ヘア カラー ハイ ライト。 アッシュのヘアカラーが人気!おすすめカラーと市販のカラー剤2選

【ヘアカラー紹介】印象別!14種の外国人風ハイライトカラー♪

ヘア カラー ハイ ライト

ハイトーンの赤はオシャレ上級者さんや、個性的なおしゃれが好きな人向け。 春夏にぴったりの透け感のあるヘアカラーは、まさに今の季節に挑戦して欲しい色です。 オレンジはイエベさんにぴったりのカラーなので、どんなオレンジでもよく似合います。 ブルベさんなら、オレンジブラウンが雰囲気よく仕上がりおすすめです。 透明感と透け感のある、明るいオレンジ系カラーで気持ちも明るくなること間違いなし! 思いっきり髪色を楽しみましょう。 《オレンジブラウン》フレッシュで元気な印象に オレンジ系のヘアカラーはブラウン系の色にシフトチェンジ。 黄みのあるオレンジは、黄みの強いブラウンカラーになります。 ブラウン系はダメージが目立ちにくく、ツヤが損なわれないので、美容室で髪色を変えたのかな?と思われて、色落ち後とは思われないかもしれません。 カラーを長持ちさせる4つのテクニック 暖色系カラーが色落ち後もキレイといっても、やっぱりもとのカラーをできるだけ持続させたいですよね。 そこで 色をキープするためにできる4つのテクニックをご紹介します。 どれも特別なことをせずに簡単に取り入れることができます。

次の

【2020年夏】ハイライトカラーの髪型・ヘアアレンジ|人気順|ホットペッパービューティー ヘアスタイル・ヘアカタログ

ヘア カラー ハイ ライト

こんにちは、カラーリストの佐伯です。 ヘアカラーといってもはたくさんの色があります。 レッド、マット、ピンク、オレンジ・・・。 そんな中でも特に人気のあるヘアカラー「アッシュ」について書いていきたいと思います。 アッシュと聞くとどんなカラーをイメージされますか? お客様に聞くと、「灰色っぽい色のヘアカラーのイメージ」と仰る方が多いのですが、本当は灰色とアッシュカラーとは無関係です。 しかし、市販で売っているヘアカラーは灰色っぽい色が載っていますよね。 アッシュで染めても灰色にはなりませんし、グレーにもなりません。 では、アッシュとはどんなヘアカラーなのでしょうか。 今回はアッシュカラーについて書いていきます。 アッシュ系のヘアカラーの特長 アッシュはBLANCOのヘアカラーの中でも人気な色です。 聞かれたことがある人も多いかと思います。 アッシュを直訳すると『灰色』なのですが、カラー剤そのものはどんな色かというと、『灰色』というよりも『青色』や『紫色』などの色に近いです。 なぜ、そんな色味なのかというと、日本人の髪質に関係してきます。 日本人の髪は赤味が強いため、髪をカラー剤を使って明るくすると、 『黄色』や『橙色』になってしまうため、 『青色』や『紫色』でバランスをとることで、色味がないアッシュを表現できるよう、カラー剤の色は『青色』や『紫色』に近い色になっています。 特に直毛の方や、髪が硬い方がそういった傾向にあります。 ですので、BLANCOでも、そんな方は一度ではアッシュカラーにならないため、何度もサロンに足を運んでいただいて染めることもあります。 【関連記事】 2. アッシュは染めるとどんな色になるの? 2-1. ブリーチあり ブリーチした髪の毛にアッシュ系のヘアカラーをした写真です。 グレーパープルアッシュ 普通のグレーは飽きたという方にはグレーパープルアッシュがオススメです。 パープルをプラスすることで色落ちも白っぽいホワイトブロンドに!また、パープルが黄色を抑え、ツヤのあるキレイなヘアカラーです。 ホワイトアッシュ ブリーチなしのアッシュダークグレージュカラーです。 画像のようなロングのヘアスタイルにも、ショートのヘアスタイルにも似合いますよ。 【関連記事】 3. アッシュ単体では灰色にはならない 上記は色相環カラーチャートです。 これは、色相環という色相を円形に並べたものです。 反対に向かい合っている色を混ぜると打消しあって色が消えるという特徴です。 これらを補色と言います。 例えば、上記の図で言うと、中央縦で向かい合っている黄と紫、中央横で向かい合っている赤と緑と混ぜると灰色になります。 先にも日本人の髪は赤味が強いと書きましたが、色相環のチャートで言えば左上のあたりになります。 この赤味を消すには、色相環の右下にある青系を使うと打ち消せます。 日本人の黒髪は、青色系を使うことでメラニン色素の赤色を打ち消して灰色っぽくなります。 アッシュ単体では灰色にはならず、赤みがなくなるので灰色っぽくなるのです。 アッシュを出すにはメラニン色素を追い出す? 捕色をうまく活用して日本人でも灰色に髪の色を近づけることができますが、アッシュで染めれば灰色になるというわけではありません。 メラニン色素は赤色だけでなく、茶色や黒といった濃いめの色が入っているため、透明っぽい色のアッシュカラーを阻害してしまいます。 透明感のある発色を出すにはどうしたらいいか? それには、ブリーチを使用してメラニン色素である黒や茶色を追い出して灰色っぽさを出やすくする必要があります。 【関連記事】 BLANCOには、一流のヘアカラーテクニックを提供するカラーリストが在籍します! 『アッシュグレージュでもっと可愛くなりたい!』 そんな方にはBLANCO専任のスペシャリストが施術するヘアカラーがオススメです! カラーリストは、肌や瞳の色など、お一人お一人が持っている「パーソナルカラー」を元に、お肌を綺麗に見せ、瞳が輝くような髪の色をチョイスします。 お客様の魅力を最大限に引き出します! また、カウンセリングによって髪の状態をしっかりと把握し、ダメージを最小限に抑える薬剤の選定と色の調合を行います。 そのため、何百種類以上あると言われるカラーの薬剤を自在に操り、あなただけのオリジナルカラーをご提案します。 初めてご来店の方は技術メニュー20%OFFとさせていただきます。 表参道• BLANCO表参道 東京都港区南青山3-17-15 5. アッシュ系は色落ちしやすいヘアカラー ヘアカラーの工程は、髪の内側に薬剤を入れるため、キューティクルを通過して、元の髪の色を脱色してカラー剤を発色させます。 キューティクルが閉じていれば、髪からカラー剤は出ていきません。 しかし、髪が傷んでいるとキューティクルが開いているため、内側に入れたカラー剤は抜けやすくなります。 色落ちが早いのはブリーチ等で髪の毛が傷んでいる場合が多いです。 これらからもおわかりいただけるように、アッシュ系のヘアカラーは、比較的色落ちが早いのがポイントです。 アッシュ系のヘアカラーはトーンで印象が変わる アッシュ系のヘアカラーと言っても、たくさんの種類があります。 ネイビー、ブルー、グレー、パープル、グリーン、ピンクなど同じアッシュでも見た目は全然違います。 また、トーンが明るめか暗めかで印象が違ってきますし、それぞれ個人の髪質や髪の色によってもカラーの出方は変わってきます。 まとめ いかがでしたでしょうか? アッシュは赤味を消す力が強いので、染めた時に灰色のように見えます。 黒髪に染めると赤みを抑えたブラウンカラーになります。 ブリーチを何度もしてアッシュを入れると青っぽいカラーになります。 アッシュは人気の色ですので、オススメです。 ぜひ、BLANCOのカラーリストが施術するアッシュをご体験ください。 ブリーチを何度もしてアッシュを入れると青っぽいカラーになります。 アッシュは人気の色ですので、オススメです。 ぜひ、BLANCOのカラーリストが施術するアッシュをご体験ください。 【関連記事】.

次の

【人気のベージュ6選】絶対かわいいヘアカラーはベージュ系で決まり

ヘア カラー ハイ ライト

こんにちは、のカラーリスト佐伯です。 ヘアカラーはオシャレの大切なポイントの1つですよね。 でも、どんな色にすればいいのか悩んでいる方も多いはずです。 お客様との会話の中でも『ヘアカラーを変えてみたいけど失敗したくない』や『何色がヘアカラーが似合う色かわからない』などの声をたくさんいただきます。 今回は、青山で働く現役カラーリストが、サロンでオーダーが多い2020春夏のトレンドヘアカラーやあなたの髪に似合うヘアカラーの選び方について書きます。 また、カラーリングの頻度や美容室と市販のカラーの違いについてもまとめてみました。 自分に似合うヘアカラーの色やカラーを長持ちさせる知識を身につけて、オシャレをもっと楽しみましょう! 目次• 暗めのヘアカラーなので、OLさんなど会社に勤めていらっしゃる方もオーダーがしやすいです。 一度ブリーチをしてから、暗めに色を入れる方も多いです。 ブリーチを入れた方が綺麗にカラーが出ますし、グレー感が感じられるようになります。 このグレージュカラーは退色が少し遅めで、オレンジ色になりにくいのも特徴です。 色はグレージュより濃いめになるので、ハイトーンから暗髪にしたい方にもオススメです。 暗めのカラーですが、他人とちょっと違う色にしたい方や個性的な方にもオススメのヘアカラーです。 また、退色の過程でグレーに変化していくので、長くヘアカラーを楽しめます。 外国人の少女の地毛のような透明感と透け感のある色味です。 ほどよく寒色の色合いなのですが、柔らかめでグレージュやブルージュよりくすまないのが特徴です。 グレージュカラーやブルージュカラーに飽きた方にオススメです。 ピンクですがフェミニンになりすぎず、大人っぽくもできます。 ピンクパープルは、中間色なので暖色よりにも、寒色よりにも、暗めにも調整できる優れものです。 退色がオレンジになりすぎないのが特徴です。 肌色も明るく見えますし、可愛い印象になるので、男性ウケも女性ウケも抜群なヘアカラーです。 暖色に挑戦したい人のスタートに、また、ベージュだけだと黄味っぽく退色するのが嫌な方にオススメです。 ピンクベージュでは物足りないなと思った方にオススメです。 ピンクもなかなか個性的な髪色だと思いますが、オレンジとブレンドすることで 、個性的でありながらも馴染みやすい色合いの髪色になります。 ブリーチして入れると派手にもできますし、よりツヤっぽくなるのが特徴です。 【関連記事】 なぜBLANCOでは明るめのヘアカラーを注文するお客様が多いのか。 それには理由があります。 春になると、ファッションに合わせて明るめのヘアカラーの人気が高まります。 BLANCOでも、ヘアカラーでもオーダーが全体の半分を超えるほどでブリーチ率も高いです。 ちなみに、ブリーチをすると髪の毛はひどく傷んでしまいます。 適切なケアや施術の技術がイマイチだと、その後カラーの施術ができないほどダメージを受けてしまいます。 ところがBLANCOでのブリーチのリピート率は50%を超えています。 なぜなら、BLANCOオリジナルのトリートメント方法 30種類以上のケア剤をオーダーメイドで調合 とカラーの専門家であるが施術することで、ブリーチをしても髪の毛へのダメージを最大限に抑えることに成功しているからです。 また、BLANCOでカラーをするとこんなメリットがあります。 表参道• BLANCO表参道 東京都港区南青山3-17-15 2. 理想的なヘアカラーの頻度 ヘアカラーと言ってもブリーチのあるなし、グレイカラーなどカラーのタイプによって頻度は変わってきます。 カラーリストがオススメするヘアカラーの頻度は以下の通りです。 ファッションカラー(ブリーチなし) ファッションカラー(ブリーチなし)の持ちは1ヵ月半から2ヵ月と言われています。 明るくすればするほど、根元が伸びてくるのが気になってきます。 明るければ毛先のカラーの退色も早くなります。 ファッションカラー(ブリーチあり) ファッションカラー(ブリーチあり)の持ちは1ヵ月から1ヵ月半と言われています。 ブリーチをされていない方に比べると、カラーの退色はかなり早いです。 前回したカラーが明るい(薄い)となおカラーの退色は早くなります。 白髪染め 白髪染めの持ちは1ヵ月半から2ヵ月と言われています。 【関連記事】 カラー=ダメージではない!? よく思われがちなのですが、カラーはイコールでダメージではありません。 髪を暗くする場合は、毛先にはほとんどダメージのない薬もあります。 むしろ、色が抜けっぱなしの状態より手触り、ツヤ感がアップするくらいです。 【関連記事】 3. ヘアカラーの色が抜けないようにするには? ヘアカラーをした後に誰もが気になるのが色落ちですよね。 せっかくヘアカラーをしたのにすぐに落ちてしまうと悩んで いる人も多いはずです。 抜けないようにするには、まず髪を洗ってベタベタの状態で放置せず、すぐに乾かすようにすることです。 また、ヘアカラー後は、カラーリング専用のシャンプーを使用するようにしましょう。 髪は温度が上がると色が抜けやすくなります。 ヘアカラーの頻度を減らしたい場合のポイント ヘアカラーの周期を伸ばすためには、ポイントがあります。 まず、ファッションカラーの場合、カラーは全体的に暗くすると長持ちします。 もう1つ、ハイライトを活用すると、明るい部分が目立って見えるので、ハイライトと後から伸びてきた髪の毛がなじんで、目立ちにくくなります。 ちなみに、ハイライトは若い方がするイメージがありますが、ミセスやマダムの方にもオススメです。 ハイライトカラーは、髪色も単色カラーにするより若々しく見えますし、白髪が目立ちにくくなるので、頻度を減らすにはオススメです。 ヘアカラーの美容院と市販の違いは? カラーリングとは 一言でカラーリングといっても、ヘアカラー、ブリーチ、ヘアマニキュア、カラースプレー等の色々な種類があり、髪を染める仕組みや特長はさまざまです。 髪を明るくするには、ブリーチすることによって髪の色を抜き、新たに色素を入れること、また、ブリーチを使わず色を暗くすることもカラーリングと言います。 カラーリングで髪を明るくするには、髪の色をブリーチの力で抜いて、そこに新しい色素を入れます。 髪のメラニン色素を分解することで髪色が抜け、そこにカラー剤を入れていくことで染まります。 ブリーチのイメージは、キンキンの脱色した髪を連想しがちですが、実は市販のものや美容室で暗くする場合は使いませんが、髪を明るくするには、ヘアカラー剤使用には含まれている工程です。 美容室と市販のヘアカラーの違いは? では、美容室の市販のヘアカラーの違いはなんでしょうか。 市販のヘアカラーは短い時間で結果を出すために、毛にカラーを入れる力が強く、ムラが目立ちにくいような濁った色が多いです。 例えば、BLANCOでは、上記のような場合、地毛は明るくするための少し強めな薬を使い、既に染めてある明るい部分は、暗くするためのかなり優しく、ダメージが少なくて済む薬剤を使用して、髪への負担を最小限にして染めます。 反対に、市販のものだと、そもそも強い薬剤であること、また、全体を希望の色のカラー剤で染めるため、色ムラや髪のダメージも生まれやすくなります。 髪の毛のコンディションによって、薬剤を選定し、塗り分けていくことが出来るか出来ないかが、美容室の市販のヘアカラーの大きな違いとなります。 色々あるヘアカラーのワードを徹底解説 アッシュ、ハイライト、ブリーチ、トーン、リタッチ、ダブルカラー等、ヘアカラー1つとっても色んなワードがあるのでよくわからなくなりますよね。 同じ意味でも呼び方が違ったりすることもあります。 ヘアカラー初心者の方でもわかるように解説させていただきます。 アッシュ アッシュはよく聞く言葉だと思います。 アッシュは直訳で灰色という意味で、ヘアカラーの色味の系統のひとつです。 最近のアッシュカラーは、様々なバリエーションがあり、グレージュやブルージュがいまのトレンドです。 これらはアッシュの枝葉の色で、大元ははアッシュなのです。 【関連記事】 ハイライト ハイライトもヘアサロンでよく耳にするメニューだと思います。 これは部分的にブリーチやカラー剤を入れて明るい部分を作り、全体的に立体感のある見た目に仕上げる手法です。 重めのカラーでもハイライトで動きが出てライトな印象を出す事ができます。 ハイライトでポイント的にカラーをした髪は、それが引き立って髪全体が明るいトーンになります。 【関連記事】 ブリーチ ブリーチは、髪に色を入れるカラーとは反対に、髪の毛の色素を抜くことを言います。 ブリーチは強い脱色効果を持ち、一度色を抜くとその後入れたいカラーが綺麗に発色し、ゴールド、ピンクやブルーなど、日本人の黒髪ではできない個性的なヘアカラーを表現することができます。 トーン トーンとは、髪色の明るさを表す単位です。 トーンの数値が大きい程明るく、低いほど暗いことを表します。 通常、ヘアカラーのトーンは、4~16の明るさの領域があり、黒髪は4~5トーン、15トーン以上はブリーチが必要な明るさになります。 リタッチ リタッチとは、カラーしてから毛が伸びて色が染まっていない部分の色を、カラーリングして揃えることを言います。 この根元部分のみを再度カラーリングすることで、フルカラーをしなくても均等な色や明るさに戻すことができます。 ダブルカラー ダブルカラーとは、その名の通り、2段かいの工程でカラーリングを行う方法です。 例えばの組み合わせは、ブリーチした後にカラーリングをするという感じです。 1回目にブリーチで明るくして、2回目で色味を入れていく手法です。 なぜ2回カラーをするかというと、ブリーチでも書きましたが、1回では表現することできないが色味を出すことができるためです。 まとめ いかがでしたでしょうか? 同じカラーでも可愛く見せてくれるヘアカラーから透明感を与えてくれるヘアカラーまで種類は様々です。 普段は落ち着いた色のヘアカラーを楽しむ人も、時にはトレンドヘアカラーで変身してみませんか? また、美容室と市販のヘアカラーの違いやカラーを美しく保つための頻度も書かせていただきましたが、ぜひ、うまく活用してヘアカラーを楽しんでみてください。 BLANCOでは、知識・経験が豊富な専門のカラーリストが、あなたに合うヘアカラーを提案いたします。 ぜひ、ご来店下さいませ。 お待ちしております! 【関連記事】.

次の