ルナアーラ 育成 論。 ルナアーラ Lunala 厳選&考察・育成論

【ソルガレオ育成論】厳選の種族値、性格、技、持ち物、特性は?対策も考察

ルナアーラ 育成 論

全国 No. 646 イッシュ No. 0 m 重さ : 325. 手持ちの先頭にいると、レベルの高い野生ポケモンが出現しやすくなる。 隠れ特性 夢特性 - キュレムのさらに詳細なデータはを参照 覚える技・入手方法等の詳細なデータを確認できます。 キュレムの特徴 【良いところ】• 素早さ種族値が95あり、禁止級伝説の激戦区である90族を抜いています。 先手で弱点を突けばなんとかなるケースもあり、都合がいい素早さ種族値です。 【悪いところ】• メインウェポンのドラゴン技を半減できるのは鋼タイプのみなので、鋼タイプへの攻撃手段を考える必要があります。 キュレムの複合タイプは氷ですが、氷技も鋼タイプに半減されてしまいます。 使用率が高い鋼タイプに一致技がどちらも半減されてしまうのは効率が悪いです。 イッシュ地方の伝説ポケモンには、レシラムとゼクロムがいます。 レシラムはドラゴンとの複合タイプが炎 鋼に抜群 ・ゼクロムは電気 鋼に等倍 であり、ドラゴン以外のタイプ一致技が鋼タイプに通ります。 一致技がいずれも鋼に通らないキュレムは、レシラム・ゼクロムと比べて鋼相手に弱いです。 キュレムの種族値は一般ポケモンより高スペックですが、他の禁止級伝説と比べると微妙です。 150を超える攻撃系種族値を持たず、特別に耐久が高いわけでもありません。 攻撃と特攻にバランス良く130ずつの種族値がありますが、二刀流にする大きなメリットもありません。 専用技は「こごえるかぜ」の強化版である「こごえるせかい」ですが、他の伝説ポケモンの専用技と比べると地味です。 キュレムは現時点で他の伝説よりもスペックが低いといえます。 新技習得やマイナーチェンジ版のフォルムチェンジへの期待もありますが、タイプ構成がそのままだと一致技が鋼タイプにいずれも半減という状況は変わりません。 禁止級伝説の中では火力が半端ですが、激戦区の素早さ90族に先手を取れます。 ガチ戦・伝説戦で多くなるPP8の大技には痛い特性。 禁止級伝説の中では火力が半端なため、特攻に振ったり火力UPアイテムを持たせないと弱点を突いても落とせない相手が増えます。 「ストーンエッジ」でHPに振ったホウオウをどうしても落としたいならせっかちを採用。 こだわりメガネ : 「りゅうせいぐん」がほとんどの相手に等倍で通るため、技選択ができないデメリットが小さいです。 禁止級伝説の中では火力に欠けるキュレムと相性がよいアイテムです。 ドラゴンジュエル : 技が縛られずに「りゅうせいぐん」を強化できます。 つららのプレート : 「れいとうビーム」でグラードンを倒しやすくなりますが、メインのドラゴン技を強められないのが微妙。 ハバンのみ : ラティオスなど素早いドラゴンとのタイマンに役立ちます。 耐久に振る余裕が少なく、「こだわりメガネ」を持つ相手は半減実があっても厳しいです。 りゅうせいぐん : メインウェポンです。 ドラゴンに効果抜群ですが、高耐久で型が多いギラティナ戦では過信禁物。 れいとうビーム : グラードンに効果抜群。 「りゅうせいぐん」と異なり特攻を下げないので、連打できる強みもあります。 ふぶき : 特殊耐久に多く振ったグラードンを落としやすくなりますが、命中率が不安。 ユキノオーと組ませた霰パ 天気「あられ」を活用したパーティ では必中ですが、ユキノオーとキュレムの弱点が被るのでバランスが悪くなります。 また天候特性のポケモンに天気を上書きされるので、霰をキープできるとは限りません。 バンギラスへの強い牽制にも。 こごえるせかい : 交代読みで相手の素早さを下げ、タイマンに有利になったり後続のサポートをします。 ストーンエッジ : ホウオウの4倍弱点を突けますが、ピンポイントで命中も不安。 どうしてもホウオウを倒したいなら。 めざめるパワー : 上記の攻撃技で対策しにくい鋼タイプを狙います。 技の威力が低いこと・禁止級鋼とメタグロスは4倍弱点を突けないことから、優先度は低いです。 命中率以外は「きあいだま」と大差ありません。 地面技なので「ふうせん」に注意。 ヒードランやディアルガは狙えなくなりますが、彼らは「きあいだま」でも牽制できます。 がむしゃら : 体力が減った状態で使うチャンスを作れれば効果的。 キュレムは素早さが半端なこと・「がむしゃら」でトドメは刺せないことから安定して役立たせるのは難しいです。 と異なりHPが減っていきますが、キュレムは「プレッシャー」で早くPPを削れます。 延々とまもみがを繰り返すだけでは、相手に交代を連発されたら意味がありません。 予め霰や「ステルスロック」を撒いたり、交代読みで攻撃していくなど工夫が必要です。 残りは特攻に振るのが無難です。 たべのこし : まもみがで粘れるターンを延ばす「たべのこし」です。 みがわり : まもみがで攻撃をかわしつつPP削り。 まもる : まもみがで攻撃をかわしつつPP削り。 「まもる」ターンに交代されると相手の無償光臨なので、交代読みなら「みがわり」優先です。 こごえるせかい : 交代読みや、「みがわり」から繋げて使います。 相手の素早さを下げつつ次の行動を考えられ、先手をとることが大事なまもみが型と相性がよいです。 りゅうせいぐん : まもみが読みで交代してきた相手に大ダメージ。 特攻が下がるので居座りに向きませんが、特攻が下がってもまもみがはできます。 りゅうのはどう : 安定ウェポンです。 がむしゃら : まもみがで体力が減ったら使います。 役割関係.

次の

ルナアーラの育成論・調整|ポケモン育成論サンムーン|ポケモン徹底攻略

ルナアーラ 育成 論

ルナアーラの歴史 第七世代 能力判明当初は無効2、半減2、2という劣悪な耐性から伝説のポケモンの中の底辺の存在になるのではないかと危惧された。 実際の声としては「でを受けてもの2発目で落ちる」と過小評価されていた。 この頃は第六世代の展開期でありおやこあいが弱体化前であったことからそのように言われたが、物理耐久特化型ルナアーラがおやこあい込みのいじっぱりメガガルーラの威力弱体化前となる80のふいうちを受けた場合、2発共に最高乱数で77%と確定で耐える計算であった。 ましてやおやこあい弱体化後の第七世代基準で計算するとなると、両方最高乱数で同条件の攻撃が46. よって、メガガルーラのおやこあい云々は、ダメージ計算を行う習慣の無いプレイヤーの勘違いと言える。 GSダブル環境では4倍弱点も何のそのの始動要因として活躍。 こだわりハチマキを持たせたいじっぱりイベルタルのふいうちですら物理耐久特化すればファントムガード込みで確定2発に抑える。 の前例がありながら、前評判で完全に過小評価されていたといえる。 素早さの種族値97も禁止級伝説に90族が多いGSダブルではアドバンテージとなる。 JCS2019(GSダブル)オンライン予選では使用率11位を記録。 第六世代の四強の内カイオーガが2位、グラードンが4位、ゼルネアスが6位、レックウザが7位であることを考えると、四強と呼ばれていた禁止級伝説の勢力図が変わったといえる。 PGLインターネット大会統計データからは、この世代では、、、が主流技構成であったとうかがえ、性格はおくびょうがメイン。 十分な耐久があることと素早さの優位性を活かせることから、はとに各252振りした型が一般的であった。 持ち物はが1位で59. WCS2019(GSダブル)マスターカテゴリ優勝メンバーの1体に輝いた。 優勝者はルナアーラからを切ってを持たせることでにの枠を与えたのである。 一般的な育成論 第七世代のだが、と同じとの複合タイプゆえに2倍弱点がないが、そのかわりに4倍弱点が2個もある。 自身の特性で初弾では撃破されにくいものの、他の伝説系より脆さが目立つ。 特に伝説や幻のポケモンにはタイプが多く、それらが出る対戦では対策されている場合が多く、4倍弱点を突かれやすい。 高いとまずまずのを持つ。 をおくびょうやひかえめにして、特殊アタッカーとして育成すると良いだろう。 通常特性はと同じ効果を持つであり、4倍弱点を持つものの一撃で撃破されにくいが、で無力化されるので油断はできない。 変化技は、、、等が挙げられる。

次の

ルナアーラ : 【伝説戦スカーフ対超霊】ルナアーラ|ポケモン育成論サンムーン|ポケモン徹底攻略

ルナアーラ 育成 論

そしてこのクリスタル版のセレビィは色違いが出現することもあるそうです。 シングルバトルではやどりぎのたねが強力で、ステルスロックやトリックルーム、でんじは等によるサポートをこなすこともできます。 攻撃面ではやや火力不足ながら技はある程度揃っており、またタイプ一致技はカプ・ブルル、カプ・テテフ両方から恩恵を受けることができます。 伝説戦では草タイプゆえにカイオーガに強いことに加え、ジガルデやゲンシグラードンの地面技にも耐性があるのは嬉しいポイント。 ゲンシカイオーガと組んで天候を強い雨にすれば炎技からも身を守ることができます。 が、めざめるパワーの厳選はポケムーバーで輸送するとセーブされる関係上不可能です。 VCからポケムーバーで連れてきたポケモンに関する仕様はこちら ポケモン王国攻略館様 以下は配達員から受け取りの場合など厳選可能な場合は意識すると良いかもしれません。 めざめるパワーは炎があると対ナットレイやカミツルギに、氷があると対ジガルデやガブリアスで役立ちます。 といってもそれほど需要のある技ではないので、あくまで拘るならば。 また悪タイプが弱点なので物理技を使わない場合はイカサマ対策としてできるだけ攻撃が低いほうが嬉しいところ。 れいせい、のんき、なまいきなどトリックルーム型で使用する場合には素早さ個体値はできるだけ下げておきたいところ。 性格考察 ・ひかえめ とつげきチョッキを持たせたアタッカー型などに。 トリックルームを覚えさせて戦況に応じて使い分けることも。 ・おくびょう 90~99族の多い禁止伝説から確実に先手を取れる安心感はなかなか大きなものです。 サポート型や、とつげきチョッキ型でも。 またやどりぎのたねと身代わりを組み合わせる場合も高い素早さが役立ちます。 ・ずぶとい、おだやか それぞれ耐久力を伸ばします。 やどりぎのたねと合わせれば難攻不落の要塞に。 ・れいせい、なまいき、のんき トリックルームパーティの始動要員にする場合に。 汎用的なのはひかえめやおくびょうでしょうか。 持ち物考察 ・とつげきチョッキ 対カイオーガの繰り出しを安定させてくれます。 対カプにも強く出れるように。 ・ゴツゴツメット タスキマーシャドーとのタイマンに勝利でき、また物理受け型との相性も良好です。 非接触技の地震に耐性があるため直接攻撃を受ける機会もそれなりにあります。 ・きあいのタスキ 弱点が多いセレビィ。 先発サポート型など、苦手な相手と対面してしまった場合にも最低限の仕事をしてほしい時に役立ちます。 ・くさZ 特攻特化Zリーフストームならゲンシカイオーガも高確率で倒すことができます。 他の一般ポケモンの多くも一撃で倒すことができ、セレビィの意外な火力で奇襲ができます。 技考察 ・くさむすび、エナジーボール、リーフストーム 草タイプのメインウェポン。 伝説戦のカイオーガ、一般戦のカバルドンなどセレビィが相手にすることが多い相手によく刺さり、優先度の高いメインウェポンです。 ・サイコキネシス、サイコショック エスパータイプのメインウェポンです。 草の弱点を狙う毒タイプを迎撃したり、耐性を活かして格闘タイプを倒すのに役立ちます。 ・シャドーボール 対エスパータイプの攻撃技。 禁止伝説戦ではネクロズマ、ルナアーラ、ミュウツーなど狙いたい相手がいます。 ・めざめるパワー氷 対霊獣ランドロスで威力を発揮します、が、とんぼがえりが痛い。 レックウザやボーマンダへの交代読みも決まれば美味しいところ。 ・めざめるパワー炎 やどりぎのたねが効かないナットレイやカミツルギに。 ・だいちのちから 苦手な炎タイプや鋼タイプに効果抜群です。 ゲンシグラードンやディアルガに。 ・とんぼがえり ばけのかわを剥がしながらミミッキュから逃げたり、味方の有利対面作りに役立つ技です。 ・マジカルシャイン サザンドラ、ズルズキン、ジャラランガの4倍弱点を突けますがやや威力不足。 ・トリックルーム 言わずと知れた 強力な素早さ操作技。 ・やどりぎのたね セレビィの高水準な能力が活きる吸収回復の補助技。 シングルバトルでは個性の一つになるでしょう。 ・でんじは 覚えます。 草タイプ故でんじはに耐性を持つ地面タイプや電気タイプをあまり呼ばないため、成功率は高めです。 ・ステルスロック 実はステルスロックが使えます。 後続のエースの補助に。 ・ スキルスワップ、 なやみのたね ダブルバトルで超古代ポケモンの特性・天候の上書きや無効化に使えます。 Z技化した場合はどちらも自身の素早さが1段階上昇します。 ・いやしのねがい 序盤に暴れたエースを全快してもう一度バトル場に。 地面、水耐性を活かしてゲンシグラードンと組むのはありでしょう。 最速ゼルネアス、イベルタル、ゲノセクト抜き 165 最速ソルガレオ、ルナアーラ抜き 163 最速ミミッキュ抜き 158 最速霊獣ランドロス抜き 157 最速90族抜き 143 準速90族抜き 142 最速日蝕・月蝕ネクロズマ抜き 育成例 シングル向き 先発ステルスロック型 おくびょう きあいのタスキ 175-x-120-152-121-167 0-x-0-252-4-252 くさむすび サイコキネシス でんじは ステルスロック くさタイプのステルスロック要員であり、カバルドンに強く出れるのが特徴的です。 持ち物は今回は初手の不利対面でも一度は行動できるきあいのタスキを持たせましたが、タスキマーシャドーが気になる場合はゴツゴツメットを持たせても良いでしょう。 いつものたべのこしや、とっさの場面で火力を出せるZ、対物理を意識してのゴツゴツメットにしても良いと思います。 やどりぎのたねの交換促しとバトンタッチ、みがわりはそれぞれ相性が良く、味方の有利対面作りをサポートしてくれます。 やどりぎのたねとバトンタッチを両立できるのは他にはドーブルとメブキジカのみで、セレビィは基本ステータスの高さが光ります。 攻撃技のサイコキネシスはやどりぎのたねの効かない草タイプを意識して。 メガフシギバナの弱点を突くこともできます。 特殊耐久型 おだやか エスパーZ 207-x-121-121-165-122 252-x-4-4-236-12 サイコキネシス でんじは じこさいせい やどりぎのたね HP満タンであればスカーフカイオーガにも後出しから対応可能です。 持ち物は今回は必要な場面で瞬時に火力が出るZクリスタルとしましたが、他にも様々な候補がありそうです。 シングル・ダブル両用 とつげきチョッキ型 ひかえめ とつげきチョッキ 207-108-120-167-120-121 252-x-0-252-0-4 くさむすび だいちのちから シャドーボール とんぼがえり 高めた特殊耐久を活かして足を止めて戦う型。 サブウェポンはそれなりに豊富なので倒したい相手に合わせて技をチョイスすると良いでしょう。 素早さを伸ばすのもありです。 ダブル向き くさZ型 ひかえめ くさZ 185-x-120-167-120-143 76-x-0-252-0-180 リーフストーム だいちのちから でんじは まもる ひかえめゲンシグラードンの上を取れるように素早さを伸ばしています。 ただし耐久力はカイオーガの潮吹きに後出しするには心もとないものになってしまっているため注意が必要です。 以上、セレビィの考察になります。 セレビィ厳選・育成の参考になれば幸いです。 ここまで読んでくださりありがとうございました。 maikeruexe.

次の