ウーバーイーツ おすすめ 自転車。 【ウーバーイーツ】iPhoneスマホを中古で買う方法【配達用】

Uber Eats(ウーバーイーツ)でレンタルサイクルを3回契約した配達パートナーより【初心者向け】|UberLIFE

ウーバーイーツ おすすめ 自転車

Contents• おすすめレンタル自転車・バイク|Uber Eats(ウーバーイーツ)契約プラン Uber Eatsの配達パートナーは、Uber Eatsと契約しているレンタルバイク・レンタル自転車の会社を利用すれば、月額定額で自転車や原付バイクを、レンタルすることが出来ます。 ドコモバイクシェア|レンタル自転車 ドコモシェアバイクは、Uber Eatsの配達パートナーにとって、最もポピュラーなレンタサイクル・サービスです。 月額定額4,000円で電動アシスト付き自転車が借りられます。 借りられる電動アシスト付き自転車のサイズも大と小から選べますので、便利です。 自転車は、どこのポートの、どの自転車を借りても構いません。 また、自転車返却の際は、借りたポートに返さずに、他のポートへ返却することも可能です。 月額料金が高い 自転車・バイクを自宅に借りるスタイル 電動アシスト付きのレンタル自転車を使ってみた感想 筆者はドコモバイクシェアを利用しています。 ドコモバイクシェアは、フリーパスなので、ドコモシェアバイクのポート 港 であれば、どこで借りてもいいし、どこに返してもいいのが、とても楽です。 また、借りられる自転車は電動アシスト付き自転車になります。 なので、坂道などは非常に楽です。 ただ、大サイズの自転車でもタイヤが小さいので、漕いでも漕いでも、進みが遅く、ロードバイクやクロスバイクの人にも、抜かれるくらいスピードは、あまり出ません。 また、電動アシスト自転車ですので、バッテリーが切れると、少し大変です。 だいたい、フル・バッテリーで半日くらいは使えますが、ドコモバイクシェアの場合、レンタルした時に、全ての車両がフル充電されているわけではありません。 自動で充電されるわけではなく、係員の人が巡回して充電バッテリーを交換しているようなので、充電が少ない自転車しかない場合は、充電されている自転車の取り合いになります。 自転車の充電が切れそうになったら、近くのポートに行き、借りていた自転車を返却し、別の充電がある自転車を、再び借りた方が良いです。 それでも、頻繁に変えてくれているので、よほどじゃない限りは、充電切ればっかのポートになることはないですが。 さいごに:配達パートナーにおすすめレンタサイクル 今回は、Uber Eatsの配達パートナーの人が、借りることが出来るレンタルサイクルとレンタルバイクを中心に解説してきました。 筆者のおすすめはドコモバイクシェアですが、どれもUber Eatsなら特別プランで契約できますので、自転車やバイクを持っていない人は、是非、利用してみてください。 また、他の配達パートナー menuやwoltなど の方も、Uber Eatsの配達パートナー登録だけして、自転車を借りるなんてこともありかもです。

次の

ウーバーイーツ(UberEats)とは?最新の副業の仕組みについて紹介

ウーバーイーツ おすすめ 自転車

CHAPTER(チャプター)• ウーバーイーツ UberEats レンタルバイク・おすすめ自転車|登録可能な自転車の種類 「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」におすすめの「自転車」や「レンタサイクル」について、解説していきます。 「」の「」として仕事をする場合は、「登録車両」でしか配達することが出来ません。 「登録車両」自体は、自分で決めることが出来るのですが、登録可能な車両と、登録できない車両の種類は、はっきりと分かれていますので、自分が持っている車両(自転車やバイク)が、果たして「」の仕事に使えるのかどうかは、しっかりと確認するようにしてください。 また「自転車」や「バイク」を持っていない人でも、「」と契約している「レンタサイクル」「レンタルバイク」会社のサービスを利用できる地域にいる人は、月額料金を支払い車両をレンタルすることで、誰でもすぐに、配達が可能となります。 「」の「」として「自転車を使って1日中」仕事をやろうとするのですから、かなりハードになりますよね。 「」の「」を、「自転車」でする場合、として、あちこちを走り回るのため、かなりの「肉体労働」となり、自転車を漕ぐのに慣れていない人は、慣れるまで最初は相当キツくなると思います。 趣味が「ロードバイク」や「クロスバイク」の人、「」や「トレーニング」を兼ねて「」の「」の仕事をする人などは、車両選択で「自転車での配達」を選ぶことが多いようです。 そういう人達は、自転車での「配達」を選択することで、趣味と実益を兼ねることができるので、確かに「一石二鳥」だと思います。 逆に「体力に自信がない人」や「体力は温存して稼ぐことに集中したい人」は、「電動アシスト付き自転車(eバイク)」がオススメです。 「運動が苦手な人」「体力に自信のない人」「効率よく稼ぎたい人」は「電動アシスト付き自転車(eバイク)」がオススメですので、持っていない人は、「」で稼いだお金を使って「電動アシスト付きの自転車」に投資するのも、「配達の効率を良くする方法」として、アリだと思います。 配達で自転車を使う「メリット・デメリット」 配達で自転車を使う「メリット・デメリット」 自転車のメリット ・短距離の配達リクエストを受けやすい ・上記のため、配達回数を稼ぎやすい ・ダイエット・運動になる ・一方通行の道や原付バイクが入れない道を使いショートカットも可能 ・道を間違ってもUターン・方向転換がしやすい ・車両のメンテナンス費(維持費)が、バイクに比べると激安 ・ガソリン代が、かからない 自転車のデメリット ・体力が必要。 体力に自信のない人は、電動自転車を推奨 ・疲れてくると、配達効率が悪くなる また、さらに楽に配達をしようと思った場合は、「原付バイク」などのバイクを「配達」で使う方法もあります。 で「バイクを選ぶ」と、配達スピードや体力的には余裕が生まれますが、その代わり「ガソリン」を消費するので、「ガソリン代」などで「経費」も、それなりにかかってきます。 配達でバイクを使う「メリット・デメリット」 配達でバイク(原付)を使う「メリット・デメリット」 バイクのメリット ・長距離配達のリクエストを受けやすい ・1配達当たりの距離が長くなり、配送手数料の単価が上がりやすい ・体力に自信のない人でも長時間稼働することが出来る ・によっては、ブースト率(ボーナス)が高いところもある バイクのデメリット ・小回りが効かない ・渋滞に捕まると、なかなか抜け出せない ・車両のメンテナンス代が、かかる ・ガソリン代が、かかる ・駐禁や、一時停止違反など、交通違反のリスクが高い また、住宅街などでは、「一方通行」や「小回りが効かない道」などもあり、そういう場所だと、意外と「自転車」の方が、目的地に早く到着したりしますので、「自分が配達したいエリアの特徴」や「配達の目的」に合わせて、「自転車」か「バイク」を選ぶと良いでしょう。 「自転車登録の配達員」だと「近くて配達距離が短い配達リクエスト」が多く入ってくる傾向にあるため、「配達回数を稼ぎやすくなる」のですが、「原付バイク登録の配達員」だと、「遠くて配達距離が長い配達リクエスト」が多く入ってくる傾向にあり、「距離料金を稼ぎやすくなる」という違いが、生じてきます。 「」の「」の場合、「車両登録」は、後からでも変更できますので、最初に選んだ車両から「配達車両」を変更したい場合は、車両変更の申請をするようにしましょう。 注意点としては、登録車両以外の車両で配達してしまうと、規約違反となり、「アカウント抹消」などのペナルティを受ける可能性がありますので、そこだけは注意してください。 今回、紹介した「自転車での配達」も「原付バイクでの配達」も、どちらも一長一短がありますので、「自分が既に持っている車両」や「配達の目的」に合わせて車両を選び、始めるのがオススメです。 ・排気量125cc以上のバイク (緑ナンバー=事業用者)(黒ナンバー=事業用軽自動車)は登録可能。 「坂道が多いエリア」や「一方通行が多いエリア」などは、小回りがきく「自転車」の中でも、「電動アシスト付き自転車」が活躍します。 運動兼ねて配達をしたい人は「ロードバイク」「クロスバイク」 「ロードバイク」とは、もともと「自転車レースのために開発された自転車」で、舗装された道路を高速走行するのが得意です。 比較的、価格も高く、ハンドルが「ラウンド形状」の「ドロップハンドル」を使用し、より前傾ポジションで走行する見た目が特徴です。 つまり「ロードバイク」は、「走ることに特化した自転車」だと言えるでしょう。 一方、「クロスバイク」とは、「オフロード車のマウンテンバイク」と「オンロード車のロードバイク」を融合させたような「自転車」です。 ロードバイクよりも、比較的、価格が安く、ストレートなハンドルを使用、またタイヤは太く設計されており、舗装されていない道や、段差がある道でも、走りやすいのが特徴です。 つまり「クロスバイク」は、「どんな用途や目的でも使いやすい自転車」だと言えるでしょう。 都市部ならレンタルバイク(レンタサイクル)でも配達可能 「」の「」の仕事をする場合、「自転車」も「原付バイク」も、自分で所有していない人は、「レンタルバイク」や「レンタサイクル」で、「自転車」や「バイク」を「レンタル」して、配達を行うことが可能です。 「自転車のレンタル」も「原付バイクのレンタル」も、「UberEats(ウーバーイーツ)」と提携している「サービス会社」を利用することにはなりますが、いずれも「UberEats(ウーバーイーツ)特別プラン」として、通常価格よりも、安くレンタルすることが可能です。 だいたいの値段としては、「レンタルバイク」や「レンタサイクル」を利用する場合は、「月額4,000円~1,6000円」の定額制で、借りることが出来ます。 主な自転車レンタル・サービス• ドコモ・バイクシェア• COGICOGI リース• 帝都産業 docomoの電動自転車レンタサイクルの「ドコモ・バイク」 「月額4,000円」 東京都内であれば、「350ポート」を設置しており、「電動アシスト自転車の数」は「約4,500台」が使い放題で利用できます。 「交通系ICカード」や「おサイフケータイ」で「ワンタッチ貸し出し」に対応しています。 レンタルできる「電動アシスト自転車」のボディの色が赤いことから「赤チャリ」とも呼ばれています。 レンタルする人の多くが、「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」ですので、配達中も、よく見かけることになると思います。 docomoのレンタサイクルなら「自転車保険」も付いてくる 「docomo」のレンタサイクルの「ドコモ・バイクシェア」には、「対人・対物・自分のケガへの保障制度」も付いてくるので、「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」の仕事中に起こる事故などにも、ある程度は、保険が効いてきますので、便利です。 ドコモ・バイクシェア スマートシェアリング 「ドコモ・バイクシェア」の料金は「月額定額4,000円(契約初月のみ日割り計算あり)」となり、契約期間内であれば、何度、利用しても、追加料金などは取られません。 帝都産業の「レンタサイクル」と「レンタルバイク」 「月額10,000円」 「帝都産業」は「電動アシスト自転車」を自宅まで届けてくれるサービスです。 こちらも「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」ご用達の「レンタサイクル」サービスです。 「対人・対物保障制度」もあります。 また「帝都産業」は「レンタルバイク」サービス(月額16,000円から)もやっていますので、「バイク」を持っていないけれど、配達はバイクでしてみたい人などは、是非、確認してみてください。 「東京都内の配達員」時給換算するといくら稼げる? 「UberEats(ウーバーイーツ)」の「」の仕事をした場合「初心者」の人でも、で「1,000円以上」は余裕で稼げると思います。 配達に慣れてきて「効率よく回れるようになった人」なら、時給換算で「2,000円」以上稼ぐことも簡単です。 ベテランで慣れてくると、稼いでいる人で、時給換算で2,000円~3,000円くらいも稼げる感じになると思います。 ただし、「」の「配達パートナー(配達員)」は「個人事業主」となりますので、「稼いだ金額」から「使った経費」を引いた「」を、をすることで、後で、自分でを納めなければいけません。 そうなってくると、手取り換算では、額面はもう少し下がりますので、稼いだ額が、まるまる自分の手元に残るわけではないので、その点は注意してください。 東京や大阪で「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」になりたい人は、「自転車」や「バイク」を持っていなかったとしても、「UberEats(ウーバーイーツ)」と提携している「レンタルバイク」や「レンタサイクル」の「貸出サービス会社」と契約することで、それらを使用して、すぐに配達の仕事が、できるようになり、おすすめです。 レンタル費用が安い「ドコモ・バイクシェア」なら「電動アシスト付き自転車」が、「月額4,000円~」の使い放題で、レンタルすることが可能ですので、時給換算で「2,000円以上」稼げるようになった人なら、「UberEats(ウーバーイーツ)」で2時間働くだけで、1ヵ月分の「レンタサイクル代」の元が取れます。 このような「便利なサービス」もありますので、「UberEats(ウーバーイーツ)」を利用して働きたいけれど、「配達車両」を持っていない人は、是非、活用してみてください。

次の

【UberEats】今稼げるウーバーイーツ攻略法【自転車で副業】

ウーバーイーツ おすすめ 自転車

Uber Eats(ウーバーイーツ)を始めるなら無料で電動自転車をレンタルするほうがいい もちろん運動不足解消の目的やロードバイク乗りでUbereatsも運動を兼ねてやる方は話は別になりますが、単に配達を目的にするなら断然電動自転車が楽です。 何より都内は坂も多く、上りであっという間に体力を奪われます。 赤チャリと呼ばれている電動自転車も便利ですが、Ubereatsを始めたばかりだと不便な点もあります。 ・ステーションと呼ばれる赤チャリ置き場を把握していないためバッテリーが無くなったときに自転車を交換できない。 ・ステーションにバッテリーがある自転車がない。 仮に50回達成を第一目標においたときに月額の4000円を払うか迷ってしまうこともあります。 特別企画なのでいつ取りやめるか分かりませんが、ご希望の方は気軽にお問い合わせ下さい。 電動自転車の無料レンタルを知って気軽に始められた! 配達する時間を自分で決めることができ、その日の配達 受付を終了 する時間も自分で決まることが出来るため、 自由で融通が利くところに魅力を感じたからです。 また、自転車に乗ることが好きで、 最近ジョギングなどの軽い運動 も始めたのもあり、自転車に乗って働き、かつ運動にもなるところ に魅力を感じました。 youtubeをよく見るのですが、たまたまお勧めで流れた動画 で、uberのことが紹介されており、見ているとuberの仕事 は楽しそうだなと思いました。 またこのサイトで 電動自転車を無料でレンタルできることを知って、気軽に始めることができました。 また、給与のことも紹介されており、 慣れてくると、 時給換算する と平均で1100円以上は大体稼ぐことができると知り、それなら 普通のアルバイトでお金を稼ぐよりも良いなと思ったからです。 電動自転車はピンずれで坂道を登らされても落ち着いていられる 苦労した点は、 お店の位置や、お客様の家の位置を指すピンがたま にずれていることがあり、お店やお客様の家を見つけるのに時間が かかったことです。 また、現在地を示すマークがたまにズレており 、道に迷いそうになったこともありました。 せっかく坂道を上り、到着したと思ってマップをみたらピンずれ。 かなりテンションが下がりますが、電動自転車に乗っているんだと思うと坂道も怖くありません。 これが普通の自転車だと思うと、本当に頭にきてしまうかもしれません。 配達時間が夜の時、お客様の家の名前や、マンション名が読みづら く見つけづらいことが稀にあり時間がかかったことがありました。 また、普段からGoogleマップを使っているため、uberの アプリで使用するマップが少し見づらかったり、使い慣れるのに少 し時間がかかりました。 工夫したことは、配達してる地域がお客様の家が離れており、他の 地域に移動してしまった時は、 元の地域には戻らずに、その地域で 配達リクエストを受けるようにして、元の地域に戻る為にかかる時 間を短縮するようにしました。 電動自転車とはいってもやはり体力を使っている 自分は地図を見ることが苦手で、地図を見ることに少し抵抗があり 、道に迷うことがよくありました。 ただ、uberの配達で毎回地図を 見るため、地図を見ることへの抵抗がなくなり、道に迷うこともな くなったことが良かったです。 また、配達で、渋谷や新宿、代々木など普段から行く地域でも、徒 歩移動では行く場所が限られますが、 uberの配達で普段行かな いような場所を通るので、見る景色が新鮮ですごく楽しいことや、 知らなかったお店を配達の際に知ることができる点も良いなと思い ます。 自分にとって、uberでの配達の仕事には全くストレスを感じな いので、精神的に疲れることもありません。 また、電動自転車とはいってもやはり体力を使っているので適度の運動になり、配達後は清々しい気持ちになります。 Uber Eats(ウーバーイーツ)は電動自転車のほうが配達完了数も増加する インターネット上に、uberの効率的な働き方を紹介しているブ ログや、youtubeの動画が沢山あるので、最初はそれらを参 考にして真似することですぐに要領を掴むことできると思います。 自転車を使って配達をする場合は、電動自転車を使うことを強くお 勧めします。 自分は最初、普通の自転車を使っていましたが、配達 の際に坂道が多い時や距離が長い時は疲れが溜まりやすく、膝やふ くらはぎが痛くなりました。 電動自転車を無料でレンタルして配達をした際は、一日通して配達をしていても 疲れがほぼなく、スムーズに配達をすることが出来ました。 また、電動自転車の方が疲れがたまらずスピードも安定して出せる ため、 効率的に配達を完了でき普通の自転車を使った時よりも、配 達完了数が多かったです。

次の