カルダノ エイダ コイン。 カルダノADA(エイダコイン)が詐欺と呼ばれた理由

週刊 CARDANO ADA COIN(カルダノ エイダコイン)2019年2月23日号!

カルダノ エイダ コイン

Adaの特徴• オンラインカジノのトークン• Adaの開発者• マイニング方式、ウロボロス 詳しく解説していきますね。 オンラインカジノのトークン Adaコインと呼ばれる仮想通貨の最大の特徴はオンラインカジノやオンラインゲームのトークンだということです。 トークンとは、何か別の価値を代替するもので、カジノのチップや身近なものでいうと、図書カードなどもトークンの一例です。 Adaはオンラインカジノでトークンとして使えるわけです。 Adaコインは、カルダノというオンラインカジノで使うことができる仮想通貨です。 カルダノというオンラインカジノは、不正がないことが特徴です。 一般的にオンラインカジノは胴元が儲かるように設定されています。 PoSはProof of Stakeの略で、その仮想通貨をより多く長く持っている人に報酬が付与される仕組みになっています。 なので個人でもマイニングが可能で、より多くの人に報酬が付与される仕組みになっています。 今後、PoWを採用している仮想通貨もPoSへ移行する可能性、PoSが主流になる可能性があります。 そして ウロボロスとはAdaコインのマイニングに採用されていてPosのアルゴリズムです。 Adaコインにとって必要不可欠なインフラであり、ブロックチェーン技術において革新的なイノベーションでもあります。 Adaコインではウロボロスと呼ばれるPoSのアルゴリズムでPoWの問題点を解決することができます。 Adaコインの将来性 Adaコインの将来性を3つにリストアップして解説していきます。 COTI Payのプラットフォームを使用する店でAdaコインを使って決済することが可能になりました。 AdaPayの導入によって、35か国の法定通貨に対する即時決済が可能になったのです。 日本国内でもAda決済の事例が複数確認されていて、AdaPayのようなAdaコインでの即時決済ができるシステムの導入を求める声も数多くあげられていました。 それが 2019年11月にリリースされAdaPayの利用がさらに広がり、これによって今後Adaコインの認知度もさらに高まり期待性、将来性があると考えられます。 ブロックチェーンで真贋判定 カルダノ財団とNew Balance ニューバランス が契約を結び、ブロックチェーンで真贋判定を可能にするシステム、NB Realchainを開発しました。 これはどのようなシステムかというと、コレクターエディションシューズの正規品保護を目的とし、本物か偽物かを見分けるシステムです。 もう少し詳しく説明すると、シューズ購入時にアプリでタグに記載されているコードやチップを読み込みスキャンするだけで、そのシューズの所有権が購入者であることをブロックチェーン上に記録します。 そうすることで、 領収書や真正性証明書の必要性をなくすことができます。 またこの技術を利用することで、購入した製品が原料から最終製品になるまでにどのように生産されてきたかを追跡し、製品の信頼性を高めることができます。 このような技術を金融や医薬品など幅広い分野に提供する予定だと発表されています。 Adaコイン(カルダノ)のロードマップ エイダコインの今後を予測する上で、参考になるものとして、「CARDANOロードマップ」が有益です。 参考: カルダノのロードマップは2017年〜2020年にかけて5段階の構想で開発が進んでいます。 BYRON(基礎)• SHELLEY(分散化)• GOGUEN(スマートコントラクト)• BASHO(スケーリング)• VOLTAIRE(ガバナンス) 2020年はロードマップ上ではスケーリングの段階に入っており、飛躍の年となることが期待できます。 BYRON(基礎) バイロンのフェーズではカルダノの公開や取引所対応がミッションでした。 SHELLEY(分散化) シェリーの段階では公式ウォレットであるダイダロスの機能を拡張し、セキュリティ面の強固さやユーザビリティ(使いやすさ)の改善をミッションとしていました。 エイダの特徴とも言える量子コンピューター対策もこのフェーズから進めています。 GOGUEN(スマートコントラクト) ゴーガンフェーズではサイドチェーンの実装、スマートコントラクトの実装が行われます。 BASHO(スケーリング) 芭蕉のフェーズでは、カルダノのパフォーマンスや安全性、拡張性などの改善が予定されています。 VOLTAIRE(ガバナンス) ヴォルテールの段階では財務モデルの導入などが目標として設定されています。 現在はまだ詳しい情報が出ていませんので、カルダノ財団の情報発信に注目です。 エイダの今後の価格予想をする上でチェックしたい3つの団体 エイダコイン(カルダノ)の価格は開発状況などの最新情報を拾っていく必要があります。 ここでは、エイダコインの開発状況を追うためにチェックすべき3団体を紹介します。 カルダノ財団 カルダノ財団はカルダノの監督機関かつ教育機関としての役割を果たします。 具体的な活動内容は下記のようなものが挙げられます。 規制当局や政府機関との調整• 企業などとの戦略的パートナーシップの形成• カルダノの開発にかかる資金調達 ツイッターをフォローしておくといいです。 (英語なので注意) 参考: IOHK(Input Output Hong Kong) IOHKはチャールズ・ホスキンソン(Charles Hoskinson)とジェレミー・ウッド(Jeremy Wood)が創設した会社です。 仮想通貨の開発などを行っているエンジニアリング会社です。 東工大(東京工業大学)などの研究に噛んでいる仮想通貨開発の先進組織です。 実は IOHKはカルダノの開発の他、イーサリアムクラシックなどの開発も請け負っています。 IOHKのカルダノ開発の契約は2020年までになっているようですが、今後の契約継続などの方向性についてはまだ明確になっていません。 参考: エマーゴ(Emurgo) エマーゴは東京都渋谷に所在する日本企業です。 児玉健さんという方は代表取締役を務める企業で、彼はカルダノの創設時からの開発メンバーであり、日本を拠点にしてエマーゴの運営を任されていると言ったところでしょう。 エマーゴの役割は大きく下記となります。 カルダノ上でのICOコンサルティング• VC的役割(投資事業)• 仮想通貨開発人材の教育 また、カルダノの開発情報などもエマーゴ経由で情報発信がされている傾向もあり、エイダコインの動向をチェックする際は参考にしておくと良いでしょう。 EMURGOは2019年上半期に引き続き、Cardano及びBlockchain業界全体の認知促進のために、下半期も我々の主要メンバーが13ヵ国36箇所で登壇を行いました。 新たな領域に着実に認知を広げた一年でした。 今回のブログでは、いくつかのイベントを取り上げてご紹介します。 Gold is not associated with us in any way. It is infringing on our trademark and violating our registered TM. — Cardano Foundation CardanoStiftung Cardano Goldは私たちとは一切関係ありません。 商標権を侵害しており、登録商標に違反しています。 Cardano Goldの商標の使用は違法です。 この scamに注意することをお勧めします。 カルダノゴールドというプロジェクトはエイダとは無関係であることを公式や開発メンバーが公言しており、詐欺的な可能性を注意喚起しています。 Adaコインでできること Adaコインはもともとカルダノというオンラインカジノのプラットフォームで使用されていました。 しかし、僕たちが日常生活の中でAdaコインを利用する日はそう遠くありません。 Adaコインを扱っている取引所• Binance• Bittrex• Huobi 結論から言うと、Binanceがおすすめです。 なぜなら手数料が他の取引所に比べて安いからです。 参考: バイナンスの日本円対応のニュースがバイナンスCEOにより1月19日に発表されています。 日本人居住者規制のニュースがある一方でこの対応はこの後バイナンスが日本進出を狙っているということでもありそうです。 事実、バイナンスは日本の法人のZコーポレーションとの提携などもしており、 日本マーケットは引き続き狙っていると言えます。 バイナンスが日本進出に成功したとき、日本人から人気のエイダコインが最注目されるきっかけになるでしょう。 Binance 中国の取引所で多くの仮想通貨を取り扱っています。 取引手数料0. 取引手数料0. 取引手数料0. 2% エイダコインの今後の価格を左右する要素 エイダコインは引き続き注目できる仮想通貨です。 しかし、日本人が保有する場合は取引できる場所が限られているので少しリスクもあります。 そこでエイダコインの今後の価格を左右する3つの要素をまとめておきます。 ビットコインの価格上昇• エイダコインの実用化と普及• 日本国内の取引所への上場 ビットコインの価格上昇 エイダコインの価格上昇にはビットコインの価格上昇が前提条件となります。 いくらビット建のエイダコインの価格が上昇しても、ビットコインがあがらない限り、円建て価格の上昇にはつながらないからです。 過去の値動きからみても、アルトコインの価格上昇はビットコインが上がったのと同時か、少し遅れてからです。 ビットコインで市場の資金が膨らんだ後にエイダコインなどのアルトコインへ資金が流入していくイメージでしょうか。 ビットコインとアルトコインの価格の連動性は2020年現在も続いているので、エイダの伸びはビットコインありきだと考えていいでしょう。 エイダコインの実用化と普及 エイダコインの開発は前述の通り、かなり進んできています。 今後のエイダコインの価格上昇には、開発の進捗と実際に通貨として決済ができる場所の増加が関連するでしょう。 ロードマップの進捗やカルダノ財団、エマーゴからの広報をチェックしながら、吉報を待ちましょう。 日本国内の取引所への上場 日本国内の取引所への上場はエイダコインの価格上昇のトリガーになること間違いなしです。 直近では、ステラなどがコインチェックで取り扱いとなった際に価格が一時的に上昇しています。 エイダコインはその通貨の性質上、国内の規制との戦いも避けては通れないため、上場の予測は難しいですが、日本拠点もあることを踏まえると、長期的には上場は来るのではと予想します。 上場先はコインチェック、またはバイナンスの日本参入時かなと個人的には予想しています。 ビットコインとの兼ね合いもあるとは思いますが、上場すれば2倍〜5倍は固いのではないでしょうか。 エイダコインの今後まとめ 以上、最後までご覧いただきありがとうございました。 2020年の仮想通貨市場は予測が難しいですね。 これまでは、取引所への上場、半減期、広報イベントの3つくらいをみていれば安直に予測ができたのですが、市場が複雑になってきている実感があります。 しかし、仮想通貨の未来は明るいと思っているので、引き続き楽しみにみていきたいと思います。

次の

カルダノエイダコイン(ADA)とは?買い方・今後・特徴について

カルダノ エイダ コイン

目次で概要を確認• ADAが詐欺と呼ばれていたって本当!? 最近話題になっているADA エイダコイン ですが、2017年には詐欺と呼ばれていた仮想通貨です。 しかし、2018年に入ってからはそんな噂も聞くこともなくなり、詐欺と言われていたことを知らない人も多いのではないでしょうか。 詐欺かどうかは結論的には分かりませんが、詐欺と「呼ばれていた」ことは事実です。 ADAを注目している人も、過去の出来事の一つとして詐欺と呼ばれていたことは事実は把握しておいてもいいかもしれませんね。 私個人の意見としてはADAに思い入れがある通貨というわけでもなく、だからと言ってADAに対して批判的な考えがあるわけでもありません。 ですので、、中立的な立場として、こちらの記事では詐欺と呼ばれていた理由について記載していきます。 時価総額の高いADAは評価されている? 詐欺と呼ばれていたことは事実ですが、実際にたくさんの人が評価していて時価総額もトップ10入りを果たしていることも事実です。 こうなってくると、もう詐欺だったかどうかは分かりませんが、実際に続々と各取引所へ上場も果たし、プロジェクトも進んでいるとなると過去の話は関係ないのかもしれませんね。 それでは、エイダコインが詐欺とされた要因について、細かく分析していきます。 エイダコインは詐欺なのか? これは結論から先に言うと「分からない」です。 ADAの情報収集をしていたら情報が多すぎて正直分からなくなったので答えを投げてしまいました。 でもホントに分からないのが現状です。 ビットレックスに上場したから詐欺ではないと言う意見もあれば、取引所に上場してもプロダクトがなく、プロジェクトがまったく進んでいない詐欺ともいえる通貨がたくさんあります。 また取引所なんて基本はお金さえ積めばどんな通貨でも上場できるという意見もあります。 しかし今は、カルダノ ADA は時価総額はトップ10入りし、ビットレックスに上場した2017年10月以降も、世界一の取引所バイナンスにも上場、韓国トップ取引所のUpbit アップビット 、中国三大取引所で世界2位の出来高があるHuobi フオビー にも上場したので、世界三大取引所に既に上場している上位通貨となりました。 ADAが買えるおすすめ取引所• ADAコインが詐欺と言われた理由 多角的に見てなぜADAが詐欺と呼ばれるようになったのかは以下の四つのブロックにまとめていきます。 ADA エイダコイン が詐欺と言われた要因• プレセールの購入単価と日本でのみ先行販売• ADAの過熱した紹介方法 プロモーション方法• バーチャルオフィスを使っていた• ICOのプレセールで最低単価が高額に設定されている通貨は、プレセール終了後にとんずらして=詐欺確定となっていた案件が大変に多かったために、最低単価が高額なICOは詐欺という認識が一般的です。 また エイダコインでは何故か日本でのみ先行販売の第1期・第2期のプレセールが行われました。 日本でオンラインカジノが流行っているといっても決して一般的とは言えません。 本ではそもそも賭博罪によって賭け事は基本的には禁止されていることを誰もが周知しています。 実はギャンブル大国の日本 しかし、その一方で日本はパチンコ市場だけで約20兆円を超えるギャンブル大国ともいわれています。 私もパチンコや賭け事は一切したことがなかったので、知識が疎かったですが、確かによくよく考えてみるとこんな不景気の中、日本では新しいパチンコ屋さんがどんどんできています。 そのようにギャンブル大国と言われている日本にカルダノ「エイダコイン」は目を付けたのでしょうか。 ねずみ講は詐欺だけどMLM(マルチ商法)は詐欺にはならないんだよ。 高額塾などでもエイダコインを売るノウハウなども紹介されていたようで、情報弱者と呼ばれる人たちがさらに情報弱者の人たちに100%儲かりますよとうたってADAを販売していた所もあったようです。 真相が不明なのは不安になるよね。 また日本に登記されたエマーゴというカルダノのブロックチェーン・エコシステムへの参入を導こうとしている企業もバーチャルオフィスだったようです。 ただしバーチャルオフィスは違法ではないので、バーチャルオフィスを使っているイコール詐欺とはなりません。 事務所作業が必要ではないが、登記をする上で事務所が必要な場合も考えられます。 当初エイダコインは2016年12月に公開予定になっていましたが、 2017年2月に延期され、さらに2017年6月に延期・・・そしてその6月も延期と、延期が繰り返されていました。 もちろん延期自体は良いことではありませんが、商品やそのプロジェクトをブラッシュアップする過程で普通に起こり得ることです。 株式のIPOでも公開の延期などはよくありますが、IPOという厳しい審査基準を通過してきているので、投資家は理解しています。 ただし、ICOは審査基準なんて全くないといってもいいようなものなので、延期、延期になると投資家は不安になるのも当然です。 また公式から、公開についての詳細な日程がアナウンスがなかったこともさらに不安をあおっていたようです。 またこの時期はHYIPなどの詐欺案件も多かった時期なので、HYIPなどの詐欺と相まってADA エイダコイン もやっぱり詐欺だという情報が流れたのが大きかったようです。 約束を破ったら誰だって不安になるし信じられなくなるのは当然だよね そもそも「詐欺」ってなに? 以上、ADAが詐欺と呼ばれていた理由について四つのブロックで解説してきました。 調べれば調べるほど訳が分からなくなってしまいました。 そして、そもそも「詐欺」ってなに?とバカな私は大辞林第三版で「詐欺」という言葉の意味を調べてみることにしました。 「詐欺」を辞書で引くと、下記のように記載されていました。 あざむくこと。 ペテン。 民法上、詐欺による意思表示は取り消すことができ、また、詐欺による損害は詐欺者の不法行為として賠償させることができる。 プレセールでADAを購入している人はADAがビットレックスで上場した段階で購入したADAを数倍から数十倍の価格で売却できる状態です。 現段階では損害を被った人はあまりいないのではないでしょうか。 ADAが詐欺がどうかはプロジェクトを担っている当事者しか分かりませんが、 上記のことから「詐欺」という概念からは今の所は当てはまらないように思えます。 どんな通貨でも当てはまることですが、カルダノやエイダコインの今後プロジェクトが頓挫したり、急になくなったりする可能性がゼロではありませんので、結論として結局は「分からない」に辿り着きました・・・ しかし、最終的には世界一の取引所バイナンスに上場、韓国のアップビットやフオビーなど、世界の取引高トップ3の取引所にADAは全て上場して、時価総額も高い通貨となりました。 詐欺と呼ばれていたのは過去の話で、今後はプロジェクトの成功を願って、期待を寄せいる人も多いのではないでしょうか。

次の

カルダノ、エイダコインの全貌とは?換金方法から今後の予定まで|仮想通貨ニュースと速報

カルダノ エイダ コイン

エイダコインの特長・仕組みをわかりやすく簡単に教えます エイダコインはカジノのプラットフォームであるカルダノで使われます。 このエイダコインはチャールズ・ホスキンソンが開発に関わっています。 彼は既にイーサリアムやビットシェアーズといった仮想通貨を手掛けた実力者です。 また彼はイーサリアムの元CEOです。 この2つの仮想通貨は時価総額ランキング10の中に入っています。 暗号通貨ゲームプラットフォームであるカルダノ(CARDANO)上でエイダコインを使うことができます。 2016年後半からキーコードを入れるとエイダコインがカルダノ上で有効化されて使えるようになると発表しています。 エイダコインは次世代ゲームプラットフォームの基軸通貨だと言われています。 現在のオンラインカジノは不正がないことを証明できません。 カルダノによって安全で公平なゲームプラットフォームを展開すると発表しています。 少し変わったコンセプトに見えますが、実際はオンラインゲームやギャンブル市場は約50兆円、暗号通貨市場は約14兆円と言われています。 オンラインゲーム等の市場の方がはるかに大きいことがわかります。 そこにブロックチェーンの技術を用いて透明性のあるシステムにしようとする試みです。 カルダノ内通貨のエイダ(ADA)は統治通貨として使われます。 [adsense] 初心者向け!エイダコインの購入方法買い方ガイド エイダコイン(ADA)の購入はビットコインで購入することができます。 今はまだプレセール中なのでどこでも買えるという訳には行きません。 エイダコイン販売正規代理店から発行されるアテインコーポレーション購入登録紹介URLから会員登録を行い、その指定URLから会員登録を行って初めて購入予約をすることが可能になります。 またエイダコインは基本的にはビットコイン建てで購入します。 ただし円だけしか持っていない場合は銀行振り込みを行い、ビットコインに両替し、エイダコイン認証キーコードを取得する流れになります。 事前にビットコインを所有している人であれば手数料が発生しないので取引所で購入しておくといいでしょう。 現状第3期のプレセールが延期になったのでどのように購入できるのかわかりませんが、実質的にはまだオンラインカジノカルダノがオープンしていないので今の時点でエイダコインと呼ばれるものは認証キーコードだけということになります。 カルダノがオープンした後、そこでエイダコイン認証キーコードを入力すると有効化される仕組みです。 そのため購入(または購入予約)は可能でも直接取引や換金はまだできません。 スポンサードリンク スポンサードリンク エイダコインはミスターリップルで購入可能 3期目以降はミスターリップル取引所が両替機能でADAが購入可能であることを表明しています。 ミスターリップルではJPYを入金し、BTCに両替してADAに両替するようにします。 売買が開始されれば換金する方法はこの逆を行うだけです。 プレセールが終わり有効化すれば売買は可能になります。 販売開始にならないのに、ADA認証キーコードだけを売り買いする人がいるようですが非常に危険です。 2セント、2016年4月8日に第2期1ADA=0. 22セントとして終了しました。 第3期は1ADA =0. 24セントとして2016年6月15日に開始されるはずでした。 そこから1カ月以上もずれてまだ販売開始になっていません。 第3期は中止でなく延期という公式コメントが出ました。 その理由は値上がりを誇張する表現が多く、改善を求められているということのようです。 それを是正してから販売開始をするという発表がありました。 エイダコイン今後の価値 第3期からは中国などでも販売が開始されます。 第3期は販売予定額として約15億円になります。 そして既にこの半分以上は予定購入で売れてしまいました。 26 セントとして世界のマーケットで販売する予定です。 実際まだ仮想通貨としての実態がないにも関わらず全4期の間に1. 3倍もの値上がりをしています。 公開後は最後の値段で販売することになるので1期や2期に購入した人は得をするようになっています。 ビットコイン市場のように何十倍になるかどうかはこれからでしょうが、カルダノというプラットフォームが目指す方向がプレセールの上昇で利ザヤを得るということでなくこれからの世界に与える影響がこれまでの暗号通貨と少し違うことが人気の秘密のようです。 カルダノオープン後の動向が気になるところです。 カルダノのエイダコインは儲かるのか?今後の可能性について エイダコインの今後の可能性ですが、普及するポイントが重要になります。 大抵時価総額が大きくなってきている仮想通貨はビットコインよりも仮想通貨の特性として優れた点があるかどうかということになります。 例えばイーサリアムを取り上げると、ビットコインと大きく違うのはスマートコントラクト技術を使って資産管理ができるところです。 後発通貨は通貨自体に凄い特性があるわけではないので、普及という点では弱いと言わざるを得ません。 エイダコインのポイント エイダコインの一番のポイントはカジノやスマホゲームといったプラットフォームで活躍することです。 実際にこの件に関しては堀江貴文氏が「ビットコインの投機以外の目的で考えられるとするとオンラインカジノで、ビットコインで行うなら簡単で向いているはず」と発言しています。 堀江氏がエイダコインを勧めているという意味ではありませんが、カジノやゲームには仮想通貨を使うと親和性が良いということを言っています。 また ブロックチェーンを使えば不正を防止したカジノが運営でき、多くのユーザーが魅力感じて使い始めれば普及するはずです。 投機としてプレセールで購入すれば確かに有効化当初は儲かるようなイメージがあります。 今後カルダノが巨大なゲームのプラットフォームになり世界の暗号通貨の基盤になることが見込まれても、本当の価値はカルダノがオープンしてADAが有効化してからでないとわかりません。 スポンサードリンク スポンサードリンク.

次の