シンデレラ 勇気と優しさ。 勇気と優しさ|シンデレラ

勇気と優しさを教えてくれる実写版「シンデレラ」

シンデレラ 勇気と優しさ

(映像URL:様) 基本的にはディズニーのシンデレラをベースにした内容なのですが、映像が非常に美しく、シンデレラが魔法で鮮やかなドレス姿になるシーンや、お城での舞踏会のシーンには、 思わず見とれてしまうものがありました。 そんな映画の中で、いくつか印象にのこる場面が有りました。 まずはシンデレラのお母さんが、病気で亡くなる前に彼女に語る内容。 母はシンデレラに「 勇気と優しさを大切にし、精霊の力を信じる」ように言い残して世を去ります。 これが映画を貫くキーワードになるのですが、 愛や優しさが大切だとはわかっていても、私達が日常生活の中で実践することは、なかなか難しいように思います。 例えば、映画館の帰りにアジアの恵まれない人たちに寄付を求める募金活動を行っている人たちがいました。 沢山の人通りがあるにも関わらず、 誰も寄付をしている人がおらず、これが現実なのかと寂しく感じました。 え、私ですか?。 僭越ながら、すこしばかり寄付をさせてもらいました。 募金活動が必ずしも素晴らしいとは言いません。 ですが「愛や優しさ」は実践してこそ意味がありますよね。 それに正直に言えば、シンデレラの映画を見終わった直後で「影響されていた」事もあります(笑)。 「 優しさは、すごい力をもっているのよ」。 そう語る母の言葉を素直に信じて、小さな動物や家の使用人に心を配り、明るさと優しさを忘れなかったシンデレラ。 シンデレラに憧れる女性は沢山いても、優しさの力を信じて、勇気を出して行動しながら生きている人は、どれだけいるでしょうか?。 2番目に印象的だったのは、シンデレラが王子様に「あなたは、王子だったのね?」と聞いた時に、王子様がシンデレラに語る言葉。 (画像URL:様) リアル社会で言えば、あなたがどこかの会社の社長や、重役だったとして、「あなた、実業家だったのね?」と素敵な女性に言われたとき、あなたならどう答えるでしょうか?。 ちょっと想像してみてください。 王子は次のように言うのです。 「 王子なんて、そこらじゅうにいるさ。 僕はそんな1人に過ぎないよ」。 物語の中で王子様の国は大国に挟まれた小さな国という設定です。 ですが、貴族だからといって偉そうに振る舞うわけではなく、1人の人間としてシンデレラに向き合う姿に、謙虚さと誠実さを感じました。 「そうさ、王子様さ。 相手をしてもらえただけで光栄に思え!」なんて態度は決してとらないのです(笑)。 少しばかり羽振りが良かったり、大きな会社の役員というだけで、 物凄く尊大な態度をとる人がいます。 私が過去に出会った中にも、そんな方が幾人もいました。 考えさせられる場面でした。 そして3番目に印象的だったのが、悪役(?)のシンデレラのママハハ。 彼女は何故シンデレラに冷たく当たったのか?。 詳しくは映画を見ていただければと思いますが、ただ単に心がねじ曲がった意地悪な人だった事が理由ではないように思いました。 (画像URL:様) 私が受けた印象は「 彼女なりに、生きていくのに必死だった」という事。 彼女は前の夫に先立たれ、2人のワガママな娘を抱えて、生活するのに必死だった。 今度こそはと資産家のシンデレラのお父さんと再婚したのも束の間、シンデレラの父にも死なれてしまい、また未亡人になってしまう。 シンデレラにシンデレラの母の姿を見てしまい、嫉妬をしてしまう。 シンデレラの父に自分を愛して欲しいという思いと、生活を安定させたいという思いで、心が一杯だったのではないか。 愛して欲しい、注目して欲しいと考えるあまり、自己中心的になってしまう。 生活のためにと自分の利益を優先してしまう。 ついつい世俗的な権力や目先の利益に飛びついてしまう。 悪役のママハハの姿は、現代社会を生きる私達の姿に重なります。 そう考えると、彼女を一概に憎んだり、悪者と扱うのがかわいそうになります。 彼女の苦悩は、私達の心のなかにある苦悩と同じだからです。 ママハハ役を演じたオスカー女優のケイト・ブランシェットさんは、映画紹介ページでこんな事を語っています。 「 純粋に邪悪な人なんて誰一人いない・・・誰にでもそうなる動機や誘因があると思うんです。 (中略)この女性は自分の人生をもう一度やり直そうとしていたときに、彼女の新しい夫が彼の娘シンデレラに注ぐ深い愛情に激しく嫉妬してしまった。 」 そんな苦悩を手放し、本当に幸せに生きるためにはどうすれば良いのか?。 シンデレラの母の言葉が頭にこだまします。 「 勇気と優しさを大切にし、精霊の力を信じる事」。 『困っている人に優しくしてあげると、その人がまた誰か他の人に優しくしてくれたらなあって思うでしょ。 その気持ちって、野火(のび)みたいに広がるの』 ウーピー・ゴールドバーグ:女優 勇気と優しさと、ほんのすこしの魔法・・・。 これはウォルト・ディズニーがディズニーランドや映画を通して伝えたかった大切な事でもあるように思うのです。 あなたも勇気と優しさを心に抱いて、ほんのちょっぴり魔法を信じてみませんか?。 ビビデバビデブと不思議な呪文を唱える精霊が、あなたの前にも現れるかもしれません。 名古屋:伏見のオフィスより感謝を込めて。 長い文章を読んで頂き、ありがとうございます。 あなたによきことが雪崩のごとく起きますように。 今日の学び: 勇気と優しさと少しの魔法 今日の箴言: ウーピー・ゴールドバーグ:女優 今日の書籍:なし 今日の写真:様.

次の

映画「シンデレラ」母親の名前と死因は?子守唄ラベンダーズブルーの歌詞の意味についても

シンデレラ 勇気と優しさ

実写版シンデレラの心に染みる英語の名言&名セリフ・トップ10 1、I like to see the world not as it is, but as it could be. 世界がどんなところかより、どんなふうになるかを考える(見る)のが好きなの。 常に明るい未来を見るというエラの性格を表したセリフ。 2、 母親:I believe in everything. 私はなんでも信じるわ。 子供のエラ:Well then, I believe in everything too. あら、それなら私もなんでも信じる。 母親からエラにポジティブな考え方が受け継がれていくところを表現したセリフ。 3、Sorrow can come to any kingdom, no matter how happy. 悲しみはどんな王国(家族)にも訪れるもの、たとえどんなに幸せだとしても。 フェアリーゴッドマザーのナレーション。 エラの母親が病気になったときのセリフです。 sorrowは「悲しみ」、「悲痛」といった意味があります。 kingdomは「王国」という意味ですが、この場合は「場所」や「人」と置き換えることもできます。 4、Time passed, and pain turned to memory. 時間が過ぎて、痛みは思い出に変わった。 フェアリーゴッドマザーのナレーション。 母親が亡くなり、時間が過ぎてまたエラに幸せが訪れたことを表現したセリフ。 to turn to ~でこの場合「~に変わる」、「~に変換する」といった意味になります。 5、Have courage and be kind. 勇気と優しさを持つのよ。 死ぬ前に母親がエラに言ったセリフ。 あなたたちは彼をひどく怯えさせたのよ。 キット王子:Who? 誰のことだい? エラ:The Stag. キット王子:But we were hunting, you see. でも僕らは狩をしているんだよ、分かるかい。 (狩とは)そういうものなんだよ。 そういうものだからといって、そうするべきだということ(意味)じゃないわ。 二人の出会いのシーンのセリフ。 to frighten the life out of~で「ひどく怖がらせる」、「死ぬほど震え上がらせる」といった表現になります。 7、Marry for love, not advantage. 愛のために結婚するのであって、得するためじゃない。 エラのセリフ。 advantageはこの場合「得」、「利益」を指します。 8、Kindness is free, love is free. 優しさは無償なの、愛も無償よ。 エラが継母に言ったセリフ。 9、Where there is kindness, there is goodness. And where there is goodness, there is magic. 優しさがあるところには善がある。 善があるところには魔法があるの。 母親のセリフ。 Where there is are ~there is are ~で「~があるところに~がある」という文章になります。 10、I forgive you. あなたを許すわ。 エラが継母に言ったセリフ。 to forgive someoneで「誰かを許す」という意味になります。 ずっと継母にひどい仕打ちを受けてきたエラが最後に言ったセリフです。

次の

シンデレラから学ぶ、人生のどんな試練も乗り越えることが出来る、とても大きな秘密

シンデレラ 勇気と優しさ

「シンデレラ」の簡単あらすじ 有名な童話なので、ご存知かと思いますが…エラという美しい娘が、両親と幸せに暮らしていました。 母親が亡くなり、父親が再婚することになります。 また不幸が訪れ父親までも亡くなってしまいます。 義母と義姉妹は召使のようにエラを扱い、「灰(cinder)を被ったエラ(Ella)」で「シンデレラ(Cinderella)」と呼ぶように。 ある日、森の奥でシンデレラは王子と出会う。 その後、舞踏会で再会を果たすが、シンデレラは魔法が解けるのを恐れ足早に帰ってしまう。 王子は残されたガラスの靴をたよりに、町中でシンデレラを捜し求めます。 無事にシンデレラの居場所も分かり、最後はハッピーエンドでめでたし。 出典: 心に響く!シンデレラの英語名言 動画の0:14辺り、エラの母親が語りかける場面での一言。 母親がまだ生きていた頃にエラに言い残した言葉です。 シンデレラの名言のひとつにもなっていますね。 Have courage and be kind. (勇気と優しさを忘れないで) シンデレラがどんな困難や逆境にも負けなかったのは、この母の言葉を胸に刻んでいたからだと思います。 酷い仕打ちを受けたシンデレラでしたが、最後には義母を許してあげます。 逆境を乗り越える勇気と人を許す寛大な優しさ、学びたい教訓ですね。 直訳は「勇気を持って、優しくありなさい」という意味。 ちなみに、「courage」は不可算名詞なので冠詞は付きません。 以前ご紹介したとおり、「勇気」は目に見えない形にできないもの。 「概念や感情」は数えられない名詞になります。

次の