ジミン 名言。 【夢を叶える名言集】BTS(防弾少年団)

ジナン(ikon)タトゥーの数がスゴい?西野カナとの関係なども

ジミン 名言

あにょはせよ〜! バンタンことは、デビュー時はテレビ出演もままならないほどでしたが、今では1位を獲得するほどのと人気を誇ります。 そんなはかなりの努力家集団でも知られていて、心を動かす名言が本当にたくさんあります。 蕾から開花した花が時間とともに満開になりまた散っていくという、花と人生(年華)をかけた言葉で、「人生で最も美しい瞬間」を表す。 「兄さん」みたいなニュアンス。 RM キム ナムジュン ・背が高くなると影も大きくなる。 でもまた背を小さくして影を小さくしようとは思わない。 ・僕達がARMYのペンです。 ・この宇宙がますます広く大きくなっていくとしても、僕達の心の距離が遠ざかるとは思わないで欲しいです。 ・世界中のARMYの皆さん、僕達の美しい翼で2017年も飛んでいきましょう。 ・は僕の履歴書の1番最初の行なんです。 履歴書を書いたことはないけど、出身、所属、これが僕のスタートです。 どこにいても僕の名前の前につくのためにこれからも頑張ります。 ・答えがなくても探し続け、そこで何かを学ぼうとすること。 それが僕の人生なんじゃないかと思います。 ・僕達と皆さんは結局、勝つと思います。 誰も知らないうちに、ごく自然に。 ・音楽は言葉の上にあると思います。 ・一人よりも一緒に、一緒によりもそばに。 ・誰かが夢を実現したら、それはもう一つの夢になる。 僕はそんな人間でありたい。 皆さんの夢でありたい。 ・みんなみんな生きよう。 どうせならカッコよく。 ・愛される資格があるというのは、結局たくさん愛してあげられる人ってことなんじゃないかな。 ・あなたたちはもっと輝いています。 僕達はもっと輝きます。 素足のように。 ・僕達が嫌いなら仕方ないけど、これからもっと良くなりますから、広い心で見守って頂ければ、必ず僕達を好きになります。 ダメだったら仕方ないけど。 ・僕達のファンでいてくれてありがとうございます。 僕達も皆さんのファンです。 皆さんが耐えている寂しさと戦い人生を黙々と応援するファンです。 舞台の裏で、長時間、音符と音楽でファンレターを送ります。 その音を読んでください。 言葉に出来なくても、たとえ音楽で全部出来なかったとしても、目で、心で、皆さんを応援しています。 ・不幸だと感じる人々の中からちょっと離れると、幸せはすぐにある。 ・多くのことが移り変わって流れて行き、時間も流れていきます。 変化は悲しくもあるけれど…でも僕はお年寄りのシワほどこの世でかっこいいものはないと思っています。 だから僕達が大切だと思うことを必ず守っていきますので、信じて欲しいし一緒に生きて行きながらかっこよく歳をとっていきたいと思います。 ・は特別なものじゃなく、ARMYに初めて会った時がのはじまりだと思います ・照明がこんなに明るいです。 たまに照明の重さを実感します。 ・にとってARMYは灰色です。 灰色は全てを含んでいると思います。 ・疲れても、少し我慢して走っていこう。 人々が想像出来ないそれのために。 ・世界のARMYの皆さん、これを言うのを忘れていたのですが、僕達はこの全てを当然だとは思っていません。 本当に感謝しています。 ・僕達の存在そのものが作品になれば、それが一番です。 最終的にというグループとその歴史が一つの作品になるのが夢です。 ・きっと息が切れそうな青春も、何も考えられずに走る青春も、燃え上がる青春もあります。 今の結果は多くの方が僕の話に、歌に、ダンスに真剣に答えてくれていることなんだと感じます。 ・僕は最近「木漏れ日」という言葉を覚えました。 この木漏れ日という言葉のように、ARMYという大きな木を照らし、一つ一つ木の葉の間できらめく光になりたいです。 いつも皆さんが僕を照らしてくれるようになりたいです。 ・信頼は思いになり、思いは言葉になり、言葉は行動になり、行動は習慣になり、習慣は価値になり、価値は運命になる。 ・世界平和のために車には乗っていません。 ・皆さんがいないは無意味です。 ・十分だ、十分だけど十分だからもっと頑張れる。 きっとこれぐらいが僕たちの終わりではない。 僕たちはもっと前に進むだろう。 ・Runの時にやっと 自分たちの音楽を 誰も聴いてくれなかったらどうしようって悩まなくてもいいんだと思えた。 その瞬間が何より幸せだった。 ・プロに言い訳はいりません。 押し迫る悩みや不安の中から新たに何かを創造するのがやるべき事であり仕事です。 変えれる物は変え、変えられない物は変えなくていい。 出来る事をやればいい。 迷わず進め ・僕たちがどこにいようと、とARMYは同じ言葉ですよね?違うように聞こえても、 ARMYと言うと同じ言葉が見えます。 そしてどうか自分自身を疑わないで、できる限り僕たちの夢を追いかけましょう JIN キム ソクジン ・美味しく食べれば0カロリー ・人生は食事 ・ARMYは僕の全て ・ここにいるみなさんは僕の宝物です。 ・嬉しい涙は熱いんです。 温かいんじゃなくて熱い。 ・皆のおかげで、生まれてきて良かったって本当に思うようになった。 ・一つ我慢すれば二つ得ることが出来る。 二つ我慢すれば四つも得ることが出来る。 だから僕はその時まで黙々と頑張り続けるだけ。 ・とにかく毎日を無駄にしないこと。 ・として大きな夢はあるが個人的にはメンバーたちとずっと良い公演をしたい。 一緒にやっていきたい。 ・僕が幸せであることが重要だと思う。 なんで僕がいつもふざけてワーワー言って笑っているかというと、それはみんなが笑ってくれるから。 笑ってくれることは大事なんだよ。 僕が幸せになるためにみんなを利用するんだ。 みんなを笑わせて僕を笑わせるんだよ。 誰かが君を見て幸せになれるんだったら、君も幸せなんだよ。 ・これからも本当に頑張るだろうけど、あなたのその頑張りは僕が知っているから。 あなた自身の頑張りはあなただけ知ってればいいよ。 ・長男であることを口実に、上からものをいって弟たちを叱りたくない。 RMとSUGAがどっしりとしたヒョンとしての役割を果たしてくれているから、僕はもうちょっと軽くて明るい雰囲気を作ってあげたい。 ・学生時代、お母さんの友達が息子の自慢話をすると、黙々と聞いていました。 だから、お母さんに息子自慢をさせたいって思ったんです。 おかげで良いステージを見せる事が出来て感謝しています。 お父さんお母さん愛しています。 ・人は重力で立てるけど恋に落ちた時、重力がなく浮く感覚になるって言った人がいる。 ARMYがいるから僕は、いつも浮いている感覚なんだよ。 ものすごく幸せ。 みんなをもっと愛していくよ。 仕事も努力する。 みんなも僕らの周りで浮かんでいてね。 ・ARMYの薬指は僕のものです。 ・世の中のすべてのことは疲れて当然だ。 その時間が今ではないことを祈りたい SUGA ミン ユンギ ・僕達は決して才能に溢れたグループではないです。 ですが努力する才能はあるかもしれない。 ・夢をずっと追いかける大人でいられたらいいな。 ・青春はいつも、いつもです。 ・ナムジュンの隣にいるといつも死と隣り合わせ。 ・テヒョンやジョングクの顔を好きになって初めてを聞き、どんどん好きになってペンになってくれれば、顔から入っても構わない ・好きな女に1番かっこいいって思われたらそれで充分でしょ。 ・信じてついてきて。 これから良い音楽を思いっきり聞かせるから。 ・これが自分の道か?違うのか?って悩む時は自分が本当にやりたい事なのか?って考えればいい。 ・美味しいものは高カロリー ・誰かを愛するのに期間は重要じゃない。 ・親しくなったからこそリスペクトが大切。 ・音楽を愛し、この人生を愛す。 ・もっと努力して世界の皆さんに愛されるグループになりたいです。 ・夢がなくても大丈夫です。 夢がないこともあります。 幸せならいいんです。 ・年齢や性別、国籍や宗教は重要なことじゃない。 ・いい人になりたい。 でも、どうしたら全ての人にとっていい人になることが出来るだろう。 これは僕の欲です。 少なくとも、正直な人間。 嘘をつかない人間でありたい。 だから僕は、これまで書いた歌詞のように生きたいんです。 10年、20年が過ぎても、この歌詞に堂々とできるように。 ・始まりがあれば終わりがあるものだと考えている。 個人的に僕の人生で一生忘れないような良いアルバムだけど、一箇所に溜まっているとその水は腐ってしまうんだと思う。 ''を美しく見送れるほど、もっといい音楽とコンセプトを持って戻る予定。 ・賞をとれることはありがたい。 だけど、公演をたくさんしたい。 こんな表現ができるアーティストだと証明したい。 ・もし悪い話を聞いたあとに"もうやめる"という風な態度を見せたら、音楽を長くやっていけそうにないと思う。 これはこっちの仕事では重要な部分だと思う。 ・この世界ではどれだけ痩せているかを美の基準にする。 でも地球の反対側では食べ物が足りずに餓死で死んでいく人がいる。 そっち側にもっと関心を持つ必要があると思いませんか? ・音楽というのは不思議なものです。 音楽を始めた小学校6年生頃から、周囲からあれだけ反対されたのに、今はこんなに好きでいてくれる方たちが多くなったというのが僕には祝福だと思います。 間違ったことを証明するのが趣味のシュガじゃないですか。 ・くじけるということ、ということは、結局失敗につながるので、克服するためには今まで以上に集中して、1から繰り返し努力するしかないと思います。 ・僕は昔、たくさん悪口を言われた。 「お前はダメだ」「お前はラップをしちゃダメな奴だ」だけど、今はすべて楽に話せる。 そんな悪口をすべてくつがえし、できるという事を証明しながらここまで来た。 つまり、ずっと見せ続けていけば、そういった考えは変わるから。 ・どちらにせよ音楽は、作った人が判断するのではなく、聴く人が判断するもの。 ・まだ若いし、現状に満足してはならないと思う。 もうちょっと自分の限界がどこなのか知りたいです。 今が自分の限界なら、少し悲しいです。 僕は、音楽も世の中の全てのことが階段式だと諦めずにただやっているうちにいつの間にか、また一段階段を上がっているのではないかと思います。 ・すぐそばで僕らの1番の力でいてくれて本当にありがとう。 僕たちが幸せな時、悲しい時、欲深い時、そして、もう諦めたい時、いつも僕たちの傍にいてくれる。 皆がいたから、一歩一歩前に進めたんだ。 愛しています。 ・僕達は常に山を登っていると思います。 この山を…。 山を超えたら山があって、また山を超えたら山があって。 でも、いつもその裏で皆さんが僕達を支えてくれています。 頂上に登れるように。 人はそうじゃないですか。 頂上に登ると上の景色だけ眺めて、後ろから支えてくれる人を忘れるんです。 しかし僕達は、いつも僕達の後ろから支えてくれているのではなく、ARMYの皆さんと一緒に手を握って登っていくという考えで1日1日を生きています。 そしてその道が全てだったと信じています。 いつもそばで応援して下さり、いつもそばで手を握って一緒に登っていただき、とても感謝しているし愛していると言いたいです。 愛しています。 J-HOPE チョン ホソク ・僕が頑張れる唯一の理由はARMYの存在です。 ・どこかで自慢してください!のファンですって。 ・僕にとっては心臓。 なくてはならないです。 僕を動かす原動力がですから。 ・「練習は誰よりも長く、誰よりも濃く」が僕達のルール。 ・や動画を見てイメージしていたと違うって思われたくない。 ・愛に距離なんて重要じゃない。 ・男は野獣。 ・女の価値はそばにいる男によって決まるもの。 ・1歩進むための1歩後退。 ・咲く時はバラのように、舞う時は桜のように、散る時はのように。 ・たとえどんなに辛くとも、愛されることはまるで中毒のよう。 朝、目が覚めればまた、早くステージを見せたいと思う。 ・僕らが出来ることは、「ベストを尽くすこと」と「努力」の2つだけだと思います。 僕らも人間なので、デビュー前と今では身体的な面でまったく同じではいられません。 それでも、デビュー当時の感じでいられるようベストを尽くし、共に努力して練習するんです。 ・自分を信じてください。 そして、前に進んでください。 それがまさに、成功への第一歩です。 ・本当にできるのなら、世界の多くの人達に、そしてファン達に、僕達の音楽をお聞かせしてそして感動を与えられるそんなアーティストに絶対なりたい。 ・プレゼントの中ではファンが書いてくれた手紙が一番印象的です。 もらった時はなんでこれを選んだのかなって。 手紙には自分の話があるじゃないですか。 読んでいると時間が経つのも気づかないくらい。 ありきたりだと思うかもしれないけど、すごく嬉しいです。 ・練習生の時にメンバー別に踊って、それを撮って一つ一つ研究しました。 あるメンバーはで倒れて、僕はアザが出来ちゃって血を抜いたり。 そんな努力の過程があったから、デビューショーケースの時が1番記憶に残っています。 JIMIN パク ジミン ・僕がARMYの皆さんをどんなに好きか心の中を見せてあげたい、本当に。 ・メンバーの存在が僕を突き動かす。 ・僕の人生は音楽です。 ・誰もいない空間に来た感じがして。 初めてダンスを好きになった時と似ています。 ステージは僕にとって癒やしであり、僕だけの世界。 ・今でも、僕はすごく成功したいとは思っていません。 僕は自分自身がじれったい。 なんでできないんだろう。 早く上手く出来そうなのに目標をクリアできない。 ある程度できたと思ってもよく考えるとそのままだったり。 以前はこのせいで本当に辛かった。 僕はなんでやればやるほどできないんだろう?才能は本当に必要なんだな、僕は才能が無いんだなと思った。 だから練習を必死でやった。 才能が無いならただひたすらやろう!!と。 ・ARMYがいて防弾がいる、防弾がいてARMYがいる。 ・僕にとってARMYが。 ARMYは僕の宝物。 ・この7人が出会ったからここまで来られたと思うし、1人では本当に孤独で辛い道のりだと思うのですが、メンバーが一緒にいたから幸せな時間が多かったです。 ・目標があって、それが本当にやりたいことなら必ず乗り越えられる。 辛い時は、自分にとって何が重要かを考えて。 ・いつも笑っていたい。 いつも笑えるように 本当に心から笑えることばかりがあったらいいな。 ・歌手という職業はたくさんの人達に感動を与えられて、たくさんのことを感じさせる事が出来る職業だと思います。 そんな素敵な仕事をしているという事で胸がいっぱいになりました。 ・ステージの上で歌っていたらファンがある紙を見せてくれたんですが、歌の歌詞と"私たちと一生一緒に歩いていこう"というメッセージが書いてありました。 3千人を超えるファンがその紙を持っていて本当にすごく光栄でした。 その時の感動は言葉にできません。 ・ARMYが僕たちの歌を聴いて幸せになってくれる瞬間が一番幸せ。 ・皆さんが僕達のことを誇りに思ってくださるのは、つまりそのまま僕達の誇りなんです。 ・世界でまぶしく輝くグループになりたい。 だからこそステージで最高のパフォーマンスを見せるために努力し続けられたし、もし最初から「やってもダメだ」と思ってやっていたら、パフォーマンスを届けるグループとは言えないと思います。 ・ARMYの皆さんがそばにいるだけで力がわくということを知って欲しいです。 ・J-HOPE「ジミン、今青いパンツが見えましたよ!」JIMIN「あぁ!コンビニで買いました!」 ・幽霊は大丈夫だよ、仲良くなればいいんだから。 ・時計とカレンダーと体重計は優しい嘘を覚えて欲しい。 ・血汗涙を流したのに、緑色で出てきちゃった BSTのメイキングにて V キム テヒョン ・今までの人生で僕の体から出てきた水分のほとんどが汗だと言っても過言ではありません。 ・振り返ってみて、大変だったあの日々も僕にとって大切なものだったと思えるようになりました。 ・音楽で世界にセンセーションを起こしたい。 ・アイドルにルールは、必要ないです。 アイドルも普通の人みたいなのが良いです。 ・Your love became my life. 英語のインタビューにて ・You are my everything. ・おいしく食べてこそ太らない。 ・僕はお母さんから生まれる前はお父さんの中にいた。 ・V「僕バイトやったことあるよ!牛乳配達のバイト!小学校の時に給食の時間」J-HOPE「それ係」 ・ラッキー。 僕の人生に二度とないチャンスです。 になっていなかったら、僕は今頃農業をやっていたかも知れません。 おばあちゃんと一緒に田んぼを耕していたんじゃないですかね。 ・僕はになれて、みんなのことを笑顔にできて幸せです。 ・ARMYたちが笑ってくれるじゃないですか?それだけでとてもうれしくなります。 ・もし初めて僕のV LIVEを見ている人がいたとしても、その人ももうARMYだから大丈夫です。 ・いつも僕達がどのような木に大きく成長するのか見守ってくれているARMYの皆さん、綺麗に育って美味しい果実を一つあげます。 ・「僕たちが助けることはできない。 でも、お前の力になることはできる。 」僕はそれが本当に一番大きい慰めになったんです。 ・デビューしたころは何もわからなくて、ただ言われたとおりに頑張ることしかできなかったです。 今は自分で意味を把握して、考えながらやっています。 ・僕のこと、普段は無邪気でいたずら好きと思うけど、女性を守る時はドキッとすると思いますよ!だって男だから。 ・大丈夫って自分に言い聞かせていたら辛さもいつの間にか消えています。 ・失敗することも、倒れることも、挫折することもあります。 当たり前のことです。 たくさん失敗したり倒れたり挫折しても諦めないでください。 やめたいとおもっても立ち上がってください。 自分を信じられないなら、自分を信じてくれる人の為にも。 ・僕はただメンバーだけを見てやっていきます。 メンバーたちがやろうって言ったら何でもやります。 必ずそばにいてくれますよね?それでいいんです。 ・は僕の人生において最初で最後のチームです。 ・誰よりも傷付き幸せに生きてください。 どんな人生であろうと、素敵な風景の階段だけ登ってください。 ・皆さん、紫色の意味をご存知ですか。 赤、オレンジ、黄色、緑、水色、青、紫の紫が最後の色ですよね。 紫は相手を信じてお互い長年、愛し合おうという意味です。 はい、僕が今作りました。 ・同じ空の下に生まれて、同じ場所を見つめています。 いつか僕達きっと一緒に月を見ましょう。 で有名な言葉です。 ・僕は何度生まれ変わっても同じ道を進みます。 僕の幸せはARMYのみんなと生きることだから。 ARMYにいま、会いに行きます。 ・昨日より多く、明日より少なく愛します。 ・否定よりも肯定をした方がいい日が多くなると思います。 ・メンバーみんなで幸せに生きたい。 もっと高い所を目指すより、今より少し低い位置にいてもいいからみんなで笑いながら幸せに音楽を続けられたらいい JUNGKOOK チョン ジョングク ・ヒョンのものは僕のもの、僕のものは僕のもの。 ・回数や時間で言うとですか?そういうことを気にしていたら、とてもじゃないけどできないです。 ・予想することは出来ないけれど、努力し続ければきっと何かが得られるでしょう。 ・ヒョンが辛いと僕も辛い。 ・大賞を取った時に流した涙は全然恥ずかしくなかった。 ・ARMYは僕にとって。 僕はがないと生きていけないんだ。 ・ARMYに会ってきたから気分いいに決まってるでしょ。 ・僕はいつもこの場所にいます。 ARMYが会いたい時はいつでも来て、離れなければならない時、離れたい時は、離れて大丈夫です。 でも、これだけは覚えていてください。 僕はいつもこの場所にいるということを。 ・僕が1番幸せな時は、やりたい事がうまくいって面白い時。 僕が1番悲しい時は、やりたい事がうまくいかない時。 ・人生がわかるのは逆境のとき ・2016年苦労した自分に一言で「いや、お前はもっと苦労すべきである。 僕はお前に絶対にお疲れって言えない。 お前はもっと苦労しなければならない。 これが本当の僕の言葉。 」 ・練習生の時に、本当に足りない部分が多かったんだけど、ヒョンたちがたくさんのことを教えてくれて、助けてくれた。 頑張ってついていきたいと考えられるように、いつもカッコいい姿を見せてくれる。 ヒョンたちに感謝している。 ヒョンたちに追いつく日まで頑張る。 ・僕は誰かの大きな存在になりたいですし、皆さんの永遠のアーティストになりたいです。 だから絶対皆さんを離せないんです。 遠ざかっていくと僕がまた近づいていくから。 その方法なんて分からないし、通じるかも分からないけど、離さないように頑張る。 ・僕の声で皆さんを感動させる歌手になりたくて、また皆さんが堂々と誇りをもって、恥ずかしがることなくのファンだと言えるように、素敵な歌手になろうと誓いました。 ・困難なことを乗り越えてより素敵な人になれることを願ってます。 少しでも幸せなことを見つけてください。 ・JK「僕は熱い男だ。

次の

BTSジミンの魅力と泣けるエピソード(ジョングク、テテとの友情)【防弾少年団,バンタン,K

ジミン 名言

この記事では、のシリーズについて考察をまとめていきたいと思います。 を知るにあたって、たくさんの方の素敵な考察や日本語訳を拝見させていただきました。 はまだ完成していないコンテンツのため、どれが正解というわけではありませんし、いずれは答え合わせが来るのではないかと思いますが、今について知りたい方に向けて、一つの参考になれば幸いです。 さて、私がの考察を見るにあたって、考察を読むだけでは理解できないことが多くありましたので、初めて見た方向けに考察を見るにあたっての前提についてお話しておきます。 まず、シリーズのテーマは「青春」です。 ミュージックビデオ一つ一つが映像作品になっています。 通してみることでストーリー性が深まり、たくさんの伏線があります。 ただのミュージックビデオではないところが凄い! そして以降完全にネタバレです。 [注意] ・3月に出版された「 THE NOTES 1」 ・LINE漫画で公開されている「Pt. 0<SAVE ME>」 ・公開されている「 THE NOTE」 以上を参考にしており、 盛大にネタバレしていますので未読の方はご注意ください。 シリーズとは シリーズとは が2015年に発売したミニアルバム「Pt. 1」から始まり「Pt. 2」「 Young Forever」まで続くシリーズもののアルバムです。 上記に書いた通り、公開されているMV全てにストーリーがあり、それらは繋がっていると考えていいでしょう。 伏線があるため色々な考察をされています。 それを紐解いて行きたいと思います。 前提 MV まずに関連するMVは以下のMVになります。 I NEED U RUN Prologue Highlight Reel 基本的にはこの5つと考えていいかと思います。 もう一つ「Young Forever」のMVもあるので、それも最後に補足として書きたいと思います。 MVは全て繋がっているとお話致しましたが、一体どのように繋がっているのか。 の考察を考えるに当たって、時系列と順番がとても大事になります。 しかし、これがとても難しいです。 今一概にこれであると決定づけることは難しいため、一つ一つMVとNoteを振り返っていきたいと思います。 ではまず、今後の考察にあたって大前提として知っておかなければならないことがありますので、先にその説明をしていきます。 におけるペア まず、には主なペアがあります。 いくつかMVを見ていると二人でのシーンが多いと感じるかと思うのですが、のシリーズではペアがあり、それぞれ ・ジョングクとユンギ ・ナムジュンとテヒョン ・ジミンとホソク です。 RUNがわかりやすいですね。 一方、のようにソクジンは一人のシーンが多いです。 では 何故ソクジンは一人のシーンが多いのか? それがもう一つの前提になります。 そして物語を語る上で最も大事なことです。 ソクジンについて ソクジンだけ一人のシーンが多いのは、のMVが分かりやすいかと思います。 では6人それぞれの悲しいシーンがある中、ソクジンだけは少し様子が違います。 ソクジンは一人、部屋で百合の花を手向け、涙をしています。 彼らの不幸を知っているからです。 ではそれは何故か。 ソクジンはをしています。 Noteや漫画から、ソクジンがをしていることは確定しています。 MVの中でも描かれているシーンもあります。 例えば、Highlight ReelのMV中に2度訪れる8月30日。 倒れていた花瓶をまるで倒れることを知っていたかのように受け止めるシーンが印象的ですね。 またナレーションでも気になる台詞がありますね。 「時間を戻すことが出来るなら 僕たちはどこに戻るだろうか。 その場所にたどり着いたら 全ての間違いと過ちを正し 幸せになることができるのか。 」 過去をやり直す能力をソクジンは持っていました。 何故持っていたのか、何故過去をやり直そうと思ったのか、全て明かされているわけではありません。 分かっていることは、 ソクジンは皆を不幸から救う為にをしていること。 そしてこれが非常に重要となります。 今後ソクジンはをしている前提で考察をしていきたいと思います。 それぞれの過去 続いて、大切となってくるのがそれぞれの過去です。 ではそれぞれの悲しい過去や、辛い経験がダイレクトに描写されています。 皆が皆、違った苦悩を抱えています。 のMVではそれぞれの抱える問題が描かれており、ショッキングなシーンもありますね。 MVの中で分かりやすく描かれていますが、それだけでは足りない部分もありますので、Noteの内容も含めて記述していきたいと思います。 ナムジュンの過去 ナムジュンは父母弟の4人家族でした。 父が病で働くことが出来無かったこともあり、ナムジュンの家庭はとても貧困でした。 母だけの稼ぎでは食べていくことができず、ナムジュンは中学生の頃から内緒で働きに出ていました。 ナムジュンが高校生になる頃には母が仕事をやめ、とうとう父の薬代や家の水道代を払うことが出来なくなり、一家は家をでなくてはいけなくなります。 ナムジュンは皆に別れも告げず、高校を辞め家族で田舎に引っ越します。 中卒だったナムジュンの働き場所は少なかったですが、一家を養う為に同じような境遇の子達が働く宅配 バイクでの出前 のアルバイトをしていました。 金を稼いでは父を病院に連れていき、生きていくために必死でした。 季節が過ぎ、冬。 危険な雪道の宅配帰り。 タイヤが滑り、ナムジュンのバイクは転倒してしまいました。 幸い大怪我にはならず、バイクも無事でした。 その後の配達も自分が行くつもりでしたが、店に戻ると父が怪我をしたと電話が入り、病院に連れていかなくてはいけなくなりました。 冬の宅配は危険な為、夏に比べてやりたがる子がいません。 冬の宅配は本当に貧しい家庭の人間しかしない為、いつもナムジュンともう1人の男しかいませんでした。 ナムジュンはいつもどちらが配達に行くか競っていたその男に、店のバイクの鍵を渡します。 電話が入る直前、男はナムジュンに「頼みがある」と切り出しました。 しかしその直後に電話が鳴ったため、ナムジュンは男の話を聞くことはありませんでした。 病院からの帰り、ナムジュンは男がバイクで転倒し死亡したことを知ります。 男の運転の不手際という事になっていましたが、ナムジュンは街の人の会話で気づいてしまいます。 男が転倒したのは直前に自分がバイクで転倒した場所でした。 雪が溶けるように自分が巻いたと、転倒して撒き散らしたままにしてしまった落ち葉。 もし、自分が彼の頼みを聞いていれば何か変わっただろうか。 もし、次の配達も自分が行っていれば死んでいたのは自分だったのだろうか。 事故の後、ナムジュンの罪悪感と安堵は行き場をなくしていました。 自分は一体どうすればよかったのか。 そうしてこれから、どうして行けばいいというのか。 そんな時、ナムジュンはふと父の言葉を思い出しました。 病院の帰り、父がナムジュンに言いました。 「ナムジュン、行け。 お前だけでも生きるんだ」 家族を捨てられなかったナムジュンは、父の言葉にずっと聞こえない振りをしていました。 その言葉を思い出したナムジュンは、バスに乗り込み、一人皆で過ごした街に帰ります。 その後のナムジュンはガソリンスタンドでアルバイトをしながら、線路にあるコンテナの中で住んでいます。 に出てきた皆が登っていたコンテナや、RUNの最初にナムジュンが出てきたところですね。 この場所はやがて皆のアジトとなります。 テヒョンの過去 テヒョンの父はアルコールに依存しており、酔ってはを繰り返していました。 幼少期から父の暴力を受けていた母、姉、テヒョンでしたが、それに耐えかねた母はテヒョンが7歳の時、子供を置いて家を出ていってしまいました。 テヒョンは母の後ろを着いて追いかけましたが、母が振り向くことはありませんでした。 途中、母が立ち止まり、テヒョンはこのまま歩けば母に追いつくことも出来ましたが、幼いテヒョンは何を思ったかある、そこで母に背を向け、父の居る家に向けて来た道を戻り始めました。 高校生になってからも父の暴力は続き、テヒョンは喧嘩をしたり、グラフィティをして警察に世話になったりすることが増えていきます。 母に捨てられ、父からも愛されず暴力を受けるテヒョン、それが彼の過去であり、今でした。 ホソクの過去 8歳の頃母に遊園地に連れて行かれたホソクは、母に言われた通り目を瞑り10まで数を数えていました。 目を開けるとそこに居たはずの母は居なくなり、その後二度と戻ってくることはありませんでした。 ホソクはそれ以降養護施設で育ちました。 ホソクは母の思い出がトラウマになっています。 またその一方で、母の面影を探しており、将来母と幸せに暮らしたいという願いもあります。 では薬を服用しているホソクが道端で倒れているシーンがあります。 ホソクは 居眠り病 を患っているため、道端でよく倒れては病院に運ばれていました。 では薬を飲むシーンが印象的ですね。 しかしこれには裏がありました。 それについては今後お話していきます。 ジミンの過去 ジミンは幼少期両親が来られなかった草花樹木園の遠足の帰り、一人で帰ろうとした所雨に降られ迷子になります。 辿り着いた先の草花樹木園裏門の倉庫での記憶がジミンのトラウマです。 そこでジミンが何を見たのか詳しいことは分かりませんが、ジミンは泥だらけになりながら倉庫から逃げるように走り出します。 この経験から、ジミンは草花樹木園の看板を見たり、草花樹木園行きのバスを見ると、自分が泥だらけになっているように感じ、発作を起こしてしまいます。 元々身体の弱かったジミンは入院と転校を繰り返していました。 転校続きで友人を作ることすら諦めていたジミンが見つけた居場所が、7人で過ごしたアジトでした。 ジミンのトラウマが分かりやすいシーンは、Highlight Reelのダンスシーンでしょうか。 女性とぶつかったジミンはパニックになり、洗面で腕を血が出るほど洗います。 全身が泥だらけになっているかのように感じたからです。 ジミンは過去の記憶に捕らわれています。 ユンギの過去 ユンギは中学生の頃に実家が火事になり、母親を亡くしています。 母はピアノをしており、ユンギ自身もピアノを弾き、音楽を作ったりしています。 高校生の頃からユンギは作曲をしたり、ピアノを弾くシーンが多く、音楽は彼にとって大事なものだと分かります。 しかしユンギにとってピアノと母はいい思い出だけではないように思えます。 母が無くなってからは父親と暮らしていますが、父親とは馬が合わず反抗してばかりで家庭環境もいいとも言えません。 ユンギは自分にとって大切な人を作ることを強く拒んでいました。 自分を慕う弟を突き放したり、連絡を返さなかったりするのはそれが理由です。 自分のことを特別に思われることを拒み、また自分もそう思うことを嫌がりました。 彼もまた、母とピアノと音楽に捕らわれています。 ジョングクの過去 ジョングクは幼い頃、母と共に父親に捨てられました。 ジョングクの父は生きるのがとても辛く、耐えられないと言っていました。 そして「空っぽの自分がジョングクにしてやれることはなにもない」そう言い残し、母と自分を残し家を出ていきました。 父の耐えて生き抜く理由に、自分は値しなかったこと。 幼いジョングクはそれに気がついていました。 父がいなくなってからジョングクの母は再婚し、義父と義兄が出来ました。 しかしジョングクなどまるでいないかのように振る舞われる日々に、彼は次第に逃げるように家に帰らなくなります。 学校が終わっても外をふらついたりしていました。 そんなジョングクにとって6人の兄は、本当の兄のようでした。 ジョングクは本当の家族のように6人のことを思っていました。 ソクジンの過去 ソクジンはの当事者な為、ソクジンの過去はMVではほぼ描かれていません。 そのため以下の内容はNoteに描かれていたことになります。 彼は幼少期から父親の事を恐れていました。 父に逆らうことは出来ませんでした。 父親の言う通り「いい子」にならなければ。 父親の言う通りに生きなければ、という思いが一際強い印象です。 母親が亡くなってからすぐ、父親はソクジンを母方の祖母が住むカへと転校させました。 父は結局見送りにすら来ませんでした。 数年後カから韓国の学校へ転校する為帰国したソクジンに対しても、嫌な顔をひとつしただけでした。 ソクジンは高校3年生の歳でしたが、学校の制度の違いで、1つ下の高校2年生で入学します。 父親と校長に挨拶をしに行き、校長が言った「ソクジンくんはいい子にならないと」という台詞に、ソクジンは何も言えませんでした。 そんなソクジンに対し父親は強く圧力をかけ、彼は震えた声で微かに「はい」と答えました。 ソクジンにとって「いい人になる」と言うのは、父から与えられた呪縛のようなものなのかも知れません。 ソクジンの過去を語る上で重要なお話があります。 それが高校時代のお話です。 これは物語を理解する上で大切なお話ですので、また次回詳しく書きたいと思います。

次の

防弾少年団ジミンの性格は良すぎ?悪い?優しいと言われてるけど結局どっちなの?

ジミン 名言

アーミーはぼくの宝物です」 ジン「アーミーの薬指は僕のものです」 ジン「ジミンは僕のすべて」 ホソク「僕の好きなお店は服屋じゃなく、めし屋じゃなく、名古屋」 テヒョン「僕は防弾少年団でいられて、みんなのことを笑顔にできて幸せです。 日本のアーミーはデラ可愛い」 ジミン「アーミーがいて防弾がいる、防弾がいてアーミーがいる」 グク「今日名古屋でもらった感動を、心にしまっておいて、また皆さんに会いたくなったら、思い出したいと思います。 僕はそんな人間になりたいです。 僕はみなさんの夢でありたいです。 」 ユンギ「僕たち防弾少年団が存在している理由はARMYです」 ホソク「僕が頑張れる唯一の理由はARMYだと考えています」 ジミン「本当にたくさん泣きつかれてしょっちゅう諦めることを考えていました。 舞台で難しい振付をした瞬間には体力的に厳しいけど、公演が終わって帰ってから、観客の方々に大きな力をもらったという気がする。 」 ユンギ「始めがあれば終わりがあるものと考えている。 個人的にも僕の人生で一生忘れられないような良いアルバムだったが、一ヵ所にたまってあれば、その水は腐ってしまうと思う。 「花様年華」が美しく終わってくれるほどもっといい音楽とコンセプトを持って戻ってくるつもりだ。 」 ジン「遥かに上回った。 事実このようにたくさんの方々の愛を受けながら成功するだろうとは予想していなかった。 たまに眠る前にふと思う。 もったいないほど大きな愛を受けている今が本当に幸せだと。 」 ジン「長兄であることを口実に、上からものをいって弟たちを叱りたくはない。 Rap Monster、SUGAがどっしりしたヒョンとしての役割を果たしてくれるから、僕はもうちょっと軽くて明るい雰囲気を作ってあげたい。

次の