年収ランキング 世界。 世界の平均年収 国別ランキング

世界一給与の高い企業は?|世界水準で見る社員の平均年収ランキング

年収ランキング 世界

アメリカの専門医の給料・年収は診療科によって大きな金額差があるのがデータから読み取れます。 特に外科系の年収は高額になっています。 一番高額年収だった循環器科(心臓外科)約6,510万円は、15番目の精神科2,800万円の2. 3倍です。 以前、まとめたと比較しても、アメリカの専門医は高額であることがわかります。 また、アメリカでは、勤務医の年収と開業医の年収は、日本ほど大きな差が生じることは無いようです。 アメリカの健康保険について アメリカという国はご存知の通り、アメリカンドリームがある反面、貧富の格差の激しい国でもある。 現在(2016年)、大統領選挙に立候補している民主党のヒラリー・クリントン議員が、当時ファーストレディとしての立場から公的医療皆保険制度の整備を求めて活動したが、議会(共和党?)の反対によりストップしてしまったという話も有名である。 外務省HPによると、2014年4月からAffordable Care Act(国民皆保険を目指す医療改革法)を施行。 その結果、無保険者の数は減少傾向にあるようです。

次の

世界の平均年収ランキング!日本の平均年収は世界と比較すると?

年収ランキング 世界

最も稼ぐスポーツ選手ランキング 世界・日本国内 世界有数の経済誌であるフォーブスが、2018年版のスポーツ選手長者番付を発表しました。 ちなみにここで言う年収とは、スポーツそのもので稼いだ金額 年俸 と、スポーツ以外の事業や広告などの宣伝活動で稼いだ金額の合計です。 8億円 9 マット・ライアン アメリカ アメリカンフットボール 約74億円 10 マシュー・スタッフォード アメリカ アメリカンフットボール 約66億円 また、ライター調べですが、推定年収から日本国内のプロスポーツ選手のランキングもまとめてみました。 金額はあくまでも推定ですが、目安程度に参考にしてください。 スポーツ別平均年収ランキング(ライター調べ) 1位:プロ野球選手 平均年収:4000万円 2位:プロゴルファー 平均年収:3000万円 3位:プロサッカー選手 平均年収:2000万円 4位:大相撲力士 平均年収:1700万円 5位:競艇選手 平均年収:1600万円 6位:騎手 平均年収:1300万円 7位:競輪選手 平均年収:1100万円 8位:フィギアスケート選手 平均年収:1000万円 9位:バスケットボール選手 平均年収:700万円 10位:陸上選手、バレーボール選手 平均年収:500万円 このランキングには同じスポーツの選手でも海外で活躍している超一流の選手の年棒は抜いて考えています。 それでも上位ランキングのスポーツの年収は多いように私は感じました! 一方で実業団と呼ばれるところで活躍している選手はその企業の社員として給料をいただいているため、一般的なサラリーマンと同じような年収になっています。 日本では野球が根強い人気のため、給料は比較的高くなっています。 ですが、サッカーのJリーグやバスケットボールのBリーグは今後さらなる人気が期待できるので給料はもっと上がっていくかもしれません。 ここから、7つの競技のスポーツ選手の年収について紹介しています。 みなさんが憧れたり、プロを目指したりした競技がきっと含まれてると思います。 ぜひ、楽しく読んでいってください。 プロ野球選手の年収 まずは平均年収4000万円で堂々の第1位だったプロ野球選手の年収事情について説明します。 みなさんはプロ野球選手に対してどのようなイメージを抱いていますか?たくさんお金を稼いで、良い車に乗っているという印象ですか? プロ野球選手は成功すれば上記のようなリッチな生活を送ることができますが、ほとんどの選手はそうではありません。 プロ野球には以下のような規則があります。 一軍選手の最低年棒は1500万円であること。 支配下選手の最低年棒は440万円であること。 育成選手の最低年棒は240万円であること。 このような規則があるため、最低年棒は各々保障されていますが、活躍できていない選手の給与は決して多くはありません。 また、 プロ野球選手は活躍できる期間も長くはありません。 最近では引退後の仕事についての問題も浮上しています。 監督やコーチとして現場に残ることが可能なのはほんの一握りです。 加えて芸能界に就職できるのも限られた人だけです。 そのため、プロ野球選手は成功すれば、好きや野球で裕福な暮らしができる天職です。 しかし、天職に出来る人は限られた人だけということが現実です。 プロサッカー選手の年収 次に平均年収2000万円のプロサッカー選手の年収に事情について説明していきます。 海外のサッカー選手は驚くほどの年収を稼いでいますが、日本のJリーグではどうでしょうか? 実はJリーグではJリーガーとしての実績がなければ、高額年俸をもらうことは出来ません。 当たり前と思うかもしれませんが、プロ野球では大卒のドラフト1位で「契約金1億円、年俸1500万円」という例は多々あります。 また、Jリーグでは契約金もありません。 それは年俸の高騰によってクラブの経営状況を悪化させないための配慮だそうです。 残念なことにその部分では選手への配慮はされていません。 加えて、Jリーグには以下のような3つの契約方法があります。 A契約:1チーム25人まで(J1は15人以上、J2は5人以上)。 年棒制限なし。 B契約:人数制限なし(所定の出場時間以上の選手)。 年棒の上限は480万円。 C契約:主に新入団の選手が対象。 期限が3年間のみ。 年俸の上限は480万円。 このような規則がJリーグには存在しています。 特にC契約は期間が3年間のみなので、 入団してから3年間で活躍ができない場合は戦力外通告を受けることになります。 どのスポーツもプロとして契約をし続けることは大変ですが、JリーグのC契約は他の競技と比べても厳しい印象があります。 ですが、A契約を結ぶことが出来る一流の選手はとても多くのお金をもらうことが可能になります。 サッカー選手になれても、A契約を結ぶまでは満足しないようにしましょう。 プロバスケットボール選手の年収 次は平均年収が700万円のプロバスケットボール選手の年収事情についてです。 2016年にbjリーグとナショナル・バスケットボール・リーグ(NBL)が統合されました。 そして、 ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(B. LEAGUE)が発足しました。 Bリーグに統合される前は最低年棒が保障されていないため、ありえないような契約をしていた選手もいたそうです。 ですが、 BリーグではB1で300万円、B2で240万円が最低年棒として保障されるようになりました。 また、Bリーグでは新入団の選手は年棒の最高額が460万円と上限が定められています。 バスケットボールの世界最高峰のリーグであるNBAでは高卒の選手が一年目から年収が1億円以上であることも多くあります。 バスケットボール選手は年収に加えて、出場給、勝利給等も支給されますがNBAには遠く及びません。 Bリーグに統合したとはいえども、まだまだ課題は残っています。 ですが、多くの問題点が改善されたのも事実です。 ですので、バスケットボール選手を目指している方は安心してプロを目指してください。 プロバレーボール選手の年収 続いては平均年収が500万円のプロバレーボール選手の年収事情についてです。 バレーボールは実業団チームに所属し、Vリーグなどの公式戦に出場します。 このVリーグはプロリーグではありませんが、国内最上位のリーグです。 契約方法は主に3つです。 プロして数年単位での契約• 通常の社員として企業と契約• 1年ごとの嘱託契約 このような契約方法がありますが プロとして契約している選手は国内で数名と非常に限られています。 多くの選手は通常の社員として企業と契約し、バレーボール選手を行っています。 大企業と契約している選手は朝から晩までバレーボールの練習をすることでお金をもらっている場合が多いです。 しかし、中小企業のバレーボール選手は15~16時までは通常の業務を行い、業務終了後から練習にいくという場合もあります。 企業と契約している選手は現役時代に多くの苦労をしますが、 現役引退後もその企業の社員として契約が継続されることが多いです。 そのため、引退後の職探しに苦労しないというメリットがあります。 一方で、1年ごとの嘱託契約を行っている選手は現役引退後に苦労するそうです。 また、 現役時代も契約条件は派遣社員と似ているため決して良いとは言えないそうです。 現在、国内にはプロリーグがないため契約した企業によって年収は様々です。 ですが、近年はバレーボール人気も高まっているため、今後給与面が改善されることを期待してもよいかもしれません。 プロゴルファーの年収 ここでは平均年収3000万円のプロゴルファーの年収事情について紹介します。 プロゴルファーは プロテストに合格した者だけがなることができる職業です。 プロゴルファーはいままで紹介してきたスポーツとは異なり個人競技です。 個人競技であるため、年収は人によって大きく異なります。 プロゴルファーもお金の稼ぎ方によって大きく二つに分けることが出来ます。 一つはツアープロと呼ばれるものです。 ツアープロはみなさんが想像するプロゴルファーといっても過言ではありません。 ツアープロは全国各地で年間に30試合ほど開催されるゴルフツアーに参戦し、勝つことで賞金を得ます。 ツアープロは全国各地を移動するため、交通費や宿泊費がとてもかかります。 そのため、 ランキング100位程度のゴルファーだと赤字になる危険もあります。 ツアープロの中でもさらに優れた人は海外ツアーに参戦したり、スポンサーと契約したりする場合もあります。 その場合の年収は1億円以上になることも珍しくはありません。 二つ目はレッスンプロと呼ばれるものです。 テレビ放送しているのはツアーがほとんどのため、プロゴルファーと言えばツアープロを想像してしまいますが、 実際はレッスンプロである人がほとんどです。 レッスンプロは通称ティーチングプロとも呼ばれ、全国のゴルフ場や打ちっ放しでアマチュア選手に指導することが主な仕事をなります。 レッスンプロのも年収についても個人差はありますが、一般的にはサラリーマンの年収と大きくは変わらないと言われています。 大相撲力士の年収 ここでは平均年収1700万円の日本の国技でもある大相撲力士の年収事情について紹介します。 力士の中でも横綱や大関の人は相撲をテレビで普段見ない人でも知っているのではないでしょうか? そんな国技でもある大相撲力士の給与体系は気になりますよね。 実は、 力士の給与システムは月給や賞金を日本相撲協会から受け取る一般サラリーマンと似た給与体系となっています。 現在、力士は700人以上いると言われています。 力士には横綱や大関といった地位がありますが、その地位が「十両」にならないと給与をもらうことはできません。 地位がある力士は約70人しかいないため、ほとんどの力士は給与をもらっていないことになります。 このように相撲界はとても厳しい世界ですが、地位が得られると多くのお金を稼ぐことが出来るようになります。 以下に地位とその年収を紹介していますので参考にしてください。 横綱:年収4500万円• 大関:年収3700万円• 三役(関脇・小結):年収2700万円• 平幕:年収2000万円• 十両:年収1600万円 このように十両になることが出来れば、 年収1000万円を超えます。 また、賞金の額は個人差があるため強い力士は上記の年収よりも稼ぐことも可能です。 しかし、そこに至るまでは厳しい練習に耐え、取り組みに勝たなければいけません。 相撲業界は一般社会一線を引いた世界でもあります。 それがいい悪いというわけではありませんが、相撲業界で生き抜いていくためには相当な覚悟が必要になるでしょう。 陸上選手の年収 最後は平均年収500万円の陸上選手の年収事情について紹介します。 陸上選手には プロ宣言をしたプロ選手と企業の陸上部員の方がいます。 日本の陸上選手でもプロ宣言をし、活躍している選手もいます。 しかし、国内には陸上の大会自体が少なく、海外の大会に出場しないといけないことも多いため、陸上部員として活躍している選手が多いのが現状です。 陸上部員の収入は大体が同期社員と同じですが、 競技者手当のようなものがもらえる場合もあるそうです。 また、大会の成績によってはボーナスがもらえる企業も多いです。 陸上部員のなかでも正社員と契約社員に分かれます。 正社員の選手は通常業務を行わなといけません。 他の社員に比べたら、仕事時間は短く、練習に時間を割くことはできますが、大変です。 一方、派遣社員の選手は通常業務を行う必要はありません。 そのため、一日中練習に励むことが可能です。 ここまで見ると、派遣社員のほうが良い気がしますが、現役引退後の扱いに大きな差があります。 正社員の選手は引退後も企業が雇ってくれるため、職に困ることはありません。 しかし、契約社員の選手は現役引退後の契約はありません。 そのため、選手として良い成績が残せないと職に困る可能性があります。 もちろん、練習量は十分に確保されてはいるので、結果は出やすいですが、不安は残ります。 プロスポーツ選手とアマチュアとの違いは競技によって違う みなさんはスポーツ選手のプロとアマチュアの違いをご存知ですか?最近では卓球選手やマラソン選手(長距離陸上選手)がプロ宣言をしたことが話題になっています。 実は スポーツによってプロとアマチュアの定義が異なります。 また、個人スポーツや団体スポーツでもプロに対する考え方は異なってきます。 スポーツを行い、お金を稼いでいる人はみんなプロじゃないのか?と疑問に持つ人も多いと思います。 ですが、ここでは大きく分けてプロスポーツ選手へのなり方を3つに分けてみましたので参考にしてください。 自分で宣言型 このタイプのプロ選手が一番ややこしいかもしれません。 あるスポーツで日本代表に選ばれたり、国際大会で良い成績を収めたりしたスポーツ選手を想像してください。 身分的にはアマチュアですが、知名度は非常に高いスポーツ選手がいます。 その際、収入を得るためにスポンサーと個別に契約できる場合があります。 そういった場合は行うことは変わりませんが、「今日からプロ選手になります」と宣言することでプロ選手になることができます。 もちろん、それだけの実績が必要なので、誰でもなれるわけではありませんけどね。 プロスポーツ選手の年収は競技ごとやランクごとで大きくかわる たくさんのプロスポーツ選手の年収を見てどう感じましたか?スポーツの人気度によって給料は異なることが明らかでしたね。 有名なスポーツ選手になれば、スポンサー企業が付き、CM等の広告に出演することで多くのお金がもらえます。 しかし、そのようなスポーツ選手はほんの一握りなのが現実です。 ですが、もらえるお金はスポーツによって異なるとはいえどもある一つにスポーツを極めて活躍し、生活している人はかっこいいですよね。 自分の選択したスポーツによって給料が大きく変わってしまう現実は厳しいですが、どのスポーツ選手もすごいのは確かな事実です。 高収入を稼いでいる人はすごいですね。 1000万円以上稼ぐ人の職業、ライフスタイルをシミュレーションした記事もよかったら参考にしてみてください。

次の

平均年収ランキング1位~2200位【上場企業編】

年収ランキング 世界

世界の人気スポーツは何か、競技人口ランキング2020を紹介します。 世界の人気スポーツ競技人口ランキングの基準 世界中には多くのスポーツがあり、プレイすることも興奮・スリルを感じられる魅力がありますが、同時に観客にとっても興奮を共有することができる特徴があります。 そのため、スポーツはお金を稼ぐための効果的な方法の一つとも言えます。 ランキング作成にあたってを参考にしておしており、基準となっているものは• 世界的なファン総数• テレビ視聴率• 世界のプロリーグの数• プレイヤーの年収・スポンサー契約• インターネット上での注目度• 新聞・雑誌などのメディアでの注目度• 人気のある国や地域• 男女比• プレイの始めやすさ を総合的に評価してランキングを作成しています。 順位 スポーツ ファン総数 第1位 サッカー 35億人 第2位 クリケット 20億〜30億人 第3位 バスケットボール 20〜30億人 第4位 ホッケー 22億人 第5位 テニス 10億人 第6位 バレーボール 9億人 第7位 卓球 9億人 第8位 野球 5億人 第9位 ラグビー 4億1,000万人 第10位 アメリカンフットボール 4億人 第1位 サッカー:35億人 主なプレイ国・地域 ヨーロッパ、アフリカ、アジア、アメリカ ファン総数 33億〜35億人 サッカーは世界で最も人気のあるスポーツです。 世界中に33億〜35億人のファンがいます。 11人のプレイヤーが2つのチームに分かれて球形のボールを腕と手以外の体の部位で操り、ゴールを目指すスポーツです。 200カ国以上で2億5000万人以上のプレイヤーが存在しています。 世界的なファン総数や観客 サッカーはほぼ全ての国や地域でプレイされているといっても過言ではありません。 定期的にプレイしたり観戦したりされるスポーツは、サッカーを除いて他にありません。 テレビでの視聴率 テレビ視聴率は世界的には群を抜いています。 ヨーロッパのリーグやワールドカップなどの世界的な大会が開催されるたびに、世界中の数十億人ファンがテレビ視聴します。 サッカーの世界的な団体であるFIFAは2018年・2022年のワールドカップのテレビ放映権を1800億円以上で売却しています。 インターネット上の人気 インターネット上でもサッカーの人気は高く、他のスポーツに比べてグーグル検索などで表示されるページ数が多いです。 ツイッターやインスタグラムといったSNSにも、サッカーの話題は人気であり頻繁にトレンド入りしています。 クリスティアーノ・ロナウドやライオネル・メッシ、ネイマールなどのサッカースターもSNSを利用しており、フォロワー数なども高いです。 世界のプロリーグの数 サッカーは世界中に最も多くのプロリーグを持つスポーツです。 全ての大陸、全ての国にサッカーの運営団体があり、そのほとんど全てでプロリーグが開催されています。 サッカーの世界的な大会は、4年に1度開催されるワールドカップです。 2018年のW杯は32億人以上が観戦したと言われています。 年間を通してサッカーの話題がニュースとして取り上げられ、メジャーリーグは8月〜5月までがシーズンであり、残りの数ヶ月の間に国際親善試合などが行われています。 プレイヤーの平均年収・稼げる? お金持ちになりたければサッカースターになれば良いと言えます。 サッカープレイヤーはスポーツ選手の中でも最高年収を得やすく、ヨーロッパのトップリーグの選手の平均年収は1億円以上です。 世界中の他のリーグでも年収は高い傾向にあります。 ナショナルチーム、クラブチームや選手自身がスポンサー契約をすることで、1億円以上の契約金が支払われています。 ナイキ、アディダス、プーマなどの世界的なスポーツブランドや、スポーツと関連しないブランドもサッカースターとスポンサー契約を行っています。 UEFAチャンピオンズリーグでは毎年1500億円が賞金とボーナスとして授与されます。 世界で最も賞金が高い5つの大会のうち、4つがサッカーの大会です。 チャンピオンズリーグ、FIFAワールドカップ、ヨーロッパリーグ、UEFAユーロ スポーツが人気な国・地域 サッカーは世界のほぼ全ての国で人気があるスポーツです。 男女比 世界的にも男女比はほぼ等しいです。 ファンの総数は男性のサッカーの方が多いですが、女性のサッカーも成長を続けており、年々世界中で女性の視聴率も上昇しています。 スポーツの始めやすさ 世界で最も始めやすいスポーツです。 プレイするためにはボール1つとゴールポスト2つがあれば成り立ちます。 お金持ちでも貧乏であってもサッカーをプレイすることが可能です。 だからこそ、世界的にも最も裕福な国といわれるアメリカ、イギリス、ドイツ、日本、フランス、デンマークなどの国だけでなく、 ソマリア、エチオピア、コンゴ、リベリアなどの世界的にも最も貧しい国でも人気があります。 世界のアマチュア選手の数 サッカーのアマチュア選手の数も世界的にトップです。 世界中の主要都市には数千人のアマチュア選手がおり、多くの人が人生の中で一度はプレイしたことがあるスポーツです。 新聞・雑誌での注目度 サッカーは世界的にも最も有名なスポーツの一つであり、ワールドカップやヨーロッパカップ、UEFAチャンピオンズリーグなどは、サッカー人気が高くないインド、パキスタン、バングラデシュ、中国などの国でも話題となっています。 第2位 クリケット:20億〜30億人 主なプレイ国・地域 インド、イギリス、パキスタン、アジア、オーストラリア ファン総数 20億〜30億人 クリケットは世界中に20億〜30億人のファンがいます。 イギリス発祥の競技であり、イギリスやイギリスの植民地だったインド、パキスタン、アジア、オーストラリアなどの国や地域で人気が高いです。 11人のプレイヤーが2つのチームに分かれる野球のような競技ですが、テスト、ODI、T20という3つの形式があり、T20が導入されてからクリケットの人気は爆発的に増加しています。 世界的なファン総数や観客 クリケットのファンは一部の国に限られており、アメリカ、ヨーロッパ、アフリカの多くの国ではあまり人気がありません。 しかし、世界で最も大きな国のいくつかでプレイされているため、結果的に20億〜30億人のファンがいます。 テレビでの視聴率 クリケットはインド、バングラデシュ、パキスタン、スリランカ、西インド諸島、南アフリカ、オーストラリアで最もテレビ視聴されています。 イギリスでは最も注目されているスポーツの一つで、世界中の約22億人が2015年のクリケットのワールドカップをテレビ視聴しており、サッカーワールドカップ、ラグビーワールドカップに次いで、3番目に人気があります。 インターネット上の人気 クリケットはインターネット上でも人気を獲得しています。 年々、クリケットに関する検索が増加しており、ページ数も増えています。 クリケットが有名な発展途上国のパキスタン、バングラデシュ、インドなどで多く検索されています。 また、今まであまりクリケットを知らなかった国でもインターネットによって認知度が増してきています。 SNSでの人気はクリケットがプレイされている国に限定されており、インドではクリケットに関連したページやプロフィールほどフォローされやすい傾向にあります。 世界のプロリーグの数 クリケットが人気があるスポートになっている国は約15か国と少なく、世界のプロリーグの数はこれらの国にしかありません。 インドのインディアンプレミアリーグ IPL は世界のスポーツトップリーグの一つです。 オーストラリアのビッグバッシュも有名なクリケットのメジャーリーグです。 4年ごとに開催されるICCクリケットワールドカップ、2年ごとに開催されるICC T20ワールドカップは世界的にも注目されています。 プレイヤーの平均年収・稼げる? クリケットのトップリーグのプレイヤーの平均年収は1000万円以上です。 サッカーなどのスポーツに比べると低いと言えますが、発展途上国で主にプレイされていることを考えると、今後の年収アップが予想されます。 クリケットのチームやスター選手は有名ブランドとスポンサー契約をしており、インド、パキスタン、イギリス、オーストラリアでは一般的です。 スポーツが人気な国・地域 クリケットは約15ヵ国でのみ人気ですが、人口で見れば20億人近くのファンがいます。 近年はクリケットが有名ではなかった国でも人気が高まりつつあります。 男女比 他のスポーツと同じように、クリケットの人気も女性よりも男性の方が高いです。 しかし国際クリケット評議会 ICC は女性のクリケット人気を増加させるために女性のクリケットチームを設立しました。 また、女性のクリケットの試合の報道や大会賞金額を増加させています。 スポーツの始めやすさ バット、ボール、ウィケットの3つが必要ですが、インド、パキスタン、バングラデシュ、南アフリカの街中で子供たちがプレイしている姿を見ることができます。 また、ニュージーランド、オーストラリア、イギリスなどではクリケット場も多いです。 世界のアマチュア選手の数 クリケットをプレイする国には数十万人のアマチュア選手がいます。 新聞・雑誌での注目度 クリケットは国によってニュースでの取り上げられた方が大きく異なります。 インド、パキスタン、オーストラリア、ニュージーランドなどのクリケットがプレイされている国では、最も重要なニュースとして扱われます。 しかし、アメリカなどではほとんどクリケットに関連したニュースは伝えられません。 第3位 バスケットボール:20〜30億人 主なプレイ国・地域 アメリカ、カナダ、中国、フィリピン ファン総数 20億〜30億人 バスケットボールはアメリカ、カナダ、中国、フィリピンを中心に20億〜30億人のファンがいます。 長方形のコートに5人のプレイヤーで構成された2チームが高所に設置されたゴールに向けて球形のボールを運ぶスポーツです。 ボールを投げる位置がゴールから離れているほど高得点を得られます。 世界的なファン総数や観客 バスケットボールはアメリカ、カナダ、中国、日本、フィリピンに多くのファンを抱えており、世界的には20億〜30億人います。 テレビでの視聴率 バスケットボールはアメリカで広くテレビ視聴されており、アメリカのナショナルバスケットボールリーグ NBA は世界で最も人気があるメジャーリーグの一つです。 アメリカ国内だけでなく世界的にも数百マン人のファンが注目しています。 インターネット上の人気 インターネット上でも特にバスケットボールプレイヤーについて数多く検索されており、 SNSでもバスケットボールは人気があります。 マイケル・ジョーダン、レブロン・ジェームズ、コービー・ブライアントといったスター選手に関する話題が人気です。 世界のプロリーグの数 スペイン、ギリシャ、トルコ、イタリア、フランス、アルゼンチン、中国でプロリーグが設立され、世界の多くの国でバスケットボールのプロリーグがあります。 中でもアメリカのNBAはダントツの人気を誇ります。 バスケットボールはオリンピック種目でもあり、オリンピックがバスケットボールの最大の大会の一つです。 バスケットボールのワールドカップもその一つです。 プレイヤーの平均年収・稼げる? アメリカのNBAプレイヤーの平均年収は3億円以上です。 他のスポーツのメジャーリーグに比べると見劣りする部分もありますが、決して低くはありません。 NBAのトップ40人のプレイヤーは年収13億円以上であり、トップ10は年収22億円以上にものぼります。 アメリカの企業はバスケットボール選手とスポンサー契約することに熱心で、ナイキやアディダスなどの有名ブランドと数億円の契約を行っています。 スター選手は50億円以上のスポンサー契約を果たしています。 スポーツが人気な国・地域 アメリカで特に人気がありますが、他の国では少し人気が低いです。 世界のほとんどの国ではそこまで人気が高くありませんが、多くの国で広く知れ渡っています。 男女比 バスケットボールは高所にゴールがあることなどから、高身長になりやすい男性優位のスポーツです。 スポーツの始めやすさ バスケットボールはボールとゴールさえあればどこでもプレイすることができます。 公共の場の多くでプレイが制限されていますが、若者の間で特にバスケットボールは人気が高いです。 世界のアマチュア選手の数 バスケットボールのアマチュア選手は世界中に数多くおり、バスケットボールを楽しんでいます。 アメリカのように規模の大きいリーグを有している国ほど、アマチュア選手の数も多く、世界中の都市部には多くのアマチュア選手がいます。 新聞・雑誌での注目度 アメリカ、中国、アルゼンチン、ヨーロッパの一部の国で頻繁にニュースとして取り上げられるほど注目されています。 他の国ではあまり話題になりません。 第4位 ホッケー フィールドホッケー・アイスホッケー :22億人 主なプレイ国・地域 アジア、ヨーロッパ、アフリカ、オーストラリア ファン総数 22億人 フィールドホッケー・アイスホッケーはアジア、ヨーロッパ、アフリカ、オーストラリアなどに22億人のファンがいます。 ホッケースティックを使ってボールかパックを相手のゴールまで運んでいく2つのチームで対戦するスポーツです。 世界的なファン総数や観客 フィールドホッケー・アイスホッケーは世界中に20億人以上のファンがいます。 テレビでの視聴率 ホッケーのテレビ視聴率は地域によってことなり、フィールドホッケーのどちらもパキスタン、インド、オーストラリア、イギリス、ドイツ、マレーシア、オランダでテレビ視聴の人気があります。 アイスホッケーはアメリカやカナダで広く注目されています。 テレビ放映権の価格はサッカーやクリケットには劣ります。 インターネット上の人気 インターネット上の注目度は中程度です。 ホッケーに関連するグーグル検索の数は、国や季節によって異なります。 SNSでのフィールドホッケー・アイスホッケーは、他のスポーツに比べると目立ちません。 世界のプロリーグの数 フィールドホッケー・アイスホッケーのどちらも、世界中に多くのプロリーグを有しています。 特に北米やヨーロッパには数多く存在し、その中でもアメリカのナショナルホッケーリーグ NHL は最大規模のリーグです。 フィールドホッケーの最大イベントはホッケーワールドカップです。 フィールドホッケー・アイスホッケーのどちらもオリンピック種目なので、オリンピックも重要なイベントです。 オフシーズンになると注目度は下がりますが、アメリカでは四大スポーツの一つでもあり、年間通して注目度はそれほど変化しません。 プレイヤーの平均年収・稼げる? アメリカのナショナルホッケーリーグ NHL に所属するプレイヤーの平均年収は3億円以上です。 NHLのチームやプレイヤーがスポンサー契約を行った場合、数億円の契約金が積まれます。 スポーツが人気な国・地域 フィールドホッケーとアイスホッケーを合わせた場合、世界中の多くの国で人気のある国は多く、中程度の人気がある国は80ヵ国以上あります。 インド、パキスタン、オーストラリア、バングラデシュなどの国ではスター選手は国民的英雄として人気があります。 男女比 フィールドホッケー・アイスホッケーのどちらも男性優位のスポーツです。 コンタクトスポーツであるため、多くの女性がホッケーの試合に出場することを好みませんが、一部の国ではそれなりに女性の参加があります。 スポーツの始めやすさ フィールドホッケー・アイスホッケーはどちらもプレイを始めるにはハードルが高いです。 必要な道具やユニフォーム・装備だけでなく、競技場やアイスホッケーリンクなど限られた場所が必要になります。 世界のアマチュア選手の数 フィールドホッケー・アイスホッケーのアマチュア選手の数はあまり多くありません。 多くの装備やフィールドホッケー・アイスホッケーのどちらも特殊な競技場・アイスリンクが必要なので、手軽なスポーツとは言えません。 新聞・雑誌での注目度 アイスホッケーはアメリカではスポーツニュースのトップで取り上げられています。 パキスタン、インド、オーストラリア、オランダ、ドイツのような国では、フィールドホッケーのニュースが取り上げられることがあります。 第5位 テニス:10億人 主なプレイ国・地域 ヨーロッパ、アメリカ、アジア ファン総数 10億人 テニスはヨーロッパ、アメリカ、アジアに約10億人のファンがいます。 1人対戦や2人のチーム戦でラケットを使用して球形のボールを相手のコートに打ち込み、ラリーを続けます。 相手が打ち返せないボールを打つことで得点が入ります。 世界的なファン総数や観客 テニスは世界中に広くファンを抱えています。 先進国の方が発展途上国よりも人気が高いですが、ロジャー・フェデラーやラファエル・ナダルのようなテニスのスーパースターは世界中で広く知られており、何億人ものファンがいます。 テレビでの視聴率 4つのグランドスラムは、世界中の4億人以上の人々に観戦されています。 ウィンブルドン、全豪オープン、全仏オープン、全米オープンや他の大きな世界大会のテレビ放送権は数億円で売買されています。 ウィンブルドンは2014年・2015年に10億人以上が視聴しています。 全米オープンやウィンブルドンの開催時期にはイギリス、アメリカなどの国々でスポーツニュースで特集が組まれます。 インターネット上の人気 インターネット上でもテニスの話題は人気があり、サッカーやクリケットに次いでトレンド入りしやすいです。 SNSでもテニスプレイヤーがアカウントを持っており、ラファエル・ナダル、アンディ・マレー、ロジャー・フェデラー、ノバク・ジョコビッチ、マリア・シャラポワなどのスター選手のフォロワーは数百万人にのぼります。 世界のプロリーグの数 世界のほぼ全ての国にテニス連盟があり、定期的にトーナメントが国際レベルと全国レベルの両方で開催されています。 多くの国が独自の全国大会を開催しています。 テニスには4つのグランドスラム• ウィンブルドン• 全米オープン• 全仏オープン• 全豪オープン があり、世界中の数百万人のファンが注目しています。 プレイヤーの平均年収・稼げる? ラファエル・ナダルなどのスーパースターは他のスポーツやITなどの業種を含めて、世界で最も年収が高い人々です。 賞金やスポンサー契約で数億円を稼ぎます。 ロレックス、メルセデス、ナイキ、アディダス、プーマ、トヨタなどのブランドがスポンサーとして名乗りを挙げ、契約金は数億円であることがほとんどです。 グランドスラムや大規模なテニス大会で活躍することでスポンサー契約を得られます。 スポーツが人気な国・地域 テニスはほとんどの先進国で人気があり、発展途上国でも徐々に人気が高まっています。 男女比 テニスは男女の格差がほとんどないスポーツです。 男女両方の大会がすべての世界大会で並行して開催され、賞金額も同額です。 セレナ・ウィリアムズやマリア・シャラポワといった女性テニススターも男性のテニススタート同様に地位と名声を手に入れています。 テニスへの女性の参加も盛んです。 スポーツの始めやすさ テニスは先進国の中でもアメリカ、カナダやヨーロッパで盛んに行われています。 発展途上国では一般大衆がテニスをすることは難しいです。 世界のアマチュア選手の数 個人競技であり、プレイするためにしっかりとした芝生を必要としたり、ある程度のコート面積が必要などの問題があるため、アマチュア選手はサッカーほど多くありません。 新聞・雑誌での注目度 テニスは雑誌・新聞でも非常に人気があり、発展途上国・先進国を問わず取り上げられることが多いです。 第6位 バレーボール:9億人 主なプレイ国・地域 アジア、ヨーロッパ、アメリカ、オーストラリア ファン総数 9億人 バレーボールはアジア、ヨーロッパ、アメリカ、オーストラリアに約9億人のファンがいます。 バレーボールは6人のプレイヤーで構成される2つのチームがネットを挟んだコートでボールを打ち合い、相手チームのコートにボールを落とせば得点が入ります。 世界的なファン総数や観客 バレーボールは世界のほぼ全ての国で、決して多い訳ではありませんが一定数のファンを有しています。 テレビでの視聴率 テレビでは世界大会などの大規模な大会のみが放送されます。 オリンピックの種目でもあり、その際には世界中のファンがオリンピック・バレーボールに注目します。 そこまで人気が高い訳ではないため、テレビ放映権は高値で売買されません。 インターネット上の人気 バレーボールはインターネット上で中程度の人気があり、SNSでは国によって異なりますが、バレーボール選手も利用していることがあります。 他のスポーツに比べると、バレーボールやバレーボール選手のアカウントは目立っていません。 世界のプロリーグの数 バレーボールはすべてのスポーツの中でも、最も多く200以上の全国連盟をもっています。 プロ・セミプロのリーグも連盟によって作られています。 バレーボールチャンピオンシップ4年ごとに開催され、24か国が参加する世界最大のイベントです。 年間を通して、それほどテレビや雑誌などのメディアで大きく取り上げられることはありません。 しかし、アマチュア・セミプロの活動が広く行われているので、一年を通して根強く活動が行われています。 プレイヤーの平均年収・稼げる? バレーボールリーグのトップスターは年収1億円以上を稼いでいます。 ただし、あくまでバレーボールのトップ層のみが年収1億円に届き、バレーボールリーグに所属する多くのプレイヤーは2000万〜3000万程度です。 スポンサー契約も他のスポーツに比べるとそれほど高額にはなりにくく、スポンサー契約をしている選手個人も少ないです。 スポーツが人気な国・地域 バレーボールはほとんど全ての国で一定の人気を有しています。 男女比 男女平等ではありません。 多くの国では男性がバレーボールをプレイしています。 ただし、アメリカ、ブラジル、アルゼンチン、メキシコ、ヨーロッパなどの国々では女性の人気もあり、女性プレイヤーも多く存在します。 スポーツの始めやすさ 必要な道具がボールとネットのみなので、バレーボールのはじめやすさは良いと言えます。 貧しいアフリカの国々や、オーストラリアといった先進国ではビーチバレーをしている人人々がいます。 世界のアマチュア選手の数 バレーボールはサッカーに次いでアマチュア選手が多いスポーツです。 世界中のほぼすべての国に数十万人のアマチュア選手が存在します。 新聞・雑誌での注目度 バレーボールは一面に乗るような注目度はありません。 スポーツニュースで取り上げられるのは、バレーボール世界選手権やオリンピックといった国際大会のみです。 第7位 卓球: 9億人 主なプレイ国・地域 アジア、ヨーロッパ、アフリカ、アメリカ ファン総数 9億人 卓球はアジア、ヨーロッパ、アフリカ、アメリカに約9億人のファンを有しています。 ピンポンとしても知られ、一人対戦あるいは二人対戦でラケットを使用して軽い球形のボールを打つスポーツです。 世界的なファン総数や観客 卓球のファンは世界中に存在し、数百万人のファン、アマチュア選手、プロ選手がおり世界中に9億人以上のファンがいます。 テレビでの視聴率 テレビで卓球が放送されるのはオリンピックや世界大会のような重要なイベントのみです。 テレビ放映権は世界の卓球選手権などはそれほど高値で売買されていません。 プロスポーツよりも、趣味として行われていることが多いスポーツです。 インターネット上の人気 インターネット上での卓球人気はあまり高くありません。 オリンピック種目であるため、オリンピック開催期間やその他の大規模なイベントが開催された際に注目されています。 SNS上ではあまり知名度がありません。 世界のプロリーグの数 卓球は世界のほぼ全ての国で人気があり、ほぼ全ての国で全国卓球連盟が設立されて年間を通じて定期的に大会が開催されています。 世界卓球選手権は2年ごとに開催され、世界最大級の卓球イベントです。 プレイヤーの平均年収・稼げる? 卓球選手の平均年収はトッププレイヤーでもそれほど高くありません。 数十万円〜1000万円まで、かなりの幅があります。 プロスポーツよりもアマチュアや趣味として人気があるため、卓球選手の年収はあまり高くなりません。 多くの場合、スポンサー契約をすることで収入をかさ上げしています。 しかしイベントのスポンサーもそれほど大規模ではありません。 スポーツが人気な国・地域 卓球は世界のほぼ全ての国で人気がありますが、ほとんどの場合が趣味やアマチュア選手です。 卓球をプロになるまでプレイしている国は多くありません。 男女比 男女の格差がほとんどないスポーツで、世界中で男性だけでなく女性もプレイしています。 男女共に一定の人気を有しています。 スポーツの始めやすさ 卓球台がおける場所が必要なので、条件がある程度整えば誰でも始めやすいスポーツです。 世界的にも都市部でプレイされていることが多いです。 世界のアマチュア選手の数 世界で多くの人々がプレイしており、何億人ものアマチュア選手がいます。 新聞・雑誌での注目度 オリンピックシーズンや世界卓球選手権を除いて、ほとんど世界中でスポーツニュースとして取り上げられることがありません。 第8位 野球:5億人 主なプレイ国・地域 アメリカ、日本、キューバ、ドミニカ共和国 ファン総数 5億人 野球はアメリカ、日本、キューバ、ドミニカ共和国に約5億人のファンがいます。 野球は攻防を交互に行い、9人のプレイヤーから構成された2つのチームがボールをバットで打ち合い、得点を競い合うスポーツです。 世界的なファン総数や観客 野球はアメリカ、カナダ、日本、キューバ、ドミニカ共和国などで熱心なファンを多く抱えています。 テレビでの視聴率 アメリカ、キューバ、日本ではテレビ放送も頻繁に行われています。 ただし、他の国ではほとんど放送されていなかったり、視聴率は決して良いものではありません。 アメリカのメジャーリーグ MLB や日本のプロ野球のテレビ放送権は数百億円で売買されています。 インターネット上の人気 インターネット上では、プレイされている国では非常に高い人気を誇っています。 野球に関するグーグル検索の結果も、多くのページが表示されます。 SNSでもアメリカ、キューバ、日本、ドミニカ共和国といった国々で注目されています。 しかし、その他の国ではほとんど認知されていません。 世界のプロリーグの数 プロリーグが開催されているのは一部の国のみで、• アメリカ• オーストラリア といった国に限られています。 他の国にもプロリーグがありますが、規模が非常に小さいものばかりです。 野球のワールドカップや、ワールドベースボールクラシックが世界最大の野球イベントです。 野球をする全ての主要国が国際大会に参加します。 プロリーグの開催期間に話題は集中しており、オフシーズンにはほとんど話題になることがありません。 プレイヤーの平均年収・稼げる? メジャーリーグ MLB のプレイヤーの平均年収は4億円以上です。 他の世界的なスポーツのリーグと比べるとかなり稼げます。 アメリカの野球チームと選手は、スポンサー契約をしていることも多く、数億円の契約金を手に入れています。 スポーツが人気な国・地域 野球が行われている国は限られています。 そのため、プロだけでなくアマチュアでプレイしている人も限られた人数です。 男女比 野球は最も男性優位なスポーツの一つです。 女性のリーグはほとんどの国で開催されておらず、男女平等とは言えません。 スポーツの始めやすさ 野球はアメリカの一般的な人たちにとっては親しみのあるスポーツです。 しかし、必要な道具や装備も多く、他の国では一般大衆がプレイすることはほとんどありません。 世界のアマチュア選手の数 世界のアマチュア選手は、アメリカ、日本、ドミニカ共和国、キューバに限定されており、これらの国にはかなりの数のアマチュア選手がいます。 新聞・雑誌での注目度 アメリカや日本では雑誌や新聞でもかなり頻繁に野球の話題が取り上げられています。 しかし、それ以外の国ではあまり注目されていません。 第9位 ラグビー:4億1,000万人 主なプレイ国・地域 フランス、イギリス、ニュージーランド、南アフリカ ファン総数 3億9000万〜4億1000万人 ラグビーは主にフランス、イギリス、ニュージーランド、南アフリカなどの国々で約3億9000万から4億1000万人のファンがいます。 15人のプレイヤーからなる2チームで戦うラグビーは、広くフランスでプレイされており、国境沿いの地域では古くから伝わるスポーツです。 世界的なファン総数や観客 ラグビーはオーストラリア、イギリス、フランス、ニュージーランドに熱狂的なファンをもっています。 こうした国には3億9000万人以上のラグビーのファンがいます。 他の国ではあまりラグビーのファンは多くありません。 テレビでの視聴率 ラグビーのテレビ視聴率は、ラグビーの人気が高い国ではかなり良いです。 しかし、そうでない国ではほとんど人気がありません。 ラグビーワールドカップなどのテレビ放映権は、サッカー、クリケット、テニスに比べたら低いですが、それほど安いではありません。 2015年のラグビーワールドカップは247万枚以上のチケットが販売され、決勝では1億2000万人が観戦しました。 インターネット上の人気 インターネット上ではラグビーワールドカップの開催中に、参加国で頻繁に検索されたり注目が集まります。 SNS上ではある程度の人気がチームやラグビースターに集まっています。 世界のプロリーグの数 ほとんどの先進国には、ラグビーのプロリーグが存在していますが、これらの人気は国や地域によって大きく異なります。 4年ごとに開催されるラグビーワールドカップには。 20カ国が参加する世界最大のイベントです。 プレイヤーの平均年収・稼げる? ラグビーのトップリーグに所属する選手の平均年収は600万円程度です。 スポンサー契約をしている選手も多いです。 スポーツが人気な国・地域 限られた国では高い人気を誇っていますが、そうでない国ではほとんど人気がありません。 日本、イタリア、アルゼンチン、アメリカでも徐々に人気が高まっています。 男女比 ラグビーはコンタクトスポーツでもあるため、プロ・アマチュアともに男性優位のスポーツで、ほとんど女性のプレイヤーはいません。 スポーツの始めやすさ ラグビーの始めやすさはあまり良くありません。 コンタクトスポーツであったり、コートの面積が広いため、それなりの大きさが必要になります。 世界のアマチュア選手の数 ラグビーのアマチュア選手はそれほど多くありません。 その中でもイギリス、、オーストラリア、ニュージーランド、フランスではアマチュア選手が中程度存在します。 新聞・雑誌での注目度 ラグビーをプレイしていたり、大規模なリーグを有する国ではラグビーの話題がスポーツニュースとして取り上げられやすいです。 第10位 アメリカンフットボール:4億人 主なプレイ国・地域 アメリカ ファン総数 3億9000万〜4億1000万人 アメリカンフットボールは主にアメリカで人気のスポーツです。 ファンの総数は3億9000万〜4億1000万人です。 長方形のフィールドの両端にゴールポストがあり、11人の選手が2チームに分かれてプレーするスポーツです。 世界的なファン総数や観客 アメリカンフットボールはアメリカで主にプレイされているスポーツです。 そのため、アメリカンフットボールのファン層はアメリカに集中しており、アメリカでは四大スポーツとして知られるほど非常に人気のあるスポーツです。 テレビでの視聴率 アメリカンフットボールはアメリカで最も視聴されているスポーツの一つです。 他の国や地域ではあまり視聴されていません。 アメリカのナショナルフットボールリーグ NFL は、アメリカだけでなく世界的にも人気のあるスポーツリーグで、テレビ放映権は年間1000億円以上と言われています。 インターネット上の人気 ナショナルフットボールリーグ NFL はアメリカのインターネット上で非常に人気があります。 グーグル検索の結果も、アメリカではアメリカンフットボール関係のページが多く表示されます。 しかし、他の国や地域ではほとんど注目されていません。 ツイッターやインスタグラムといったSNS上でも、アメリカのファンのおかげで世界のトレンドとなることもあります。 世界のプロリーグの数 アメリカンフットボールはほとんどの国にプロリーグが存在しません。 アメリカ一強状態で、世界的にも有名なリーグ ナショナルフットボールリーグ はアメリカにあります。 アメリカンフットボールの最大のイベントはスーパーボウルです。 アメリカでは年間を通じて話題となり、NFLの開催中は常に話題を独占しています。 プレイヤーの平均年収・稼げる? アメリカのナショナルフットボールリーグ NFL の選手の場合は平均年収が1億9000万円です。 これは他のスポーツと比べてもかなり高額と言えます。 ただし世界的にはプロリーグが少ないです。 NFLのチームやプロプレイヤーはアメリカの有名ブランドとスポンサー契約をしています。 ほとんどの場合は、契約金が10億円以上です。 スポーツが人気な国・地域 アメリカンフットボールはアメリカでは最も人気があるスポーツの一つですが、世界のほとんどの国では人気がありません。 男女比 アメリカンフットボールは、コンタクトスポーツであることも大きな理由であり、文化的にも男性優位なスポーツです。 女性のプレイヤー・チームはあまり多くありません。 スポーツの始めやすさ アメリカの一般市民にとってはスポーツ観戦やプレイを始めることも容易です。 しかし、他の国や地域ではほとんど人気がないため、アメリカンフットボールの観戦・プレイは難しいと言えます。 世界のアマチュア選手の数 アメリカンフットボールのアマチュア選手は、学生リーグも存在するため、アメリカにかなりの数が存在します。 新聞・雑誌での注目度 アメリカでは、アメリカンフットボールは年間を通じて新聞や雑誌などのメディアで見出しをつけて取り上げられます。 スポーツ速報も頻繁に流されるほどで、アメリカ国内では最も人気があるスポーツと言えます。 しかし、他の国や地域ではほとんどニュースとなることはありません。 第11位 ゴルフ:3億9,000万人 主なプレイ国・地域 アメリカ、カナダ、ヨーロッパ ファン総数 3億9000万人以上 ゴルフはアメリカ、カナダ、ヨーロッパを中心に3億9000万人以上のプレイヤーやファンがいます。 ゴルフは、さまざまな種類の「クラブ」と呼ばれる道具を使って球を転がしていき、できるだけ少ない回数で球をゴールまで運ぶ競技です。 世界的なファン総数や観客 ゴルフは必要な道具が多く高額であるため、若者よりも高齢者に人気があるスポーツです。 世界中に3億9000万人以上のファンがいます。 ほとんどがアメリカ、カナダ、ヨーロッパに集中しています。 テレビでの視聴率 ゴルフは上流階級に属する成人男性が頻繁にテレビ視聴して楽しんでいます。 スポーツのテレビ視聴率としては珍しく、女性や若い男性の視聴率はかなり低いです。 インターネット上の人気 インターネット上ではゴルフの人気は低い傾向にあります。 ツイッターやインスタグラムといったSNSでも、ユーザーは若い世代がほとんどであるため、ゴルフプレイヤーの大半が35歳以上であるためほとんど話題になることはありません。 世界のプロリーグの数 さまざまなトーナメントはプロゴルフツアーの結果が、一つのトーナメントへとつながります。 主なツアーには• PGAツアー• ヨーロッパツアー• LPGAツアー• PGAツアーチャンピオン などが挙げられます。 世界的にも有名な大会は• マスターズトーナメント• 全米オープン• オープンチャンピオンシップ• PGAチャンピオンシップ があります。 ゴルフプレイヤーの平均年収・稼げる? ゴルフのプロプレイヤーは賞金やスポンサー契約が給料の大半を占めます。 ゴルフトーナメントは、世界的にも有名なブランドが後援しており、大企業から支援されることも多く、スポンサー契約料は1億円以上です。 史上最も有名なゴルフプレイヤーであるタイガーウッズは、約15年間もすべてのスポーツの中で最高額の年収を記録し続けました。 タイガーウッズはナイキ、EAスポーツ、ジレットなど多くのスポンサーと契約を果たしました。 スポーツが人気な国・地域 国際ゴルフ連盟には118カ国が加盟しています。 かつてはアメリカ、カナダ、ヨーロッパが主な国でしたが、経済的な成長とともに• トルコ• マレーシア• インドネシア などのアジア諸国でも大きく成長しています。 男女比 ゴルフは紳士のスポーツと言われることもあるように、男性の間で人気があります。 近年では、先進国における女性のゴルフ人気が高まっています。 スポーツの始めやすさ ゴルフは一般大衆向けのスポーツとは言えません。 クラブやウェア、ゴルフ場など費用がかさむため、お金持ちのためのスポーツとして知られています。 アメリカ、日本、ヨーロッパの国では一般の人々にも始めやすい環境があります。 しかし、世界的にはお金持ちのためのスポーツであり、中流階級がゴルフ施設を利用することも許されていないことがあります。 世界のアマチュア選手の数 お金持ちのためのスポーツということもあり、世界のアマチュア選手の数はそれほど多くありません。 アメリカ、日本、オーストラリア、ヨーロッパの一部の国では、世界の他の国や地域よりもアマチュア選手が多い傾向にあります。 新聞・雑誌での注目度 世界的なトーナメントが開催されている時には注目されることがあり、アメリカや日本では、比較的新聞・雑誌などのメディアで取り上げられています。 カテゴリー•

次の