出会いと別れ 歌詞。 ケツメイシ 出会いのかけら 歌詞

出会いがあれば別れもある…とは割り切れない時の処方箋

出会いと別れ 歌詞

森山直太朗さんの「虹」ですね! この曲の歌詞は,意味が難解です。 抽象的な部分が多く,読み取る側の裁量に任せられているのかな,とさえ思います。 森山さんらしい,独特の世界観ですね。 質問の歌詞は,「出会いを別れは表裏一体」という意味だと思います。 よく,「出会いは別れの始まり」「別れは出会いの始まり」と言われます。 出会った友だちとも,いつかきっと別れが来る。 でもまた新たな友との出会いが待っている。 そんな意味ですね。 2番では,「喜びと悲しみ」がテーマです。 これも表裏一体だと言っています。 要は,出会いはいつしか別れることにもなりうるし,喜びはある日突然悲しみにもなりうる, つまりとても不確かで不安なものなんだ, でも空を見れば,確かに光り輝く虹がそこにある, あの光だけは,ぼくらを確かに照らしている。 そんな歌なんだと思います。

次の

出会いがあれば別れもある…とは割り切れない時の処方箋

出会いと別れ 歌詞

「世界を旅する音楽室」へようこそ! こんにちは。 作曲家の弓削田健介です。 今日は森山直太朗さんの名曲、「虹」をご紹介したいと思います。 虹(歌詞) 広がる空に 僕は今 思い馳せ 肌の温もりと 汚れたスニーカー ただ雲は流れ きらめく日々に 君はまた 指を立て 波のさざめきと うらぶれた言葉 遠い空を探した 喜びと悲しみの間に 束の間という時があり 色のない世界 不確かな物を壊れないように隠し持ってる 僕らの出会いを 誰かが別れと呼んだ 雨上がりの坂道 僕らの別れを 誰かが出会いと呼んだ 時は過ぎいつか 知らない街で 君のことを想っている 風になった日々の空白を 空々しい歌に乗せて 未来を目指した旅人は笑う アスファルトに芽吹くヒナゲシのように 僕らの喜びを 誰かが悲しみと呼んだ 風に揺れるブランコ 僕らの悲しみを 誰かが喜びと呼んだ 明日へと続く不安げな空に 色鮮やかな虹か架かっている 僕らの出会いを 誰かが別れと呼んでも 徒(いたずら)に時は流れていった 君と僕に光を残して 作詞・作曲:森山直太朗・御徒町凧 (許諾番号9020135001Y38029) 虹(歌詞の意味) 「僕らの出会いを 誰かが別れと呼んだ」 サビで登場するこのフレーズ。 「僕ら」には「出会い」としか思えなかったものが、「誰か」(別の視点)から見ると「別れ」である。 ものごとは、コインの裏表のように、逆の視点が存在するということですね。 だからこそ、あとから出てくる 「僕らの別れを 誰かが出会いと呼んだ」 というフレーズにつながります。 卒業式でも歌われることの多いこの歌は「別れの季節は出会いの季節でもある」と、小学校時代から数えると9年間共に過ごした仲間や親友との別れを、人生の次のステージへのスタートだよ。 これからまた、素敵な出会いが待っているよ。 と励ましてくれているようにも思えます。 空にかかる「虹」はあっという間に消えてしまいます。 輝く青春時代も同じです。 だからこそ、いまを大切に生きていきたいですね。 そして、青春時代にも終わり(別れ)があるからこそ、次の季節のはじまり(出会い)があります。 卒業の寂しさを越えて、新しい自分に会いに行きたいですね。 解説 2006年の第73回NHK全国学校音楽コンクール中学校の部課題曲として作曲されました。 森山直太朗さんの作品です。 信長貴富さんの素晴らしい編曲です。 NHKコンクール終了後も、全国の中学校で合唱コンクールなどで歌われています。 アルバム「風待ち交差点」には、鹿児島県屋久島町立小瀬田中学校在校生による合唱と共に直太朗さんが歌った「虹(屋久島ドメニカバージョン)」が収録されています。

次の

出会いのかけら ケツメイシ 歌詞情報

出会いと別れ 歌詞

寒さも薄らぎ、冷たい風の中にも暖かな日差しを感じられるようになってまいりましたね。 卒業式も終わり、次は入園、入学、入社の式を迎える方、或いは新学期、新年度へと移行するなど、それまでの生活にピリオドを打ち、新たな生活を間近に控える人も多いはず。 今回は多くの出会いと別れに感情が大きく揺れ動く特別なこの季節に、心機一転をアシストしてくれる音楽のチカラを持つ『出会い、別れの季節に聴きたい5曲』をご紹介します。 今から40年以上前に行われた1972年のグラミー賞において『Song of the Year』に輝いた名曲中の名曲であり、シンガーソングライターであるキャロル・キングの才能があふれた作品です。 あなたはひとりじゃない。 例え離ればなれになっても、別の道を歩んでいく場合でも、心が通い合う友との出会いを大切にしていこうと思える掛け替えのない一曲です。 そのサントラがリリースされてから4年後、ライヴバージョンを収録した自身のアルバム『Mirrorball』(1999)のリリースによって脚光を浴びるかたちとなり、結果としてこのライヴバージョンはグラミー賞における『Best Female Pop Vocal Performance』を受賞し、大ヒットへとつながったサラ・マクラクランによるとても美しい作品です。 Pepper's Lonely Hearts Club Band』に収録されたもので、現在でもリンゴのコンサートでは披露され続けていることで有名です。 歌詞が書き直される前は「友達からのほんの少しの助けで、何でもできるようになる」という意味が込められていたという逸話もある通り、友情の温かみを歌ったこの楽曲は、ジョー・コッカー、ジョー・ブラウン、ウェット・ウェット・ウェット、サム・アンド・マークなどの多くのミュージシャンによってカバーされています。 「ほんの少しの助け」をもらえる友と出逢えたら、人は生きやすく、その人らしく居られるのではないでしょうか。 彼らの3作目のアルバム『The Invisible Band』に収録された人気の高いこの楽曲は、辛かった過去と決別し、新たな季節とも共に喜び、謳歌しようという最上級のラブソングです。 過去の別れがあってこその新たな出会いができるという前向きな解釈をして、ともに窓辺の花を綺麗だと思える人との出会いを大切に愛おしむことができたら素敵な人生が約束される気がします。 人との出会いには、いいことばかりがあるとは言えません。 その人に出会わなければ、しなくて済んだ苦労や経験、抱くことのなかった負の感情などがもたらされることもありますし、その出会いのせいで人生が狂ってしまうことも存在するでしょう。 しかし、全ての不運を人のせいにしていては、いつまでたってもあなたの心に晴れ間が広がることはありません。 次のステージに進むために、時には自身の迷いや弱さなどの非を認め、自分のために、または相手のために、決別しなければならないときがあります。 そんな心の葛藤や決別が歌われたこの曲は、迷いや不安を抱いたままでいる自分と決別したい人にもお薦めです。

次の