働き アリ の 法則。 働きアリの法則とは?人間社会にも当てはまる現象を詳しく解説

【パレートの法則】働きアリの法則を仕事に活かす方法 | ロボパンビジネス情報部

働き アリ の 法則

働きアリには法則があって、アリのコロニーの全体を100とした場合、20が働き者のアリで、60が一般的なアリで、残りの20が怠け者のアリで構成されると言われています。 これが「2:6:2の法則」です。 働きモノのアリばかりを集めてもそのうち2割は働かなくなるというから、何とも不思議! また、「80:20の法則」という、イタリアの経済学者ヴィルフレド・パレートが発見した冪乗則もあります。 経済において、全体の数値の大部分は、全体を構成するうちの一部の要素が生み出しているという理論です。 1つの巣にいるアリの数は種類によっても異なり、数十匹しかいない巣もあれば、数百万匹にも及ぶ巣もあるそう。 卵を産む数匹の女王アリ、女王と卵の世話を焼く無数の働きアリ、そしてそれを監督する兵隊アリ、繁殖するために必要なオスのアリが存在します。 ちなみに、働きアリは全員メスで、寿命は1~2年。 女王アリにエサを与えるために存在します。 また、オスは子孫を残すために存在し、役目を果たしたら一生を終えるためさらに短命です。 というより、かなり少数派。

次の

働きアリの法則とは?人間社会にも当てはまる現象を詳しく解説

働き アリ の 法則

アリに行動学を応用しちゃあいけないんでしょうが、こういう話を聞いたことがありませんか。 「誘拐事件が起こる」>「警察がチームを編成する」。 そして、チームでなければ動いてはいけない。 なぜ、チームを作るのかというと、基本的に「三交替・実労一人当たり8時間(ただし、判断を下す立場の人は、2交替、だいたい16時間勤務になっちゃいますが。 )という条件を保つためです。 8人がチームをつくるとすると、「判断担当」は、二人で二交替。 その他のスタッフは、24時間のうち、およそ16時間、フリーの状態なわけです。 寝ていても必要なら起こされますから、このフリーの人は、結局「余力」になる。 「働かないアリ」は理由があって働かないのです。 それで若干の誤解があるんじゃないかな、働きアリ、働きバチの実際の稼働率は20ないし25%くらいですよ。 で、約半数が、「放浪」しちゃう。 「散歩」と考えてもよい。 でもって、獲物を、ある(つまり任意のということなんだが)本当の「働き」アリが見つけますよね。 そうすると、用語を使っちゃって申し訳ないけれども、兵站線(ロジスティックスといいます)がちゃんとできる。 それは、散歩しているアリたちが、おうおう、なんだなんだ、と野次馬のように集まってくるからです。 (観察する限り、「働こう」として集まってくる感じはしません。 本当に野次馬みたいですから、アリを見つけたら、ちょっと付き合ってごらんなさい。 ) その際にも、「働かず」アリはなんかこうぼーっとしています。 だが、実験的に「働き」アリを除去してしまうと、活動的に働き始めるのは、「働かず」アリなんです。 これ、個体のマーキング(サル学ではあだ名をつけて成功しました。 アリを個体識別するのはすっごく目に悪いと思うことがある。 )にテクニックが必要なんで、もう大変。 で、これ、面白いんだけど、どうやら、「働かず」アリの方が、顎の力が若干強かったりするそうです。 (この文献は未読。

次の

「働きアリ」に学ぶ? 全員が一生懸命働くと組織が存続できない理由

働き アリ の 法則

リーダーシップとは何か? 「働きアリの法則」とは、「2割はよく働き、6割は普通に働き、2割は怠ける」。 これは集団で行動を起こすときにほぼ必ず起きる現象です。 まずあなたのグループ全体を見渡しましょう。 「よく働く2割」は仕事をがんばってくれる存在。 ほとんど上司が口を出す必要がない、と思えるほどです。 「普通に働く6割」は割合として一番多く、ついリーダーがその中で仕事を手伝ってしまうということも多くなりがち。 これでは効果的なリーダーシップは発揮できません。 「怠ける2割」は目に付くので怒りを覚えることもあります。 ただ、割り切ることも必要です。 また、普通に働く6割と揉め事を起こすことが多々あるので、準備しておく必要があります。 リーダーは全体を俯瞰した上で、効率が悪くなっているところ、問題が起きているところ、部下が悩んでいるところなどを察知し、助言や激励を行いましょう。 プロジェクトの方向性の決定や、判断をする事に軸足を置くという事を忘れてはいけません。 会社が求めるリーダーシップとは? さて、リーダーシップを大いに発揮し、プロジェクトも成功に終わりました。 会社はそれをどう見ているでしょうか。 「まぁ、普通に終わったな」という見方しかしていないかもしれません。 せっかく頑張っても何故そのような結果になってしまうのでしょうか。 なぜなら、あなたの使命はプロジェクトの成功ですが、会社は同時にそのプロジェクトでメンバーがどれだけ成長したかを見ているからです。 プロジェクトが成功しても、メンバーがリーダーの指示通り行っていただけでは、リーダーとしての評価は半分であると言えます。 ではどうすべきか? 働きアリの2割は自ずと仕事をします。 その2割を3割、4割にすること、そして普通、若しくは怠けるであろう残りの8割の中から、どれだけ成長した部下を輩出できるかもリーダーとしての仕事の評価です。 そして、成長した部下がそのリーダーの元にいた人間が増えてきた時、リーダーとしての評価は高いものとなります。 リーダーシップは新入社員でも発揮できる? 働きアリの法則には、もう一つの特徴があります。 働きアリのグループにいる、普通の6割を別のグループとしてプロジェクトを立ち上げたとしましょう。 すると不思議なことに、その6割がまた2:6:2に分かれます。 つまり、団体やグループというものは新入社員、ベテラン社員、上司、役員といった肩書に関係なくこの働きアリの法則に則った分かれ方をするものと言えます。 そして、こちらから任命せずとも、そのメンバー中から立候補者、若しくは推薦される人間が必ず現れてリーダーシップを自然と発揮するようになります。 例えばあなたが新入社員を集めてレクリエーションのグループを作る場合、この働きアリの法則に任せてみると良いかもしれません。 無理に任命や変更、指示をしてしまうと、彼らのモチベーションに良くない影響を与える可能性もあります。 新入社員の自主性や行動力を見極めるためにも、見守ることに徹してみましょう。 「働きアリの法則」から学ぶリーダーシップとは? リーダーシップを発揮し続けるためには、部下の日報をよく読み、業務の中でPDCAサイクルを支援し続けることが大切です。 日報共有アプリgamba! ガンバ 」には、部門や、役職に応じた複数のテンプレート設定がカンタンにできるなど、日報でPDCAを習慣化させるための機能や上司のための支援機能が満載です。 豊富なテンプレート機能 毎日何を書いたらいいか考えるのは、ストレスになりがち。 そのため、gamba! は必要な項目を短時間で書けるようなテンプレート機能を備えています。 例えば、毎日決まった業務をこなすルーティンワークは、 チェックボックスや プルダウンで選択できたり、リフォームの作業員はビフォーアフターの写真を載せるテンプレートなど、それぞれの 企業や職種に合わせたテンプレートが作成できるのが魅力です。 また、日報だけでなく、商談記録・議事録・業務連絡など、さまざまな報告の雛形(テンプレート)を設定できるので、かんたん&スピーディな報告を実現します。 無料で日報テンプレートを作ってくれるサービスがある gamba! の駒崎にお任せください! 今までの日報運用や社内の状況を丁寧にヒアリングしたうえで、 自社に応じたテンプレート作成をしてくれる無料サービスがあります。 もちろん、使い方の説明も行っています。 例え導入をしなかったとしても、自社の日報を見直すいい機会になるので、気軽に利用してみてはいかがでしょうか。 KPI(目標)管理 gamba! は、目標達成にかかせないKPI(プロセス目標)の管理ができます。 目標や日々の数字を投稿していくことで、進捗情報や達成率をグラフでオンタイムに確認。 KPIを共有することで、 メンバーのモチベーションや数字への意識が向上し、結果としてチーム全体のパフォーマンスを上げます。 提出状況がわかる 「提出状況一覧」で 誰が提出していないかすぐに分かります。 また、毎日決まった時刻に提出を促す「リマインド通知」機能もあり、未提出の部下にいちいち「日報出して」と言う手間が省け、管理がラクになります。 確実な報連相で日報以外にも使える gamba! には、優先的にメッセージを読んで欲しい時に、相手が開封するまで、定期的にプッシュ通知をする機能があります。 たとえば、チラシを作成したい場合、経理グループへ稟議申請や経費申請といったものを投稿すれば、開封が確認されるので、申請できたかどうかがわかります。 さらに、返信が欲しい時は「返信要求ボタン」をつけることで、確実な報連相を行うことができます。 まずはトライアル gamba! ガンバ には、たった5分で日報を作成するための機能が満載。 外出先や移動中に日報を書いたり、部下にコメントを手早く返すことができれば、仕事の能率がグッとあがります。 いまなら 日報もアプリでスマートに管理する時代。 新しい日報の形をまずは無料で試してみてはいかがでしょうか。

次の