俺的ゲーム速報 ジン。 バナナマン・日村の人生がゲームに! NHK初の体験型トーク番組! 特集番組「ジンセイQUEST~日村の大冒険~」 |NHK_PR|NHKオンライン

オレ的ゲーム速報@刃とは (オレテキゲームソクホウアットジンとは) [単語記事]

俺的ゲーム速報 ジン

速報&会見2020. 18 バナナマン・日村の人生がゲームに! NHK初の体験型トーク番組! 特集番組「ジンセイQUEST~日村の大冒険~」 3月26日(木)[総合]後10:00〜10:45 「ジンセイQUEST〜日村の大冒険〜」放送決定!&期間限定でゲームアプリを配信! 星野 源、乃木坂46、黒木 華、など日村の人生を変えた人々がゲームに登場! 「ジンセイQUEST〜日村の大冒険〜」とは? 「ジンセイQUEST」は、タレントの人生を徹底取材し、ゲーム化。 本人がプレイしながら、波乱万丈の人生を掘り下げていく新しい体験型トーク番組です。 今回の主人公は、 バナナマン・日村勇紀さん。 スタジオでは、日村さんが、自身の人生のゲームを初めて体験。 さらには日村さんを愛するゲストも参加して、わいわいゲームをしながら、その魅力を解き明かしていきます。 体験型のトーク番組及びゲームアプリの配信はNHKとして初の試みとなります。 特集番組 「ジンセイQUEST~日村の大冒険~」 【放送予定】 3月26日(木)[総合]後10:00〜10:45 【MC】設楽 統(バナナマン)、新井恵理那 【ゲーム主人公】日村勇紀(バナナマン) 【ゲスト】飯塚悟志(東京03)、齋藤飛鳥・高山一実(乃木坂46) 【番組HP】 日村勇紀さんのコメント もう、感激です。 とにかく感激。 俺の人生がかなり忠実に描かれている、そんなゲームになっています。 高校のときとか、俺かなりヤバいやつなんですけど、この際だから笑ってください! ぜひみなさん、だまされたと思って、一回このゲームをやってみてください。 おもしろいです。 俺は、おもしろかった! 星野 源・黒木 華などもゲームに登場! ゲームは、 「青春編」 「下積み編」 「売れっ子芸人編」の全3章。 日村さんにまつわるクイズやミニゲームをクリアすることでポイントをゲットすることができます。 ポイントがたまると芸人ランクがUP。 最高の称号を目指します。 このゲームのポイントは、それぞれの章に、日村さんに大きな影響を与えたキーパーソンたちが登場すること。 青春編には、日村さんと初めてお笑いコンビを組んだ同級生や、芸人の道へ背中をおしたご両親。 日村さんの同級生・鈴木くん 下積み編には、デビュー当時の相方・ 設楽 統さんや盟友 おぎやはぎ。 さらに、売れっ子芸人編には、日村さんを慕う芸能人が次々と登場。 10年来の親交がある 星野 源さんや、バナナマンの熱狂的なファンである 黒木 華さん、バナナマンを公式お兄ちゃんと慕う、 乃木坂46の 齋藤飛鳥さん・ 高山一実さんも登場します! それぞれが、日村さんとの秘話や、日村さんへの熱い思いを語ります。 【ゲーム登場人物】 バナナマン、おぎやはぎ、黒木 華、齋藤飛鳥・高山一実(乃木坂46)、星野 源、渡辺正行 ほか 星野 源さんも! 乃木坂46のメンバーもゲームに登場! 期間限定でアプリを無料配信! そして、 このゲーム、実は視聴者の皆様も体験できるんです! 4月16日まで1か月間限定でアプリとして配信。 ダウンロードして無料で楽しめちゃうんです。 GO!GO!みんなでミニゲーム! ゲーム制作者 大森健史さんのコメント 日村さんの夢を見るほど全身全霊で制作しました。 先を急がず回り道すると、意外なエピソードやアイテムが手に入ることもあります。 リトライチケットは2周目以降に引き継がれますので、図鑑コンプや1000点満点を狙ってじっくり楽しんでみてください! 公式 Twitterでは、ゲームをさらに楽しめるコンテンツを毎日公開中! ゲーム配信期間限定で、番組公式Twitterからさまざまな情報を発信します。 乃木坂46をはじめ、スタジオゲストの皆さんの「ジンセイQUESTやってみた動画」や、ゲーム攻略のポイントなど、ゲームをさらに楽しめるコンテンツを毎日投稿していきます。

次の

‎「最新ゲームのブログまとめニュース速報」をApp Storeで

俺的ゲーム速報 ジン

「はちま寄稿」や「オレ的ゲーム速報@JIN」というサイトを知っていますか? 知らないなら知らないで一生知らないほうがいい糞サイトなのですが、かつてのウェブで非常に高いプレゼンスを誇ったサイトであり、現在も、おそらく僕のブログの100倍以上の読者がいます。 「はちま」や「JIN」とは何か? 「はちま」や「JIN」は、もともとゲーム関連の個人ブログだったのですが、2ちゃんねるのスレをまとめてブログの記事にする、いわゆる「まとめサイト」として大ヒットしました。 まとめサイト自体が多くの人から嫌われているのですが、「はちま」や「JIN」は「ゲハ(ゲーム業界、ハードウェア@2ch掲示板)」という2chの中でもトップクラスに住民の知能が低い掲示板をまとめていて、さらにデマや煽りやソース捏造が日常茶飯事だったので、特別に嫌われているサイトでした。 「はちま」「JIN」の悪行は数えきれませんが、ニュースサイトという体をとりながら悪質なデマや誘導、ソース捏造を行ったり、震災が起こったときに不謹慎ネタをふざけてやったりなど、まあ酷いもので、さらに2chを転載してるだけのまとめサイトという形で文責を負わない仕組みでやってたことから、ものすごい嫌われようでした。 しかし、管理人の清水鉄平(はちま管理人)やjin115(オレ的ゲーム速報管理人)は堂々と顔を出しているので、その点は大したものだと思います。 はちまの清水鉄平は単著まで出版しています。 ジンは有名生主だった片桐えりりかのハニートラップに引っかかったりしてました。 これはニコ生史上最高レベルのコンテンツと言えるくらい面白い。 ブログ界のキングとニコ生界のクイーンあたりのくだりはめっちゃ笑いました。 ジンが意外といいやつだってことがわかります。 はちまやジンの嫌われ方は、一方でそれらのサイトが無視できないほど影響力があることの裏返しとも言えます。 煽りや捏造などはとても酷いやり口だったのですが、それは相当に効果的でした。 新しく出てきたデタラメなニュースサイトなんかが似た方法を取り入れて顰蹙を買ったりもしています。 内容は何もないのだけれど はちまやジンは、ステマ騒動などいろいろあって、2012年あたりに2ちゃんねるのスレを転載することが禁止されてしまいました。 まとめサイトとして絶大な人気を誇ったのですが、もう2chのテキストを持ってくることができなくなり、コンテンツの供給を完全に絶たれてしまったのです。 2ちゃんのまとめができなくなった後、後は潰れるだけだとネットユーザーは大喜びしたものですが、元悪質ゲハブログはいまだに人気があります。 現在のはちまやジンがやっていることは、外部のニュースサイトやTwitterのつぶやきを持ってきて、短いAAを貼っているだけです。 記事の内容はほとんど何もありません。 キュレーションにもなっていない。 他で話題になっているニュースサイトへのリンクを貼っているだけ。 しかし、何もしていないにも関わらず、「はちま」や「JIN」は現在のウェブメディアの中でもトップクラスにPV(ページビュー)を稼いでいるサイトです。 例えば、同じゲームメディアというのもあまりに失礼ですが、取材や執筆に手間暇かけているよりもアクセス数で見れば上です。 「はちま」や「JIN」の成功の秘密 このどうしようもない元ゲハまとめサイトは、まったく内容がない代わりに、特定の人達にとって居心地のよい「場」を作り出せているのです。 びっくりするのが、そのコメントの多さです。 「はちま起稿」は、1記事あたりのコメントの平均がおそらく300を超えており、特にコメントの多い記事には数千ものコメントがついています。 これは2ちゃんねるのスレがいくつか埋まる量であり、ハム速などトップクラスの2ちゃんまとめにつくコメント数を遥かに上回っています。 おそらく、日本一コメントが書き込まれているサイトでしょう。 (数は多いぶんコメントしてる層は最底辺かもしれませんが。 ) 2ちゃんねるや、それと類似した匿名掲示板のプレゼンスはウェブにおいて下がり続けています。 面白い人達や才能を持った人達は、なんだかんだで半匿名や実名の形で発言するようになりました。 その傾向が進むほど匿名に残るのは無能ばかりで、だからこそますます流出が進むと言ったふうに、現在2chに常駐している層は、自虐的な意味ではなく本当の底辺になってしまいました。 (スレによってはまだ良さげなところもいくつかありますが。 ) もちろん、すごい人はたまに出てくるし、匿名でしかできないこともあるし、今半匿名や実名でやっている人も、匿名だったときの文化を引き継いではいます。 しかし2ch全体としては、ユーザーの質の低下やステマや荒らしによる汚染によって、段々と衰退してきていることは間違いないと思います。 はちまやジンが生き残っているのは、取り残された、リテラシーの低い人向けの居場所のようなものをうまく提供できているからでしょう。 最底辺向けの「場」を用意することによって、元ゲハサイトはいまだに存続しています。 はちまやジンに集まってくる人達は、情報を入手したり何かを議論しようとしているわけではなく、単に居場所が欲しいのでしょう。 書き込まれるコメントを見てると酷いものなのだけど、だからこそ彼らの居場所はもうそこにしかないのです。 当然ながら、ブログを運営していく上ではちまやジンを参考にしろと言いたいわけではありません。 そのような底辺向けの市場はまとめサイトが主に担っていて、すでに飽和しています。 僕が言いたいのは、ウェブ上のブログやメディアというものは、誰かにとっての「場」になることができるということです。 まとめサイトがいまだに流行るのは、それぞれが書き込んでいくごちゃごちゃした感じとか、くだらない煽りタイトルのリンクを辿っていってしまうようなどうしようもなさとかが、なんとなく居心地の良い空間になっているからだと思うのです。 2ちゃんまとめ的なものは、それはそれで、日本の匿名文化が持っているゆるいアングラ感とか、心地よい情けなさとか、そこに入り込む叙情をうまくものにできているとも思います。 それは初期の2ちゃんねるが持っていた空気なのかもしれないけど、その名残のようなものがまだ何とか感じ取れるのです。 煽りタイトルやソース捏造が良いこととは思いえませんが、まとめサイトが持っている独特の空気に人を惹きつけるものがあることは認めてしかるべきだと思っています。 ウェブ上に「場」をつくりたい この記事も、「はちま寄稿」「オレ的ゲーム速報@JIN」に学ぶブログ運営術という相当やばいタイトルをつけてしまったのですが、ブログやメディアを運営していく上で、うまく「場」をつくることができたらすごいよなあと思います。 ゲハ系やまとめサイトがマクドナルドや格安居酒屋として成功しているとしたら、大手メディアはスターバックスやレストランを目指すというのも戦略としてあり得ると思うし、個人ブログだったらちょっと気の利いたカフェとかバーを目指してみたいっていうのはありますよね。 (ヤフーニュースは不良のたまり場にされたコンビニみたいになってますが。 ) ウェブメディアは、見てる人が気軽に書き込めて、その結果がすぐに反映されてるし、「空気」とか「場」を作り出しやすいものだと思うのです。 「はてなブログ」などのブログサービスには、アカウント(半匿名)でコメントを書き込める機能があります。 何らかのトピックやニュースについて話してみたいときに、ブログ記事で話題をとりあげて、馴染みの人達とコメント欄で意見を交わし合ったりして、そのやりとりがコンテンツになってるようなブログがあったら素敵ですよね。 一つの理想形だと思います。 コメントのやり取りの中で、こういうセンスのあるコメントしてる人ってどんなブログ書いてるんだろうってアカウントのリンク辿っていったり、自分の好きなブロガーがよくコメントしてるブログだから読者登録しとこうみたいな文化ができるといいですよね。 あと、新しくコメント書き込んでみたい人が、ハードルの高いお店に初めて入るような感じで、たくさん勉強したうえでおそるおそるコメントを書き込んでみたりとか、そういうのってすごく文化的ですよね。 かつてのはてなダイアリーなんかにはそういった良い文化があったのかもしれませんが、今はなかなか見当たりませんね。 たしかに「はてなブックマーク」のようなシステムとしての賛同が集まってピックアップされていく仕組みは強いし、そこに人が集まるのは当然と言えば当然です。 ですが、僕のブログはコメントも歓迎していますので、できればはてなアカウントを取得して書き込んでみてくださいね。 他の記事もよかったらどうぞ• skky17.

次の

【特定】俺的ゲーム速報@JINさん、本名と住所がバレてしまう【身バレ】

俺的ゲーム速報 ジン

オレ的ゲーム速報 刃とは、の1つである。 概要 の、の二人のを中心にしたである。 かつては 「を紹介している時が一番いている」と言われていたが、では、 作為的な書き込みを行う悪質なの一つとして禁止処分をくらってしまい、ただの個人と化している。 [左:YO] ・。 の的な意見を代弁するが、最近ではを言わない。 傾向 かつては中心に記事を書いており、の反応もそこそこに、とべて落ち着いた様子でなどをしていた。 当時は欄も論争に染まった様子はく、機のそのものと関わりのい状態であった。 が、関連のを取り上げるようになってから、と同じく扇動的な記事を書くようになり、程なくして、に次いで数の多い大手としての地位をした。 的に言えばが、がであり、としての立場の感想がいためか、を中心に製品に対して的な傾向にある。 問題・批判 の欄に詳しいが、と同じく・・記事を少なからず書いており、その偽が判明して以降も訂正などを加えることはい。 特にに関しては、『が眼科を潰した』、『が夢に出てきた』などの記事を書きつらっている。 また、製品以外においても、全体的に関係のには的である。 をたまに放送しているが、『 は何故のか?』というで「が疲れる」などの的な内容を喋り続けるなど、論争をにも持ち込んでを浴びている。 当のに言わせれば、「 勘違いしている人が多いようですが、良いものは良い、悪いものは悪い、というのが本の」だという。 また、記事であるとして、管理者との関係が一時期険悪になったが、は修復されており、『オレ的ゲーム速報 刃』『』の両の右にがしている。 はをど同時期に書いていることが多い。 ・記事に関しても同じ。 に関して上で「 をパクるは嫌いだ!」とを非難しているが、自分自身がである事に自覚がいようである。 には、悪質かつな書き込み編集、などが理由となって、、などの特に悪質な4つと共に、から 書き込みの禁止処分を受けてしまった。。 その後は、と同じく、ただのとしてを続けている。 なお、の書き込みをまとめた記事はその後された。 また、記事内容にがあったことを認め謝罪する旨の記事もしているが、訂正は不十分であった。 近年ではに向けのや製のなどにおいて、的な記事のが非常に増えている。 その他 記事上でと名しして非難・揶揄をしていた後発『アタシ的速報』のを受けての記事では「 をすならに何を言われても動じない図太いが必要なん!」とが然と言い放った後、がび泣きをするを掲載して、面識のある「アタシ的速報」管理者トがの社員でない事を明言した上で、の好敵手の退場を惜しんだ。 管理者氏は、0及び0の記事 のを使った表現を巡って、副から 「 、いきなり法的に訴えてみるか。 (こんなん訴えてたらキリないですけど人柱的な意味で)」 と本人の と名しされたが、今ではのマイ関係である 程、両者の関係は良好である。 『』から 「」 を受け、に宣言をするに至り、のにした が、同年同29日に宣言は撤回され 、もはされている。 問題だらけである 管理人特定経緯 、のがされる事件が発生した。 はの「」をのとして使用していた。 そこにを付けた住民は、に成り済ましてに対しをするようし、のをさせた。 それに対しはに対し異議申し立てを行うも、その申し立ての際本名・住所・番号を入しなければならず、しかもした側にが表示されるであったことが災いし、まんまとを相手側にすことになったのである。 関連コミュニティ 関連商品 関連リンク に開設、中。 関連項目•

次の