ドル 円。 ドル・円が急反発、新型コロナへの米経済対策期待で株高-104円半ば

USドル/円の為替レートの推移

ドル 円

2005年末 2010年末 2015年末 直近 米ドルへの 影響度 方向性 政策金利 4. 255 0. 27 May. 15% 0-0. 10% 0-0. 10% 0. 1% May. 28 May. 10% 0. 00% 0. 20% 0. 40% 4. 90% 3. 30% 2. 現トランプ政権はアメリカ第一主義を掲げており、輸出産業保護のため基本的には一貫したドル安志向。 ただ、通貨に対するコメントはしても為替市場に直接的な介入を行うには至っていない。 一方で関税をテコとした保護貿易的な政策を推し進めており、特に中国とは「貿易戦争」とまで言われるほど対立が激化、両国のみならず他の国の実体経済にまで負の影響を及ぼしている。 さらにFRBの金融政策に干渉、利下げを行うようたびたび圧力をかける等、ルール違反も目立ち行動が予測しにくい。 18年には中間選挙で下院の過半数を失い「ねじれ」の状態に。 また、たびたび弾劾が取沙汰されるなど、求心力に翳りもみられる。 2015年12月のFOMCでFRBはゼロ金利政策を解除、政策金利の0. これは米国がリーマンショック以降の景気後退局面をいち早く脱しつつあることの証左ととらえられた。 2016年は中国を初めとする新興国経済の不安定化から景気が足踏み、当初予定されていたほどの金利の引き上げは実施されなかったが、11月に予想外のトランプ政権誕生が決まり、米企業の海外収益への課税、国内減税、保護貿易主義、インフラ投資などそれまで想定していなかった経済の動きが今後生じることとなり、ドルや株式市場にに資金が還流。 中国の景気後退もどうにか踏みとどまる兆しを見せ、2016年12月にFRBは「景気に対する信任の証し」に再度金利を引き上げた。 その後2017年に入ってからは、トランプ政権の財政刺激策の遅れや、「ロシアゲート」に象徴される政治の先行き不安から「トランプユーフォリア」は熱を下げながらも引き続き株式市場は活況、2017年も3回の利上げを実施した。 2018年は新年早々株価が大幅に下落するなど波乱の幕開けに。 2009年以降続いた株価の一方向での上昇に翳りがみられるようになった。 トランプ政権の対中強硬政策が目立ち関税引き上げ合戦から世界経済に徐々に懸念が広がる。 それでも米国は4回の利上げを実施。 そして2019年、米景気の停滞感はさらなる広がりを見せる。 年前半は政策金利を据え置いたFRBはついに約10年ぶり政策金利引き下げに転じた。 また、その比率は近年むしろ高まっている。 2015年頃までは世界の主要国に先んじて景気の回復局面に入りつつあると目されていたことからドルが買われていたが、2016年には英国が国民投票で予想外にEU離脱を決めたことでリスク回避の動きが加速、ドルは対円ではリスク回避の円買いに押され100円割れ。 しかし、11月に想定外のトランプ政権の誕生でドル円は一気に上昇、年末には118円台に達した。 以後は2019年まで膠着状態が続き値幅は年々狭まる傾向となっている。 「FX羅針盤」 ご利用上の注意 当サイトはFXに関する情報の提供を目的としています。 当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。 FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。 また、投資の最終判断は、利用者ご自身が行っていただくものとします。 当社はFX取引に関し何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各FX取扱事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。 したがって、利用者と各FX取扱事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとし、FX取引に伴うトラブル等の利用者・各FX取扱事業者間の紛争については両当事者間で解決するものとします。 当社は、当サイトにおいて提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。 当サイトにおいて提供する情報の全部または一部は、利用者に対して予告なく、変更、中断、または停止される場合があります。 当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。 当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しています。 当社は、当社の事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。 当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、にご同意いただいたものとします。

次の

アメリカ ドル / 日本 円【USDJPY】:外国為替

ドル 円

東洋経済新報社の記者・編集者が、のチーフストラテジストの北野一氏とともにマーケットを展望する月1回の動画連載「Monthly TREND REPORT」。 第4回のテーマは「新型コロナウイルス影響下の『為替』と『企業業績』」について。 前編では北野氏が今後のドル円相場を大胆に予測します(この番組の収録は2020年3月中旬に行いました。 詳しくは動画をご覧ください)。 「1ドル=85円前後」になっていてもおかしくない 新型コロナウイルの拡大で、金融市場は大混乱に陥っている。 株式市場は大暴落、金利は急低下、原油相場も急落した。 為替相場もドル円相場で見ると、一時は1ドル=100円台の前半までドル安円高が進んだ。 上の画像をクリックするとSBI証券「Monthly TREND REPORT」のページにジャンプします だが、現在は1ドル=110円前後で推移している。 北野氏は「一見『ドル安円高』に見えたが、実は『ドル高円安』ではないか」と指摘する。 北野氏は「従来ならドル円相場は金利差で説明できた。 すなわち、日米の金利差が1%縮小すると、ドル円は約13円円高に振れてきた。 これまでの常識が崩れたのだろうか。 現在は、新型コロナ危機でドル需要が高まっているのでドル高になっていると言われているが、北野氏は平時のマネーの流れに注目する。 「従来なら金利は債券投資を通じたお金の流れで決まっていたが、今は債券よりも株式投資を通じたお金の流れが急拡大している。 これがドル高円安の背景になっているのではないか」。

次の

外国為替計算

ドル 円

2005年末 2010年末 2015年末 直近 米ドルへの 影響度 方向性 政策金利 4. 255 0. 27 May. 15% 0-0. 10% 0-0. 10% 0. 1% May. 28 May. 10% 0. 00% 0. 20% 0. 40% 4. 90% 3. 30% 2. 現トランプ政権はアメリカ第一主義を掲げており、輸出産業保護のため基本的には一貫したドル安志向。 ただ、通貨に対するコメントはしても為替市場に直接的な介入を行うには至っていない。 一方で関税をテコとした保護貿易的な政策を推し進めており、特に中国とは「貿易戦争」とまで言われるほど対立が激化、両国のみならず他の国の実体経済にまで負の影響を及ぼしている。 さらにFRBの金融政策に干渉、利下げを行うようたびたび圧力をかける等、ルール違反も目立ち行動が予測しにくい。 18年には中間選挙で下院の過半数を失い「ねじれ」の状態に。 また、たびたび弾劾が取沙汰されるなど、求心力に翳りもみられる。 2015年12月のFOMCでFRBはゼロ金利政策を解除、政策金利の0. これは米国がリーマンショック以降の景気後退局面をいち早く脱しつつあることの証左ととらえられた。 2016年は中国を初めとする新興国経済の不安定化から景気が足踏み、当初予定されていたほどの金利の引き上げは実施されなかったが、11月に予想外のトランプ政権誕生が決まり、米企業の海外収益への課税、国内減税、保護貿易主義、インフラ投資などそれまで想定していなかった経済の動きが今後生じることとなり、ドルや株式市場にに資金が還流。 中国の景気後退もどうにか踏みとどまる兆しを見せ、2016年12月にFRBは「景気に対する信任の証し」に再度金利を引き上げた。 その後2017年に入ってからは、トランプ政権の財政刺激策の遅れや、「ロシアゲート」に象徴される政治の先行き不安から「トランプユーフォリア」は熱を下げながらも引き続き株式市場は活況、2017年も3回の利上げを実施した。 2018年は新年早々株価が大幅に下落するなど波乱の幕開けに。 2009年以降続いた株価の一方向での上昇に翳りがみられるようになった。 トランプ政権の対中強硬政策が目立ち関税引き上げ合戦から世界経済に徐々に懸念が広がる。 それでも米国は4回の利上げを実施。 そして2019年、米景気の停滞感はさらなる広がりを見せる。 年前半は政策金利を据え置いたFRBはついに約10年ぶり政策金利引き下げに転じた。 また、その比率は近年むしろ高まっている。 2015年頃までは世界の主要国に先んじて景気の回復局面に入りつつあると目されていたことからドルが買われていたが、2016年には英国が国民投票で予想外にEU離脱を決めたことでリスク回避の動きが加速、ドルは対円ではリスク回避の円買いに押され100円割れ。 しかし、11月に想定外のトランプ政権の誕生でドル円は一気に上昇、年末には118円台に達した。 以後は2019年まで膠着状態が続き値幅は年々狭まる傾向となっている。 「FX羅針盤」 ご利用上の注意 当サイトはFXに関する情報の提供を目的としています。 当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。 FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。 また、投資の最終判断は、利用者ご自身が行っていただくものとします。 当社はFX取引に関し何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各FX取扱事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。 したがって、利用者と各FX取扱事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとし、FX取引に伴うトラブル等の利用者・各FX取扱事業者間の紛争については両当事者間で解決するものとします。 当社は、当サイトにおいて提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。 当サイトにおいて提供する情報の全部または一部は、利用者に対して予告なく、変更、中断、または停止される場合があります。 当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。 当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しています。 当社は、当社の事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。 当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、にご同意いただいたものとします。

次の