画像 文字入れ フリーソフト。 【無料簡単】動画に文字を入れる方法

【無料】画像編集ソフトPhotoScapeならリサイズ・文字入れも簡単

画像 文字入れ フリーソフト

まとめて知りたい: 画像から文字を消すソフト・アプリ オンライン透かし消去ソフト 対応OS:制限なし は完全無料で動画と画像のウォーターマーク、透かし、字幕など不要なものを消すことができます。 オンラインで使えるためダウンロード&インストールが必要なく、ネットワークがある限り、デバイスを問わずに使用可能です。 写真に載せたテキストを消す方法は以下です。 オンライン透かし消去ソフトの公式ページにアクセスします。 「画像のウォーターマークを消す」をクリックして文字を消したい画像を追加します。 あるいはちょっと下にある「画像のウォーターマークを除去」をクリックし、画像の透かし消去ページに飛んで、「画像の透かしを消す」をクリックして追加します。 「ボックスを追加」ボタンを押して、青いボックスでテキストをカバーします。 その後「消去」を押して画像の文字の削除が開始します。 (最大10個のボックスを追加可能です)• 最後に、「処理済みの画像をダウンロード」ボタンを押して、文字が消された画像を保存します。 透かし消去ソフト 対応OS:Windows はオンライン透かし消去ソフトのデスクトップ版であり、より高度な機能を持っています。 例えば画像の不要な部分を選択する時、マーキーツールや多角形なげなわツール、ブラシツールで正確に選択したり、動画を複数に分割して、それぞれのクリップの透かしを消したりすることができます。 画像の文字を消す方法は以下の通りです。 以下のボタンを押して、この写真文字消しソフトをダウンロード&インストールします。 その後立ち上げます。 「画像の透かし」を選択し、右側の「ドラッグまたはクリックして画像を追加」のところでクリックして、テキストを消したい画像をインポートします。 マーキーツール、多角形なげなわツール、またはブラシツールで、画像の文字を選定します。 「プレビュー」にチェックを入れると、文字が削除された効果を見ることができます。 (次へ進む前にプレビューをキャンセルしてください。 「出力先」を指定した後、「変換」を押せば、テキストが除去された画像を保存します。 Photo Retouch 対応デバイス:iOS Photo Retouchは無料で使える写真文字消しアプリです。 写真の不要な部分や透かし、ウォーターマーク、テキストを選定して、まるで最初からなかったようにきれいに除去することが可能です。 有料アプリですが、無料でも利用できます。 具体的な使い方は以下の通りです。 Photo RetouchをAppストアから入手してiPhoneにインストールします。 その後起動します。 画面一番下にある「+」をタップして、「アルバム」からテキストを削除したい画像を選びます。 「迅速な修復」をタップして、消したい部分を選択します。 接点のサイズを調整可能です。 文字を選択した後すぐにプレビューできます。 右上隅にある保存アイコンをタップして、「デスクトップに保存したり、享有したりします」>「保存」の順にタップして、文字が消された画像をスマホに保存します。 Snapseed 対応デバイス:iOS、Android はGoogle社が提供していて、写真の明るさの調整やフィルタの適用、射影変換、シミ除去など、様々な写真加工ツールが揃っている写真加工アプリです。 使い方は非常に簡単なので、とても実用的な画像文字消しアプリです。 Snapseedをスマホにインストールして立ち上げます。 画面の任意の場所でタップして「端末から開く」を選択すれば、カメラロールに保存されている画像を選んで追加します。 「ツール」>「シミ除去」の順にタップして、画像の文字を選択します。 選択してからすぐにプレビューできます。 終わったら右下隅にあるチェックマークをタップします。 最後に「エクスポート」をタップし、共有したり、保存したりすることができます。 PicsArt 対応デバイス:iOS、Android は画像に元々書いてあった文字を消すことが可能な写真加工アプリであり、フィルタの適用、画像調整、カーブ、ホワイトバランス、切り抜き、シミ除去、顔修正など、数多くの加工ツールが用意されています。 画像の上の文字を消す方法はとても簡単です。 PicsArtをスマホにインストールして起動します。 画面底部にある「+」をタップして、カメラロールからテキストを取り除きたい画像を選びます。 「ツール」>「削除」の順にタップして画像の文字を選択します。 「Remove」をタップすると、画像から文字だけきれいに消せます。 (文字をよく選択できない時、2本指で画像を拡大してから選択できます。 ) 注意:PicsArtの一部の機能は有料です。 まとめ 画像文字消しソフト、画像文字消しアプリ、及び写真文字消しのやり方を紹介しました。 どれを使っても画像に書いた文字を取り除くことができます。 その中でオンライン透かし消去ソフトが一番オススメです。 なぜなら、PCだけでなく、スマホやタブレットでも利用できるからです。

次の

【無料簡単】動画に文字を入れる方法

画像 文字入れ フリーソフト

画像加工の無料サイト:写真加工. comについて 当サービスの概要 写真加工. comは 簡単に画像加工できるジェネレーター(Webアプリ)で、フリーウェア(オンラインフリーソフト)として 無料でご利用いただけます。 「基本的な画像加工・修正」から「フォトショップにも搭載されていないような画像処理」まで、様々なフォトレタッチができます。 「フレーム追加、デジカメ写真のイラスト・絵画変換」などの画像加工ソフトが人気です。 人物写真におすすめのアプリケーションもいくつかあります。 一般的なフリーソフトで必要となる「ダウンロード・インストール」は不要です。 また一般的なWebアプリで求められることの多い「登録・ログイン」も不要です。 「JPG、GIF、BMP、PNG」といった、基本的なデジタル画像の形式に対応しています。 年間ページビュー数は約2200万です。 動作対応について 当サイトはWindowsパソコン用で動作確認しています。 また「Mac等のOSが搭載されたPC」ではご利用いただけると思います。 「iPhone・Android等のスマホ」、「スマートフォン以外の携帯電話」、「iPad等のタブレット」では、 「Formによる画像送信ができるOS・ブラウザ」を用いると当サイトをご利用いただけます。 出力画像の利用について 加工済み画像の利用制限はありません。 個人でも商用(ビジネス用途)でもご利用いただけます。 「ホームページ作成(ブログ・ウェブサイト)、印刷(年賀状・ウェルカムボード)、オークション」等、何にでも自由に使えます。 [注意]JavaScript アクションスクリプト を使用できるように、ブラウザの設定を変更してください。 お客様のブラウザではJavaScript アクションスクリプト を使用できないように設定されているため、当サイトがうまく動作しません。 「画像指定システムが見えない」、「メニューを閉じるをクリックしても何も起こらない」等。 JavaScriptを使用できるように、ブラウザの設定を変更してください。 設定方法はブラウザによって異なります。 Google等の検索エンジンで「ブラウザ名 JavaScript」というキーワードで検索すると見つかるかもしれません。 なお、この文章はJavaScriptがオンの場合は見えなくなります。

次の

画像の文字入れ

画像 文字入れ フリーソフト

画像加工サイト26選 それでは、無料で使える画像加工サイト26選をご紹介します。 加工機能の欄の「基本加工」とは、サイズ変更、切り取り、回転、反転、鮮明度、ハイライト、影、コントラスト、彩度などを指します。 基本的な加工だけでなく、フレームやスタンプを付けることもできます。 AviaryのSDK(ソフトウェア開発キット)を使っているので、画像加工機能はAviaryのものとほとんど同じです。 2016年5月現在、480種類以上のエフェクトを選択できます。 エフェクトは細かくカテゴリー分けされているほか、キーワードを入力して検索することもできるので選びやすいです。 フィルターをかけるといったシンプルな加工から、顔写真を映画のキャラクターや本などに合成するといったおもしろい加工もできます。 今回は、写真を本のカバーに合成してみました。 最初に編集、コラージュ(複数の画像を組み合わせて一枚の画像にする)、デザインのいずれかの項目を選択してから、画像の加工を始められます。 画像編集では、スタンプの種類が豊富で、編集画面の背景色(白か黒)を切り替えられるのも嬉しいです。 また、デザインの項目を選択すると、FacebookやTwitter、Youtubeのカバー画像、ポスター、はがきなど、用途を選択してから画像を加工することもできます。 fotorは、基本的には無料で利用できますが、有料でないと利用できないスタンプやフレーム、エフェクトなどがあります。 加工機能が充実しているので、細かい調整も可能です。 エフェクトやオーバーレイ、フレームの種類が多いのも嬉しいです。 Photoshopに慣れていない人にとっては、最初はとっつきにくいかもしれませんが、覚えてしまえば高度な編集ができます。 パソコンに入っている写真だけでなく、ウェブカメラで撮影した写真を加工することもできます。 画像加工だけでなく、コラージュもできるのは嬉しいです。 また、Designerを選択すると、Facebookやtwitterのカバー画像、名刺、グリーティングカードなどを作ることもできます。 基本的には無料で利用できますが、有料でないと利用できないスタンプやオーバーレイなどがあります。 英語表記のみですが、シンプルな加工画面なので使い方はわかりやすく、加工機能が充実しているのが嬉しいです。 また、Pic Monkeyのユニークな点として、学校や吸血鬼、ハロウィーンなどのテーマを選択し、画像加工をすることができるという点があります。 テーマ選択をすることで、テーマに沿ったスタンプやフォント、フレームなどを選ぶことができます。 例えば、「Santa Land」というテーマを選んだ場合はこのような感じです。 fotoflexerでは、平面のスタンプや文字だけでなく、キラキラ光るアニメーションが付いたものがあるのが特徴的な点です。 fotoflexerは英語のサイトですが、複数の言語に対応しており、トップページの下で言語を日本語に設定すると、日本語の編集画面が出てきます。 Photoshopに慣れていないと、最初はとっつきにくい印象を持つかもしれませんが、一度覚えてしまえば高度な編集ができます。 英語のサイトですが、トップページの下で言語を日本語に設定すると、日本語に変換することができます。 基本的な加工だけでなく、フレーム加工やフィルター加工、アニメや映画のキャラクターや動物などに顔を合成するおもしろい加工などもできます。 また、加工した画像はダウンロードするだけでなく、そのままSNSでシェアすることもできます。 画像編集では、AviaryのSDKを使っているので、加工機能はAviaryのものとほとんど同じです。 コラージュやポスター、Facebookのカバー画像、雑誌の表紙や有名な絵画などの合成写真を作ることができます。 会員登録をしなくても画像加工をすることはできますが、会員登録をしないと利用できないテンプレートがあります。 画像の加工後は、登録などの手間なく画像を保存(JPGまたはPNG)したり、加工した写真をそのまま投稿したりすることもできます。 加工画面の右側にヒストリー(操作履歴)の表示があるので、処理が気に入らなかった際にやり直しやすいのが便利です。 加工できる画像のサイズは、最大長辺1000ピクセルまでです。 おしゃれなフィルターやスタンプ、フレームなどを使って簡単に画像の加工をすることができます。 可愛い加工ができるので、女性に嬉しい画像加工サイトです。 画像のファイルサイズは15MBまで 会員登録がやや面倒ですが、簡単におしゃれでかわいい画像を作ることができるので、一度試してみるのも良いかもしれません。 スタンプやフレームなどの加工はできませんが、基本的な加工をするには十分な画像加工サイトです。 プレビューとオリジナルを切り替えることで、加工した画像と元画像を見比べられるのがとても便利です。 21種類のエフェクトがあり、エフェクトを選んだ後の細かい調整もできます。 また、画像を加工した後は、そのままFacebookやTwitterに投稿することもできます。 編集履歴が表示されるので、気に入らない処理のやり直しも簡単にすぐできます。 また、GIFアニメ、ロゴ、ボタン、QRコードなどを作ることもできます。 Photoshop(有料)の一部機能を無料で使えます。 画像のファイルサイズは16メガピクセルまでで、加工した画像はJPEGで保存できます。 加工画面はシンプルでわかりやすいですが、加工機能は充実しているので細かい調整までできます。 色合いや明るさなどをワンクリックで自動調整し、料理写真を美味しく見せてくれます。 写真加工. 加工機能は、全ツールの一覧リストや人気ツールのリストを見て選ぶことができます。 画像のファイルサイズは50MBまでなので、大きな画像も加工できるのは嬉しいです。 画像加工サイトを活用しよう! 画像加工サイトを使えば、無料で簡単に画像を加工できます。 サイズ変更をはじめ、エフェクトやスタンプ、文字入れなど、充実した加工機能を上手く使うことで、簡単におしゃれな画像やおもしろい画像を作れるのは嬉しいですよね。 便利な画像加工サイトを活用して、素敵なホームページを作ってみてくださいね。

次の