ルーシー マルゴー。 Lucy Margaux Wines(ルーシー・マルゴー)

ルーシー・マルゴー少量入荷。

ルーシー マルゴー

ワイン会でたまにワインをサーブしているクスノキタケルです。 このブログでは、店主の個性がキラリと光るお店、美味しいお料理やお酒が出るお店を飲み歩く僕の日常と非日常を淡々と綴っています。 恵比寿『WINE MARKET PARTY』での試飲会。 初めて飲むオージー自然派のマノンやビトウィーン・ファイブ・ベルズに加えて、ルーシー・マルゴーのピノノワールのマグナムと、ヤウマの2銘柄。 来店時間が遅くなってしまい、ビトウィーン・ファイブ・ベルズは一つだけで、レッドの2015年。 ヴイクトリア州のジーロングで造るそのワインは、シラー、ピノ・ノワール、ネロ・ダヴォーラ、ネグロ・アマーロの混醸だけど、90%がシラーで、全房が60%、除梗が30%とか。 いかにもな自然派。 果実味が濃いけれど、かなり青臭さも強い。 ルーシー・マルゴーの実質的に最後のワイン・アシスタントというマノンは全て2016年で、ハイ・パラダイス(サヴァニャン、シャルドネ)、モダン・ラヴァーズ(モスカート・ジャッロ、ソーヴィニヨン・ブラン)、ロージー・デイ(ネッビオーロ、ドルチェット)、ブラッシーズ・グリ(ピノ・グリ)。 ハイ・パラダイスは、濁っており酵母香。 酸が強く、酸っぱい青リンゴみたい。 モダン・ラヴァーズはオレンジワイン。 酢酸エチルが強く、洋ナシ様。 これも酸が突出してる。 ロージー・デイは香ばしく、ミルクチョコレートを想起し、焦げた樽の香りで旨味が強いロゼ。 ブラッシーズ・グリは濁ったロゼで、ハーブやスパイスのニュアンスが強い。 どれもリリースしたてなので、もう少し時間を置くとまた大きく変化しそうなワインでした。 ヤウマの2銘柄も共に2016年で、カベルネ・フランのシンヤ・サンと、シラーのフェアリーガルデン。 シンヤ・サンは二人のシンヤさんに向けたキュベとのこと、コケモモを連想する甘酸っぱく瑞々しい果実味。 フェアリーガルデンは、ジューシーで柔らかい果実味。 全く相反するような二つの銘柄。 いずれにしてもブラインドで品種は当てられないなあ……。 ルーシー・マルゴーのワイルドマン・ピノノワールは2014年の貴重なマグナム。 全房発酵ゆえか、まだ若いので青臭い茎のニュアンスは強く、アニスのような癖のある清涼感にも感じられる。 スモモや赤ベリーに岩海苔、スパイス。 ルーシー・マルゴーの不思議ちゃんワールドが全開でした。 試飲の最後に出していただいた、ドラピエのラタフィア。 凜とした甘美さが、酸やタンニンで疲れた舌を癒してくれる。 何か塩気のあるもの、中でも、青かび系チーズが食べたくなります。 ERIC FORESTという造り手の2015年を、畑違いで。 LES CRAYSの方は柔らかく厚みのあるフレンドリーな果実味で、石灰質土壌のLA ROCHEは火打石の香りが高く素晴らしいエレガンス! ブースにいらしたフランス人の方(この方はインポーター?それとも造り手???)は、ブラインドで飲んだらコルトン・シャルルマーニュだと思うよと誇らしげに語っていました。 また、同じ造り手のブルゴーニュ・ルージュを2012年~2015年で飲み比べるという趣向も、ビンテージの違いがよく見えるようで楽しかったですね。 やっぱり飲み頃を含めて2012年が僕好みでしたが、2015年は確かに力強いグレートビンテージなんだろうなと思わせます。

次の

ルーシーマルゴー

ルーシー マルゴー

ルーシーは娘さんのお名前で、ご本人は確かアントンさんでしたっけ?? 先ず色味ですが、オレンジワインと言って良いのかどうか、やや淡くも湿度が高い真夏のくすんだ夕日のよう。 テイストは、苔桃にピンクグレープフルーツとパッションフルーツという印象ですが決して酸味は強くはなく、柔らかさがありとても美味しいですし、Alc. ご馳走さまでした。 大人気だそうでセット販売の事が多く、入手は見送っていました。 年末にネットショップの案内でいくつか単品販売との事で2018グリ・ド・フローレットを購入しましたが、一つ問題が。 候補を読み比べて今回はピノ・ノワールとあったこれを注文したのですが、発注後によく読み返すと・・・ピノ・グリ。 ピノ・グリならピノ・グリでも良いのですが、どっちかわからない説明文。 下記のその他をご参照下さい。 完売になる前にと品種だけ確認してポチッたので、気がつきませんでした。 香水のような、そうビネールのシ・ローズのような香りになってきました。 味わいも酸っぱくはならず、程良い甘味と酸味。 評価は少し上げます。 技術的に、と言うよりも環境がガラリと変わったと言えば良いのかも知れません。 今回のワインはPinot Grisの赤をプレスする際に生じるセニエを使用したロゼ。 除梗はせずに全房発酵。 更に長期スキンコンタクトを経ていますが口当たりは優しく、コケモモやネクタリンのジューシーな個性が生き生きしています。 中略 (輸入元資料より) グリ・ド・フローレットという名前ですが使用している葡萄はピノ・ノワール。 グリをイメージして造ったとアントンのコメント。 ちなみにエチケットに描かれているのは新妻のレイチェル。 愛妻家のアントンならでは。 説明文終わり 最初と最後にはピノ・ノワールと書いてありますが、途中に「ピノ・グリの赤」という意味不明な言葉。 VINICAやネットの評判を見ると皆さん「ピノ・グリ」と書いています。 どっちなんだろう?とショップへ問い合わせてもらちがあかず、とりあえず自分の味覚で判断してみた次第です。 【その他2】 2日は毎年恒例の妻の実家へご挨拶と千手観音でのご祈祷。 妻の実家の習慣で結婚してからの恒例行事ですので、20年近くなります。 仕事が休めない妻の代わりに子供達と義母をお連れするようになってからは10年ほど。 初詣も怠り勝ちな怠惰な私ですが、欠かせないお正月の行事になりました。 お香を体に擦り付け、ご祈祷、焼香の後、分厚くありがたい経典で両肩を三回ずつバシバシバシ!と叩かれると昨年までの自分がリセットされて新年へと向かう気力が沸沸と沸き上がるような気がします。

次の

lucy margaux|Wine Diamonds — ワインダイヤモンズ

ルーシー マルゴー

ルーシーは娘さんのお名前で、ご本人は確かアントンさんでしたっけ?? 先ず色味ですが、オレンジワインと言って良いのかどうか、やや淡くも湿度が高い真夏のくすんだ夕日のよう。 テイストは、苔桃にピンクグレープフルーツとパッションフルーツという印象ですが決して酸味は強くはなく、柔らかさがありとても美味しいですし、Alc. ご馳走さまでした。 大人気だそうでセット販売の事が多く、入手は見送っていました。 年末にネットショップの案内でいくつか単品販売との事で2018グリ・ド・フローレットを購入しましたが、一つ問題が。 候補を読み比べて今回はピノ・ノワールとあったこれを注文したのですが、発注後によく読み返すと・・・ピノ・グリ。 ピノ・グリならピノ・グリでも良いのですが、どっちかわからない説明文。 下記のその他をご参照下さい。 完売になる前にと品種だけ確認してポチッたので、気がつきませんでした。 香水のような、そうビネールのシ・ローズのような香りになってきました。 味わいも酸っぱくはならず、程良い甘味と酸味。 評価は少し上げます。 技術的に、と言うよりも環境がガラリと変わったと言えば良いのかも知れません。 今回のワインはPinot Grisの赤をプレスする際に生じるセニエを使用したロゼ。 除梗はせずに全房発酵。 更に長期スキンコンタクトを経ていますが口当たりは優しく、コケモモやネクタリンのジューシーな個性が生き生きしています。 中略 (輸入元資料より) グリ・ド・フローレットという名前ですが使用している葡萄はピノ・ノワール。 グリをイメージして造ったとアントンのコメント。 ちなみにエチケットに描かれているのは新妻のレイチェル。 愛妻家のアントンならでは。 説明文終わり 最初と最後にはピノ・ノワールと書いてありますが、途中に「ピノ・グリの赤」という意味不明な言葉。 VINICAやネットの評判を見ると皆さん「ピノ・グリ」と書いています。 どっちなんだろう?とショップへ問い合わせてもらちがあかず、とりあえず自分の味覚で判断してみた次第です。 【その他2】 2日は毎年恒例の妻の実家へご挨拶と千手観音でのご祈祷。 妻の実家の習慣で結婚してからの恒例行事ですので、20年近くなります。 仕事が休めない妻の代わりに子供達と義母をお連れするようになってからは10年ほど。 初詣も怠り勝ちな怠惰な私ですが、欠かせないお正月の行事になりました。 お香を体に擦り付け、ご祈祷、焼香の後、分厚くありがたい経典で両肩を三回ずつバシバシバシ!と叩かれると昨年までの自分がリセットされて新年へと向かう気力が沸沸と沸き上がるような気がします。

次の