人吉 あゆ の 里。 清流山水花 あゆの里. 人吉市, 日本

人吉温泉 清流山水花 あゆの里 口コミ 【楽天トラベル】

人吉 あゆ の 里

地元民には分からない 昼飯を食いながら、地元民に尋ねられた。 「あゆの里って朝飯、美味いですか?」 もちろん、イエスである。 私があゆの里を訪れるのは、これで何回目だろうか。 一度や二度ではない。 しかし、地元民はここのオーナーといくら関係が良いとはいえ、自身が宿泊することは稀だ。 まず、無いと言っても過言ではない。 沖縄も観光地なのでホテルが多い。 県外から訪れる方々からホテルについて尋ねられても、地元民が答えられるのは、外観とアクセスの利便性のみである。 飲み屋が近いとか、駅に近いとか、その程度。 宿泊することがないからである。 私は結婚前、沖縄と関東に家を借りていたので、なにかと往復の日々が続いた。 東京への出張が多いので、東京から沖縄へのホテルパックで手配したほうが、旅費が安く済むのだ。 沖縄一泊であとは延泊扱い。 もったいないので、宿泊してみたり、朝食だけを食べに行ったりした。 宿泊しても、風呂にも入らず、そのまま自宅に戻ってシャワーを浴びる。 着替えが無いから当然だ。 ホテルから自宅まで、ほとんどが車で五分以内だ。 なので、当時、泊まったホテルについては説明ができるが、ここ数年で新しくできたホテルには宿泊することがないために、やはり利便性しか伝えられない。 まして朝食の良しあしなど分かりようもない。 県外から法沖した知人らに尋ねようにも、酒呑みばかりで朝飯は食べないので、回答は得られない。 会社の宿泊部門の同僚の話では、ここ数年、那覇市内のホテルの朝食摂取率はどんどん下がっているとのことだ。 さて、質問の答えだが、美味いのである。 人吉温泉 あゆの里 解説しようではないか。 このホテルに泊まるのは、おそらく二度目か三度目である。 人吉温泉では一番人気のホテルで、規模も大きく、施設も新しい。 客室の窓は大きなモニターなようだ。 カーテンも電動である。 球磨川沿いの部屋だとかなり景色がいい。 朝食会場はかなり広い。 品数も多い。 好きなものを好きなだけ食べられる、バイキング形式は旅の醍醐味の一つである。 まずは味噌汁、少し甘口の味噌だ。 具は海苔と麩のシンプルなもの。 豆腐が甘い。 タレの味ではない。 大豆の持つ甘さがよく引き出されている。 少し温かいのは出来立てだからだろう。 生姜の辛さが引き立つ。 サラダは野菜がシャキシャキだ。 種類も豊富で嬉しい。 フレンチドレッシングがかなりマイルドだ。 穀物酢ではなく、果実酢を使っているのだろうか。 ブロッコリーもしっかりと歯ごたえが残るゆで加減。 冷凍物ではないのが嬉しい。 セイロで蒸しているジャコが柔らかい。 大根おろしの甘さとマイルドな醤油の塩気が食欲をそそる。 ご飯がまた美味い。 この辺りは水がいい。 球磨川は九州でも随一の清流だ。 四年前、けいたまがお腹の中にいることを知らずに、妻とラフティングに挑戦した。 こんにゃく刺身は酢味噌が絡むように表面がザラザラだ。 しっかりとした食感、マイルドな酢味噌。 好みだ。 野菜の甘酢漬けも酸味控えめで昆布が香る。 ものすごく薄くスライスされた大根の食感がいい。 これは自宅でも試してみよう。 生ナスは舌触り滑らかでフルーティーである。 ジューシー水ナスのようだ。 甘辛の味噌ととてもよく合う。 野菜スティックのように食べれてしまう。 温泉たまごがでかい。 LLサイズだろうか。 口の中いっぱいの大きさだ。 黄身はしっかりと甘い。 味付けは控えめで正解なのだ。 カリカリのさつま揚げもしっかりとした味と食感。 この辺りは鹿児島や宮崎との県境だ。 文化的には鹿児島に近いかもしれぬ。 地元では「つき揚げ」と呼ばれるつまみ揚げは、ご飯のおかずにも酒のあてにもなる。 温かいうちに食べるのがポイントである。 生きくらげを食す 人吉はキクラゲが名産ということで、しゃぶしゃぶにで食べてみる。 せっかくなのでうどんも食べてみた。 我が家にも中国から取り寄せた黒竜江省産の乾燥キクラゲがある。 肉厚でプリプリで、コリコリとした食感は炒め物や豚骨ラーメンに最適なのだ。 さて、生キクラゲ。 最近は沖縄でも生産されているがどうだろうか。 ん?食感がシャキシャキしている。 一緒に白菜を食べているのか?いや、そんなことはない。 まるで葉野菜を食べているかのようだ。 これがキノコなのだろうか。 白菜を食べてみる。 うん、これが葉野菜の食感だ。 ポン酢が美味いなあ。 再び生キクラゲ。 見た目が違う。 乾燥キクラゲはこんなにはテカらない。 ノングレア処理された液晶画面の如しである。 目の前のキクラゲはキラキラと光を反射している。 まさにテレビと同じ、液晶クリア画面のようである。 食べてみるとさらに違いに驚く。 乾燥キクラゲがコリコリとした部分だけのシンプルな構造に対し、これは重層的だ。 シャキシャキとした表皮がニュルニュルとした内部を包んでいるかのようだ。 これが生の実力か! 私の知っているキクラゲとはまさに別物。 キクラゲの刺身とは、まさにこれだろう。 キクラゲうどんは粉末にしたものを練りこんだのだろうか。 麺の口当たりが滑らかだ。 キクラゲでコーティングされたかなような食感だけではない。 香りまでもがキクラゲである。 美味い。 締めはモーニングカレーなのだ。 刺激控えめのマイルドなカレーはまさに朝食にふさわしい。 具にはしっかりと肉の塊も入っている。 福神漬けだけではない。 浅漬けもまたカレーにマッチする。 満足じゃ。 さて、昼は上村のウナギだ。 久しぶりだ。 楽しみだ。 こちらの記事もどうぞ:.

次の

清流山水花 あゆの里. 人吉市, 日本

人吉 あゆ の 里

1941年に設立、2005年に改装した旅館あゆの里では、複数の温泉(露天風呂付)、和室と洋室の客室及び公共エリアでの無料WiFiを提供しています。 人吉駅から徒歩11分です。 客室にはエアコン、薄型テレビ、冷蔵庫、電気ポット、専用バスルーム(シャワー、ヘアドライヤー、無料のバスアメニティ付)が備わります。 一部の客室からは山または川の景色を楽しめます。 サウナとテラスがあり、無料のシャトルサービスを提供しています。 コンシェルジュサービス、共用ラウンジ、荷物預かり、無料駐車場を利用できます。 鹿児島空港まで車で50分です。 宿泊施設とJR人吉駅、人吉インターチェンジバス停間の無料往復シャトルサービスを提供しています。 客室数: 8• Booking. com B. はオランダ・アムステルダムに本社を置き、世界70ヶ国以上に198の支社を持つグローバル企業です。 オフィス所在地:アクラ、アテネ、アトランタ、アムステルダム、アンタルヤ、アンマン、イスタンブール、イズミル、インスブルック、ウィーン、ヴィリニュス、ヴェローナ、エディンバラ、オークランド、大阪、オスロ、オーランド、海口、カイロ、カサブランカ、カターニア、カルガリー、カンクン、キエフ、グアダラハラ、クアラルンプール、クタ(バリ島)、クラクフ、グランドラピッズ、ケープタウン、ケンブリッジ、広州、コペンハーゲン、コロンボ、ザグレブ、札幌、サムイ島、サランシュ、ザルツブルグ、サンクトペテルブルク、サンティアゴ、サンディエゴ、サントドミンゴ、サンパウロ、サンフアン、サンフランシスコ、サンホセ、シアトル、シェムリアップ、シカゴ、ジッダ、シドニー、ジャカルタ、上海、ジョグジャカルタ、シンガポール、ストックホルム、ストラスブール、スプリト、西安、成都、セビリア、ソウル、ソチ、ソフィア、ソレント、台北、ダブリン、ダラス、タリン、済州島、チューリッヒ、青島、テサロニキ、テルアビブ、デュッセルドルフ、デンバー、東京、ドゥブロヴニク、ドバイ、トビリシ、トラブゾン、トロント、ナイロビ、ナタール、那覇、ニース、ニューオーリンズ、ニューデリー、ニューヨーク、ノーウォーク、パナマシティ、ハノイ、バルセロナ、パリ、パルマ・デ・マヨルカ、バンガロール、バンコク、バンクーバー、ハンブルク、ヒューストン、ビルバオ、ファロ、フィレンツェ、フェニックス、ブエノスアイレス、プーケット、ブカレスト、福岡、ブダペスト、フライブルク・イム・ブライスガウ、ブラチスラヴァ、プラハ、フランクフルト、ブリスベン、ブリュッセル、ヴェネツィア、北京、ヘラクリオン、ヘルシンキ、ベルリン、ホーチミン、ボゴタ、ボストン、ホノルル、ボルツァーノ、ポルト・アレグレ、ボルドー、香港、マイアミ、マドリッド、マニラ、マラガ、マラケシュ、マンチェスター、ミラノ、ミュンヘン、ムンバイ、メキシコシティ、メルボルン、モスクワ、モントリオール、モンペリエ、ヤンゴン、ヨハネスブルグ、ラス・パルマス・デ・グラン・カナリア、ラスベガス、リオデジャネイロ、リガ、リスボン、リマ、リマソール、リミニ、リール、リュブリャナ、リヨン、レイキャビク、レンヌ、ローマ、ロサンゼルス、ロンドン、ワシントン、ワルシャワ.

次の

清流山水花 あゆの里

人吉 あゆ の 里

[5階 蔵の湯殿] 露天風呂が最高! 私が入ったのは、5階の 「蔵の湯殿」! この露天風呂が最高でした! とても綺麗で清潔なお風呂で、木が植えられ、日本庭園の様な雰囲気で、露天風呂からは球磨川を望むことが出来ます! とても落ち着いた雰囲気で最高にリラックスすることが出来ます。 ゴールデンウィークに行ったのですが、あまり混んでなくのんびりゆっくりすることが出来ました。 温泉に浸かると、日頃の嫌なことも忘れられますね! なんて素晴らしいんでしょう! 独り占め湯船もある! 露天風呂の横には、独り占めできる湯船もあります! ここに独りで入っていると、客室露天風呂の様に、プライベートな時間を楽しむことが出来ます! 足湯もあるよ! あゆの里には 「竹明かりの足湯」もあります! 1階のロビー横に足湯はあり、その雰囲気は、竹が植えられ、幻想的な雰囲気で、自然の中で入っているかの様です。 日帰り温泉もある! 「あゆの里」は、日帰り温泉で入ることも出来ます! 夕食では絶品の鮎を! 夕食は、宴会場で頂きました! コース料理の様に、前菜から順番に料理を運んできてくれます! あゆ! もちろん「あゆの里」なので、「鮎」も出てきます! 食後はbarでのんびり! 「あゆの里」にはとてもとてもおしゃれな 『 Bar「木綿葉川(ゆうばがわ)」』があります! ラウンジでもお酒やソフトドリンクを頂くことも出来るのですが、ぜひこのBarに行ってほしいです! 私には、少し大人過ぎる雰囲気でしたが、まったりお酒を楽しみたい方にはおすすめです! Barでのんびりお酒を嗜む大人になりたい… モスコミュールが絶品! ここで頂いた 「モスコミュール」が絶品でした! 私の知っている「モスコミュール」じゃなかったです! 今まで飲んだ中で1番美味しかったです! 周辺の観光地は? 人吉駅でSLを! JR人吉駅には 観光列車『SL人吉』が、やってきます! 人吉駅では、約20分程停車するので、入場だけして「SL人吉」を見ることが出来ます! 人吉駅の隣には、鉄道ミュージアムがあり、ここの展望台からもSLを見ることが出来ます! 私も人吉に行く時は、この「特急 かわせみ やませみ」を予約して行ったのですが。。。 悲劇は突然訪れるものです。。。 天気には要注意… 「特急 かわせみ やませみ」に乗ろうと、熊本駅に向かっている途中でした。。。 「ザーーーーーッ」と音を立てて、夕立が降り出したのです。。。 この時は、「あ~雨だ~せっかく観光列車で行くのに、綺麗な景色が見られないー」位にしか思っていませんでした。。。 しかし、いざ熊本駅に着くと、改札前に怪しげな看板が… 『運休』・・・ 雨により運休… 雨と言っても、一時的に強く降って、後は普通の雨だったのに、それで運休とは… 当然鈍行も運休。。。 後で聞いたのですが、人吉までの「薩肥線」は、 雨が降るとすぐに止まるらしいです。 しかし、私は諦めませんでした。 電車がダメならバスだ! と、バスセンターまで猛ダッシュ! しかし、バスは満席で、乗れない… 「もうだめか」と思ってると、バスセンターの人が、 「JRのバスなら空いてるかもしれませんよ」と。 もの凄く 増水していました。。。 これは運休するわ。。。 ちなみに… 通常の球磨川の水量はこの位っぽいです。。。 皆さまくれぐれも天気にはご注意下さい。。。

次の