大 アドリア 大陸。 地中海に沈む失われた大陸「大アドリア大陸」が発見される(オランダ研究) (2019年9月30日)

アトランティス大陸発見か?地中海に沈んだ大アドリア大陸の謎!!

大 アドリア 大陸

アメイジア大陸と呼ばれる超大陸が形成中であるという学説は新しいものではない。 だが、カーティン大学の地質学者、李正祥博士は、インド・プレートがすでにユーラシア・プレートに接触しているにも関わらず、毎年数cmほど北へ移動を続け、地殻活動を起こしているという事実を現地で確認した。 そして、他の大陸もまたお互いに接近しつつある。 太平洋は毎年数cmずつ狭くなり、やがてアメリカ大陸はユーラシア大陸に衝突するだろうし、オーストラリア大陸もアジアへ向かって毎年7cmずつ移動しており、最終的にはアメイジア大陸の一部となる。 「新超大陸が完成するには、少なくとも数千万年か、ひょっとしたら数億年がかかるでしょう」と李博士。 高解像度断層撮像法および地理情報システムという新技法と、演算能力の向上したコンピューターが、この大陸の変化を前代未聞の方法で追跡することを可能とした。 例えば、こうした変化とかつて存在した超大陸、ロディニア大陸やパンゲア大陸との比較など、地球表面の現在のプレート理論とマントル深奥のプロセスや太古の地質データを結びつけることができる。 新超大陸が形成される正確な場所については、いくつかの説が提唱されている。 アフリカの周辺とする説がある一方で、2012年にはイェール大学の研究者が北極が中心とする説を発表している。 この研究によれば、南北アメリカは1つに融合し、カリブ海と北極海が消失する。 さらに、アジアがこの融合したアメリカに加わるという。 こうした変化は5千万〜2億年のうちに起こるようだ。 下の地図からはネパールがインドとアジアの境界に位置することが分かる。 ここでは2つのプレートが衝突し、一方の中へめり込み続けている。 北へ移動するインド・プレートの地殻活動が地震の原因となる。 これが現在の7大陸に分裂し、大西洋が生まれたのはそれから1億年後のことだ。 パンゲア大陸は地球史上、3か4番目の大きさを有していたと考えられている。 パンゲア大陸が分裂して、今日の大陸へと形成された様子を説明するイラスト その前にあった超大陸が約10億年前に形成されたロディニア大陸で、さらに18億年前にはヌーナ大陸が存在した。 大陸移動説は、1912年ドイツ人の気象学者アルフレート・ヴェーゲナーが、ジグソーパズルのようにぴったりと一致する陸地の形状を説明するために提唱したものである。 地球の表面は、7つの主要な固い岩盤(プレートと呼ばれる)といくつかの小さな岩盤で形成されており、人間の爪の成長とほぼ同じ、年に数mmから数cmほどの速さで移動している。 このプレートが移動する際に生じる摩擦が地震の原因となる。 アメイジアは「アメリカ」と「アジア」を繋げたもの。 この超大陸は、アフリカ大陸、ユーラシア大陸、アメリカ大陸、オーストラリア大陸の合体によって形成される。 その際太平洋は消滅し、そこに大山脈が出現する。 直後には太平洋の跡からの大規模なプルーム現象が起こると予測されている。 なお、東ユーラシアと北アメリカが直接衝突し、その南にオーストラリアが衝突する形になるか、オーストラリアが両者の間に割り込むところまで北上するか、南極大陸がオーストラリアの南側に衝突するか単独の大陸のままで残るかなどについては予想が分かれている。 一方で、イェール大学のミッチェル博士らは、北極を中心に形成されるとしている。 また、アメイジア大陸とは逆に、大西洋が消滅するような形で超大陸が形成されるという説もあり、この超大陸はパンゲア・ウルティマ大陸またはパンゲア・プロクシマ大陸と呼ばれている。

次の

アトランティス大陸発見か?地中海に沈んだ大アドリア大陸の謎!!

大 アドリア 大陸

失われた大陸 発見 出典headlines. yahoo. jp 失われた大陸 発見のニュースは、次のように報道されています。 (CNN) 地中海地域の地質を調べていた研究者らがこのほど、グリーンランドと同等の大きさを持つ失われた大陸が存在することを突き止めた。 今月刊行の学会誌に論文が掲載されている。 「大アドリア大陸」と名付けられたこの大陸は2億年以上前に北アフリカから分裂したが、約1億4000万年前には南ヨーロッパの陸地の下へと沈み込んだ。 かつて大西洋に存在し、海に沈んだとされる伝説上の巨大な島「アトランティス」とは異なるという。 地中海地域における山脈の形成の研究が、大アドリア大陸の発見につながった。 同大陸が南ヨーロッパのプレートの下にのみ込まれる際、削り取られた上部の岩石がアルプス山脈やアペニン山脈のほかバルカン半島、ギリシャ、トルコの山岳地帯を形成したとみられる。 論文著者の蘭ユトレヒト大学のダウエ・ファンヒンスベルゲン教授によれば、現在この大陸の名残として認められるのはイタリア北部のトリノからアドリア海を経由してイタリア半島の「ブーツのかかと」に至るごく限られた地域にとどまる。 リゾート地として人気の高いこれらの地域について、ファンヒンスベルゲン教授は「そうとは気づかず、毎年大勢の観光客が失われた大陸の上で休暇を過ごしている」と述べた。 失われた大陸の存在が明らかになるのは今回が初めてではない。 2017年1月には、研究チームがモーリシャス島の海底で超大陸「ゴンドワナ大陸」の一部とみられる大陸を発見したと発表した。 ゴンドワナ大陸は2億年前に分裂を開始したとみられている。 出典headlines. yahoo. jp 失われた大陸 正体 アトランティス? 失われた大陸はグリーンランドと同じぐらいの大きさ 2億年前に元は北アフリカ大陸だったものが分裂したもので、 1億4000万年前に南ヨーロッパの陸地の下へ潜り込んだとされています。 その歳に、 削り取られた上部の岩石がアルプス山脈やアペニン山脈のほかバルカン半島、ギリシャ、トルコの山岳地帯を形成しました。 失われた大陸の名残は、 イタリア北部のトリノからアドリア海を経由してイタリア半島の「ブーツのかかと」部分にあるとのことです。 知らず知らず、 失われた大陸を目の前にして見ていたのですね。 よって、 かつて伝説の存在とされた大西洋の「アトランティス」とは別物です。 人が残してきた記録、調べ上げてきた事はほんの僅かだと思います。 過去に戻る事は出来ないけれど、過去に何があったのか、そこに何がありどんな世界が広がっていたのか想像するのはとても胸が踊る事ではないでしょうか。 小中学生の頃、ムー大陸などの本やテレビ番組をわくわくしながら見ていたのを思い出します。 欧州南部が山岳地帯なのも、アイソスタシーとしゅう曲の結果だと。 文明が無くとも古代人が住んでたか通ったかしただろうから、ロマンはありますね。 地球の地殻変動に伴う大陸の構成は数億年単位のサイクル。 南アメリカ大陸とアフリカ大陸が繋がっていて地殻変動を迎えて今の様に分離したというのは 地図を見れば納得する。 その後に生まれた大西洋にあったとされるアトランティス大陸との時代考証がなんともわからん。 あまり理詰めするとロマンがなくなるからまあ良いか。

次の

地中海に沈む失われた大陸「大アドリア大陸」が発見される(オランダ研究)(2019年9月30日)|BIGLOBEニュース

大 アドリア 大陸

アメイジア大陸と呼ばれる超大陸が形成中であるという学説は新しいものではない。 だが、カーティン大学の地質学者、李正祥博士は、インド・プレートがすでにユーラシア・プレートに接触しているにも関わらず、毎年数cmほど北へ移動を続け、地殻活動を起こしているという事実を現地で確認した。 そして、他の大陸もまたお互いに接近しつつある。 太平洋は毎年数cmずつ狭くなり、やがてアメリカ大陸はユーラシア大陸に衝突するだろうし、オーストラリア大陸もアジアへ向かって毎年7cmずつ移動しており、最終的にはアメイジア大陸の一部となる。 「新超大陸が完成するには、少なくとも数千万年か、ひょっとしたら数億年がかかるでしょう」と李博士。 高解像度断層撮像法および地理情報システムという新技法と、演算能力の向上したコンピューターが、この大陸の変化を前代未聞の方法で追跡することを可能とした。 例えば、こうした変化とかつて存在した超大陸、ロディニア大陸やパンゲア大陸との比較など、地球表面の現在のプレート理論とマントル深奥のプロセスや太古の地質データを結びつけることができる。 新超大陸が形成される正確な場所については、いくつかの説が提唱されている。 アフリカの周辺とする説がある一方で、2012年にはイェール大学の研究者が北極が中心とする説を発表している。 この研究によれば、南北アメリカは1つに融合し、カリブ海と北極海が消失する。 さらに、アジアがこの融合したアメリカに加わるという。 こうした変化は5千万〜2億年のうちに起こるようだ。 下の地図からはネパールがインドとアジアの境界に位置することが分かる。 ここでは2つのプレートが衝突し、一方の中へめり込み続けている。 北へ移動するインド・プレートの地殻活動が地震の原因となる。 これが現在の7大陸に分裂し、大西洋が生まれたのはそれから1億年後のことだ。 パンゲア大陸は地球史上、3か4番目の大きさを有していたと考えられている。 パンゲア大陸が分裂して、今日の大陸へと形成された様子を説明するイラスト その前にあった超大陸が約10億年前に形成されたロディニア大陸で、さらに18億年前にはヌーナ大陸が存在した。 大陸移動説は、1912年ドイツ人の気象学者アルフレート・ヴェーゲナーが、ジグソーパズルのようにぴったりと一致する陸地の形状を説明するために提唱したものである。 地球の表面は、7つの主要な固い岩盤(プレートと呼ばれる)といくつかの小さな岩盤で形成されており、人間の爪の成長とほぼ同じ、年に数mmから数cmほどの速さで移動している。 このプレートが移動する際に生じる摩擦が地震の原因となる。 アメイジアは「アメリカ」と「アジア」を繋げたもの。 この超大陸は、アフリカ大陸、ユーラシア大陸、アメリカ大陸、オーストラリア大陸の合体によって形成される。 その際太平洋は消滅し、そこに大山脈が出現する。 直後には太平洋の跡からの大規模なプルーム現象が起こると予測されている。 なお、東ユーラシアと北アメリカが直接衝突し、その南にオーストラリアが衝突する形になるか、オーストラリアが両者の間に割り込むところまで北上するか、南極大陸がオーストラリアの南側に衝突するか単独の大陸のままで残るかなどについては予想が分かれている。 一方で、イェール大学のミッチェル博士らは、北極を中心に形成されるとしている。 また、アメイジア大陸とは逆に、大西洋が消滅するような形で超大陸が形成されるという説もあり、この超大陸はパンゲア・ウルティマ大陸またはパンゲア・プロクシマ大陸と呼ばれている。

次の