アフラック 給付 金。 アフラックから帝王切開で給付金はいくらもらえる?必要書類や2回目の場合は?

アフラック給付金を請求するには手術名と手術コードが必要!コールセンターへ

アフラック 給付 金

地元豊橋では、日曜も営業している歯医者がありますけど、 浮気ばかりするので、嫁さんに日曜日も仕事しろと言われてそうなったって噂がありますよ(笑) 理由はどうあれ、そういうサービスがあると助かります。 ちょっと考えてくれませんかね、アフラックさん! ってな事で不満に思いながらも、お昼休みに電話しました。 マジで繋がらねぇ! みんなその時間にしか電話できないんだから当たり前だ。 アナウンスで14時以降は比較的空いています的な事を言われる。 だから、14時から17時は仕事してて電話できねーんだよ!!!! なんだ、この不毛なやりとりは!!! ちなみに、月曜日、火曜日と連続で電話して同じ状況だったので、心が折れました。 もう昼間は無理だと悟りました。 もしかしたら、簡単な手術の場合、こうやって心が折れて諦める人居るんじゃないでしょうか。 マジで。 しかし、俺には夜勤がある。 夜勤中に電話してやる!! アフラックのコールセンターに平日10時に電話してみた(夜勤の日) そして今日。 夜勤なので、アフラックに電話してみた。 10時にコールだ!!! すると、思いのほかあっさりと電話が繋がった。 やはり、サラリーマンは皆昼間にかけるのであろう。 アフラックのコールセンターの女性に、手術をしたことを伝え、 給付金が出るのかを確認する。 すると、切開手術になると給付金はおりない事もあるので、 手術した病院に手術名と、手術コードを聞いて欲しいとの事。 もらった領収書には、そんなものは書いていない。 仕方ないので、アフラックの電話は一旦切り、豊橋市民病院に電話して聞いてみた。 「個人情報になるので、電話でのご回答は出来ません」 はい終わった。 この個人情報を念入りの保護する必要ってあるのか(笑) まぁ色々あるんだろうな。 って事で市民病院に直接行って、聞いてこないといけなくなりました。 また明日か明後日にでも行ってこようと思います。 以上ドスケンでした。

次の

給付金・保険金のご請求|保険・生命保険はアフラック

アフラック 給付 金

Q 質問です。 宜しくお願いします。 先月直腸癌になり手術をして現在退院しています。 診断書の病名は「直腸癌」、病理組織診断名は「高分化腺癌」。 手術内容は内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(直径2cm以上) と記載があります。 契約している生命保険(アフラック の保障対象疾病は上皮内新生物、悪性新生物とありました。 上皮内新生物・・第5桁性状コード番号2のもの 悪性新生物・・第5桁性状コード番号3、6、9のもの 昨日自分が不在の時にガン保険は適応されないと保険会社から電話があったようです。 診断書の病名が直腸癌なのに保険が出ないのはどうしてでしょぅか?? 第5桁性状コード番号は診断書に記載はありません。 保険会社は診断書のどこを見て判断しているのでしょうか・・・ 宜しくお願いいたします。 A ベストアンサー 生命保険専門のFPです。 「内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(直径2cm以上)」 という手術ならば、腫瘍は粘膜内に留まっているということで、 悪性新生物ではなく、上皮内新生物です。 (悪性新生物ならば、粘膜切除術では治らないため) 直腸癌に限らず、大腸癌の粘膜内癌は、分類上は、 ステージ0(0期)であり、上皮内新生物となります。 上皮内新生物とは、癌細胞はあるけれど、 それは粘膜内に留まっており、 浸潤・転移はないということです。 大腸の構造は、内側から、粘膜、粘膜筋板、粘膜下層、 固有筋層、しょう膜という構造になっています。 がんは、最初に、粘膜にできて、大きくなっていくのですが、 粘膜内にある場合には、浸潤・転移をしないので、 「癌細胞があるだけ」という状態なので、 上皮内新生物として、浸潤・転移のある悪性新生物とは 区別されています。 粘膜内癌を「0期(ゼロ期)」として、別扱いにしているのは、 大腸癌(直腸癌を含む)の特徴です。 胃癌、食道癌などには、0期はありません。 「高分化腺癌」というのは、細胞の形で、 低分化~高分化まであり、 大腸癌の場合、多くは高分化型です。 アフラックのがん保険には、いくつも種類があります。 古い物から言えば…… がん保険、新がん保険、スーパーがん保険、 21世紀がん保険、フォルテ、DAYS となります。 このうち、上皮内新生物を保障するのは、 21世紀がん保険以降か、 または、スーパーがん保険以前のがん保険に、 上皮内新生物も保障の対象とする特約を中途付加している 場合だけです。 従って、今回の場合…… ご病気は、大腸の粘膜内癌=上皮内新生物です。 質問者様の契約しているがん保険が、 スーパーがん保険以前のがん保険で、 上皮内新生物を保障する特約を中途付加していない、 または、契約してから90日以内ならば、 保険会社の言う通り、保障の対象外となります。 21世紀がん保険以降のがん保険、または、 スーパーがん保険以前のがん保険に上皮内新生物を保障する 特約を中途付加している場合には、 保険会社の言っている事は、間違いです。 なので、ご質問の内容からだけでは、 判断できません。 ついでに…… 「昨日自分が不在の時にガン保険は適応されないと保険会社 から電話があった」 とのことですが、これがわかりません。 まず、結果を電話で連絡するということは、普通はありません。 (代理店ならば、サービスとして、している場合がある) さらには、支払いの結果を請求者以外の方に伝えるというのは、 あってはならないことです。 こういうことは、とても微妙な問題なので、 必ず請求者に伝える (請求者が本人ならば本人、家族ならば家族) 問題が微妙であればあるほど、文書で伝える というのが原則です。 この件については、クレームを申し立てることができます。 生命保険専門のFPです。 「内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(直径2cm以上)」 という手術ならば、腫瘍は粘膜内に留まっているということで、 悪性新生物ではなく、上皮内新生物です。 (悪性新生物ならば、粘膜切除術では治らないため) 直腸癌に限らず、大腸癌の粘膜内癌は、分類上は、 ステージ0(0期)であり、上皮内新生物となります。 上皮内新生物とは、癌細胞はあるけれど、 それは粘膜内に留まっており、 浸潤・転移はないということです。 大腸の構造は、内側から、粘膜、粘膜筋板、粘膜下層、... Q 先月、内視鏡検査で大腸にポリープが見つかり小さいものを3個とりました、その際1センチ程度のものが2~3個見つかり、改めて入院して取り除くことになりました。 9月14日の再診で悪性ではないだろうと口頭で医者から言われました。 しかし放置せず取り除くことになり、手術の日程が決まりました。 私はアフラックの21世紀がん保険と県民共済に加入しています。 県民共済は電話で親切に給付金等教えていただき理解できたのですが、アフラックはなかなか電話がつながず、教えていただけたらと質問いたしました。 質問内容は私の加入しているアフラックの21世紀がん保険から内視鏡手術に対する保険金は支払われるのでしょうか? 保険関係に詳しい方よろしくお願いします。 A ベストアンサー 21世紀がん保険に特約MAXを付加しているならば、 支払いの対象になります。 (前回の検査で切除したものは、検査目的なので、 支払いの対象外です) 特約MAXに契約していないならば、 前回のポリープ切除で悪性ということ(つまり、癌)でなければ、 支払いの対象になりません。 悪性ならば、診断給付金が支払い対象となり、 入院したならば、入院給付金が支払い対象になります。 手術給付金はオプションなので、契約していれば 支払い対象、 契約していないならば、言うまでもなく、対象外。 つまり、21世紀がん保険は、オプションがたくさんあり、 どのような契約をしているのか不明なので、 それがわからなければ、的確なアドバイスができません。 内容をご提示いただくか、そうでなければ、 保険会社に問い合わせしてください。 A ベストアンサー 手術は、早い話が皮膚の皮をめくり取るようなもの。 従って術後の出血は非常に危険です。 従って病院側も十分管理するべく注意を喚起・管理されるはずです。 もっとも、数や大きさ、そして形状から影響はさまざまです。 例えば、血液検査と共に(ある種のデータで判る)便の色など、 入院をさせて、止血目的の点滴と血液の成分調整(兼栄養補給)の点滴を連続してを行い、 経過を見るのが一般的です。 また、絶食の期間(その食事回数)にもよりますが、その後胃腸の回復にある程度の期間も必要と言うことで、 流動食から始まっておかゆから徐々に普通食へと戻ります。 =今回の飲食は暴挙でした。 副食は刺激物を避け、主食に合わせた程度の消化の良いものを選んでください。 もちろん、入浴や激しい運動、飲酒などの制限があります。 (許可が出ても何でもありでは有りません) 期間については、貴方の病状がわかりませんので、主治医にお尋ねください。 (内視鏡手術で入院5-10日というのも聞いています) Q アフラックのEVERを解約して、新EVERに入り直そうと思ったら、 代理店の方に「もったいない」と言われました。 私は24歳の時、EVERに加入して 入院5000円/1日につき 女性疾病特約をつけて月々2160円払っています EVERに、新EVERに近づける内容の特約をつけると約2800円くらい 新EVERに現在の年齢で加入し直しても2170円との事だったので、 単純に入りなおそうかなと思い資料請求をしたら、その後そのような電話がかかってきました 「もったいない」理由としては、 1 金額が高くなるかもしれないリスク 2 健康面で加入できないかもしれないというリスク この二点でした まず 1 に関しては、コールセンターで計算してもらっての上なので、問題ない 2 も今まで保険の一度も使わなかったし、申告するような病気も何一つない と説明したのですが、そしたら 「新しいものができる度に乗り換えてたらきりがありませんよ?」との話でした 正直、お恥ずかしい話ですが、 代理店の男性が言っている意味が理解できません やはり解約しないで、EVERに特約をつけていたほうがいいのですか?? EVER、新EVERについてお詳しい方、 ど素人の私にわかるように教えて頂けるとうれしいです。 アフラックのEVERを解約して、新EVERに入り直そうと思ったら、 代理店の方に「もったいない」と言われました。 私は24歳の時、EVERに加入して 入院5000円/1日につき 女性疾病特約をつけて月々2160円払っています EVERに、新EVERに近づける内容の特約をつけると約2800円くらい 新EVERに現在の年齢で加入し直しても2170円との事だったので、 単純に入りなおそうかなと思い資料請求をしたら、その後そのような電話がかかってきました 「もったいない」理由としては、 1 金額が高くなる... A ベストアンサー EVERを新EVERに近づける内容というのは、おそらく手術見舞金特約、通院特約、先進医療特約の全てをつけた場合の保険料だと思います。 でもこれは新EVERの保障とは若干違います。 例えば手術給付金。 子宮筋腫のため、腹腔鏡下で子宮筋腫核出手術をしたとしましょう。 入院給付日額 5000円の契約で、 新EVERなら手術給付金は入院ありなので5万円。 EVERは20倍の10万円です。 最近は腹腔鏡や内視鏡など身体に大きくメスを入れずに済むような手術が増えてきたので、そのような手術の給付金を下げる代わりに保障の幅を広げたのが新EVERなのです。 新EVERの特徴は、分かりやすさ。 従来のEVER、また他の一般的な医療保険では、保険会社で決めた"所定の"手術でなければ手術給付金が支払われませんでした。 これではお金がもらえるのかどうか細かい約款を見なければならず、契約者にとって非常に分かりにくい。 でも、"所定"じゃなかった手術例えば扁桃腺の切除や骨折を治すために骨に埋めたプレートを外すような手術でも、基本的に"手術"であれば給付金が支払われるのが新EVERなのです。 EVERでこの部分をカバーするのが、手術見舞金特約というわけ。 実際に、ご質問者さんが将来EVERの保障給付対象外の手術を受けるかどうか分かりません。 でもそのために増えつつある腹腔鏡、内視鏡手術の保障額を落とすのは、ちょっともったいないかも。 だとしたら、いま比較しているEVER+特約は、女性疾病特約の分だけ保険料が高くなります。 他の質問等を参照していただければ分かると思いますが、女性疾病特約は必ずしも必要な特約ではないというのが専門家の一般的な意見です。 もし新EVERの保障が気になるなら、女性疾病特約を外す代わりに手術見舞金特約、通院特約、先進医療特約を付加してはいかがでしょう。 保険料は新EVERに新たに入りなおすのと同じくらいになりませんか? そうすれば、保障の幅も広がり、通院や先進医療の保障も追加され、なおかつ腹腔鏡手術の保障も下げずにすみます。 せっかく入ったEVERを解約してしまうのは、もったいないです。 EVERを新EVERに近づける内容というのは、おそらく手術見舞金特約、通院特約、先進医療特約の全てをつけた場合の保険料だと思います。 でもこれは新EVERの保障とは若干違います。 例えば手術給付金。 子宮筋腫のため、腹腔鏡下で子宮筋腫核出手術をしたとしましょう。 入院給付日額 5000円の契約で、 新EVERなら手術給付金は入院ありなので5万円。 EVERは20倍の10万円です。 最近は腹腔鏡や内視鏡など身体に大きくメスを入れずに済むような手術が増えてきたので、そのような手術の給付... Q お世話になります。 ガン保険の見直しを考えております。 自分:男37歳 会社員 妻:33歳 専業主婦 子:0歳 アフラックの「スーパーがん保険」を2口、15年加入しています。 月々の支払額は2,800円です。 保証内容は、 診断給付金 200万円 65歳未満 、100万円 65歳以上) 入院給付金 1日3万円 在宅療養給付金 40万円(20日以上入院後) 通院給付金 1万円 65歳未満 、5千円 65歳以上 死亡保障 300万円 65歳未満 、150万円 65歳以上 死亡払戻金 30万円 65歳未満 、15万円 65歳以上 この保証はかなり古くて先進医療にも対応していませんし、通院給付金も20日入院しないといけません。 さらに65歳以上の保証が半分になってしまいます。 去年まではアフラックはフォルテがあったみたいですが、今年からはDaysに変わったようです。 Daysはフォルテよりも保険料が高いようです。 まずお聞きしたいのは、私のような場合はがん保険に「入り直したほうが良い」のか「今の保証にプラスしたほうが良い」のかを教えてください。 保険の窓口で一度聞いたときは、「入り直したほうが良い」と言われました。 その窓口のお勧めは、「東京解錠日動のがん治療支援保険[無配当]」でした。 診断給付金 100万円 85歳まで 入院給付金 1日1万円 85歳まで がん手術特約 20万円 85歳まで がん通院特約 5千円 85歳まで 抗がん剤治療特約 月額5万円 10年 がん先進医療特約 技術料 10年 これで月額3600円です。 85歳までなのは、保険料を抑えられるのと、男性の平均寿命以上でそれ以上の年齢でがんになっても諦めたほうがいいということでした。 抗がん剤特約と先進医療特約が10年単位なので、10年後にいくらになるかはわかりません。 アフラックは先進医療特約は重粒子線治療のみだと保険の窓口で言われました。 本当にそうなのかはまだ確認していません。 【質問1】 現在の保険は死亡保障がついているので解約返戻金が30万円ほど戻ってきます。 これを解約して新しい保険に加入したほうがよいのか、それとも今の保証は残しておいて保証をプラスするのが良いのか教えてください(アフラックがプラスできるのかも含めて)。 【質問2】 昔の保険は解約しないほうがいいという話をよく聞きますが、それはがん保険ではなく生命保険(死亡保障)だそうですが、私が入っているアフラックのがん保険にも死亡保障がついています。 これはおいしい保険なのでしょうか? 年末年始でお忙しいところすみませんが、よろしくお願い致します。 お世話になります。 ガン保険の見直しを考えております。 自分:男37歳 会社員 妻:33歳 専業主婦 子:0歳 アフラックの「スーパーがん保険」を2口、15年加入しています。 月々の支払額は2,800円です。 保証内容は、 診断給付金 200万円 65歳未満 、100万円 65歳以上) 入院給付金 1日3万円 在宅療養給付金 40万円(20日以上入院後) 通院給付金 1万円 65歳未満 、5千円 65歳以上 死亡保障 300万円 65歳未満 、150万円 65歳以上 死亡払戻金 30万円 65歳未満 、15万円 65歳以上 この保... A ベストアンサー 生命保険専門のFPです。 (Q)アフラックは先進医療特約は重粒子線治療のみだと保険の窓口で言われました。 本当にそうなのかはまだ確認していません。 (A)嘘です。 aflac. (Q)保険の窓口で一度聞いたときは、「入り直したほうが良い」と言われました。 (A)どうして入り直した方が良いのか、 シミュレーションをしてくれましたか? 質問者様は、37歳ですよね。 15年前に契約したがん保険は、内容的に古くなっています。 これは、その通りです。 では、15年後、52歳になったとき、今の保険が「新しいまま」ですか? 15年後に、古いからといって、また、「入り直す」のですか? その担当者が勧める保険の52歳での保険料は幾らですか? 確かに、全てを新しくするというのは、一つの方法ですが、 将来のことも考えなければなりません。 なので、色々と考えるシミュレーションが重要なのですよ。 アフラックの保険が良い点は、後から保障内容を変更できる点です。 この点は、評価して良いと思います。 フォルテが発売されたときには、スーパーがん保険や 21世紀がん保険など以前から発売されていた保険用に特約を 発売しました。 今回、DAYSを発売するに際しても、以前の保険用には DAYSプラスという方法で対応しているようです。 (ネットの内容が全てではありません) 終身保険とは、本来、このような方向であるべきだと思いますが、 残念ながら、現時点でそれを期待できるのは、アフラックだけです。 (医療保険のEVERも同じように、後から特約を追加できます) がん治療支援保険は、抗がん剤特約などで一歩先行していましたが、 DAYSが発売されたことによって、優劣は付けがたくなっています。 となると、長期的に考えると、アフラックの方針は、 とても重要な要素になると考えて良いと思います。 以上が、質問(1)の答えにもなっていると思います。 ついでに、現在2口ならば、1口だけ解約するという方法もあります。 (Q)昔の保険は解約しないほうがいいという話をよく聞きますが、それはがん保険ではなく生命保険(死亡保障)だそうですが、私が入っているアフラックのがん保険にも死亡保障がついています。 これはおいしい保険なのでしょうか? (A)これは、微妙な問題なのですよ。 確かに、予定利率は良いですが、がん保険の死亡保険金は、 がんで死亡しなければ意味がないので、 予定利率が良いから「お宝」とは言えなのです。 しかし、昔のがん保険は、保障内容に比べると、保険料が安いのです。 その理由は、かつては、これほどがん患者(罹患率)が上がるとは 予想されていなかったので、保険料が安価なのです。 (現在の罹患率は、2人に1人です) 今、日額3万円のがん保険に契約しようと思うと、 保険料がとても高くなります。 スーパーがん保険は、65歳以降保障が半額になると言われていますが、 この入院給付金日額は、半額にならず、そのまま継続します。 平均の入院日数は、どんどん短くなっていますが、 では、長期の入院がなくなっているのかというと、そんな事はありません。 今でも、月単位で入院している人が少なくないのですよ。 今でも、がん患者の5%は、6ヶ月以上の入院です。 e-stat. 質問者様が、その5%にならないという保障はどこにもないのです。 また、患者調査には、統計の落とし穴があります。 30日入院して、1日退院して、また30日入院すると、 統計上は、30日の入院をした人が2人と出ます。 でも、本人にとっては、60日の入院でしょう。 保険でも、短期間に繰り返される入院は、連続していると見なされます。 しかも、がんの治療では、入院・退院を繰り返すことが 決して珍しくないのです。 だから、がん保険の入院日数無制限というは、重要なのですよ。 どのようにするかは、質問者様のお考えが重要です。 でも、それを判断するためのデータは、 正しいものを集めなければなりません。 間違ったデータで判断すれば、判断を間違えます。 >アフラックは先進医療特約は重粒子線治療のみだと保険の窓口で言われました。 本当にそうなのかはまだ確認していません。 というように、確認をしようという姿勢は高く評価できます。 一方、顧客が素人だからといって、いい加減なことを言う担当者は 信用できません。 ご参考になれば、幸いです。 生命保険専門のFPです。 (Q)アフラックは先進医療特約は重粒子線治療のみだと保険の窓口で言われました。 本当にそうなのかはまだ確認していません。 (A)嘘です。 aflac. (Q)保険の窓口で一度聞いたときは、「入り直したほうが良い」と言われました。 (A)どうして入り直した方が良いのか、 シミュレーションをしてくれましたか? 質問者様は、37歳ですよね。 15年前に契約したがん保険は、内容的に古くなっています。 これは、その通... A ベストアンサー 1 告知日から5年内に精神科に通院 2 告知日から5年内に大腸ポリープ切除 もし・・・ 2 のみ告知していたら、大腸とその付近の部位に不担保が付き、成立していたでしょう。 1 の内容にも拠りますが、不眠程度でしたら、 2 に対して部位不担保が付き、 1 に対してだと、 保険料が割り増しになったり、給付金が何年間か 削減され、契約成立となっていたかもしれません。 1 と 2 の事実関係を、詳細に告知しましょう。 Aの場合、この程度でしたら、重大事由解除にはならないでしょう。 そうなると、会社は、今まで払った保険料、または、 解約返戻金のどちらか高い方を支払う義務があります。 契約したばからりですと、おそらく保険料の方が高いでしょう。 今することは、 1 と 2 を追加して告知することです。 頑張ってくださいね! 1 告知日から5年内に精神科に通院 2 告知日から5年内に大腸ポリープ切除 もし・・・ 2 のみ告知していたら、大腸とその付近の部位に不担保が付き、成立していたでしょう。 1 の内容にも拠りますが、不眠程度でしたら、 2 に対して部位不担保が付き、 1 に対してだと、 保険料が割り増しになったり、給付金が何年間か 削減され、契約成立となっていたかもしれません。 Q 平成2年5月に加入した日本生命の保険の更新に合わせて 転換を勧められています。 こちらでアドバイスいただき転換しないことにして この機会に死亡保障と医療保障は分けることで検討しています。 完全ではありませんがキャッシュフロー表を作成し保険を調べています。 そこでまた疑問が出てきました。 夫が9月末に大腸ポリープを切除しました。 (検査結果は両性です。 ) 3ヶ月経過後、他社の保険加入も可能ですがその部位に関してお金がおりないという条件が付きますよね。 現在、日本生命の担当者はその状況を承知で新しい保険を勧めていますが 大腸ポリープを切除したことによる保障内容の特別な説明はありません。 現在加入中の保険を転換する場合はポリープ切除は問題ないのですか? もし、このまま医療保障を更新した場合はどうなりますか? ポリーのできやすい体質だから毎年検査した方が良いと言われています。 医療保障の部分は更新しない予定で他社を検討していますが 状況によっては考えた方が良いのでしょうか。 A ベストアンサー (Q)大腸ポリープを切除したことによる保障内容の特別な説明はありません。 現在加入中の保険を転換する場合はポリープ切除は問題ないのですか? もし、このまま医療保障を更新した場合はどうなりますか? (A) 担当者が特別な説明をしないのは、好意的に見れば…… どのような条件が付くのか、あるいは付かないのか、決めるのは審査担当者であり、権限がないので、黙っている。 条件が付いたら、その時点で説明しようと思っている。 転換では、条件が付いた時点で、「転換をやめる」という選択肢があるからだと思います。 常識的に考えれば…… 条件が付く、付かないにかかわらず、転換については、十分な説明をするべき。 ましてや、条件が付く可能性が明らかなので、自身に条件の内容を決める権限がないことも含めて、説明するべき。 更新の場合、無条件なので、ポリープを切除したことは問題になりません。 今までどおりの保障が得られます。 (Q)ポリープのできやすい体質だから毎年検査した方が良いと言われています。 医療保障の部分は更新しない予定で他社を検討していますが状況によっては考えた方が良いのでしょうか。 (A)多発性ポリープ(ポリープがたくさんできる、毎年のようにポリープを切除しなければならない)になると契約不可となります。 まずは、他社の医療保険を確保して、どのような条件が付くのか、見てからでも遅くはないと思います。 長期間の不担保が付くならば、負担は大きくなりますが、新しい保険に加えて、現在の保険の医療特約を更新して、万一に備えておくというのも一つの手です。 ご参考になれば、幸いです。 (Q)大腸ポリープを切除したことによる保障内容の特別な説明はありません。 現在加入中の保険を転換する場合はポリープ切除は問題ないのですか? もし、このまま医療保障を更新した場合はどうなりますか? (A) 担当者が特別な説明をしないのは、好意的に見れば…… どのような条件が付くのか、あるいは付かないのか、決めるのは審査担当者であり、権限がないので、黙っている。 条件が付いたら、その時点で説明しようと思っている。 転換では、条件が付いた時点で、「転換をやめる」という選択肢があるか... Q 先日、大腸内視鏡検査を行い、その際3mmのポリープが見つかったので全摘出を行い、病理検査により良性と診断されました。 保険会社に保険の対象かどうかを確認したところ、診断書を提出して欲しいと言われました。 そこで、病院に診断書作成をお願いしたところ、生検扱いなので保険対象とはならないとのことでした。 領収書には、検査2194点、病理診断1380点、手術・輸血0点とあり、確かに、手術という扱いにはなっていないようです。 ただ、医者からはポリープは残さず取ったと言われており、内容的にはポリープ摘出手術に思えます。 病院の話では、今回は3mmとサイズが小さく、そのような場合は全摘出していても生検扱いで手術では無いと言われました。 このように全摘出しても、サイズが小さいと生検扱いとなるのでしょうか? 医療費は抑えられているので、その点では患者のためになっていると言えるのですが、 このようなケースでは、手術として保険金の請求はできないのでしょうか?.

次の

アフラックから帝王切開で給付金はいくらもらえる?必要書類や2回目の場合は?

アフラック 給付 金

1.入院給付金や診断給付金と相続税の関係 医療保険に加入している場合、手術や治療のために要した入院日数によって「 入院給付金」を受け取ることが可能です。 特約によっては、入院しなくても通いで通院したときに「 通院給付金」を受け取れる場合もあります。 また、がん、心筋梗塞、脳卒中など、特定の疾病を患っていると診断された場合に「 診断給付金」を受け取れる保険もあります。 被相続人の容体等によっては、これらの給付金を請求する前に亡くなることもあります。 この場合は受取人が誰かによって相続税の扱いが異なります。 1-1.相続税がかかる場合 入院給付金の受取人が「被相続人」になっていることは一般的に多いですが、この場合は 入院給付金が「被相続人の本来の相続財産」として扱われますので、相続税の課税対象です。 なお、死亡保険等の生命保険であれば、「みなし相続財産」として扱われますが、 入院給付金は受取人の固有財産であるため「本来の相続財産」です。 つまり、遺産分割をする必要がある財産である点に注意をしましょう。 通院給付金、診断給付金についても同様です。 1-2.相続税がかからない場合 入院給付金の受取人を「配偶者」などの本人以外にしているケースもあります。 本人以外として設定される代表的な受取人には、配偶者、子供や兄弟姉妹などが挙げられます。 この場合、 入院給付金は受取人の財産になるため、相続税の課税対象にはなりません。 なお、入院給付金等の受取りをすると所得税が課税されると心配する人もいるでしょう。 しかし、 入院給付金の受取人が被保険者、配偶者、被保険者と生計を共にするものであれば非課税になります。 病気やケガが理由で「身体の傷害に基因して支払われるもの」は非課税とされています。 つまり、相続税と所得税の心配はいりません。 【関連】 2.リビングニーズ特約と相続税の関係 生命保険(死亡保険)の特約の1つに「 リビングニーズ特約」があります。 この特約は医師により「余命6カ月以内の宣告」がされた場合に、契約している死亡保険金の一部または全部(最大3,000万円)を受け取れるものです。 このリビングニーズ特約の相続税の扱いについて確認します。 2-1.相続税がかかる場合 リビングニーズ特約は、原則として「被保険者(被相続人)」が受け取ります。 したがって、 リビングニーズ特約によって受け取った死亡保険金は、税務上「被相続人の本来の相続財産」として扱われます。 被保険者(被相続人)本人が生前にリビングニーズ特約を受け取る際には所得税などの税金はかかりません。 リビングニーズ特約は本来、死亡保険金を治療費や医療費に充てるために生前受取りできる制度です。 つまり、 医療費のために保険金を使って、使い残した分の保険金が相続税の課税対象になります。 なお、死亡保険金が1,000万円あり、そのうち500万円をリビングニーズとして受取った場合は、残りの500万円は「みなし相続財産」として扱われます。 この保険は一定期間、毎月一定金額の保険金を、収入の代わりとして受け取れるものです。 この所得補償保険と相続税について見ていきます。 3-1.相続税がかかる場合 所得補償保険は、基本的に「被保険者」が受取ることになります。 したがって 、受取った保険金に残額があれば相続税の課税対象になります。 また、被保険者以外の配偶者などが、被保険者の死亡時に保険金を「一括で受取った」場合も課税対象になります。 3-2.相続税がかからない場合 所得補償保険で相続税がかからないケースは、所得補償保険を医療費等に使い切っている場合です。 この場合は相続財産にならないため、相続税はかかりません。 また、配偶者などが毎月、分割で受取っている場合も相続税の課税対象にはなりません。 なお、受取人が保険金を一括で受取ると相続税が課税されますが、生命保険金の基礎控除は適用可能です。 4.収入保障保険と相続税の関係 「 所得補償保険」と似ているが内容が異なる保険として「 収入保障保険」があります。 「所得補償保険」は病気やケガで働けなくなったときに本人の年収を補償することが目的の一種の損害保険ですが、「収入保障保険」は、被保険者が亡くなった際に残された遺族の収入を保障するのが目的の一種の生命保険です。 さて、ここで、 収入保障保険が通常の生命保険と異なる点は、保険金を一括( 一時金形式)で受け取るか、一定期間にわたって一定金額( 年金形式)で受け取るかを選べることです。 一時金形式で受け取るよりも、年金形式で受け取ったほうが、最終的に受け取る金額は多くなりますが、相続税の金額は、一時金形式で受け取る金額で計算します。 そして、 年金形式で受け取る場合は、毎年受け取る金額に対して、雑所得として所得税もかかります。 つまり、本来一括で受け取る金額を元本として保険会社に預けて運用してもらいそこから生じた利益と元本の一部を合わせて毎年受け取るような形になりますので、その利益分に対して所得税がかかるのです。 所得税発生の仕組みについてはやや複雑になりますので、詳細は税理士などにご質問ください。 毎年受け取る金額にもよりますが200万円程度であれば、所得税は最初のうちはほぼゼロで、発生しても年間数千円程度であることが多いです。 5.各種保険と相続税のまとめ 医療保険、がん保険、生命保険、所得補償保険、収入保障保険など、昨今では非常に多くの種類の保険があり複数の保険に加入している人も珍しくありません。 病気やケガをしたり、亡くなったりすると保険金をもらえますが、受取人が誰なのか、また受取方法がどうなっているのかによって、相続税がかかるかどうかが変わってきます。 今加入している保険の受取人が誰でどのように受け取るのか、普段から確認しておくと良いでしょう。 万が一不明な点があれば税理士などに相談することも大事です。

次の