保育園 休 ませる。 保育園は祝日や日曜日は休み?仕事のときはどうするの?

ママリ|ママの一歩を支える情報サイト

保育園 休 ませる

幼稚園と保育園、何が違う? 幼稚園と保育園、どちらも母子分離で子供たちが通い、保育士や幼稚園教諭のもとで生活するという意味では同じ施設のようにも見えます。 しかし、実際は制度面や考え方に違いがあるのです。 まずは制度面で「幼稚園」と「保育園」の違いを見ていきましょう。 幼稚園とは• 管轄:文部科学省• 職員:幼稚園教諭免許を持った者が教育する• 対象:3歳~就学前の児童• 通園期間:プレ入園がある場合もあるが、一般的に2~3年の通園• 申し込み方法:保護者が施設に直接入園の申し込みをする• 延長保育:預かり保育を実施している幼稚園もある• 給食の有無:各園によって異なる• 保育料:各園によって設定 幼稚園は「義務教育及びその後の教育の基礎を培うもの」とされています。 小学校に就学する準備をすることや「生きる力の基礎」を育成することを目的にしていて、学校教育法に規定された幼稚園教育の目標を達成するために努めるとされています。 未就園児の子供を対象にしたプレ入園がある場合もありますが、多くの園は2年~3年の通園になっており、3歳もしくは4歳から入園となります。 年度ごとに募集があるので、親がいつ入園させるかを選んで応募することができます。 幼稚園は義務教育ではありません。 幼稚園は、保護者が各園に直接入園の申し込みを行います。 認可保育園とは• 管轄:厚生労働省• 職員:保育士免許を持った者が保育する• 対象:0歳~就学前の保育が必要な児童 園により受け入れ年齢は違う• 申し込み方法:保護者が各市区町村に入園の申し込みをする• 延長保育:有• 給食の有無:有• 保育料:世帯の住民税納付額によって決定 保育園は「保育を必要とする子どもの保育を行い、その健全な心身の発達を図ることを目的とする児童福祉施設」とされています。 義務教育への準備や、教育そのものを目的とした施設ではなく、仕事や就学などで「保育ができない」両親に代わって子供を保育するための場所です。 保護者が各市区町村に入園の申し込みを行い、入園が決定した場合は保育園と直接契約をします。 保育園の利用で保育の延長をした際は、延長料や延長時間については各施設によって異なるため、入園前に確認するとよいでしょう。 また、認可保育園では基本的に給食を各保育園で調理していますが、家庭的保育 保育ママ ではお弁当の持参が必要な場合もあります。 認可外保育園とは• 管轄:厚生労働省• 職員:保育士免許を持った者が保育する• 対象:0歳~就学前の保育が必要な児童 園により受け入れ年齢は違う• 申し込み方法:保護者が施設に直接入園の申し込みをする• 延長保育:園によって異なる• 給食の有無:園によって異なる• 保育料:各園によって設定 認可外保育園とは、認可保育園よりも保育室の面積や保育者についての基準が厳しくない保育施設のことを指します。 東京都が独自の基準を設置して開所している「認証保育園」も認可外保育園に含まれます。 駅の近くなど便利な立地にも開所していますが、小規模で園庭などが設けられていないことが多いため、比較的低年齢児向きの施設です。 申し込みは、保護者が希望園に直接行います。 認定こども園とは• 管轄:文部科学省、厚生労働省• 職員:保育士と幼稚園教諭の両方の資格を持った者が受け持つ• 対象:0歳~就学前の保育が必要な児童 保育認定2号、3号 +満3歳以上の保育が必要ではない児童 保育認定1号• 申し込み方法:保護者が施設に直接入園の申し込みをする• 延長保育:有• 給食の有無:有• 保育料:世帯の住民税納付額によって決定 認定こども園は、幼稚園と保育園が一体化した施設で、保育の必要性の有無は関係なくすべての子供が利用対象です。 3歳~就学前の保育を必要としない子供の幼稚園的な利用の場合は、保護者が各園に直接入園の申し込みをします。 一方、保育が必要な2号および3号の子供の保育園的利用の場合は、市区町村に入園の申し込みをします。 入園が認められれば各園と直接契約をして登園開始となります。 働くママは、幼稚園には預けられない? 以前は「働くママは保育園へ」「専業主婦だから幼稚園へ」などと、家庭の状況によって預け先が決まっていた面があります。 しかし現在では、幼稚園と保育園両方の機能を併せ持った「認定こども園」ができ、選択肢が広がりました。 認定こども園は内閣府の管轄になります。 また、幼稚園の中にも朝夕の時間帯や夏休みなどの長期休業期間中にも子供を預かる「預かり保育」が広まりつつあり、預かり保育を実施している園では保育園に預けるのと同様に働くことが可能です。 こうした背景から、幼稚園と保育園どちらに子供を預けるか悩んでいる方も増えてきているようです。 出典元:• 文部科学省「現行学習指導要領・生きる力」文部科学省(,2019年9月27日最終閲覧)• 厚生労働省「保育所保育指針」厚生労働省(,2019年9月27日最終閲覧)• 文部科学省「認定こども園について」文部科学省(,2019年9月27日最終閲覧)• 文部科学省「教育基本法資料室へようこそ!」文部科学省(,2019年9月27日最終閲覧)• 世田谷区「私立幼稚園等の預かり保育のご案内」世田谷区(,2019年9月27日最終閲覧)• 内閣府「認定こども園概要」内閣府(,2019年9月27日最終閲覧)• 愛媛県「幼稚園・保育所・認可外保育施設・認定こども園の比較」(,2019年9月27日最終閲覧)• 保育園を考える親の会 編 「はじめての保育園」P90~107(主婦と生活社,2014年) 先生に聞いてみた、幼稚園と保育園の違い 幼稚園と保育園について、どんな部分が違い、どのように選べばよいのか気になりますよね。 今回は、幼稚園、保育園それぞれで勤務経験があり、現在は親子カフェで見守りスタッフとして活動している先生2人にお話を聞きました。 今回お話を聞いた先生• メーさん:幼稚園教諭歴8年、保育士経験4年 認可外保育所• ひまわりさん:幼稚園教諭歴4年、保育士経験8年 認可外3年、私立認可園5年 先生方は西船橋の親子カフェHedgehog the Rainbowの「見守りスタッフ」として活動しています。 こちらのカフェでは見守りスタッフが積極的に子供と遊んでくれ、ママが息抜きしながら育児相談をすることもできます。 取材対応店の方針により、ニックネームでお話をお聞きしています) 先生から見た「幼稚園と保育園の違い」 実際に幼稚園、保育園両方での勤務経験のある先生から見て、幼稚園と保育園にはどのような違いがあるのでしょうか。 保育園は選びにくい メーさんによると、幼稚園はそれぞれの園によって方針があり、見学をした上でママが選択することができるのだそう。 しかし保育園の場合は認可園について自治体が一括管理しているため、思ったように選択できないのだといいます。 たしかに幼稚園の場合は、園によって教育方針などの特色があるように感じられます。 保育園にも特徴のある園はありますが、認可園であれば申込先は自治体になってしまい、選考の結果落選してしまうこともありますね。 幼稚園児の中では「共働き家庭」と「専業主婦家庭」で違いが見えやすい 幼稚園で延長保育がある園もあり、働きながら預けることができる園もあります。 しかし、多くの園は日中通常保育の子が帰る時間には「さようなら」の挨拶があり、必要な子はそのあと保育する形になるので、子供によっては「僕も 私も 帰りたい」と感じてしまう子がいるようです。 また、長期休み中の保育など「共働き家庭」「専業主婦家庭」で差ができやすくなります。 「仲良しの子が幼稚園に来ない」という場合もあり、子供がナーバスになってしまう場合も。 子供の気持ちの面に対するケアを、パパやママが意識しておこなう必要があるかもしれません。 よくある不安に先生からアドバイス 幼稚園と保育園ともに良い面と気になる面があるものですが、実際に入園するのはどちらか片方。 生活面や教育面など、どんな部分に違いがあるのか気になりますよね。 また「小学校に上がった後に差が出てしまうのでは」という不安も感じてしまうことがあるかもしれません。 今回は特に不安に感じやすい点についてアドバイスをもらいました。 幼稚園でも保育園でも「学ぶ」ことはできます メーさんによると幼稚園は文部科学省の管轄なので『教育』がベース。 時間割があるような感覚で、余った時間を自由時間にあてるタイムスケジュールになっています。 就学準備をメインとしているので、お勉強のようなワークを用意している園や、時間として学習らしいことをする時間を取っている園もあるのだそうです。 これだけだと「保育園では勉強が遅れてしまうのでは」と心配になってしまいますが、心配はいりません。 ひまわりさんによると、保育園の中にも自発的にワーク学習を取り入れている園もあり、ワークなどがない場合でも遊びの中で学習できるように促していることもあるのだそうです。 また、小学校に入学したときの学力の差を心配するママもいますが、先生方の意見では「園でこれをしたから学習する」というのではなく、小学校に入った時のモチベーションが大切なのだそう。 保育園に通った子も、小学校に入ったら「学習」という新しい雰囲気が新鮮でどんどん吸収する子もいて、幼稚園を卒業したから必ず勉強ができるということではありません。 周りのお友達を見ると「あの子はこれを習っているからうちも... 」と焦ってしまうこともありますが、周囲に流されて習い事を決めるのではなく、家庭としての教育方針を持ってある程度一貫することが必要です。 就学前に机に座って学習することは必須ではありません。 保育園の「お昼寝」が学校生活に影響することはありません 幼稚園と保育園の違いといえば「お昼寝」ですね。 保育園では年長児までお昼寝がある園もありますが、幼稚園にはお昼寝がありません。 幼稚園は保育園よりも一般的に登園が遅く、降園も早いのでお昼寝が必要ないとされていますが、保育園の場合は朝早く登園し、帰りも遅いため、お昼寝なしで過ごすには疲れてしまいますよね。 とはいえ保育園でも小学校での生活に慣らすため、年長児ではお昼寝を無くしていく園が多いです。 小学生になれば生活も一変し、疲れが出ます。 幼稚園でも保育園でも、眠くなる子は眠くなってしまうでしょう。 それも成長の一環なので「保育園生活だったから眠くなる... 」と悲観する必要はありません。 子供たちは遊びの中で生活に必要なことを学びます 「幼稚園ではしっかり箸の使い方や生活面での指導をしてくれるけれど、保育園ではしてくれないのでは... 」というイメージを持っているママもいるのではないかと思います。 しかし、ひまわりさんによると「保育園でもちゃんと箸は教えていましたよ」とのこと。 保育園の中でも生活面の教育をきちんと行っている園もあり、一概には言えないようです。 また、メーさんは「園での教育もそうだけど、大切なのは家庭での方針を決めること」と話してくれました。 周囲とわが子を比べてしまうのは親として避けられないことですが、その家庭がわが子に対して何を大切と考え、教えていくのかはブレずに決めておくことが大切だといいます。 幼稚園や保育園で教育的に教えなくても、子供たちは遊びの中で生活に必要なことを学びます。 また、小さいうちから自宅にいる時間が短くなってしまう保育園児も、集団生活をすること自体が子供にとってはプラスの要素になっています。 保育園から幼稚園 またはその逆 への転園も、心配し過ぎないで 引っ越しや家族の事情で、保育園から幼稚園 またはその逆 に転園する決断をすることもありますね。 また、保育園から保育園など園の形態が変わらない転園も不安があるでしょう。 しかし先生たちは「子供は友達と遊ぶことに慣れていれば、すぐに園に慣れていきますよ」と、心配にはおよばないと言います。 園の中で安心できる先生や友達を見つけ、自分の居場所があると感じられれば大丈夫。 さらに「転校生」は周囲の子にとって注目の的。 初めは緊張するかもしれませんが、必ず仲良くしてくれる子が現れ、居場所を見つけられるでしょう。 ママ自身も慣れない環境に不安があると思いますが、先生に細かく様子を聞くなど、気になることはどんどん質問して不安を解消していきましょう。 それぞれの家庭にあった園を選びましょう 待機児童が問題となっている今、「働いているから保育園」という決まりはなく、幼稚園に預けて働くことも選択肢となってきました。 「どちらの園に預けるのがよいのだろう」と悩むこともありますね。 先生によると、幼稚園は教育ベース、保育園は福祉ベースという違いはあれど、その中での生活はさまざま。 どの園に預けても、子供がのびのびと生活することができれば、必ず色々なものを吸収できるはずです。 友達と一緒に過ごすことや楽しく遊ぶことの中にも、人生で大切な学びはたくさんあります。 そして何より、家庭でも方針をしっかり持ち、周囲と比べてウロウロとしないことが大切なのだといいます。 家庭によっての働く時間や生活リズムに合わせて、候補となる園を探して見学、説明会への参加をしてみましょう。 子供の個性に合い、安心して預けられる園を見つけられるとよいですね。 <取材・撮影協力:親子カフェHedgehog the Rainbow> 出典元一覧• 文部科学省「現行学習指導要領・生きる力」文部科学省(,2019年9月27日最終閲覧)• 厚生労働省「保育所保育指針」厚生労働省(,2019年9月27日最終閲覧)• 文部科学省「認定こども園について」文部科学省(,2019年9月27日最終閲覧)• 文部科学省「教育基本法資料室へようこそ!」文部科学省(,2019年9月27日最終閲覧)• 世田谷区「私立幼稚園等の預かり保育のご案内」世田谷区(,2019年9月27日最終閲覧)• 内閣府「認定こども園概要」内閣府(,2019年9月27日最終閲覧)• 愛媛県「幼稚園・保育所・認可外保育施設・認定こども園の比較」(,2019年9月27日最終閲覧)• 保育園を考える親の会 編 「はじめての保育園」P90~107(主婦と生活社,2014年) 本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。 必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。 なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。 ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはもご覧ください。

次の

幼稚園・保育園に馴染めない子供……ママが気づくべき子供のサイン [幼稚園] All About

保育園 休 ませる

朝起きることをあまりに嫌がるときは、子どもの話をよく聞いてあげて 東京都内に住むYさん(38歳)は長女・長男と2人の子どもを持つ専業主婦。 現在小学校1年生の長男が幼稚園に入園したばかりの頃のある出来事が忘れられない。 2人目の子どもである長男(当時3歳)が3年保育の幼稚園の年少クラスに入園して1ヶ月。 5月の連休明けに先生に「お子さんについてお話したいことがあります」との連絡を受けて園に出向いたYさんは、そこで思いがけない話を聞く。 「一旦引き受けておきながら申し訳ないが、もうしばらくお母さまのお手元におかれたほうがいいのではないか」と。 先生の話によると、長男はクラスで一斉に行われる「リトミック」や「折り紙」などのカリキュラムに参加することなく、教室を飛び出して人のいない小部屋に逃げ込む。 クラスの友達が「遊ぼう」と声をかけてくれても逃げるばかりだとのこと。 上の子である長女は当時5歳で年長クラスに通っており、その園の教育方針には信頼を置いていただけに、Yさんにはショックだった。 幼稚園・保育園に馴染めない理由……個性を競われて子供が置き去り? 現在の幼稚園・保育園は少子化の中、「早期教育的な要素を多く取り入れている園」から「外遊び中心でのびのび・どろんこ系の園」など多様化している。 「いい園」の基準が各家庭の方針ごとに、大きく異なるのが現状だ。 そのため、親の考える「いい園」と子どもにとっての居心地のよさが、乖離してしまうということも起こり得る。 一般的に人気があって「いい」と言われる園でも、子どもによっては雰囲気に馴染めず、苦痛な時間を過ごしているということもないわけではない。 幼稚園・保育園入園前:子どもに園が合っているか見極める方法 前述のYさんは「思い返すと、長男は早生まれで上の子である長女(当時5歳)に比べて言葉も遅かった。 でも長女はこの園で楽しく過ごせているから長男も大丈夫だろう、と楽観的に考え過ぎていたのかもしれませんね。 」と当時をふり返る。 しかし一方でYさんは、「でも入園前に行われた1日入園で見極めるのは無理だったと思います。 泣いている子はたくさんいるし、母親から離れられない子も多かったので、特にうちの子だけが合わないようには見えませんでしたから。 」とも語る。 入園前に「自分の子どもと園の生活ペース・リズムが合っているかどうかを確認する」などのことはもちろんすべきだが、心配し過ぎるのもいかがなものか。 園選びに必要以上に神経質になるのも、あまり意味がないと思います。 」とYさんは言う。 入園前にできること• サイン……見学や1日体験入園などのときに、子どもがその場所にいること自体を嫌がらないか?• 対処法……自分の子どもと園の生活リズム・ペースが合っているかどうかを確認する。 しかし、入園前の見極めには限界も。 心配し過ぎは禁物! 幼稚園・保育園入園後:子どもが何かおかしいと思ったら? Yさんは園の先生から「もうしばらくお母さまのお手元で」という話があったあと、子どもはすぐに休園させた。 このまま園生活を続けて、「園での約束を守れないダメな子」というレッテルが子どもに貼られてしまうことだけは避けたいと思ったからだ。 「子どもが登園を嫌がった場合は、できる限り子どもの訴えを受け入れて休ませるべき」と言うのはカウンセラーの内田良子氏である。 子ども相談の現場で30年あまりの経験を持つ内田氏の著書『カウンセラー良子さんの子育てはなぞとき』では、最近の園児の登園拒否についてこう書かれている。 かつて、就学前の幼い子どもたちが、集団生活を嫌がって、泣いて駄々をこねたり、裸足で逃げ帰ってくるのは当たり前のことでした。 親も先生も、笑って見過ごす日常的な光景の一つでもありました。 ところが最近の相談では、親にも、幼稚園、保育園の先生にも、まるで余裕がないのです(中略)。 「休みグセをつけたくない」という先生と親にはさみうちにあった幼い子どもたちは、正直に「幼稚園に行きたくない!」と口ではいえず、からだで行きたくないと表したり、行動で訴える表現が目立っています。 言葉で表現できない気持ちが、身体の不調となって表れることもある。 そういった点から考えると、「園が子どもにとって不快な場所だったとしたら、できるだけ早く環境を変えたほうがいいだろう」というYさんの判断は、適切だったと言える。 内田氏によれば、「行きたくない」と言えずにいるうちに、子どもに「園で食事ができなくなる」「チック(咳払いなど)」などの症状が出る場合もあるとのこと。 そういった事態を避けるためには、まずは休ませて子どもの「行きたくない」という気持ちを受け止めるべきであろう。 その先のことは、それからゆっくり考えればよいのだ。 子どもの心と身体以上に優先すべき園生活などないのだから。 入園後、異変に気づいたら サイン• 朝、行きたがらない。 休日は早起きなのに、平日になかなか起きない。 「登園時親と別れるときには泣くが、その後はケロッとして遊んでいる」なら、あまり心配はいらない。 「親の姿が見えなくなってからもずっと園で泣いている」などの場合は要注意。 対処法• 園児の場合は「登園をいやがったら休ませる」が基本。 同時に園の先生に相談。 担任で納得がいかない場合は主任や園長にも話してみる。 子供が納得するまで休ませる。 年少児の場合は、成長を待つことで年中・年長からスムーズに復園できる場合もある。 もしくは他に合う園があれば、転園するという選択肢も。 幼稚園・保育園に馴染めない……子どもときちんと向き合う Yさんの場合、当初は年中から復園するつもりでいたが、その後他の園を見学するうちに、幸い長男の個性を受け入れてくれる小規模の認可外保育園に出会うことができた。 「成長すれば解決する問題なのか、その子の個性と園の相性の問題なのかを1年間考えて、うちの子の場合は転園という結果になりました。 」とYさんは言う。 転園後の園で充実した2年間を送った長男は、現在元気に小学校に通っている。 「子どもによりよい環境を」というのは多くの親の願いである。 園と子どもの相性。 事前に見極められればそれに越したことはないが、後からでしか分からない部分が大きいのが現実だ。 入園の前でも後でも、子どもの様子について「何かおかしい」と思ったら、「そのうち慣れるだろう」と見過ごしてしまわないこと。 子どもの言葉と身体表現の訴えに耳を傾け、まず子どもの気持ちを受け入れることが大事だ。 それさえできれば、どんな選択をしようと子どもを必要以上に傷つけることは避けられるのではないだろうか。 【 関連記事】•

次の

保育園は仕事辞めたら退園?退職はばれる?休職・求職中で仕事してない場合は?

保育園 休 ませる

「もし登園しぶりをするようになったら『保育園に行きたくないんだね、なにか嫌なことがあるのかな?』と、まず子どもの気持ちを受け止めて原因を聞いてみてください」 こう話すのは、子ども相談室・モモの部屋主宰で、心理カウンセラーの内田良子さん。 子どもが登園をしぶるのは、対人関係や環境の変化でストレスを感じている可能性があるという。 「登園しぶりが起こる理由には、頭痛や熱、腹痛などの体調不良によるケースも多くみられます。 ところが、子ども自身がそれをうまく伝えられないために、親がそのまま登園させてしまっていることも少なくありません。 すると、登園後に体調が悪化してしまうこともあります」 内田さん 以下同 ほかにも子どもが登園をしぶる理由として、疲れていることが考えられるという。 「就労時間に通勤時間を加えた時間中、子どもは預けられています。 小さい身体に負担がかかって当然です。 お母さんが疲れていたら子どもも疲れていると考えてください。 そうすることで子どもの疲れがリセットされ、また元気に登園できるようになる。 しかし、そのような親の判断を鈍らせる理由のひとつとして、幼稚園や保育園に休まずに登園することがよしとされていることが大きいと内田さんは指摘する。 「親は保護者として子どもの心身の健康を守ることが第一です。 たとえ幼稚園や保育園が休まずに連れてくることを勧めていたとしても、子どもに休む機会を与えられるのは親だけです。 ひどく抵抗するときは無理なく休ませてあげましょう」 内田さんのところに訪れる相談者のなかには、「休ませると休み癖がつくのでは?」と心配する親も多い。 しかし、子どもに理由があるときは無理に連れて行かずに、休みを取ったほうが、登園しぶりは短期間で終わります。 「登園しぶりは初期段階で対応することが大切です。 親は仕事を休みにくいために無理やり園に連れて行き、子の状態が悪化し仕事をやめる羽目になるケースも…。 長期的な目でみれば、ときどき休ませると子どもの気持ちや体力が回復すれば、またちゃんと通い始めますよ」 抵抗が強いときには、すっぱりと休ませることが効果的な登園しぶり。 子どもが園生活をスムーズに続けられるよう、体調などを配慮しながらサポートしていこう! ノオト+石水典子.

次の