室外機のカバー。 【楽天市場】エアコンカバー 室外機 アルミ製 KAAC

室外機をおしゃれにカバーしたい! 方法や事例をご紹介

室外機のカバー

室外機カバーの選び方 目的に合ったカバーを選ぶ 室外機カバーを取り付けるのにはエアコンを使わないオフシーズンの保護としてや、真夏の強い日差しから守るためなどさまざまな目的があります。 雪の多い地方では冬に積雪から室外機を守るために取り付けることもあるでしょう。 その一方で庭をおしゃれに演出したり、物の置き場所を確保したりなどで利用することもあります。 木製やアルミ製など素材もさまざまなので、使用目的によって室外機カバーのタイプをしっかりと選ぶ必要があります。 強度のある丈夫なものを選ぶ 室外機カバーはしっかりとした丈夫なものを選びましょう。 室外機は野外に設置してあるので強い雨風にさらされます。 すぐに壊れてしまうような室外機カバーを付けてしまうと、かえって危険な恐れがあります。 素材は「木製」のほかに「アルミ製」や「スチール製」など強度に優れた素材も揃っています。 屋根がなく雨がよく当たる場所は、サビに強いアルミ製がいいでしょう。 木製は年月が経つと劣化しやすいので、ベランダや屋根の下などに向いています。 物置に出来る収納付きが便利 室外機カバーにはカバーの上に園芸用の棚が付いたものや、収納棚が付いたものまで種類が豊富に揃っています。 庭に園芸用品などをしまう場所がなくて散らかっている場合は収納付きが便利です。 園芸用の土や汚れたスコップなどを家の中に持ち込まずに済むのはとても助かります。 収納棚を上手に利用してお庭をすっきりさせましょう。 またお花を飾る場所が少ないお庭も、園芸棚付きの室外機カバーにすれば室外機の上でガーデニングを楽しめます。 室外機カバーのおすすめ人気ランキング10選 第10位:モネ エアコン室外機カバー SC-079• 天然木使用で木の自然な風合いがたっぷりです。 2段の棚には雑貨や植物が飾れるのでとってもおしゃれに演出できます。 ベランダで使用するとベランダが見違えるようにグレードアップできますよ。 室外機カバーの効果とデメリットとは? エアコン室外機カバーを取り付けると省エネ効果に エアコン室外機に直射日光が当たっている人は、室外機カバーを取り付けることで、節電の効果を得ることができます。 本来、エアコンの室外機は、日陰に設置することが理想とされています、そのため直射日光の当たる場所に室外機を設置していると、室外機が温まり、エアコンの電力効率が低下してしまいます。 ただ室外機にはそもそも白いカバーが付いているため、あまりにも直射日光が当たる場所の場合のみつけると良いでしょう。 室外機カバーのデメリットとは? 冷房は室内の暖気を吸い込んで室外機から暖気を外に逃がして室内を涼しくします。 その時にカバーで室外機を覆っていた場合、暖気が外に逃げれなくなり、吐いた暖気をまた吸い込むという悪循環が生まれてしまいます。 風通しを悪くすると消費電力が多くなり、故障の原因につながってしまうのがデメリットです。 ニトリの室外機カバーもおすすめ! お値段以上!でおなじみのニトリでも室外機カバーは販売しています。 室外機は見た目もダサいということからカバーを検討している方も多いとは思いますが、ニトリの室外機カバーは、ナチュラルウッドな材質で見た目もおしゃれです。 フェイクグリーンなどを巻きつけるとよりナチュラルな雰囲気を演出することができます。 価格も3000円代なので非常におすすめの商品です。 室外機カバーの売れ筋ランキングもチェック! なおご参考までに、室外機カバーのAmazon、楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。 まとめ 今回紹介した「室外機カバー」はいかがでしたでしょうか?室外機カバーは殺風景な室外機をおしゃれに演出してくれます。 素材や機能もさまざまなものが揃っています。 室外機カバーを上手に使ってお庭の雰囲気をおしゃれにしてみましょう。

次の

簡単DIY!エアコンの室外機カバーの作り方|手作り隠しアイデア10選も

室外機のカバー

エアコンの室外機カバーとは、室外機の上に取り付ける屋根のことを指します。 エアコン室外機に直射日光が当たっている人は、室外機カバーを取り付けることで、節電の効果を得ることができます。 本来、エアコンの室外機は、日陰に設置することが理想とされています。 直射日光の当たる場所に室外機を設置していると、室外機が温まり、エアコンの電力効率が低下してしまうからです。 そこで、室外機にカバーを取り付けると、カバーが日除けの役割を果たし、エアコンの電力効率低下を防ぐことができます。 しかし、 エアコンの室外機カバーはただ取り付ければ良いわけではありません。 室外機の当たる日差しの向きを計算し、適切なサイズのカバーを選ばなければ、エアコン室外機を日光から守ることができないからです。 そのため、エアコン室外機カバーの取り付けは、 エアコン本体の取付工事と一緒に、工事業者に依頼することがおすすめです。 エアコンサポートセンターの無料見積サービスでは、 専任のコールスタッフが、室外機カバーの取り付けに対応できる工事業者の中から最安値の業者をご紹介します。 このページの目次• エアコンの室外機カバーとは? エアコンの室外機カバーとは、下図のように室外機の上に取り付ける、屋根のようなものを指します。 この屋根をつけることで、エアコンの室外機が直射日光に当たるのを防ぎ、室外機本体や、周辺の空気の温度を下げることができます。 出典: エアコン室外機に取り付ける日よけカバーの省エネ効果 日よけカバーで室外機の温度を下げると、エアコンはより少ない電力で冷房能力を発揮することができます。 その結果、エアコンの室外機カバーをつけることで節電が可能になります。 そもそも冷房運転をしている時、エアコンの室外機は部屋の中にある空気の熱を外に逃がす役割を果たしてします。 しかし室外機に日光が当たり、本体や周辺の空気が熱くなってしまった場合、室外機は熱を捨てる際により多くのエネルギーが必要とします。 エアコンメーカーのダイキンは、直射日光が室外機に与える影響を以下のように説明しています。 <ダイキン工業より太陽熱が室外機に与える影響の説明> 出典: そのため同じようにエアコンの冷房を使っていても、室外機に日光が当たっている家のほうが、室外機を日陰においている家よりも高い電気代を支払うことになります。 上記のような事態を避けられるのが、室外機の日よけカバーです。 日除けカバーを室外機にかぶせると、室外機に直射日光が当たらなくなり、室外機やその周辺の温度は低くなります。 その結果、エアコン室外機は本来の電力効率を発揮できるようになり、電気料金の節約につながります。 室外機に日光が当たっている人は日除けカバーを取り付けて節電できる エアコンの室外機カバーを設置して節電効果が得られるのは、室外機を日光の当たる場所に設置している人です。 現在エアコンの室外機が直射日光に当たる場所に設置している人は、太陽熱のエアコンで室外機の電力効率が悪くなっています。 その太陽光を日除けパネルで防ぐことで、省エネ稼動が可能になり、電気料金の節約につながります。 しかし室外機が日陰に設置されており、太陽熱の影響を受けていない人は室外機カバーを購入しても省エネの効果はありません。 もしあなたの自宅のエアコン室外機に直射日光が当たってしまっている場合は、日よけカバーを取り付けて電気代を節約しましょう。 省エネになるエアコン室外機カバーの取り付け方3ポイント 省エネ効果を得るための室外機カバーを選ぶためには3つのポイントを確認しなければなりません。 カバーで室外機の側面を囲わないこと• エアコン室外機のサイズ、寸法• 室外機に当たる日差しの向き 以下ではそれぞれのポイントについて詳しく解説していきます。 カバーで室外機の側面を囲わないように取り付けること 室外機カバーには、大きく分けて2つの種類があります。 室外機の上に乗せる屋根型の日除けパネル• 室外機を囲う箱型のルーバー その中でも、今回ご紹介した電気代の節電に効果的なのは1の日除けパネルのほうです。 2のような、ルーバーと呼ばれる箱型の室外機カバーは、室外機の内部に砂や枯葉、昆虫といった異物の侵入から守ることができます。 しかし室外機を四方から覆ってしまうため、室外機の熱をこもらせてしまいます。 そうすると、節電のためには室外機の周りの温度を下げなければならないのに対し、ルーバーの場合は室外機の周りの温度を上げてしまうことになるため、省エネには逆効果となります。 節電のための室外機カバーを購入する場合は、エアコンの屋根のみになっている日除けパネルを選びましょう。 エアコン室外機のサイズ、寸法 エアコン室外機のサイズを測りましょう。 どれほど良い室外機カバーを買ったとしても、サイズが合っていないのでは意味がありません。 屋根型の日除けパネルを買う際に測るべきエアコンの部分は以下の通りです。 両辺ともに、室外機よりも大きい室外機カバーを選ぶことが最低条件です。 室外機に当たる日差しの向き 室外機にあたる日光の向きによっては、室外機よりもかなり大きいサイズのカバーを選んだほうが良い場合があります。 室外機の設置場所によっては、上面以外の面が直射日光に当たり室外機の温度を上げてしまっている場合もあるからです。 例えば室外機の前面に日光が当たっている場合には、奥行きが室外機よりも長いものを選びましょう。 室外機よりもカバーが前にせり出すように設置すると、室外機のファンの面にも日陰を作ることができ、さらに効率的に室外機の温度を下げることができます。 そのため、自宅の室外機にどの方向から日光が当たっているのかをチェックし、その面に影が作れるように、寸法を考えて室外機カバーを選びましょう。 室外機カバーのDIYは省エネには逆効果 最近ネット上では室外機カバーをすのこで自作する方法が多数紹介されています。 DIYですのこを箱型にし、そのまま室外機を覆ってカバーにする方法です。 しかしこれは省エネには逆効果になってしまいます。 前述のルーバーと同じように、DIYで箱型カバーを作った場合、カバーが室外機の四方を覆ってしまいます。 その結果、室外機の温度が上がり、電力効率は悪くなってしまいます。 また、DIYで屋根型の日除けパネルを作る場合も、室外機との固定が難しく、作業には手間がかかります。 室外機カバーは安価で販売されているため、DIYで作るよりも購入してしまったほうが早く、確実に省エネ効果を得ることができます。 室外機カバーの代わりに取り付けることができるもの 室外機カバーは専用で販売されているもの以外でも、様々なもので代用が可能です。 以下は日除けカバーの代用品の一例です。 すだれ、よしず• 植物 エアコンの節電のため日除けカバーに求められる機能は、室外機に日陰を作ることのみです。 そのため専門の商品でなくても代用ができるのです。 例として、すだれを使って室外機の上面と前面を覆う、効果的な室外機カバーを作った方の写真をご紹介します。 <すだれで室外機カバーを自作した方の例> 出典: このようにすだれを室外機の上にかけ、前面にも垂らすようにすれば、エアコンの上面だけでなく前面にも日陰を作ることができるため、さらに電力効率をアップされることができます。 さらにもう一つおすすめなのが植物を使った室外機カバーです。 左図のように植物で緑のカーテンを作り、室外機を覆うことで、日光を遮断し、すだれと同様の効果を得ることができます。 出典: まとめ エアコンの室外機が日光に当たる位置にある場合は、室外機カバーを使うことで電気代を節約できます。 室外機カバーで節電をするためには、以下の3点を確認して、日除けカバーを選びましょう。 カバーで室外機の側面を囲わないこと• エアコン室外機の横幅・奥行を測り、両辺ともにより大きなサイズのカバーを選ぶこと• 室外機に当たる日差しの向きを見て、日光が当たる面に影が作れるサイズを選ぶこと 室外機カバーを使ってエアコンの室外機に日光が当たるのを防ぎ、電気効率を上げて賢く節約をしましょう。 工事対応エリア 北海道・東北• 北陸・甲信越• 九州・沖縄• エアコンサポートセンターは、エアコンの取り付け・取り外し・引越し・移設工事の見積もりの依頼が一括でできます。 一括見積もりでは、複数のエアコン工事業者から工事の見積もり費用を集めたのち、最安値の工事業者をお客様にご案内いたします。 その他にも、工事費込みでエアコンを激安価格にて販売しておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

次の

エアコンの室外機カバーを取り付けると省エネ効果があるのか?

室外機のカバー

エアコンの設置に必ず必要な室外機は、屋外に設置するため、夏場の直射日光や冬の積雪などが心配という方も多いと思います。 そんなときに活躍してくれるのが、室外機カバーです。 省エネ効果や劣化防止が期待できるだけでなく、室外機を隠す、室外機からの風を避けるといった使い方もできます。 そんな便利な室外機カバーですが、選択肢が豊富でどれにしようか迷ってしまいますね。 そこで今回は、 エアコン室外機カバーの選び方とともに、おすすめの人気商品をランキング形式でご紹介します。 上部に棚がついたものから、色やデザインにこだわったおしゃれなもの、大型タイプまで多数登場!ぜひご自宅にぴったりの室外機カバーを見つけるための参考にしてくださいね。 もっとしっかりカバーしたい、さらに目隠しもしたいというのであれば、やはり3面囲いの室外機カバーがおすすめです。 背面以外を囲ってあるので頑丈なのはもちろん、上部にたまった雪が落ちて排気口をふさぐ心配もありません。 もちろん紫外線や雨なども防いでくれるので、省エネ効果や劣化防止にも役立ちます。 しかし、囲いタイプはしっかりカバーできる分、少なからず排気がこもりやすいという難点もあります。 そんな囲いタイプの中でも、特に通気性に優れているのがルーバー調のものです。 上向きのルーバー(逆ルーバー)であれば、上昇する温かい排気を効率よく逃がしてくれますよ。 さらに、ルーバーの角度を調整できる商品であれば室外機から出る風の向きを変えられるので、ベランダの洗濯物や室外機付近の植物に排気を当てたくないという方にもおすすめです。 最近の室外機カバーは、選択肢が豊富でデザインもおしゃれ。 ストライプ・ボーダー・格子・ルーバーなど、さままなデザインのものがあるので選ぶのも楽しいですね。 中にはアイアン調のフラワーラックのようなデザインのものもあり、庭づくりにこだわっている人におすすめですよ! デザインの他にもう1つ、印象を決める要素になるのがカラー。 設置場所によって、ウッドデッキならデッキに合わせたブラウン、窓の近くならサッシに合わせたグレー、庭の小物などに白が多く使われているならホワイトなど、庭や家屋の雰囲気に合ったカラーを選ぶといいですね。 設置場所の壁面の色に合わせるのも同化して目立ちにくくなるのでおすすめ。 木製などの場合は、DIYでお気に入りのカラーに塗り替えることもできます。 ナチュラルな木目調の、おしゃれな室外機カバー。 見た目は木のようですが、アルミ製なのでサビや熱に強く、お手入れも簡単にできますよ。 何より大きな特徴は、 前面のルーバーの角度を変えられること。 雨対策なら下向きに、熱気対策なら上向きにというように季節や気候に合わせて変更できるので、1年を通して便利に使えます。 さらに、 サイドバーの位置を調整できる点も魅力的。 サイドにでっぱりがあるタイプの室外機でも、すっきりとカバーをかぶせることができます。 デザインにも機能にもこだわりたい方にぴったりの商品ですね。 5cm 商品リンク•

次の