カタール 航空 キャンセル。 【最新版】新型コロナウイルスによる国際航空券のキャンセル料金が戻ってくる航空会社は?

新型コロナウイルス警報で泣く泣く家族旅行をキャンセルした話〜特典航空券のキャンセル料金はどうなる?

カタール 航空 キャンセル

航空会社を評価する際、単にサービスの良し悪しなどを基準にするのでは意味がない。 「どういった運航をしているのか」が大切である。 たとえば人気の航空会社にニュージーランド航空とカタール航空があるが、この2社を比べると大きな違いがある。 日本からニュージーランド航空を利用する乗客のほとんどがニュージーランド渡航を目的にするのに対し、カタール航空の利用者はほとんどがカタールを目的地にしていないという点だ。 同じ人気航空会社でも、その利用目的は真逆といっていいだろう。 つまり、ニュージーランド航空は質の高いサービスが人気で「ニュージーランド渡航の際はぜひ利用してみたい」となっても、欧米などへ行く際に利用できるわけではない。 いっぽう、カタール航空は日本からヨーロッパ、中近東、また遠く南米方面への足となっているので、ヨーロッパに行く際などに「直行便にするか、エミレーツ航空にするか、カタール航空にするか」などと比較対象となり、利用機会も多いのである。 2019年4月現在、日本からネパール行きの直行便は飛んでいません。 そのため乗り継ぎ便を利用することになります。 乗り継ぎの方法にはいろいろありますが、どの航空会社を使うのがいいのかは、その人の旅のスタイルや予算によっても異なります。 そこで今回は、ネパール便のある主だった航空会社についてご紹介します。 ちなみに、現在ネパール航空が、ネパールの首都カトマンズと日本の直行便の就航申請をしています。 2019年4月10日の時点で日本側の認可待ちという状態ですが、就航すれば、ネパールへの旅はもっと身近なものになると期待されます。 (ネパール航空の就航については、ネパール航空公式ホームページなどで最新の情報を入手してください) 2018年の春、近年とても人気と噂の高いカタール航空に初めて搭乗してみました。 カタール航空は、中東の国カタールの国営航空で、航空券の安さもあってヨーロッパ行きに利用する人も多いエアラインです。 今回の旅先はドイツのミュンヘン。 行きのQR807便は成田から出発し、途中ドーハで乗り継ぎます。 帰りはパリから同じくドーハ乗り継ぎで成田へ。 帰路のパリからドーハまでは、今話題の最新鋭機種、2階建てのエアバスA380にも乗れました! まず機内に乗り込むと、天井が高く、足元の広さと座席の座り心地、リクライニングの深さ、座席前スクリーンの大きさに驚かされました。 これがタッチパネルの最新型で映画の種類もかなり豊富です。 内ポケットには歯ブラシ、ソックス、耳栓、ココナッツの香りのリップクリームのセットが用意され、新しい機内誌がビニール袋に入っています。 PCやスマホ充電用のコンセントも各自の席に備わり、嬉しい限りでした。 (その2から続く)ヨーロッパでも、都市によってはアジアと同様、航空券とホテルがセットになった、一カ所滞在型ツアーが格安です。 航空券代金以下の料金でホテルと、時には朝食まで付いているのです。 ロンドン、パリ、スペインのバルセロナ、ローマなどで出ています。 価格は5日間で5万円以下。 利用航空会社はドバイ経由のエミレーツ航空、ドーハ経由のカタール航空、モスクワ経由のアエロフロート、イスタンブール経由のトルコ航空が主流ですので、往復に時間がかかり、疲労は覚悟の上になりますね。 5日間ですと、現地滞在は正味2日間しかありません。 ヨーロッパ旅行では往復で3日間差し引いた日数が現地滞在日数になるのです。 10月から3月まではとくに安く、中でも12月〜1月のクリスマスと年末年始を除いた時期が最安値です。 この期間なら直行便でも経由便と同程度の価格です。 また、ほとんどのツアーで2名からの催行になっています。

次の

カタール航空 特典航空券の予約/変更/キャンセル等の手数料

カタール 航空 キャンセル

カタール航空は5月14日に新たな予約変更の方針を発表しました。 新型コロナウイルスの流行のため 、各航空会社では柔軟なキャンセルおよび予約変更を行っています。 今回発表されたカタール航空の内容は、どの航空会社よりも柔軟対応になります。 この更新された内容では、 カタール航空の予約に関して 、飛行先を元の目的地から半径5,000マイル以内のどこにでも変更できるなど、旅程を「無制限」に変更することが出来ます。 これらの変更は簡単に行うことができ(フライトをキャンセルする必要はありません)、運賃の差額はありません。 これは、今までに無い内容になり、 特に、日本やアメリカの航空会社と比較すると、非常に画期的なことだとわかります。 Contents• カタール航空のキャンセルおよび変更に関して この 新しい内容 は、9月30日までに12月31日までに出発する旅行の予約に適用されます。 キャンセルされたフライトは、チケットの予約クラスに関係なく、元のお支払い方法への全額払い戻しの対象となります。 キャンセルされたチケットの価値は2年間有効です。 安全だと思われる場合は、将来の旅行を再予約することができます。 払い戻しの代わりにチケットを将来のフライトクレジットと交換する場合、10%のボーナスを受け取ることができます。 チケットは、1米ドルあたり100 Qmilesのレートで Qmilesに 交換できます。 これにより、実質1セントでマイルを購入できます。 フライトの日付、元の空港(最初に予約した国と同じ国にある限り)、および目的地は、元の目的地から半径5,000マイル以内であれば、何度でも変更できます。 これらはすべて非常に寛大な内容です。 10%ボーナスの場合、会員は理論的にはカタール航空のチケットを購入し、すぐにボーナスフライトクレジットに払い戻すことができます。 ただし、これには多少の手間がかかり、倫理的なものではないため、このような行為はカタール航空でもチェックすると思います。 さらに、チケットの値をそれぞれ1セントでQmilesに変換する内容も興味深いです。 最後に、この内容はカタール航空の航空券の有料チケットにのみ適用されるため、マイルで予約されたチケットはこれらの特典の対象となりません。 カタールの新しい再予約の概要 カタールの新しい変更ポリシーの最も興味深い部分は、その再予約に関してです。 すでに説明したように、年末までに出発するように設定したチケットを再予約して、日付、出発地、目的地の空港を変更できます。 同じ国から出発する必要がありますが、目的地は元の目的地から半径5,000マイル以内の任意の場所に変更できます。 さらに良いことに、再予約により、変更で料金の差額は発生しません。 年末までが対象となります(延長するかの失せもあります)ので、それまでに新型コロナウィルスの影響がなくなっていない場合でも旅行をキャンセルする場合でも、チケットの再予約やフライトクレジット(10%のボーナス付き)が使えます。 まとめ 最良の選択肢は、旅行が 2020年末までに出来るようになることです。 すでにフライトを予約していて、年末に旅行しても安全だと思われる場合は、問題はありません。 そういったときでもフライトを再予約するか、10%のボーナスでフライトクレジットを選択することが出来るので安心です。 また、全面的に旅行の計画を取りやめる場合でも払い戻しを選択することが可能なので安心です。

次の

コロナウィルス(COVID

カタール 航空 キャンセル

新型コロナウイルスによる感染拡大は航空業界にも大きな影響を与えています。 大手航空会社の中国路線は大規模な運休や減便が決定し、雇用削減による経営困難の危機に直面するほど深刻です。 海外旅行や留学する予定している方は「航空券の料金は返金されるのかなぁ」と不安な方が多いでしょう。 結論から言えば、航空券の変更・払い戻し・キャンセル料金は各航空会社によって対応が異なります。 航空会社は特別対応に追われているので、事前にキャンセルポリシーを確認することが大切です。 この記事では、新型コロナウイルスによる国際航空券のキャンセル料について解説します。 新型コロナウイルスによる航空会社の影響 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、ANAやJALをはじめとする大手航空会社は特別対応に追われています。 フライトが運休した場合、航空券のキャンセル料が発生するかどうかは各航空会社の判断次第です。 出発間際になってもキャンセル料は発生せず、全額払い戻しの特別対応をする航空会社もあります。 その一方で、新型コロナウイルスの影響によるキャンセルをしても、通常と同じキャンセル料がかかる場合もあるので要注意です。 新型コロナウイルスによる各航空会社の対応 国際航空券は直前にチケットを購入すると高くなるため、何ヶ月も前から予約するのが一般的です。 基本的にどの航空会社の国際航空券を購入してもフライトをキャンセルすることは可能です。 ただし、航空券をキャンセルするタイミングや旅行代理店によって、キャンセル料の対応は異なります。 例えば、中国方面の航空券を予約している場合、ほとんどの航空会社において、新型肺炎の発生に伴う特別対応を受けられます。 この場合、搭乗前日になってもキャンセル手数料なしで払い戻しされるケースが多いです。 海外旅行や留学のために既に航空券を購入した人は航空会社のキャンセルポリシーを確認しましょう。 航空会社のホームページには予約した航空券は払い戻し・変更の条件が記載されています。 旅行代理店で航空券を購入した場合は、旅行代理店のキャンセルポリシーをチェックしてください。 どこから航空券を購入したかによって、問い合わせする場所が変わります。 これから海外旅行の航空券を購入する方もキャンセル可能な時期を確認してから検討しましょう。 日系航空会社はキャンセル料金は戻ってくる? ここからは、日系航空会社の公式サイトに掲載されているキャンセルポリシーを見ていきましょう。 ANA航空券の払戻し・変更 対象便(JALの特別対応) ・北京線、上海線、広州、大連線天津線 ・香港線 ・ソウル線、釜山線 ・台北線 上記の航空券をご購入済みの方は以下の予約確認画面から手数料なしで払戻し・変更可能です。 旅行会社経由でJAL航空券を購入した場合は旅行会社に問い合わせる必要があります。 国内LCC(格安航空会社)の払戻し・変更 格安航空券を提供している国内(格安航空会社)においてはどうでしょうか。 ほとんどのでは、キャンセル料なしでの払い戻しや変更は、中国方面のみが対象となっているのが現状です。 新型コロナウイルスが落ち着くまではキャンセル時の手数料が高い運賃は買わない方が良いでしょう。 「新型肺炎は心配だけど格安航空券を購入したい」という方は、キャンセル手数料が戻ってくる旅行保険に加入する方法があります。 Peach Aviation(ピーチアビエーション) 運休便に関わる予約は払い戻し、または他のPeach便への振替に対応しています。 Jet Star Japan(ジェットスタージャパン) 運休便の予約チケットは手数料無料で払戻し・変更が可能です。 Spring Japan(春秋航空日本) 対象便を予約済みのチケットは手数料無料で払戻し・または振替のどちらか1回のみ選択可能です。 Airasia Japan(エアアジアジャパン) 日本~バンコク線のみ手数料無しで予約変更が可能です。 外資系航空会社はキャンセル料金は戻ってくる? ここからは、外資系航空会社のキャンセルポリシーを見ていきましょう。 大韓航空の払戻し・変更 大韓航空の特別対応 香港、台北を含む中国地域発着の航空券は払い戻しペナルティ免除されます。 エミレーツ航空の払戻し・変更 エミレーツ航空の特別対応 中国本土および香港発着便は払い戻しまたは北京(PEK)発着便あるいは香港(HKG)発着便にルート変更可能です。 シンガポール航空の払戻し・変更 シンガポール航空の特別対応 搭乗便の出発1週間以上前が条件となり、取り消し手数料・払い戻し手数料が発生する場合があります。 ユナイテッド航空の払戻し・変更 ユナイテッド航空の特別対応 購入後24時間以内のキャンセルは手数料なしで全額を払い戻し可能です。 スカンジナビア航空の払戻し・変更 スカンジナビア航空の特別対応 予約後24時間以内のキャンセルには24時間返金保証があります。 トルコ航空の払戻し・変更 トルコ航空の特別対応 航空券のキャンセル・払い戻しはお持ちの航空券に適用されている運賃規定により異なります。 カタール航空の払戻し・変更 カタール航空の特別対応 航空券によって払い戻し手数料を差し引かれる場合もあります。 キャセイパシフィック航空の払戻し・変更 キャセイパシフィック航空の特別対応 予約が条件を満たしていればキャンセル手数料は免除されます。 ルフトハンザ航空の払戻し・変更 ルフトハンザ航空の特別対応 航空券の取り消し・払い戻しは、航空券のご購入方法により異なります。 オーストリア航空の払戻し・変更 オーストリア航空の特別対応 24 時間以内の予約はキャンセル・払い戻しを行います。 ニュージーランド航空の払戻し・変更 ニュージーランド航空の特別対応 ニュージーランド国際線区間は期間限定特別運賃を除き、全額払い戻しが可能。 KLMオランダ航空の払戻し・変更 KLMオランダ航空の特別対応 予約後24時間以内に航空券の払い戻し申請をされた場合に可能です。 カンタス航空の払戻し・変更 カンタス航空の特別対応 予約のキャンセルは取扱手数料を申し受ける場合があります。 スイスインターナショナルエアラインズの払戻し・変更 スイスインターナショナルエアラインズの特別対応 オンラインでの予約変更は出発の 3時間前までキャンセル可能です。 コロナウイルス時期に海外に行くときの注意点 2020年2月21日現在、外務省は中国全土の「感染症危険情報」をレベル2に引き上げ、「不要不急の渡航は止めてください」と注意を促しています。 海外へ入国できたとしても、観光施設が閉鎖されていたり、イベントが中止されるケースがあります。 コロナウイルス時期に渡航する方は、必ず外務省海外安全ホームページで最新情報を確認してください。 外務省が発表する公式の「感染症危険情報」もすぐにメール配信されるので便利です。 現地でテロや事件など、緊急事態が発生した際も日本語で正確な情報が分かります。 留学予定の方や海外に長期滞在する予定の方は登録しておくことをおすすめします。 マスクの着用や手洗いの徹底をこころがけて、感染症対策に努めましょう。 まとめ 今後、新型肺炎がどの国・地域まで広がるか、いつまで続くか予測するのは難しい状況です。 外務省のホームページでは最新の情報が更新されるので、常にチェックしましょう。

次の