ハング アウト ミーティング。 【検証】ハングアウトのデータ通信量と1GBまでの目安。他のビデオ通話アプリとの比較

【ハングアウトの使い方】PCやスマホでグループ通話・ビデオ会議ができる!今すぐ相手を招待してみよう

ハング アウト ミーティング

テレワークとか、リモートワークが活況となってまいりました。 これからオンラインで会議をする場面が多くなってくるはずです。 ビデオ会議用のツールはいくつかありますが、今回は 「Googleハングアウト」を使いましたので、ご紹介してみます。 最大10人まで参加できます。 (無料・執筆時点) なんでこのツールになったかといえば、先方様の指定がGoogleハングアウトだったからです。 使用後の感想は・・・「とてもカンタン」でした。 関連記事 この記事の概要• Googleハングアウトとは?• どうやって始めることができるのか?• 使用方法は簡単です• 相手方にどんな招待メールが届くのか?• 相手方にメールが届かない【トラブル】• ビデオ会議(テレビ会議)の始まりです• まとめ というのも、パソコンに内臓されているスピーカーとかマイクの性能がショボい場合が多いからです。 このような場合、外付けイヤホン(マイク付き)があったほうが、相手の話を良く聞き取ることができますし、こちらの発言もはっきりと相手方に伝わるからです。 すでにお持ちでしたら、それをビデオ会議で使えばOKです。 もしお持ちでなければ、準備したほうが良いと思います。 私が実際に使っている は高級品ではありませんが、あやしい低級品でもありません。 お値段はだいたい5,000円くらいですが、2019年に購入してから壊れることなく1年以上使えてます。 思ってたより丈夫でした。 購入した価格を使っていた月数で割ると約400円ですので、喫茶店のコーヒー代1回分くらいでしょうか。 まとめ グーグル のアカウントをお持ちの方でしたら、検索サイトの検索窓に「グーグルハングアウト」とか入れて調べます。 そうすれば、 が検索結果に出てきます。 あとは、それほど難しい操作はしなくても、感覚的に使い始めることができると思います。 便利なツールを使って、あなたの快適なテレワーク生活をお過ごしください。 最後までご覧いただきましてありがとうございました。 関連記事 RELATED 諌山 将史 (いさやま まさふみ) Menu• ブログ カテゴリー• 14 ブログ アーカイブ•

次の

Googleハングアウトでネット会議/打ち合わせ。画面共有、Googleドキュメントのリアルタイム編集が超便利。

ハング アウト ミーティング

ハングアウトの準備 ハングアウトするのに、いちばん使い勝手がいいのはGoogle Chromeブラウザーとなりますが、Internet ExplorerでもEdge,、Firefox、Safaliなどでも「Hangoutsプラグイン」を追加することで利用可能です。 なお、ハングアウトには、Googleアカウント、またはG Suite(旧名Google Apps)のアカウントが必要です。 最近のノートパソコンであればオールインワンで全て内蔵していることでしょう。 音声のやり取りには「ヘッドセット」があると便利です。 ハングアウトの開始 Webブラウザーでハングアウトを開始するには、 にアクセスします。 (Googleアカウントでのログインがまだの場合、ログインを求められます。 ) Chrome以外でアクセスするとプラグインのインストール画面が出るので追加すると利用可能となります。 Googleハングアウトのページが開いたら、画面左上方の緑の丸マークの「+ 新しい会話」をクリックします。 連絡したい相手の名前、電話番号、メールアドレスのいずれかを入力して検索します。 検索結果の一覧で連絡したい相手先をクリック。 まずは、いきなりビデオ通話が始まるのではなくメッセージ画面が現れます。 すぐにビデオハングアウトを開始する場合 事前に電話やメールでやり取りをしてお互いにWebブラウザーでGoogleハングアウトページにアクセスし、ビデオ通話の準備が整っているならば、スタート画面の「ビデオハングアウト」をクリックします。 「ハングアウト名を入力してください」という欄に、英文字+数字で適当な会議名を入力して「+」をクリック。 画面右下に自分のPCのカメラの映像が映っていることを確認します。 これでビデオハングアウトの待機状態になります。 「他のユーザーを招待」をクリックします。 招待したい相手の名前かメールアドレスを入力します。 ここで相手先を複数入力すればグループでのハングアウトとなります。 相手先の確認にしばらく時間がかかることがあります。 準備ができたら緑の「招待」ボタンがクリックできるようになります。 「招待」ボタンをクリックします。 相手先も「Googleハングアウト」にアクセスしていれば呼び出し音と共に着信通知が出るので、「応答」をクリックすればビデオハングアウトに入れます。 相手の映像が全面に、自分のカメラ映像が右下に表示されます。 アイコン上にマウスを置くと、何のメニューかが表示されます。 相手先に社外の人のアドレスを入力すると社内の人ではない旨の確認の表示がでます。 問題なければ「許可」ボタンをクリックすることで社外の人とハングアウトできます。 また、下の画面で「変更」ボタンをクリックして「許可」ボタンをクリックするとゲストの参加が可能となります。 これによりハングアウトのアドレスが追加で表示されます。 ハングアウトの内容を公開するときには、参加者にメールなどでアドレスを知らせておけば、簡単にアクセスできるようになります。 画面の共有 ハングアウトでとても便利なのが画面共有機能です。 左サイドメニューのグリーンボタンをクリックすると「画面を共有する」画面が現れます。 「あなたの全画面」ではデスクトップの全画面を共有できます。 「アプリケーションウィンドウ」を選ぶと、現在開いているアプリケーションの一覧が表示され、共有したいアプリケーションを選択できます。 これによりアプリを操作しながら打ち合わせを行うことができます。 メールアドレスを入力して、新しい参加者宛に招待の連絡ができます。 Googleドキュメントでリアルタイム共同編集 共同で文書の作成を行いたいとき、通話で相談しながら一つの画面で共同でリアルタイムで編集できる「Googleドキュメント」が便利です。 参加者にまずはGoogleドキュメントの書類を開いてもらうためには「グループチャット」が便利です。 画面左の青のアイコンをクリックすると、画面右サイドに「グループチャット」画面が表示されます。 このチャットの中にGoogleドキュメントで作成したたたき台のアドレスをコピー&ペーストします。 打ち合わせ相手がダブルクリックして書類を開くと、一つの書類を一緒に編集できます。 編集作業を行っている模様が相手も見ることができます。 カーソルが置かれている場所が色分けで表示されて、どこをどのように編集しているのかがリアルタイムでわかります。 Chrome版のアプリもあるのだけれど・・・ 実は、Chrome向けにハングアウトのアプリ、機能拡張もあるのですが、私は使っていません。 機能拡張を入れるとハングアウトが常に稼働し、着信を知らせてくれます。 これはこれで便利なのではありますが、いきなりビデオ通話がかかってくると業務の妨げになってしまうので、今のところは受け入れることができていません。 いずれにしても、ハングアウトは、日時を決めておこなう打ち合わせ、会議をオンラインで行うためのツールとして活用するようにしています。

次の

Zoom、ハングアウト、スカイプ ー テレワークに最適なWEB会議ツール3選【中小企業のためのテレワーク入門②】

ハング アウト ミーティング

テレワークとか、リモートワークが活況となってまいりました。 これからオンラインで会議をする場面が多くなってくるはずです。 ビデオ会議用のツールはいくつかありますが、今回は 「Googleハングアウト」を使いましたので、ご紹介してみます。 最大10人まで参加できます。 (無料・執筆時点) なんでこのツールになったかといえば、先方様の指定がGoogleハングアウトだったからです。 使用後の感想は・・・「とてもカンタン」でした。 関連記事 この記事の概要• Googleハングアウトとは?• どうやって始めることができるのか?• 使用方法は簡単です• 相手方にどんな招待メールが届くのか?• 相手方にメールが届かない【トラブル】• ビデオ会議(テレビ会議)の始まりです• まとめ というのも、パソコンに内臓されているスピーカーとかマイクの性能がショボい場合が多いからです。 このような場合、外付けイヤホン(マイク付き)があったほうが、相手の話を良く聞き取ることができますし、こちらの発言もはっきりと相手方に伝わるからです。 すでにお持ちでしたら、それをビデオ会議で使えばOKです。 もしお持ちでなければ、準備したほうが良いと思います。 私が実際に使っている は高級品ではありませんが、あやしい低級品でもありません。 お値段はだいたい5,000円くらいですが、2019年に購入してから壊れることなく1年以上使えてます。 思ってたより丈夫でした。 購入した価格を使っていた月数で割ると約400円ですので、喫茶店のコーヒー代1回分くらいでしょうか。 まとめ グーグル のアカウントをお持ちの方でしたら、検索サイトの検索窓に「グーグルハングアウト」とか入れて調べます。 そうすれば、 が検索結果に出てきます。 あとは、それほど難しい操作はしなくても、感覚的に使い始めることができると思います。 便利なツールを使って、あなたの快適なテレワーク生活をお過ごしください。 最後までご覧いただきましてありがとうございました。 関連記事 RELATED 諌山 将史 (いさやま まさふみ) Menu• ブログ カテゴリー• 14 ブログ アーカイブ•

次の