目 の 病気 一覧。 目の病気 一覧|目の病気の症状・原因・種類・予防・チェック

日本眼科学会:目の病気 ぶどう膜炎

目 の 病気 一覧

子供と目の病気 子供が気をつけたい目の病気とは、・・・、です。 【目次】• ドライアイ|子供と目の病気 スマホやパソコンの画面を注視するとまばたきの回数が少なくなります。 通常は1分間に15回程度まばたきをするのですが、画面を凝視しているとそれが3分の1に減ってしまうことがあります。 まぶたの縁には目を保護する油を出す分泌腺であるマイボーム腺があり、まばたきする際に、このマイボーム腺から目の表面に油の膜が張り、水分の蒸発を防いでくれています。 この油の膜は10〜15秒で破れてしまいますが、通常のまばたき回数であれば油の膜が破れることはありません。 しかし、まばたき回数が減ると油の膜が破れたままの状態になり、涙は蒸発して目が乾きやすくなってしまい、ドライアイになってしまいます。 しかし、最近では、老眼と同じような症状が、子供や30代の若い人の間でも増えつつあるようです。 長時間によるスマホの使用で、夕方頃になると老眼のような状態になる「スマホ老眼」になる人もいるそうです。 瞼裂斑は、たんぱく質が変性し、白目の一部が変色・盛り上がる目の病気。 翼状片・瞼裂斑に共通するのが紫外線による影響です。 このようなことが続くと、遠くを見てもピントがあわせられないため、近視(仮性近視)の状態となります。 先天性白内障(生まれつきの白内障) 水晶体に何らかの異常が発生していることが原因で白内障になる人がおり、視力に障害のある子供の約1割は白内障が原因なのだそうです。 後天性白内障 後天性白内障は次のような理由で起こるそうです。 病気の一症状として見られる場合• 眼の病気に伴って見られる場合• 薬の副作用で見られる場合• 外傷の影響によって見られる場合• 集中するとまばたきを忘れてしまうので、意識的にまばたきをしましょう。 ドライアイになる恐れがあるので要注意です。 「20-20-20-20」という眼精疲労回復エクササイズは、20分おきに20フィート(約6メートル)離れたところを20秒間見つめながら、20回連続で瞬きをすると疲れ目に良いそうです。 【関連記事】 ・ ・ スマホと適度な距離をとる スマホとパソコンとで異なるのが「距離」です。 パソコンの場合、通常45センチ程度の間隔をあけて操作しますが、スマホの場合、近い場合では15センチ程度で使用している人もいるくらいです。 近くでモノを見続けるというのは、つまり、ピントを合わせ続けているということです。 スマホを見る際には、近くにピントを合わせるために毛様体筋の調節を行っているのですが、目を酷使することで、この毛様体筋に負担がかかっているからです。 また、によれば、スマホは強い光を発していて、目に入る光の光量を抑えるための虹彩筋にも負担がかかっているようです。 【関連記事】• 目を温める によれば、42度のシャワーで眼の周囲を温めると、目の疲労回復に効果があるそうです。 シャワーの熱が毛様体筋に伝わることで目の疲れを癒すのに効果があるようです。 マッサージ 蒸しタオルで目を暖め血行をよくして、目の周りをマッサージする。 ただ、目の周りの皮膚は非常に薄く、刺激を与えすぎるといけないので、を参考にしてみてください。 パソコン環境の改善・休憩をとる パソコン作業時間が長くなると、眼に大きな負担をかけてしまいます。 目を酷使することで眼精疲労が起こりますので、1時間毎に1回休憩をとりましょう。 遠くを見たりするだけでも眼は休まり、眼精疲労の解消に役立ちます。 同時に、肩や腕の緊張をほぐすと眼も休まりますので、全身の筋肉を動かしましょう。 また、机と椅子の高さ、姿勢、ディスプレイに対する目線の角度、ディスプレイまでの距離、部屋の明るさ、部屋の乾燥などにも注意。 メガネやコンタクトレンズの矯正 眼に合わないメガネやは、眼精疲労を起こし、しいては肩こり・頭痛につながります。 また、メガネやコンタクトレンズを装用する必要があるのに、視力を矯正しないでいることはあまりよくありません。 逆に、できるだけ遠くまで見えるように過度に矯正することもよくありません。 定期的に眼科などで検診を受けましょう。 目の病気でないか定期的にチェックする 眼精疲労の原因に目の病気があるので、定期的に眼科で目の病気がないかチェックする。 眼精疲労といっても、目を長時間酷使したことだけが原因ではなく、目の病気、加齢、体調、生活習慣による原因も考えられますので、目の疲れや眼精疲労の症状を感じた場合は、普段の生活習慣を考える良い機会だと考えてください。 1日6mgのアスタキサンチンを2週間摂取してもらったグループと摂取しないグループに、1時間のをしてもらい、作業直後と、その後30分の休憩後の調節微動(一定の距離にある物体を注視しているときの屈折値はリズミカルに揺れ動いています)の指標を測定した結果、アスタキサンチンを摂取したグループでは、調節微動の指標が低下したそうです。

次の

【目の病気の原因と治療法・予防対策】 目の病気の種類と一覧表 【健康と病気】

目 の 病気 一覧

はっきり見えていたテレビ画面がぼやける• 本の字がぼやけるので、目が疲れやすくなった• 電車に乗っていて、駅名が読めなくなった• 夜になると、急に運転がしづらくなった 症状別の目の病気 一口に視力低下といっても、大きく5つの症状に分けられます。 以下で、視力低下の症状とその原因となる眼病を確認してみましょう。 視力低下の症状と当てはまる眼病一覧 視力低下の症状 当てはまる眼病 ゆっくりとした視力低下 白内障 糖尿病性網膜症 緑内障 ぶどう膜炎 急激な視力低下 角膜炎 急性緑内障 糖尿病性網膜症 網膜剥離 脳神経炎 硝子体出血 ときどき視力低下が気になる ぶどう膜炎 ベーチェット病 明るい場所での視力低下が著しい 白内障 暗い場所での視力低下が著しい 夜盲症 網膜色素変性症 上記の一覧表で分かるように、眼病によって様々な視力低下症状があります。 治療においては、それぞれの原因に合わせた適切な治療を行うことが大切です。 白内障 目のレンズにあたる水晶体は、早ければ30代後半からゆっくりと濁ってきます。 加齢によって水晶体の濁りが進むにつれ、何年もかけてゆっくりと視力が低下していきます。 ものが見えにくくなるだけではなく、明るい場所で非常にまぶしく感じるというのが白内障の特徴です。 日常生活に影響が出るようになったら治療が必要です。 白内障の治療方法は、手術が一般的です。 緑内障 眼圧が高くなることが原因で、視神経が損傷していく病気が緑内障です。 視神経が損傷されると、徐々に視野が欠損していきます。 緑内障のほとんどが、眼球の中を循環している房水の流れが滞ることによって引き起こされます。 数年間かけてゆっくり視野が欠けていくため、初期に視力低下の自覚症状はありません。 緑内障の治療方法は進行を抑えるための点眼なので、定期的に検診を受けて早期に発見することが大切です。 糖尿病性網膜症 糖尿病の合併症として知られている糖尿病性網膜症は、失明原因の上位に位置する怖い眼病です。 高血糖の影響で、網膜にはりめぐらされている毛細血管が詰まったりコブができたりします。 その段階で食い止められないと、眼底出血や硝子体出血が引き起こされ、視力が大きく低下してしまいます。 根本的な治療方法はないため、血糖値のコントロールで進行を抑えることが大切です。 また、眼底出血や硝子体出血に対し、レーザーで治療ができることもあります。 ぶどう膜炎 ぶどう膜という、目にとって重要な部分に炎症ができる目の病気がぶどう膜炎です。 なかなか原因が特定できないことが多く、急激な視力低下、目のぼやけ、目の充血、痛みなど、症状もさまざまです。 ベーチェット病などの全身疾患が原因のこともあり、治療方法は原因によって異なります。 まとめ 今回は、主な目の病気の原因と治療方法についてご紹介しました。 視力低下を引き起こす眼病にはさまざまものがあります。 ものが見えにくくなったと感じたら、できるだけ早く眼科医を受診し、原因を特定しましょう。

次の

目の病気一覧【原因・症状・治療法】

目 の 病気 一覧

はっきり見えていたテレビ画面がぼやける• 本の字がぼやけるので、目が疲れやすくなった• 電車に乗っていて、駅名が読めなくなった• 夜になると、急に運転がしづらくなった 症状別の目の病気 一口に視力低下といっても、大きく5つの症状に分けられます。 以下で、視力低下の症状とその原因となる眼病を確認してみましょう。 視力低下の症状と当てはまる眼病一覧 視力低下の症状 当てはまる眼病 ゆっくりとした視力低下 白内障 糖尿病性網膜症 緑内障 ぶどう膜炎 急激な視力低下 角膜炎 急性緑内障 糖尿病性網膜症 網膜剥離 脳神経炎 硝子体出血 ときどき視力低下が気になる ぶどう膜炎 ベーチェット病 明るい場所での視力低下が著しい 白内障 暗い場所での視力低下が著しい 夜盲症 網膜色素変性症 上記の一覧表で分かるように、眼病によって様々な視力低下症状があります。 治療においては、それぞれの原因に合わせた適切な治療を行うことが大切です。 白内障 目のレンズにあたる水晶体は、早ければ30代後半からゆっくりと濁ってきます。 加齢によって水晶体の濁りが進むにつれ、何年もかけてゆっくりと視力が低下していきます。 ものが見えにくくなるだけではなく、明るい場所で非常にまぶしく感じるというのが白内障の特徴です。 日常生活に影響が出るようになったら治療が必要です。 白内障の治療方法は、手術が一般的です。 緑内障 眼圧が高くなることが原因で、視神経が損傷していく病気が緑内障です。 視神経が損傷されると、徐々に視野が欠損していきます。 緑内障のほとんどが、眼球の中を循環している房水の流れが滞ることによって引き起こされます。 数年間かけてゆっくり視野が欠けていくため、初期に視力低下の自覚症状はありません。 緑内障の治療方法は進行を抑えるための点眼なので、定期的に検診を受けて早期に発見することが大切です。 糖尿病性網膜症 糖尿病の合併症として知られている糖尿病性網膜症は、失明原因の上位に位置する怖い眼病です。 高血糖の影響で、網膜にはりめぐらされている毛細血管が詰まったりコブができたりします。 その段階で食い止められないと、眼底出血や硝子体出血が引き起こされ、視力が大きく低下してしまいます。 根本的な治療方法はないため、血糖値のコントロールで進行を抑えることが大切です。 また、眼底出血や硝子体出血に対し、レーザーで治療ができることもあります。 ぶどう膜炎 ぶどう膜という、目にとって重要な部分に炎症ができる目の病気がぶどう膜炎です。 なかなか原因が特定できないことが多く、急激な視力低下、目のぼやけ、目の充血、痛みなど、症状もさまざまです。 ベーチェット病などの全身疾患が原因のこともあり、治療方法は原因によって異なります。 まとめ 今回は、主な目の病気の原因と治療方法についてご紹介しました。 視力低下を引き起こす眼病にはさまざまものがあります。 ものが見えにくくなったと感じたら、できるだけ早く眼科医を受診し、原因を特定しましょう。

次の