きぬ た 歯科 看板 違法。 歯科の広告戦略と医療機関の広告規制

悪質クレーマーの患者がきた時の対応方法

きぬ た 歯科 看板 違法

半年ほど前、フジテレビの『おじゃMAP!!』で、八王子周辺で大きな看板を出す歯 科医院の話題があったことを思い出した。 たしか、そちらの院長が取材を受けている様子などが放送されていたはず。 「きぬた歯科」という名前は忘れていた が、今回のキニナルを見た時、きっとその番組に出ていた歯科医院のことを指しているのだろうと直感した。 投稿によると、その看板が横浜にもあるらしい。 けれども、取材を受けていた医院は八王子のはず。 一体どういうことなのだろうか。 まずは、どんな看板があるのか少し探してみた。 投稿にあったJR東神奈川駅前 こちらは綱島 たしかに、きぬた歯科の看板は横浜市内にもあった。 早速、看板にあった連絡先に電話して取材をお願いした。 都筑区、鴨居駅近くにある「きぬた歯科」へ 向かったのはJR横浜線鴨居駅。 北口を出ると・・・ 目の前に「きぬた歯科」の看板が見えた。 ここかな? しかしよく見ると、看板が設置されていた建物は「研修センター」らしい。 看板に「神奈川歯科インプラントセンター」の場所も書かれていたので、確認してみると・・・ すぐそばに「インプラントセンター」の建物が見えた 駅近くに、きぬた歯科の施設がいくつかある様子だ。 詳しいことは、後ほど院長に伺うことにして先を急ぐ。 鴨井駅から徒歩5分ほど。 鴨池大橋を渡ってすぐ、きぬた歯科に到着した 早速、医療法人社団きぬた会きぬた歯科院長、きぬた久和(ひさかず)さんに、話を伺った。 にこやかに取材に応じてくれた、きぬた院長 はじめに、八王子のきぬた歯科のことに話を向けると、「八王子のきぬた歯科は、弟の泰和(やすかず)の歯科医院です。 私が1992(平成4)年に開業し、弟がその5年後に開業しました」と話し、仲睦まじい家族写真を見せてくれた。 ご両親の両側に兄弟。 左が兄である久和院長 弟さんのテレビ番組出演についても触れ「あれだけ長く話して、横浜にもあることを全く話さなかったのはどうかと思いましたし、親にも、どうして兄貴のこと を言わないのかと怒られていましたが、本人はあまりにも衝撃的な出来事で、舞い上がっていてあまり覚えていないようです」と冗談を交えつつ、放送後のエピ ソードを聞かせてくれた。 テレビの反響は大きく、兄弟ふたりの顔が似ているため、なかには院長が出演したと思っている人がいたり、誤解して「お兄さん、立派ですよね」と言われたりして、苦笑するようなこともあったそうだ。 名称は同じだが、経営は全く別だという。 なるほど、看板は同じ名称の別の医院、しかも兄弟だったのだ。 看板の写真が兄と弟なら、「違う気がするけど、同じ人かな~? もしかしたら整形かも!?」という投稿のニュアンスが分かる。 続いて、大きな看板をつけることになった経緯を伺った。 こちらは青葉IC(インターチェンジ)のもの 院長によると、大きな看板を出すようになったのは今から15年ほど前。 「看板の設置を行いませんか」という広告会社からの依頼がきっかけだった。 院長はもともと派手なことは好きでなく、乗り気ではなかった。 しかし、そのころはまだインターネットでホームページを見ることが今ほど一般的ではなく、インプラントを入れるような年代の方、高齢の方にとっては、紙面で見たり、看板を見たりする方が馴染むのではと考え、設置。 以降、看板を見て、きぬた歯科を知って来院した人が多く、患者さんからとても喜ばれたという。 きぬた歯科ホームページ。 今は多くの方が見るようになっている 「インプラントの良さを多くの人に伝えていきたい」という想いを持つ中で、看板は効果的だと感じ、いくつか看板を設置するうちに、さまざまな広告会社やビルのオーナーから看板設置依頼の声かかるようになったそうだ。

次の

2018年6月医療広告ガイドライン「34の違反事例」

きぬ た 歯科 看板 違法

きぬた歯科という八王子にある歯科の看板は撤去されることはあるでしょうか? 先日、うちのマンションの目の前にここの看板が設置され、リビングから丸見えで非常に不愉快です。 院長らしき人の顔写真がある看板で、こちらを見られてるようで本当に気持ち悪いです。 看板って、期間を決めて設置されているんだと思うので契約を更新しなければいつかはなくなるかと思うのですが、設置費を払い続けられたらずっとなくならないわけで…。 調べると、この院長、なかば遊び気分で色々な所に看板を作っているよう。 遊び気分で毎日嫌でも目に入る所に気持ち悪い看板立てられて、本当に不愉快です。 この看板が建つまではとても落ち着いた良い眺めだったのに、今はカーテンを開ける気も起きません。 何があっても絶対この歯科には行きません。 ご近所でこちらの看板が無くなったのを見た方いらっしゃいますか? 毎日、いつこの看板は無くなるんだろう。 一刻も早く無くなって。 と祈りながら写真の院長に呪いの念を送ってます。 他人を批判するならID非公開というのは卑怯?ずるい?せこい?匿名じゃないと批判できないのかな?(笑)そんなに看板が嫌なら広告主を批判するより、看板を貸している地主に言うべきではないかな?また、もともと看板スペースがあったところにID非公開さんのマンションができたのか?ID非公開さんが今のマンションに住みだしてから看板スペースができたのか?看板がもともと有った場所にマンションができたのならば、文句言うのは筋違いなのでは?マンションが先で後から看板が出来たのならば先にも書いた通り看板を貸している地主にクレームを言うのが筋ではないかな?まあどちらにしても首都圏に住んでいる限り家の窓から何等かの不快に感じてしまうものが見えるのは仕方ないのでは?そんなに窓からの景色を重んじるなら無人島にでも引っ越したほうが良いのでは???(笑.

次の

悪質クレーマーの患者がきた時の対応方法

きぬ た 歯科 看板 違法

親も親戚にも歯科医はおらず、自分の歯の弱さに悩んだ時期もありましたが、現在では、弱い歯に生んでくれた両親に感謝しています。 なぜなら、歯科医師という職業が私にとって天職だと思えるからです。 歯の痛みとひとくくりにせず、患者さまがどのように痛いのか、どのくらい苦しいのかが、歯のトラブルを一通り経験している私にはよくわかります。 これは職業を通して社会に貢献する私の使命とも感じています。 歯でお困りのみなさま、ぜひお気軽にご相談ください。 新潟県出身 歯科医師の西塚です。 インプラント治療は失った歯を取り戻す素晴らしい治療です。 僕自身も3本のインプラント治療を自分自身の体で経験しています。 今では、どこまでが自分の歯で、どこがインプラントで治療した歯なのか?わからないくらいに馴染んでいます。 自分自身が患者様の立場になって、経験したからこそわかる痛み、不安、不快感、恐れを振り払ってあげたい、、、、と思って診療にあたっています。 インプラントは歯を失った誰もが一度は考える治療法ですが、その一歩を踏み出せるかどうかは患者様にかかっています。 一歩踏み出せば、僕自身がそうだったように人生観が変わるくらいの感動があると思います。 そこに新たな景色は間違いなくあります。 どうぞご来院ください。 スタッフ一同でお待ちしております。

次の