東京 都 人口。 東京都の市区町村の人口ランキング(平成30年)

住民基本台帳による東京都の世帯と人口トップページ

東京 都 人口

「東京都」の都名の由来 「東京」の名称は、江戸時代後期の経済学者「佐藤信淵」が日本国の世界進出に伴い、都を 京都から当時の「江戸」に移すことを提唱したのが始まりとされる。 江戸は 東の京を意味する「東京」に改称し、さらに大阪を「西京」、そして「京都」という 三京体制にすることによって、日本の守りを強固にするというものであった。 明治維新の中心的人物「大久保利通」はこれに感銘を受けて1868年に「東京府」を設置し、「江戸」に代わって 「東京」の名称が使われることになった。 「江戸」の由来と意味 「東京」は 東の京というシンプルな意味であり近世になって生まれた名称だが、それ以前の呼び名である 「江戸」はもっと長い歴史を持ち、そのルーツは平安時代の後半頃にまでさかのぼる。 「江」は 川を意味し、「戸」は 入り口を意味するため、江戸は 「川の入り口」という土地を表す名称として誕生したと考えられる。 また、江戸と同じ 「戸」の字を持つ東京近郊の地名「亀戸」「今戸」「奥戸」が、古くは「亀津」「今津」「奥津」と呼ばれていたことから、江戸も以前は 「江津」だったのではないか?という説も存在する。 東京都のシンボルマーク 意味・由来 東京都は都章とは別に、都の シンボルマークを制定している。 東京都の木である「イチョウ」の葉に似ているが、東京(TOKYO)の頭文字 「T」をデザイン化したものであり、旧東京市の成立100周年を記念して20点の候補作品の中から選定された。 (1989年6月1日制定) 東京都章 もとは 「東京市紋章」として1889年に制定されたが、都政移行によって1943年から 「東京都紋章」になった。 中心の太陽から光が差すイメージで 「日・本・東・京・市」の5つの漢字を表現するデザインになっており、日本の中心地(首都)としての 発展の思いが込められている。 (1943年11月2日) 東京都の世界遺産・国宝・重要文化財 東京都の世界遺産 小笠原諸島(2011年世界自然遺産登録) 東京都小笠原村 ル・コルビュジエの建築作品(2016年世界文化遺産登録) [東京都台東区] 国立西洋美術館.

次の

東京都の市区町村の人口ランキング(平成30年)

東京 都 人口

「東京都」の都名の由来 「東京」の名称は、江戸時代後期の経済学者「佐藤信淵」が日本国の世界進出に伴い、都を 京都から当時の「江戸」に移すことを提唱したのが始まりとされる。 江戸は 東の京を意味する「東京」に改称し、さらに大阪を「西京」、そして「京都」という 三京体制にすることによって、日本の守りを強固にするというものであった。 明治維新の中心的人物「大久保利通」はこれに感銘を受けて1868年に「東京府」を設置し、「江戸」に代わって 「東京」の名称が使われることになった。 「江戸」の由来と意味 「東京」は 東の京というシンプルな意味であり近世になって生まれた名称だが、それ以前の呼び名である 「江戸」はもっと長い歴史を持ち、そのルーツは平安時代の後半頃にまでさかのぼる。 「江」は 川を意味し、「戸」は 入り口を意味するため、江戸は 「川の入り口」という土地を表す名称として誕生したと考えられる。 また、江戸と同じ 「戸」の字を持つ東京近郊の地名「亀戸」「今戸」「奥戸」が、古くは「亀津」「今津」「奥津」と呼ばれていたことから、江戸も以前は 「江津」だったのではないか?という説も存在する。 東京都のシンボルマーク 意味・由来 東京都は都章とは別に、都の シンボルマークを制定している。 東京都の木である「イチョウ」の葉に似ているが、東京(TOKYO)の頭文字 「T」をデザイン化したものであり、旧東京市の成立100周年を記念して20点の候補作品の中から選定された。 (1989年6月1日制定) 東京都章 もとは 「東京市紋章」として1889年に制定されたが、都政移行によって1943年から 「東京都紋章」になった。 中心の太陽から光が差すイメージで 「日・本・東・京・市」の5つの漢字を表現するデザインになっており、日本の中心地(首都)としての 発展の思いが込められている。 (1943年11月2日) 東京都の世界遺産・国宝・重要文化財 東京都の世界遺産 小笠原諸島(2011年世界自然遺産登録) 東京都小笠原村 ル・コルビュジエの建築作品(2016年世界文化遺産登録) [東京都台東区] 国立西洋美術館.

次の

住民基本台帳による東京都の世帯と人口 令和2年1月

東京 都 人口

2020年01月31日 総務局 「東京都の人口(推計)」の概要(令和2年1月1日現在) この推計人口は、5年ごとに行われる国勢調査の間の時点における各月の人口を把握するため、平成27年10月1日現在の国勢調査人口(確報値)を基準とし、これに毎月の住民基本台帳人口の増減数を加えて推計したものです。 人口総数 13,951,636人 対前月比 2,336人(減) 対前年同月比 94,193人(増) 男 6,858,557人 女 7,093,079人 世帯総数 7,120,532世帯<参考値> 平成31年・令和元年中における人口の動き等について、トピックを下記に掲載しました。 1 人口の動き 令和2年1月1日現在の東京都の人口は、推計で13,951,636人となった。 地域別にみると、区部が9,653,112人、市部が4,217,151人、郡部が56,387人、島部が24,986人となっている。 前月と比べると、総数では2,336人(-0. 02%)減少している。 その内訳を地域別にみると、区部は1,884人(-0. 02%)の減少、市部は305人(-0. 01%)の減少、郡部は96人(-0. 17%)の減少、島部は51人(-0. 20%)の減少となっている。 図1 総人口(推計)の月別推移(平成30年~令和2年) 図2 対前月増減数の月別推移(平成30年~令和2年) 2 区市町村の人口 (1) 人口の多い区• 世田谷区 939,099• 練馬区 742,652• 大田区 739,575• 江戸川区 695,797• 足立区 683,365 (2) 人口の多い市町村• 八王子市 577,212• 町田市 434,170• 府中市 263,407• 調布市 239,824• 西東京市 206,268 (3) 人口増加の多い区市町村(対前月比)• 中央区 428• 練馬区 344• 西東京市 201• 文京区 169• 墨田区 134 (4) 人口増加の多い区市町村(対前年同月比)<参考>• 世田谷区 8,579• 品川区 7,004• 練馬区 7,002• 中央区 5,859• 杉並区 4,986 詳細は、をご覧ください。 問い合わせ先 総務局統計部人口統計課 電話 03-5388-2531 〔トピック〕 平成31年・令和元年中の人口の動きと総人口の推移 毎月公表している「東京都の人口(推計)」に基づき、平成31年・令和元年中における東京都の人口の動きについて、1月中から12月中までを集計し、総人口の推移とあわせ主な特徴をまとめました。 主な特徴• 平成31年・令和元年の1年間で94,193人増加しており、平成9年以降、24年連続で人口が増加している。 社会増減(他県との移動増減)は80,741人増加している(うち日本人は84,758人増加、外国人は4,017人減少)。 自然増減は16,258人減少している(うち日本人は18,770人減少、外国人は2,512人増加)。 地域別人口増減でみると、区部では世田谷区、市部では西東京市、町村部では神津島村が最も多く増加している。 東京都の総人口(推計)の推移(昭和31年~令和2年)各年1月1日現在 平成31年・令和元年中の地域別人口増減数(総数).

次の