一台のパソコンで複数のiphone。 【解説】1台のパソコンで2台以上のiPhone・iPadを同期する方法【iTunesの使用方法】

1台のパソコン内のiTunesで複数のiPhoneを管理する方法

一台のパソコンで複数のiphone

スマホを機種変更する際に最も面倒な作業が データの以降です。 iPhoneはほぼ全てのデータが iTunesで簡単にバックアップ&復元できるのでとっても便利です。 先日書いたこちらの記事「」も、けっこうなアクセスを頂いております。 少しはみなさんのお役に立てましたでしょうか。 さて、上記エントリーの方法で簡単にバックアップ&復元ができますが、それは1台の話です。 iPhoneのバックアップ&復元にはパソコンが必須で、しかも1台のパソコンに対して1台のiPhoneという少々不便な仕様になっているんですね。 そこで今回は、世間的にあまり知られていない、 1台のパソコンで複数のiPhoneを管理する方法を説明しようと思います。 iTunesをインストールする 言わずもがな、何はともあれまずはiTunesをインストールしてください。 詳しくは「」。 WindowsVistaのパソコンでは「なぜかできない」ので、こちらからどうぞ == Windows VistaのパソコンではiTunesのインストールができなくなりました。 つまり、 Windows Vistaのパソコンでは、iPhoneのバックアップと復元ができないということです。 == 既にインストール済の方は、必ず 最新版のiTunesにアップデートしておいてくださいね。 iTunesは繊細なので、1つでもバージョンが違うと上手に事が進みません。 新しいiTunesライブラリを作成する まずは 新しいiTunesライブラリを作成しましょう。 シフトキー(Shift)押しながらiTunesのアイコンをダブルクリックして起動させてください。 この画面が出てきたら成功です。 ライブラリを作成を選択してください。 新規iTunesライブラリ作成の画面に移行しますので、任意のフォルダ名で作成しましょう。 後から見た時にわかりやすいほうが良いですね。 たったこれだけで作成完了です。 次回からこのライブラリを起動させる場合は、最初と同じくシフトキーを押しながらiTunesを起動させ、 ライブラリを選択をクリックしてください。 itl)を開いて下さい。 これで作成したiTunesライブラリを開くことができます。 環境設定を変更しておく 新しく作成したライブラリの環境設定を2箇所だけ変更しておきましょう。 まずは一般のタグを選び ライブラリ名を変更しておきましょう。 これで今後間違えることがなくなります。 続いて詳細タグを選びましょう。 上から2番目の 「 ライブラリへの追加時にファイルを[iTunes Media]フォルダにコピーする」のチェックを外して下さい。 チェックを外すことでCDを取り込んだ際に、他のライブラリとの干渉をなくすことができます。 以上で環境設定は完了です。 iPhoneを繋いで同期させましょう。 バックアップ&復元はもちろんのこと、同じパソコンを使いながら、自分の好きな音楽だけをiPhoneに入れる(同期する)ことも可能です。 iPhoneライフがますます楽しくなることうけあいですね! 是非おためしください。 かおるやでしたUo・ェ・oU 今日のランチは出前館でソースカツ丼を頼みました。 楽ちん美味い!.

次の

【解説】1台のパソコンで2台以上のiPhone・iPadを同期する方法【iTunesの使用方法】

一台のパソコンで複数のiphone

家族の分のiPhoneバックアップをとりたいけどPCは1台しかないという場合、どうしていますか? Apple社は一台のパソコンで複数のiPhoneを利用する方法として複数のユーザーアカウントを作成したり、別個のiTunesライブラリを作成する方法を案内しています。 でもバックアップするのにわざわざアカウントを作成するのも面倒ですね。 かといって、一つの iTunesで複数のデバイスをバックアップすると以下のような問題が起こる可能性があります。 バックアップ後、リストアする際に 連絡先などのデータが混ざった• 複数のiTunesやアカウントを作ると切り替えが面倒だし、 PCの容量を占有• リストアする際にどのデータをリストアすればいいのか分からない• iTunesの不慮の同期のため データが消えた• バックアップ容量が大きいため エラーが出てバックアップできない 普段iTunesを使っていないのに、バックアップのためにiTunesをインストール、訳も分からず使ったらデータが消えたということ話は実際耳にします。 またiTunesはPCのCドライブにバックアップを作成するため、Cドライブに十分な空き容量がないとエラーが出てしまいます。 CopyTrans Shelbeeを使うと任意のフォルダを作って、そこにバックアップすることができます。 家族やデバイス毎にフォルダをつくれば、 データを別々に管理できるので、間違うこともなく安心です。 また同期によってデータが消えることもありません。 この記事では複数のiPhoneをバックアップする方法を説明します:• 複数のiPhoneやiPadをバックアップする簡単な方法• CopyTrans Shelbeeを下記のボタンをクリックして、ダウンロードし、実行します。 複数のiPhone、iPadをパソコンに接続すると左上のプルダウンにパソコンに表示されるので、バックアップするデバイスを選択します。 「バックアップ」>「フルバックアップ」 を選択します。 保存先フォルダを選択します。 デフォルトではiTunesのバックアップと同じ場所(Cドライブ)になります。 青い鉛筆のアイコンをクリックすると出来ます。 保存先を選択し、「開始」をクリックします。 バックアップが成功の画面が出たら、バックアップ時期の通知を有効にしたい・したくない場合、「通知をオン」あるいは「後で」をクリックしてください。 これでバックアップが完了しました。 詳細のバックアップと復元の手順は、「」を参考してください。 おすすめ関連記事• 複数のiPhoneの音楽を個別のiTunesライブラリにバックアップ 一般に1つのWindowsユーザーアカウントには、たった一つのiTunesライブラリを使用できます。 しかし複数のiPhoneを持つ場合や、家族全員が同じWindowsユーザーアカウントを使う場合は、iPhoneのコンテンツを分けて管理するため、複数のiTunesライブラリを切り替えて使えます。 1台のパソコンで複数のデバイスの音楽を管理するため、複数のiTunesライブラリが作成されています。 その状況では各iPhoneの音楽を適切なライブラリにバックアップするため、どうすればいいですか? iPhoneの音楽をバックアップにはCopyTransというプログラムを使えます。 CopyTransはiOSデバイスからiTunes又はパソコンのフォルダに曲を転送するソフトです。 そのプログラムを使えば、音楽自体だけでなく、トラックの情報(アルバム、再生回数、レートなど)も保存されます。 その上、CopyTransで音楽を適切なライブラリへ移行できます。 2台のiPhone(iPhone1とiPhone2)の音楽をiTunesの個別のライブラリに転送する手順:• iPhoneとiTunesが同期してしまわないように、iPhoneがパソコンに接続していたら、接続を外します。 適切のiTunesライブラリを選択します。 Shiftキーを押しながらiTunesのショートカットをダブルクリックします。 「ライブラリを選択…」をクリックします。 iPhone1のライブラリを選択し、「開く」をクリックします。 重要:iTunesを終了します。 CopyTransをこちらからダウンロードし、インストールします。 インストール方法はにあります。 CopyTransを実行し、iPhone1をパソコンに接続します。 すべての曲を転送するには、iTunesのアイコンをクリックします。 複数の項目を転送したい場合は、「クラシックモード」に進んで、マニュアルバックアップを選択し、転送したい項目を選びます。 そして「iTunes」というボタンをクリックします。 iPhone2の曲をバックアップするには、iTunesライブラリを切り替えします。 iPhone2を使って手順を最初からやり直します。 これで各iPhoneの音楽は適切なiTunesライブラリにコピーされます。 おすすめ関連記事• iTunes経由で複数のiPhoneやiPadをバックアップする方法 それでもiTunesを使用したい方のために、iTunesで複数のiPhoneをバックアップする方法を説明したいと思います。 iTunesを使って1台のPCでiPhoneを2台バックアップするには、複数のユーザーアカウントを作成しなければなりません。 iTunesで別のiPhoneをバックアップするため、最初は別のWindowsユーザーアカウントを作成します。 Windows 10 の場合:• スタート > 設定 >「アカウント」の順にクリックします。 出てきたタブで「家族とその他のユーザー」を選択し、「他のユーザー」欄から「その他のユーザーをこのPCに追加」をクリックします。 そして「このユーザーはどのようにサインインしますか?」が表示されると、「このユーザーのサインイン情報がありません」をクリックします。 次に「Microsoftアカウントを持たないユーザーを追加する」を押します。 ユーザー名、パスワード、パスワードのヒント、またはセキュリティの質問を選択して「次へ」をクリックします。 Windows 8 の場合:• 画面右下隅をポイントし、マウスポインターを上方向へ移動させます。 チャームが表示されると、設定 をクリックします。 設定で「PC設定の変更」をクリックします。 「アカウント」>「その他のアカウント」>「アカウントを追加する」の順にクリックします。 次は「Microsoftアカウントを使わずにサインインする」>「ローカルアカウント」を選択します。 ユーザー名、パスワード、パスワードのヒントを入力して、「次へ」をクリックします。 追加したアカウントが表示されたら、「完了」をクリックします。 Windows 7 の場合:• スタート >「コントロールパネル」の順にクリックします。 コントロールパネルのタブが表示されたら、「ユーザーアカウントの追加または削除」をクリックします。 「新しいアカウントの作成」を選択します。 ユーザーアカウント名を入力し、「標準ユーザー」または「管理者」をクリックして「アカウントの作成」をクリックします。 既存のアカウントからログアウトし、新しく作成したユーザーアカウントに切り替えます。 手順はWindowsのバージョンによって違います。 ー ー ー• iTunesを実行します。 iPhoneをPCに接続し、同期を行います。 同期が完了したら、プログラムを閉じます。 またWindowsユーザーアカウントの切り替えをします。 iTunesを実行し、別のiPhoneを同期します。 人はそれぞれ自分のユーザーアカウントを持っていたら、自分の好きな設定とiTunesライブラリーを作成できます。 それにバックアップを混乱なしに保管できます。 さいごに 不慮の事態に備えて、普段からiPhoneのバックアップは行っておいた方がいいですよ。 写真や連絡先など大切なデータは、なくなってからでは手遅れです。 せっかくバックアップを取っていても、他のiPhoneのデータをリストアしては大変です。 機種変後バックアップから復元したら母親のiPhoneの連絡先が入っていたなんて話は実際にあります。 家族のiPhoneをバックアップするなら簡単で、分かりやすい方法が一番ですね。 そんな時はCopyTrans Shelbeeをぜひお使いください。 音楽バックアップについては、iTunesを使ってバックアップされません。 その上iTunesと同期したら、iPhoneの音楽が上書きされます。 iPhoneの音楽をiTunesに転送したいときは、CopyTransを使用してください。 音楽やiCloudのデータなどを含めて全てのiPhoneのコンテンツをバックアップ又は管理するため、CopyTrans 7 Packを使えます。 3480円だけで無制限にiPhoneを管理できます。 データ双方転送、バックアップ・復元、データ整理などをスムーズに行うソフトです。

次の

一台のパソコン(iTunes)で複数のiPhoneを利用する時に注意する事

一台のパソコンで複数のiphone

何も設定せずに、一台のパソコン iTunes で家族の複数のiPhoneを接続してはいけない 一台のパソコン(iTunes)に複数のiPhoneを接続してアプリなどを同期することは、実は、何も設定せずに、いとも簡単にできてしまします。 でも、このいとも簡単に複数のiPhoneが接続同期できてしまうことがちょっとした落とし穴なんです。 何も設定せずに複数のiPhoneをiTunesに接続してはいけない理由 なぜ、何も設定せずに複数のiPhoneを一台のパソコン(iTunes)に接続してはいけないかというと、理由は以下のようになるからです。 みんな同じiPhoneになってしまう可能性が大 iTunesで管理されているアプリや音楽やムービーなどは、パソコンのハードディスク内のライブラリーというフォルダー(箱みたいなものと思ってください)に保存管理されています。 何も設定せずに同期すると、ご家族のiPhoneがみんな同じアプリのiPhoneになる可能性が大なのです。 バックアップデータを誤って削除してしまう可能性が大 家にはWiFi環境があるので、iPhoneのバックアップだけ一台のパソコンで行っている場合、最悪、ご家族の誤った操作で大事なバックアップデータが削除される可能性があります。 バックアップデータにパスワードを設定していない場合には、最悪、お子さんがお父さんのバックアップデータを誤って復元してしますなんてことも可能性があります。 複数のiPhoneを一つのiTunesで接続同期するにはユーザーアカウントを分ける 複数のiPhoneを一台のパソコン(iTunes)で接続同期する方法で、iPhone初心者の方にお勧めする方法は、パソコンのユーザーアカウントをご家族分作くる方法です。 パソコンのユーザーアカウントを作らずに、iTunes上で、ライブラリーを家族分作くる方法もありますが、iTunes上だけのライブラリー分けだと、どうしても、同期する際に、ライブラリー指定をやり忘れたり、間違ったりする可能性があるので、アイフォンビギナーズとしては、お勧めしません。 どうしても、パソコンのユーザーアカウントを作るのがいやという人は、iTunesのライブラリー分けの方法をご覧ください。 iPhone毎に、パソコンのユーザーアカウントを作る カテゴリーメニューリスト•

次の