花粉症 うわあご かゆい。 上顎洞がんの症状

口の中が痛い?疑われる病気

花粉症 うわあご かゆい

こんばんは、私は歯科助手を3年、歯科衛生士の免許を取って3年、今年で歯科業界7年目です。 出血がいつ頃から続いているかは分かりませんが、一度専門家に見てもらった方が一番ですね。 かといって、色んな歯科医院がありますので、医院選びも気をつけて下さい。 ちょっとした刺激で一部分だけ出血するそうですが、歯周病は一部分からだけでも起こりえる病気です。 他の歯や歯ぐきは健康でも、噛み合わせや、咬み癖、磨き癖、色んな原因で一部分だけ歯周病になることだってあり得ます。 10年前の古傷が・・・と言う考えは、ちょっと可能性は低いですね。 治療後に年に何回かそう言った症状が出ているのであれば、古傷が気になります。 どっちにしても、放っておくのは良くありません。 歯科医院に一度見せて下さいね~! また、心配なことが出てきたなら、何でも聞いて下さい。 お大事に。 参考URL: 歯科医か口腔外科医に見てもらった方がいいかもしれません。 大学の講義で特別に医学部(口腔外科)の先生に講義してもらったことがあるのですが。 そのときに、下手な歯医者にかかったために上顎や下顎にまで虫歯菌が進行して顎が溶け歯並びが悪くなっている人の例を見ました。 こうなるともう入れ歯しかないようですが…。 GBEさんがどの程度のものなのか話だけでは判りませんが、一度見てもらった方がいいように思います。 ちなみに、口腔外科にはいきなり行きにくいと思うので、まずは良い歯医者さんを見つけることだと思います。 良い歯医者さんの見分け方は、歯科衛生士をしっかりとおいていて、自分の口の中をカメラなどを使って撮影し細かくどのようになっているかを説明してくれる場所を選ぶことです。 選び方は、人ずてしかないのかもしれませんが、居住区を指定してこの教えてgooで探してみては? Q 母の話なのですが、四ヶ月程前に上顎 というか口蓋らしい に口内炎のようなものが小さく3つ出来ている事に気づき、その中の一つは出血がひどいそうです。 痛みはありません。 唾液を吸う程度の刺激で、じわじわっとした感じでひどく出血し、就寝前や寝ている間も血で口の中がいっぱいになってしまう程・・・。 口の中が血でいっぱいになって目が覚めると、ゼリーのように固まった感があるそうです。 歯医者に行き、やけどだと診断されて軟膏を出してもらい使用し始め、三ヶ月たつのですが、出血状態はひどくなる一方です。 心配なので、今度は口腔外科で見てもらおうと思っているのですが、耳鼻咽喉科が首上の器官を全て含むと聞いて、どちらに行くべきか迷っているのですが、どうなのでしょうか・・・?それとも、歯医者で違うところで見てもらった方がいいのでしょうか? 又、母は歯槽膿漏気味らしいのですが、本人は多分そのせいでは無いだろうと考えています。 耳鼻科や口腔外科などについてのアドバイスや、こんな症状について何かご存知の方、どんな事でもかまいませんのでよろしくお願いします。 母の話なのですが、四ヶ月程前に上顎 というか口蓋らしい に口内炎のようなものが小さく3つ出来ている事に気づき、その中の一つは出血がひどいそうです。 痛みはありません。 唾液を吸う程度の刺激で、じわじわっとした感じでひどく出血し、就寝前や寝ている間も血で口の中がいっぱいになってしまう程・・・。 口の中が血でいっぱいになって目が覚めると、ゼリーのように固まった感があるそうです。 歯医者に行き、やけどだと診断されて軟膏を出してもらい使用し始め、三ヶ月たつのですが、出血状態はひどく... A ベストアンサー 歯茎からでは無いとありましたが、口の中や鼻や食道、胃などもありますので、一概には言えませんが、肺からの血痰の可能性もあると思います。 血痰の様に注目して下さい。 痰と血液がどの様な状態だったかです。 痰と血液がバラバラで出たのか、真っ赤な痰(混ざり合った状態)だったのかです。 診察を受ける際はこれを言ったほうがドクターは診察しやすいと思いますので、ぜひ思い出してください。 「どんな病気が考えられるか」ですが、いっぱいありすぎて全ては書けませんが、いちを書いておきます。 早期の受診を進めます。 「もう血痰が出ていないから大丈夫」と思わないで下さい。 止まる場合も有ります。 では失礼します。 Q あごというのか、名称は知らないのですが、上の歯のうちら側は、うわあごというのでしょうか。 先日、そこに焼けどをしたのか、堅いものを食べたせいか上側の皮膚が少しめくれました(というより、はがれてきたので自分でめくり取りました)。 私は今までからたまにそういう皮(皮膚・白色)が小さくめくれることがあるのですが、今回はもう5,6日たつのに、未だにそのめくれたところが少し痛いのです。 治らないのです。 もしかして、これは焼けどなどではなく、癌??ではないかと少し不安です。 もう少し様子は見ますが、これは歯科に行くのでしょうか?それとも耳鼻咽喉科になるのでしょうか? そして、こういう症状は皆様にもありますか? 私は昔から、堅い物を食べたときなどに、口の中に血豆ができたり、こういう皮がめくれたりはたまにするのですが、だれにでもあるのでしょうか? ご存知の方がおられましたら、教えてください。 A ベストアンサー 恐らく口腔粘膜が弱いのだと思います。 肌が弱い人がいるように、粘膜が弱い人もいると思います。 よく聞くことが、スナックを食べ過ぎて頬の裏側がざらざらしたり、熱いものを食べて上顎がめくれたりと・・・。 元々、口腔粘膜が弱いのでしょう。 Q 舌から血が出ます。 別段、怪我もしていないのですが、舌の中央部分から頻繁に血がでます。 前からたまに出血(痛みはなし)をしてはいたので、 耳鼻咽喉科に行って診察してもらったところ、異常はないということでした。 診断としては、舌にあるぶつぶつとしたところに、一部刺激に弱い部分があるので、 そこに刺激を与えると出血するのではないかということでした。 別段、刺激をあたえているようなことはしていないと思うのですが。。。。 最近は、毎日舌から血が出ます。 朝起きてすぐだったり、仕事中、食事中、などいきなり出てきます。 3~4分で治まりますが、少し不安です。 胃が弱いので、薬を飲み始めたので、それも関係しているのかなとは 思いますが、前の診断結果が異常がないということだったので、 診察してもらうのもどうかなと思います。 どなたか、似たような症状の方、いらっしゃいますでしょうか? Q 昨晩、水でうがいをしてみると水が赤くなっているのに気づきました。 鏡で見てみると歯茎から出血をしていました。 うがいをして止まるかなと思ったのですが、何度やっても水が赤くなるばかりで止まりません。 よく見ると一箇所からずっと出ているようです。 その後ティッシュを詰めてしばらくすると止まったので、そのまま寝ました。 しかし数時間後すぐおきてしまい、また血の味がしたので ティッシュの上につばを吐き確かめてみると、また赤くなっていました。 うがいをするとまた大量出血をしだしたので、怖くなっています。 歯磨きは毎日しっかりしているつもりですが、少し腫れている部分もあります。 歯茎の出血は怖い病気の前兆というのもネットで知りましたが このような歯磨き中でもなく何もしていないのに、一箇所から出血というのは どういう可能性があるのでしょうか?よろしくお願いします。 Q 舌を噛んだり傷つけたわけでないわけではない時に、時々舌の先等に、小さい見えるか見えないか程度のプツッとした凄く痛いできものができます。 あれはなんですか? よく、食べ過ぎたりして胃が悪い時に出来る、と祖父母なんかに聞かされた気がしますが・・・。 実際、出来たときは、疲労時というか、心身どちらか一方でも過度に疲労したかな?少し食べ過ぎ?と思い当たることもあります、が、毎回ではありません。 あれは何で、どんな時に出きやすくなりますか? また、予防策、出来てからの対処法など教えて下さい。 病院に行くほどひどくならないので、これまでそれで病院に行ったことはなく、だいたい1週間程度で治りますが、出来るととても痛いです。 A ベストアンサー 口内炎が舌にできたものだと思いますよ。 私も子供のころからしょっちゅうできます。 私はできてしまったら薬を塗って早めに就寝して睡眠を十分にとること、食事後や口の中が痛いときなどとにかくうがいをして口の中を清潔に保つこと、ビタミンBを取ることを心がけています。 よくできるならひどくないと思ってても一度医者に行ったほうがいいかもしれません。 薬をくれるので次にできたときにも便利ですし原因もわかるかもしれませんよ。 Q 1週間ほど前から右のど(口の奥?あごの付け根?)が痛いのです。 具体的には何かを飲み込む時にいたい感じです。 自分自身でもどこが痛いのかはっきり分からないヶ所で困っているのですが、口に指を伸ばすとぎりぎり届くかどうかの位置で、外側からは右あごの付け根あたりです。 首筋も痛いような気もしますが気のせいかもしれません。 病院で仕事をしている妻に尋ねると、右の方がちょっと腫れているので扁桃腺?(自信なし)とのことなんですが、自分自身、鏡を見ても腫れているかどうかも分からないレベルです。 最近関連して気になっていることは、肩こりと、熱いものを食べて口の奥でやけどをした感覚があった(最初はその痛みかと思った)ことです。 これはいったい何なんでしょう? 病院へ行くとしたら咽喉科ですか? 宜しくお願いします。 Q こんにちは。 現在20歳(男)です。 口の中(頬の内側)にできる血マメについて教えて下さい。 自分で噛んだという意識はありません。 一年程前に初めて、左頬の内側に大豆くらいの大きさの 血マメができました。 ラーメンを食べている最中に「口内炎かな?」と 思っていたら、食べ終わる前には歯にあたるくらいまで 大きくなり、鏡を見ると黒い血マメができていました。 この時、自分で頬を噛んだという意識は全くありません。 その頃、原因不明の発疹(現在はありません) が全身に出ており、いくつかの皮膚科を受診していました。 気になったので血マメについて質問しましたが、 明確な答えは得られず、放置すると数日後には マメが破れて無くなりました。 それから二、三回同じような血マメが左右に出来、 今日また右頬の内側にできていました。 一応医者には大した事ないと言われましたが、 不安なので何かご存知の方いらっしゃいましたら よろしくお願いします。

次の

うわ あご が 荒れる

花粉症 うわあご かゆい

[どんな病気か] 咽頭(のど)は、鼻の後方から軟口蓋(なんこうがい)までを上咽頭(じょういんとう)、軟口蓋から喉頭蓋(こうとうがい)までを中咽頭(ちゅういんとう)、これより下方の食道入口部までを下咽頭(かいんとう)と呼びます。 鼻から侵入したかぜのウイルスや細菌が感染し、咽頭全体に炎症がおこった場合を急性咽頭炎(「」)といいますが、上咽頭にかぎって炎症がおこっている場合を急性上咽頭炎といいます。 このほか、冬期の乾燥した空気の吸入による鼻粘膜(びねんまく)の乾燥のほか、スギ花粉症(かふんしょう)の一症状としてもおこります。 [症状] 鼻の後方、のどと鼻の接点の痛み、乾燥感、違和感がおこります。 ときに全身倦怠感(けんたいかん)(だるさ)、ものを飲み込んだときの耳に響く痛みなども感じられます。 炎症が強いと、出血がみられることもあります。 後鼻鏡(こうびきょう)や鼻咽腔(びいんくう)ファイバー検査でみると上咽頭粘膜(じょういんとうねんまく)が赤くなっています。 [治療] 養生として、安静を保ち、水分や食事を十分にとり、室内の保温や保湿につとめます。 局所的には、消炎作用のあるプロタルゴール液や塩化亜鉛液(えんかあえんえき)の上咽頭への塗布、抗生物質・副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモン薬の入った液の噴霧(ネブライザー)療法が有効です。 全身状態が悪いときには、抗生物質や消炎鎮痛薬の内服が必要になることもあります。 出典 家庭医学館について.

次の

急性上咽頭炎(きゅうせいじょういんとうえん)とは

花粉症 うわあご かゆい

口腔内のトラブル 口の粘膜が痛い・ヒリヒリする 食べ物によるやけど、硬い食べ物、歯ブラシ・義歯などによって傷がついた場合や口内炎などの細菌感染が疑われます。 うがいをして様子をみましょう。 3~ 4日で症状が軽くなれば心配ありませんが、症状が続く場合は診察を受けてください。 口腔カンジダ症 おもにカンジダ・アルビカンスという真菌 カビ によっておこる口腔感染症です。 急性型と慢性型があります。 口腔粘膜の痛みや味覚に障害が出ることもあります。 急性型である偽膜性カンジダ症は灰白色あるいは乳白色の点状、線状、斑紋状などの偽膜が粘膜表面に付着しています。 この白苔をガーゼなどでぬぐうと剥離可能ですが剥離粘膜面は発赤ないしびらんを呈します。 病変が慢性に経過した肥厚性カンジダ症では白苔は剥離しにくくなり上皮の肥厚を伴うようになります。 【原因】 カンジダ菌は口腔内の常在菌の一つですから、普段はある程度以上数が増えないように他の菌と共存しています。 しかし、副腎皮質ステロイド剤の内服や糖尿病、全身衰弱などにみられる免疫力の低下している状態、唾液量の減少、長期間にわたる抗生物質の服用などで、微生物間のバランスが崩れ、カンジダ菌が異常に増殖し、病原性を発揮するようになります。 治療 局所療法としては、うがい薬や副腎皮質ステロイドや抗生物質を含む軟膏 なんこう を使います。 歯科用金属によるアレルギーが疑われる場合は、原因と思われる詰め物や冠をとる必要があります。 全身的には消炎鎮痛薬のほか、ビタミン製剤や抗アレルギー薬、さらに精神安定薬などの投与が有効な場合もあります。 白板症 はくばんしょう 白板症 はくばんしょう とは、口腔粘膜に生じたこすってもとれない白色の板状 いた状態 あるいは斑状 はんてん状態 の角化性 表面が硬くなった 病変で臨床的あるいは病理組織学的に、他のいかなる疾患にも分類されないような白斑と定義されています。 口腔の粘膜が白くなり、こすってもとれない白斑が特徴です。 カンジダ症 カンジダ菌というカビによる病気 やその他の病変とも違うものをいいます。 白板症の病因ははっきりとしていません。 女性よりも男性に多く、男性の方が女性の約2倍前後と多い様です。 年齢では50、60歳代が多く、20歳代から80歳代まで広く分布しています。 多くは臨床的な診断が可能です。 痛みを伴うものは少ないですが、痛みのあるものは要注意です。 まれに初期の癌であることもあるので、生検検査が必要なこともあります。 口の中の前癌病変 進行すると癌化する可能性のある病気 の代表は白板症です。 治療としてはまず刺激源になっているものがあれば、それを除去します。 薬物療法としては、ビタミンAが有効でビタミンAの投与に反応するか否かを観察します。 薬物療法に反応しなければ手術により切除します。 また切除後も長期にわたる経過観察が必要です。 しかし、経過観察を継続した患者では早期に発見できることから、癌の治療成績は良いです。 アフタ 孤立して一か所だけできたり、数個がちらばってできたりする口内炎です。 輪郭のはっきりしたまるくて浅い、灰白色の偽膜でおおわれた潰瘍をつくります。 周囲は発赤 ほっせき して痛みがあります。 頻度が高く、だれでも一度くらいは経験する口内炎といってよいでしょう。 原因は不明ですが、細菌やウイルスの感染、機械的刺激、アレルギーやホルモンの異常などが考えられます。 治療 放置しても7~10日で自然に治りますが、副腎皮質ステロイドを含む軟膏 なんこう や付着薬 アフタッチ 、うがい薬などを使うと、痛みが軽減され、治癒も促進されます。 口腔乾燥症 こうくうかんそうしょう 口のなかが渇く 口のなかが渇く 口渇といいます のは、水分の摂取量が少なかったり、急激に多量の水分が失われた場合 たとえばはげしい運動時 におこります。 慢性的に水分の摂取不足がつづくような場合は、全身的な疾患や何か重大な障害 たとえば腫瘍による嚥下困難 が考えられます。 大量に喪失する場合は、高熱による多量の発汗や糖尿病による多尿など、原因となる重大な疾患があり、脱水症状の結果として口渇がおこります。 また、巨赤芽球性貧血や鉄欠乏性貧血など、全身性疾患の部分症状として、萎縮性の舌炎とともに口渇がみられる場合があります。 このような場合は、原因に対しての全身的な治療が必要になります。 唾液腺の痛みやはれをおもな症状とするミクリッツ症候群やシェーグレン症候群 関連1・関連2 といわれる病気では、唾液腺の分泌機能がいちじるしく障害されるために口腔の乾燥 口腔乾燥症 がみられます。 このような病気では、同時に涙の分泌が減少し、目の乾燥もみられます。 抗ヒスタミン薬や制酸薬、降圧薬や向精神薬の服用でも唾液は少なくなります。 鼻がつまったためによる口呼吸は乾燥を促し、義歯が唾液の分泌を抑制する場合もあります。 関連説明 ヘルペス性歯肉口内炎 へるぺすせいしにくこうないえん 単純性ヘルペスウィルスによる初感染で一般的には不顕性感染ですが、数パーセントが顕性感染としてヘルペス性歯肉口内炎の形をとります。 大半が小児にみられますが近年では核家族化にともない大人にも見られます。 【症状】 全身的に発熱やだるさがみられます。 口腔粘膜には多数のアフタができ全体に発赤し、特に歯肉の発赤、腫脹、びらんが特徴で口腔内は不潔となり、口臭が強くなります。 自発痛や接触痛も強く、かむこと、飲みこむこと、話すことすら困難になることがあり、顎下 がくか リンパ節も腫れます。

次の