ユーカリ 自然 発火。 オーストラリア山火事の原因はユーカリの自然発火!現在の状況や募金先は?

オーストラリアで山火事が起こる原因は?ユーカリの自然発火が理由?

ユーカリ 自然 発火

この記事はざっとこんな感じ!• オーストラリアで山火事多発! オーストラリアでは、2019年9月頃から山火事が相次いで起きています。 犠牲者が23人が出るなど、被害が拡大しています。 報道されている内容が、こちらです。 オーストラリアで深刻な森林火災がつづき、犠牲者23人が出るなど、被害が拡大している。 森林に生息する動物たちにも甚大な被害をもたらし、火災で最大8000頭のコアラが犠牲になっているという。 オーストラリアでは2019年9月ごろから、南東部のニューサウスウェールズ州やビクトリア州で大規模な森林火災が相次いでいる。 異常な高温と乾燥によって火災が発生しやすい状況が続いており、消化活動も難航しているという。 1月4日時点で犠牲者の数は23人にのぼり、1500棟以上の家屋が被災した。 焼失した面積は500万ヘクタールに及んでいるという。 煙と灰は、シドニーの都市部にまで広がった。 森林火災の影響は、人の生活だけではなく、動物たちにも甚大な被害をもたらしている。 シドニー大学の生態学者は、これまでに約4億8000万の哺乳類、鳥類、爬虫類が死んだと推定している。 現場になっている森林はコアラの生息地として知られており、ニューサウスウェールズ州では1万5000~2万8000頭のコアラが生息しているとされる。 地元メディアの「News. com」は、「最大8000頭のコアラが4カ月以内に死んだと考えられる」と報じた。 オーストラリア連邦政府のスーザン・レイ環境相は、「地域に生息するコアラのうち30%以上が死んだ可能性がある」と述べた。 出典:ハフポスト日本版 森林火災は、生態系にも被害を及ぼしています。 オーストラリアを象徴する コアラも、最大で8000頭近くが犠牲になっています。 オーストラリア山火事の原因はユーカリ? オーストラリアで多発する山火事。 原因はいったい何なのでしょうか。 原因1:ユーカリ オーストラリアと言えば『コアラ』。 コアラの好物と言えば、『ユーカリ』ですよね。 ユーカリは「ガソリンの木」とも言われ、油が採れる木です。 ですので、いったん火が付くと勢いよく燃えます。 風に乗って飛んできた火の粉によって、ユーカリが燃え出し、山火事が相次ぐようです。 原因2:落雷 オーストラリアは南半球にあるため、日本とは季節が反対です。 つまり、オーストラリアは今が夏になります。 日本よりも乾燥しており、 落雷をきっかけに、山火事が発生。 そして、強い風が吹くことで、火の粉が遠くに飛んで火災が多発するそうです。 原因3:異常気象 オーストラリア東部では、過去数年間干ばつに襲われ、非常に乾燥しています。 2019年12月には、オーストラリア全土の平均最高気温が40度を超えて2日連続で過去最高を更新。 インド洋の海水温度が変化する現象が影響を与えているといった、気象局の分析もあります。 平年より気温が高く、雨が少ない天気が続く、 異常気象も森林火災の原因の一つになっているようです。 オーストラリア山火事、現在の状況は? 2020年1月4日時点での、オーストラリアの山火事被害は下記のとおりです。 犠牲者の数は23人にのぼり、1500棟以上の家屋が被災した。 焼失した面積は500万ヘクタールに及んでいるという。 シドニー大学の生態学者は、これまでに約4億8000万の哺乳類、鳥類、爬虫類が死んだと推定。 最大8000頭のコアラが4カ月以内に死んだと考えられる。 500万ヘクタールは、東京ドーム約107個分の面積になります。 自然豊かなオーストラリアですから、動植物の被害も尋常ではないですね。 消火活動は、2020年1月6日現在も続いています。 コアラを救う活動、募金先は? オーストラリアの山火事で被災しているコアラ。 その被災したコアラのための募金活動が、オーストラリアではオンラインで立ち上がっています。 ポートマッコリー・コアラ病院(Port Macquarie Koala Hospital)は「森林火災で被災して喉が渇いたコアラたちを助けよう」と呼び掛け、野生のコアラ用の自動給水所を設置する資金を調達する募金をクラウドファンディングサイト「 ゴー・ファンド・ミー(GoFundMe)」に立ち上げた。 当初の目標金額は、2万5000オーストラリア・ドル(約184万円)だったが、国内外から2万人以上が寄付を寄せ、寄付金額は21日までに100万オーストラリア・ドルに達した。 ゴー・ファンド・ミーによると、これは2016年に豪国内向けサイトが発足してから2番目に多い募金額で、今年に限れば最高額だという。 ゴー・ファンド・ミーでは、今回の森林火災に関連した募金活動がこの10日間で700件立ち上げられ、寄付金総額は既に約200万オーストラリア・ドル(約1億4800万円)に上っている。 個別の寄付金額が2番目に多いのは、消防団と被災者を支援する募金で、6万オーストラリア・ドル(約440万円)が集まっている。 出典:AFPBB News まとめ 今回は、 オーストラリアで起きている山火事について、その原因や現在の状況、募金先について調べていきました。 ユーカリが火災の一因になっているのは、驚きましたね。 早く消火すされることを祈るばかりです。 それでは、最後までこの記事をお読みいただきまして、ありがとうございました。

次の

ブッシュファイアーってなあに?

ユーカリ 自然 発火

オーストラリア(シドニー)の山火事(森林火災)の出火原因は? オーストラリアでここまで多くの山火事が なんで相次いで発生するのか。 調べたところ出火原因になる 可能性がいくつかありました。 大きく分けると 自然によるものと 人為的なものです。 それぞれ説明していきますね。 自然現象による出火原因 自然発火の原因となるのが 次の出来事です。 ・乾燥気候(干ばつ) ・ユーカリの葉 ・気候変動 ・落雷 オーストラリアは 乾燥気候に加えて 雨がほどんど降らなく干ばつになる ことがしばしば。 最近では地球温暖化の影響で 気候変動により、気温が上昇しています。 ですので、温度が高く水分がないため 火災が発生するとたちまち火が周ります。 違う要因として ユーカリの葉があります。 今回山火事が深刻化している シドニー付近の森林にはユーカリの葉が 多く茂っています。 ユーカリの葉は燃えやすいのです。 というのもユーカリの葉はテルペンと 呼ばれる生成物質を放出しています。 このテルペンは引火性があり、 気温が上昇すると量が増えます。 なので、夏に気温が上がり ユーカリの葉から引火性のあるテルペン が大量に放出されることによって 火災を起こし燃え広がります。 また、 落雷や木々が送電線を損傷させる ことも出火原因として考えられます。 以上が自然現象での出火原因です。 続いて人為的な出火原因をみていきます。 人為的な出火原因 人為的な出火=放火によって 山火事を起こしたもの要因の1つです。 その放火理由がこちらです。 森林火災が猛威を振るっているオーストラリア東部で、栽培している大麻草を守ろうと、森林火災の進行方向にある下草などを焼く「迎え火」を試みて新たな森林火災を起こしたとされる男(51)が、逮捕され、16日に裁判所に出頭した。 afpbb. このように人為的に火災を引き起こす 事例は過去にもありました。 一方でロシアのメドベージェフ首相は 今回の山火事の原因は違法伐採を 隠蔽するために故意に行ったという見解を 示しています。 こちらの真相は現時点ではわかりませんが 上で取り上げた大麻の事例があるように 可能性としてはありえると思います。

次の

オーストラリアの山火事(森林火災)の原因は?なぜ発生するのか理由を調査!

ユーカリ 自然 発火

通常のオーストラリアの山火事は自然の摂理のはずが・・・ オーストラリアはとっても広い国です。 もう、びっくりこくくらいデカイ国で、大陸です。 そして、気候も熱帯雨林から乾燥している砂漠気候まで様々。 ですが、実際には非常に乾燥している国なんです。 真ん中のウルルがある所は、全くの砂漠。 この辺をドライブする人は、約40L程度の水を持参してからロングドライブするようにという忠告もあるし、実はドライブ中にエンコして死亡するという事故も多いんです。 昔、私の友人のご両親も50年くらい前に、アリススプリングスからダーウィンに向かう途中でエンコして、3日間、誰も通らず、水もなくなり、死を覚悟して遺書を書いていたらレンジャーが通りかかり、奇跡的に助かったという経験があるそうです。 まあ、この辺りの砂漠は燃えるような木もないからいいんですが、問題は熱帯雨林よりも下の気候の地域、ほとんどのオーストラリアでは山火事が毎年の危険な現象なんです。 しかし、今年(2019年)は本当にひどい。 私が移住してから20年になりますが、ここまでひどいのは初めて。 実際にcatastrophic alartが発令されたの初めてじゃないかと思いますが、いつ火災が起きてもおかしくないと言う警報で、約300校近い学校が休校になっています。 実際に、AU夫の職場の同僚が国立公園近くに住んでいて、家族がいないためにウチに避難すると言う状況になっています。。。。 そして夏はまだ始まったばかり・・・どうするんだろう、これからもっと暑くなると言うのに。 雨が本当にふらない、ずっと雨がないのでこれは本当にまずいですわ。 どこにでもあるユーカリの木は自然発火する オーストラリアに住んでみるとわかるんですけど、ダーウィンやケアンズなどの熱帯雨林地域は別としても、ほとんどの地域は乾燥しています。 そして、何処にでも自生しているユーカリの木。 この木がかなりの曲者なんですわ・・・。 この木の葉っぱを手にとって、くちゃくちゃっと丸めるとほんのりとユーカリの匂いがするので、私は好きなんですが、この木の葉っぱ、大量のユーカリ油を含んでいて太陽の熱により自然発火するんです。 そして、このユーカリの木は何処にでも生えている。 まあ、公園とか市街地にあるものは問題ないんですが、これがBush、森林地域になると山火事の原因になる。 しかし、この山火事はオーストラリアではもう何千年も前からあった自然の摂理でもあります。 要するに、非常に貧弱な乾燥した土地のため、自然が勝手に焼畑農業というか、焼畑をやって栄養を循環させていくという優れた自然再生のメカニズムなわけです。 が、人間が住むようになってこのオーストラリアの自然の焼畑農業的?な摂理もまた災害となってしまうわけです。 実際に、田舎の方に住んでいる方々にとってはもう、夏になるとこれはもう生命に関わる災害です。 そして、毎年同じところは基本的に燃えません。 大体、10年単位ぐらいで燃えるところが変わってくるようですから、去年燃えたところは今年は燃えないのであまり心配はないものの、今年は特に雨が少ないし、乾燥しているから本当にやばい・・・。 この山火事をBlack Saturday Bushfiresと呼ぶんですけど、この山火事は本当に酷かったんです。 当然ながら、オーストラリア中のニュースになるし、各州からもファイアーファイターが集められて、必死の消化活動が行われましたが、本当に火の回りが早くて逃げ遅れる人も多かったそうです。 そして、毎年のようにNSW州でも森林あたりを中心に小規模ではありますが、山火事があります。 Blue monutainsという、森林はユーカリから出る油で遠くから見るとブルーに見えることから、ブルー・マウンテンズと名付けられているという次第。 そして、数年前にもこのブルー・マウンテンズでも山火事がありました。 友人もシドニー市内まで避難したこともあったそうですから、雨が少なく、高温になるとみんなビクビクするんです。 いつ、自然発火してもおかしくないという地域。 まあ、確かに綺麗なところだし、シドニーから電車で2時間(2時間通勤はどうかと思うが)、シドニーからブルーマウンテンに移住する友人も多い、避暑地ではあります。 真夏の豪州のブッシュ・キャンプは要注意 それから、オーストラリアはキャンプにもってこいの国で国立公園はたくさんあるし、国立のキャンプ場もたくさんあります。 でも、真夏にブルーマウンテンズにキャンプはいけないなぁ・・・いつ、自然発火してもおかしくないので、オーストラリア人の夫は、 「キャンプに行くなら、ビーチだよ。 山はだめ!」とはっきり断られちゃいます。 まあ、どこの森林部や国立公園でもこの時期は火を使う(焚き火)のを禁止しているので、キャンプに行っても火が使えなかったりするし、本当に暑いのでちょっと無理ではありますが。 ほんと、マジ暑いから真夏のキャンプはお勧めしません。 それでも、たまに真冬でも暖かくて、雨の少ない時期にはいきなり発火することもあるので、最近の地球温暖化で予測がつかない場合もある。。。。 冒頭でも触れましたけど、実際にSydneyの近郊でも国立公園があったりするので、この上ない乾燥状態でどこにでも生えているユーカリの葉っぱから自然発火するのですから、ラジオでも緊急を要する場合はすぐに避難するように、救援がこない場合もあるので出来るだけ自主的に避難してくださいとは言っていますが、本当に火の回りが早く、今日は特に風が強い。 火の回りは30Kmまで飛ぶと言われているので、いきなり30km離れたところからも火が移る可能性があるとのこと。。。。 さて、ウチにいるお姉ちゃんはどうするべーか。 彼女はイギリス出身だから、家族はみんなイギリスにいるそうだし、私はイギリスに夏が終わるまで帰ったらどうかとは言ってみた(現在無職だしね)が、仕事を探したいし、家を開けるのは心配だと言うし・・・・。 本当、どうするんだろうか?彼女の家の周辺が森林火災にあったのは30年前だから、確かにそろそろやばい頃だと思うが。 まとめ とにかく、本当に大変なんです。 ここ数日前までも、シドニーの都心でも山火事の煙が流れてきていて、窓を開けると非常に煙臭い日々が続いていました。 ちょっと、雨が降ったけど、またもや晴天。 そして、シドニー市内も節水条例が出されました。 ホースで車を洗うのは禁止、時間帯を決めて庭の水やり、不必要なコンクリやタイル張りの庭に水を撒くのも禁止。 というような感じでお触れが出まして、罰金が以前は$360程度のものが、今では$500以上に。。。 また、オーストラリアのLandlineという農業や酪農を中心とした田舎の方の出来事を伝える番組(毎週日曜日、ABC放送局で放送中)を毎週日曜日にAU夫の実家で見るんですけど、必ずと言っていいほど、干ばつに対しての情報が取り上げられます。 QLD州やNSW州の田舎の方、地方は非常に干ばつの被害がひどく、今年は特に酷いらしくてこのままで行くとクリスマスの頃には水がなくなるとのこと。 昨日のラジオニュースでも、ペットボトルに入った水のチャリティーや寄付を募集するという情報も流れていて、実は在豪20年ですけどここまで酷い水不足はなかったような気がします。 シドニーはdesalination plantと言って、海水から塩分を除去して真水に変えるというシステムを導入していますから、安心なんですが、他の地域はまだダムや川の水から飲料水を取っているのがほどんどで、そこが干上がってきているという状況のようです。 実際に、じわじわと地球温暖化の影響が出ていますよね。 地球温暖化が進むと気候環境が非常に顕著に現れると言われています。 例えば、オーストラリアのように乾燥している国でももっと乾燥して、干ばつがあり、雨がひどくなると洪水が起きるくらい酷い雨が降ったり。 それから台風。 海水の温度が上がると台風が発生しやすくなり、大型になると言われているので、ほら、日本もまた大きな台風がの発生と被害が。。。。 人はグレタのことを誰かに操られているとか、なんとか言ってますけどね、科学者たちは本当に警告しているんですよ、何年も前から。 知らないのは、ニュースを見ない人達やニュースを報道しない国にいるからであって、オーストラリアや他の先進国(アメリカもちょっとあてにならん)では結構、メディアでは流れてきています。 しかしながら、残念なことにオーストラリアの現政権は鉱山会社との癒着があるために地球温暖化に関しては否定的ですし、また新しく鉱山を発掘する契約を交わしています。 私達もデモをやってりしていますが、教養のないバカばっかの国民のため前回の選挙では政権を覆すことができませんでした。 まあ、ほとんどいま干ばつで苦しんでいる地域の人達が現政権を支持しているので、自業自得とは思うのですが、そうでない人もいるのでその方々はかわいそうだなぁと思ってますが。。。。 もう少し、目を開いて耳をそばだてて欲しい。 この地球の悲鳴が聞けえるだろう??.

次の