朗読 劇 レ ミゼラブル。 レ・ミゼラブル

音楽朗読劇「レ・ミゼラブル」公式サイト

朗読 劇 レ ミゼラブル

スポンサーリンク 池袋サンシャイン劇場で行われている音楽朗読劇テアトルバージョン「レ・ミゼラブル」を観劇してきました。 なんといっても良いのは、登場人物に与えられた音楽だと思います。 しかし今回の音楽朗読劇「レ・ミゼラブル」は、ミュージカルと比べて原作により忠実なストーリーと聞き、この作品への理解を少しでも深めたいと思い、観劇してみることにしました。 音楽朗読劇テアトルバージョン「レ・ミゼラブル」は、夏にも行われ、その時は4人の声優さんで物語を紡いだそうですが、今回は1公演につき7名がキャスティングされていました。 2019年12月の音楽朗読劇テアトルバージョン「レ・ミゼラブル」の特徴をあげると、 登場人物は7名 ジャン・ヴァルジャン、ジャヴェール、テナルディエ、マリウス、アンジョルラス、コゼット、フォンティーヌ 他に、声だけの出演としてディーニュの司教がいます。 ミュージカルより原作に近い 原作に沿って作られているので、テナルディエはミュージカルのようなコミカルな面は持たず、極悪非道のクズ野郎に徹しています。 ヴァルジャンの囚人番号は日本版ミュージカルの「24653」ではなく24601。 (日本版ミュージカルでは、韻の関係で24653になってます) 音と光の演出 音楽や効果音、そして光を用い、映画や舞台のような迫力のある演出でした。 役に応じた衣装を身に着けた声優さんたち本気で演技している 各役に応じた衣装で、登場人物になりきり臨場感あふれる声で演じていらっしゃいました。 月並みな感想で申し訳ないのですが、声優さんってすごいんだなぁ…. とひたすら感動。 ヴァルジャン演じた中澤まさともさんは、「ジャヴェールに指示された看守に押さえつけられている」と見ているこちらに伝わる演技を一人でしていました。 看守は舞台上にいないし見えないんですけど、その看守に腕を回され首または胸を抑えら苦しい状態、というのが「声」でわかる。 なんか最後はミュージカルと同じくらい感動して泣いちゃいました。 レミゼが名作だからというのもありますが、声優さんたちも素晴らしい。 音楽朗読劇「レ・ミゼラブル」をみて良かった点 今回観劇して初めて気づいたことがありました。 ヴァルジャンとジャヴェールがそれぞれ選択をするシーンは、実は対になっていたこと。 ミュージカルでは気づかなかった💦 まず、ミュージカルでヴァルジャンが「裁き(Who Am I? 」で悩むシーン。 ヴァルジャンは司教様に許されて以降、正しい選択をするために何度も葛藤しながら、人生を歩んでいくわけですが、中でもこのシーンは最大の見せ場です。 ・ヴァルジャンと勘違いされ捕まってしまった男を救うために、裁判所へ名乗りでるのか ・名乗りでるのをやめて市長の立場を捨てずコゼットを救いに行くのか どちらを選んでも地獄。 しかしヴァルジャンは、裁判所へ名乗りでて、かつコゼットを救いにいきます。 その対になるのが、ジャヴェールの自殺の場面。 ここでジャヴェールは究極の選択に迫られます。 ・ヴァルジャンを見逃す罪を犯すか ・ヴァルジャンを捕らえる罪を犯すか 見逃せば、徒刑囚が法よりも高く昇る。 しかし捕らえれば、警察官吏の自分は徒刑場の男よりも低い地位に落ちる そのどちらもジャヴェールにとっての地獄。 このヴァルジャンとジャヴェールのシーンは、ミュージカルで何度もみているのに対になっていると気づかなかった私は、間抜けなのかもしれませんが💦 ミュージカルの音楽がないことで、今回、はっきりとわかった部分です。 というか、今回朗読劇をみて、私はミュージカルをほぼ「音楽」でとらえていることがわかりました。 自分にとってどちらをとっても地獄となる選択をしたヴァルジャンとジャヴェール。 しかしその結末は全く違う。 ジャヴェールがなぜ自殺を選んだのか考えてみると、「許された」経験の有無が関係しているのかと思えました。 司教様に許されたヴァルジャン。 誰にも許されず、誰も許せなかったジャヴェール。 「許し」こそ愛なのかもしれない。 レミゼ音楽朗読劇キャストさん感想 今回のキャストさんたちの簡単な感想を こちらは今回の座組! 手前、左から中村繪里子さん、高野麻里佳さん。 理不尽な境遇に対する強い怒り~コゼットへ向ける深い愛情。 そして愛するがゆえにコゼットと別れた老ヴァルジャンと、ヴァルジャンの心の移り変わりがこちらの気持ちにぐいぐい入ってきて、最後は涙が止まらなくなりました。 あまりに老けたヴァルジャンの声と演技が見事なので、実はお年を召した方なのかと思いきや30代半ば! 本当に素晴らしくて感動しました。 ジャヴェール警部:内匠靖明(たくみ やすあき) 法律と義務を守るためにしか生きていないジャヴェールで、ヴァルジャンへの仕打ちは小憎らしいほど。 しかし途中からその不器用すぎる姿に目が離せなくなりました。 表情をそれほど変えないまま舞台に立っていたのに、バリケードでヴァルジャンに救われとまどいをみせる。 そんな自分に疑心暗鬼になりながら今度はヴァルジャンを助ける。 ちょっとした表情の変化なのですが、その「ちょっと」のさじ加減が絶妙でした。 テナルディエ:井口祐一(いぐち ゆういち) テナルディエとしてしゃべっている時、ずるそうな表情でむかつく(笑) 救いようのない悪い奴です。 2019年のミュージカル「レミゼ」におけるテナルディエは、かつてないほど親近感を覚えた私ですが、今回のテナルディエには関わりたくないなぁ(褒めています) 井口祐一さんはパンフレットで、「このテナルディエ、心底嫌いになったら僕の勝ち!」と観劇するお客さんにゲームを持ち掛けていました。 負けました。 井口さんの勝ちです^^ マリウス:永塚拓馬(ながつか たくま) フォトブック。 購入特典も公開されました! 自分のなかで、 1枚目は恋人。 4枚目はプライベート旅行。 をイメージして撮っていただきました。 — 永塚 拓馬 takumanagatsuka 初々しさがまぶしいマリウス役の永塚拓馬さん。 コゼットとお似合い! アンジョルラス:廣瀬大介(ひろせ だいすけ) 朗読劇『レ・ミゼラブル』出演させていただきました。 ご来場くださった皆様、ありがとうございました。 素敵なキャスト様、スタッフ様とご一緒させてもらえたことに本当に感謝の気持ちでいっぱいです アンジョルラス、熱き革命家。 明後日にまた出演させていただきます。 熱く燃えるアンジョルラスを熱演されていました。 コゼット:高野麻里佳(こうの まりか) 高野麻里佳さん、コゼット役に加え、ガブローシュ役も兼任されていました。 声の切り替えが見事で、やっぱり声優さんはすごいですね。 ガブローシュのわんぱく少年の声も良かったし、コゼットの可愛い鈴のような声は、ヴァルジャンの喜びだったんだろなと思える愛らしさでした。 フォンティーヌ:中村繪里子(なかむら えりこ) フォンティーヌは娘のコゼットを預かっているテナルディエにお金を送る為に、歯を抜くのですが、中村繪里子さんは「歯を抜かれた」とわかるしゃべり方をしていて、もごもごするのだけど、セリフとしてしっかり聞こえました。 しつこいですが、声優さんはやっぱりすごい。 フォンティーヌの最期がミュージカル以上に可哀想で、ヴァルジャンがコゼットを大切にする理由がよくわかりました。 今年(2019年)は、夏に4人バージョンでの音楽朗読劇テアトルバージョン「レ・ミゼラブル」を公演したそうです。 4人バージョンの時は、バルジャンとジャヴェールの対話を中心に物語がすすんだとのこと。 これも面白そうじゃないですか… 聞きたかった! 嬉しかったのは、パンフに加えて台本も売っていたこと。 ミュージカルでも台本売ってくれるといいのに~ ということで、大変満足できたレミゼの音楽朗読劇でした。 音楽朗読劇『レ・ミゼラブル』 DAY 2 今回の7人版は当初、3時間分のセリフ量になりました。 そこから1時間分を削りましたが、ユーゴーの綺羅星の如くの言葉に無駄はありません。 その中から選びに選んだ言葉に、出演者が魂を込めて、皆様にお届けできる幸せ。 感謝です。。。 — Tetsu Taoshita 田尾下哲 TetsuTaoshita もともとあった3時間分のセリフも知りたい。

次の

朗読で描く海外名作シリーズ音楽朗読劇 テアトルバージョン「レ・ミゼラブル」

朗読 劇 レ ミゼラブル

音楽朗読劇「」、2019年8月11日 13時公演を観劇しました。 役はさん、ジャベール警視は神尾晋一郎さん、コゼットやガブローシュを演じたのはさん、マリウスを演じていたのは駒田航さんでした。 「」は原作をきちんと読んでいないため、映画のみの印象で向かったのですが、映画の記憶 とは言え見たのは中学生くらいのはずなのであまり当てにはならない とは随分印象が違っていて、あちこちそうだったのか!となっていました。 例えばマリウス。 君そんな複雑な家庭事情を抱えていたんだ!?とか。 全編の流れを踏まえて書けたらいいのですが、長ったらしくなりそうなのでとりあえず青山さんを中心に。 よっぴーが初めて喋ったのは煙突掃除の男の子でした。 音楽朗読劇はオンリーで行われる「朗読アカデミー」や「声の優れた俳優による」などと異なり、役としての衣装がしっかりあるため、白いドレスで男の子の声がすると何だか不思議な気持ちに。 無邪気なのが一転、というシーンに胸が痛くなりました。 次に彼女が喋ったのは確か8歳のコゼットでした。 やっぱり目の前でお芝居をしているのを見ているからこそ、なんだか不思議な気持ちに。 文字に起こすとありきたりな感じになってしまいますが、あどけない少女、という感じのお芝居で、悲壮感はそこまで感じないものの、「もう帰らなくていいの?」というセリフなどに庇護欲をそそられました..... どう頑張っても犯罪臭を隠せなかった ただここで個人的に予想外だったのはフォンヌが一切喋らなかったことです。 脚本上、彼女が喋らなくとも もちろん破綻なく成立していくのですが、せっかくならよっぴーの母としてのお芝居が聞きたかったなあと。 初めの引っ越しの際は、まだそんなに成長していないように感じたんですが、に向かったのっていくつでしたっけ? すっかり忘れてしまった 恋をするまでのコゼットはそんなに多くは喋っていないですが幼い印象が強かった。 そしてマリウスが現れました。 めちゃめちゃ失礼なんですけど、キャスト表見たときに駒田さんがマリウスかー、なんてちょっと笑ってたんですよ、なんせが演じていたマリウスが印象に残っていたし、なんとなく貴族然とした青年を演じる駒田さんのイメージが付かず。 でも出てきたときから、ああマリウスだなと思ったし、マリウスの身の上を聞くと地に足の付いた青年だし、ああなんかすごくぴったりだなって。 役者さんってすごいですね。 突然語彙力が0になる この後、ガブローシュとしてよっぴーが話しだしました。 これも単に記憶から抜けてるだけかもしれないんですが、マリウスの隣の家にテナルディエ夫妻が居て、ガブローシュの親がつかまっちゃって、という話もえっ、そうだったの!?となりました。 映画にあったっけ..... 長編小説をミュージカル、映画、朗読と見比べるとその情報の取捨選択が面白いなと思ったり。 よっぴー演じるガブローシュ、ふてぶてしさがすごい。 いや多分だれがやってもおそらくふてぶてしいんだろうけど、それにしてもめちゃめちゃふてぶてしかった。 このシーンを見ながら、いや少女のコゼットを見た時も思ったんですが、ああ、みにゃみはここでどんな芝居をしたんだろうな、ということが頭をよぎって、再演にもさんが出たらいいなあという気持ちになりました。 ガブローシュは、いや煙突掃除の少年もそうだったんですが、少年のお芝居をするときのよっぴー、ものすごく表情が豊かなんですよ。 そこがとってもすき。 それにガブローシュは革命軍の青年たちに憧れていて口上や「共和制万歳!」と言ったセリフを言うので、そこもめちゃめちゃ好きだった。 なんかこうガブローシュは内に秘めるとかは一切なく、すごく分かりやすく、こうもやもやとかもあまりなく、それが全部声に、というか音に乗っている感じがしてそれがいいなあと。 逆にマリウスと結婚するまでのコゼットは淑女足らんと意識している気がして、こう、なんとなく言葉にいろいろな思いが載っている感じがしてそれはそれですきです。 反面、マリウスはガブローシュのように全部ストレートな感じがするんですよね、あんまり迷いとか、内に秘めるという印象じゃない。 これは駒田さんの声質もあるのかなあ、どうなんだろう という感じです。 要検討。 バルジャンとガブローシュとのやり取りを見て、彼女のお父さんだ!着いていけば彼女の家が分かるのでは?となるマリウス、もちろんそれはその通りなんだけどそれはストーカー..... と思う私なのであった。 あとマリウスとコゼット両想いじゃん!ってなった時に なんか非常に俗っぽい表現になったが あからさまにピンクの照明が入ったのは、公演後にフォロワーさんと喋ったときにやっぱちょっと愉快だよねってなりました。 作品の性質が全然違うので較べるのはあまりよくありませんが、設備上の問題の可能性もあるけど、今回の公演、「グレート・ギャッツビー」より音響もBGMも照明も大味かなと。 再演はもう少しアップデートされていたらなあと思います。 黄色っぽいライトでだけを照らして、背景の旗に警視やコゼットの影が映っているのは好きでした。 バルジャンが帰ってきたときに慌てるコゼットもすごく良かった。 よっぴーのコゼット、やっぱりめちゃめちゃ上品に聞こえるんですよ。 あんまり甘口って感じじゃなくて、あくまで上品。 すごく慌ててるのは伝わってくるし、でもこう、感情が抑制されている感じがする。 なんとなく淑女って全部表に出すわけじゃなくて、ある程度感情を抑えるのを良しとされるじゃないですか。 それをすごく感じる。 結婚式のシーンはコゼットがただただ幸せそうで、成長したコゼットの無邪気な感じに嬉しくなった。 多分このシーンが作中で最も幸せなシーンな気がする。 個人の見解です 式の翌日、「すぐ帰ってくるわよね?」と聞くシーンも無邪気さがあって概ねバルジャンの視点で進んでいる朗読のため逆に切なかった。 マリウスと二人、バルジャンの元にやってきたとき、「そんなことおっしゃらないで!!!」って怒ったコゼットに、ここだけは『青葉の軌跡』の七瀬佳乃を重ねてしまってもうだめだった。 感情の流れもシーンの流れもものすごく似てると思うんです、藍ちゃんを引き留めるシーンに。 ああ、泣いてるなあ、ってところも見えて余計に泣けてきてしまった。 最後にカーテンコールで出てきたとき、わりと2回目くらいまでは遠かったのもあるかもしれないけど、よっぴーじゃなくてコゼットだなあって思ったんですよね。 でも三度目かな、お辞儀する前だったか後だったか、涙をぬぐったり、なんとなく手がふわふわしたまま捌けていくよっぴーを見て、ああ、私が知ってるさんだ、ってなってちょっと泣きました。 本当は伊東さんとか神尾さんのお芝居についても書きたかったんですが、もう2900文字が目前なので今日はこの辺で。 cocoa-kasiwane.

次の

レ・ミゼラブル

朗読 劇 レ ミゼラブル

音楽朗読劇「」、2019年8月11日 13時公演を観劇しました。 役はさん、ジャベール警視は神尾晋一郎さん、コゼットやガブローシュを演じたのはさん、マリウスを演じていたのは駒田航さんでした。 「」は原作をきちんと読んでいないため、映画のみの印象で向かったのですが、映画の記憶 とは言え見たのは中学生くらいのはずなのであまり当てにはならない とは随分印象が違っていて、あちこちそうだったのか!となっていました。 例えばマリウス。 君そんな複雑な家庭事情を抱えていたんだ!?とか。 全編の流れを踏まえて書けたらいいのですが、長ったらしくなりそうなのでとりあえず青山さんを中心に。 よっぴーが初めて喋ったのは煙突掃除の男の子でした。 音楽朗読劇はオンリーで行われる「朗読アカデミー」や「声の優れた俳優による」などと異なり、役としての衣装がしっかりあるため、白いドレスで男の子の声がすると何だか不思議な気持ちに。 無邪気なのが一転、というシーンに胸が痛くなりました。 次に彼女が喋ったのは確か8歳のコゼットでした。 やっぱり目の前でお芝居をしているのを見ているからこそ、なんだか不思議な気持ちに。 文字に起こすとありきたりな感じになってしまいますが、あどけない少女、という感じのお芝居で、悲壮感はそこまで感じないものの、「もう帰らなくていいの?」というセリフなどに庇護欲をそそられました..... どう頑張っても犯罪臭を隠せなかった ただここで個人的に予想外だったのはフォンヌが一切喋らなかったことです。 脚本上、彼女が喋らなくとも もちろん破綻なく成立していくのですが、せっかくならよっぴーの母としてのお芝居が聞きたかったなあと。 初めの引っ越しの際は、まだそんなに成長していないように感じたんですが、に向かったのっていくつでしたっけ? すっかり忘れてしまった 恋をするまでのコゼットはそんなに多くは喋っていないですが幼い印象が強かった。 そしてマリウスが現れました。 めちゃめちゃ失礼なんですけど、キャスト表見たときに駒田さんがマリウスかー、なんてちょっと笑ってたんですよ、なんせが演じていたマリウスが印象に残っていたし、なんとなく貴族然とした青年を演じる駒田さんのイメージが付かず。 でも出てきたときから、ああマリウスだなと思ったし、マリウスの身の上を聞くと地に足の付いた青年だし、ああなんかすごくぴったりだなって。 役者さんってすごいですね。 突然語彙力が0になる この後、ガブローシュとしてよっぴーが話しだしました。 これも単に記憶から抜けてるだけかもしれないんですが、マリウスの隣の家にテナルディエ夫妻が居て、ガブローシュの親がつかまっちゃって、という話もえっ、そうだったの!?となりました。 映画にあったっけ..... 長編小説をミュージカル、映画、朗読と見比べるとその情報の取捨選択が面白いなと思ったり。 よっぴー演じるガブローシュ、ふてぶてしさがすごい。 いや多分だれがやってもおそらくふてぶてしいんだろうけど、それにしてもめちゃめちゃふてぶてしかった。 このシーンを見ながら、いや少女のコゼットを見た時も思ったんですが、ああ、みにゃみはここでどんな芝居をしたんだろうな、ということが頭をよぎって、再演にもさんが出たらいいなあという気持ちになりました。 ガブローシュは、いや煙突掃除の少年もそうだったんですが、少年のお芝居をするときのよっぴー、ものすごく表情が豊かなんですよ。 そこがとってもすき。 それにガブローシュは革命軍の青年たちに憧れていて口上や「共和制万歳!」と言ったセリフを言うので、そこもめちゃめちゃ好きだった。 なんかこうガブローシュは内に秘めるとかは一切なく、すごく分かりやすく、こうもやもやとかもあまりなく、それが全部声に、というか音に乗っている感じがしてそれがいいなあと。 逆にマリウスと結婚するまでのコゼットは淑女足らんと意識している気がして、こう、なんとなく言葉にいろいろな思いが載っている感じがしてそれはそれですきです。 反面、マリウスはガブローシュのように全部ストレートな感じがするんですよね、あんまり迷いとか、内に秘めるという印象じゃない。 これは駒田さんの声質もあるのかなあ、どうなんだろう という感じです。 要検討。 バルジャンとガブローシュとのやり取りを見て、彼女のお父さんだ!着いていけば彼女の家が分かるのでは?となるマリウス、もちろんそれはその通りなんだけどそれはストーカー..... と思う私なのであった。 あとマリウスとコゼット両想いじゃん!ってなった時に なんか非常に俗っぽい表現になったが あからさまにピンクの照明が入ったのは、公演後にフォロワーさんと喋ったときにやっぱちょっと愉快だよねってなりました。 作品の性質が全然違うので較べるのはあまりよくありませんが、設備上の問題の可能性もあるけど、今回の公演、「グレート・ギャッツビー」より音響もBGMも照明も大味かなと。 再演はもう少しアップデートされていたらなあと思います。 黄色っぽいライトでだけを照らして、背景の旗に警視やコゼットの影が映っているのは好きでした。 バルジャンが帰ってきたときに慌てるコゼットもすごく良かった。 よっぴーのコゼット、やっぱりめちゃめちゃ上品に聞こえるんですよ。 あんまり甘口って感じじゃなくて、あくまで上品。 すごく慌ててるのは伝わってくるし、でもこう、感情が抑制されている感じがする。 なんとなく淑女って全部表に出すわけじゃなくて、ある程度感情を抑えるのを良しとされるじゃないですか。 それをすごく感じる。 結婚式のシーンはコゼットがただただ幸せそうで、成長したコゼットの無邪気な感じに嬉しくなった。 多分このシーンが作中で最も幸せなシーンな気がする。 個人の見解です 式の翌日、「すぐ帰ってくるわよね?」と聞くシーンも無邪気さがあって概ねバルジャンの視点で進んでいる朗読のため逆に切なかった。 マリウスと二人、バルジャンの元にやってきたとき、「そんなことおっしゃらないで!!!」って怒ったコゼットに、ここだけは『青葉の軌跡』の七瀬佳乃を重ねてしまってもうだめだった。 感情の流れもシーンの流れもものすごく似てると思うんです、藍ちゃんを引き留めるシーンに。 ああ、泣いてるなあ、ってところも見えて余計に泣けてきてしまった。 最後にカーテンコールで出てきたとき、わりと2回目くらいまでは遠かったのもあるかもしれないけど、よっぴーじゃなくてコゼットだなあって思ったんですよね。 でも三度目かな、お辞儀する前だったか後だったか、涙をぬぐったり、なんとなく手がふわふわしたまま捌けていくよっぴーを見て、ああ、私が知ってるさんだ、ってなってちょっと泣きました。 本当は伊東さんとか神尾さんのお芝居についても書きたかったんですが、もう2900文字が目前なので今日はこの辺で。 cocoa-kasiwane.

次の