ダイハツ ロッキー 値段。 価格.com

【公式】ロッキーの新車価格とグレード|ダイハツ

ダイハツ ロッキー 値段

トヨタ自動車とダイハツ工業は5日、新型の小型スポーツ用多目的車(SUV)を発売した。 ダイハツが開発・生産し、トヨタは「ライズ」、ダイハツは「ロッキー」の車名でそれぞれ、販売する。 SUV人気が高まっていることに対応し、トヨタは、「C-HR」より小さなサイズのSUVを求めるニーズを取り込みたい考え。 ダイハツは軽自動車から小型車に乗り換えようとする顧客にアピールする。 小回りのきく5ナンバーサイズで、パワートレーン(駆動系)は1・0リットルターボエンジンと無段変速機(CVT)との組み合わせ。 2輪(前輪)駆動と4輪駆動がある。 先進安全技術を搭載しており、オプションではハンドルを自動で操作する駐車支援機能も設定している。 ダイハツが7月から導入を始めた新設計手法「DNGA」により、衝突安全と室内・荷室の広さを両立させたという。 ほぼ同型だが、グリルなど前部のデザインが異なる。 価格はライズが167万9千円から、ロッキーが170万5千円から。 ダイハツの松林淳取締役は、「『大きくて運転しにくい』『サイズの割に室内や荷室が狭い』というSUVへの不満を解消できる車だ」と強調した。 引用元 ライズは売れると思うけど、対抗として見据えてるクロスビーより中身は1ランク落ちるんだよねえ。 04トン(1. 00トン) ・ノー電動アシスト(マイルドハイブリッド) ・ミッション:CVT(6AT) トルクが1kgmも低く発生回転数も高い。 4駆選ぶと1t超えちゃうから税金が上がっちゃう。 アシスト無いから実燃費に差があり、アイスト復帰の振動も大きいと思われる。 しかもロッキー・ライズはCVTなのに対しクロスビーは6AT。 内外の質感もたぶんクロスビーの勝ち。

次の

新型ロッキーのホイールはどうカスタム?適合する社外アルミをセレクト!

ダイハツ ロッキー 値段

ロッキー、ライズのプラットフォームは、「DNGA(Daihatsu New Global Architecture)」に基づいて新たに開発されたものが搭載されている。 基本構造はダイハツ「タント」などと同じだが、軽自動車の拡大版ということではない。 5ナンバーの小型車向けに設計されている。 SUVは海外でも人気のカテゴリーなので、ホンダ「ヴェゼル」やマツダ「CX-3」のようなコンパクトSUVでも、全幅はワイドな3ナンバー車になるのが一般的だ。 5ナンバーサイズのSUVと言えば、スズキ「クロスビー」や「ジムニーシエラ」くらいなので、ロッキー、ライズは貴重な5ナンバーサイズの新型車と言えるだろう。 ロッキー、ライズの開発や生産を受け持つのはダイハツで、ライズはOEM車としてトヨタに供給されている。 今回、そんなロッキーとライズに試乗したのでレビューをお届けするとともに、両車のグレード比較や推奨グレードなどについても併せて解説したい。 9〜5. フロントフェイスを直立させて、FRベースの本格的なオフロード車のような外観へと仕上げられている。 「ロッキー」「ライズ」は水平基調のデザインが採用されていることなどから、前方、後方ともに視界がいい 運転席に座ると、ボンネットが少し見えるのでボディ先端や車幅の感覚がつかみやすい。 フロントウィンドウはあまり寝かせていないので、Aピラーによって斜め前方の視界が遮られる心配がない。 また、水平基調のボディで斜め後方が見やすいなど、視界についてはおおむね良好だ。 最小回転半径は、16インチタイヤ装着車が4. 9m、17インチが5. 0mと小回りが利くので、混雑した市街地や狭い裏道でも運転しやすい。 「ロッキー」「ライズ」に搭載されている、1L直列3気筒ターボエンジン。 5Lのノーマルエンジンと同等だ。 だが、ロッキー、ライズには低速域における加速力などを特徴とする新型CVT「D-CVT」が搭載されており、車重も2WDで970〜980kg、4WDで1,040〜1,050kgと軽い。 そのため、低速域から実用回転域あたりの駆動力は高く、登坂路などでも力不足になりにくい。 そして、4,500rpm付近の高回転域においても、パワフルな走りが得られる。 気になったのは、排気量が1リッターと小さいことから、2,000〜3,000rpmでアクセルペダルを緩く踏み増すと、少しのタイムラグの後に加速が立ち上がるターボの特性を感じたことだ。 また、登坂路などでアクセルペダルを深く踏み込むと、3気筒特有の粗いエンジンノイズが聞こえてくることも少し気になった。 ダイハツ「ロッキー」の走行イメージ 走行安定性については、全高が1,600mmを超えるSUVとしては良好だ。 ボディが軽いことから、カーブを曲がったり車線を変更する際に、ボディがフラリと唐突に傾くような違和感がない。 さらに、設計が新しいだけあって後輪の接地性が高く、高速道路などの直進時を含めて走行安定性は高い。 2WDと4WDの違いにも、触れておきたい。 違いが明確に生じるのは雪道や未舗装路などだが、舗装路においても峠道などを走るときには4WDのほうが有利だ。 カーブの出口に向かってアクセルペダルを少しずつ踏み増していくと、前後輪へ駆動力を分配する多板クラッチの電子制御によって、後輪にも駆動力を伝えてくれる。 前輪の負担が減り、2WDに比べて旋回軌跡が外側へ膨らみにくい。 4WDのほうが、操舵角に応じて正確に曲がりやすい。 なお、横滑り防止装置のスイッチを長押ししてキャンセルすると、4WDでは発進時に駆動力の50%が後輪に伝わる。 これは、雪上で立ち往生したときなどに、前後輪を空転させながら強引に脱出するような使い方をするためのものだ。 こういった制御は、センターデフをロックして前後の駆動系を直結させるオフロードSUVに近いものがある。 トヨタ「ライズ」の走行イメージ 乗り心地は、市街地を時速40km以下で走ると路面の細かな凸凹が伝わってくるものの、コンパクトSUVとしては満足できるものだ。 操舵に対する車両の動きも機敏だ。 17インチの乗り心地は、運転好きのユーザーには歓迎されるだろう。 そのほかで気になったことは、電動パワーステアリングの操舵感についてだ。 直進状態に戻ろうとする反力が、やや弱く感じた。 ためしに、ステアリングホイールをいっぱいに回してゆっくりと旋回してみると、手を離してもそのまま回り続けようとした。 あくまでも手応えの話であり、好みの分かれるところではあるだろうが筆者としては気になったところだ。 4つのデザインから選択可能な、車両情報がひと目でわかるカラー液晶の「アクティブ マルチ インフォメーションメーター」 内装にも触れておきたい。 インパネは、水平基調のオーソドックスなデザインだが、主力グレードのメーターにはTFTカラー液晶の「アクティブ マルチ インフォメーションメーター」が採用されており、各種の情報を表示することが可能だ。 ATレバーは前後方向に直線的に動かすタイプで、エアコンなどのスイッチ類の操作性も良好だ。 ステアリングホイールの調整にテレスコピックがないので、気になる方はディーラーなどで試乗車に座ってみて、実際にステアリングを握ってみたほうがいいだろう ステアリングホイールの調節は、上下方向のチルトは可能だが前後に動かすテレスコピックは設定されない。 そのため、購入前には実際に運転席へ座ってみて、ステアリング操作に違和感がないかを確認したい。 ダイハツ「ロッキー」のフロントシート ダイハツ「ロッキー」のリアシート シートの座り心地は、前席は快適だ。 背もたれの高さと座面の長さが十分に確保されていて、腰の近辺をしっかりと支えてくれる。 後席は、足元空間が少し狭い。 ライバル車のホンダ「ヴェゼル」は膝先空間が広いが、全長は4,300mmを超えている。 ロッキー、ライズの全長は4m以下なので後席の空間効率はかなり高いが、4名乗車する機会が多いユーザーは念のため、後席の広さを確認しておくといいだろう。 なお、ロッキー、ライズは後席に座る乗員の足が前席の下側に収まりやすく、居住性を向上させるなどの工夫も見られる。 ダイハツ「ロッキー」のラゲッジルーム ラゲッジルームは床面積が広く、床下には収納設備も備わっている。 さらに、床面のボードを外すと背の高い荷物を積むこともできるなど使い勝手がいい。 エンジンは1Lターボのみなので、グレード間の違いは主に装備になる。 XとGは両車に設定されているが、同グレード名であっても装備はかなり異なり、単純な比較はできない。 トヨタ「ライズ」(左)とダイハツ「ロッキー」(右) 選び方として、駆動方式は4WDを推奨したい。 推奨グレードは、実用重視であればロッキーは「X [4WD]」(208万6,700円)、ライズは「G [4WD]」(213万3,700円)がいいだろう。 助手席アンダートレイは、ロッキーでは上級グレードの装着になるが、ライズであれば「G」にも備わる。 それでも、5万円近い価格差は開きすぎなので、ライズはやや割高だ。 運転支援機能の「全車速追従型クルーズコントロール」や「レーンキープコントロール」「LEDフォグランプ」「17インチアルミホイール」などがほしいときは、ロッキーは「G [4WD]」(222万4,200円)、ライズは「Z [4WD]」(228万2,200円)を選ぼう。 これもライズのほうが価格が高くて割安なのはロッキーだが、ライズには本革巻きステアリングホイールやシフトノブが装着されている。 なお、ロッキーには最上級の「Premium」グレードがラインアップされている。 ライズには設定のない、「ソフトレザー調シート表皮」などが備わる。 ロッキーはダイハツブランドなので、軽自動車からアップサイジングするユーザーを視野に入れているが、現行のタントやムーヴも質感は高い。 そこで、アップサイジングするならばさらに上質にする必要があったため、Premiumグレードが用意された。 逆に、ライズは価格の安さに重点が置かれている。 ベーシックな「X [2WD]」は、価格を170万円以下に抑えている。 ただし、このXグレードには衝突被害軽減ブレーキのスマートアシストが装着されないので推奨できない。 トヨタ「ライズ」(左)とダイハツ「ロッキー」(右) ロッキーとライズを比較すると、全般的にはロッキーが買い得になるが、値引き額やローンの金利、残価設定ローンの残価率などによって、損得勘定が逆転することも考えられる。 したがって、購入時には両車をしっかりと比較して判断したいところだ。 ローンを利用する場合には、両車の条件をなるべく合わせたうえで見積りを取って、月々の返済額を比較してみよう。 ロッキー、ライズは、「実用重視のコンパクトカーでは、ちょっと物足りない」と考えている人などには魅力的に映るはずだ。 また、個性的で趣味性も強いため「BMW MINIやVW ポロなどの輸入コンパクトカーがほしいけれど、価格がちょっと高い」と考えているユーザーの選択肢にも入ることだろう。 5ナンバーサイズで取り回ししやすく、室内は広々としていて価格は手ごろ。 1Lと小排気量ながら走りがよく、デザインもいいので多くのユーザーの購入検討リストに入るはずだ。 他メーカーのライバル車からすれば、相当な脅威となるに違いない。

次の

【ダイハツ ロッキー 新型】DNGA第2弾のコンパクトSUV、価格は170万5000円より

ダイハツ ロッキー 値段

2019年11月5日に発売されたダイハツとトヨタの新型コンパクトSUV、ダイハツロッキーとトヨタライズ。 前評判が高く、早くもヒットの予感がするが、もともとこのコンパクトSUVクラス市場では、トヨタC-HRとホンダヴェゼルが熾烈な販売争いと繰り広げてきてきた。 2016年12月の発売以来、2017年、2018年とSUV販売ナンバー1を獲得したのはC-HRだが、2019年4月に登場した新型RAV4にSUV販売ナンバーの座を奪われている。 ちなみにヴェゼルは、2015年、2016年にSUV販売ナンバー1だった。 C-HRは、2019年10月18日にマイナーチェンジし、再びSUVナンバー1の座をつこうかとしている矢先に、ロッキー&ライズがデビューしたという状況だ。 はたして、ロッキー&ライズはC-HR、ヴェゼルを抜いて、SUVナンバー1の座につくことができるのか? 最新の受注状況やC-HR、ヴェゼルとの販売争い、営業マンの生の声など、流通ジャーナリストの遠藤徹氏がレポートする。 文/遠藤徹 写真/ベストカーWEB編集部 トヨタ ダイハツ ヘッドライトはフルLEDで、ロッキーのPremiumとGグレード、ライズのZグレードはLEDシーケンシャルターンランプ付きフォグランプはライズではZグレードがLEDフォグランプ+LEDイルミネーションランプ付き。 ロッキーではPremiumとGグレードがLEDフォグランプ+LEDイルミネーションランプ付きになる エクステリアデザインはフロントグリルがロッキーだと横長の6角形大型格子状グリルなのに対して、ライズはほかのトヨタ車によく使われている大型台形ハニカムグリルと、その下のブラックメッキ、バンパー組み込みのエアダムの組み合わせとなっており、ロッキーとライズでは顔つきがかなり違う。 両サイドのフォグランプもロッキーが角型、ライズは丸型を配している。 横長のヘッドランプは同じデザインを採用。 アルミホイールのデザインも違いを持たせ、ライズは回転式スポークで動きを持たせ、ロッキーは左右均等なスポークですっきり感を持たせている。 室内は同じ黒基調のフロントシート回りを赤線で囲み、コンソール部分はメタルメッキ板デザインでまとめている。 価格はライズの方が2万6000~14万円安い 車両本体価格はロッキーが170万5000~242万2200円に対して、ライズは167万9000~228万2200円で、ライズの方が2万6000~14万円安い。 これは装備内容の違いによるもので、ロッキーの方が多少ワイルド感を強調し、ライズはシンプルでおとなしめの仕立てとしている。 両車のカタログを見ると差別化を図っているのがよくわかる。 ロッキーは若いカップルがレジャーに出かける雰囲気。 ライズは家族連れが遊びに出かけるようなコンセプトを強調。 装備内容の一例はロッキーだと2トーンカラーや車線変更時の後方確認をアシストする「ブラインドスポットモニター」を標準装備した最上級グレードの「プレミアム」を独自に設定。 ライズは「スマートアシスト」を搭載しないエントリーグレード「X」をラインアップしているなどの違いがある。 ボディのカラーリングはロッキーがモノトーン8色、2トーン3色でテーマカラーは、コンパーノレッド、ライズはモノトーン8色、2トーン3色でテーマカラーはレーザーブルークリスタルシャインとなっている。 1Lターボによる軽快なは走りが楽しめそうなロッキー&ライズ 月販目標台数はロッキーが2000台、ライズが4100台。 トヨタは4系列全店扱いでダイハツの3倍以上のセールスパワーを持っているのを考慮している。 先行予約開始後約1カ月の受注台数は、ロッキーが3500台、ライズが6500台、合わせて1万台と好調なスタートを切っている。 販売力から比較するとだいぶロッキーの方が健闘しているのではないだろうか。 これまでコンパクトSUVは、トヨタC-HRとホンダヴェゼルが月販5000~7000台規模で、ナンバー1争いをしてきたが、これにコンパクトSUVのロッキー&ライズが参戦してくる。 このスタートダッシュぶりだと一挙にトップを奪還しそうな勢いだ。 これに対してC-HRは2019年10月18日にマイナーチェンジし、オーディオディスプレイの標準装備、GRスポーツを設定するなどして反転攻勢を開始し、11月5日から発売されるロッキー&ライズ両モデルに対し、引き離しを目指している。 C-HRの価格帯は240万~309万5000円。 マイナーチェンジ前の同グレードと比べると、STが6万7593円のアップ、G-T、S、Gが1万1556円のアップとなっているが、装備の充実を考えるとほぼ横ばいだろう。 注目の6速iMTは1. GR SPORTSは、1. 2LターボのS-T GR SPORTSは273万2000円。 エンジンは1. 2Lターボ(116ps/18. 9kgm)と、1. 8L(98ps/14. 5kgm)とモーター(72ps/16. 6kgm)を組み合わせるハイブリッドの2種類。 ロッキー&ライズと、C-HR、ヴェゼルのサイズを比べてみると、コンパクトSUVといえどもロッキー&ライズがC-HR、ヴェゼルに比べ、ひと回り小さいことがわかる。 ロッキー&ライズの全長は、新型ヤリス(全長3940mm)よりもひと回り大きく、ほぼ現行フィット(全長4005mm)よりも少し小さい、といえばわかりやすいかもしれない。 2013年12月に発売されたヴェゼル。 5Lガソリン車がロッキー&ライズのライバルとなりそうだ いっぽう、ホンダヴェゼルは2013年12月にデビューし、2015年、2016年にはSUV販売ナンバー1に輝いている人気のコンパクトSUVだ。 パワートレインは1. 5Lガソリン(131ps/15. 8kgm)、1. 5Lハイブリッド(エンジン:132ps/15. 9kgm、モーター:29. 5ps/16. 3kgm)、そして2019年1月に追加された1. 5L、VTECターボ(172ps/22. 4kgm)の3種類。 価格は1. 5Lガソリンが211万3426~242万5093円。 5Lハイブリッドが250万5555~298万186円。 5Lガソリンエンジンがロッキー&ライズのライバルとなりそうだ。 C-HRの車両本体価格は236万7000~309万5000円だから68万8000~81万2800円も差があり、クラスも異なります。 デザインもC-HRは尖ったスタイリッシュな仕立てですから、最初からユーザーは分けて選ぶのではないでしょうか。 販売台数はC-HRの方が終始先行し続けると予想しています」(首都圏トヨタ店営業担当者)とC-HRの優位性を強調する。 今年初めには1. 5Lターボ搭載のスポーツバージョン、ツーリングセレクションを発売し、一旦販売が回復しましたが、最近になって需要一巡したせいでしょうか、また勢いがなくなってきています。 ヴェゼルは2020年末には7年ぶりのフルモデルチェンジを控えているので、これによって巻き返してくるのではと期待しています」(首都圏ホンダカーズ店営業担当者)と次期型の登場に期待を寄せる。 これまでだとほとんどがトヨタにOEM供給するモデルと内容が同じでした。 このためトヨタブランドと競合し、販売力で負け、リセールバリューにも大差をつけられ売れ行きが伸び悩んだクルマもありました。 今回の新型ロッキーは、ライズとかなり大きなコンセプト分けをして、違いを強調していますので期待しています。 お客さんの反応もいいです。 ライズとの競争よりもスズキのクロスビーとの対抗で、クロスビーとの競争を意識して販売を強化していきたいと思っています」(首都圏ダイハツ店営業担当者)と増販に意欲を見せる。 納期はロッキーが2020年1月中旬、ライズは2020年1月上旬 2019年11月中旬現在の納期は、ロッキーが2020年1月中旬、ライズは2020年1月上旬、C-HRはハイブリッドが2019年12月下旬、ガソリンが2020年2月上旬、ヴェゼルは2019年12月中旬となっている。 ロッキー&ライズだと人気の高さでロッキーの方が引き合いは多い傾向がある。 C-HRのガソリンの方が待たされるのは、販売が少ないので生産を絞り、ハイブリッド優先の組み立てにしているため。 値引き額はナビ、ETC付きでロックーとライズが同程度の15万円、C-HRは25万円、ヴェゼルは27万円あたりを一応の限度としている。 ライズ、C-HR、ヴェゼルは取り扱うディーラーが、同じ地区に複数あるので、同一車種同士の競合も組み合わせる。 さて、最後にロッキーとライズではどちらが買い得か? ロッキーの方が最終的には5万~10万円程度の買い得になりやすい。 また残価設定クレジットを利用すると、ロッキーを扱うダイハツ店は年末までのセールで1. 9%の低金利で10万円分のサービスパックが受けられる。 ライズを扱うトヨタ系列店だと残価設定クレジットの金利は4. 3%と高いケースが多いので、金利分の出費は15万円以上、余計に支払うことになるからだ。

次の