組んで求職者をサポートするのが特徴。 語学スキルが必要な法務求人が充実。 外資系企業に特化した転職エージェント。 ミドルからハイクラスまでの転職が得意。 大企業の求人が多い。 グローバル人材のための転職エージェント。 スペシャリストの転職に特化して、専門分野に精通したアドバイザーが支援を行う。

次の