親指 骨折 テーピング。 【突き指】をしてしまった時の自分で簡単にできるテーピングの巻き方

足の親指骨折【応急処置テーピングの巻き方

親指 骨折 テーピング

症状や部位によって違いますが、通常2~4週間の固定期間が必要とされていますので、もし2週間で骨がついている状態であれば、リハビリをして間に合うと思いますが、ここもしっかり医師に確認を取ってください。 幸い、指ですので脚のトレーニングや反対の腕、手は使えると思いますので、患部以外のトレーニングをしっかりと行うようにしておきましょう。 競技復帰後は再発予防のためにもテーピングを利用してみましょう。 私も学生時代に手術が必要なケガを2回もしました。 そのときにケガをして良かったと思ったことは・・・いつも中にいてプレーしていたのを外から冷静にみることができ、プレーの幅、判断力の幅が広がりました。 また、ケガに関する興味が高まり、予防、対応ができるようになりました。 いつも使わない部分がトレーニングできる期間でもあります。 娘さんにそんなお話もしてあげてください。 (スポーツの鉄人;中島 靖弘) 中学生の子どもがボクサー骨折と診断されました・・・ 使いすぎが原因ですので、一番良い治療方法は患部を休めることです。 特に今回のケースでは一度同じケガをしていますので、慎重に、そして確実に治すことをお勧めします。 まずは医師の指示通り、しっかり安静にしてみてください。 休むことはとても苦しいことですが、前回同様に長く時間をかけないためにも思い切った休養をお勧めします。 肩は動かすことができませんが、下半身のトレーニング、体幹のトレーニングは行うことができると思います。 ランニングや自転車などの持久力を向上させるトレーニングも可能です。 これを機会に、投球動作以外で苦手な部分のトレーニングに集中してみてはいかがでしょうか。 また治療が終わり、また投球ができるようになったら、再発予防のためのストレッチングなどを人より多く行うようにしてください。 肩の周りの柔軟性が低下すると、負担が大きくなります。 日々のトレーニングの疲労を翌日に残さないように心がけましょう。 (スポーツの鉄人;中島 靖弘).

次の

【突き指】をしてしまった時の自分で簡単にできるテーピングの巻き方

親指 骨折 テーピング

「足の親指の付け根の足裏側に体重がかかると痛い!」 と歩いたり走ったりするたびに、足裏の親指の付け根あたりの痛みで悩まれている方は、スポーツをされている方に多い障害の 『母趾種子骨障害(ぼししゅしこつしょうがい)』 について知っておかれると良いと思います。 足の親指の付け根の足裏側に 『種子骨(しゅしこつ)』 と呼ばれる花の種のような骨があります。 ここに過剰な負担がかかったことで『痛み』が出ることをいいますが、その起こり方は様々です。 「病院に行ったら種子骨障害って診断された~うわぁ~どうしよ~」 「種子骨が傷んでいるようだけど、自分はどう対処していったらいいんだろう・・」 など、不安が襲ってくると思いますが、それも多少の知識を持っておくことで冷静に対処することができるようになります。 そこで、今回はみなさんが足裏の親指の付け根あたりが痛いってなったときに 『母趾種子骨障害』 に当てはまるかどうか、もしそうだったとしたら自分はどのように対処していけばいいのかを知っていただければと思います。 母趾にある種子骨とは 今回は足の親指の付け根にある『種子骨』について考えていきます。 まずは、この『種子骨』って種のようなちっちゃい骨がなぜ足裏にわざわざついているかについて考えていきましょう! もちろん、みなさんにあるわけですから人体の構造上何かしらの必要性があってついているはずです。 この『種子骨』は足の指が大きく曲がるところについています。 このカーブのところにあるというのがポイントで、その役割とは• 筋肉の腱の摩擦軽減 そのまま床面に当たると床との摩擦で腱が傷みやすくなってしまいます。 そこで、この種子骨を挟むことで直接筋肉の腱がこすれないようにしてくれています。 足底圧の吸収・分散 足裏にかかる衝撃を吸収・分散することで負担がかかりにくくしてくれています。 力学的な支点 大きくカーブするように筋肉がありますのでそのままでは力が発揮しにくくなります。 そこで間に種子骨を挟むことで力をしっかり発揮できるようにしています。 などがあります。 これら『種子骨』は他には• 手の親指の手のひら側の付け根の部分• 膝のお皿の骨(膝蓋骨) などが同じような目的のためにあります。 「膝のお皿の骨って花の種ほど小さくないけど・・」 と思われるかもしれませんが、あそこは筋肉も『大腿四頭筋』という太い筋肉の腱部分についていますので、手や足のように小さかったら役割が果たせません。 そう考えると、分類上はやっぱり『種子骨』で納得の大きさとなるわけですね。 スポンサーリンク 母趾種子骨はどんな形なの? 『母趾種子骨』は、足の親指の付け根にあります。 みていただければおわかりのように• 脛骨側(内側)種子骨• 腓骨側(外側)種子骨 とふたつの種子骨があります。 大きさは、 『脛骨側(内側)種子骨』 の方が大きくてその役割も大きく担っております。 そのため、実際に『種子骨障害』になりやすいのも『脛骨側(内側)』になります。 種子骨障害はどうやって起こるの? 母趾の種子骨障害は、スポーツをしている方に起こる『スポーツ障害』として症状が出ることが多いです。 硬い地面に勢いよく着地したりなど衝撃で『骨折』を起こしたりするような外傷(ケガ)の場合もあります。 『骨折』を起こしている場合と『スポーツ障害』の場合では、• 骨折などのケガ まったくそれまで痛くなかったのに、衝撃がかかってから激痛がある。 幹部はすごく腫れて、歩くときに足をひきずったりまったく足がつけなかったりする• スポーツ障害 徐々に痛みが出てきてスポーツができなくなってくる。 腫れたりすることもありますが、わかりやすく腫れることはあまり多くない と、症状の出方が違います。 ケガの場合はその症状の強さでおおよそ病院に行かれることになると思われます。 そこで適切な処置を受けることになりセルフケアとはなりませんので、こちらでは 『スポーツ障害』 を中心に紹介していきたいと思います。 スポーツ障害としての種子骨障害 実際に『母趾種子骨障害』で痛くなってしまっているので、原則は『スポーツ休止』で対応することになりますが、その原因についてしっかり知って改善しておくことは再発予防などの観点からは非常に大切になってきますので順番にみていきましょう! 1.環境要因 自分のスポーツをしている環境が足に負担をかけるものなのかをまずは確認していきましょう! 例えば• 床の硬いグランドや体育館 床から受ける衝撃が大きいため負担がかかります。 もちろん、スポーツ特性上その環境を変えることができないこともあります。 しかし、スポーツ復帰の前に自主練などするときにはそのような床面の環境を考えた場所でするなどの配慮をすることは可能です。 足にあっていないシューズ シューズを履くスポーツであれば、足にあっていないものを履いていたり、クッション性が低いものを使っている場合などがあります。 インソールを自分で入れたりしてカバーする必要があります。 足のアーチなど環境 自分の足のアーチを含めた環境要因によって母趾の蹴り込みの負荷が強くなってしまっていることがあります。 などの環境について自分で改善できるところは何かチェックしてみましょう! 2.スポーツ特性 原因として1番考えられるのは『スポーツ』での反復した負担でしょう! 例えば、• ダッシュを繰り返す『サッカー』• つま先立ちで練習する『バレエ』• 裸足で踏み込みをする『剣道』 などはなかなか避けられないことです。 この場合には、復帰前には• 特に負担のかかる動作は最初はしないようにする• テーピングやインソールなどで負担を軽減できるようにする などの工夫をしておくことが必要でしょう! これらの影響を受けて、繰り返し『種子骨』に負担がかかることで• 炎症が起こる• 血流障害が起こる• 疲労骨折になる などそれぞれの障害が出てきます。 もちろん、ただ炎症を起こしているだけならまだ休む期間も比較的短くて済みますが、• 疲労骨折• 血流障害(無腐性壊死) などを起こしてしまうとその治療期間は長くなってしまいます。 スポンサーリンク 母趾種子骨障害の症状 1番の症状は『種子骨』のある部分の痛みです。 体重をかけたり、歩いたり、走ったり• 指でその部分を押したり すると痛みがあるので比較的わかりやすいです。 あとは、足の親指を反らせる動作をしてみましょう! これだけでも痛みが出たりもしますし、症状の軽い人はこの指を反らせた状態で『種子骨』を押さえてみると確認しやすくなります。 外傷(ケガ)による場合ほど明らかではありませんが、 『腫れている(ちょっと腫れぼったい)』 感じがみられたりします。 母趾種子骨障害の診断 足の親指の付け根の足裏側が痛いとなって病院を受診するとまずはレントゲン撮影が行われます。 それで、• 痛みのある所が腫れているか?• 骨折していないか• 二分種子骨でないか? などの確認ができます。 そこから、疲労骨折や血流障害が起こっているかをきっちり診断するためには 『MRI』 が有効です。 症状だけでもおおよそわかりますが、その障害の細かい内容を知るには詳しく検査する必要があることを知っておいてください。 母趾種子骨障害の治療 外傷(ケガ)で骨折などをしている場合には• 1ヵ月程度体重をかけないようにして(免荷重)• 患部を固定(ギプスや副子) の対処が行われます。 スポンサーリンク スポーツ障害でおこっている場合には、『種子骨』部分に体重がなるべくかからないように• クッションを入れる 『種子骨』部分をあけた状態でまわりに高さを作っていきます• 足底板(インソール)を入れる 足の形状によって少し合わせ方は異なりますが、原則的には内側に体重をかけにくいように入れていきます。 などで対応します。 そして、復帰時期にむけて行う方法に『テーピング』があります。 (持っている人は)横アーチパッドを足裏にあてます。 このときポイントは足のやや親指側につけることです つける前に指でそこを押すと足の親指が少し曲がることを確認してください。 次にクッションパッドを『種子骨』の下にあてます。 ない人はティッシュを丸めてつくったものでかまいません。 それをキネシオテープ(もしくはホワイトテープ)で動かないようにとめます。 パッドやクッションがない人はつけなくても大きな問題にはなりませんので安心してください。 スポンサーリンク• 足の真ん中あたりと親指を軽く1周巻き付けるテープをつけます。 (今回は足の真ん中にすでにテープが巻かれていますので省略しております) キネシオ、ホワイトどちらのテープを使っても構いません(アンカーテープ) 足の真ん中はきつく締めすぎてしまうことがありますので、1回足を床について体重を軽くかけてから巻ききりましょう• ホワイトテープで親指から ・まっすぐ ・斜め ・斜め にテープをつけます。 このとき、親指が反らないように自然な状態で巻き付けてください• 3と同じようにアンカーテープを巻きます。 完成です。 炎症がある方などは、1番下にテープタイプの湿布を貼ってからテーピングをしてもかまいません。 また、全体的なクッションや足底板(インソール)などとの組み合わせで行ってもよいでしょう。 スポンサーリンク 自分の身体の使い方を見直そう 『母趾種子骨障害』になってしまう原因として、 『スポーツなどで過剰に負担をかけている』 ことは大なり小なりあることは確かでしょう! それはスポーツ休止するしかありませんが、ここでひとつ見直しておいていただきたいのが 『歩行時の足先の向き』 です。 これが足先を外側に開く方は、• 足の内側に体重がかかりやすい• 種子骨の内側にストレスを与えやすい 状態にあるかもしれません。 自分の歩行をみてみて、足先が• 左右の開きを比べると傷めている側の方が開きが大きい などが当てはまるようなら、その足の開きぐせについて考え直す必要があるでしょう。 おわりに 『母趾種子骨障害』と病名を耳にするとなんか漢字ばっかりで大変なことになったかのように感じてしまわれます。 もちろん、スポーツ選手で練習量が圧倒的に多くてケアのしようがなく何回も繰り返す人などの特殊な場合には手術でとってしまうこともありますが、基本的には 『おとなしくスポーツを中止して休んでいれば治る』 もので、特別な治療法なども必要ありません。 のんびり待てる方なら、再発予防のための環境のことだけを考えてあとは難しいことを考えずじっとしていたら良くなりますので安心してください。 この場合の治療とは、できるだけ• 『種子骨』にかかる負担を減らして症状が治まるのを早める• 再発しないようにカバーしながら復帰を進めていく ときの処置をどうするかってところが焦点になります。 それも自分のできることを着実に進めていくことだけで、それをしたからって一気に症状がゼロになることもありませんので、そこは過剰な期待はせずに粛々と進めていってストレスのない治療をしていただければと思います。

次の

足の甲が痛い!簡単テーピング【ランニングで疲労骨折の可能性が

親指 骨折 テーピング

足の指を骨折した場合(またはひび)の症状 普段の外出時は靴を履いているので、足の指だけ骨折するケースは少ないですが、夏場や屋内ですと、素足のことが多く、強い衝撃を受けると骨折やひびが入ることがあります。 想像するだけでも痛いですが、足の指を骨折、またはひびが入った場合の症状とは、どんなものがあるのでしょうか? とにかく痛い 足の指を骨折した時、誰もが感じるのはとにかく痛いということですよね。 症状を受けた直後はもちろん、 ズキズキとした痛みは時間が経ってもなかなか治りません。 痛すぎて貧血を起こしたり、気分が悪くなる人もいます。 指を動かすと痛い 足の指を骨折(またはひびが入った)直後は、しばらくズキズキとした痛みが続きます。 ただでさえ痛みを感じているのに、動かそうとする気持ちにもなれないとは思いますが、 指を動かそうと試みると、さらに激痛が走ります。 少しでも動かせる時は、骨折ではなく、ひびが入っている程度の可能性が高いです。 変形している 足の指に衝撃を受けた後、足の指の形を確認してください。 普段と違い 変形している場合、骨折している可能性が高いと言えます。 動かした時に音がする 足の指を動かした時に、 軋む音やポキポキと音がしたら、骨折した骨がぶつかっている音かもしれません。 しかし、基本的にはあまり動かすことはよくありませんので、何度も繰り返すことは避けてくださいね。 腫れる 骨折した箇所は、 周りが腫れ上がります。 足の指が倍ほどに腫れ上がっていたら、骨折またはひびが入っている可能性が大です。 色も紫色に内出血することが多く、見ているだけで痛いですね・・・。 体温が上がる 骨折すると、高熱までとはいきませんが、 発熱する場合も多いです。 身体の元々の防御機能による発熱なので、数時間で下がることがほとんどでしょう。 しかし重度の骨折の場合、高熱が出ることもあります。 足の指の骨折(またはひび)の対処法 足の指を強く打ち、骨折または、ひびが入った恐れがある時は、 早めに病院に行くことが1番です。 しかし、その前に 応急処置をしておくだけでも、後々の回復が大分変わってきます。 そこで、足の指を骨折(またはひび)した場合の、正しい対処法をご紹介します。 冷やす 足の指を強く打った場合、たとえ骨折ではなく打撲ですんだ場合も、 患部を冷やすことが大切です。 氷を入れたビニール袋や、保冷剤などでしばらく冷やし続けましょう。 冷やすことで血流をとどめ、腫れがひどくなることを防ぐことができます。 また、痛みの軽減にもつながりますよ。 添え木をしてテーピング 骨折の応急処置と言えば「 添え木」ですが、足の指は小さいので、なかなか添え木をできない場合もあります。 そんな時は、 スポンジなどを小さく切って、患部の大きさに合わせ、隣の指を添え木代わりにしてテーピングしてください。 足の指だからと言って放置しないように 「腕や足の骨が折れたわけじゃあるまいし・・・」などと言って、病院へ行くことを面倒くさがってしまうと、 骨折した足の指が正しい位置でくっつかないことや、 曲がっさたままくっついてしまうことがあります。 またひびが入った場合も、きちんと完治せず、再発しやすくなります。 足の指は小さな箇所でも、歩くにはとても大切な役割を果たしていますので、しっかりケアしてあげましょう。 まとめ ついうっかり強くぶつけてしまうことが多い足の指ですが、屋内でもいつ骨折してしまうか分かりません。 足の指を骨折した(またはひびの)場合、応急処置で動かないようにした後は、早めに病院へ行きましょう。 きちんと処置をしてもらえば、痛みの引きも早いですし、後々のトラブルも少なくてすみますよ。 その他「足の指」に関する様々な情報・症状・対処法は、下記の記事にまとめています。

次の