格安 sim 移行。 格安SIMに乗り換えたら電話帳はどうする?移行方法をパターン別に解説!

SIMカードを入れ替える際に知っておくべきこと

格安 sim 移行

大手キャリアに加えて、格安SIMから他の格安SIMへの乗り換える場合も合わせて説明します。 MNP 乗り換え という手続きを行うことで、今まで使っていたスマホやガラケーの電話番号 070、080、090 を格安SIMでもそのまま使えます。 格安SIMから他の格安SIMへMNPする場合は、ネットでMNP予約番号を発行します MNPをする場合は、MNP転出手数料 番号ポータビリティ手数料 でドコモの場合は2000円、auは3000円、ソフトバンクは3000円かかります。 格安SIMから他の格安SIMへMNPする場合は、2000円〜3000円の転出手数料になります。 MNPの手続きを行わないで乗り換えることもできます。 この場合はMNP転出手数料もかかりませんが、格安SIMで使う電話番号は新しい番号になります。 直接ショップに行くと1時間くらい待たされる場合もあるので、電話をしてもらうのをおすすめします。 格安SIMから他の格安SIMへMNPする場合は、基本的に電話ではなくネット経由でMNP予約番号を発行します。 発行には少し時間がかかって、1日〜4日程度で予約番号が発行されます。 MNP予約番号には有効期限があるので、格安SIMや格安スマホを申し込む直前 当日または前日 にMNP予約番号をもらうのが無難です。 格安SIMへMNPする場合は、が必要です。 MNP予約番号をもらった後に、通話SIMを申し込みます。 通話SIMの申し込み時にMNP予約番号を入力する項目が出ています。 MNPをすると現在契約している携帯キャリアから2000円〜3000円のMNP転出手数料が請求されます。 通常の携帯電話代と一緒に請求されます。 クレジットカードで月額料金の引き落としが行われます。 一部の格安SIMで口座振替での支払いに応じていますが、時間がかかり選択肢も少なくなるので、クレジットカードで支払うことを強くお勧めします。 現在使っているスマホの名義、クレジットカードの名義、そして格安SIMを申し込む人が全て同じ人でないと契約できないので気をつけてください。 未成年の子供名義のスマホを格安SIMにしたい場合、スマホの名義を親名義にして、親名義で格安SIMを申し込む必要があります。 一部の格安SIMでは未成年の契約もできますが、選択肢がかなり少なくなるので、基本的には親名義で申し込むのがお勧めです。 免許証を持っている場合は、それを使ってください。 免許証がない場合、格安SIMごとに必要な本人確認書類が若干異なる場合があるので、申し込みを検討するときに事前に必要な本人確認書類を確認してください。 MNPをしない場合でも、通話SIMを申し込む場合に本人確認書類が必要です。 本人確認書類をスマホやガラケー、デジカメで撮って またはスキャナーでスキャンして 、その画像を格安SIMの申し込み時にアップロードします。 あまり高画質で撮ると容量をオーバーして申し込み時にエラーが出るので、低画質で撮ります。 事前にすることと注意点 月末近くになると手続きに時間がかる場合があります。 当月中の乗り換えたい場合は25日くらいまでには申し込むことをおすすめします。 Gmailからガラケーユーザへメールを出すと、メールが届かない可能性があります。 現在使っているキャリアメールから新しいGmailのメールアドレスを知らせるのが無難です。 格安SIMや格安スマホのほとんど全ては、MNPをする場合でもスマホが使えなくなる期間なしに手続きができます。 イオンモバイルとTONEモバイルだけが、新しい格安SIMカードや格安スマホが届くまで2,3日ほど電話やインターネットが使えなくなるくらいです。 クレジットカードには審査があるので、もし審査に落ちると別のクレジットカードを申し込んだりと手間と時間がかかる場合が少しだけあるので、早めにクレジットカードを申し込むことをオススメします。 クレジットカードは普通に使えばデメリットはほとんどないです。 お金は使えるだけ使ってしまえみたいな人にはクレジットカードは毒ですが、普通の人ならクレジットカードで支払ったほうがポイント還元があってお得に使うことができます。 クレジットカードの保有率も9割くらいです。 今まで使っていたスマホをそのまま格安SIMで使うことができる ドコモのスマホを使っている場合は、ドコモ系の格安SIMを使えば、今まで使っていたスマホをそのまま使い続けることができます。 写真や音楽、アプリのデータもそのままです。 同じようにauのスマホも基本的にau系の格安SIM、ソフトバンクのスマホもソフトバンク系の格安SIMで使えます。 ほとんどの場合で今使っているスマホを格安SIMでも使えますが、使えないパターンもあります。 使える格安SIMやSIMロック解除の必要性や細かいことは下記にまとめています。 自分のスマホが問題なく使えるかどうかは下記を参考にしてみてください。 今使っているスマホを使えば、わざわざ新しい格安スマホを買う必要もなく、写真もそのまま、今まで使っているアプリ キャリアの純正アプリ以外 もそのままで使えるのでとても簡単に安く格安SIMが使えます。 格安SIMでもiPhoneを使い続けることができる 格安SIMでもiPhoneを使い続けることができます。 iPhone 5以上なら使える格安SIMがあります。 今まで使ってきたiPhoneを格安SIMでも使いたい場合、格安SIMでできなくなることはキャリアメールが使えなくなるくらいです。 それ以外はできます。 格安SIMにするとキャリアメールが使えなくなるので、iPhoneで格安SIMを使う前に、でメールアドレスを作ってメールアドレスの変更を家族や知人に連絡をしておくことをオススメします。 ドコモのiPhoneを持っている場合 を申し込んでSIMカードを入れ替えて少し設定するだけで、格安SIMで今まで使ってきたiPhoneが使えるようになります。 アプリも撮った写真も、電話帳もそのままで使い続けることができます。 ドコモのiPhone 6s以上のモデルは、スマホ購入後100日経てばSIMロック解除ができます。 SIMロックを解除するとau系の格安SIMとソフトバンク系の格安SIMでも使えるようになります。 auのiPhoneを使っている場合 等 を申し込んでSIMカードを入れ替えて少し設定するだけで、今まで使ってきたiPhoneをそのままの状態で使うことができます。 auのiPhone 6s以上のモデルなら、スマホ購入後100日経てばSIMロック解除ができます。 SIMロックを解除するとドコモ系とソフトバンク系の格安SIMでも使えるようになります。 iPhone 6以下のモデルは制限があって色々面倒なので、iPhone 6s以上のモデルを使うことをおすすめします。 ソフトバンクのiPhoneを使っている場合 のソフトバンク回線等 を申し込んでSIMカードを入れ替えて少し設定するだけで、今まで使ってきたiPhoneをそのままの状態で使うことができます。 ソフトバンクのiPhone 6s以上のモデルは、スマホ購入後100日以上経っていればSIMロックの解除ができます。 SIMロックを解除するとドコモ系とau系の格安SIMでも使えるようになります。 iPhone 6以下のモデルは制限があって色々面倒なので、iPhone 6s以上のモデルを使うことをおすすめします。 iPhoneを格安SIMで使うのは少し難しいと思うかもしれませんが、実際にやってみると簡単にそして安くiPhoneを格安SIMで運用できることに気づくと思います。 詳しくは下記に記載しているので参考にしてみてください。 おまけ:格安SIMへのMNPは早ければ早いほどいい 早ければ早いほど、スマホ代の節約になります。 大手キャリアで支払っているスマホ代は月額7000円くらいになると思います。 最初の2年間は月額5500円くらいで使えて、その後は月額7000円から8000円くらい。 格安SIMなら月額料金を2000円くらいにすることができます。 格安SIMは月額料金を5000円くらい安くすることができますが、格安SIMにもデメリットがあります。 ただし、大多数の人にとって月額料金が安いメリットがデメリットを大きく上回る結果になります。 格安SIMのメリットとデメリットに関しては下記に詳しく記載しているので参考にしてみてください。 大手キャリアから格安SIMへのMNPしてしばらくすると、なんでもっと早く乗り換えなかったんだろうと思うと思います。 その他の格安SIMや格安スマホ関連のお役立ち情報•

次の

これで大丈夫!格安SIMの事前準備一覧

格安 sim 移行

格安SIMのMNPと空白期間 のの際、注意したいのが空白期間です。 空白期間とは何のことでしょうか?空白期間がないことには、どんなメリットがあるのでしょうか?詳しく見てみましょう。 格安SIMのMNPの空白期間とは? 格安SIMに乗り換える際、MNP(モバイルナンバーポータビリティ)と呼ばれる方法で電話番号を新しい携帯会社に移行します。 そのMNPの途中で 一時的に携帯電話が使えなくなる期間のことを空白期間と言います。 格安SIMが登場したばかりの頃は、 MNPの受付処理終了までに時間がかかり、空白期間が1~2週間ほどありました。 その期間は電話が使えず、代替機の貸し出しサービスもほとんどなかったので非常に不便を感じていたユーザーが多かったのです。 しかし現在、MNPの空白期間は大幅に減少しています。 即日開通と呼ばれる、家でMNP手続きがすぐにできるサービスが広がったことがその背景です。 SIMカードを入れ替えた後に電話やWebなどで簡単に手続きすれば数十分で使えるようになるため、空白期間がほとんどなく使えるようになりました。 即日MNPできる格安SIMは? 即日MNPする方法は2つあります。 実店舗へ行って店舗で即日MNPで開通する• 自宅で即日MNPで開通する 実店舗を持つが増えてきているので、格安SIMを店舗で選んでその場ですぐにMNPすることも可能になっています。 今すぐに乗り換えたい方は、30分で即日開通できる店舗へ駆け込むなんてこともできます。 自宅で開通する場合も空白期間のない即日MNPは可能です。 今まで使っていたSIMをギリギリまで使い続けて、新しいSIMカードが着いたタイミングで移行できます。 実店舗で即日MNPするメリットは、 その場で手続きを終わらせられるのでスピーディーに乗り換えられる点と、店員さんに質問しながら乗り換えられる点が挙げられます。 しかし混んでいる場合には待ち時間がかかる点はデメリットでしょう。 店舗による即日MNPできる格安SIMは次のとおりです。

次の

格安スマホや格安simでLINEを引き継ぐときの注意点と使用できなくなること

格安 sim 移行

スポンサーリンク [iPhoneで格安SIM乗り換え準備]端末の残債を確認する キャリアでiPhoneを購入した人は、格安SIMへ乗り換える前にiPhone端末の残債 残りの支払い を確認しましょう。 なぜならiPhoneの支払いを24回の分割払いにしている人は多いからです。 「確認したらiPhoneの残債が残っていたけどどうしよう。 」 こんな風に思っている人も安心してください。 もし、キャリアの二年契約の途中でiPhoneの残債が残っていても格安SIMに乗り換えることは可能です。 ただし残債が残っている人は、キャリアとの解約後も残りの支払い分を毎月支払うことになります。 しかし、大手キャリアと解約する前に貯まっているポイントを確認しましょう。 毎月支払いをするたびにキャリアのポイントが貯まっているはずです。 もしキャリア解約前にポイントを使わないと、解約後にはポイントが消滅してしまうので損です。 ですのでキャリア解約前にはポイントの残高を確認して使い切るようにしましょう。 docomoと解約前にドコモポイントを使い切る ドコモポイントとは、docomoと契約している際に付与されるポイントとなります。 ギフト券や電子マネー、商品やサービスに変えることができるのがドコモポイントの特徴です。 しかし、格安SIMに乗り換えたタイミングでドコモポイントは消滅してしまいます。 ですのでドコモ解約前にドコモポイントを使い切った方が良いです。 また、dポイントカードを発行してdポイントとして保有しておけばドコモ解約後も使用することができてお得です。 dポイントであれば、ローソンやマクドナルド、ドトールなどで使用することができ汎用性が高いですよ。 auと解約前にWALLETポイントを使い切る au解約前にWALLETポイントを使い切らないと、格安SIM乗り換え後にポイントが消滅してしまいます。 ですのでWALLETポイントは、au解約前に全て使い切ってしまいましょう。 auのWALLETポイントは、auの支払いの代わりや、他社のポイント交換などに使用することが可能です。 また、amazonのギフトカードなども購入することができ、汎用性が高いのでおすすめですよ。 そしてWALLETポイントは「au WALLET」にチャージすることもできます。 「au WALLET」は事前に入金するタイプのプリペイドカードとして代用でき、auを解約した後も使えます。 もし「WALLETポイントの使い道がない」と困っているのであれば、au解約前に「au WALLET」にチャージして、格安SIM乗り換え後に使い道を考えた方が良いでしょう。 ソフトバンクと解約前にTポイントを使い切る ソフトバンクとiPhoneを契約している人は、月額基本料金を支払うたびにTポイントが貯まります。 Tポイントの還元率は、ソフトバンクの通信費1000円あたり5ポイントとなります。 ファミリーマートやガスト、TSUTAYAなどであれば現金だけでなくTポイントでも支払いが可能なので便利です。 ですのでソフトバンク解約前にTポイントを使い切ってしまいましょう。 もし「Tポイントの使い道がない」といった場合でも安心してください。 Tポイントカードを発行してソフトバンクのTポイントと関連付けをすれば、ソフトバンクを解約した後でもポイントが消滅することはありません。 「Tポイントの使い道は後で考えたい」と思っている人は、ソフトバンク解約前に、Tポイントの関連付けを行い、格安SIM乗り換え後に使い道を決めましょう。 また、ソフトバンクには、「ソフトバンクポイント」というものがあります。 「ソフトバンクポイント」とは、昔にソフトバンクが付与していたポイントなのですが、ソフトバンクグッズぐらいしか使い道がないので汎用性が低く、解約と同時に消滅してしまいます。 もしソフトバンクポイントが残っている場合は、残らず使い切ってしまいましょう。 キャリアから格安SIMに乗り換えると、キャリアメールが使えなくなります。 softbank. jp のことです。 そして、格安SIMでは専用のメールアドレスが用意されていません。 ですのでキャリアから格安SIMに乗り換える場合は、何かしら対策を打つ必要があります。 対策1:格安SIM乗り換え前にiPhoneでGmailの取得 キャリアメールを使用するのを諦めて、新たにメールアドレスを取得する方法もあります。 フリーメールアドレスであれば、スマホ会社との契約の有無は関係ないので、長く使うことができます。 フリーメールアドレスは無料で発行することができます。 おすすめはGmailです。 Gmailはgoogleが提供しているメールサービスです。 多くの人が利用していますし、簡単に発行することが可能です。 対策2:格安SIMではiPhoneのiCloudメールを使う キャリアメールの継続使用を諦めて、代わりにiCloudメールを使用する方法です。 com のことです。 iPhoneを使用している人は皆iCloudメールを持っているかと思います。 キャリアと解約しても関係なくiCloudメールは使用可能なのでiPhoneユーザーにおすすめです。 対策3:iPhoneと格安SIMでドコモメールを使う設定をする ドコモメールを使用している人であれば、設定をすることで格安SIMでも使用することができます。 設定をするには、「dアカウント」と「spモード契約があるドコモ端末」が必要です。 jp が使えるための契約です。 これで格安SIMのiPhoneでもドコモメールを確認することができます。 そうすると、AppleIDに登録しているキャリアメールではメールが受け取ることができません。 もしパスワードを忘れてしまったら、メールが届かないのでパスワードの再設定をすることが出来ずに、iCloudやApp Store,iTunes Storeなどのサービスが利用不可となります。 新しくAppleIDを発行したとしても、以前の購入履歴が全て消えてしまうので困りますよね。 あとで困らないように事前にAppleIDをキャリアメール以外のメールアドレスに変更しておきましょう。 [iPhoneで格安SIM乗り換え準備]クレジットカードを用意する 格安SIMでの支払い方法はほとんどがクレジットカードです。 一部口座振替やデビットカードでの支払いが可能な格安SIMもありますが、条件があり面倒です。 クレジットカードを持っていない人は用意しましょう。 格安SIMにおすすめのクレジットカードは楽天カード クレジットカードなら100円で1ポイントの還元ができるがおすすめです。 楽天カードで貯まる楽天スーパーポイントは1ポイント1円として、楽天証券、楽天市場などで使うことができ、汎用性がとても高いです。 格安SIMで支払う月額基本料金も楽天カードで支払うことで、毎月楽天スーパーポイントが貯まりお得ですよ。 [iPhone]クレジットカードなしで契約できる格安SIM一覧 格安SIM クレジットカード以外の支払い方法 デビットカード 口座振替 LINE Payカード デビットカード、口座振替 口座振替 「クレジットカードなしで支払える格安SIMはないのか?」 こんな風に思っている人もいるでしょう。 確かに格安SIMではクレジットカードでの支払いが主流となっており、それ以外の支払い方法は少ないです。 しかし、クレジットカードなしで支払いができる格安SIMもあります。 クレジットカードなしでも契約できる格安SIMは上記のようになります。 クレジットカードを持つことができない人は上記の中から格安SIMを選んで契約すると良いでしょう。 ただし、口座振替やデビットカード支払いは、条件付きで使える場合が多いのでややこしく、注意が必要です。 [iPhoneで格安SIM乗り換え準備]iPhone端末を用意する 格安SIMで使うiPhone端末を事前に準備しておきましょう。 大手キャリアで使用していたiPhone端末をそのまま使用するのであれば、新しい端末を購入する必要はありません。 手元にiPhoneを持っていない人は、新しくiPhone端末を購入しましょう。 安く買いたいのであれば、ヤフオクやメルカリなどで中古iPhoneがおすすめです。 中古iPhoneに抵抗がある人はApple Storeで新品のSIMフリーiPhoneが良いでしょう。 初期設定の手間を省きたいのであれば、格安SIMで販売されているiPhone端末とセット購入することをおすすめします。 格安SIMでiPhone端末をセット購入することで、SIMカードが挿入された初期設定済みiPhoneがそのまま自宅に届きます。 セット購入することで、初期設定の手間を省くことができるのです。 iPhoneとセット購入できるおすすめの格安SIMは下記になります。 [iPhoneで格安SIM乗り換え準備]Apple IDを作成する方法 新しくiPhoneを手にする人は、Apple IDを作成する必要があります。 Apple IDがないと、Apple StoreやiCloud、iTunesなどの機能が使えません。 ですのでApple IDを持っていない人は、必ず作成するようにしましょう。 すでにApple IDを持っている人は、この手順を行う必要はありません。 iPhoneでApple IDを作成する方法は下記になります。 iPhoneのホーム画面の「設定」をタップする。 [格安SIM乗り換え前のiPhoneバックアップ]音楽・写真・動画・連絡先 古いiPhoneをバックアップ 音楽・写真・動画・電話帳は、iPhoneのiCloudまたはiTunesを利用することでデータ引き継ぎをすることができます。 おすすめの方法はiCloudです。 iCloudであれば必要なものはiPhoneだけです。 データ移行方法の詳細はをご覧ください。 古いAndroidをバックアップ Appleが提供する「Move to iOS」というアプリがあります。 これをAndroidにインストールすれば簡単にAndroidからiPhoneでデータ移行することができます。 「Move to iOS」で移行できるデータは下記になります。 ・電話帳 ・写真や動画 ・ブックマーク ・カレンダー ・アプリ ・メールアカウント Androidで「Move to iOS」を使ってバックアップをとったら次はiPhoneで作業を行います。 iPhoneの電源をオンにし「こんにちは」画面から「Androidからデータを移行」を選択します。 あとは画面の支持にしたがって進めばAndroidからiPhoneでデータ移行へのデータ移行は完了です。 古いWindowsPhoneをバックアップ WindowsPhoneからiPhoneでデータ移行するには、Microsoft HotmailやOutlook. comを使用します。 Microsoft HotmailやOutlook. comをiPhoneにも導入することでWindowsPhoneの時と同じようにメールや電話帳を使うことができます。 他にもというアプリを使用したデータ移行方法もあります。 [格安SIM乗り換え前のiPhoneバックアップ]LINEの引き継ぎ [格安SIMへ乗り換え]iPhoneでLINEのアカウント引き継ぎ 次に古いiPhoneから新しいiPhoneへLINEの引き継ぎ手順を紹介します。 大まかな流れは下記になります。 古いiPhoneで「LINEのメールアドレス登録」または「LINEとFacebook連携」を行います。 早速みていきましょう。 古いiPhoneでLINEにメールアドレスを登録する方法 LINEアプリにメールアドレスを登録することでデータの引き継ぎを行うことができます。 ただし、キャリアのメールアドレスは登録しないようにしましょう。 キャリアから格安SIMに乗り換えると、キャリアと解約することになるのでキャリアメールが使えなくなります。 ここではGmailなどのフリーメルアドレスを登録することをおすすめします。 では早速、LINEアプリでメールアドレスを登録する方法を紹介しましょう。 まずはLINEアプリの「ホーム画面」から「設定」を選択します。 ここでは、キャリアのメールアドレスは登録しないように注意してください。 メールアドレスを登録したら、「設定」画面から「アカウントの引き継ぎ設定」を選択します。 これで古いiPhone端末での設定は完了です。 古いiPhoneでLINEとFacebook連携する方法 LINEとFacebookを連携させることでLINEのデータを引き継ぐことができます。 この手順を行えば、LINEでメールアドレス登録をする必要はありません。 Facebookに登録済みの人におすすめの方法です。 Facebook連携が完了したら、「設定」画面から「アカウントの引き継ぎ設定」を選択します。 これで古いiPhoneでの設定は完了です。 新しいiPhoneでLINEにログインして引き継ぎ完了 次に「App Store」で新しいiPhoneにLINEアプリをインストールします。 電話番号を入力するとSMS ショートメッセージ で4桁の番号が送られてくるので、その番号をLINEに入力します。 もしあなたのスマホがSMS ショートメッセージ に対応していない場合は、Facebook認証を行いましょう。 Facebook認証は、LINEのログイン画面の電話番号入力欄の下にある「Facebookでログイン」から行うことができます。 [格安SIMへ乗り換え]iPhoneでLINEトーク履歴の引き継ぎ LINEのトーク履歴を新しいiPhoneへ移行するには、「LINEのアカウント引き継ぎ」をするだけでは足りません。 古いiPhoneでトーク履歴のバックアップを取り、新しいiPhoneで復元する必要があります。 トーク履歴のデータ移行にはiTunesがインストールされたPCが必要です。 手順は下記のようになります。 LINEアプリの「設定」から「アカウント引き継ぎ設定」を選択。 あとは新しいiPhoneにLINEアプリをインストールしログインしたら完了です。 [格安SIMへ乗り換え]iPhoneでLINEゲームの引き継ぎ ツムツムやポコポコ、ブラウンファームなどのLINEゲームのデータ引き継ぎ方法を紹介します。 LINEノデータ引き継ぎ方法は簡単です。 まずは、新しいiPhoneにLINEのゲームをインストールします。 そしてゲームデータのあるLINEアカウントでログインすれば、以前のデータを引き継いでゲームを楽しむことができます。 ちなみにLINEゲーム「ツムツム」では「ゲストプレイ」を選択しないようにしましょう。 ゲストプレイを選択してしまうと、データが上書きされ、削除されたデータは復元されないので注意が必要です。 [格安SIMへ乗り換え]iPhoneでLINEコインの引き継ぎ LINEのコイン残高も新しいiPhoneへ引き継ぐことが可能です。 引き継ぎ方法は、先ほど紹介したLINEアカウントの引き継ぎを行えば大丈夫です。 ただし異なるOS間では、LINEのコイン残高の引き継ぎができないので注意しましょう。 つまりAndroid端末からiPhone端末に機種変更する場合は、LINEのコインを引き継ぐ事ができないのです。 LINEで引き継げるものと引き継げないものの詳細はLINEブログに書いてあります。 購入料金は発生しません。 Apple Payでのデータ引き継ぎ手続きは、Suicaとクレジットカードの2パターンに分かれます。 特にSuicaを使っている人は旧端末でのデータ削除作業もあるので注意が必要です。 iPhoneに登録済みのSuica残高の引き継ぎ iPhoneのApple PayでSuicaを使用している人は、Suicaの引き継ぎ手続きを行う必要があります。 データ引き継ぎを行わないと、古いiPhoneの残高金額を使うことができません。 「古いiPhoneでSuicaの削除」ではデータがなくなるのではないか?心配になると思いますが、JR東日本のサーバーにしっかりとデータが残っているので安心してください。 まずは古いiPhoneで「Wallet」アプリでSuicaを選択し、右下の「i」を選択します。 これで古いiPhoneのSuicaは削除完了です。 次に新しいiPhoneで削除したSuicaのデータを引き継ぎます。 SuicaはAppleIDを一対一で紐づいているので、新しいiPhoneでは「古いiPhoneで使用していたAppleID」でサインインする必要があります。 新しいiPhoneで「Wallet」アプリを開き、「カードを追加」を選択します。 これでSuicaのデータ引き継ぎ作業は完了となります。 iPhoneに登録済みのクレジットカードのデータ移行 iPhoneのApplePayにクレジットカードを登録している人は、もう一つ手続きを行う必要があります。 「引き継ぎ作業が多い。 」 こんな風に思うかもしれません。 しかし、クレジットカードのデータ移行は簡単にできるので安心してください。 なぜなら、クレジットカードはSuicaと違って旧端末でデータ削除をする必要がないからです。 クレジットカードをデータ移行する手順は下記になります。 まずは新しいiPhoneでApple IDにログインします。 Apple IDへのログインは「設定」アプリから行うことができます。 ちなみに新端末のApple Payで旧端末のクレジットカードが表示される理由は、iCloudで旧端末のデータがバックアップされてるからです。 バックアップされてるデータはApple IDと紐づけられおり、Apple IDにログインすることで旧端末のクレジットカード情報を新しいiPhoneで見ることができるのです。 [格安SIM乗り換え前のiPhoneバックアップ]ゲームアプリの引き継ぎ iPhoneで格安SIMに乗り換える際には、ゲームデータの引き継ぎに注意しましょう。 iTunesやiCloudでバックアップするだけでは、引き継ぎができないゲームアプリが多いです。 ゲームアプリのデータを新しいiPhoneに引き継ぐには、ゲームごとに手続きをしなければなりません。 今回は、代表的なゲームである「パズドラ」と「モンスト」のデータ引き継ぎ方法を紹介します。 [iPhoneへの乗り換え]パズドラの引き継ぎ iPhoneでゲームアプリ「パズドラ」のデータ引き継ぎ方法を紹介します。 大まかな手順は古いiPhoneで機種コードを発行し、新しいiPhoneで機種変コードを入力しデータを引き継ぎます。 まずは古いiPhoneで「パズドラ」を起動し、下画面の「その他」を選択します。 忘れないようにメモをしましょう。 次に新しいiPhoneで作業を行います。 まずは「モンスト」をインストールしましょう。 アプリ起動時に「機種変コードを使ったゲームデータ移行はコチラ」を選択します。 [iPhoneへの乗り換え]モンストの引き継ぎ iPhoneでゲーム「モンスト」のデータ引き継ぎ方法について紹介します。 大まかな流れは「パズドラ」と同様に古いiPhoneでIDを取得し、新しいiPhoneでモンストを起動しIDを入力します。 まずは古いiPhoneで「モンスト」アプリを開き、右下の「その他」をタップします。 次に新しいiPhoneで「モンスト」アプリをインストールします。 [格安SIM乗り換え前のiPhoneバックアップ]SNSの引き継ぎ twitter,facebook,instagramをはじめとするSNSでは、格安SIMへ乗り換える際にデータ引き継ぎ手続きを行う必要はありません。 なぜならSNSのデータはiPhone内に保存されているのではなく、世界中にあるどこかのサーバー上に保存されているからです。 新しいiPhoneにアプリをインストールし、ログインするだけで今まで通りSNSを使うことができます。 [格安SIM乗り換え準備]ツイッター引き継ぎ ツイッターを格安SIMで使用するiPhoneで使用するには、まずAppStoreアプリでツイッターアプリをインストールします。 これでいつも通りにツイッターを使用することができます。 ツイッターのユーザーIDは から始まる文字列で、プロフィール画面から確認可能です。 パスワードはあなた自身が設定したものですが、忘れた場合はパスワードを再発行をすれば解決します。 もし一度ツイッタアプリを削除したとしても、データは消滅せず、再インストールしてログインし直すことで元に戻ります。 [格安SIM乗り換え準備]フェイスブック引き継ぎ フェイスブックでの引き継ぎ手順も新しいiPhoneでログインするだけです。 必要なのはメールアドレスとパスワードだけです。 新しいiPhoneでフェイスブックアプリをインストールします。 これで今まで通り、格安SIMを使っているiPhoneでもフェイスブックが使用可能になります。 フェイスブックアプリを削除しても、インストールし直してログインすれば、データが消えることはありません。 格安SIMに乗り換えるとキャリアメールは使えなくなるので事前にフェイスブックのメールアドレス情報も変更しておくと良いでしょう。 [格安SIM乗り換え準備]インスタグラム引き継ぎ インスタグラムもログインするだけで引き継ぎはOKです。 必要なものは、twitterと同じで、ユーザーIDとパスワードです。 新しいiPhoneでインスタグラムをインストールします。 これで今まで通り、格安SIMで使うiPhoneでインスタグラムを使用することができます。 例えばプロフィール画面の上部に「myname」と表示されていたら、ユーザーIDは mynameとなります。 もしインスタグラムのアプリを間違えて削除してしまっても、インストールし直して再度ログインすれば大丈夫です。 関連記事:.

次の