かみ ひと え 放送 地域。 地域密着へ決意新た きたかみE&Beエフエム 1周年で公開生放送|Iwanichi Online 岩手日日新聞社

神様からひと言

かみ ひと え 放送 地域

ヤバイかスゴイか カミヒトエ! 放送期間 - 放送時間 木曜 1:59 - 2:24(水曜深夜) 放送枠 放送分 25分 回数 13 かみひとえ (2019年7月から9月23日まで) 放送期間 2019年 - 放送時間 月曜 23:20 - 翌0:20 放送枠 放送分 60分 かみひとえ (2019年9月30日から) 放送期間 2019年 - 放送時間 月曜 23:15 - 翌0:15 放送枠 ネオバラエティ 放送分 60分 『 かみひとえ』は、で(31年)から放送されているである。 2019年(元年)までは『 ヤバイかスゴイか カミヒトエ! 』として、「」で放送された(関東ローカル)。 同年からは『 かみひとえ』に改題、全国ネットに拡大し、「」で放送されている。 概要 [ ] 番組内容は、や一般人によって投稿された動画からスターを発掘する。 ココリコは、「ネオバラエティ」移動後としては『』(その後の『』)以来、20年ぶりに「ネオバラ」に復帰する。 出演者 [ ] MC [ ]• (・) 番組開始〜• (・) 番組開始〜• 2020年3月30日〜 準レギュラー・ゲスト [ ]• 週替わり出演• ほかゲスト1組出演 ネット局と放送時間 [ ] 放送対象地域 放送局 系列 放送日時 ネット状況 脚注 (EX) 月曜 23:20 - 翌0:20 【 制作局】 (HTB) 同時ネット (ABA) (IAT) (KHB) (AAB) (YTS) (KFB) (abn) (UX) (SATV) (HAB) 中京広域圏 (NBN) (HOME) (yab) (KSB) (eat) (KBC) (NCC) (KAB) (OAB) (KKB) (QAB) 近畿広域圏 (ABC) 火曜 0:35 - 1:37(月曜深夜) 75分遅れ (KUTV) 月曜 23:56 - 翌0:56 スタッフ [ ]• ナレーター:、• TM:高田格• 技術:廣瀬義幸• カメラ:古川雅之• 音声:五十嵐暢之• 映像:苫米地要二• 照明:湯浅洋一• 美術プロデューサー:山下高広• デザイン:小柳千尋• 美術進行:清水基恵• 大道具:作田慎之介• 電飾:西尾亘平• メイク:川口カツラ店• 美術協力:• 編集:下間俊樹・高美こころ(共に)• MA:安河内隆文(ヌーベルアージュ)• 音響効果:有木岳人()• 制作著作:テレビ朝日 過去のスタッフ [ ]• 構成:• 編集:寺岡慎也()• MA:小野敬太郎(オムニバス・ジャパン)• 編成:吉冨大輔、小古山拓矢• 制作スタッフ:徳光恵太、大沢陽香、中村健太、齋藤瑞生、安達拓未、服部来紀、竹重栞那• 制作進行:友枝あす香• アシスタントプロデューサー:米重絵理• ディレクター:佐々木圭、内藤麻衣子、内山真吾、東隆志、土屋豪広、小松聡、村松茂樹、門脇大志、中平達将• チーフディレクター:奥田隆英• プロデューサー:田嶋香里、桑野和之、武蔵祐輝 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• EstaesMAYA! 地球体感テレビDトリップ• (月・火曜日の第1部の前)• (・以外の金曜版第1部時間帯)• (関西での第1部時間帯)• (関西での金曜版第1部時間帯)• ドラマランド11• (金曜版の第2部時間帯)• (金曜版の第3部時間帯)• (金曜版の第3部時間帯)• (第1部と第2部の間)• (第2部・第3部時間帯)• (第4部の前、土曜未明のみ4部時間帯終了後、毎月最終金曜日の翌日未明は放送なし)• (毎月最終最終金曜の翌日未明の金曜版の第4部時間帯)• (毎月金曜金曜日の翌日未明・早朝の金曜版の第4部時間帯以降)• (新作のみでの水曜版第1部時間帯、それ以外は「Classic」として水曜版第2部時間帯に放送)• (北海道テレビ)• (での第2部時間帯) 関連項目.

次の

地域密着へ決意新た きたかみE&Beエフエム 1周年で公開生放送|Iwanichi Online 岩手日日新聞社

かみ ひと え 放送 地域

テレビ朝日系のバラエティ番組『かみひとえ』 毎週月曜日23時15分〜 が3月30日放送分からリニューアルされ、新しい出演者としてテレビ朝日の弘中綾香アナウンサーがレギュラー入りすることが発表された。 『かみひとえ』は2019年4月に放送開始。 MCは初回より博多華丸・大吉、ココリコ 遠藤章造・田中直樹 の4人が担当しており、週替わりの準レギュラーとして夏菜、朝日奈央、それにゲストが1名出演している。 当初はタレントや一般人から番組に送られてきたおもしろ動画を、華大とココリコが品評する内容だったが、去年の中頃から「お笑い第7世代ブーム」を意識した内容にシフトチェンジ。 若手芸人が大盛りメニューにチャレンジするグルメ企画などが放送されていたほか、テレ朝の公式YouTubeチャンネル「動画、はじめてみました」とのコラボ企画など、ネット世代の10代から20代をターゲットにした企画が多数放送されていた。 そんな中での「テレ朝のエース」こと弘中アナの参加には、賛否様々あるようだ。 前述の通り、現在の『かみひとえ』は華大とココリコという実力派のベテランや夏菜、朝日奈央、ゲストをスタジオに鎮座させている一方、放送内容のほとんどは若手芸人によるレポートが中心で、スタジオパートには見せ場はほとんどない。 そのため、人数ばかりが多くなってしまい、弘中アナに見せ場らしい見せ場を今以上に作れない可能性があるため、「これ以上、レギュラーが多くなっても騒がしくなるだけでは? 」という声のほか、現在のお笑い第7世代の企画が好評であるため、「弘中アナ不要」の声も少なくないという。 その一方、やはり「テレ朝のエース」として弘中アナの登板を期待する声も視聴者側には多く、「おじさんMCを引っ張っていってほしい」「弘中アナも業種は違うけど、第7世代だから意外と合うのではないか」との声も多いという。 これまで、投稿ビデオや珍人物の紹介、大食いやグルメなど「迷走」が目に付いていた『かみひとえ』。 弘中アナの登場は番組にとって吉と出るか凶と出るか……。

次の

<<<かみおおおか e

かみ ひと え 放送 地域

オススメ!2019. 18 発災直後からの4日間を描くリアルタイム・ドラマ NHKキャンペーン <災害列島 生きるスキル> テーマは首都直下地震。 その中でも注目は、マグニチュード7. 3の直下地震に襲われた首都圏の姿をVFXを駆使して映像化するドラマ「パラレル東京」。 発災直後からの4日間を、リアルタイムで描いていきます。 ドラマ「パラレル東京 DAY1~DAY4」 <4夜連続放送> NHKスペシャル シリーズ「体感 首都直下地震」内で放送 【放送予定】12月2日(月)[総合]後7:30 12月3日(火)~5日(木)[総合]後10:00 【あらすじ】 アナウンサーの倉石美香(小芝風花)は入局4年目。 夜10時放送の「ナイトニュース」のスポーツコーナーを担当するサブキャスターだ。 2019年12月2日午後4時4分、東京23区を震源とするマグニチュード7. 3の大地震が発生。 メインキャスターが地震に巻き込まれ行方不明となったため、美香はニュースの編集長である江口繁之(高橋克典)に自分が伝えたいと志願する。 同時多発火災、ビル倒壊、大停電、広域での通信ダウン…。 大混乱のニュースセンターで、未曽有の被害を伝え続ける中、中継に出た同僚が火災に巻き込まれ、自分の妹との連絡も途絶えてしまう。 首都東京は、日本は、一体どうなってしまうのか…。 【出演】 小芝風花、高橋克典、伊藤淳史 室井 滋 ほか 小芝さんは初のアナウンサー役に向けて、アナウンスレッスンやニュースセンター見学など、準備を進めています。 【主演:小芝風花さんコメント】 世界の各地で自然災害が起こる今、「パラレル東京」のお話をいただき、感慨深い思いでいっぱいです。 私が台本を読んだ時、「こんな事が実際に起こるのか」と恐怖で涙が出ました。 あの時もっと考えておけばよかった、知識さえあればなどと後悔しないよう、この作品を見て一緒に考えていただけたらなと思います。 発生する被害を 徹底検証 NHKスペシャル シリーズ 「体感 首都直下地震」全7回 プロローグ「あなたは生きのびられるか」 【放送予定】12月1日(日)[総合]後9:00 体感 首都直下地震ウイークのプロローグ。 死者最大約2万3千人、全壊・焼失家屋61万棟、要救助者7万2千人…。 首都直下地震で想定される被害の全貌を、内閣府作成の被害想定に最新の研究成果を加えて紹介します。 ドラマ「パラレル東京 DAY1~DAY4」 【放送予定】12月2日(月)[総合]後7:30 12月3日(火)~5日(木)[総合]後10:00 首都直下地震が12月2日に発災したという想定で、発災当日、2日目、3日目、4日目の被害の状況を、VFXを駆使したドラマ「パラレル東京」で紹介。 さらに、なぜこうした被害が発生するのかを生放送のスタジオで詳しく解説していきます。 「終わりの見えない被災」 【放送予定】12月7日(土)[総合]後9:00 地震発生から1週間後、1ヶ月後、1年後、10年後、首都東京や日本はどうなるのか。 社会は? 経済は? 火災や倒壊といった直接的な被害を免れたとしても、その後も続いていく深刻な二次被害の詳細を見ていきます。 「災害に耐える社会をつくる」 【放送予定】12月8日(日)[総合]後9:00 30年以内70%という高い確率で発生するとされる首都直下地震。 平時のいま、命や財産を守るために何をすべきなのか? どこから手をつければいいのか分からないという多くの視聴者の疑問に応えながら、災害に耐える社会をどうつくっていけばいいのか考えます。 どうやって命を守るのか 「体感 首都直下地震」シリーズが放送される12月2日の週には、災害を生き抜くノウハウを学ぶ番組やニュース企画など、関連番組を編成。 NHKラジオでも防災特集を放送していく予定です。 放送でも紹介しながら、最新の防災情報や皆さんの防災アイデアを共有する取り組みを進めていきます。 キーワードは「地域リスク」。 震度や津波到達の時間や高さに加え、高齢化率や人口密度、時間帯など様々な要素が被害を左右します。 様々な場所に住み、家族構成も異なる視聴者の関心に応えます。 地震が起きた時に自分だったらどうするか。 想像して共に考えることで、より防災へ関心をもってもらうことをねらいます。 「あさイチ」では防災訓練の様子を中継でつないだり、身を守るための知恵を放送。 さらに、「ごごナマ」などの番組でも、防災に関連した情報をとりあげていきます。 ほかにもNHKオンラインを中心とし、多様なSNSでもデジタルサービスを展開。 日常の生活の中でも被災状況を体感していただきます。 取り上げた番組はこちらです!.

次の