足つぼ 副鼻腔。 蓄膿症のツボ

花粉症・アレルギー性鼻炎の時に効く足つぼ

足つぼ 副鼻腔

脳への酸素供給量増加 筋肉の柔軟性 うつ 肩コリ 頭痛 めまい 天迎香は下記の図の箇所を軽く指で斜め45度に軽く押して、少し痛みを感じる場所です。 天迎香を押す時の注意点は まぶたを押しても圧迫を感じない程度の力でよいということです。 普通のツボと同じような力で押しては返っていけないようです。 また、 2本の指で同程度の力で押します。 そして片方だけでなく、 左右両方を一緒に押します。 自分は右側だけ鼻がつまっているからといって右だけすると、返ってよくない結果が出ます。 押す時は 2分以上は押してはいけません。 また、一度行ったら、1時間~2時間くらいは空けるようにします。 やり過ぎると返っていけないデリケートなツボですから、行う時は事前に下記の動画をご覧ください。 天迎香のツボを発見した荻原さんが大切なポイントを説明しています。 天迎香の押し方には2つあり、一つは皮膚の上から押す方法ともう一つは2本の指を口に入れて上歯ぐきのつけ根から天迎香へ向けて斜め45度で押します。 口の中に入れてから押すほうがより効果的です。 人前ではちょっとできないですけどね。 参考文献「鼻の横を押すと病気が治る」萩原秀紀 上星(じょうせい)の効能と箇所 上星も鼻づまりを改善し、鼻水・膿の排出を促し、アレルギー性鼻炎、花粉症、蓄膿症に効果のあるツボです。 場所は頭の左右の真ん中で、髪の生え際から2センチくらい上の箇所です。 指の先端で下へ(鼻のほうへ)押します。 印堂の効能と箇所 印堂は鼻づまり、鼻水・膿(蓄膿症)、風邪、精神の安定、ニキビなどの改善に効果があります。 場所は眉間の中央です。 ゆっくりと指先で押して、そのまま数十秒押したままにして、3秒前後かけて放していきます。 ツボ押しの注意点 ツボ押しは蓄膿症の改善法としては簡単にできるという利点がありますが、強く押し過ぎたり長く押したり、あるいは頻繁に押したりすると返ってよくないということがあります。 また、 発熱時、痛みが酷い時に強く押すこと、アルコールを飲んだ後は控えたほうがよいでしょう。 (関連記事: ) ツボの箇所にケガをしている場合も押すのは控えましょう。 ツボ押しは専門家が行うと効果が現れやすいですが、一般の人が行うと効果の現れ方は人それぞれです。

次の

前頭洞(副鼻腔)とは何か、副鼻腔炎と原因、その治療法について 【ウインターベル健康ショップ】官足法の足つぼ治療・足裏マッサージ治療用健康器具

足つぼ 副鼻腔

私は何十年も前から足つぼを勉強している者です。 まず多くの方が「足つぼは気の流れを良くするというもので医学的・西洋学的に根拠がない!」と勘違いしているようですが、そもそも足つぼ療法は東洋医学ではありません。 「足つぼへの刺激」と「内臓への反射」の関連性はアメリカで発見されたものです。 外科手術中に内臓と足裏の神経がつながっていることが発見され、リフレクソロジーという療法が確立されました。 よって足つぼへのマッサージがその部分へ刺激を与える(つまり「効く」)というのは間違いはありません。。。 ただし、足つぼでのマッサージがその患部の病気を治す訳ではありません。 質問者様の場合ですと指先をいくらマッサージしたとしてもアレルギー性鼻炎が治る訳ではありません。 足つぼが痛かったりゴリゴリする主な原因は、おっしゃる通り老廃物(尿素や乳酸など)が溜まっているからです。 (他には筋肉の炎症や筋肉のコリが原因の場合もあります) マッサージによってそれらの老廃物を取り除くことはできますが、人によっては長い間マッサージしていてもゴリゴリが取れない場合があります。 そして、もし取れたとしても病気自体をを治すことはできません。 患部への良い刺激にはなりますが、根本的な治療にはなりません。 例えば肩こりの場合、根本的な姿勢・身体の歪みを治さないと、いくら肩をマッサージしょうが足ツボの肩の部分をマッサージしようが、肩こり自体が治ることはないのです。 眼球のマッサージや足の目のつぼへのマッサージなども、とても気持ちがよく目の疲れは取れますが、視力が回復したり目の病気が治る訳ではありません。 なので、簡単にまとめると 「足つぼ療法の効果は実際は医学的にも広く認められてはいるが、効果はそれほど大きいものではない」 あくまで気持ちがいいマッサージ程度に考えるのが良いでしょう。

次の

足つぼを押して痛いところでわかる不調と効果的な足つぼマッサージ

足つぼ 副鼻腔

「足の裏を押すと痛いところがあるんだけど、どこか悪いところがあるのかな?」 あなたは今、そう思っていませんか? 確かに、 足裏を押してどこかが痛いと、体のどこかに不調があるといわれています。 また、 押して痛いところに、指圧などで刺激をあたえることによって、血行がよくなったり、自然治癒力が高まったりして、不調がやわらぐことも知られています。 それが、足つぼマッサージの効果です。 この記事では 基本的な知識や方法を身につけることで、自らの足つぼマッサージができるようになるだけでなく、お店などでプロにお願いする際にも役に立つでしょう。 足つぼマッサージについて理解を深め、あなたがより健康な毎日を過ごすために、この記事が貢献できれば幸いです。 足つぼを押して痛いところは不調のサイン 「第2の心臓」ともいわれる足の裏には約60〜70の反射区(つぼ)があり、体のどこかが不調になると足裏のつぼがかたくなったり、カサカサしたり、押すと痛みを感じたりします。 そこで、 痛みを感じる足つぼを押すと、体の不調をやわらげることができます。 このことを活用した様々な種類のつぼ押しによる施術は、世界中で行われてきました。 ここでは足つぼの痛みと効果について説明します。 1-1. 痛いところは悪いところとつながっている 足の裏を押して痛いところがある場合、体のどこかの状態が悪い可能性があります。 足の裏には多くのつぼがあり、こっちのつぼは目とつながっている、そっちのつぼは胃とつながっているなど、それぞれのつぼが各臓器・器官とつながっています。 たとえば、足の左右の親指は頭・脳とつながっているため、頭痛がするときは両方の親指を押すと痛みを感じるでしょう。 足の裏のつぼを押して痛いと感じるなら、体のどこかの調子が良くないはずです。 1-2. 痛いところを押すことで不調ケアになる 足裏の痛いところを押すと、体の不調が緩和されます。 足裏のつぼを押すことで血行が良くなったり、代謝が促進されて老廃物が排出されやすくなったりします。 足つぼマッサージはデトックスや美容、ダイエットにもつながるといわれますが、これも血行促進や代謝アップにもよるものです。 足裏の痛いところを押すことは、不調ケアにつながります。 1-3. ちょっと痛いくらいの「 イタ気持ちいい」が目安 足裏のつぼを押す時の強さは、ちょっと痛い「痛気持ちいい」が目安です。 つぼ押しは弱すぎると効きませんし、強すぎると気持ちいいどころではなくなってしまいます。 ちょっと強いけど気持ちいい、「痛気持ちいい」くらいが理想です。 指の腹で足つぼを押し、少しずつ強めていって、自分なりの「痛気持ちいい」強さを見つけてください。 痛さの感覚は個人差が大きいので、お店などで足つぼマッサージを受ける場合は。 「ちょっと痛い」「ちょうどいい」など、正直に感想を伝えましょう。 足つぼマッサージにおける4つの注意事項 足つぼマッサージは体の不調ケアにつながることがある反面、タイミングによっては体調を悪くしてしまうこともあるので、注意点をまとめました。 食後すぐの足つぼマッサージ、飲酒後、足をケガしているとき、妊娠中がNGとされています。 自分で足つぼマッサージを行う際はもちろんのこと、お店などで足つぼマッサージを受けるときの注意点としても活用してください。 2-1. 食後すぐの足つぼマッサージはNG 食後すぐは、足つぼマッサージをしないようにしましょう。 食後すぐは食べたものを消化するため、消化器に血液が集まっています。 足つぼマッサージをすると血行が良 くなルため、消化器官系の血液量が減り、消化が妨げられてしまいます。 消化器官の働きを助けるため、食後30分は足つぼマッサージをしないでください。 2-2. 飲酒後の足つぼマッサージはNG お酒を飲んだあとは、足つぼマッサージをしないようにしてください。 マッサージを行うことで血行が良くなり、さらに酔いがまわってしまう可能性があるためです。 2-3. 足をケガしているときの足つぼマッサージはNG 足のケガをしているときは、足つぼマッサージをしないようにしましょう。 足をケガしているときは患部やその周辺に刺激をあたえたり、血行が良くなったり、患部そのものを刺激してしまったりすることで、患部の痛みが増すこともあるからです。 2-4. 妊娠中の足つぼマッサージはNG 妊娠中は、足つぼマッサージをしないようにしてください。 足裏には生殖器のつぼもあり、そこを押すことで、体調が悪化する場合があるからです。 妊娠中は体の機能や体調などが変わりやすく、胎児に影響があってもいけません。 妊娠中の足つぼマッサージは控えましょう。 痛い場所別、効果がわかる足つぼマップ 足の裏には多くの反射区 つぼ があり、それぞれのつぼには全身のさまざまな臓器や器官の調子が反映されています。 そのため、足つぼを押して痛みを感じる場所と、その場所とつながっている臓器・器官がどこかを知ることは、体調管理や不調ケアのためにも大切です。 「足つぼマップ」を参考に、足つぼのどの部分が痛いと、どの臓器・器官が不調をかかえているのか、その関係性を理解し、足つぼマッサージに役立ててください。 なおこの足つぼマップはリフレクソロジーの反射区です。 詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。 関連記事 3-1. 足の親指を押すと痛い場合は、 頭痛を抱えている可能性 両足の親指の腹全体は頭や脳とつながっているので、両足の親指を押して痛いときは、頭痛を抱えていることが少なくありません。 頭痛を感じているときや頭が重いときは、両足の親指の腹全体を押すと効果的です。 また、 考え過ぎて疲れていたり、ストレスによる疲労を感じたりしている場合も、両足の親指全体を押すこと で、頭痛が緩和されたり、頭がすっきりする可能性があります。 3-2. 足の人差し指・中指のあたりを押すと痛い場合は、 目が疲れている可能性 人差し指と中指の間のあたりを押して痛いときは、目の疲れが考えられます。 この部分のつぼは、右足は左目、左足は右目につながっています。 PCやスマホの見過ぎなど、 目が疲れていると感じたら、足の人差し指と中指の間あたりを少し強く押してみて ください。 疲れ目をやわらげる効果が期待できます。 3-3. 足の指先を押すと痛い場合は、 服鼻腔や鼻に不調がある可能性 すべての足の指の先は、副鼻腔につながっているので、足の指先が痛い場合、服鼻腔や鼻に問題を抱えている可能性があります。 アレルギー症状や蓄膿、副鼻腔炎 鼻風邪 などで悩んでいるなら、すべての足の指先を押すことで症状をやわらぐ可能性があります。 3-4. 土踏まずの上あたりを押すと痛い場合は、 肺・気管支に不調がある可能性 土踏まずの上あたりが痛い場合、肺・気管支が不調という可能性があります。 「息苦しい」「呼吸が浅い」と感じているなら、土踏まずの上あたりを押してみてください。 息苦しさや、呼吸が浅い状態を改善することができます。 3-5. 土踏まずのあたりを押すと痛い場合は、 胃に不調がある可能性 土踏まずのあたりには、胃につながっている足つぼがあります。 そこを押して痛い場合、胃が不調であることが 少なくありません。 胃の調子が悪いときは、土踏まずのあたりを押してみてください。 胃の不調がやわらぐ可能性があります。 3-6. 土踏まずのかかと寄りを押すと痛い場合は、 腸に不調を抱えている可能性 土踏まずよりもかかと寄りを押して痛いとき、腸に不調を抱えている可能性が少なくありません。 お通じが良くない、 便秘気味という場合、土まずよりもかかと寄りのあたりを押してください。 腸の調子が整えられ、お通じの状態が改善に向かう可能性があります。 3-7. 左足の真ん中あたりを押すと痛い場合は、 心臓に不調を抱えている可能性 左足の裏の中心から少し薬指のほうへ向かった場所を押すと痛いなら、心臓に不調を抱えている場合があります。 心臓に不調を感じる場合は、左足の裏にあるつぼを押すことで、心臓の働きを活性化できることがあります。 ただし、 高血圧の方や心臓に疾患を抱えている方は、担当の医師に相談してください。 3-8. 土踏まずの内側のあたりを押すと痛い場合は、 膀胱に不調がある可能性 土踏まずの内側のあたりを押して痛みを感じるなら、膀胱に不調がある可能性があります。 尿のキレが良くないという自覚があったり、膀胱が痛いと感じていたりする場合は、この足つぼをもむことで症状の改善が期待できます。 3-9. かかとを押すと痛い場合は、 生理痛・生理不順を抱えている可能性 かかとを押して痛い場合、生理痛・生理不順を抱えている可能性があります。 生理痛・生理不順で悩んでいるなら、 かかとをまんべんなく刺激することで、症状の緩和が期待できます。 3-10. 足の指の付け根を押すと痛い場合は、 自律神経のバランスが崩れている可能性 足の指の付け根のあたりを押すと痛い場合、自律神経の乱れが考えられます。 ストレスがたまっていると思ったら、 自律神経のバランスが崩れている可能性があるので、足の指の付け根のあたりを指の腹で押してみてください。 自律神経の乱れを整える効果があります。 また、足の親指全体をマッサージすることでも自律神経が整えら、精神面でのプラスの効果が期待できます。 3-11. 足の甲にむくみを感じる場合は、冷え 性や首・肩のこりと関係 足の裏のつぼを中心にお話ししてきましたが、足の甲にもつぼがあります。 足の甲はむくみ、冷え性や首・肩のこりと関係があることで知られています。 むくみ、冷え性、首・肩のこりで悩んでいるなら、 足の甲をまんべんなく押してください。 リンパの流れが良くなって、老廃物が体の外へ出やすくなります。 そのことにより、むくみが解消されるだけでなく、体調が良くなったり、やる気がわいてきたり、リラクゼーション効果につながったりします。 足つぼマッサージが痛すぎる場合については下記の記事で詳しく説明しています。 興味のある方はぜひご覧ください。 関連記事.

次の