布施 ライン シネマ。 布施ライン・シネマ(東大阪市足代新町)の口コミ19件|エキテン

【東大阪市】閉館から3カ月、布施ラインシネマの解体工事が始まりました

布施 ライン シネマ

長年地元民に愛され続けてきた映画館「布施ラインシネマ」(大阪府東大阪市)が、2月29日をもって閉館。 22日には同館にゆかりのある作品が上映され、多くのファンが集まった。 同館を運営する不動産の岡島興業は、1933年に映画事業を始め、布施に「昭栄座」を開館。 それを皮切りに「東大阪劇場」「布施リオン座」を運営し、1997年にリオン座を改装して「布施ラインシネマ 」と名称を変えリニューアルオープン。 現在は7スクリーン1145席を擁する映画館だ。 2012年にデジタル上映システムを導入したが、同館の掛谷嘉昭シニアディレクターは「フィルムからデジタルになって便利になりましたが、設備投資がだいぶかかる。 個人の劇場ではなかなか厳しい」と、閉館という選択に至った現状を話した。 22日におこなわれたのは、南インド・タミルナドゥ州のスーパースター・ラジニカーント主演のインド映画『ペーッタ』のマサラシステム上映。 紙吹雪やクラッカーOKのマサラ上映は、いまやインド映画のみならずさまざまな作品でも実施され、その名前は広まりつつあるが、2001年に日本で初めて実施したのが、系列の映画館で支配人を務めていた掛谷さんなのだ。 当時掛谷さんにマサラ上映を提案したのが、今回の『ペーッタ』マサラ上映の主催で日本語字幕も担当するラジニ. jpの安田英俊さん。 「当時、映画を観ながら歓声、ましてや紙吹雪、クラッカーなんて・・・と、どこも受け入れてくれなかったマサラ上映を、一発でOKしてくださった。 掛谷さんがいなければ今のマサラ上映はないと思います。 閉館が残念です」と、最後を惜しんだ。 ラジニファンで同館の長年の利用客だったという50代の男性は、「約40年前、この場所で高校一年生のときに『セーラー服と機関銃』を観てから、ずっと通っていました。 布施に来ることが激減してしまうね」と話し、20代の女性も「家の近所で週末はよく来ていました。 初めて映画を観たのもここ。 寂しい」と残念がった。 29日まで、開業からの87年間にちなんで87本の名作を上映する「ラストショー」が開催中(1000円均一、『ドラえもん のび太の宝島』は500円)。 掛谷さんは「ラストショーが始まった序盤は少し寂しい状況だったんですが、少しずつ増えてきました。 最後に名作を楽しんでほしい」と呼びかけた。 Lmaga.

次の

布施ラインシネマの上映スケジュール、映画館データ、割引情報 − 映画ナビ

布施 ライン シネマ

《布施ラインシネマ 2019年9月頃の様子》 先日も映画を見に行く際に『布施ラインシネマ』が候補で上がり、「そういえば閉館したんだ!」というやり取りをしてしまいました。 閉館された『布施ラインシネマ』は、今はどうなっているのか気になり、2020年5月末頃に現地を見に行ってきました。 近鉄布施駅の高架沿いを西へ歩いていくと、右手に建物が見えてきます。 建物全体に足場が組まれ、養生シートや防音パネルが設置されています。 真下から上を見上げた様子です。 もう少し、建物の外観が見られるかと期待していたのですが、周囲からはほとんど見えませんでした。 所々から見える赤と青のカラーが、『布施ラインシネマ』の雰囲気を感じます。 建設工事の名称に『布施ラインシネマ解体工事』と記載されているので、建物は残さず解体されるようです。 解体工事の後は何が建設されるのか、今の段階では分かりません。 しばらくは解体作業が続いているかと思いますので、筆者のように『布施ラインシネマ』跡の建物を見ておきたい方は、早めに足を運んでくださいね。

次の

雑談/布施ラインシネマ閉館 | オンライン授業も可能な東大阪市の個別指導塾英知ゼミ【高井田、新喜多、長栄、藤戸、西堤、森河内】

布施 ライン シネマ

東大阪市内唯一のシネコン「布施ラインシネマ」(東大阪市足代新町)が2月29日、閉館した。 同館を運営する岡島興業は、1933(昭和8)年に映画事業を始め、布施に「昭栄座」を開館。 戦後、1946(昭和21)年に「朝日劇場」をオープンしたのを皮切りに、7館の映画館を布施で運営した。 「リオン座」の名称で営業していた現在の場所に、1997(平成9)年、7つのスクリーンを備えたシネコンの「岡島ラインシネマ」を開場。 「布施ラインシネマ 北館」と名称を変え、線路南側の映画館は集約して「布施ラインシネマ 南館」となり、10スクリーンの布施ラインシネマが誕生。 北館と南館を統合し、現在の7スクリーン1145席の映画館となった。 [広告] 昨年9月に閉館を発表し、「最後に名作をたくさん上映したい」と、最後に見たい映画のリクエストを募集。 開業からの87年にちなみ、1月24日から最終営業日まで、87本の名作映画を上映する「布施ラインシネマのラストショー」を開催した。 最終営業日の2月29日は閉館を惜しむ人が詰め掛け、来館者が書いた「好きな映画のタイトル」で埋め尽くされた壁や、同館が開場した1997年からの全公開作品一覧、同館が所蔵する過去の写真、スタッフそれぞれが選ぶ「映画ベストテン」など、閉館に向けて装飾したロビーの写真を撮る人であふれた。 最後に上映したのは17時からの「イエスタデイ」。 上映前には稲内康行支配人がスクリーン前に登場し、「イエスタデイは記憶にまつわる映画だと思っていて、記憶にとどめる、記憶をよみがえらせる、記憶を伝えていくなど、記憶を背負って前進していくとても幸せになれる作品だと思って最後の上映に選んだ。 今回の映画、映画鑑賞の体験、当館のことも含めて皆さまの記憶に刻んでいただければ」と話し、「映画館はたくさんあるのでこれからも支え続けてほしい」と結んだ。 上映後は、場内に拍手が鳴り響いた。 最終上映の終了後は、見学できるよう映写室を開放し、本編上映前の広告のフィルムを切って渡すなどのサービスも行った。 ロビーには、当日シフトの入っていなかったスタッフも含め、35人の全スタッフが集まり、来館者は見送るスタッフに「ありがとう」「お疲れさまでした」とねぎらいの言葉を掛けていた。 大阪市内から来館した34歳の女性は「大阪市内の映画館でラストショーのパンフレットを見て初めてきた。 最後に選んだ作品にそういう意味が込められているんだと思った」、東大阪市内在住の55歳の女性は、「ラインシネマがオープンした頃から来ていて、ラインシネマがあるから布施に引っ越し、最近は年間100回ぐらい見に来ていた。 今日は仕事で映画の時間には間に合わなかったが、お見送りをするスタッフのお見送りをしに来た」と話し、「音がいいし椅子もいい、スタッフさんがみんな素晴らしい。 閉館は身を切られるような思い」と、閉館を惜しんだ。 稲内支配人は「ラストショーを発表して以降、見たいのが多く毎日通いたいと言ってくれるなどうれしかったしやって良かった。 毎日、寂しいね、残念だねと世代を問わず声を掛けてもらい、泣きながら対応していたスタッフもいた。 今日一日、ずっとお客さまがロビーにいて、写真をとってくれたりしたことに感謝している。 幅広い世代にご支援、ご支持いただきありがとうございました」と、感謝の言葉を重ねた。

次の