国民 一人 あたり と は。 国民一人あたり一律10万円の給付【特別定額給付金】

「国民一人あたり実質GDP」vs「労働者一人あたり実質GDP」

国民 一人 あたり と は

2さんが人口についてお答えされているのでGDPに関して言いますと、これもシンクタンク等が使っている元のデータが異なる可能性があります。 例えば、 ・GDPは「確定」するまで何度も計算し直され、数値が変化します。 したがって、いつのGDPを用いているかによって算出された数値は異なります。 ・為替レート。 大抵米ドルを基準に計算しているでしょうが、どの時点のどんな為替レートを使用しているかによって数値は変わります。 ・GDP統計等は、国連やOECD等が各国のデータを収集して出版しています。 ただ、統計の定義の違いにより、各国が公表している数値と国際機関が公表している数値が異なることがあります。 シンクタンクがどちらのデータを利用しているかにもよって、数値が異なることがありえます。 ・「名目」と「実質」 A ベストアンサー GDPとは、簡単にいえば「期間内に作られた財・サービスの価値の総和」です。 例として次のようなものを考えましょう。 製粉所とパン屋がある経済を考えます。 製粉所では小麦を買って小麦粉を作り、パン屋では小麦粉を買ってパンを作っています。 機械屋では製粉所とパン屋に製造機械を作っています。 この場合の「作り出された価値」は、製粉所で(小麦粉-小麦)、パン屋で(パン-小麦粉)ですので、トータルでみれば(パン-小麦)になります。 ところでパンは誰かが買って食べているわけですから、最終消費支出になります。 一般家庭が普通に買う分は民間最終消費支出、互助会のようなものを考えて、働けない人にパンを与える、などを考えれば、政府最終消費支出になるでしょう。 この場合、政府か民間かは問題ではありません。 この事情は投資(住宅投資、設備投資、公的固定資本形成)にも言えることです。 さらにパンの一部が輸出されていたとしましょう。 すると(パン=民間最終消費支出+政府最終消費支出+輸出)になることが分かります。 また、小麦は輸入していたとしましょう。 すると「作り出された価値」は(パン-小麦)でしたので、輸入分は引かなければなりません。 次に生産設備を作る機械屋がいると考えましょう。 話を簡単にするために、この生産設備は壊れないものとします。 すると、パン屋や製粉所がこの生産設備を買うとその分新たな価値が増えます。 これが設備投資です。 生産設備が壊れないので、パンから引く必要もありません。 最後に、製粉所で手違いがあり、小麦粉を作りすぎてパン屋に売り切れなかったとしましょう。 そうすると在庫として計上されます。 つまり、在庫品が増えた分も「作り出された価値」になります。 以上をまとめると、次のようになります。 今はどっちになっているんだか知りませんが、政府だとして、小さなものを別にすれば、補修費も設備投資に入ります。 したがって公的固定資本形成になります。 GNPとGDPは、上の例では全く同じものです。 なにが違うかといえば、外国人の扱いです。 GNPは例えば日本人なら日本人が作り出した価値なのですが、GDPは日本内部で作り出された価値です。 ですので、例えば国内にアメリカ人が働いていたとすれば、GDPから彼らの給料を引いた分がGNPになります。 一般には、GDPから海外からの要素所得を加え海外への要素所得を引いたものがGNPになります。 NNPは、上の例では生産設備は壊れませんでしたが、年に5%が壊れるとしましょう。 するとその分だけパンの製造に使われたのだと考えれば、パンから引かなければなりません。 この考え方にたったのがNNPです。 したがって、GNPから固定資産減耗を引いたものになります。 GDPとは、簡単にいえば「期間内に作られた財・サービスの価値の総和」です。 例として次のようなものを考えましょう。 製粉所とパン屋がある経済を考えます。 製粉所では小麦を買って小麦粉を作り、パン屋では小麦粉を買ってパンを作っています。 機械屋では製粉所とパン屋に製造機械を作っています。 この場合の「作り出された価値」は、製粉所で(小麦粉-小麦)、パン屋で(パン-小麦粉)ですので、トータルでみれば(パン-小麦)になります。 ところでパンは誰かが買って食べているわけですから、... たとえば、GDPデフレータの1995年から1996年への成長率(上昇率)は 109. 5-110. 005 すなわち、-0. 5パーセントということになる。 つまり、1996年のGDPデフレータは0. 5パーセント下落したと言います。 あるいは、2005年のGDPデフレータは1995年にくらべて何パーセント上昇したかという質問なら、 (100. 0-110. 092 つまり、9. 2パーセントの下落になります。 Q 次の表から2000年度を基準としたとき2001年と2002年の実質GDPを計算し2001年度と2002年度間の名目GDPの成長率を求めなさい。 年度 名目GDP GDPデフレーター 2000 520 100 2001 580 140 2002 590 155 という問題なのですが、まずGDPデフレーターの求め方が 名目GDP/実質GDP というのはわかるのですが、このとき実質を求めるので 名目GDP*GDPデフレーター になるのでしょうか?これを2001年を自分でやってみると 520*140=720 となりましたが合っているでしょうか? また成長率ですが上の問題がわからないので解き方がわかりません。 お願いします。 数学の言葉では一次同次、経済学の言葉で規模に関して収穫一定というだけで両者は全く同じものです。 チェックの方法ですが、定義に従って計算するしかありません。 それで、kの大きさをチェックしてやればいいということになります。 やってみてください。 分からなければ補足してください) このように定義に帰ってチェックするほかありません。 数学の言葉では一次同次、経済学の言葉で規模に関して収穫一定というだけで両者は全く同じものです。 チェックの方法ですが、定義に従って計算するしかありません。 それで、kの大きさをチェックしてやればいいということになります。 (生産高)があがるには、色々な要因が絡み合います。 例えば、資源に恵まれていて簡単に低コストで生産できる、機械化が進んで短時間で大量に生産できる、生産作業がしやすく効率的な生産ができる、これまでの投資で環境整備ができていて生産や流通がスムーズで低コストでできる、資金などが豊富で効率的に生産できる環境を容易に整えることができる、などです。 これらと逆の要因が多いと生産はできても効率がわるく少量しか生産できません。 こうした資源やインフラ環境、設備、資金が整っていると生産は多くなりますが、そこに従事している人数を増やしても生産はあまり上がらないことが多いです。 日本にいると、「農業畜産業の生産性は低い」と思いがちですが、アメリカ、フランス、オーストラリア、オランダの農業などは、生産性の高い効率的な産業になっています。 デンマークは、自然環境は農業牧畜に向いた地域にはありませんが、農業経営の方法が非常に優れていて高い生産性があり、各国からも農業研修の学習ツアーが組まれるような地域です。 danishforum. そいういう高所得者や資産を多く持つ富裕者が多ければ、その国は一人当たりGDPのランキングで高くなります。 一方、労働力を提供するだけの人が多くなると、人が機械の代わりをしたり、三人で済むところを四人でやったりするので、その国は一人当たりGDPのランキングで低くなります。 日本や中国、アジア諸国、アフリカなどで、その社会に適当な働き口がないと、結果的に農業や漁業に従事する人が多くなります。 このような場合は、産業の成長とか経営合理化は関係がなく、隠れた失業が就業者数になるだけです。 そうした社会にいると、「農業畜産業の生産性は低い」と思いがちです。 本当は「その社会全体の成長、GDP増加が少ないために、余剰人口である潜在失業者が農林畜産漁業の家計から転出し、生産性の高い産業に就業できない」だけです。 高齢者や年金生活者、失業者が多い場合とかの場合も同様です。 潜在失業者が多数存在していられる環境ではなくて、厳しい市場経済、自由貿易の嵐で転職や土地売買が進むと、その嵐の後では、農業や牧畜業も他の産業と同じような生産性をだすようになります。 この市場経済、自由貿易の嵐で転職や土地売買が進む過程では、多くの没落が起き、少数が勝ち残ります。 住み慣れたところでは生活できず、別の場所に移住し、何か自分が勝てる仕事に新たに就かないとなりません。 社会保障や教育、医療などの支えがあるにしても、誰にでも容易にできることではなくて、この厳しさを乗り越えるのは大変です。 デンマークやオランダ、北欧の諸国でも、そうした厳しさは経験して、現在があるのだと思います。 厳しい経済競争に立ち向かい、優者を残し、劣者は去って他に生き残る道を求めることの繰り返しで、農業も、他の産業も高い生産性を獲得することができます。 maff. (生産高)があがるには、色々な要因が絡み合います。 例えば、資源に恵まれていて簡単に低コストで生産できる、機械化が進んで短時間で大量に生産できる、生産作業がしやすく効率的な生産ができる、これまでの投資で環境整備ができていて生産や流通がスムーズで低コストでできる、資金などが豊富で効率的に生産できる環境を容易に整えることができる、などです。 これらと逆の要因が多いと生産はできても効率がわるく少... A ベストアンサー ごく簡単にいえば、外生変数とは経済モデルを作る人が数値を自由に設定できる「前提条件」にあたります。 内生変数とは、前提条件の下で作られた経済モデル(連立方程式)を解いて得られる「未知の変数」という意味です。 高校数学でやった、連立方程式でXの値に適当な数字を入れるとYの値がどうなるか、といったことを難しく言っているだけです。 マクロ経済学の初歩ということであれば、IS-LMモデルによるマクロ経済モデル等でしょう。 一番簡単なモデルはたとえば以下のようなものです。 YD=C+I+G-T:総需要 C=C(Y):消費関数 I=I(r):投資関数 G=一定:政府支出 T=一定:税収 M/P=L(r,Y):通貨需要関数 YS=F(L):総供給関数 YS=YD:需給均衡条件 P=一定:一般物価水準(一定) C:消費、I:投資、M:マネーサプライ、r:金利、L通貨需要、 L:雇用量 上記の方程式群を、外生変数を右辺に集め、内生変数(未知変数)について解くことになります。 上記ではIは金利と所得の関数となっていますが質問のようにIを外生変数にすればさらに簡単になります。 経済学的には、外生変数(政策変数)をいろいろ操作することで、Y(所得)がどう変わるのか、ということが一番関心事です。 したがって、Gの変更(政府支出の操作=財政政策)やMの変更(マネーサプライの操作=金融政策)の効果を見ていることになります。 ごく簡単にいえば、外生変数とは経済モデルを作る人が数値を自由に設定できる「前提条件」にあたります。 内生変数とは、前提条件の下で作られた経済モデル(連立方程式)を解いて得られる「未知の変数」という意味です。 高校数学でやった、連立方程式でXの値に適当な数字を入れるとYの値がどうなるか、といったことを難しく言っているだけです。 マクロ経済学の初歩ということであれば、IS-LMモデルによるマクロ経済モデル等でしょう。 一番簡単なモデルはたとえば以下のようなものです。 YD=C+...

次の

世界・人口100万人あたりの国会議員数ランキング

国民 一人 あたり と は

(1990-2018年)• (1990-2018年)• (1990-2018年)• (1990-2018年)• (1990-2018年) [内訳] - 名目GDP(農業) [内訳] - 名目GDP(製造業) [内訳] - 名目GDP(建設業) [内訳] - 名目GDP(小売・卸売・飲食・宿泊) [内訳] - 名目GDP(運輸・通信)• (1995-2018年)• (1995-2018年) [内訳] - 個人金融資産(現預金比率) [内訳] - 個人金融資産(債券比率) [内訳] - 個人金融資産(株式比率) [内訳] - 個人金融資産(投資信託比率) [内訳] - 個人金融資産(生命保険比率) [内訳] - 個人金融資産(年金基金比率)• (1995-2018年) [内訳] - 家計可処分所得成長率• (1990-2019年)• (1990-2018年)• (1990-2018年)• (1990-2018年)• (1990-2018年) [内訳] - 名目GDP 財貨・サービスの輸入対GDP比• (1990-2018年) [内訳] - 名目GDP 財貨・サービスの輸出対GDP比• (1990-2018年) [内訳] - 名目GDP 総資本形成対GDP比.

次の

「国民一人あたり実質GDP」vs「労働者一人あたり実質GDP」

国民 一人 あたり と は

(1990-2018年)• (1990-2018年)• (1990-2018年)• (1990-2018年)• (1990-2018年) [内訳] - 名目GDP(農業) [内訳] - 名目GDP(製造業) [内訳] - 名目GDP(建設業) [内訳] - 名目GDP(小売・卸売・飲食・宿泊) [内訳] - 名目GDP(運輸・通信)• (1995-2018年)• (1995-2018年) [内訳] - 個人金融資産(現預金比率) [内訳] - 個人金融資産(債券比率) [内訳] - 個人金融資産(株式比率) [内訳] - 個人金融資産(投資信託比率) [内訳] - 個人金融資産(生命保険比率) [内訳] - 個人金融資産(年金基金比率)• (1995-2018年) [内訳] - 家計可処分所得成長率• (1990-2019年)• (1990-2018年)• (1990-2018年)• (1990-2018年)• (1990-2018年) [内訳] - 名目GDP 財貨・サービスの輸入対GDP比• (1990-2018年) [内訳] - 名目GDP 財貨・サービスの輸出対GDP比• (1990-2018年) [内訳] - 名目GDP 総資本形成対GDP比.

次の