インディード 無料掲載 デメリット。 ndeedの掲載ってどうやるの?5分でわかりやすく解説

Indeed(インディード)とは?3分でわかる仕組み・メリット・費用・効果実績まとめ

インディード 無料掲載 デメリット

Indeed(インディード)とは? 最近テレビCMでも見かける機会が多いIndeedですが、 求人サイトではなく求人検索型エンジンになります。 一般的な求人サイトとは違い、Indeedはインターネット上のあらゆる求人情報を検索することができます。 Yahoo! やGoogleなどと同様の検索エンジンですが、 Indeedは求人情報に特化したものになります。 例えば、ハローワークに掲載されている求人情報などをクローリングして情報を収集しており、求人サイトと比べると 圧倒的な求人数であることが強みになります。 また、Indeedは求人情報をクローリングするだけでなく、Indeed上で求人情報を掲載することもできます。 Indeedには有料枠と無料枠の2つのプランがあり、 有料枠ではスポンサー枠として検索結果に上位表示させることもできます。 Indeed(インディード)の特徴 先ほどもお伝えしましたが、 Indeedは求人検索型エンジンですが、様々な特徴があります。 この Indeedの特徴は以下の3点が挙げられます。 圧倒的な求人件数• SEOに強い• ユーザーに合わせた検索結果の表示 Indeedの特徴として上記の3点が挙げられますが、 Indeedはインターネット上にあるあらゆる求人情報をクローリングしているため圧倒的な求人数となっています。 また、求人数の多さとともに 検索順位(SEO)にも強いと言われており、「求人」「募集」などのキーワードを検索するとIndeedのサイトが上位に表示されます。 そして、ユーザーが検索したキーワードにより近いものから表示されるため、 ターゲットを採用しやすいことも挙げられます。 このように一般的な求人サイトとは違って、様々な特徴があります。 Indeed(インディード)の掲載方法 Indeedには無料で掲載できる 無料掲載と有料で掲載できる 有料掲載の2種類があります。 有料掲載の場合は、クリック回数に応じて料金が発生する クリック課金制度となっています。 掲載方法には 自社のページを直接Indeedにクローリングさせる方法と Indeedのフォーマットに直接入力する方法があります。 Indeed(インディード)と求人広告の違い Indeedは求人情報を扱っていますが、一般的な求人サイトではなく 求人検索型エンジンになるので求人サイトとは違います。 Indeedと求人サイトそれぞれにメリット・デメリットがあるので見ていきましょう。 求人広告サイトのメリット・デメリット 一般的な求人サイトのメリットとしては、ある職種に特化した求人サイトであれば 専門職などの人材をピンポイントに狙うことができます。 また、広告代理店が原稿作成からフォロー、サポートまでを行ってくれるので手間が省けることが挙げられます。 一方、デメリットとしては 掲載費用がかかることであり、成功報酬型の求人サイトでは採用時に高額な費用がかかります。 そして、原稿作成などの打ち合わせが必要になるため 掲載までに時間がかかることもデメリットとしてあげられます。 Indeed(インディード)メリット・デメリット Indeedのメリットとしては、 無料で掲載ができるのでコストの削減ができることです。 また、Indeedは圧倒的な求人数であり SEOにも強いことも挙げられます。 デメリットとしては、無料掲載の場合はユーザーの検索結果によってしか表示されないので効果が期待できないこともあります。 そして、Indeedのフォーマットに入力して掲載する場合は、 自分で入力が必要になるので手間がかかることです。 Indeed(インディード)と求人広告サイトの違い Indeedと求人広告サイトは同じように思えますが、全く違うものです。 Indeedと求人広告サイトの違いは以下のようなものが挙げられます。 掲載料金体系の違い• 掲載期間の違い• 手間の大きさの違い Indeedではクリック課金制度という料金体系になっていますが、 求人広告サイトは掲載料金になります。 また、求人サイトでは掲載期間が決まっていますが、Indeedの無料掲載では明確な掲載期間は設けられていません。 そして、求人広告サイトでは原稿作成などは代理店などが行ってくれますが、 Indeedは自分で入力する必要があるため掲載するまでの手間が大きいです。 このように求人サイトとIndeedは違いがあります。 Indeed(インディード)はこんな時に使える Indeedも求人広告もメリット・デメリットがありますが、Indeedは以下のような場合に使えるでしょう。 すぐに求人掲載したい場合• 採用をロングスパンで考えている• 採用コストを削減したい• 地方での採用を考えている このような場合は、Indeedを活用することで採用成功が期待できます。 Indeedはアカウント登録後にすぐ掲載ができるので、 料金をかけずにすぐに掲載したい場合などにオススメです。 まとめ 今回は、 Indeed(インディード)広告の仕組みと違いについてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか? Indeedは求人検索型エンジンであり、インターネット上のあらゆる求人情報を網羅しているので 圧倒的な求人数が強みです。 また、求人サイトにもメリット・デメリットがあるので、目的に合わせて上手くIndeedと使い分けすることが大切になります。

次の

Indeed(インディード)無料掲載のデメリットは克服できる?メリット活用で応募数を伸ばす方法

インディード 無料掲載 デメリット

しかし実際、「言葉はよく聞くけど、イマイチIndeedのことがわかっていない」という方も多いのではないでしょうか。 Indeedとは、求人をおこなっている企業と求職者をつなぐひとつのサービスです。 リクナビやマイナビなど求人を掲載できるサイトはたくさんありますが、Indeedはそれらと若干仕組みの異なるサービスなので、Indeedの特徴を理解していないとその効果は薄れてしまいます。 本記事では、Indeedの「特徴」や「活用方法」について解説します。 Indeedへの掲載を検討されている方は、ぜひ本記事を参考にしていただけますと幸いです。 【1】「 Indeed」とは? 「Indeed」とは 求人の検索エンジンです。 Yahoo!やGoogleは情報の検索エンジンとして有名ですが、求人検索に特化した検索エンジンがIndeedです。 アメリカの求職者の70%が利用するIndeedは、2012年、日本においてリクルート社の完全子会社となりました。 ここでは「 Indeedの仕組みの特徴」についてご紹介します。 1-1 「Indeed」の仕組み Indeedのトップ画面は上図のようになっており、ボックスに「職種」「業種」「会社名」などのキーワードを入れ、隣の「勤務地」で場所を絞り込んで検索をかけると、さまざま求人サイトから集められた求人情報が表示されるという仕組みになっています。 従来の求人サイト たとえばリクナビNEXTなど の場合は、それぞれの求人サイトを個別で訪れ、検索をおこなう必要がありました。 一方、Indeedで求人を検索した場合は、Web上に公開されているあらゆる求人サイト求人情報を一括で検索してくれるため、求職者に対してより多くの求人を提示することが可能になります。 また、Indeedのトップ画面からの検索結果だけでなく、GoogleやYahoo! の検索ボックスで企業に対するキーワードを調べた場合にも検索結果に表われます。 Indeedは世界中のユーザーが利用しており、毎月約2億人が使っている求人系サイトとしては世界最大を誇ります。 国内においても月に1,100万人が利用しているので、幅広い人材を募集する企業や海外の求職者を求めている企業には非常に有効だといえます。 1-2 「Indeed」の特徴 続いて、Indeedの特徴を「 活用するメリット・デメリット」それぞれの側面から見ていきたいと思います。 毎月世界で2億人以上のユーザーが利用しているため、日本だけでなく、海外勤務の人材にも日本から募集をかけることができます。 また国内でも、市街地だけでなく地方や郊外にいる求職者に対してもアピールすることができます。 掲載は簡単!専門知識も必要なし! Indeedに掲載するために必要な作業は、「アカウントの開設」「項目を登録する」の2点のみなので非常に簡単です。 メールアドレスを用意(業務で普段から使っているアドレスでOK)• そのメールアドレスを使って、アカウントを開設(指示に従っておこなうだけ)• アカウントの開設ができたら、Indeedの管理画面に従って項目を登録 掲載手順は以上です。 インターネットにアクセスできる環境さえあれば、簡単にIndeedで求人広告を掲載することができます。 無料の掲載枠がある 通常の求人広告媒体を利用すると、求人の応募がなくても掲載料が発生してしまいます。 応募があればまだしも、応募がなくても費用が発生するのは、予算が限られている中小企業にとってはかなりリスクや負担となってしまいます。 じつは、Indeedにも同じように有料の掲載枠 スポンサー求人 があります。 一方で無料の掲載枠 オーガニック求人 もあるという点で他の求人サイトとは異なります ただし、有料掲載枠が検索結果の上位に表示されるのに対し、無料掲載枠は下位に表示されるという点で、どうしても求人が埋もれるケースが多くなってしまいます。 こういった理由から、有料掲載枠を利用する企業が多いのもIndeedの特徴です。 求職者の反応を掲載内容に反映させやすい Indeedは自社が表示された回数や、クリックされた回数を管理画面で確認できるため、広告内容や募集地域などの改善の余地があるかどうかをこまめにチェックすることができます。 そしてIndeedの場合、自分たちで簡単に広告文や企業情報を変更できるので、改善の余地があると感じたらすぐに対応することができます。 また、「求人アナリティクス」とよばれる指標があり、Googleが提供するWebサイト分析ツールのGoogle Analiticsとは異なる指標での効果測定も可能になります。 予算を管理しやすい Indeedは設定画面上で、クリック単価の上限や月額予算を設定することができます。 予算の設定をしておけば、予算超えの心配もなく、安心して予算を管理することができます。 また、無料掲載枠を利用している企業自体も非常に多いため、そもそも自社の求人が求職者の目にとまらず、埋もれてしまうという可能性がかなり高くなってしまいます。 自社の求人が埋もれないようにするためには、せめて無料掲載枠の中で上位に表示されるようにすることが重要になります。 上位に表示してもらうためには、「求職者の検索キーワードとの合致度」や「掲載してからの経過時間」がカギとなります。 求職者の検索キーワードとの合致度 :管理画面で表示数やクリック数をみながら色々変えてみると良いでしょう。 掲載してからの経過時間 :求人を掲載してから時間が経過するほど上位に表示されることが難しくなるため、クリック数や表示数の時間的な変化をみて、減ってきたら情報の更新をおこなうようにしましょう。 応募者への連絡などの採用活動のフォローがない Indeedの無料掲載枠を使えば、無料で採用活動をおこなうことができます。 一方で、ほかの求人サイトにはある「日程調整」や「案内メール」の送信などの機能が一切ないため、すべて自分たちでおこなわなければなりません。 応募がきてから返事をするまでに時間がかかってしまうと応募辞退が増えてしまいます。 費用を極力抑えたいという企業も多いかもしれませんが、採用活動に工数をかける余裕が全くないという中小企業には、Indeedは逆に不向きと言えるかもしれません。 【2】「 Indeed」の掲載方法とは? Indeedへの掲載方法は簡単と述べましたが、ふつうの求人サイトへの掲載とは少し勝手が違うため、自社求人サイトをIndeed仕様に合わせる手順が必要となります。 ここでは「Indeed仕様への合わせ方」について解説します。 2-1 Indeed に掲載する3つの方法 Indeedに掲載する方法は、以下の3通りあります。 常時6件以上の求人情報が掲載されている(有料掲載の場合は6件以下でも可)• 1つの求人情報には職種、勤務地、仕事内容がすべてそろっている• 1求人につき1職種名がわかりやすく掲載されている• 仕事内容の詳細が記載されており、詳細を確認するためにユーザー登録を要求しない+求人に応募するための課金がない• 勤務地が明記されている• それぞれの求人に対して別々のURLが割り振られている• 各求人ページに応募方法が記載されている• 求人情報がhtml形式である(PDFやWord文書は不可)• 在宅勤務の求人情報を含まない• モバイルで表示する際は、モバイル最適化(リダイレクト設定やレスポンシブル対応etc)がおこなわれている また、上記以外でもインターンなど無給の案件は利用できないなどの規定があるので、採用ページを作成する前に、Indeedの掲載ガイドラインを確認するようにしましょう。 2|Indeedに直接投稿してページを作成する Indeed求人情報と投稿する方法について手順を説明します。 アカウント情報として下記の内容を登録します。 職種名(16文字以内で詳細記載を推奨)• 会社名• 指定された文字数を超えると、見きれてしまい、見にくくなってしまいます。 応募者が求人企業にアクセスする方法を2通り設定することができます。 ここでは、複数のアドレスを登録することができます。 応募があった後は素早い対応が重要になるので、複数の担当者もしくはメーリングリストのアドレスを使うことをおすすめします。 次に電話での問い合わせの有無を決めることができます。 実際メールは面倒だと考える求職者も多く、電話での応募が多いという現状があります。 ですので、電話での問合せを「あり」に設定しておくことをおすすめします。 まず、雇用形態と給与情報を登録します。 給与は幅を持たせて登録することができます。 特に複数職種を一度に募集する場合は、念のために幅を持たせて登録するようにしましょう。 さらに下記の内容を登録します。 生年月日• 氏名のふりがな• 職務経験• 勤務地• 言語 登録内容に問題がなければ、「有料掲載枠」か「無料掲載枠」を選びます。 有料掲載枠を使う場合は、運営方法として「自動調整設定」か「手動設定」を選び、クリック単価などの情報を入力すれば完了です。 なお、運営方法は好きな時に変更可能です。 以上でindeedへの直接求人情報の登録は完了です。 3|求人サイトへの出稿 Indeedで検索結果に掲載される方法として、求人サイトへ出稿する方法もあります。 Indeedは世界中の求人情報を集めてくるので、ほとんどの求人サイトに載っている求人情報が掲載対象になります。 また、求人サイトを運営している会社がIndeedの有料掲載枠を購入している場合は、上位に掲載されることもあります。 2-2 有料掲載と無料掲載の違いとは? Indeedの特徴や掲載方法はご理解いただけましたでしょうか。 さて、今度は「求人掲載を有料と無料どちらにするか」を悩まれるかたもたくさんいらっしゃるかと思います。 ここでは、 「有料掲載と無料掲載の違い」を中心に特徴を解説します。 クリック課金制で成功報酬的な要素がある 掲載するだけで費用が発生する他の求人媒体と異なり、クリックされたときに費用が発生するクリック課金制です。 上位に表示されるため、求人の露出度が高い 無料枠に比べて上位に表示されるため、求職者の目にとまりやすいというメリットがあります。 日別、月別のパフォーマンスレポートを見ることができる 閲覧された回数やクリックされた回数を確認することができます。 回数が少ない場合には、条件を変えるなどの対策をうつことができます。 効果に応じて上限予算をリアルタイムで調整することができる 予算の上限を決めて求人をだすことができるので、想定以上に費用がかかってしまったというケースを防ぐことができます。 掲載数や応募数に関係なく掲載費用は不要 通常の求人サイトの場合、基本的に無料の求人掲載枠はありません。 一方でIndeedは無料枠があり、最近では無料枠に掲載する企業も増えています。 有料枠の下部に表示され、求職者の目につきにくい 検索結果は有料枠に比べて下部に表示されるので、求職者の目にとまりにくくなってしまいます。 また、無料枠に掲載する企業が増えており、無料枠の中での上位表示の競争率も高くなっています。 情報が埋もれていく可能性がある Indeedでは、情報の新しさ(更新してからの経過時間)や掲載ページの情報量などさまざまな要素で判断して順位づけをおこないます。 更新頻度が少ない、掲載ページの情報が乏しいと下位表示になってしまい、求職者の目にもとまらなくなり、情報が埋もれてしまいます。 自社の採用サイトを掲載するための条件が厳しい 有料掲載では6件以下の求人情報でも掲載されるのに対して、無料掲載の場合は、6件以上の求人情報がのっていることが必要条件になります。 【3】「 Indeed」のまとめ Indeedの仕組み Indeedは求人に特化した検索エンジンです。 従来の求人サイトだと、個別に求人サイトを訪れ、それぞれのサイト毎に求人検索をおこなっていましたが、Indeedで検索をすれば、Indeedがさまざまな求人サイトか求人情報を収集し、一括で表示してくれます。 Indeedの掲載方法 Indeedに掲載する方法は、 「自社求人サイト内にIndeed仕様のページを作成する」「Indeedサイトに直接投稿する」「ほかの求人サイトに掲載する」の3通りがあります。 Indeedは他の求人広告媒体と異なり、無料掲載枠が設けられているため、求人をだすことのハードルが低くなっています。 その分たくさんの企業が求人を出すため、自社の求人が埋もれてしまわないように更新を頻繁におこなうなどの対策が必要です。

次の

【あきもと採用ウラ話】Indeedのメリットとデメリット

インディード 無料掲載 デメリット

無料掲載について まずは、 無料掲載についてご説明いたします。 無料掲載は言葉の通り、掲載~採用までまったくお金をかけずにweb上に求人をアップできるやり方です。 自社運用のみで、代理店での運用はできません。 そのため、自社でアカウントを登録して求人票を作成し、掲載をするという流れになります。 無料掲載のメリット 料金がかからない もちろんですが、 無料掲載の場合は一切料金がかかりません。 掲載をしても、求職者からの応募があっても、 実際に採用をしたとしても完全に無料です。 日本で最も閲覧されている求人サイトでもあるIndeed。 人手不足にお悩みの企業様は、何はともあれ一度掲載してみることをおすすめします! 掲載までのスピードが速い 無料掲載の場合は、Indeedのアカウントを作成して、求人票を作成すれば掲載可能。 早ければ1時間程度で求人の掲載が可能です! 掲載までのフローについては下記ブログをご参照ください。 無料掲載のデメリット 効果を向上させるための運用が難しい Indeedは運用型広告です。 できるだけ多くの求職者に自社の求人を見てもらい、応募が入るよう調整を行うことができます。 しかし、無料掲載の場合はその調整ができません。 つまり、閲覧数が少ないからもっと多くの人に見てもらいたい!という場合に、 ほとんど何も打ち手がありません。 また、Indeedでは新しい求人案件が「新着求人」として扱われ、優先的に表示されるようになっています。 そのため、掲載直後は反応があったものの、徐々に効果がなくなってくるということが起こります。 求人投稿後90日経過すると表示されなくなる Indeedは求職者が最も仕事探しがしやすいサイトを作ることを目的に日々サイトが改善されています。 Indeedでは、 新しい情報を優先的に上位表示させるような仕組みになっています。 さらに今、インディードには1秒間に約10件の求人が投稿されています。 日々、ライバルとなる求人件数はかなり増えているのです。 そのため、 90日以上経過した求人は自動的に非公開になってしまう仕様になっています。 有料掲載について 次に有料掲載についてご説明いたします。 有料掲載のメリット 閲覧されやすい場所に表示される 有料掲載をするとスポンサー枠という閲覧数の多い場所に表示されます。 PCの場合はページの上部と下部に掲載されます。 スマホの場合はページの上部、中部、下部に掲載されます。 運用のことをもう少し知りたい!という方はこちらの記事をご覧ください。 有料掲載のデメリット 費用が流動的である 当然ですが有料掲載の場合は、求人掲載の料金がかかります。 Indeedはクリック課金制のため、求職者が有料枠に掲載されている求人を クリック(閲覧)した際に料金が発生します。 そのため、タウンワークやDODAといった求人媒体のように、 掲載期間に応じた固定の額ということは基本的にはあり得ません。 クリックされなければお金は発生しませんし、逆に多くクリックされすぎるとすぐに予算を使い切ってしまうなどといったことが起こることもあります。 掲載までの手続きが意外と面倒 有料掲載の場合は、クレジットカード情報の登録もしくは12万円以上のチャージ申請をまず行わなくてはなりません。 その他掲載可否申請など、様々な手続きが必要になります。 そのため、有料掲載したいと思ってから2~3営業日程かかることがあります。 地味なわりに意外と手間を取られてしまい、面倒になって途中でやめてしまうお客さまも… 有料掲載の場合、自社運用と代理店運用の2通りがある 有料掲載をする場合は、自社運用と代理店運用の2通りの掲載方法があります。 2つの掲載方法の違いは下記の通り。 採用ご担当者様の業務ボリューム• 代理店の運用ノウハウを活用するか否か• 予算 などに応じて、自社にとって最適な活用方法を選んでみて下さい! 有料掲載への切り替えのタイミングについてはこちらをご参照ください。 「あ~もうめんどくさい!代理店に任せよう!」とお思いの方は、こちらをご参照ください。 おわりに Indeedは、• 試しに無料で掲載をしてみて、反応が良ければ有料掲載をすることでさらに反響UP• 全く反応がなければ、有料掲載によって効果改善と数値をもとにした課題分析 といった使い方も可能です。 貴社の採用ニーズに応じて、有料と無料を効果的に切り替えて使用してもいいかもしれません。 採用成功をお祈りしています! リクルーティング・パートナーズ株式会社はインディードの掲載から掲載後のフォローまで、すべてお任せ頂けます。 ご不明な点、採用やIndeed運用に関するお悩み等ございましたら、お気軽にお問い合わせください! もしくはTELでお気軽に! 0120-932-332 平日10:00~18:00) 特に、 九州(福岡・佐賀・熊本・大分・長崎・宮崎・鹿児島・沖縄)での実績多数! エリア特性に応じたきめ細かな運用を得意としています。 一回30分、自由な日時をご予約可能です。 ブログに訪問いただいた皆さまへ、お役立ち資料プレゼント中! 当リクパーマーケティングブログにご訪問いただいた皆さまへ、 弊社でのIndeed運用事例とお役立ちデータをまとめた資料をプレゼント中です。 上記のダウンロードフォームに必要事項を入力するだけで、 無料で資料をダウンロードいただけます。 ここでしか手に入らない、 プロオリジナルのノウハウ資料です。 ぜひ貴社のIndeed運用にご活用ください!.

次の