ビックカメラ ニンテンドー スイッチ 抽選。 ビックカメラ、Nintendo Switch各種の抽選予約受付を4月21日10時より開始!

ニンテンドースイッチ ビックカメラの入荷・抽選販売・在庫情報【最新版】

ビックカメラ ニンテンドー スイッチ 抽選

目次 こんなことがわかります• 予約はビックカメラ店頭、オンラインストアの両方で受付されるケースが多いですが、コロナウイルス等の関係で場合によってはオンラインのみとなる可能性もゼロではなさそうです。 なお、ビックカメラには会員登録があるので、登録者のみの受付となる場合もありそうですね。 いずれにしてももし先着順での予約の場合、かなり熾烈な戦いになりそうです。 また、店頭、オンラインの両方で抽選予約を受けつける可能性もありそうです。 抽選販売の可能性がたかそう! なお、今年春に発売された、「ニンテンドースイッチ」についてはオンラインストアで抽選販売が行われました。 その際、ビックカメラでの抽選販売に申し込む場合は、ビックカメラの会員である必要がありましたので、気になる方は会員登録をしておくと良さそうです。 なお、抽選販売の場合は、応募期間中に申し込めば良く、いつ申し込んでも当選確率は変わらないようなので、その方が良いという声もありそうですね! 以下は、今年4月に行われた、ビックカメラでの「ニンテンドースイッチ」の抽選についての情報になります。 【ニンテンドースイッチの抽選時の情報】 今回行われるのは先着販売ではなく抽選販売となる。 受付開始時より数時間、また終了前数時間はアクセスが増えると思われるので、その時間は避けて申込みしよう。 なお、抽選期間中、いつ申込んでも当選確率は変わらない。 4月21日 火 に申込み済みの人は抽選対象となり、再エントリーは不要。 抽選受付再開後に申込んだ人の分と合わせて、抽選が実施される。 引用元:ファミ通. なお、今後のコロナウイルスの状況によって状況が変わりそうですので引き続きリサーチしていきたいと思います! ・発売は何時から? PS5/プレステ5のビックカメラでの発売日や発売時刻についてはまだ決まっていません。 前回PS4の発売の際は7時に量販店での発売がスタートしました。 他の家電量販店では「早朝受け取り」と「早朝販売」の両方が行われていた様子ですよ。 ・整列時間や混雑具合は? 前回PS4の発売は家電量販店は7時に解禁となっていたようですが、秋葉原の家電量販店には早朝6時すぎには20人ほど並んでいた、という情報もありました! 初回ロットを買いそびれると、しばらく手に入れられない可能性もあるので、かなりの方が店頭に押し寄せる事態になりそうですね。 今回のPS5はもっと増えそうな予感です! ・整理券の配布はある? 整理券の配布があるかについてはまだ未定ですが、情報が入り次第追記していきたいと思います。

次の

ビックカメラ.com nintendo switch 抽選 【倍率や応募出来ない場合の対処法など】

ビックカメラ ニンテンドー スイッチ 抽選

9月24日にビックカメラでニンテンドースイッチ(nintendo switch)の抽選販売 9月24日(日)に、ビックカメラの各店舗で、ニンテンドースイッチ(nintendo switch)の抽選販売が行われました。 9月24日(日)の抽選販売の条件は、7月30日(日)から始まった店舗によって販売する本体が決まっている(スプラトゥーン2同梱版、グレー、ネオンブルー/ネオンレッド(以下、カラーと表記)のいずれか固定)という販売方法が引き続き実施されています。 ただ、スプラトゥーン2同梱版、グレー、カラーのどれが販売されるかは、今回も変更になっていまして、今週は、グレーの販売がありません。 また、9月24日は、前週 9月17日と違い、これまで販売がなかった店舗を中心に販売が行われています。 【スプラトゥーン2同梱版】が販売される店舗は以下の通り。 鹿児島中央駅店 【カラー】が販売される店舗は以下の通り。 渋谷東口店、AKIBA店、JR八王子駅店、高崎東口店、浜松店、岡山駅前店、広島駅前店、天神2号館、札幌店 【グレー】が販売される店舗は以下の通り。 新横浜店、水戸駅店、名古屋駅西店、名古屋JRゲートタワー店、JR京都駅店、なんば店、新潟店 また、 下記の店舗は販売そのものがなくなっています。 池袋本店、池袋西口店、新宿西口店、有楽町店、赤坂見附駅店、ビックロ新宿東口店、新宿東口駅前店、渋谷ハチ公口店、聖蹟桜ヶ丘駅店、立川店、横浜西口店、ラゾーナ川崎店、相模大野駅店、藤沢店、大宮西口そごう店、柏店、船橋駅店、あべのキューズモール店 前週(9月17日)と比べると、池袋本店、有楽町店、新宿西口店、ビックロ新宿東口店、ラゾーナ川崎店などこれまでずっと販売されてきた店舗での販売がなくなっています。 販売時間は、前週(9月17日)と同じで、全店舗で同一の時間です。 申込み受付時間、当選発表時間、販売時間は以下の通りとなっています。 08:00~08:30 受け付け 10:00 当選発表 10:00~閉店時間 販売時間 全国のビックカメラ各店舗の任天堂スイッチ抽選販売の当選番号、当選倍率、申込者数結果集計 9月24日版 9月24日(日)のビックカメラでのニンテンドースイッチの抽選販売の抽選結果、当選番号の発表を基に、各店舗ごとの販売台数(グレー、カラー)、当選番号の始まりの番号と終了の番号、当選倍率、当選確率、申込者数を集計しています。 当選倍率、申込者数の計算式は、以下のようになります。 また、この記事では「ネオンブルー/ネオンレッド」を「カラー」と表現しています。 【スプラトゥーン2同梱版】が販売された店舗 2017年09月24日(日) 鹿児島中央駅店 100台 3. 980倍 398人 セット 100台 003~397 3. 980倍 25. 303倍 930人 カラー 100台 015~936 9. 303倍 10. 919倍 1392人 カラー 100台 0003~1381 13. 919倍 7. 465倍 646人 カラー 100台 012~652 6. 465倍 15. 909倍 391人 カラー 100台 001~388 3. 909倍 25. 707倍 271人 カラー 100台 003~271 2. 707倍 36. 000倍 300人 カラー 100台 004~301 3. 000倍 33. 303倍 330人 カラー 100台 002~329 3. 303倍 30. 909倍 391人 カラー 100台 002~290 2. 909倍 34. 475倍 447人 カラー 100台 004~447 4. 475倍 22. 051倍 705人 グレー 100台 002~700 7. 051倍 14. 717倍 172人 グレー 100台 002~172 1. 717倍 58. 909倍 391人 グレー 100台 002~389 3. 909倍 25. 535倍 354人 グレー 100台 002~352 3. 535倍 28. 606倍 261人 グレー 100台 002~260 2. 606倍 38. 929倍 493人 グレー 100台 001~489 4. 929倍 20. 879倍 188人 グレー 100台 001~187 1. 879倍 53. その集計結果を元にして、今回の抽選販売がどうだったのか、それを分析してみたいと思います。 9月24日の販売台数は 1,700台 9月24日の ビックカメラ全店舗合計のニンテンドースイッチの販売台数の合計は、1,700台でした。 内訳は、スプラトゥーン2同梱版が 100台。 カラーが 900台。 グレーが 700台となっています。 販売台数は前週と同数で、7月末から現在の店舗によって販売するニンテンドースイッチが異なると言うパターンの販売方法に変わってからは最小の販売台数になっています。 9月24日の抽選販売の申込み人数は 15. 今週の特徴は、これまで販売されてきた池袋本店を始め、有楽町店、新宿西口店、ラゾーナ川崎店などの首都圏の多くでの販売を見合わせ、これまで販売がなかった地方の店舗での販売となりました。 ですが、その結果、抽選販売に申込みをした人数が減る、と言う状況になりました。 9月24日のトータルの当選倍率は 4. 741倍 9月24日の ビックカメラ全店合計での当選倍率は 4. 741倍。 先にも書きましたが、今週は地方を中心とした販売になりましたが、その結果、申込み人数が減り、トータルでの当選倍率はが減りました。 販売台数は前週と変わりませんので、申込者数が減った分だけ当選倍率が下がったと言うことです。 9月24日のニンテンドースイッチの販売状況分析 今週の販売状況の結果を見て、 これまでのビックカメラの販売店舗の選択は間違っていなかった、と言うことだと言えます。 具体的には、 ニンテンドースイッチの品薄状態は地方の方はすでに解消に向かっていて、首都圏の方がまだまだ品薄状態が続いている、と言うことです。 6月、7月頃は、地方の方が販売台数が少なすぎたため、地方の当選倍率は 40倍、50倍ということも多々ありましたが、今週の 当選倍率は、水戸店の 1. 72倍、新潟店の 1. 88倍など、2倍を割り込む結果となっています。 8月に入り販売台数が増えてきたことによって、買い求める人数の絶対数が少ない地方の方が買い求める方々に行き渡るペースは速い、と言うことなのでしょう。 店頭での販売数は地方の店舗は少ない可能性はありますが、オンラインショップでの販売は全国同等に販売されますので、行き渡る率のペースは速いのではないか、と考えられます。 AKIBA店の 13. 92倍、渋谷東口店の 9. 30倍、新横浜店の 7. 05倍、JR八王子駅店の 6. 46倍など、5倍を超えている店舗がいずれも首都圏の店舗ということからもその傾向がうかがえます。 その他でも、札幌の 4. 47倍、名古屋の 3. 91倍、3. 54倍(名古屋は 2店舗合計で 200台販売)、なんばの 4. 93倍などの大きな人口を抱える都市では当選倍率が高い傾向になっています ただ、福岡(天神2号館)も人口は多いと思いますが、当選倍率は 3. 91倍とそんなに言うほど高くはないです。 ニンテンドースイッチに関する今週の出来事 ニンテンドースイッチ(nintendo switch)の購入者に影響を与えそうな、ここ 10日ほどのニンテンドースイッチに関する情報や、任天堂からのリリース情報などをご紹介しておきます。 東京ゲームショウ 2017開幕! 東京ゲームショウ 2017 開催日:2017年09月21(木)~09月24日(日) 時間:10:00~17:00 場所:幕張メッセ まれに見る大作連投 家庭用ゲーム機に復活の兆し 9月21日~、一般公開は 9月23日からですが、東京ゲームショウが開催されました。 上記の記事にもありますが、今年は、ビッグタイトルが大量に投入されている年になっています。 ファイナルファンタジー、ドラゴンクエスト、モンスターハンター、ゼルダの伝説、スーパーマリオ、スプラトゥーンなどなどなどなど。 そして、ニンテンドースイッチも今年の販売です。 ニンテンドースイッチは前評判を大きく裏切ってすごい勢いで売れ続けていますし、プレイステーションの販売台数も全世界で 6000万台を超えてきていますし、これからさらに大型タイトルが投入されて行くであろうことを考えると、ますます楽しみな状況です。 グランツーリスモ SPORT 10月19日発売! 個人的に非常に興味惹かれるタイトル「グランツーリスモ SPORT」が、いよいよ 10月19日発売です。 2、3年くらい前から「出る!出る!」って言われ続けて来てましたので、今年中に出ると言われ始めた頃は、「今年も無理だろう」と思っていたわけですが、なんと来月には発売されます! いやー、欲しいですね。 でも、そもそもプレイステーション4の本体を持っていませんので、そこから必要になりますし、グランツーリスモをやるのにハンドルコントローラーがないのは残念な感じですので、いざそろえるとなると 10万円。 本格的にグランツーリスモを楽しむために VRまで買うとなったら 15万円ほどかかるという.... いやー、欲しいですね(笑)。 9月24日のビックカメラでのニンテンドースイッチの抽選販売まとめ 今週のビックカメラでのニンテンドースイッチの抽選販売は、抽選販売を行う店舗がこれまでと大きく変更になりました。 これまで販売店舗から外れることがなかった、かつ、販売台数が多かった、首都圏の池袋本店や有楽町店、新宿西口店、ビックロ新宿東口店、ラゾーナ川崎店などが販売の対象から外れ、鹿児島店や天神2号館店、新潟店、浜松店などの地方の店舗が中心の抽選販売となりました。 7月の上旬までは、地方の当選倍率は 40倍、50倍というところもありましたので、今回の当選倍率も 10倍くらいまで行くのかなぁ、なんてことを思っていました。 ですが、そんな予想に反して、首都圏、大阪、名古屋を除いたエリアでの当選倍率の平均は 3. 21倍。 水戸駅店、新潟店に至っては 2倍を割るという状況で、地方にはおおよそ行き渡りつつあるのだろうと思われる状況になってきています。 そして、 今回の首都圏での販売される店舗が限られたわけですが、その限られた店舗の AKIBA店では 13. 92倍、渋谷東口店では 9. 30倍と、首都圏ではまだまだニンテンドースイッチを求めているユーザの絶対人数は圧倒的に多い、と言うことを知らしめる結果となりました。 AKIBA店では 1392人が、渋谷東口店では 930人がニンテンドースイッチを求めて集まった、と言うことですから。 ビックカメラでは 8月に入ってから毎週 2,000台程度を販売してきたわけですが、首都圏を中心とした販売でしたので、地方は品薄で入手するのは大変何じゃないかなぁ、と思っていましたが、それは杞憂である事が分かりました。 そしてまた、 ビックカメラの販売戦略は間違っていなかった、と言うことが分かりました。 昨今は、ネット販売の広がりによって、近くに店舗がない地方在住の方々でも購入するチャンスは十分にあるということでしょう。 そして、欲しいと思いつつも買えていない方々の割合が同じであるならば、人口の絶対数が大きい首都圏の方がまだ買えていない方々の人数の絶対数は圧倒的に多い、と言うことになると言うことですね。 そのため、店舗で販売する場合は、その方々が集まってくるため、1店舗あたりの抽選申込者数が大きくなる、と言うことでしょう。 それはつまり、 やっぱり首都圏の商圏は大きい、と言うことになるのでしょう。 まぁ、もしかすると、首都圏には留学生も多くいますので、その留学生が転売屋として、もしくは、自国で販売するために大量購入を続けているため、首都圏では購入のニーズが減らない、という可能性はあるのかも知れません。 ビックカメラ・ヨドバシカメラ・ソフマップの任天堂スイッチ抽選販売の関連記事.

次の

ニンテンドースイッチ広島で購入できるお店はどこ?在庫や入荷状況も!

ビックカメラ ニンテンドー スイッチ 抽選

9月24日にビックカメラでニンテンドースイッチ(nintendo switch)の抽選販売 9月24日(日)に、ビックカメラの各店舗で、ニンテンドースイッチ(nintendo switch)の抽選販売が行われました。 9月24日(日)の抽選販売の条件は、7月30日(日)から始まった店舗によって販売する本体が決まっている(スプラトゥーン2同梱版、グレー、ネオンブルー/ネオンレッド(以下、カラーと表記)のいずれか固定)という販売方法が引き続き実施されています。 ただ、スプラトゥーン2同梱版、グレー、カラーのどれが販売されるかは、今回も変更になっていまして、今週は、グレーの販売がありません。 また、9月24日は、前週 9月17日と違い、これまで販売がなかった店舗を中心に販売が行われています。 【スプラトゥーン2同梱版】が販売される店舗は以下の通り。 鹿児島中央駅店 【カラー】が販売される店舗は以下の通り。 渋谷東口店、AKIBA店、JR八王子駅店、高崎東口店、浜松店、岡山駅前店、広島駅前店、天神2号館、札幌店 【グレー】が販売される店舗は以下の通り。 新横浜店、水戸駅店、名古屋駅西店、名古屋JRゲートタワー店、JR京都駅店、なんば店、新潟店 また、 下記の店舗は販売そのものがなくなっています。 池袋本店、池袋西口店、新宿西口店、有楽町店、赤坂見附駅店、ビックロ新宿東口店、新宿東口駅前店、渋谷ハチ公口店、聖蹟桜ヶ丘駅店、立川店、横浜西口店、ラゾーナ川崎店、相模大野駅店、藤沢店、大宮西口そごう店、柏店、船橋駅店、あべのキューズモール店 前週(9月17日)と比べると、池袋本店、有楽町店、新宿西口店、ビックロ新宿東口店、ラゾーナ川崎店などこれまでずっと販売されてきた店舗での販売がなくなっています。 販売時間は、前週(9月17日)と同じで、全店舗で同一の時間です。 申込み受付時間、当選発表時間、販売時間は以下の通りとなっています。 08:00~08:30 受け付け 10:00 当選発表 10:00~閉店時間 販売時間 全国のビックカメラ各店舗の任天堂スイッチ抽選販売の当選番号、当選倍率、申込者数結果集計 9月24日版 9月24日(日)のビックカメラでのニンテンドースイッチの抽選販売の抽選結果、当選番号の発表を基に、各店舗ごとの販売台数(グレー、カラー)、当選番号の始まりの番号と終了の番号、当選倍率、当選確率、申込者数を集計しています。 当選倍率、申込者数の計算式は、以下のようになります。 また、この記事では「ネオンブルー/ネオンレッド」を「カラー」と表現しています。 【スプラトゥーン2同梱版】が販売された店舗 2017年09月24日(日) 鹿児島中央駅店 100台 3. 980倍 398人 セット 100台 003~397 3. 980倍 25. 303倍 930人 カラー 100台 015~936 9. 303倍 10. 919倍 1392人 カラー 100台 0003~1381 13. 919倍 7. 465倍 646人 カラー 100台 012~652 6. 465倍 15. 909倍 391人 カラー 100台 001~388 3. 909倍 25. 707倍 271人 カラー 100台 003~271 2. 707倍 36. 000倍 300人 カラー 100台 004~301 3. 000倍 33. 303倍 330人 カラー 100台 002~329 3. 303倍 30. 909倍 391人 カラー 100台 002~290 2. 909倍 34. 475倍 447人 カラー 100台 004~447 4. 475倍 22. 051倍 705人 グレー 100台 002~700 7. 051倍 14. 717倍 172人 グレー 100台 002~172 1. 717倍 58. 909倍 391人 グレー 100台 002~389 3. 909倍 25. 535倍 354人 グレー 100台 002~352 3. 535倍 28. 606倍 261人 グレー 100台 002~260 2. 606倍 38. 929倍 493人 グレー 100台 001~489 4. 929倍 20. 879倍 188人 グレー 100台 001~187 1. 879倍 53. その集計結果を元にして、今回の抽選販売がどうだったのか、それを分析してみたいと思います。 9月24日の販売台数は 1,700台 9月24日の ビックカメラ全店舗合計のニンテンドースイッチの販売台数の合計は、1,700台でした。 内訳は、スプラトゥーン2同梱版が 100台。 カラーが 900台。 グレーが 700台となっています。 販売台数は前週と同数で、7月末から現在の店舗によって販売するニンテンドースイッチが異なると言うパターンの販売方法に変わってからは最小の販売台数になっています。 9月24日の抽選販売の申込み人数は 15. 今週の特徴は、これまで販売されてきた池袋本店を始め、有楽町店、新宿西口店、ラゾーナ川崎店などの首都圏の多くでの販売を見合わせ、これまで販売がなかった地方の店舗での販売となりました。 ですが、その結果、抽選販売に申込みをした人数が減る、と言う状況になりました。 9月24日のトータルの当選倍率は 4. 741倍 9月24日の ビックカメラ全店合計での当選倍率は 4. 741倍。 先にも書きましたが、今週は地方を中心とした販売になりましたが、その結果、申込み人数が減り、トータルでの当選倍率はが減りました。 販売台数は前週と変わりませんので、申込者数が減った分だけ当選倍率が下がったと言うことです。 9月24日のニンテンドースイッチの販売状況分析 今週の販売状況の結果を見て、 これまでのビックカメラの販売店舗の選択は間違っていなかった、と言うことだと言えます。 具体的には、 ニンテンドースイッチの品薄状態は地方の方はすでに解消に向かっていて、首都圏の方がまだまだ品薄状態が続いている、と言うことです。 6月、7月頃は、地方の方が販売台数が少なすぎたため、地方の当選倍率は 40倍、50倍ということも多々ありましたが、今週の 当選倍率は、水戸店の 1. 72倍、新潟店の 1. 88倍など、2倍を割り込む結果となっています。 8月に入り販売台数が増えてきたことによって、買い求める人数の絶対数が少ない地方の方が買い求める方々に行き渡るペースは速い、と言うことなのでしょう。 店頭での販売数は地方の店舗は少ない可能性はありますが、オンラインショップでの販売は全国同等に販売されますので、行き渡る率のペースは速いのではないか、と考えられます。 AKIBA店の 13. 92倍、渋谷東口店の 9. 30倍、新横浜店の 7. 05倍、JR八王子駅店の 6. 46倍など、5倍を超えている店舗がいずれも首都圏の店舗ということからもその傾向がうかがえます。 その他でも、札幌の 4. 47倍、名古屋の 3. 91倍、3. 54倍(名古屋は 2店舗合計で 200台販売)、なんばの 4. 93倍などの大きな人口を抱える都市では当選倍率が高い傾向になっています ただ、福岡(天神2号館)も人口は多いと思いますが、当選倍率は 3. 91倍とそんなに言うほど高くはないです。 ニンテンドースイッチに関する今週の出来事 ニンテンドースイッチ(nintendo switch)の購入者に影響を与えそうな、ここ 10日ほどのニンテンドースイッチに関する情報や、任天堂からのリリース情報などをご紹介しておきます。 東京ゲームショウ 2017開幕! 東京ゲームショウ 2017 開催日:2017年09月21(木)~09月24日(日) 時間:10:00~17:00 場所:幕張メッセ まれに見る大作連投 家庭用ゲーム機に復活の兆し 9月21日~、一般公開は 9月23日からですが、東京ゲームショウが開催されました。 上記の記事にもありますが、今年は、ビッグタイトルが大量に投入されている年になっています。 ファイナルファンタジー、ドラゴンクエスト、モンスターハンター、ゼルダの伝説、スーパーマリオ、スプラトゥーンなどなどなどなど。 そして、ニンテンドースイッチも今年の販売です。 ニンテンドースイッチは前評判を大きく裏切ってすごい勢いで売れ続けていますし、プレイステーションの販売台数も全世界で 6000万台を超えてきていますし、これからさらに大型タイトルが投入されて行くであろうことを考えると、ますます楽しみな状況です。 グランツーリスモ SPORT 10月19日発売! 個人的に非常に興味惹かれるタイトル「グランツーリスモ SPORT」が、いよいよ 10月19日発売です。 2、3年くらい前から「出る!出る!」って言われ続けて来てましたので、今年中に出ると言われ始めた頃は、「今年も無理だろう」と思っていたわけですが、なんと来月には発売されます! いやー、欲しいですね。 でも、そもそもプレイステーション4の本体を持っていませんので、そこから必要になりますし、グランツーリスモをやるのにハンドルコントローラーがないのは残念な感じですので、いざそろえるとなると 10万円。 本格的にグランツーリスモを楽しむために VRまで買うとなったら 15万円ほどかかるという.... いやー、欲しいですね(笑)。 9月24日のビックカメラでのニンテンドースイッチの抽選販売まとめ 今週のビックカメラでのニンテンドースイッチの抽選販売は、抽選販売を行う店舗がこれまでと大きく変更になりました。 これまで販売店舗から外れることがなかった、かつ、販売台数が多かった、首都圏の池袋本店や有楽町店、新宿西口店、ビックロ新宿東口店、ラゾーナ川崎店などが販売の対象から外れ、鹿児島店や天神2号館店、新潟店、浜松店などの地方の店舗が中心の抽選販売となりました。 7月の上旬までは、地方の当選倍率は 40倍、50倍というところもありましたので、今回の当選倍率も 10倍くらいまで行くのかなぁ、なんてことを思っていました。 ですが、そんな予想に反して、首都圏、大阪、名古屋を除いたエリアでの当選倍率の平均は 3. 21倍。 水戸駅店、新潟店に至っては 2倍を割るという状況で、地方にはおおよそ行き渡りつつあるのだろうと思われる状況になってきています。 そして、 今回の首都圏での販売される店舗が限られたわけですが、その限られた店舗の AKIBA店では 13. 92倍、渋谷東口店では 9. 30倍と、首都圏ではまだまだニンテンドースイッチを求めているユーザの絶対人数は圧倒的に多い、と言うことを知らしめる結果となりました。 AKIBA店では 1392人が、渋谷東口店では 930人がニンテンドースイッチを求めて集まった、と言うことですから。 ビックカメラでは 8月に入ってから毎週 2,000台程度を販売してきたわけですが、首都圏を中心とした販売でしたので、地方は品薄で入手するのは大変何じゃないかなぁ、と思っていましたが、それは杞憂である事が分かりました。 そしてまた、 ビックカメラの販売戦略は間違っていなかった、と言うことが分かりました。 昨今は、ネット販売の広がりによって、近くに店舗がない地方在住の方々でも購入するチャンスは十分にあるということでしょう。 そして、欲しいと思いつつも買えていない方々の割合が同じであるならば、人口の絶対数が大きい首都圏の方がまだ買えていない方々の人数の絶対数は圧倒的に多い、と言うことになると言うことですね。 そのため、店舗で販売する場合は、その方々が集まってくるため、1店舗あたりの抽選申込者数が大きくなる、と言うことでしょう。 それはつまり、 やっぱり首都圏の商圏は大きい、と言うことになるのでしょう。 まぁ、もしかすると、首都圏には留学生も多くいますので、その留学生が転売屋として、もしくは、自国で販売するために大量購入を続けているため、首都圏では購入のニーズが減らない、という可能性はあるのかも知れません。 ビックカメラ・ヨドバシカメラ・ソフマップの任天堂スイッチ抽選販売の関連記事.

次の