エロ い 青年 漫画。 2020年 エロ少年・青年漫画おすすめランキングTOP12

2020年 エロ少年・青年漫画おすすめランキングTOP12

エロ い 青年 漫画

世界が闇に覆われ始めていた世界。 辺境の小国ナーガラの次期当主・アルクは、剣の修行に勤しみつつの平和な日々を過ごしていた。 彼には、両想いだった従姉のアウレリアがいたが、彼女は政略結婚するためにアルクとは一緒にいられなくなってしまった。 アルクはこのことをきっかけにして力を求めるようになる。 力を手に入れたアルクは、この力を使ってハーレムを作りつつ、激動の世界に身を投じていく。 『終末のハーレム ファンタジア』は、剣と魔法の世界での、エロティック&ダークファンタジー漫画となっている。 男子高生・太多陽太は高校の教室から、 校庭を歩く不気味なズタボロの巨大人形を目撃した。 そして、次の瞬間には陽太の目の前に現れ、陽太を窓から突き落とした。 意識を失った陽太が目を覚ますと、そこはドラゴンが飛び交い、赤と青の月が夜空をきらめく異世界であった。 しかも、ここはただの異世界ではない。 この世界には、何千年もの間、ずっと男が1人もいなかった。 そこで始めて出会った女の子である、聖騎士ルーミに導かれて、一緒に旅をしていくことになる。 女の子たちも、ただの女の子ではなく、男である陽太に触れられると体調に変化が生じる特徴があった。 世界唯一の男として冒険をしていく、ハーレム系の異世界ファンタジー漫画である。 映画監督志望の高校生・零がある日、町で目にしたのは、大ファンである「AV女優」パピコを中傷する張り紙だった。 彼はこの嫌がらせ行為を許せずに、町中で張り紙を剥がして回る。 そんな 零の様子を見つけて声をかけてきたのは、憧れの人・パピコであった。 出会うはずのない2人が出会ったときに物語は動き出す。 しかし、この作品はただのボーイ・ミーツ・ガールではない。 人間界に侵攻してきた魔王ディアボロを勇者レイは倒した。 主人公のルーシュの父は、「マクロドライバー」と呼ばれる世界最速の運び屋であり、世界中を超高速移動魔法で飛び回り、勇者の仲間として勇者レイをサポートしていた。 そんな父を誇りに思っていたルーシェであったが、姉や幼馴染と暮らす平和な日常は、 彼の目の前に勇者レイが現れたところから一変する。 勇者レイは、世界を救ったときとは別人のようになっていて、父と同じく「マクロドライブ」を使うルーシュの姉をさらっていってしまった。 勇者レイに何があったのか? 「マクロドライブ」の力に隠された秘密は? 少年ルーシュとその仲間たちの冒険が始まる。

次の

エロい青年漫画

エロ い 青年 漫画

もちろんを始め、至る所でそう書かれてるし、実際にそうだったんだろうけど、別に作者名で検索してもエロい絵や単行本が出てくるわけでなし。 70年代にも 永井豪や 本宮ひろ志がいたわけで…。 長らく不思議だったんですが、調べていくと、当時(80〜81年頃)の同人誌「シベール」や自販機本「少女アリス」で発表された成年向け作品は「」に割と収録されてると知り、購入してみました。 …なるほど、読んでみれば確かに、エロ漫画の萌芽を感じる。 70年代にも少年誌や青年誌で描かれたアニメ絵のエロ系作品はいろいろありますが、ここまで露骨な性描写はまだ見られなかった。 ただ思ったのは、やはりこの人は「不条理系SF美少女ギャグ漫画家」であって「エロ漫画家」ではないな、ということ。 終始異様な世界観で繰り広げられる少女達とのセックスは、漫画好きとしては楽しめましたが、これを「エロ漫画」と呼ぶには抵抗がある。 リアルタイムで読んでいれば、また違った感想を持ったのかもしれませんが…可愛らしい絵柄でセックスや下ネタをいくら見せられても、そこに欲情することは最後までありませんでした。 一般誌で発表された作品に関しては現在、 山本直樹がセレクトした傑作選「」が出ているので、作者のエッセンスだけを味わいたいなら、そちらで十分だと思う。 あと、吾妻ひでおといえば、2005年に失踪中の実体験を元に描かれた「」が大きな話題となりました。 作者は今では、こうしたエッセイ漫画の方でメインに活動しているようです。 中で、鬼のように活躍したのが 内山亜紀。 後の美少女作画の方向性を決定づけたと言っても過言ではなく、あの 手塚治虫にまで影響を与えたとされる人物なんですが…代表作は「」でいいのかな。 女の子の可愛さは今でも通用するレベル。 ただ、オムツにやたらとこだわりがあったものの、作画以外は特に見るべき点もないので、よほど興味がない限りはDMMのサンプル画像だけで満足するのが賢い気もします。 もう一人、劇画出身で紹介したいのが 中島史雄。 彼に関しては80年代後半にヤングジャンプで描かれた作品もオススメなんですが、成年誌においての最エロ作品は「卒業」だと思います。 これは87年の単行本「」に収録されてる短編なんですが、フィニッシュシーンの大ゴマの使い方等、現代のエロ漫画にも引けを取らない完璧な構成が見事です。 当時の中島作品はB6判でも多数復刻されてて、そちらの「」にも「卒業」は収録されてます。 中編「恋は無休で営業中」も収録されてるので、何か1冊読むならコレかな。 あと、完全に劇画の人なんですが、 村祖俊一も個性的な作風で人気があったロリ系作家。 86年の「」あたりを読んでみると、 諸星大二郎的なシュールさもあり、ちょっと面白い。 中には MEIMUのように全くエッチシーンのない作品も多く、管理人もめぼしい作品をいろいろ漁ってみたんですが、この時期でオススメしたくなるものは、ちょっと見当たりませんでした。 後に一般誌で人気作家となる ひろもりしのぶ(みやすのんき)や 藤原カムイなんかも、同人臭がひどかったり全然エロくなかったりして…素直に一般誌で描かれた作品を読んだ方が遥かにマシ。 特に ひろもりしのぶ「」は同人誌時代の作品も収録されてるんですが、カリオストロの城のクラリスとか、ミンキーモモのかなり下手なエロ絵が普通に載ってて驚きました。 2人とも人気があったようなんですが、確かに画力は当時としては飛び抜けてる。 大友克洋の影響をもろに受けてるシーンが多かったのも印象的でしたね。 (ちなみに「AKIRA」の連載は82年スタート) 今読むなら、ゴシック調の作風で知られる 千之ナイフや、SM・ボンデージ趣味の 牧村みき(エル・ボンデージ)、 谷口敬あたりの方が面白い気もしますが…うーん、この辺は完全にマニアの領域。 個人的には90年代の作品の方が好きなんですが、この時代も味がある。 森山塔としては85〜87年に単行本が出てまして、その作品のほとんどが後にフランス書院コミック文庫で、さらに2000年代にはB6版のZコミックスでも再編されてるので、今ならそちらを集める方が楽。 ちなみに、管理人が森山作品の中でベストだと思うのは、短編の「とくべつのあわ」。 Zコミックスだと「」に、DMMでダウンロード販売されてる旧版だと「」に収録されてます。 これは銭湯で出会った女の子に悪戯する話なんですが、ロリコン物としては80年代の最エロ作品と言って良いかもしれない。 また、作者はメガネっ娘も好きみたいで、作中によく登場します。 1984年からリリースされたロリコンアニメの金字塔「くりいむレモン」シリーズにも、後で紹介する 亜麻木硅らと共にゲストとして原作参加したりもしており、当時の人気が伺えます。 アクの強い作風なので好き嫌いは分かれると思いますが、個人的には、他人にオススメしても良いと思える最古のエロ漫画家です。 作者のによると、250万部以上売れたというから驚きです。 超豪華スタッフによるOVA版は、当時「くりいむレモン」シリーズと共にアダルトアニメ界の金字塔を打ち立て、海外でも高く評価されました。 触手ブームの先駆け的作品としても有名。 内容は壮大なスケールで描かれたSF伝奇アクションで、今の若い人にもとっつきやすいと思う。 エログロ版「AKIRA」というか。 ただ、作画のクオリティはともかく、劇画なのでエロさは感じない。 表題作である中編ファンタジーが収録されてて、エロは非常に薄いんですが、80年代丸出しの作画とノリが興味深かったです。 後に一般誌に進出する 雨宮じゅん(雨宮淳)なんかも、少女漫画的な独特の絵柄でショタキャラを好んで描く個性的な作家でしたが…まあ、青年誌で描かれた作品の方がエロいと思う。 抜き系だと、 五藤加純や 中森愛、 みなみゆうこあたりがめぼしいところですが…ただ、やはりこの時期は、 森山塔が突出してる印象。 森野うさぎ(影夢優)も可愛らしい絵柄で目立つ。 よく名前を聞く 新田真子(しんだまねと読む)とか、アニメ系の 計奈恵(和猫)とか、後に一般誌に進出する 寄生虫(増田晴彦)あたりも読んだことがあるんですが、この辺はさっぱりエロくなかった。 あと、 六波羅芳一、 架空まさるあたりも気になってるんで、入手できたら追記したい。 最近は「」で公開されてる作品も増えてきて、気軽にこの時代のエロスに触れられるようになりましたね。 ちなみに、「やらないか」で有名となったゲイポルノ・ 山川純一「」が誕生したのも、この時代でした。 このジャンルの第一人者である 田亀源五郎のデビューも同時期。 なので、男女の絡みが中心の「」をオススメしておく。 この時期になるとロリコン漫画ブームもかなり下火になってるせいか、顔は童顔なのに体は豊満ですね。 このアンバランスさが実にエロい。 時代を凝縮したかのような美少女作画は一見の価値あり。 また、一時期、青年誌のベアーズクラブで「」という作品も連載してたんですが、例のの影響で?単行本が2巻で打ち切られ、後に茜新社から成年マーク付き全3巻で復刻されたりしてます。 ねぐら・なおは、90年代以降ムチムチ系の作画にシフトしてしまうんですが、この頃はまだロリ系ですね。 90年代で紹介している 蘭宮涼や 和田エリカ、 魔訶不思議も、すでに頭角を現してた感じ。 安田秀一や しのざき嶺、 猫島礼、 阿乱霊あたりはエロが薄すぎ、物足りなかった。 あと、少年誌でも活躍した やまぐちみゆき(飛鳥弓樹)や、エロコメ系少年漫画家として知られる 帯ひろ志が 本能猛名義で活躍していたのも、この頃。 彼の代表作「」は、タイトルからして明らかに当時人気だったエロコメ系少年漫画・ 上村純子「」を意識したもの。 絵柄も良く似せており、エロゲ化もされたそうです。 他、ほとんど90年代の作家になりますが、洗練された作画で一般誌でも活躍する 唯登詩樹や、 遊人ぽい作画の ちゃたろーなど…この辺が非ロリ系では代表的な作家ですが、今読むのはきつい印象。

次の

1980年代のエロ漫画(成年誌)

エロ い 青年 漫画

もちろんを始め、至る所でそう書かれてるし、実際にそうだったんだろうけど、別に作者名で検索してもエロい絵や単行本が出てくるわけでなし。 70年代にも 永井豪や 本宮ひろ志がいたわけで…。 長らく不思議だったんですが、調べていくと、当時(80〜81年頃)の同人誌「シベール」や自販機本「少女アリス」で発表された成年向け作品は「」に割と収録されてると知り、購入してみました。 …なるほど、読んでみれば確かに、エロ漫画の萌芽を感じる。 70年代にも少年誌や青年誌で描かれたアニメ絵のエロ系作品はいろいろありますが、ここまで露骨な性描写はまだ見られなかった。 ただ思ったのは、やはりこの人は「不条理系SF美少女ギャグ漫画家」であって「エロ漫画家」ではないな、ということ。 終始異様な世界観で繰り広げられる少女達とのセックスは、漫画好きとしては楽しめましたが、これを「エロ漫画」と呼ぶには抵抗がある。 リアルタイムで読んでいれば、また違った感想を持ったのかもしれませんが…可愛らしい絵柄でセックスや下ネタをいくら見せられても、そこに欲情することは最後までありませんでした。 一般誌で発表された作品に関しては現在、 山本直樹がセレクトした傑作選「」が出ているので、作者のエッセンスだけを味わいたいなら、そちらで十分だと思う。 あと、吾妻ひでおといえば、2005年に失踪中の実体験を元に描かれた「」が大きな話題となりました。 作者は今では、こうしたエッセイ漫画の方でメインに活動しているようです。 中で、鬼のように活躍したのが 内山亜紀。 後の美少女作画の方向性を決定づけたと言っても過言ではなく、あの 手塚治虫にまで影響を与えたとされる人物なんですが…代表作は「」でいいのかな。 女の子の可愛さは今でも通用するレベル。 ただ、オムツにやたらとこだわりがあったものの、作画以外は特に見るべき点もないので、よほど興味がない限りはDMMのサンプル画像だけで満足するのが賢い気もします。 もう一人、劇画出身で紹介したいのが 中島史雄。 彼に関しては80年代後半にヤングジャンプで描かれた作品もオススメなんですが、成年誌においての最エロ作品は「卒業」だと思います。 これは87年の単行本「」に収録されてる短編なんですが、フィニッシュシーンの大ゴマの使い方等、現代のエロ漫画にも引けを取らない完璧な構成が見事です。 当時の中島作品はB6判でも多数復刻されてて、そちらの「」にも「卒業」は収録されてます。 中編「恋は無休で営業中」も収録されてるので、何か1冊読むならコレかな。 あと、完全に劇画の人なんですが、 村祖俊一も個性的な作風で人気があったロリ系作家。 86年の「」あたりを読んでみると、 諸星大二郎的なシュールさもあり、ちょっと面白い。 中には MEIMUのように全くエッチシーンのない作品も多く、管理人もめぼしい作品をいろいろ漁ってみたんですが、この時期でオススメしたくなるものは、ちょっと見当たりませんでした。 後に一般誌で人気作家となる ひろもりしのぶ(みやすのんき)や 藤原カムイなんかも、同人臭がひどかったり全然エロくなかったりして…素直に一般誌で描かれた作品を読んだ方が遥かにマシ。 特に ひろもりしのぶ「」は同人誌時代の作品も収録されてるんですが、カリオストロの城のクラリスとか、ミンキーモモのかなり下手なエロ絵が普通に載ってて驚きました。 2人とも人気があったようなんですが、確かに画力は当時としては飛び抜けてる。 大友克洋の影響をもろに受けてるシーンが多かったのも印象的でしたね。 (ちなみに「AKIRA」の連載は82年スタート) 今読むなら、ゴシック調の作風で知られる 千之ナイフや、SM・ボンデージ趣味の 牧村みき(エル・ボンデージ)、 谷口敬あたりの方が面白い気もしますが…うーん、この辺は完全にマニアの領域。 個人的には90年代の作品の方が好きなんですが、この時代も味がある。 森山塔としては85〜87年に単行本が出てまして、その作品のほとんどが後にフランス書院コミック文庫で、さらに2000年代にはB6版のZコミックスでも再編されてるので、今ならそちらを集める方が楽。 ちなみに、管理人が森山作品の中でベストだと思うのは、短編の「とくべつのあわ」。 Zコミックスだと「」に、DMMでダウンロード販売されてる旧版だと「」に収録されてます。 これは銭湯で出会った女の子に悪戯する話なんですが、ロリコン物としては80年代の最エロ作品と言って良いかもしれない。 また、作者はメガネっ娘も好きみたいで、作中によく登場します。 1984年からリリースされたロリコンアニメの金字塔「くりいむレモン」シリーズにも、後で紹介する 亜麻木硅らと共にゲストとして原作参加したりもしており、当時の人気が伺えます。 アクの強い作風なので好き嫌いは分かれると思いますが、個人的には、他人にオススメしても良いと思える最古のエロ漫画家です。 作者のによると、250万部以上売れたというから驚きです。 超豪華スタッフによるOVA版は、当時「くりいむレモン」シリーズと共にアダルトアニメ界の金字塔を打ち立て、海外でも高く評価されました。 触手ブームの先駆け的作品としても有名。 内容は壮大なスケールで描かれたSF伝奇アクションで、今の若い人にもとっつきやすいと思う。 エログロ版「AKIRA」というか。 ただ、作画のクオリティはともかく、劇画なのでエロさは感じない。 表題作である中編ファンタジーが収録されてて、エロは非常に薄いんですが、80年代丸出しの作画とノリが興味深かったです。 後に一般誌に進出する 雨宮じゅん(雨宮淳)なんかも、少女漫画的な独特の絵柄でショタキャラを好んで描く個性的な作家でしたが…まあ、青年誌で描かれた作品の方がエロいと思う。 抜き系だと、 五藤加純や 中森愛、 みなみゆうこあたりがめぼしいところですが…ただ、やはりこの時期は、 森山塔が突出してる印象。 森野うさぎ(影夢優)も可愛らしい絵柄で目立つ。 よく名前を聞く 新田真子(しんだまねと読む)とか、アニメ系の 計奈恵(和猫)とか、後に一般誌に進出する 寄生虫(増田晴彦)あたりも読んだことがあるんですが、この辺はさっぱりエロくなかった。 あと、 六波羅芳一、 架空まさるあたりも気になってるんで、入手できたら追記したい。 最近は「」で公開されてる作品も増えてきて、気軽にこの時代のエロスに触れられるようになりましたね。 ちなみに、「やらないか」で有名となったゲイポルノ・ 山川純一「」が誕生したのも、この時代でした。 このジャンルの第一人者である 田亀源五郎のデビューも同時期。 なので、男女の絡みが中心の「」をオススメしておく。 この時期になるとロリコン漫画ブームもかなり下火になってるせいか、顔は童顔なのに体は豊満ですね。 このアンバランスさが実にエロい。 時代を凝縮したかのような美少女作画は一見の価値あり。 また、一時期、青年誌のベアーズクラブで「」という作品も連載してたんですが、例のの影響で?単行本が2巻で打ち切られ、後に茜新社から成年マーク付き全3巻で復刻されたりしてます。 ねぐら・なおは、90年代以降ムチムチ系の作画にシフトしてしまうんですが、この頃はまだロリ系ですね。 90年代で紹介している 蘭宮涼や 和田エリカ、 魔訶不思議も、すでに頭角を現してた感じ。 安田秀一や しのざき嶺、 猫島礼、 阿乱霊あたりはエロが薄すぎ、物足りなかった。 あと、少年誌でも活躍した やまぐちみゆき(飛鳥弓樹)や、エロコメ系少年漫画家として知られる 帯ひろ志が 本能猛名義で活躍していたのも、この頃。 彼の代表作「」は、タイトルからして明らかに当時人気だったエロコメ系少年漫画・ 上村純子「」を意識したもの。 絵柄も良く似せており、エロゲ化もされたそうです。 他、ほとんど90年代の作家になりますが、洗練された作画で一般誌でも活躍する 唯登詩樹や、 遊人ぽい作画の ちゃたろーなど…この辺が非ロリ系では代表的な作家ですが、今読むのはきつい印象。

次の