ふく だ ももこ。 ふくだももこ監督、養母からの手紙に感涙「だからこういう映画を撮った」 松本穂香が代読

松本穂香×ふくだももこ監督「君が世界のはじまり」イメージクリップ解禁

ふく だ ももこ

2020年夏公開の映画「君が世界のはじまり」のティザービジュアルと場面写真、イメージクリップが解禁された。 本作は、ふくだももこの小説「えん」と「ブルーハーツを聴いた夜、君とキスしてさようなら」を基に、「リンダリンダリンダ」「聖の青春」「愚行録」などの脚本家・向井康介が一つの物語に再編。 大阪のすみっこにある町を舞台に、女子高校生とその仲間たちをめぐる人間模様を描く。 ふくだ監督と「おいしい家族」以来、二度目のタッグとなる松本穂香が主演を務める。 閉鎖された地方に生きる高校生2年生の少女・えんを演じる松本は「青春時代って、一瞬すぎるからなのか、どこか記憶がぼんやりしている。 大切な瞬間があふれてたはずなのに、記憶が抜け落ちてる。 だけど、多分、その時感じた切なさや温かさは、ずっとずっと心の中に感触として残ってるんだと思う」と。 さらに「恥ずかしいぐらい真っすぐだった私たち。 過去があって、今がある。 私たちはずっと、何かに向き合いながら、苦しみながら生きてきた。 そんな当たり前のことに救われる気がする。 だから大丈夫。 私たちは大丈夫。 ダサくても痛くてもいい。 だから伝わるものがある。 そんな気持ちでこの作品に挑みました」とコメントしている。 公開されたティザービジュアルと場面写真は、フィルムで撮影されており、穏やかに差し込む光がティーンエイジャーならではの危うさと儚さが表現されている。 イメージクリップの映像では「自分だけ自由になりたいなんて、そんなんで人にやさしくなれるのかな」という少年の意味深な言葉とともに、松本が演じるえんが、何か言いたげな表情で正面を見据えている。 <主演:松本穂香 コメント> 青春時代って、一瞬すぎるからなのか、どこか記憶がぼんやりしている。 大切な瞬間があふれてたはずなのに、記憶が抜け落ちてる。 だけど、多分、その時感じた切なさや温かさは、ずっとずっと心の中に感触として残ってるんだと思う。 恥ずかしいぐらい真っすぐだった私たち。 過去があって、今がある。 私たちはずっと、何かに向き合いながら、苦しみながら生きてきた。 そんな当たり前のことに救われる気がする。 だから大丈夫。 私たちは大丈夫。 ダサくても痛くてもいい。 だから伝わるものがある。 そんな気持ちでこの作品に挑みました。 <原作・監督:ふくだももこ コメント> 「君が世界のはじまり」の基になった小説「えん」と「ブルーハーツを聴いた夜、君とキスしてさようなら」は、私にとって、どうしようもなく特別な物語だ。 この映画が、どこへも行けない、何にもなれない、そんな風に思っている誰かの、はじまりのきっかけになればいいと願っています。 私が書いた、ゴツゴツトゲトゲした岩のような小説を切り取り、石にして世に出してくれた人がいて、手に持てるよう丁寧に削ってくれた向井康介さんの脚本があって、一緒に磨いてくれた素晴らしいスタッフと、松本穂香をはじめとする、才能ある俳優たちがいる。 すべての人の力を合わせて「君が世界のはじまり」は、誰も見たことのない、燦然と輝くたったひとつの宝石になった。 どうかこのきらめきが、あなたの心を照らしますように。 二十代の書く文章に自分はもうついていけないだろうと思っていたのに、驚くほど心の中に入ってくる。 なぜなのだろう?そんな疑問から、僕の中でこの企画は始まりました。 「ふくだ、君が晩年になって、人が作品を振り返ったときに『ふくだももこの初期の代表作と言ったらこれしかないよね』とみんなが肯くような映画にしよう」 何度目かの打ち合わせのあと、居酒屋で僕はふくだにそう言ったのを覚えています。 とても小さな物語だけれど、この映画が生まれる一助を担ったひとりとして、本当にそんなふうに語り継がれるような作品になってくれたらうれしいです。 映画「君が世界のはじまり」 2020年夏公開 <STORY> 大阪の端っこのとある町。 深夜の住宅地で、中年の男が殺害される。 犯人は高校生だった。 この町の高校2年生のえん(松本穂香)は、彼氏をころころ変える親友の琴子と退屈な日々を送っていたが、琴子がサッカー部のナリヒラ君にひと目ぼれしたことで、二人は徐々にすれ違うようになっていく。 同じ高校に通うジュンは、母が家を出ていったことを無視し続ける父親に何も言えぬまま、放課後ショッピングモールで時間をつぶす。 ブルーハーツを聴きながらふと通りかかった屋上で、東京から転校してきた伊尾と会い、求めるものも分からぬまま体を交わすようになる。 偶然ナリヒラ君の秘密を知るえん。 急接近した二人を見て見ぬふりをする琴子。 琴子に思いを寄せる、サッカー部キャプテンの岡田。 思いの捌け口を見つけられないジュン。 田舎に閉じ込められた自分と義母を重ねる伊尾。 そんなある朝、父親殺しの犯人が逮捕され……。 郊外の気怠い空気とそれぞれの感情が混じり合い、物語は疾走していく。

次の

ふくだももこの映画作品

ふく だ ももこ

日本映画界の新鋭、ふくだももこ監督の長編デビュー作となる映画『おいしい家族』が2019年9月20日(金)より公開。 松本穂香、板尾創路、浜野謙太ら個性派キャストで一風変わった家族の絆を描く、ユーモラスかつエモーショナルなヒューマンドラマだ。 小説家としても活躍するふくだ監督は大の『テラスハウス』ファンとのことで、テラハの住人であり、BANGER!!! に連載をしている俳優・モデルの松㟢翔平との対談をセッティング! あえて肩書きを絞らない異端な二人に、食事、家族、仕事についてざっくばらんに語っていただいた。 ふくだ:もう『テラスハウス』が好きすぎる。 全シーズン2回はみてるし、今は翔平くんが推し!翔平くんは、すでに『おいしい家族』を観ていただいたということで、どうでしたか? 翔平:監督の目の前で難しいですね……(笑)。 面白かったです。 メシをすごく美味そうに食いますよね。 メシって音楽とか映画と一緒で、強烈な体験になることがあるじゃないですか。 めちゃくちゃ美味しいものを食べると何も考えられなくなる、みたいなことなのではないか? なんてことを難しくブツブツ考えてみたりして(笑)。 ふくだ:そんなに難しく考えなくても大丈夫ですよ(笑)。 埼玉って、おはぎをスーパーでものすごくたくさん売ってるので有名なんですよ。 お総菜コーナーに必ず置いてあって。 食卓によく出てきて、いつでも食べられるものでした。 ふくだ:知らなかった!私、おはぎをメインにした割には、そこまで馴染みがないっていう(笑)。 好きやけど、そんなに率先して食べなかったなぁ。 おばあちゃんの家に行ったら出てくる、みたいな感じやったから。 翔平:でも、実家を出てからは一度も食べてなくて。 だからその感じとかも、エモかったですね。 それを見て「うわ、すげー! これを撮ってみたい」っていう想いもあって。 だからまず、ご飯やし、手で作って丸めて、食卓にあってもええし、お仏壇にあってもええしと考えたら、おはぎしかないなと思って。 翔平:そんなに映ってないようなものも、ちゃんと置いてありましたね。 緑色の揚げ物が美味そうでした。 ふくだ:アシタバ!撮影地の新島の名産なんです。 むっっっちゃおいしかった。 美術スタッフさんが絶対に作りたてにしてくれたから、普通に役者さんたちも「美味しい!」って食べてくれて。 翔平:だからあんなに本当に食べてるんですね。 よくあんなに食べられるな、と思って。 自分が今まで経験した撮影だとそんなことはなくて……。 ふくだ:嘘やん。 そんなことある? 翔平:カピカピだなって思ったりはします。 ふくだ:現場によって全然違うんですね。 でも、それはやっぱりイヤやなぁ。 こないだ観た映画も作品自体は好きなんやけど、キーになってる食卓のシーンに出てくる料理が乾いていて。 そういうのが見えるのがもったいなくて、最近は特に、自分の現場やったら絶対に作りたてを出してもらうようにしますね。 絶対そこにこだわってくれる人に頼むし、やってもらうようにしてますね。 翔平:黒澤明監督がちゃんと薬箪笥に薬を入れておくのと一緒ですね。 ふくだ:そうそう、ほんまそう。 リアリティーは細部に宿る! 松㟢 「『テラスハウス』は皆で食事できるのが楽しい。 それこそ翔平くん、めっちゃ料理上手ですよね。 翔平:レシピは軽く見るんですけど、ごちゃごちゃやってるんで、二度と作れないんですよね。 ふくだ:ちなみに得意料理は? 翔平:最近はカレーにハマってて。 豆カレーを作っています。 ふくだ:そうですね。 原風景やし、理想でもある。 豪華な料理が並んで、みんなでワイワイして。 基本的にそこは楽しく描きたいなって思いますね。 人が集まってご飯を食べるって、別に会話がなくても同じことをしてるっていうのがすごく大事だなと思って。 翔平:あの量でいろんな種類の料理を出せる家庭って、もうほとんどないじゃないですか。 ふくだ:そうかもしれないね~。 ああいうの結構、テンションが上がるんですよね。 そういうメシって今はなくなったし、やっぱり単品でとか、ちょっと付け合わせがあるぐらいの感じになってきて、みんなでワーって食べることないし。 ふくだ:みんなで食べると楽しいよね。 翔平:それぞれが白米を持って、適当に好きなおかずを取って食べるみたいな感じはアガりますよね。 ふくだ:わかる!実家ではどうでした? 翔平:父親はずっと働いてたし、自分も帰りが遅かったりしたので、一人で食べることも多かったですね。 だから憧れるっていうか。 僕、『サマーウォーズ』(細田守監督:2009年)がマジで好きで。 ふくだ:私も好き。 翔平:多分、ああいう家族に対してコンプレックスがあるんですよ。 実際に見たことがないので。 ふくだ:私のおばあちゃん家に来たらあんな感じやで、親戚多いし。 サマーウォーズくらい親戚が多い。 翔平:最高ですね、憧れます。 ふくだ:でも、自分の家ではそれぞれ小分けのお皿に乗ってたから、私も憧れる。 『テラスハウス』では、みんなで料理して食べるやん。 あれは、みんなでご飯の時間合わせるの? 翔平:「今日は何時に帰ってくるの?」って聞いて、じゃあそのタイミングでご飯食べようか、みたいな。 けっこう適当ですね。 ふくだ:楽しい? 人とご飯食べるの。 翔平:やっぱり楽しいですよ、『テラスハウス』はそれが一番楽しくて。 一人で食べるのは本当につまらないじゃないですか。 (奥山)春花ちゃんとかも作るし。 ふくだ:知らなかった! 翔平:何となく「明日は私が作りたい」とか、「俺あれが作りたいんだよね」って言ったりして。

次の

福地桃子

ふく だ ももこ

実家に帰ると、父が母になっていました。 斬新な設定ながらも笑って癒されるデトックス映画が誕生! 監督のふくだももこは、第40回すばる文学賞佳作を受賞、ndjc:若手映画作家育成プロジェクトに選出されるなど、映像と文学の両フィールドでの活躍が期待される新鋭。 人も気候も穏やかな島を舞台に性別も国籍も越えて、好きなものを好きといえる世界を、おいしく、たのしく、カラフルに描きだした。 出演陣は、ドラマ「この世界の片隅に」の主役すず役で注目を集め、さらなる飛躍が期待される松本穂香が主人公・橙花に抜擢。 亡き妻の服を着て生活する橙花の父・青治役に板尾創路、そしてどこかにくめないお調子者の居候・和生を浜野謙太が好演。 さらに、伊丹十三監督作品を長年手掛けてきた本多俊之 『マルサの女』 の軽快な音楽が、本作に彩りを添えた。 商品の情報 あらすじ 銀座で働く橙花は、夫と別居中。 仕事もうまくいかず都会での生活に疲れ気味。 ちょうど母の三回忌を迎え、船にゆられて故郷の離島へ帰ってきた。 すると、実家では父が、亡き母の服を着ておいしいごはんを作ってまっていた! 唖然とする橙花に追い打ちをかけるように、見知らぬ居候が登場。 それはお調子者の中年男・和生と生意気な女子高生・ダリア。 「父さん、みんなで家族になろうと思う」突然の父の報告に動揺する橙花とは裏腹に、一切気にも留めない様子の弟・翠が加わり、みんなで食卓を囲む羽目に……。 みんなちがってそれでいい。 のびのびと過ごす島の人々と、橙花の暮らしがはじまった。 メイン• 監督・脚本 :• 主演 : その他• 音楽[映画制作用] :• 出演 : 、 、 、 、 、 制作国:日本 制作年:2018年 公開年:2019年 収録内容.

次の